据え置きタイプのモバイルwifiルーターはWIMAXで契約できる?

■家のフレッツ光をWIMAXに置き替えたい。据え置き型タイプのルーターって契約できますか?

フレッツ光は公式サイトで見てみると、利用料金はこのような金額でした。

家で固定回線のフレッツ光を契約している場合、毎月の利用料金が
戸建てタイプで実質4,600円、プロバイダ料金が500円~、合計で
5,100円~となっています。

最低利用期間は2年間ですので、2年間の利用料の合計は122,400円となります。
これに回線工事費などの初期費用、解約の場合は回線撤去費などがあるのです。

また、契約更新月以外で解約をすると戸建ての場合、契約解除料9,500円が
かかります。

できれば、インターネットの利用料金はもっと安く済ませたいですよね。
WIMAXについて公式サイトで調べてみると、据え置きタイプはないですが、
クレードルと呼ばれる機器を使って、通信することができます。

クレードルとは、モバイルルーターなどの携帯型通信機器のためのスタンドです。
拡張機器ですので、本体を添えるだけで通信接続が出来るのです。

また、LANケーブルでパソコンとつなぐ有線接続が可能となります。

つまり、クレードルに置いてケーブルでパソコンと繋ぐと有線接続になり、
クレードルから外して使えば、本来の無線接続になるのです。

WIMAXでクレードル付きのものに乗り換えた場合は、どうなるのでしょうか?

「とくとくBB WIMAX」ならキャンペーンでWIMAX2+の端末代、専用クレードル代、
端末到着月の月額の利用料金が無料となります。

事務手数料が3,000円、端末送料とGMOとくとくBBへの入会費が無料、月々の
利用料金は「ギガ放題プラン」の場合・・・

初月無料、1ヶ月目~2か月目まで月額3,609円
3ヶ月目~24か月目まで月額4,263円
25か月目以降は月額4,849円
となっております。

2年間の利用料の合計は総合的な費用の合計は100.914円です。
これに初期費用3,000円がかかります。

2年間の合計だけでも20,000円以上の節約になります。
また、キャッシュバックで20,000円以上もお得になるので、
フレッツ光の解約料と回線撤去工事費が取り戻せます。

■とくとくBB WIMAXの実際の口コミは・・・?

では、実際にとくとくBBを利用している人たちの口コミを見てみましょう。
どのような利用環境なのでしょうか。調べてみました。

「WIMAX2なのでどこのプロバイダでも差がなく同じですね。
普通に使えているので問題ないです。

サポートを受ける機会もないので、特にサポートについて不満は
ありません。月額と通信速度は妥当だと思います」

「日中は通信速度が速くてネットに繋がるのがスムーズなのに、夜間は遅い
という状況が続いていましたが、最近夕方から深夜にかけて高速になりました。

月額の利用料は確かに安いですが、キャッシュバックのお知らせメールが
いつ来るか分からないので、緊張しました。サポートはメールだとキチンと
回答いただけます」

「通信速度には特に不満はないのですが、サービスが本当に最低限です。
キャッシュバックなども分かりづらく、サービス・対応には不満が少しあります」

このような口コミが寄せられていました。

また、場所によっては通信速度が1Mbpsも出ないとか言う口コミもあり、無線通信
ですので、利用する場所がWIMAXに適しているかどうかの事前チェックはして
おいた方がいいと思います。

UQ WIMAXの公式サイトをみてみると、サービスエリアというページがあり、
自分の住んでいるエリアが通信エリアに適しているか確認が出来ます。

■クレードルは無線LANのアクセスポイントになる!

クレードルは充電しながら有線接続できる機器ですが調べてみると、
他にも役立つポイントがありました。

それは、無線LANのアクセスポイントになるのです。

例えばホテルなどで有線LANが利用できる場合、パソコンはそのまま
接続できますが、スマホやタブレットは繋がることが出来ません。

しかし、WIMAXとクレードルがあればクレードルで有線LANと接続することにより、
無線通信をスマホやタブレットに飛ばせるようになるのです。

クレードルは家の中だけではなく、外出先や外泊先でも役に立ちます。

■クレードルのデメリットは何?

調べてみると、クレードルの最大のデメリットは持ち運ぶのに、邪魔になることです。
しかし、旅行用のトランクなどに入れてしまえば、気になりません。

これ以外にはクレードルにはこれと言ってデメリットはないのです。

また、クレードルは有線接続であって、有線回線になる訳ではないので、
通信速度が劇的に速くなることはありません。

そして、「URoad-Home2+」というホームルーターもあります。
こちらはWIMAX唯一の据え置きタイプの通信機器です。

■Uroad-Home2+とSpeed Wi-Fi NEXT W01(クレードルをつけた場合)の実際の速度の口コミは?

「URoad Home2+」と「Speed Wi-Fi NEXT W01」にクレードルをつけた場合、
この2つの実際の通信速度の口コミはどのようなものがあるのでしょうか?

口コミの調査結果はこのようになりました。まずは、「Uroad Home2+」からです。

「本体がイメージよりも薄く場所を取らないです。ホームルーターの
大きさくらいです。通信速度はとても速いです。

説明書が分かりやすく素人でも簡単に機能設定ができました。
しかし、有線LANを2つさせる仕組みは使わないと思います」

「使い始めて半年経ちますが、一度急にネットに繋がらなくなったけど、
サポートも丁寧にしてくれました。

今は安定して使うことができています。据え置きならこの大きさで
ちょうどよいと思います。うちでは通信速度が下り約33Mbps、
上り約4.2Mbpsくらいの速度で動画も問題なく観れています」

■WIMAXのモバイルルーターの口コミは?

「Speed Wi-Fi NEXT W01」の口コミはどのようなものがあるのでしょうか。
調べてみました。

「屋外や木造の家の中では通信が安定していていいのですが、ビルの中、
地下鉄ではほとんど繋がりません。クレードルをつけても外しても同じです。

ビジネスユースにも使えるとサイトに記載されていましたが、難しいです。
見た目や操作性は問題ありません。また説明書がたくさんあって分かりづらいです」

「正直、デザイン以外に利点が見つかりません。通信速度が安定しないです。
通信が出来ない場所が多すぎます。繋がる場所でも通信速度は平均的です。

また、端末の発熱がひどく、ルーター単品の時はカバーをしないで利用しています。
クレードルのほうは発熱は気になりません」

このように、URoad Home2+の方が高評価でした。
Speed Wi-FI W01は通信できるところが限られているようです。

■それぞれの通信機器の特徴は?

では、2つの通信端末の特徴をおさらいしましょう。
公式サイトで調べた結果がこちらです。

「URoad-Home2+」はWIMAX2+、WIMAX2つの通信に対応している
ホームルーターです。

外付アンテナを採用しているのでモバイルルーターよりもつながりやすく、
同時に通信できる機器は18台でうち2台は有線LAN、16台は無線LANです。

電源はACアダプタのみです。

「Speed Wi-Fi NEXT W01」は、WIMAX2+とau 4G LTEの通信モードが利用可能と
なっています。同時に繋がれる機器は10台までで、WIMAX2+では約8時間、
au 4G LTEでは約7時間20分連続通信が可能となっています。

■「URoad-Home2+」のメリット・デメリット

「URoad-Home2+」のメリットとデメリットには、どういったモノがあるのでしょうか?
ここでは、メリットとデメリットについて調べてみました。

まず、メリットは2本の角のようなアンテナを好きな角度に構成して電波の
キャッチをしやすくできます。

しかし、使用環境によって電波の状況が大きく変わるので、アンテナの角度を
変えただけでは通信しやすくなるという確証はありません。

また、先ほどもお話ししたように2本の有線接続と、同時に18台の機器と通信
できるというメリットもあります。

また、持ち運びできないのが最大のデメリットとなります。外出が多い人なら
モバイルルーターの方が使用頻度が高く向いていますね。

そして、固定回線代わりに「URoad-Home2+」を選ぶ人がいるのですが、高速の
通信環境が欲しい場合や、安定した通信を必要とするオンラインゲームや動画
閲覧には不向きですのでおススメできません。

■オンラインゲームを据え置き型ルーターでできてる人はいる?

オンラインゲームは据え置き型のルーターでもプレイできるのでしょうか。
調べてみると、こんなことが分かりました。

まず、オンラインゲームをするのに必要な通信環境はブロードバンド回線並みの
通信環境です。

インターネットの通信環境には、ブロードバンドとナローバンドがあります。

ブロードバンドは高速インターネット回線、ナローバンドは低速インターネット回線です。
通信速度が1Mbps以上出ていればブロードバンド回線と呼ばれます。

スムーズにオンラインゲームをするにはブロードバンド回線が必要不可欠と
なります。しかし、最近モバイルルーターなどでも販売されている超高速通信で
なくても、十分オンラインゲームは楽しむことができるのです。

オンラインゲームに必要なのは1Mbps~3Mbps程度と言われています。
しかし、通信速度よりももっと重要なのは通信の安定性です。

通信の安定性はping値と呼ばれているのですが、このping値は高すぎない
方が通信が安定するのです。ping値は50ms以下であれば通信は安定します。

ホームルーターは通信をキャッチするアンテナがあるので、モバイルルーター
よりも通信が安定しやすいのです。

ですので、最大220Mbps出る最新のモバイルルーターよりもホームルーターの
方がオンラインゲームにあっていると思います。

では、据え置き型ルーターでオンラインゲームを実際にしている人の口コミを
みてみましょう。「URoad-Home2+」の場合はこちらです。

「通信速度が下り約33Mbps、上り約4.2Mbpsくらい安定して出ます。
動画でも問題なく観られます」

通信速度は3Mbpsでていればいいので下り、上りともに十分です。

「本体に2本の有線LANを繋げるので、オンラインゲームをする時に有線
接続出来て便利です」

無線で電波を飛ばして機器へ通信するよりも有線接続の方が通信が安定
しやすいので、オンラインゲームにあっています。

■対戦型オンラインゲームは据え置き型のWIMAXルーターなら遅延なし?

オンラインゲームの中でも人気の高い対戦型ゲームは据え置き型の
WIMAXルーターなら遅延はないのでしょうか?

先ほどの口コミにもあるように通信速度が1Mbps以上出ること、有線接続も
可能なので、通信が安定しやすいことから遅延が起こる可能性が低いと
思います。

しかし、実際のユーザーの体験談では10分に一度くらいちょっとしたラグが
発生するということです。

ストレスに感じるほどではないけれど、遅延が全くないというわけではないのです。

オンラインゲームに適している環境は固定回線のような安定している通信
環境です。オンラインゲームの種類に関係なく、公式サイトでは光回線での
プレイを提案していることが多いです。

■WIMAXのモバイルルーターではオンラインゲームは出来る?

調べてみると、オンラインゲームを行うためには、プレイしている間ずっと
通信が安定していることが条件です。

また、頻繁にデータの送受信をするので、携帯キャリアのデータ通信のような
月間の通信制限があるのは向いていません。

WIMAXなら無制限で通信が出来るので、固定回線程ではないのですが、
長時間の接続にも対応できます。

オンラインゲームは種類によって、必要な通信環境が違います。

ですので、全てのオンラインゲームがWIMAXで出来るかといれば、NOなのですが、
基本的にはオンラインゲームをすること自体は問題ありません。

■WIMAXでもできるオンラインゲームは?

WIMAXは他の通信手段よりも応答速度があまり良くないと言われています。

応答速度とは、ネットワーク上で信号を発して、その信号に対する
サーバなどからの反応をもらうまでにかかる時間のことを言います。
これは通信の安定性の単位ping値で数値化されるのです。

格闘ゲームやファーストパーソンシューティングゲーム、動きの激しい
ゲームなどにはおすすめできません。

オンラインのトランプゲームやマージャンなどは、問題なくスムーズに
プレイできます。通信データ量が少ないためです。

また、WIMAXのルーターの電池残量に注意をしながらプレイをしましょう。

インターネットを始めたい!工事なしのwifiってどんなものがある?

■初めてパソコンを購入。インターネットを始めたいけど面倒

初めてパソコンを購入して、とても嬉しいけれど、インターネットの
契約って、よくわからないし、かなり面倒なものです。

さまざまなインターネット回線の会社があり、プロバイダという言葉も
聞きなれないので、どうしていいか悩んでしまいますよね?

ここでは、まずインターネットを使い始めるのに必要なものを
ご紹介していきましょう。

まず、インターネットからの通信を担ってくれる通信会社と契約を
しなければなりません。

インターネットの通信会社にはフレッツ光やauひかりなどの光回線、
ケーブルテレビなどの地域の通信会社などがあります。

これらの通信会社とインターネットの架け橋をするのがプロバイダ
なのです。

つまり、インターネットに繋がるためには通信会社とプロバイダ、
両方と契約をしなければならないのです。

通信会社によって、対応しているプロバイダはちがいますので、
それぞれの会社の公式サイトをチェックして対応プロバイダの
中から、自分に合っている会社を選びましょう。

基本的にセットで契約をするのですが、解約をする時はバラバラに
解約手続きをしなければなりません。

また、契約から2年以内に解約をすると違約金が発生します。
このシステムはスマホと同じですので、馴染みがあるかと思います。

インターネットに契約するって、実はかなり手間がかかるのです。

■フレッツ光は家に工事が入るらしいけど穴とか開けられる?

光回線の中でももっとも人気のある会社がフレッツ光なのですが、
回線を設置するには工事が入ることになります。

その工事は、外の電線の中にもともと入っているフレッツ光の回線を
延長して家の外壁に穴をあけて、そこから延長して来た回線を家の
中へと引き入れるというものです。

穴自体は直径20cm以下なので小さいのですが、外壁に穴をあける
工事なので、賃貸の場合は大家さんへの断りが必要となります。

また、この工事はフレッツ光以外でも固定回線の会社ならどこでも
行う工事ですので、固定回線=穴をあける工事があると頭に入れて
おきましょう。

また、引越の際は回線の撤去工事があります。
家の中に引きいれた回線を外して外壁の穴を埋めるのです。

■フレッツ光以外の光回線はどんなものがある?

光回線=フレッツ光というくらい有名なのですが、実はauひかりという
回線もあります。

KDDIグループが提供する光ファイバー使用の通信です。

通常の光回線に比べて10倍もの通信速度が出るので、高い注目を
集めています。

最大の通信速度は1Gbpsで、「ギガ得プラン」というプランに加入
すると使用可能となります。

料金の引き下げや各種サービスにも力を入れており、高い満足度を
実感できる通信会社です。

では、このauひかりを実際に使っている人の口コミを見てみましょう。

・実際の通信速度が大きく違う

auひかりは、1Gbpsという超高速通信を提供しているのですが、
実際の通信速度はプロバイダや通信環境によって、大きく違ってきます。

しかし、100Mbpsを超える時もあるので、高速であることには変わりないです。
実際に使ってみると1Gbpsも110Mbpsも体感速度はほとんど変わらない
ように思います。

このように、高速な通信ではあるけれど最大の1Gbpsは出ないという
口コミを多く見かけました。

実は、ネットサービスを全て利用するのに必要な通信速度は5Mbps
程度なのです。

1Gbpsはネットを使って仕事をしている人、動画再生を1日中している
人のようなごく限られた人しか必要としない通信速度です。

一般的なユーザーは50Mbpsも出れば満足できるので、最大の通信
速度はあまり気にしないでサポートなどで決めましょう。

KDDIは大手の会社ですし、サポートセンターの電話も繋がりやすく
対応が速いことでも定評がある会社です。

また、料金システムも分かりやすいという声が多くあがっているので、
初めてのインターネット環境として、おススメです。

■工事なしでインターネットを始めるには・・・?

外壁に穴をあけるのに抵抗があるという人はとても多く、「出来れば工事
なしでインターネットを始めたいんだけど」と悩んでいる人も多くいます。

最近は、モバイルルーターと呼ばれる持ち運べる通信機器が発売されています。

通常は回線の中を通って、インターネット通信をするのが、固定回線
ですが、モバイルルーターは電波でインターネット通信を飛ばすので、
面倒なてつづきも一切ひつようありません。

手軽に始められるインターネットということで、一人暮らしの若者に
とても人気となっているのです。

■フレッツ光+wifiルーターってどうやって環境をつくったらよい?

フレッツ光にある光ポーダブルLTEは、どうやって環境をつくるのでしょう?

まず、フレッツ光のポータブルLTEを利用するには条件があります。
それは、フレッツ光またはコラボ光に契約をしていることです。

コラボ光とは、現在行っているドコモ光、ソフトバンク光といった
フレッツ光と携帯会社のスマホをセットで購入することでお得になる
というプランです。

フレッツ光か、コラボ光どちらかに加入している状態でないと
光ポータブルLTEは利用できません。

一般的はモバイルルーターはモバイルルーターの通信端末自体が
インターネットと繋がる仕組みになっているのですが、光ポータブル
LTEは、少し違います。

フレッツ光の回線と繋がって、フレッツ光の回線を通ってインターネットに
繋がる仕組みになっているのです。

つまり、光ポータブルLTEは単独ではインターネット接続が出来ないのです。
だからこそ、月額300円という破格ともいえる安い料金で使えるのです。

通常のモバイルルーターは月額の利用料が2,000円~4,000円くらいと
なっています。

光ポータブルLTEを利用したい場合は、まずフレッツ光かコラボ光と
契約をしましょう。

■インターネット素人が簡単に工事なしでwifiでネットを始める方法

では、フレッツ光やコラボ光などがいまいちよくわからないインターネット
に関する知識ゼロの素人の場合は、どうしたらいいのでしょう?

おススメなのは、モバイルルーターを契約することです。

オンラインでプロバイダの会社から直接契約することが出来て、
申し込みから数日、はやければ翌日に発送され、自宅まで
通信端末が届きます。

通信端末に数分で済む設定をするだけですぐに使い始めることが
出来るのです。

インターネット初心者であまり通信量が多くない場合は、モバイルルーターの
通信制限にも引っかかる心配はありません。

モバイルルーターはスマホと同じように月間7GB、直近3日間で1GBと
いう通信制限が設けられているのですが、スマホを使っていて、通信
制限の忠告メールなどが届いたことがない人なら、問題なく利用できます。

■モバイルルーターを発売している会社の種類は?

モバイルルーターは、DOCOMOやソフトバンクなどのキャリア会社と、
モバイルルーター専用の会社から発売されています。

通信速度が出たり、通信エリアが広く安定性が高いのは、キャリアの
会社のモバイルルーターなのですが、通信制限があります。

一方、モバイルルーター専用の会社のモバイルルーターには通信制限が
ない料金プランもあるのです。

利用する頻度に合わせて会社を選びましょう。

また、モバイルルーターの公式サイトを見てみるとWIMAXでは最大220Mbps、
光ポータブルLTEでも100Mbpsの通信速度が出ると記載されています。

しかし、実際に利用したユーザーの口コミを見てみると、
数十Mbpsくらいしか出ていないのです。

これは、モバイルルーターが無線での通信であるため、建物に電波を
妨害されて通信速度が落ちたしまったり、通信基地局と呼ばれる通信を
する施設が遠かったりで、起こる速度のばらつきなのです。

モバイルルーターにとって、理想的な環境であれば、記載通りの220Mbps
や100Mbpsは出るのですが、現実的にはそうはいきません。

そして、先ほどもお話ししたようにネットサービスをすべて利用するのに
必要な通信速度は5Mbpsくらいですので、超高速の通信速度が出来ら
なかったとしても問題はありません。

■複数の通信モードが使えるモバイルルーターは?

通信が無制限で出来るWIMAX、高速通信が出来るWIMAX2+、そして、
安定した高速通信が出来るau 4GLTE、この3つの通信モードが使える
モバイルルーターが「HWD15」というWIMAXの通信端末です。

このモバイルルーターは、3つの通信モードを切り替えることで、地下でも
高層ビルの最上階でも、スムーズに通信をすることができるのです。

しかし、通信モードを切り替える時に、じかんがかかるので、その間は
通信が出来なくなります。

とても便利が機能なのですが、このタイムロスを嫌って、ほとんど通信
モードを切り替えないという人も多いようです。

仕事柄、地下や高層ビルなど、高低差が激しいところで通信をされる方、
ネットで動画などをよく見る方は、通信モードを切り替える利便性を生かせます。

また、通信モードを切り替えても通信速度があまり変わらないところも
あるので、インターネットに詳しくない場合は、1つの通信モードの
モバイルルーターの方が混乱せずに済みます。

初めてのモバイルルーターはシンプルなものを選びましょう。

■WIMAXなどのモバイルルーターが流行っているけど、スマホのデザリングってなに?

最近は、インターネット環境は手軽さが受けてWIMAXなどのモバイル
ルーターを選ぶ人が増えてきています。

LTE通信という次世代通信に対応しているモバイルルーターも登場し、
通信環境はとても進化していますね。

しかし、月額の利用料金を支払うのに抵抗を感じる人も少なくありません。

特に自宅に固定回線を所有していて、追加のネット環境が欲しい場合は、
出来れば、無料か格安で通信を確保したいですよね。

スマホには、デザリングという機能があります。この機能は、スマホに
もともと内臓されている機能で、モバイルルーターと同じ役割をして
くれるのです。

外出先でノートパソコンを使いたい時やタブレットを使いたい時に、
スマホのデザリング機能を使えば無料や格安で簡単に通信できます。

ですが、当然スマホ単体しか所有していない人にとっては、不要な
機能なのです。

ノートパソコンや、タブレットなどの他の通信機器を持っていて
初めて成立することです。

また、デザリングはスマホの電地をかなり消耗してしまいます。
長時間の連続通信はできないでしょう。

このことを考えると、利便性が高いのはモバイルルーターです。

■デザリングでwifiする限界について

では、デザリングでの通信はどれくらいの時間できて、どれくらいの
通信速度がでるのでしょうか?口コミを見てみましょう。

まず、通信速度は通信速度を測定してくれるサイトで調べたところ、
LTE通信のスマホのデザリングでも5.611Mbpsでした。

同じ場所でWIMAXで通信速度を測定してみると、6.557Mbpsという
結果でした。約1Mbpsくらいの差ですので、速度では大きな差はありません。

しかし、通信の安定性を見てみると、WIMAXの通信は安定しているのに、
テザリングでは、スピードが安定せず、サイトを開いていると通信が途切れて
電波を探す時間がかかることもあるようです。

またバッテリーではテザリングは約4時間くらいしか持たないのに対して、
WIMAXは9時間くらい持ちますので、1日中利用できます。

テザリングとモバイルルーターは通信速度では差がないのですが、
通信の安定性、バッテリーで大きく差が出てきます。

■スマホを安い料金プランにして、WIMAXを購入した方がいい?

スマホを安い料金プランに変更をして、節約したお金でWIMAXや
LTEなどのモバイルルーターを購入するのが、通信費が安くなって
いいのではないでしょうか。

料金を安くして通信環境も整えるためには、この方法がイイのです。
ヤフーwifiなどの無制限で高速通信LTE対応のモバイルルーターもあります。

キャリアアグリケ―ションという2種類の電波を使って、通信する方法であるため、
高速で安定した通信が出来ます。

■無料じゃないデザリングもある?!

デザリングは無料というイメージがあるかと思いますが、実は料金が
かかる通信会社もあるのです。

ここでは、どの会社が通信会社をご紹介しましょう。

DOCOMOのデザリング料金は定額パケットサービスを利用していないと
通信料がかかることがあります。

また、デザリングを利用して、別端末で通信をした場合にも通信料がかかります。
また、SoftBankは追加料金として525円が必要となります。

パケットし放題を利用していない場合は、通信料がかかります。
また、auのデザリングにも500円の利用料金が必要となるのです。

■デザリングに向いているスマホは?

デザリングを利用する時の注意点はいくつかあります。

まず、通信速度と通信上限については先ほどお話ししましたが、通信速度が
あまりでないことを考えるとLTE通信であることが最低条件となります。

DOCOMOの最新端末か、iphone5辺りが無難でしょう。

モバイルルーターもスマホデザリングも場所や時間帯によって、
通信速度が大きく左右されてしまいます。

スマホでのデザリングをまずは、試してみて、それで通信環境が
たりないなと思ったら、WIMAXなどのモバイルルーターを購入する
ことを検討してみてください。

また、街中には公共無線LANスポットと呼ばれる無料で使える通信
サービスがあります。

また、引越の頻度が多い人は、固定回線には向いていません。

モバイルルーターのみや、デザリング機能のみというインターネット
環境を選ぶようにしましょう。

そして、モバイルルータ専門のレンタル業者もありますので、引越し前後の
期間だけ、レンタルするという方法もあります。

1日単位でレンタルできる業者がほとんどですので、活用してみてください。
インターネット通信の方法は多種多様化しているのです。

インターネット契約をWIMAXでしたいが一人暮らしにwifiはあってる?

■自宅でWi-Fiを飛ばしたいがどういう仕組みなのか調べてもイマイチ分からない

自宅でのインターネット契約をWI-FIで検討しているけど、どういう仕組みなのか
分からない場合は、なかなか契約にまでは踏み切れないものですよね。

ここでは、WI-FIの仕組みについてご説明いたしましょう。

無線LANとは、電波でデータを送受信する構内通信網のことです。

LANというのは、会社内や家庭内でパソコンやプリンタ、スマホ、オンライン
ゲーム機などをつないでデータをやりとりできるようにするネットワーク
なのです。

ケーブルを使った通信は有線LAN、電波を使った通信は無線LANといいます。
この無線LANのことをWi-FIというのです。

無線LANを利用することで、ケーブルを気にすることなく好きな場所
に移動してネット接続できるのです。

最近は公共無線LANと呼ばれる無料で使える公共の通信サービス
スポットもあります。

無線LANは、アクセスポイントと呼ばれる親機とパソコンなどの子機が
必要となります。

最近はほとんどノートパソコンやスマホに無線LANが内蔵されているので、
親機となるアクセスポイントがあれば、ネットに接続できるのです。

では、モバイルWI-FIとはどのようなものなのでしょうか?

■モバイルWI-FIルーターの仕組みは?

では、WI-FIとモバイルルーターにはどのような違いがあるのでしょう?

Wi-FIは、無線通信機器ですが、外の電線から通信回線をひっぱってきて
モデムと呼ばれる機器に行きつきます。そこからWi-FIへと繋がるのです。

つまり、通信回線とは有線で繋がり、通信機器とは繋がるのです。

ですので、家の中では無線で通信をすることができるのですが、
家の外までは通信をすることができません。

一方、モバイルWi-Fiルーターは外の通信回線ともスマホやノート
パソコンなどの通信機器とも無線で繋がるWIFIのことです。

ですので、家の中でも外でも通信をすることが出来ます。
回線やモデムの設置工事も一切必要ありません。

オンライン上の簡単な手続きで購入出来て、申し込みから数日で
通信端末が届きます。

引っ越しなどの際も手続きは一切不要でそのまま引っ越し先で通信を
することが出来ます。

■モバイルルータの種類は?

では、モバイルルーターの種類は、どのようなものがあるのでしょうか?
ここでは、人気のモバイルルーター順にご紹介いたします。

モバイルルーターの中でも一番人気のWIMAXは、料金プランや通信モードに
よっては、月間の通信制限がありません。

月額は2856円で業界最安値となっています。通信速度は最大で220Mbpsと
なっていますが、口コミの通信速度は60Mbpsくらいとなっています。

ワイモバイルポケットWi-FiLTEは月間の通信制限が7GBなのですが、
追加料金を支払えば通信祖制限を解除することが出来ます。

そして、契約から2年間、通信制限がかかっても追加料金が無料となるので、
事実上は無制限になります。

月額2,700円前後で利用できますので、おススメです。

ソフトバンクやODOCOMOは月間の7GBの通信制限がありますが、
通信エリアの広さには定評があり、モバイルルーターでありながら、
固定回線のような通信環境となります。

月額の利用料金は安くはありませんが、持ち歩ける固定回線のようなもの
なので、料金分以上の価値はあります。

■直近3日間の通信制限に注意をしましょう!

通信制限には、月間7GBと直近3日間で1Gbという2つのタイプの通信制限は
あります。

どのモバイルルーターも基本的には、両方の通信制限があるのですが、
3日間の通信制限は翌日までの通信制限で済みます。

しかし、月間の通信制限は追加料金を支払わないと通信速度が170kbps
前後と10年以上前の携帯電話くらいの通信速度になってしまいます。

1GBとは、高画質な動画を2時間くらい見たら簡単に達してしまうくらいの通信量です。

通信残量は簡単にチェックできるので、小まめに残量を確認しながら、
通信をしてください。

一人暮らしでは、インターネット契約をするのも、面倒ですし、引っ越しの頻度も
家族よりも多くなります。

一人暮らしのうちはモバイルルーターで、結婚をしたら、固定回線というように
するケースが現在は主流です。

インターネット環境は1年から2年間解約をすることが出来ません。
10,000円前後の違約金を支払うことになるからです。

ですので、しっかり調べてよく考えてから契約をするようにしてください。
契約時の際とはプリントアウトしておきましょう。トラブルが起きた時に役に立ちます。

■フレッツ光導入済み賃貸マンションに引っ越した。月額料金の相場は?

フレッツ光とすでに契約しているマンションに入居すると毎月の家賃に
インターネット料金が含まれていることが多いです。

ですので、フレッツ光契約済みのマンションではなかなか月々の利用料金が
いくらなのかが分からないですよね?

ここでは、マンションタイプのフレッツひかりの月額の利用料金の相場を
お話ししましょう。

フレッツ光ライトの利用料金は月額2,200円~4,400円です。
フレッツ光ネクストの利用料金は月額2,930円となっています。

平均利用金額は月々2,930円のフレッツ光ネクストと考えると分かりやすい
ですね。フレッツ光は高額なイメージがあるかと思いますが、実は3,000円
以下なのです。

それに、プロバイダ料金が加算されるのですが、OCNは月額500円前後です。

インターネットは人によって1日に利用する時間、通信量、動画再生時間や
オンラインゲームをするかしないかで大きく変わって来ます。

平均を出すのはとても難しいのですが、フレッツ光でも3,000円くらいで
利用できるということは頭に入れておいてください。

マンションによっては、インターネット無料と言いつつ、家賃にしっかり
含まれている場合もあります。

■固定回線は引っ越しのタイミングによって違約金がかかるって本当?

フレッツ光は2年間の契約です。ですので、契約から24か月間以内に
解約をするとなると違約金が発生します。

まず、にねん割の違約金はマンションタイプなら1,500円、フレッツ光
ネクスト ビジネスタイプは契約期間終了まで2~1年ある場合は、
50,000円、1年以内なら25,000円かかります。

フレッツ光ライト マンションタイプは契約終了まで2~1年なら9,000円
1年以内なら4,500円となっています。

また、契約満了月以内に解約をする場合は、違約金は一切発生しません。

引っ越しのタイミングに合わせるのは難しいですが、解約のタイミングを
自分でコントロールできる場合は契約満了月を考慮しましょう。

また、フレッツ光も違約金が発生しますが、プロバイダにも違約金が
発生するので、注意をしましょう。

■プロバイダへの解約申し込みを忘れずに!

フレッツ光は契約をする時はプロバイダとフレッツ光を一緒に契約出来ます。
1度申し込みと契約で2社と契約をするのです。

しかし、解約となるとフレッツ光とプロバイダ、別々で解約の申し込みを
する必要があります。

プロバイダへの解約申し込みを忘れていると使っていない料金を毎月
支払い続けることになります。

プロバイダ側からは何の連絡もきませんので、忘れずに解約をしましょう。

また、プロバイダの違約金にも注意をしてください。
基本的にフレッツ光の契約タイミングとプロバイダとの契約タイミングは同じです。

ですので、違約金が発生しないタイミングも契約から2年と同じタイミングなのです。

以前インターネット回線と同じ時に契約したプロバイダをそのまま使って
いる場合は、違約金が発生しないタイミングが別ですので、事前に
確認をしてください。

人気プロバイダであるOCNでは、マンションタイプは契約から2年以内に
解約をすると5,000円かかります。

■フレッツ光を正しく解約するために・・・?

フレッツ光を正しく解約するために、このようなポイントに気を付けて
おきましょう。

まず、プロバイダの解約忘れを防ぐためにフレッツ光よりも先に
プロバイダを解約してください。

プロバイダのカスタマーセンターは繋がらないことで有名なので、
オンラインで解約手続きをすることをおススメいたします。

また、基本的にフレッツ光は電話での解約手続きとなります。

そして、初期費用を分割払いしている場合は、残りの初期費用を一括で
支払うことになります。

その人の状況によって、解約にかかる費用は差があるのです。

一人暮らしではインターネット回線の契約が面倒に感じてしまいますよね?

ネオパレスなどの賃貸マンションもインターネット環境が整っているの
ですが、レオパレス独自のネット回線となります。

このレオパレス独自のネット回線は繋がりにくいことで有名ですので、
ネット利用が多い人には物足りないものと言えます。

しかし、月々の利用料金が2,000円以下ととてもお得な料金ですので、
料金に合っている通信環境なのです。

メールとSNS少しネットサーフィンをする程度ならこれでも問題なく
通信をすることが出来ます。

ネットを普段あまり使わない場合は、レオパレスが、ネット環境がシッカリ
しているマンションに住みたい場合は、フレッツ光対応のマンションとネット
環境に合わせてマンションを決めるのも一つのマンション選びの方法です。

■一人暮らしのインターネット契約はWIMAXが本当に正解か?

一人暮らしのインターネット環境としてさまざまなサイトでおすすめされている
WIMAXですが、本当に一人暮らしにメリットばかりなのでしょうか?

しかし、実はよく調べてみると細かいデメリットがあるのです。
ここでは、WIMAXのいくつかのデメリットについてお話しします。

まず、WIMAXはモバイルルーターの中でも通信の電波が曲がりにくいです。

その理由はWIMAXの通信回線がauの回線をレンタルしているからです。
WIMAXのもともとの会社はUQ WIMAXです。

UQWIMAXはKDDIグループですので、au回線とは別の回線で通信をすることで、
ユーザーがインターネットが出来るようにしているのです。

ですが、レンタルしている回線にはさまざまな制限があります。

通信速度の制限、通信量の制限なのですが、この制限がきびしいため、
家の外壁に電波が阻まれて著しく弱くなってしまいます。

WIMAXはも窓際でしか通信できないという口コミが数多くあるほど
なのです。

オンラインゲームや動画再生、音楽視聴を良くするユーザーは、
WIMAXでは不便を感じることと思います。

一方、ネットサーフィン、SNS、メールくらいしか使わない場合は、
WIMAXでも不便を感じないでしょう。

通信速度が速く安定しているのは、LTE通信のモバイルルーターです。

■通信が安定しているモバイルルーターはLTE

通信速度が高速で安定しているのはLTEです。

特に東京都内では、LTE通信エリアに100%入っているので、地下でも
通信速度がそこまで落ちずに、快適に利用することができます。

ここでは、WIMAXとLTEの通信環境の違いをお話ししましょう。

まず、WIMAXは音声通話を行えないというデメリットがありますが、
単純に通信環境を整えたいだけなら問題ありません。

実効カバー率はLTEよりも広いのですが、下りの通信速度が最大で40Mbps
と少し遅い速度となっています。

しかし、高画質の動画再生でも5Mbpsあれば十分ですので、
通信速度にこだわる必要はあまりありません。

また、屋内に弱いのですが、ルーターを窓際に置いておいたり、ベランダに
置いたりすることで、通信の弱さはカバーできます。

一方、LTEの通信環境は通信速度は下り最大で75Mbpsですので、
WIMAXの1,5倍くらい出ます。

また、実測の通信速度は通信環境がシッカリ整備されている都市部で
20Mbps,全国平均としては2~5Mbpsとなっています。

ネットサービスを全てスムーズに利用するためには5Mbpsは必要
ですので、場所によっては、動画などが見れないこともあります。

■地下でもスムーズなLTEの通信速度!

イーモバイルのLTE通信対応モバイルルーターは、数年前までは建物の
中などのエリア展開が弱く、地下鉄の駅や高速ビルの上層部では圏外に
なってしまうという現象が起きていました。

しかし、現在のイーモバイルは地下鉄駅をはじめとするさまざまな場所でも
スムーズに繋がるようになっているのです。

イーモバイルLTE対応のルーターは地下街や地下鉄では、LTE通信
から3G通信モードに下がってしまうのですが、それでも2~3Mbpsの
通信速度は出るのです。

ネットサーフィン、メール、SNS、音楽視聴ならスムーズに出来ます。
動画も低画質や中画質なら問題ありませんよ。

■通信速度の最大値は実測では出ない?!

通信速度はの最大値がよく100Mbps!とか、220Mbps!とか出ていますが、
それはそれぞれのモバイルルーターにとって、もっとも理想的な環境になった
場合に出る通信速度です。

実際に通信速度を測ったサイトを観てみると高速通信のLTEでも60Mbpsや
40Mbpsといった速度しか出ていないのです。

ですので、モバイルルーターや固定回線を選ぶ基準は通信速度以外の
オプションや料金、サービス体制などで選ぶようにしてください。

また、WIMA以外のモバイルルーターには通信制限があります。
そのことを考慮してネット環境を選びましょう。

そして、基本的にインターネットの問い合わせセンターは繋がりにくいと
いう特徴があります。

契約前に書類などにしっかり目を通して疑問点を解消しておくようにしてください。

フレッツ光はサポートセンターが電話がつながりにくいので、オンラインで
Q&Aなどを見て疑問を解決するようにしましょう。

モバイルルータもプロバイダもコールセンターが繋がりにくいことが良くあります。
公式サイトのQ&Aには細かい質問と答えが記載されていて、とても役立ちますよ。

転勤が多い転勤族がすすめるインターネット回線は?

■転勤族におすすめのインターネット回線は固定とモバイル、どっち?

転勤族は人にもよりますが、毎年のように数回づつの引っ越しをしますよね。

転勤族の悩みは、新しい住まいの近くに病院を見つけることが面倒であったり、
引越手続きをすることが手間がかかるなど、実にさまざまなものがあります。

しかし、一番面倒に感じるのはインターネットの解約と再契約では、
ないでしょうか?

フレッツ光のような固定回線に契約している最中に引っ越しをすることに
なった場合は、どのような手続きが必要になるのでしょう。

まず、フレッツ光にオンラインか電話で問い合わせをします。

オンラインで移転手続きを行った方が簡単ですので、公式サイトから
手続きをしてみましょう。

また、戸建てへ引っ越しをする際は9,000円かかり、集合住宅へ引っ越しを
する際は7,500円かかります。

土日に移転工事を行う場合は、この料金に加え3,000円がかかります。

また、この工事費用はあくまでも目安ですので、これ以上かかることもこれ以下
しかからないこともあります。

そして、フレッツ光と同時に契約をしたプロバイダには別で問い合わせを
してください。プロバイダによっては引っ越しの際にプランの変更が必要となります。

もう一方のモバイルルーターの場合は、こうした手続きや問い合わせ、
工事費用が一切必要ありません。

何の手続きも連絡もしないで、そのまま使うことができます。
引っ越しが多い転勤族の方にとっては嬉しいシステムですよね。

■転勤が多い転勤族にこそモバイルルーターを!

モバイルルーターなら、オンラインで簡単申し込みが出来、申し込みから
数日後に通信端末が自宅に届きます。

簡単に済む設定をし終えたら、すぐにインターネットに接続できます。

固定回線とは違い、プロバイダとの契約となりますので、2社と契約
する必要はありません。

料金の支払い方法は、口座振替やクレジットカードでの支払いとなります。
また、通信制限がありますので、使い過ぎには注意をしましょう。

そして、モバイルルーターは無線での通信となりますので、中には繋がりにくい
ところもあります。

地下や地方での使用には不便を感じることもあるのです。

■通信エリアはどちらの方が広いの?

では、固定回線とモバイルルーター、どちらの方が通信エリアが広いのでしょうか?

フレッツ光で見てみると、NTTの光回線を利用して通信を行っています。
フレッツ光の回線は、現在はほとんど全国で通信をすることが出来ます。

一方、モバイルルーターはWIMAXなら都市部、地方や山間部ならLTEというように
使い分ける必要があります。

モバイルルーターによって、繋がりやすい部分と繋がりにくい場所に分かれるのです。
モバイルルーターで最も全国的にスムーズに繋がるのは、DOCOMOです。
そして、固定回線では、フレッツ光です。

日本全国、どんな所へ行くか分からない場合は、全国的に繋がりやすいものを
選ぶようにしてください。

■安定感のある通信を実現するDOCOMOのモバイルルーター

モバイルルーターは通信が不安定というイメージを覆すDOCOMOのモバイル
ルーターは、ルーター単独の回線を設置しているのが大きな特徴なのです。

他のモバイルルーターとは比べ物にならない程、通信エリアが広く安定性も
高いのです。ユーザーの口コミでも通信の安定感があると好評です。

通信速度にそこまでの差はありませんが、安定感があるので、
「この辺は、モバイルルーターでも繋がるのかな?」など不安を抱く必要がありません。

月額の利用料金が4,000円以下で済みますので、光回線よりもお得です。
フレッツ光ですと、だいたい5,00円前後の利用料金となります。

初期費用も月々サポートを利用すれば、実質0円になりますので、すぐに無料で
始めることが出来ます。

フレッツ光は申し込みから実際に使用し始めるまで、2週間から1ヶ月は
かかってしまいます。

DOCOMOのモバイルルーターは、最大4時間のバッテリーとかなり短めですが、
それ以外は、メリットが圧倒的に多い通信端末です。

モバイルルーター初心者で何を買っていいのか分からない時はとりあえず、
DOCOMOのモバイルルーターを購入してみましょう。

転勤族の方は、少しでも引っ越しの手間を省きたいものです。もともと手続きが
いらないネット環境なら、いつ転勤になっても解約などの心配をしなくて済みます。

フレッツ光の場合は西日本と東日本で違いますので、西日本から東日本へ
引っ越しをする際は、解約をして、再び契約をしなければならないのです。

そういった手間がモバイルルーターにはありません。転勤族や
出張が多い人に打って付けのネット環境なのではないでしょうか?

■モバイル回線でWIMAXをすすめているサイトがあるけどほんとうに無制限?

モバイル回線でもっとも人気なものといえば、WIMAXですがWIMAXが無制限
というのは、すこし間違っている情報です。

では、若者を中心に人気を集めているWIMAXはどのような通信制限が
あるんでしょうか?

具体的にWIMAXの通信制限をみていきましょう。

まず、WIMAXで月間データ通信量に制限がないのは、以下の2つのモード
を使っている時のみです。

・ライトプラン ノーリミットモード
・ギガ放題プラン ノーリミットモード

この2つのプランでノーリミットモードを使っている時は月間のデータ
通信量に制限なく利用することができます。

しかし、ハイスピードプラスエリアモードは月間7GBという制限があり、
他のモバイルルーターとほとんど変わらないような通信環境といえます。

WIMAXやWIMAX2+ならすべての料金プラン、全ての通信モードが
無制限というわけではないのです。

WIMAXの公式サイトでも無制限のノーリミットモードがどーんと載っているので、
ついつい勘違いをしてしまいやすいのですが、ご注意ください。

■制限があるWIMAXのプランがあると聞いたけど本当?

通信制限があるWIMAXはノーリミットモード以外の通信モードです。

ハイスピードモードはWIMAXなら下り最大13,3Mbps、上り最大10Mbps、
WIMAX2+なら下り最大220Mbps、上り最大10Mbpsとなっています。

月間の通信制限は7GBと、一般的なモバイルルーターと同じ制限で
あるといえます。

ハイスピードモードは、状況に応じてWIMAXの通信モードとWIMAX2+の
通信モードを自動で切り替えて最適な方で通信をするのですが、この
切り替えに少し時間がかかります。

また、切り替えをしている最中は通信が途絶えているので、タイムロスに
なるのです。

そして、WIMAX2+かハイスピードモードで通信料が3GBになった場合は、
翌日にかけて制限をする場合もあります。

ハイスピードプラスエリアモードは、au 4G LTEの通信モードとWIMAX2+の
通信モードを使えるモードです。

しかし、こちらの通信モードも自動切替がタイムロスになり、通信が途絶えます。
このポイントにストレスを感じる人は少なくありません。

au 4G LTW通信モードは下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsです。
WIMAX2+は下り最大220Mbps,上り最大10Mbpsですので、ハイスピードモード
よりも高速な通信が出来ます。

ハイスピードプラスエリアモードも通信制限は月間で7GBですので、
他のモバイルルーターとほとんど同じです。

しかし、直近3日間で1Gbという通信制限はありませんので、ご安心ください。

このようにWIMAXでも通信モードによって、通信制限があります。
通信端末や料金プランよりも通信モードが重要なのです。

また、初期費用も18,000円代とかなり高額です。
他のWIMAXでは、初期費用が無料なところがほとんどです。

■解約がなかなか進まないこともある?!

解約手続きを行った人の口コミでは、解約の手続きがスムーズでは
なかったというモノがみられました。

解約書類を送ったのに、返信がいつまでたっても来ないという口コミや、
どれだけ電話しても繋がらないという口コミもありました。

そういった時は消費者センターへ相談をしてみましょう。

状況によっては、消費者センターからWIMAX側へといあわせをして
もらえることもあります。

万が一の時のために、消費者センターの電話番号を控えておきましょう。

■インターネットにも適応されるようになったクーリングオフ制度

以前まではインターネットやスマホ契約にクーリング制度は適応されませんでした。

しかし、最近ではWIMAXのようなモバイルルーター、フレッツ光のような光回線にも
クーリングオフ制度が適応されるようになったんです。

クーリングオフ制度とは、契約から8日間なら無条件で理由などを告げる
必要もなく契約を破棄できるという制度です。

シッカリと説明を読んでから、契約をすればこのクーリングオフも使わないで
済むのですが、ややこしいインターネット契約は契約してからでないと分から
ないこともたくさんあります。

契約後に「こんな感じだと分かっていたら契約しなかったのに」と深刻に
後悔をしたら、クーリングオフ制度で解約しましょう。

通信端末が届いたその日に、出来るだけたくさんの場所で使ってみるといいですよ。
8日間の期限をすぎないようにくれぐれももご注意ください。

■スマホのデザリングで家族とスカイプしたいが・・・

スマホには、デザリングという通信補助をする機能があります。
しかし、月間の7GBという通信制限を忘れないようにしましょう。

この7GBという通信制限の範囲内で、スカイプをデザリングでする場合は、
どのくらい通話できるのでしょうか?具体的に考えていきましょう。

そもそも7GBとは、どれくらいの通信量なのでしょうか?
7GBはパケット数に換算すると58720256パケットとなります。

スカイプは1分間で最低でも13440パケットが必要となりますので、
7GBは4369分くらい通話できます。

時間に直すと72時間48分くらいです。1日2時間25分ほど通話できるのです。
それだけ通話が出来れば十分なのではないでしょうか?

もちろん、他のサイト閲覧や動画再生などの通信サービスを利用したり、
普通にメールやSNSをしたりもすることと思いますが、動画再生以外は
ほとんど通信料を消費しないのです。

スマホのデザリングでも問題なくメールやSNSをしつつスカイプを
使うことができます。

■部屋の中でも電波が入りやすいのはLTE

スカイプの固定電話プランを使えば、iphoneで格安通話が可能となります。
固定電話が安くなるだけなのですが、日常の通話にかなり使えます。

スカイプ経由でiphoneから携帯に発信するのと同じ感覚で通話を
することができるのです。

また、LTE通信は東京都内ほとんどすべてに行きわたっているので、
東京都内でスカイプをLTEでして繋がりにくいということはありません。

WIMAXやauだと屋内に弱かったりするのですが、LTEなら屋内でも
地下でも問題なく繋がることができます。

スカイプを快適に使いたいなら、LTEがおすすめです。
安定した通信が出来る環境がスカイプには必要なのです。

WIMAXでは、都市部でしか安定した電波が来ませんし、屋内に弱いので、
スカイプには向きません。

■スカイプのメリット・デメリット

では、スカイプにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

まず、「無料電話スカイプ」という呼ばれ方をするので有名ですが、
スカイプは無料で通話をすることができます。

スカイプから、通常の固定電話へ通話する時も割安の通話料なので、
仕事でもプライベートでも通話をする人にはとても節約になります。

そして、通話品質は一般の固定電話よりもかなり高いものになっています。
音声が相手と目の前で話しているかのような臨場感のある通話です。

ビデオ電話になると、通話というよりも会話に近い感覚になります。
また、スカイプは初期設定がとても簡単です。

ただ、無料でインストールをしておくだけで、すぐに利用できるのです。
会議通話などの付加機能も追加料金なしで利用できます。

スカイプから固定電話へ電話をした場合の通話料は1分間2,66円、
携帯電話が相手だと1分間17,5円となります。

海外への国際電話も驚くべき買いやすい料金ですので、仕事柄海外の方と
良く通話をする人はスカイプを利用することで、電話代の節約となります。

スカイプは、その他にも、ファイル送信などの付加機能が無料です。

また、セキュリティー性がとても高いことでも有名でクレジットカードの
番号やIDパスワードを送信しても大丈夫と言われているのです。

スカイプのメッセンジャー機能やファイル機能の方がメール機能よりも
安全というデータもあります。

その理由はメッセージが送信される時に暗号化され、相手に届く
タイミングで再び元に戻るからです。

そして、スカイプのデメリットは知らない相手が勝手に話しかけてきて
しまうことや、勝手にメッセージを送ってきてしまうことです。

外人から通話がかかってきたり、ちいさい子どもがメッセージを送ってきたりします。
しかし、それは設定を変更して通話やメッセージを制限すれば解決します。

ということで、スカイプにはほとんどデメリットがないのです。

■スカイプはバージョンアップするたびに性能が落ちる?

スカイプを10年くらい使用している人の口コミによると、スカイプはソフトウェアが
バージョンアップするたびに粗悪な使用感になっていくのだそう。

カメラはとまる回数が増え、PCはフリーズするといった具合です。

昔のバージョンの方が使い勝手が良かったという声もありますが、
無料で使えるアプリケーションですし、コストを考えると仕方がないですね。

通話以外の機能も豊富にあることを考慮すると、スカイプはやはり
コストパフォーマンスが良いということになります。

しかし、PC向けの機能だけでスマホに向けた機能は少ないです。
今後、改善してくれることを期待しましょう。

インターネット回線の契約は単身赴任者ならWIMAXは何故?

■単身赴任者のインターネット契約でWIMAXを進めているサイトが多いけどなぜ?

単身赴任をする方で数か月間の間だけ、インターネット環境が必要
な場合は、WIMAXが向いているのです。

単身赴任と言っても人それぞれによって機関や環境は大きく違います。
面倒な工事などがある光回線などの固定回線ではとても大変ですね。

WIMAXなら面倒な手続きも工事も一切不要で、オンラインで申し込後、数日で
自宅に届き、すぐに使用し始めることができます。

Broad WIMAXでは月額も2,856円ととても手頃なのですが、通信制限は
なく好きなだけインターネットを活用することができるのです。

この手軽さと、月額の安さ、そして通信制限がないというのがメリットですが、
初期費用が18,000円代とかなり高額です。他のプロバイダがいいでしょう。

単身赴任から帰省する時も面倒な手続きは一切必要なく、
そのままの状態でWIMAXを持ってくるだけでまた通信ができるのです。

転勤が多い人、単身赴任が多い人には本当に助かるシステムですよね?
これが、WIMAXがさまざまなサイトでおすすめされている理由なのです。

さまざまなサイトで単身赴任にはWIMAXという紹介をされているのですが、
デメリットはないのでしょうか?

■エリア問題を無視したWIMAX絶賛は危険

しかし、これだけ便利なWIMAXにも、もちろんデメリットはあります。
一番のデメリットは通信エリアの狭さです。

都市部ではスムーズに繋がるWIMAXですが、地方や山間部、地下などの
通信がしずらいところでは、WIMAXの電波は著しく弱まり、屋内ではほとんど
つながらなくなってしまうのです。

WIMAX、DOCOMOのモバイルルーター、SoftBankのモバイルルーター、
EMOBILEのモバイルルーターの4つの通信端末の通信速度を比較すると
このような結果になるとの口コミがありました。

まず、東京ミッドタウンのような都市部で通信速度を測ったサイトを
みると、WIMAXがもっとも通信速度が速く、上り58.85Mbps、
下り35,26Mbps出ます。

一番遅いのは、ドコモのモバイルルーターで上り10.94Mbps、下り8.42Mbps
という結果になりました。

しかし、愛知県の葉山動物公園では、もっとも通信速度が速かったのは、
DOCOMOのモバイルルーター上りは8.80Mbps、下り14.48Mbpsです。

そして、一番おそかったのはWIMAXで上り7.55Mbps、下り1.93Mbps
となっているのです。

このように、DOCOMOのモバイルルーターはDOCOMO回線の通信エリアの
広さと安定性を生かして、全国的に繋がりやすいのですが、WIMAXは都市と
地方で大きく差があります。

単身赴任でどこへ行くか分からない人や、さまざまな地方へ行く人はWIMAX
よりも安定性の高いDOCOMOやヤフーwifiなどのLTE回線のモバイルルーター
の方がいいと思います。

DOCOMOのモバイルルーターもオンラインで購入出来て、面倒は手続きは
必要ありません。

■キャリアのモバイルルーターの方が通信に安定感がある!

WIMAXは大元の会社がUQ WIMAXというKDDIの傘下の会社です。

ですので、通信には、au回線を使っているのですが、レンタルをしている
だけなので、通信速度や通信エリアにかなりの制限をかけられています。

やはり、通信の安定性を求めるなら、自分が使っているスマホと同じキャリアの
会社のモバイルルーターを選びましょう。

最近はインターネットで通信環境を検索できるサイトもあるのですが、スマホの
回線とモバイルルーターの回線が同じ方が検索しやすいです。

また、スマホとモバイルルーターを同じ会社にすることで、月額の利用料金が
割引になったり、通信端末代が割引になったりとお得なサービスを受けること
が出来ます。

■キャリアの会社で一番通信環境が整っているのは?

NTTドコモ、au、SoftBankで最も通信速度が速いのはどの会社なのでしょうか?

東京、大阪、名古屋で調査したサイトによると下りではNTTドコモが
一番早く34.70Mbps、SoftBankが20.25Mbps、auが16.64Mbpsと
なっています。

下りの速度は、SoftBankがもっとも速く10.91Mbps,NTTドコモでは8.77Mbps、
auでは7.94Mbpsとなっています。

下りで最も速いのはドコモ、上りはSoftBankですが、2番目に速いのはドコモです。
もっとも通信速度が速いのはドコモということになります。

しかし、体感的にはほとんど差がありません。

自分のつかっているスマホと合わせて、選ぶことにも通信速度で選ぶ
ことにもメリットはあります。

■経済的な余裕があればフレッツ光もあり?

経済的な余裕があれば、フレッツ光の固定回線に加えて、モバイルルーター
をレンタルすることもできます。この方法だとネット環境はかなり良いものになります。

フレッツ光もしくはコラボひかりというドコモ光、ソフトバンク光などの
キャリア会社とのコラボ回線に契約をしていればレンタルOKです。

「光ポータブルLTE」は月額たった300円で通信速度最大100Mbps出る
モバイルルーターで、SIMフリーだから自分の好きなSIMカードを選ぶこと
ができます。このことについてしらべてみました。

通信端末はPWR-N1000という機器です。

そして、月額300円のレンタル代とは別で、モバイルデータ通信サービス
初期費用と、月々のモバイルデータ通信サービス提供事業者への利用料
がかかります。

フレッツ光に加入していて、わざわざ解約をしたくない場合は、自宅を
フレッツ光の固定回線にして、単身赴任先は光ポータブルLTEで
ということもできます。

通信機器は、他のモバイルルーターよりも少し厚みがあります。

しかし、サイズ自体は小さくポケットにすっぽり入る大きさです。
スマホ2枚分くらいの大きさといえばイメージしやすいでしょうか。

そして、電池の持ち時間は約9時間と他のモバイルルーターとほとんど
同じくらいのバッテリーです。くちこみでは通信速度はこれくらいです。

実際の通信速度は、下り3.07Mbps、上り2.92Mbpsなのですが、
これはLTEとしては平均的な通信速度なのです。

通信をする時間帯や環境にもよりますが、昼間に外で通信をすれば
もっと速い速度が出るのです。

■ドコモ光やソフトバンク光は実は割高。

ドコモ光やソフトバンク光のようにフレッツ光とそれぞれの会社のスマホを
セットで購入するプランが最近、話題ですがホントにお得なのでしょうか?

公式サイトには、通常の光回線とスマホ料金では、月額43,200円かかる
ということになっています。

それが、ドコモ光になると31,200円になって3,000円もお得になる
という説明なのです。

しかし、詳細を見てみるとプロバイダが月額1,000円のplala、フレッツ光は
4,700円の料金プランとなっているのです。

これを、プロバイダは月額500円のBBexciteに、料金プランはフレッツ光ライト
月額2,200円~にすれば、月額2,700円~ですみます。

2,000円は料金プランを変更するだけで節約できるのです。

さらに、ドコモの料金プランももっとお得な料金プランへ変更すれば
あっという間に3,000円の節約が出来ます。

つまりドコモ光にするとお得というメリットがほとんどないのです。
ソフトバンク光でも同じことが言えます。

■セット割なら断然auがおススメです!

ドコモ光パックは、フレッツ光とドコモの料金パックが大きければ大きいほど
お得になるシステムのパックです。

しかし、ネットをそこまで利用しない人にとっては、月額の利用料金は
さほど割安にならないのです。

ドコモ光限定割引という割引プランもあるのですが、月額500円を1年間
引いてくれるというだけで年間でも6,000円の割引にしかなりません。

光スマホ割という割引プランも基本料金を1年間割引するのですが、
「Xiカケホーダイ」なら半額に、「Xiデータプラン」なら350円の割引になります。

しかし、こちらも魅力を感じるほど大きな割引ではないのです。

同じ光コラボの回線なら、auスマートバリューの方が料金設定がシンプルで
見やすく、割引システムも単純なのでauの方がおすすめです。

■au スマートバリューの大きなメリットとは?

auスマートバリューは1人だと1410円くらいの割引にしかならないのですが、
4人家族が利用する場合は、5,640円もの割引になります。

ドコモ光は月々3,000円の割引ですので、その差は歴然ですね。
1ヶ月分の利用料金に当たる5,200円以上も戻ってくるのです。

auひかりなら光回線ですのでプロバイダ料金込みですし、定額制だから、
どれだけ使っても戸建てなら5,200円、マンションなら3,800円で使えるのです。

また、家族全員のスマホが全部auなら、割引で実質auひかりは無料になる
システムなのです。

ソフトバンクやドコモにはない割引制度なので、auスマホユーザーの方は、
auが断然お得ですよ。

また、au光以外にもauスマートバリューに参加している光回線は数多くあるのです。

経済的な余裕があるのであれば、フレッツ光を節約したいのであれば、
auのスマートバリューを選びましょう。

どちらも光回線なので、通信速度や通信の安定性には定評があります。
自分に合っている方を選びましょう。

■全国エリアに対応しているモバイルwifiルーターってなに?携帯と同じLTEを使う理由

モバイルwifiルーターを購入するなら、全国のすみずみまで通信エリアに
入っている通信端末の方がつかいがってがいいですよね?

モバイルルーターの2トップであるワイモバイルとUQコミュニケーションズなら
どちらの方が通信エリアが広く安定しているのでしょうか?

ここでは、全国50か所で通信速度を測定したサイトを元にお話し
しましょう。

全国の平均通信速度では、ワイモバイルが下り平均25.22Mbps、上り
平均7.93Mbpsとなっています。

UQコミュニケーションズは下り平均22.3Mbps、上り平均4.48Mbpsという
結果になりました。上りの通信速度に大きな差が出ましたね。

全国平均通信速度はワイモバイルの方が優れているようです。

そして、各署の通信速度ではワイモバイルはすべての地点で下り10Mbps以上で
下りが10Mbps前後が8か所、20Mbps前後が35か所、30Mbps前後が7か所と
全国的に一定な通信速度で、むらのない通信環境であることが分かります。

そして、UQコミュニケーションズは下り20Mbps以上を記録したものが34か所あり、
下り10Mbps以下のものが3か所あるのです。

場所によって、ばらつきがあることが分かります。

つまり、携帯と同じLTEにしないと携帯は繋がるのにモバイルルーターが繋がら
ないので通信できないという形態とモバイルルーターがかみ合わない状態に
なってしまうのです。

■ネット回線を残すかどうかでもめることも?!

引っ越しの際に一番面倒なのはネット回線を解約する手続きです。
自宅の外壁に穴をあけて回線を通すわけですが、まずそれを撤去する
工事が必要になります。

さらに、電線から引っ張って共同スペースまで伸ばしている部分の回線を
撤去するかしないかでもめることがよくあるのです。

もめるといってもトラブルになることはないのですが、話し合いを何度重ねても
一向に解決しないで時間がどんどん過ぎてしまいストレスを感じるケースも多いです。

そういうことになる心配がないのが、モバイイルルーターがおすすめです。
2ヶ月間、利用してもほとんど固定回線と変わらないレベルの環境です。

電池は一昔前のガラケーレベルのバッテリーしかありませんので、
1日は持ちません。1泊以上の外泊には充電器を持っていくようにしましょう。

そして、WIMAX2+の場合は月間の通信制限7GBをこえてしまうと、WIMAX
モードの通信速度になってしまうのですが、固定回線とほとんど遜色ありません。

モバイルルーターをメイン回線としてネット環境を整えることは十分出来ます。

■DOCOMOの最新モバイルwifiルーターの口コミ

モバイルルーターの中でも通信エリアが広く定評のあるDOCOMOの
モバイルルーター。

最新式の「Wi-Fi STATION L-01G」は、どのような口コミが集まって
いるのでしょうか?

・バッテリー容量が多いので、熱くて重くポケットに入れる気になりません。
背面もツヤがあるので指紋が目立って恥ずかしいです。

設定は簡単で問題なくできました。受信感度も悪くなく、通信エリアに
関しても不安はないです。

・個人的にデザインはいいと思いました。設定の方法も初心者にもやさしいの
ではないでしょうか?すぐに完了しましたよ。

受信感度については、ワイモバイルの通信端末と同じくらいの繋がりやすさでは
ないでしょうか。実測値の平均の高さはさすがドコモといった感じです。

・モバイルルーターは3代目なんですが、実際に使用してみて、ほとんど
不満はない状態です。

繋がりやすく、フリーズしにくく、表示もすぐにパッと済むようになりました。

デメリットがあるとすれば、大きくなったので、重くなってしまいました。
それ以外では特に気になる部分はありません。

■自分が今どれくらいネットを使っているのか確認しよう!

モバイルルーターには通信制限がつきものです。

直近3日間は1GB,月間で7GBというなかなか厳しい制限なのですが、
まず、自分が普段どれくらいネットを使っているのかをチェックしてみてください。

そこから、自分の通信量をおおよそ予想してみましょう。

その上で通信無制限がいいのか、通信制限ありでも大丈夫なのかを
判断すればいいのです。

ちなみに1GBとは高画質な動画を約2時間見ると達する通信量です。
通常のサイトやメール、SNS程度では、ほとんど通信量は消費しません。

また、動画などをよく見る場合は、固定回線の方が向いているので、
用途にも合わせましょう。

1年契約のインターネット回線はどのようなものがありますか?

■引越し予定なので1年くらいしかインターネットをしない。契約可能?

調べてみると、フレッツ光などの固定回線でも、ヤフーwifiやWIMAXなどの
モバイルルーターでも、最低利用期間は2年となっています。

この期間に解約をすると解約金を支払うシステムになっています。

引っ越しなどで2年縛りの契約では、どうしてもインタネット回線を設置
出来ない時ってありますよね?

こんな時は、手軽で便利なモバイルルーターがおすすめです。

モバイルルーターとは持ち運べる無線通信LANのことでコードレスなので、
気軽にバックに入れて外出先でもネットを楽しむことができます。

オンラインで申し込が出来て、剣道な手続き不要、工事も一切不要、申し込み
から数日で通信端末が届き、簡単に済む設定ですぐに通信できるのです。

引っ越しをすることになっても手続きは一切必要なく、そのまま引っ越し先で
使うことができるのです。

モバイルルーターはDOCOMOやau、SoftBankなどのキャリア会社からも
販売されているのですが、UQ WIMAXのようにモバイルルーター専用の
会社もあるのです。

モバイルルーターで通信をして引っ越し先で1年経ったら、そのまま
モバイルルーターで行くか固定回線に契約するという方法もとれます。

モバイルルーターは契約時に得をするキャンぺーンをよく開催していますが、
得点などは申請しないともらえないシステムです。

しかし、WIMAXなどのモバイルルーターのキャンペーンはころころ
変わりすぐに終了してしまいます。

2年契約でも持ち運べるモバイルルーターは引っ越しも簡単です。

■就活の期間だけインターネット契約をレンタル可能?

就職の期間など短期間だけインターネット環境が必要な場合は、どうしたら
いいのでしょう。モバイルルーターを契約するのももったいないですよね。

就職活動や入院、出張などで短期間インタネット環境をレンタルすることが
できるので、そういったサービスを利用しましょう。

「MOBILE GATE」という会社なら、モバイルwifiルーターを1日からレンタル
することができます。

モバイルルーターなら、会社に関係なく、全ての機種が揃っているので、
最新機種でもレンタル可能です。

WIMAXの「Mobile Slim IMW-C1000W」なら1日プランなら500円、14日プランなら
4,000円、30日なら5,000円となっています。

期間に合わせたプランでレンタルできるので、無駄がありません。

このようなレンタルサービスを活用すれば就活中の間だけ、インターネット
環境を手配することが出来ます。

■スマホのデザリング機能の注意点

スマホでデザリング機能を使って、通信をする時は以下のようなポイントに
注意をしてください。

・通信制限に気を付ける
・消耗する電池に気を付ける

まず、もしSoftBankのスマホでデザリングをした場合、デザリング機能には
厳しい通信制限がありますので、注意をしましょう。

直近3日間で1GB、そして月間で7GBという通信制限があるのです。
この通信制限をオーバーしてしまうと、その月の間はずっと超低速になります。

メールが出来るかできないかくらいの通信速度にまで落ちてしまうので、
くれぐれも気をつけましょう。

また、月間7GBを超えると、追加料金の2,625円を別途で支払って2GBを
手に入れると再び通信をすることが出来るようになります。

そして、3日間で1GBという通信制限もありますので、こちらにも注意が必要です。

何も考えないで1日中ネットを使って仕事をしたり、作業をしたりしていると1日で
1GB使い切ってしまうこともありますので、余計な調べ物などはしないようにしましょう。

また、デザリングはかなりスマホの電地を消耗する機能です。
モバイルルーターの半分くらいしかスタミナがありません。

長期間連続でデザリングを利用するのは、事実上無理ですので、
何を調べるか事前に決めてからネットに繋がりましょう。

効率よくネットを活用するとデザリングでも問題なく通信が出来ます。

また、デザリングが終わったら、インターネット共有はオフにすることを
忘れないようにしてください。

■どのくらいの期間インターネット環境が欲しいかによります!

引越しまでの1年間、インターネット環境が欲しい場合は、モバイルwifiルーター
の契約がおススメです。

また、就活中の半年~1年間であれば、モバイルルーターのレンタルが
丁度いいでしょう。

そして、1か月未満の間インターネット環境が臨時で欲しいということであれば
まずは、スマホのデザリングで間に合わないかどうかを試してみてください。

インターネット回線は固定回線が代表的なモノですが、実はそれ以外にも
さまざまな方法でインターネットに接続することが出来るのです。

状況に応じて自分に合った接続方法を選びましょう。

■転勤族でフレッツ光。西日本に引越しするときは解約金かかる?

転勤族の人にとって、引越は頻繁に行うものです。だからこそ、効率よく
スムーズに済ませたいですよね?

引っ越しの際の手続きは、なかなか面倒なものですが、フレッツ光の
西日本での解約はどのようにして、どれくらいの解約金がかかるのでしょうか?

まず、西日本・東日本は解約金と一切関係ありません。
解約金として支払うのは、移転工事費を一括で負担することになります。

フレッツ光ネクストは、ビジネスタイプ以外のファミリータイプは6,500円~
9,000円、マンションタイプは6,500円~7,500円となります。

フレッツ光ネクストでビジネスタイプはファミリータイプが7,600円~
18,000円、マンションタイプは7,600円~15,000円となります。

フレッツ光ライトはファミリータイプは6,500円~9,000円、マンションタイプは
6,500円~7,500円となります。

また、にねん割に加入している場合は、戸建ての場合は、9,500円、
集合住宅の場合は1,500円を支払うことになります。

また、初期工事費の分割払いの途中でフレッツ光を解約される場合は、
初期費用工事費の残額も一括で支払うことになります。

■光コラボでドコモ光やソフトバンク光に入った場合は移転出来ないって本当?

フレッツ光とのコラボで、現在サービスを行っているドコモ光やソフトバンク光。
これらへ乗り換える場合は、移転できないのでしょうか?

まず、ドコモ光はNTT光回線とドコモのスマホをセット割にして販売している
サービスのことです。

ですので、インターネット回線だけの契約ではなく回線とスマホ、両方の
契約が必要となります。

フレッツ光からドコモ光へは移転ではなく、乗り換えという形になってしまいます。
ドコモ光の光回線だけの単独契約は今のところ出来ません。

ですので、フレッツ光だけではなく、スマホの違約金なども考慮しなければなりません。

また、NTTフレッツ光からドコモ光へ乗り換えをした後に再びNTTフレッツ光に
乗り換えをするという再転用は禁止です。

フレッツ光の月額の利用料金はど~んと割を適用してグループ割をさらに追加し、
プロバイダを安いOCNにするなら、4410円です。

一方、ドコモ光はプロバイダをぷららにすると戸建てタイプは5200円になります。
ドコモ光の方が数百円の違いではありますが、利用料金が高額です。

一方のソフトバンク光はどうなのでしょうか?

ソフトバンク光も、ドコモ光と同じように光回線とスマホのセットでしか
加入することが出来ない回線です。

月額の利用料金は、自動更新ありプランの場合は、戸建てですと5,200円
ですので、ドコモ光と同じ金額となります。

このように、ドコモ光とソフトバンク光にはほとんど差がありません。
ソフトバンク光も解約後、再びフレッツ光に戻る再転用は禁止となっています。

■プロバイダへの電話連絡も忘れずに!

フレッツ光はauひかりとは違い、プロバイダと回線事業者が別途での
契約という形になっているのです。一括では管理されていません。

フレッツ光に申し込みをするなら、プロバイダ側がフレッツ光も一緒に契約をして
くれて助かるのですが、解約はそういうわけにはいかないです。

NTTのフレッツ光の解約の連絡をした後に、プロバイダにも連絡をして、
解約の申し込みをする必要があります。

これを忘れて、そのまま放置していると、使っていないプロバイダから毎月
利用料金が引き落とされ続けることになりますので、くれぐれもご注意ください。

■メンバーズポイントを使い切ってから解約をしましょう!

NTT東日本エリアでは、フレッツ光のメンバーズクラブに入会していると
ポイントがどんどんたまります。

しかし、解約と同時にポイントも消失してしまうので、解約前に確認をして、
使い切りましょう。

また、光回線は1年契約で解約をして別の回線に乗り換えるとお得という記述を
よく見ますが、ああいった情報は根拠のないものです。

また、インターネットに詳しくない人が実践しようとするととても面倒な思いを
することになりますので、不要に回線を解約して、また契約してということは
しないようにしてください。

転勤族で引っ越しが多い人は、モバイルルーターをメイン回線にするという方法も
あります。モバイルルーターは引っ越しをする時でも手続きは一切いらないので
手軽に引っ越しが出来ます。

また、引越の期間だけモバイルルーターをレンタルして、次の回線をゆっくり
探すという方法もあります。この方法なら焦らずじっくり回線選びをすることが出来ます。

■動画やオンラインゲームをあまりしないならポケットwifiがおすすめ?

動画やオンラインゲームは5Mbps以上の通信速度と安定した通信環境が
必要となります。

ですので、無線通信のポケットwifiよりも有線通信の固定回線の方が
遥かに向いているのです。

インターネットで動画を再生したり、音楽を視聴したりするのが趣味な場合は、
固定回線をおすすめいたします。

また、オンラインゲームが好きな場合も固定回線をメインにして、
補助としてポケットwifiを使うという形が理想ですね。

しかし、インターネットで動画を再生しない、音楽もあまり視聴しない、
オンラインゲームもしないという場合は、ポケットwifiで十分です。

ポケットwifiでもっとも通信速度が速いのはWIMAXで通信最大速度は220Mbps
ですが、これはあくまでも一番いい環境で通信をした場合の速度です。

実測のユーザーの口コミでは60Mbps前後、最低で40Mbpsくらいなのです。

理屈上はオンラインゲームも動画も問題ないのですが、無線通信は
本当に不安定なので、スムーズに楽しむことはできません。

動画視聴やオンラインゲームにおいては通信速度よりも安定性の方が
多いのです。

通常のサイトは1Mbpsくらいの通信速度があれば十分、画像がたくさん
ついているサイトも1,5Mbps~2Mbpsくらいで足ります。

また、そこまで安定した通信環境も必要ないので、ポケットwifiでも
問題なくネットを活用することができます。

また、ポケットwifiには3日間1GB、月間で3GBという通信制限があります。
しかし、1GBの通信量はこんなに通信をすることができるのです。

Wedページは、約3,400回、Eメールは約300文字で約204,800回、
Skypeのビデオ通話は約1,852分、高画質の動画で約16分です。

3日間でこれだけ使えれば通信制限を気にする必要もありません。
動画を閲覧しないのであれば、十分ですね。

■7GBの制限がないポケットwifiとは?

ポケットwifiは通信制限があるのが当然でしたが、最近は無制限で
通信できるポケットwifiも登場しています。

ヤフーwifiの「305ZT」では、契約から2年間は月間の7GBという制限を超えても
無料で制限を解除できるのです。

他のポケットwifiと同じように形だけは通信制限がかかるのですが、無料で
解除して、無制限に使用できるのです。

しかし、契約から3年目に突入すると他のポケットwifiと同じように通信制限が
かかるようになります。

また、月間の7GBという制限は無料で解除できるのですが、直近3日間の
1GBという制限はそのままです。

つまり月間最大で、10GB使用できるという訳です。

無制限とはいえ、ある程度制限はかかるので、完全に無制限ではありません。

■WIMAXとその他のポケットwifiの違いとは?

WIMAXはポケットwifiの中でもかなり人気の高いものなのですが、
通信が無制限な代わりに建物の中では電波が弱く繋がりにくいことが多くあります。

一方、他のポケットwifiは通信制限がありますが、キャリアアグリゲ―ションにより、
通信が安定します。

通信料がそこまで多くなく、安定感のある通信環境が欲しい人は、
WIMAX以外のポケットwifiの方が向いています。

通信が安定していて、通信量も無制限というポケットwifiはないのです。
そういった、インターネットヘビーユーザーの方は、固定回線をおススメ
いたします。

■キャリアアグリゲ―ションとはなに?

ポケットwifiなどの通信を高速化してくれるキャリアアグリゲーションとは、
どのようなものなのでしょうか?

無線通信を複数の運送波による通信を一体的に運用をする方式です。

1つの周波数で全てのデータを送信するのではなく、複数の周波数で
送信することにより、データを分散出来ます。

分散されたデータはスムーズに通信され、今までよりも速く通信を行うことが
出来るのです。

キャリアアグリゲーションに対応しているかどうかで、ポケットwifiの通信速度は
大きく変わります。

また、安定性も増しますので、ポケットwifiで安定した通信を希望する場合は、
WIMAX以外のポケットwifiにするようにしてください。

このように自分の使いたいネットの利用頻度や希望する通信環境に合った、
ポケットwifiを選ぶようにしてください。

最近はフレッツ光とドコモがコラボしたりと、さまざまなネット回線プランが
ありますが、スマホの契約月だったり、細かい縛りがあったりで、複雑な
仕様になっています。

契約前にしっかりプランの内容を確認しましょう。

モバイルwifiルーターは地下鉄でつながるものはどんな機器がある?

■東京の地下鉄(駅)でつながるモバイルルーターはどの会社のものがある?

モバイルルーターは無線通信ですので、なかなか電波が入りづらいところも
あるのが一番のデメリットです。これはかなりのストレスになりますよね。

しかし、通勤や通学、その他さまざまな理由で毎日地下鉄を利用する
私たちにとって、地下鉄でモバイルルーターが繋がらないのは死活
問題ですよね。

ここでは、東京の地下鉄でもスムーズに通信ができるモバイルルーターを
扱っている会社(メーカー)をご紹介いたしましょう。

まず、WIMAXというモバイルWIFIルーターの中で最もユーザーが多い
機器を発売している大元の会社「UQ WIMAX」の通信端末はもちろん、
東京の地下鉄でもスムーズに繋がります。

モバイルWIFIルーターの中でも最新の通信端末なら、東京の
ラッシュ時の地下鉄でもさくさくネットに繋がります。

最新の通信達末はWIMAX2+の通信モードもLTEの通信モードも使える
万能な機器が多いのです。口コミを見ていきましょう。

実際に使用したユーザーの体験談によると、東京都内の地上駅でラッシュ直前の
時間帯に通信速度を測定してみると、下り約35Mbps、上り約7.6Mbpsとオンライン
ゲームもスムーズに出来る通信速度が出るようです。

LTE通信モードでは下り約10Mbps、上り約9.7Mbpsという数値に
なるのだそうです。やはりWIMAX2+の方が圧倒的に速いですね。

そして、東京都内の地下鉄、トンネル内で通信速度を測定してみると、
WIMAXは、下り約3Mbps、上り約2Mbpsという結果がでたとのことです。

かなり遅いのですが、普通のサイトならサクサク読み込めます。
乗り換えを調べる時には困りません。

一方、LTEの通信端末では下り約28.5Mbps、上り約4.4Mbpsと
いう記述でした。

地下鉄のトンネルではWIMAXよりもLTEの方が通信速度が出るようです。

このように複数の通信モードを使える端末だと、こちらの通信モードでは
速度が出ないので、他の通信モードへ切り替えようという方法が取れるのです。

■他の地下鉄でも繋がる通信端末は?

では、WIMAXの最新通信端末以外にも地下鉄で通信が出来る
端末はあるのでしょうか?調べてみました。

キャリア会社のモバイルルーター、WIMAX、ワイモバイル、どれもが東京メトロ、
都営地下鉄のほとんどの駅で利用可能となっています。

とくに、auは公式サイトによると、日本全国の地下鉄の駅で利用できるそうです。
また、auは駅間での通信もほとんどすべての区域において通信が可能です。

しかし、地下鉄の駅でモバイルルーターが利用できるのは、地下鉄の駅構内に
通信基地局が設置されているためです。

ですので、駅間の移動中の電車の中では通信が出来ないモバイルルーターも
すくなくありません。

また、地下鉄の駅や地下街、半地下のカフェなどでも快適にデータ通信を
することが出来ますが、半地下では電波が届き温いので地下鉄の駅の方が
繋がりやすい傾向にあります。

地方や郊外、地価などで安定して速いモバイルルーターはドコモのモバイル
ルーターです。中でも「FOMA HIGH-SPEED」対応のエリアなら、ストレスを
感じることなくネットに繋がることが出来ます。

ドコモは通信エリアはとても広く、人口カバー率は100%なので、高速移動中
でも地下でも関係なく、安定して通信をすることが出来るのです。

また、ドコモのモバイルルーターの口コミによると高速道路でもトンネル内でも
立体交差が多い都心環状1号線や都心環状2号線などでもスムーズにネットに
つながるので、基本的に「ここはネットに繋がるかな?」と不安を抱く必要が
ありません。

地下でも安定した変わらない通信環境はau、高速道路でも繋がるのはドコモの
モバイルルーターという結果になりました。

■スマホのデザリングとモバイルルーターはどちらがいいのでしょう?

スマホのデザリング機能を利用する人も多いのですが、そもそもスマホの
デザリング機能ともモバイルルーターはどちらの方がいいのでしょうか?

まず、調べてみると、スマホのデザリング機能はスマホにもともと搭載されている
機能ですので、新しく機器を購入する必要もないですし、別途で契約も必要も
ありません。

しかし、デザリング機能を使っている最中はスマホを使えません。

また、デザリングはとても電池を消耗してしまうので、長時間外出先で通信を
するのには向いていません。

■同時通信が出来て便利なモバイルルーター

毎日のように長時間通信したいなら、やはりモバイルルーターがいいでしょう。
モバイルルーターは連続起動時間7時間以上と長バッテリーで利便性が高いです。

また、モバイルルーター1台で最大10台の通信機器とネット接続することが
出来るので、スマホを使いながら、ノートパソコンを使って、ゲーム機も起動
して・・・ということが出来ます。

また、友人たちとみんなで外出先でオンラインゲームでプレイすることも出来るのです。

■WIMAXと携帯会社のLTEではどちらが地下を広くカバーしている?

WIMAXとLTEでは、どちらの方が地下を広くカバーしていて、繋がりやすい
のでしょうか?気になるところですよね。

ここでは、WIMAXと携帯会社LTE、2つの会社の通信環境を比較してみましょう。
それぞれの公式サイトで調べた結果です。

まずは、WIMAXです。WIMAXは東京都内では三田線の目黒駅~西高島平駅間
の27駅で通信可能です。

そして、浅草線では西馬込駅~押上駅の間の20駅で通信できます。
新宿線は新宿駅~本八幡駅間の21駅で通信することができるのです。

このように、都営地下鉄のWIMAXの通信環境はかなり充実したものがあります。

では、LTEの地下通信環境はどのようなものなのでしょうか?

LTEだと、SoftBankが東京メトロと都営地下鉄全線の駅間でLTE通信を
利用できるようになりました。

しかし、駅間ということは駅と駅の間ということですので、まだ地下鉄の駅では
LTE通信をすることはできません。

地下鉄の駅では3G通信のままですが、近い将来LTE通信へと変更されます。
また、駅のホームでもトンネルに近ければ繋がります。

そして、auでは日本全国の地下鉄駅でプラチナバンドの4GLTE通信を使えます。
全国各地の地下街でも使えますので、安心ですね。

また、ドコモのLTEですと銀座線、丸ノ内線、日比谷線、東西線、千代田線、
有楽町線、半蔵門線、南北線、副都心線のすべての地下鉄の駅で繋がります。

また、副都心線と有楽町線の小竹向原駅から千川駅の間以外のすべての
駅間で通信を行うことができます。

■地下駅の通信に強いモバイルルーター!

上記の地下通信環境を見て分かる通り、地下のモバイルルーターの
通信環境はかなり整備されているのです。

調べてみるとWIMAXは、通信電波の直進性が高すぎて、建物の壁にぶつかって
しまうので、屋内やビルとビルの間の通信は不安定になってしまいます。

繋がりやすいところと繋がりにくいところの差がとてもあります。
しかし、LTEは電波が曲がりやすいので都内であれば、基本的につながらない
ところはありません。

ですので、地下でも安心してネット通信が出来るのはLTEなのです。

LTEのモバイルルーターなら地下だけではなく、山間部でもスムーズに
通信を行うことができます。

しかし、LTEは基本的に通信制限があります。無制限で通信できるのは
305ZTなど一部の端末だけです。

■WIMAXとドコモどちらの方が便利?

通信料が安く手軽なWIMAXと安定した通信環境が手に入る地下でも繋がる
LTEのモバイルルーター、どちらの方がいいのでしょうか?

まずはWIMAXのメリット、デメリットを調べたデータをもとにご紹介いたしましょう。

WIMAXのメリットは通信制限がないので、好きなだけ通信をすることが出来ます。
また、月々の利用料金がBroad WIMAXですと2,856円ととても安いのです。

WIMAXはノーリミテットモードであれば無制限に通信が出来ます。

デメリットは、LTEと比べると最高速度が遅いのでストレスを感じることも多くあります。
また、WIMAXはWIMAX2+の高速通信では、月間7GBの通信制限があるのです。

さらに、初期費用が18,000円代ととても高額で2年間の
合計金額が割高となります。

そして、LTEの通信モードのときでも通信制限が発生します。
では、LTEのモバイルルーターのメリットとデメリットはなんなのでしょうか?

しらべた結果、メリットは通信速度の速さです。
下り最大で75Mbpsの通信速度が出ます。

WIMAXは下り最大64Mbpsですので、9Mbps位の違いがあります。
では、デメリットはどのようなものがあるのでしょう。

まず、月間7GBという通信制限があります。無制限のプランもキャンペーンで
ありますが、常に無制限のプランがある訳ではないのです。

通信データ量の自由さではモバイルルーターはWIMAXの方が、
通信速度ならLTEの方がメリットが大きいでしょう。

■LTEの電波が曲がりやすい理由

調べてみると、LTEの通信電波は周波数が低いのが特徴です。

ですので、電波の直進性が低く、建物などに沿って、曲がりやすいというメリットがあります。
これにより、屋内でも携帯と同じようにスムーズに通信をすることが出来るのです。

WIMAXが直進性が高いのは周波数が高いためです。

室内でもストレスなく通信できるのは、LTEですので、固定回線代わりに
インターネットのメイン回線として利用するなら、LTEが適しています。

月間の7GBという通信制限はキャンペーンなどで2年間無制限になったりします。
現在、楽天wifiとヤフーwifiが305ZTを対象として、無制限プランを行っています。

■ポケットWIFIは色々な種類があるけど使っている回線は全部同じ?

ポケットWIFIには現在、WIMAX、SoftBank、au、DOCOMO、Yahoo!WiFI、
楽天WIFIなどさまざまな種類のものがありますよね。

しかし、これらのモバイルルーターはすべて同じ回線なわけではありません。

調べてみた結果、まず、モバイルルーターの人気の火付け役となったWIMAXは
UQ WIMAXという会社が大元の会社です。

この会社はKDDIグループですが、通信回線はauとは異なり、WIMAX回線と
なります。つまりWIMAXとauのモバイルルーターは別の回線なのです。

ですが、WIMAXでLTE通信モードも使える通信端末はau 4G LTE通信の
モードを使うことになるのです。

そして、SoftBankのモバイルルーターは当然SoftBank、DOCOMOの
モバイルルーターはDOCOMOの通信回線をつかいます。

Yahoo!モバイルと楽天モバイルの305ZTはY mobileと共同で提供しているので、
通信回線はY mobieとソフトバンクの回線となります。

このように、通信端末の会社によって、通信回線は全く違います。

スマホやタブレットの通信会社と同じ会社のモバイルルーターを
選んだ方がいいのは、通信回線が揃っていた方が繋がりやすいからです。

また、同じ会社のモバイルルーターでもWIMAXのHWD15のように複数の
通信回線を使える通信端末もあります。

複数の回線が使える端末は便利ですが、通信回線の切り替えには
少し時間がかかるので、面倒に思う人もなかにはいます。

■ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルなどのポケットwifiの違いはほとんどなし?

そして、ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルなどのポケットwifiには違いが
ほとんどないのでしょうか?調べた結果です。

まず、先ほどもお話ししたように通信回線は全く違います。

通信回線が全く違うということは、通信速度、通信エリア、そして通信量の制限も
違ってくるということです。

具体的にどのように違うのか見ていきましょう。

まず、通信量の制限は基本的にLTEならどの会社も同じです。
月間で7GBという通信量の制限を設けています。

しかし、WIMAXは通信制限がない料金プランがあります。
LTEにもキャンペーンで無制限のプランはあります。

そして、通信端末代は割引で実質0円になる会社がほとんどですので、
こちらには大きな違いはありません。

しかしそれぞれの会社の通信端末で一番の違いが出るのは、通信環境です。
それぞれの通信環境を見ていきましょう。

まず、調べてみるとドコモのモバイルルーターは通信エリアが広く、人口カバー率
100%です。

時々繋がらなくなってしまうのが、モバイルルーターのデメリットなのですが、
ドコモのモバイルルーターにはその心配がすくないのです。

そして、その他のauやSoftBank、Y mobileなどの通信端末も通信環境は
かなり充実したものがあるのです。

とくにSoftBankはマイクロセル方式と呼ばれる小さな通信基地局をたくさん設置
することでむらなく、通信が出来る方式を採用しているので、通信がスムーズです。

■通信がしやすいのはLTE通信のモバイルルーター!?

モバイルルーターの契約期間は、基本的に2年間です。

ですが、面倒な手続きや配線工事などがないので、途中で引っ越し
などがあってもそのまま使えますよ。

インターネットの環境は使ってみて初めてメリットとメリットが見えてくるものです。

自分のネット環境に不満を感じて変えたいと思っても、2年縛りがあるから
変えられないという事態になるのは、スマホではよくあるのですが、実は
モバイルルーターでも同じなのです。

そうならないためにも繋がりやすく、通信速度が速いLTEの方が安心です。
通信エリアは公式サイトでマップ上でチェックできます。

■月間の通信制限7GBはどれくらいの通信量なの?

多くのキャリア会社でスマホやモバイルルーターに設けている通信制限
7GBとはどれくらいの通信量なのでしょうか?調査してみました。

メールの送受信なら1,870万通、サイトの閲覧なら50,600ページ、高画質の
動画再生なら33時間、音楽のダウンロードなら1,790曲、だいたいこれくらい
の通信をすることが出来ます。

無制限のモバイルルーターにこだわる人もいますが、普通にメールをしてSNSを
して、ネットサーフィンをしてたまに動画を見てという人なら十分足りる通信量
なのではないでしょうか?

自分に合っているモバイルルーターを探して無駄のないネット環境を手に入れましょう。
会社だけでなく、機種によっても大きく違いますよ。

地下

乗り換えを検討中!Wimaxからフレッツ光に乗り換えは正解?

■フレッツ光からワイマックスに乗り換え無い方がいい人はどんな人?

フレッツ光の月々の利用料金が高くて乗り換えを検討している人は、
安いワイマックスがいいですよね?それぞれについてしらべてみました。

しかし、フレッツ光は固定回線な上に光通信ですので、通信環境としては
申し分ないほど、理想的な環境なのです。

そして、ワイマックスは無線での通信ですし、持ち運びをすることで、
さらに通信環境は不安定になります。

ですので、月々の利用料金は大幅に安くなり年間で30,000円
くらい安くなるのですが、通信速度、安定感が著しく落ちます。

安さと引き換えに通信環境のレベルがさがってしてしまうのです。

ワイマックス2+の通信速度は220Mbpsが最大通信速度ですが、
口コミによると場所によっては、40Mbps~60Mbpsくらいの速度しか出ません。

ですが、高画質な動画を見たりオンラインゲームをしたりとネットサービスを
全て活用するのにも5Mbpsくらいしか必要ないのです。

ですので、十分スムーズにネットサービスを楽しむことができます。
ネット通信でもっとも大切なのは、通信速度ではなく安定性なのです。

その点においては無線通信のワイマックスよりも固定回線の
フレッツ光の方が勝っています。

ですので、口コミによると動画をサクサク見れる時と、そうでない時の落差が
激しかったり、昨日はオンラインゲームがスムーズだったのに、今日は動作が
遅いという事態になることもしばしばだそうです。

ワイマックスに向いている人は、あまりネットで動画を見たりオンラインゲームを
したりしない人です。

メールやSNS、ネットサーフィンくらいならワイマックスでも余裕でできます。

■オンラインゲーム、動画をどれくらい見るならフレッツ光の方がいい?

オンラインゲームや動画再生には、とても多くの通信量が必要となります。

公式サイトをみてみるとワイマックスはWIMAXの通信モードでは無制限でしたが、
WIMAX2+やau 4GLTEの通信モードでは月間で7GBという他のモバイルwifiと
変わらない通信制限があります。

オンラインゲームは新しいマップを読み込むときに、多くの通信量が
必要となりますが、同じマップ内や同じフィールド内でプレイしている
分には、ネットサーフィン程度の通信量しか使いません。

ですので、オンラインゲームをどれくらいプレイするかはワイマックスの
通信環境にとって、あまり大きな問題ではありません。

しかし、動画再生にはとても多くの通信量を使います。
高画質の動画を2時間見たらあっという間に1GBに達してしまうのです。

ワイマックスの通信環境でネットで動画を見る場合は、1日25分以内に
しておかないと他のネットサーフィンやメール、SNS、オンラインゲームが
できなくなってしまいます。

動画再生には注意をしてネットを使いましょう。

■超高速にこだわる必要はない!?

フレッツ光は圧倒的な高速通信で有名でとても人気を集めている回線です。

しかし、上り・下り通信共に最大値が1Gbpsというのは、実はあまり
一般家庭向きではないのです。

その理由は、家庭にあるパソコンの性能です。

最新式の高性能パソコンが自宅にあり、それを駆使してさまざまな
ネットサービスを利用しているという家庭であれば、フレッツ光の
1Gbpsの通信速度は必要となります。

しかし、例えばパソコン自体は5年以上前に購入したもので、利用するのも一般的な
メール、SNS、動画、オンラインゲームといったサービスだけの場合は、そこまで
贅沢な通信環境はいらないのです。

ワイマックス程度の通信速度で十分ネットは活用できますし、1日10時間以上、
ネットを使うようなユーザーでない限り、通信量も7GBで何とかなるというのが、
現実です。

自分はどれくらい普段ネットを使っているか、メモして把握してみましょう。
意外と使っていないことが分かるかと思います。

程々の通信環境で、手ごろな料金のワイマックスで半数以上の家庭は
事足りてしまうのです。

■どんどん速くなるワイマックスの通信速度

通信速度について調べてみると、以前はワイマックスとフレッツ光では
通信速度にかなりの差がありましたが、現在はワイマックスの通信速度
がどんどんあがり、数年前のフレッツ光回線の通信速度と同じくらいになりました。

ワイマックスは最大で100Mbps出ますので、モバイルwifi=遅いという時代では
なくなってきているのです。かなりの速度が出るようになっています。

しかし、最大値はあくまでも目安ですので、自分の住んでいるところで
その数値が出るというわけではありません。

ワイマックスは月々の利用料金が安いので、変更して損はありません。

また、ワイマックスとワイマックス2+の通信モードを使える通信端末も
ありますので、そういた機器を選べばより一層快適にネットにつながる
ことが出来るのです。

■フレッツ光を解約すると違約金がかかると聞いたけどどのくらい?

フレッツ光の公式サイトで調べてみると、解約時に支払う違約金は契約からの
年数によって違います。

ファミリータイプは1年目なら10,000円、2年目は5,000円、3年目は30,000円
4年目は20,000円となっております。

マンションタイプなら1年目は7,000円、2年目は3,500円、3年目は10,500円、
4年目は7,000円となります。

解約時に違約金がかからないのは25か月目の1ヶ月間、5年目が終了した翌月、
8年目が終了した翌月です。

このタイミングでの解約なら違約金はかかりません。もうすぐ、契約更新月なら
もう少し待って、無料で解約出来るタイミングでの解約にしましょう。

また、フレッツ光を契約して2年以上経過している人は解約金がかからない
タイミングが少しわかってきます。

3年目が終了した翌月の1ヶ月間、6年目が終了した翌月の1ヶ月間が、
解約金がなくても解約できるタイミングとなります。

自動更新の月なら無料で解約出来ると覚えていけば間違いありません。

フレッツ光に契約して2年以上経つ場合の解約金はファミリータイプなら1年目が
3,000円、2年目は20,000円、3年目は10,000円、4年目は10,500円と
なっております。

マンションタイプは1年目は10,500円、2年目は7,000円、3年目は3,500円、
4年目は10,500円となっております。

■WIMAXのキャッシュバックキャンペーンで違約金を補える?

公式サイトをみてみると、WIMAXは毎月のようにお得な乗り換えキャンペーンを
開催しています。

キャッシュバックなども行っているのですが、それでフレッツ光の違約金を
補うことはできるのでしょうか?

broad wimaxは、今ならWEB割引で5,000円お得にWIMAXに契約出来ます。

また、タブレットかノートパソコンを同時に購入すると最大20,000円の
キャッシュバックがあります。

WIMAXは他にもさまざまなプロバイダがあります。
他のプロバイダのキャンペーン内容はどうなのでしょうか?

@nifty WIMAXは送料無料で、20,000円キャッシュバックです。

WIMAXの通信端末とクレードルという通信補助機器のセットになります。

■家電量販店でWIMAXの購入をするのは?

家電量販店でWIMAXを購入するとゲーム機やパソコン、タブレットなどが
無料でついて来たり、格安で購入出来たりします。

しかし、家電量販店でWIMAXを契約するとプロバイダでオンラインで購入
するよりも月々の利用料金が少しだけ高くなります。

その理由は家電量販店で購入することにより、家電量販店への手数料を
支払わなければならないからです。

プロバイダでの契約なら、WIMAXとプロバイダへの料金を支払うだけで済みます。

家電量販店でWIMAXを契約するとさまざまなお得なおまけがありますので、
ついつい惹かれてしまいますが、冷静に判断してください。

オンラインでの契約ならパソコンで契約をして自宅で待っているだけで
通信端末が届きます。

■WIMAXにもある!解約時の違約金にご注意!

WIMAX2+Flat 2年 ギガ放題という料金プランに加入すると、その契約期間は
違約金がかかります。

利用登録月と翌月~24か月目の末日までの期間が違約金の発生します。

違約金は利用登録月が19,000円、1年目は19,000円、2年目は14,000円、
3年目以降は9,500円となっています。

契約期間満了月の翌月に解約すると違約金はかかりません。

■フレッツ光とWIMAXの通信速度はあまりかわらない?!

フレッツ光は、通信速度が最大で1Gbps出ます。
WIMAXでも220Mbpsの通信速度が最大で出るのです。

しかし、調べてみるとフレッツ光の実測の速度は、40Mbps~60Mbps
という口コミが多いのです。

それじゃ全然遅いじゃないか、と思うかもしれませんが、実は体感的には
全くストレスを感じない速度なのです。

またWIMAXの通信速度も最大値が220Mbpsというだけで、実際には、
口コミではやはり10Mbps~30Mbps程度しか出ていません。

つまりフレッツ光とWIMAXの通信速度の違いは、あまり問題ではないのです。
無線通信と有線通信ですので、通信の安定感に違いが出ます。

そちらの方が大きな問題となります。

無線の通信の安定感をあげるためには、WIMAXを窓際に置いたり、WIMAXの
通信端末がある部屋でネット接続をしたりするだけでも効果があります。

無線通信の電波は弱いので、ドアが閉まっているだけでも通信が不安定に
なります。ドアを開けて、ネットに繋がりましょう。

■WIMAXはLTEよりも繋がりにくいらしいけど理由は?

WIMAXは、通信電波はとても弱いため屋外ではなかなかな通信速度が
出ますが、室内ではほとんどつながらないくらいになってしまいます。

WIMAXの通信速度を屋外で測ったサイトによると10Mbps~30Mbps
くらいの通信速度となるようです。かなり遅く感じるかもしれませんが、
スムーズに繋がれるレベルです。

これはオンラインゲームや動画再生などがスムーズに出来るくらいの
通信速度です。

しかし、室内では遅いどころか繋がらないのでベランダなどでの通信と
なってしまいます。

また、WIMAXは通信エリアが都市部に集中しており、地方や山奥などには
まだまだ対応できていないというのが現状です。

そして、契約から2年間は通信無制限で通信が出来るのですが、3年目以降は
LTEなどと同じ通信制限がかかってしまうので、ご注意ください。

また、一般的にWIMAXよりもWIMAX2+の方が速いというイメージがあるかも
しれませんが、実際は場所によってはWIMAXの方が速いこともあります。

また、WIMAXの中に「HWD14」という通信端末がありますが、WIMAXの
中の通信端末でもなかなか繋がらないとの口コミが多いです。

他のWIMAXの通信端末は、普通に繋がりストレスを感じないので
都市部であれば契約をしてみましょう。

また、公式サイトにサービスエリアを検索できるマップがあります。
契約の前にそのマップで自分が住んでいる地域がサービスエリアに
入っているかどうかをチェックしてくださいね。

LTEは、日本全国的に通信エリアに入っています。ですので、山奥でも
しっかり繋がると好評です。

しかし、通信速度はあまり速くなく、通信も月間7GBという制限があります。
2年間だけではありますが、WIMAXの方がお得ですね。

■LTEのポケットWIFIで無制限のものが最強?

LTEのポケットWIFIの中には通信無制限のものがあります。

全国的にしっかり行き届いている通信エリアに無制限のシステムとくれば
最強と思うかもしれませんが、実際のところは少し違うようです。

では、LTEのポケットWIFI無制限はどのようなものなのでしょうか?

まず、ワイモバイルのCA対応ポケットwifiはLTEですが、月間の
通信制限がありません。

しかし、月間で7GBに達した時点で制限がかかることはかかります。

話が違うじゃないかと思われるかと思いますが、それを解除するのが無料
なのです。つまり制限は形だけかけますが、解除料金は必要ないですよ、
というシステムなのです。

しかし、この解除料金が無料なのは、契約から2年間だけです。
やはりWIMAX同様3年目以降は通常通りの月間7GBの通信制限が
シッカリかかります。

当然、解除料も有料となるのです。Broad WIMAXで見てみると、解約料は
9,500円~19.000円です。また、このシステムの対象となっているのは、
「305ZT」という通信機器のみです。

また、直近3日間で1GBという通信制限は通常通りあります。

つまり、月間7GB以上、月3日間で1GB以下なら通信できるシステムですので、
完全に無制限で使えるわけではないのです。

しかし、通信制限がるモバイルルーターは基本的に月間7GBという制限です
ので、平均にくらべ月間で通信できる容量が3GBも上回ります。

■1GBでどんなことが出来るのか?

では、直近3日間で1GBという通信制限がかかっていますが、どのようなことが
出来るのでしょうか?調べてみました。

まず、通常のYahooトップページを3,400回くらい表示することが出来ます。
メールは、300文字のテキストメールを20,4800回くらい送信することが
出来ます。

Skypeなら、音声通話で333分くらい、ビデオ通話で27分くらい、テストコールで
1,852分くらい通話できます。

動画再生サイトでは、標準画質で約55分、中画質で約26分、高画質で約16分、
HD画質で約7分間見ることが出来ます。

毎日、少しづつ加減して通信をすれば、かなりインターネットを楽しめる通信量
なのではないでしょうか?

契約後、2年間は月間でこの10倍の寮の通信をすることが出来るのです。
モバイルwifiとしてはやはり最強と言えるのではないでしょうか。

■防犯に気を使いましょう!

モバイルwifiルーターは、無線通信です。ですので、個人情報などを盗まれ
やすいというデメリットがあります。

ですので、パソコンのセキュリティーをしっかり有効にすること、スマホは必要
ない時以外は、ネットに接続しないようにすること、などを徹底して行いましょう。

ネット犯罪は、そもそも接続していないと出来ないものですので、小まめに
ネットを切っておくだけでも十分防犯になります。

便利で手軽なモバイルwifiですが、注意点も多くあります。
しっかり管理するようにしましょう。

モバイルwifiルーターに乗り換えたい!フレッツ光からでは無理?

■フレッツ光からモバイルwifiルーターに乗り換え可能?

フレッツ光からモバイルwifiルーターへ乗り換えることは可能です。

しかし、公式サイトで見てみるとフレッツ光には契約金がありますので、
解約時期にはくれぐれもご注意ください。

フレッツ光に契約をすると最低利用期間という期間を設定されます。

24か月間なのですが、その期間に解約をすると解約金として戸建ての場合は、
9,500円、集合住宅の場合は1,500円を支払うことになります。

そして、契約更新月と呼ばれる契約から25か月目以外の月で解約すると
この解約金が発生してしまうのです。

契約から23か月目ではダメですし、26か月目でもダメなのです。
契約更新月の1ヶ月間で解約をするようにしてください。

その後、お好きなモバイルwifiへと乗り換えをしましょう。
モバイルwifiルーターは、毎月のようにお得なキャンペーンを開催しています。

解約金を支払わないタイミングでお得なキャンペーンを利用して乗り換えを
すれば、フレッツ光の配線撤去工事の費用も戻ってくるかもしれません。

■フレッツ光で動画をたくさん見るならモバイルwifiは非力?

公式サイトによると、フレッツ光は光回線を利用した通信サービスです。

安定している高速な通信が特徴となっていますので、動画もさくさく
見ることができます。

しかし、モバイルwifiルーターには月間7GBという通信制限がついているのです。
高画質な動画も7GBでは、約30時間前後しか見れません。

毎日1時間くらいづつになってしまいます。

また、他にもメールやネットサーフィンなどをしたい場合は、更に通信料がかかり
ますので、モバイルwifiルーターで動画も見放題ということは出来ません。

インターネットを今の状況で今の利用量をキープしたいならモバイルwifiへの
乗り換えはおすすめできません。

フレッツ光のまま、別の料金プランへ変更をした方がいいでしょう。

■今よりも安い料金プランに変更をした場合

では、動画をたくさん見つつ料金を安くするにはどうしたらいいのでしょうか?
フレッツ光には、2段階定額制 戸建て向け料金プランと集合住宅向けプランが
あります。

料金プランは戸建て向けのプランでは月額4,600円とプロバイダ料金500円~の
合計で5,100円~となっております。

集合住宅向けの料金プランでは、月額2,950円とプロバイダ料金500円~の
合計で3,450円~となっています。

これ以上安い料金プランはフレッツ光ライトになります。
フレッツ光ライトは戸建て向けの料金プランで実質2,200円~5,200円となります。
集合住宅向けの料金プランでは、実質2,100円~5,200円となります。

■通信速度は著しく遅くなります!

フレッツ光は光回線ですし、有線通信です。
一方のモバイルwifiルーターは光回線ではないですし、無線通信となります。

通信の安定性、通信速度、共にフレッツ光の方が格段に上ですので、
フレッツ光の安定した環境からモバイルwifiの不安定な環境へ乗り換える
となると、はじめのうちはストレスを感じることになります。

通信が安定しないので、家の中でも通信が入りやすいところ、
入りにくいところの差が大きくなります。

また、通信をする人が急増する時間帯があるのですが、そういった時間帯に
なると一気に通信速度も落ちてしまいます。

動画もスムーズに動かなくなり、オンラインゲームなどをする場合は、
キャラクターの動作が遅くなったり、新しいマップへ飛びときに読み
込むのに時間がかかります。

モバイルwifiルーターの平均料金は4,000円前後ですので、光回線よりも
安い金額となります。

しかし、安い料金である分、通信速度も遅く満足のいく通信環境とは少し違う
ものになってしまいます。

■モバイルwifiルーターの正しい選び方

通信環境が悪化するけれど、料金の安いモバイルwifiルーターに
変更をしたい場合は、どのような機器を選べばいいのでしょうか?

まず、調べてみるとモバイルwifiは最低利用期間が2年縛りです。
2年間もインターネット環境を変更できないことは、実はかなり不便な
ことなのです。

また、通信制限がないモバイルwifiルーターもありますので、そういった
モノを選べば、動画も遠慮なくみることが出来ます。

モバイルwifiルーターには基本的に月額の利用料金に大きな違いは
ありません。月額2,700円代~4,800円代です。
契約期間の長さ、通信制限があるかどうかで判断してください。

また、スマホの通信回線と同じ回線で通信を行っているモバイルwifi
ルーターを選ぶと通信がとてもスムーズになります。

スマホと回線を合わせて選ぶという方法もあります。

■フレッツ光を解約して、ドコモのモバイルwifiルーターにしようか検討してるけどどう思う?

フレッツ光の高い利用料を見直すためにモバイルwifiルーターへの乗り換えを
検討している人は多くいます。

ですが、実際はフレッツ光とモバイルwifiルーター、どちらの方がいいのでしょう?
ここでは、フレッツ光とモバイルwifiルーターを比較して考えていきます。

まず、フレッツ光の公式サイトからみていきましょう。
フレッツ光は戸建てならプロバイダ料金込みで月額5,100円~となります。

しかし、この料金プランだと年間で61,200円~となります。

2年間の最低利用期間の合計では、122,400円となり、
かなりの高額な利用料金であることが分かります。

そして、通信速度は最大で100Mbps出るのですが、これはあくまでも
最大ですので、実際には口コミで見てみると60Mbps~70Mbpsといった
程度しか通信速度は出ません。

そして、遅い時は40Mbps位になってしまうのですが、オンラインゲームを
プレイするのにさえ5Mbpsあれば十分なのです。

ですので、最大値が出なくても十分な通信速度は出ます。

一方のドコモのモバイルwifiルーターはどのようなものなのでしょうか?

まず、ドコモのモバイルwifiルーターの通信速度はどれくらいなのでしょう。
L-04DWi-Fiルーターの通信速度を実際にはかった口コミで調べました。

下り通信速度・・・約6Mbps 上り通信速度・・・約3.5Mbps

光は遅くても40Mbpsは出ますので、通信速度の差は歴然です。
無線での通信ですから、これくらいの差は出てしまうのです。

オンラインゲームでも5Mbpsあれば大丈夫なので、問題ないと言えば
問題ないのですが、今まで程の環境ではありません。

そして、ドコモのモバイルwifiルーターは本体価格が通常18,144円なのですが、
月々サポートを利用すれば最大24か月で実質負担額が0円となります。

■フレッツ光でやっていたPS3のオンラインゲームはモバイルwifiルーターでもできる?

調べてみると、フレッツ光でやっていたPS3のオンラインゲームをモバイルwifi
ルーターでもプレイできます。

しかし、通信速度はありますが通信の安定性に欠けるので、フレッツ光の時ほど
快適にはプレイできません。

モバイルwifiルーターを窓際に置いて、窓際でPS3をすれば通信の安定感も
少しはたかくなります。

■ドコモのモバイルwifiルーターは全国で自由に使える!

調べてみると、ドコモのモバイルwifiルーターは、人口カバー率90%以上です。
FOMAエリアでは人口カバー率100%ですので、繋がらないという事態には
なりません。

全国3万か所以上のワイヤレスゲートの公共無線LANアクセスポイントが
使えるので、通信制限があっても心強いですよね。

ワイヤレスゲートは通常の場合、月額3,980円かかります。
しかし、キャンペーンなどで契約月の利用料金は無料となることもあります。

モバイルwifiルーターの最大のデメリットは通信速度の遅さと通信制限です。

しかし、ドコモのモバイルwifiルーターは無線LANスポットが豊富にあることと、
人口カバー率が高いことなどから、通信環境としてはそれほど悪いものでは
ありません。

■ドコモのモバイルwifiルーターで一番高機能なのは?

「Wi-Fi STATION HW-02G」は、下り最大225Mbpsと高速な通信速度を
体験できるのが、大きな特徴です。

しかし、下り最大225Mbpsを通信速度が出るのは、通信環境が整っている
一部の地域に限られているので、注意が必要となります。

また、「Speed Wi-Fi NEXT WX01」も下り最大の通信速度が220Mbps
出るのですが、こちらも通信をする環境次第となります。

外出先でも利用できるという最大のメリットに惹かれてモバイルwifiルーターに
乗り換えるユーザーも多くいるのですが、実際につなげてみると通信速度の
遅さや通信の不安定さにうんざりしてしまう人もいるのです。

こうした事態を防ぐために、事前にモバイルwifiルーターのデメリットをしっかり
把握しておくようにしましょう。

また、自分がどれくらい普段インターンネットを利用しているのかを自分で
はっきり把握することはネット環境選びの基本となります。

ですので、自分が普段ネットをどれくらい使っているのかをメモしながら
一日を生活してみてください。正確なネット利用度合いが分かります。

そこから、自分に合っているネット環境を考えればいいのです。

■会社の寮で回線工事ができないけどモバイルwifiルーターは工事なしで使えるのか?

会社の寮の規則や集合住宅のルールなどでインターネット回線を設置できない
という住宅は日本中にまだまだ多くあります。

インターネット回線は集合住宅の外壁に穴をあけてそこから電線から
引いてきた回線を引っ張って家の中へ入れます。

ですので、比較的大きな工事となるのですが、外壁に穴をあけることを嫌がる
大家さんは多いのです。

また、集合住宅の行動スペースの部分までは大元のインターネット
回線を引かなければなりません。

当然、その費用は大家さんが負担するのです。

会社の寮の場合は、会社側が負担をすることになりますので、回線を引く工事の
費用について検討中でインターネット適応していないのでしょう。

モバイルwifiルーターは、設置工事や面倒な契約は一切不要です。

オンラインで申し込みをして数日後に通信端末が届き、簡単な設定を
したら、すぐに使い始めることができるのです。

この手軽さが受けて、一人暮らしの若者を中心に爆発的な人気と
なったのです。

インターネットに適応していない会社の寮でも問題なく購入できますよ。
また、会社側や大家さん側への断りも必要ありません。

■モバイルルーターの契約に必要なものは何?

では、面倒な手続きが必要ないモバイルルーターの契約に必要なものは
なんなのでしょうか?調べてみました。

ここでは、WIMAXを購入した時を仮定して手順と共に必要なものを
ご説明していきましょう。

まず、WIMAXの公式サイトで自分が住んでいる地域がWIMAXの通信
エリアに対応しているかどうかをチェックしてください。

そして、通信エリア内であることが判明したら、いよいよ契約となります。

支払方法が口座振替の時だけ、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類
が必要となります。

それ以外は契約に必要なものはありません。

クレジットカードで支払う場合は、申し込みの際にクレジットカード番号を
入力する必要があります。

通信端末の送料は日本全国無料です。契約にかかる費用だけで済みます。

モバイルルーターは、手軽に始めることが出来るネット通信環境です。
契約後も引っ越す時は、手続きが一切必要なくそのまま引っ越しが出来ます。

インターネットに関してほとんど知識がない人でも安心して使える操作し
やすい設計となっておりますので、ご安心ください。

■実際にドコモのモバイルwifiルーターを使ってみると・・・?

では、実際にモバイルwifiルーターを使ってみるとどのようなことが分かるの
でしょうか?ユーザーの口コミを調べてみました。

ここでは、例としてドコモのモバイルwifiルーターを使った場合をご説明
いたしましょう。

ドコモのモバイルwifiルーターは通信速度が下りで約5Mbpsで、上りは
約1.3Mbpsだったそうです。

オンラインゲームに必要なのは3Mbpsくらいですので、スムーズには
うごかないこともあります。

また、動画を見るのもなかなかスムーズには行きません。

モバイルwifiルーターで動画を見たり、オンラインゲームをしたりするのは
難しいものがあるでしょう。

そういった安定している通信環境が必要なものは、公共無線LANスポットで
行いましょう。

モバイルwifiルーターはセットアップのたびにソフトをインストールする手間がかかります。
しかし、インストールは数分で終わりますし、接続設定自体は本当に簡単です。

設定のためにキーの入力がいらないところも嬉しいポイントです。
モバイルwifiルーターは充電された状態で届きますので、設定後すぐに使えます。

■レンタルしてから購入するという手段もあります!

最近はモバイルwifiルーターをレンタルしてくれる業者もあります。
こちらが調べた結果です。

1日たったの400円前後でWIMAXやワイモバイルのモバイルwifi
ルーターをレンタル出来ます。

たった1日でもレンタルをつかえば自宅や最寄駅、よく行くショッピングセンター、
会社や学校の周辺などで通信をして実際の速度を体感することが出来ます。

そのあとで、同じ通信端末を購入すれば、予想を全く違うということになりません。

「WI-FIレンタルサービス」というレンタル業者では、「au 4G LTE」の通信端末と
「WIMAX」の通信端末をレンタルすることが出来ます。

会社によっては、最新通信端末を格安でレンタルできるところもあります。

自分が目当ての通信端末を取り扱っている業者を探してみて、
希望する通信端末をレンタルするのが、ベストです。

しかし、通信端末はなにがいいのか分からない時は、一番レンタル代が
安いものを選ぶようにしてください。

いきなり購入するのは不安な方は、レンタルから始めてみましょう。

通信が無制限のLTEモバイルルーターはありますか?

■7GBを超えても速度制限がないLTEのポケットwifiルーターはある?

調べてみると、モバイルwifiルーターは基本的には月間7GBという制限が
かかっているものです。

この通信制限を超えると著しく通信速度が落ちてしまいます。

かなり遅い速度で通信は出来るのですが、実際にはメールくらいしか
通常通りに使うことができず、ネットサーフィンに至っては使い物になりません。

モバイルwifiルーターでLTEに対応している機器で無制限なものが
あったら、どんなに便利だろうと誰でも思いますよね?

ここでは、無制限のLTE対応モバイルルーターをご紹介いたします。

ヤフーWIFIならLTE通信が無制限で使えます。
しかし、無制限と言っても完全に無制限というわけではないのです。

月間の7GBという制限はそのまま残ります。しかし、通信制限がかかっても
無料で解除して追加料金を支払うことなく再び通信できるのです。

ただ、3日間で1GBという通信制限はかかります。

つまり現時点では完全に速度制限がない無制限のモバイルルーターはありません。
(後で説明するぷららは無制限とうたっていますが、速度的にとても使えるレベルではありません)

■直近3日の制限については?

先ほどもお話ししたとおり、直近3日間の1GBという通信制限はかかります。
それを外してしまうと、月間でユーザーが偏った通信利用をしてしまうからです。

無線での通信は基本的に、7Gを超えた場合の通信速度は遅いものです。
この通信を多くのユーザーが一気にしてしまうと通信ができなくなります。

月間での通信制限も重要なのですが、月間で偏った通信をしないことも
とても重要なのです。

しかし、多くのモバイルルーターでは、翌日の6時までしか通信制限が
かかりませんので、0時に通信制限を超えた場合は、6時間で再び通常の速度に戻るわけです。

■他にもある無制限で通信できるモバイルwifiルーター

ぷららの固定回線に加入しているという前提で契約出来るモバイルWIFI
「ぷららモバイルLTE」は通信無制限プランがあります。

公式サイトをみてみると、直近3日間1GBという通信制限がないことが
一番の特徴です。

ぷららモバイルLTEのメリットは申し込みも簡単で翌日には端末が到着します。
通信エリアはDOCOMOなので、日本全国繋がらないところはありません。

また、最大の通信速度は3Mbpsですので、かなり高速な通信環境と言えます。
直近3日間の通信制限も月間の通信制限もないのです。

追加料金なしでデザリングが可能となっています。

また、2年縛りはありませんので契約してみて納得出来なかったら、
すぐに解約することが出来ます。解約金や違約金は一切発生しません。

そして、ぷららモバイルLTEのデメリットはこのようなものがあります。

まず、通信速度の最大値は3Mbpsですが、
混雑時には0.5Mbps~1.5Mbps位まで落ちてしまいます。

この通信速度はメールやネットサーフィンは問題ありませんが、高画質な
動画をチェックしたり、音楽をダウンロードするにはかなりの時間がかかって
しまう速度です。

また、解約をする時にSIMを返送する必要となります。
返送をしないと3240円請求されてしまいます。

■自分の今のネット利用状況を確認してみましょう!

自分の毎日のネット利用状況は、意外と正しく把握できていないものです。

自分ではほとんど使っていないつもりでも「塵も積もれば山となる」で
かなりの時間をネットにさいていたり、自分ではかなり使っているつもり
でも実際にはあまり使っていなかったり。

また、ネットサーフィンも動画やダウンロードがなれれば、ほとんど通信料として
加算されないくらいしか、通信速度も通信量も使わないのです。

動画閲覧やオンラインゲームがメインの人には無制限でないと厳しいものが
ありますが、それ以外の人であれば、通信制限があっても問題なく繋がれるのです。

あまり、通信制限に過敏になる必要はありませんよ。

そして、モバイルwifiルーターは月額の利用料金が安いのが最大の特徴です。

固定回線の一番安い料金プランと組み合わせることで、通信制限を
気にすることなく、ネットを活用することが出来ます。

家では固定回線、外出先ではモバイルwifiというように使い分けをすればいいのです。
こうすることで、快適にネットに繋がれます。

また、PCでネットをする時にスマホのデザリング機能を使用するという方法も
あります。デザリングは電池の消耗が激しいので、緊急時に使いましょう。

■格安SIMの代表 ぷららモバイルLTE 定額無制限プランの実際の速度はどれくらい?

格安SIMといえば「ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン」ですが、
実際の通信速度はどれくらいなのでしょうか?

まず、公式サイトには最大3Mbpsという通信速度がでると記載されています。
この3Mbpsという通信速度は、通常のサイトを閲覧する時と動画を再生する
時にはスムーズに読み込める速度です。

オンラインゲームも問題なく楽しめるのですが、ダウンロードには時間がかかります。
つまり、ほとんどの場合でストレスなくネットを活用できるくらいの通信速度ということです。

しかし、この3Mbpsという通信速度は最大値ですので、実際の速度とは異なります。
無線通信のモバイルwifiは住宅環境などに通信速度を大きく左右されるのです。

自宅の通信環境が整っていれば最大値の3Mbpsに近い速度が出ます。
しかし、場所によってはかなり遅い速度しか出ないのです。

そして、実際にぷららモバイルLTEを使用している人の口コミによると、
ぷららモバイルLTEで通信速度が1Mbpsを超える時は本当に少なく、
ユーザーの口コミでは、平均値で250kbps~500kbpsとなってしまいます。

これでは、動画再生はもちろん、オンライゲームも楽しむことは出来ません。

無制限であることは変わりないのですが、通信速度の問題で見ることが
出来ないのであれば、通信制限があるのと同じことになります。

これだけ、通信速度が遅いのであれば通信制限があるけど、安定して
3Mbps以上の速度が出るヤフーwifiなどのほうがよい通信環境と言えます。

■どういう利用形態が格安SIMに向いてる?

ぷららモバイルLTEの実際の通信速度を見て分かるように、格安SIMでは、
通信速度がかなり遅いです。

その理由は格安SIMや格安スマホはキャリア通信回線をレンタルして
通信を行っているためです。

キャリア通信会社は、回線をレンタルする代わりに通信速度を遅くしたり、
通信制限を設けたりして通常の通信環境には届かないようにしています。

同じ回線を同じように使えて、料金が格安ではユーザーが格安の方へ
流れてしまい、自分たちのユーザーがいなくなってしまうからです。

ですので、格安SIMのユーザーとして適しているのは、通常のネットサーフィン
のみで動画は見ない人、オンラインゲームや音楽ダウンロードなどもしない人。

メールやSNSがメインというユーザーです。
また、仕事でネットを使うけど、動画は見ない人などにも向いています。

「動画24時間見放題やブログやSNSに画像をUPに最適」という記述が公式サイト
にありますが、ブログやSNSには最適ですが、銅が見放題には全く向かない
通信環境と言えそうです。

■他にもある?!格安SIMのデメリット

格安SIMのデメリットは、通信速度が遅いということ以外にも
あるのでしょうか?調べてみました。

格安SIMは、データ通信やSMSは出来ないものが多いです。

ぷららのモバイルLTEなら追加オプションとしてSMSを有料で使えるのですが、
通常、無料で使えるLINEがSMSのオプション代がかかることで、事実上、
有料という形になってしまいます。

また、契約には、クレジットカードが必要となるものがほとんどです。

モバイルwifiのようにクレジットカードでも口座振替でもOKという支払方法を
選択出来るシステムはありません。

また、インターネットにあまり詳しくない人が格安SIMを使用するとシステムなどを
理解できずに混乱してしまうこともあります。

ネット知識に自信がない場合は通信制限があるけど、簡単に契約出来る
ヤフーwifiの方が安心でストレスもないのではないでしょうか?

■ぷららの口コミはどのようなものがある?

ぷららの口コミは、どのようなものがあるのでしょうか?
まず、迷惑フィルターは甘くつくられています。

これは厳しくフィルターを設定してしまうと、必要なメールまで迷惑メールに
分類されてしまいからです。

また、ぷららは複数のメールアドレスをもらえるサービスがあります。
仕事とプライベート分けることが出来るので、嬉しいサービスですね。

また、緊急時のサポートセンターへの問い合わせは他の通信会社に
くらべてもっとも繋がりやすいと言われています。

サービスに置いては大変優れていると言えます。
また、NTT系列ですので、知名度と安心感があります。

そして、通信速度が遅い場合は、パソコンの設定を変えると少しではありますが、
通信速度が上がりますので、簡単に出来る工夫から実践してみてください。

セキュリティーを軽くすると通信速度が上がりますよ。

■WIMAXが制限はかかるようになったと聞くけどどうゆうこと?

無制限に通信が出来るモバイルwifiとして大変な人気を博している
WIMAXですが、ついに通信制限がかかってしまいました。

しかし、実はWIMAXはもともと通信制限があったのです。
公式サイトにも記載されていました。

WIMAX2プラスは月間7GBという他のモバイルWIFIと変わらない制限が
ありました。

制限がなかったのはWIMAXのほうだけです。
しかし、このWIMAXは通信速度はあまり速くありません。

また、3日間で3GBという通信制限がありますので、30日間(約1ヶ月)で
30GBという通信制限なのです。

他のモバイルwifiやスマホは3日間で1GBです。つまり通信制限が
かかったものの他のモバイルwifiの3倍、月間では3倍以上の通信量
ということになります。

ここまで、余裕がありますので制限という呼び方程、厳しいものでは
ないのです。

そして、月間の7GBの通信制限も有料オプションで外すことができます。

UQ WIMAXの「UQフラット ツープラス ギガ放題」という料金プランは
月間7GBという制限はないものの3日間で3GBという制限はあります。

■無制限モバイルwi-fiルーターを買うならワイモバイルとヤフーwifiはどちらがよい?

では、無制限のモバイルWIFIルーターのワイモバイルとヤフーwifiは
どちらの方がメリットが多いのでしょうか?

2つのモバイルルーターを調べたデータを元に比較してみましょう。
まず、ワイモバイルは以前はイーモバイルという社名でした。

その当時は通信が無制限だったのですが、現在のワイモバイルに社名が
変更されたと同時に通信制限も設置されることになってしまいました。

ですので、現在は通信が無制限ではありません。
どのような通信制限がかかるのでしょうか?

まず、1つ目は「3日で1GBという通信制限」です。
1GBとは、動画サイトで高画質な動画を2時間くらい見ただけで
終わってしまいます。

これが3日間ですので、通信制限としてはとても厳しいものとなります。
他のモバイルWIFIと変わりません。

2つ目は「24時間の通信利用料が366MBという制限」です。
スマホの場合は、アプリを1本ダウンロードするだけで制限が
かかってしまいます。

3つ目は「1ヶ月7GBの通信制限」です。

3日間で1GBに引っかからないように利用していたとしても20日間くらいで
7GBには到達してしまいます。

残り30日間を超低速の128kbpsで通信するしかないのです。

一方のヤフーwifiも、同じで通信制限は月間7GBかかり、3日間で1GB
かかるのです。

ですので、月額の利用料金が安いヤフーwifiの方がお得ですよ。

■期間限定の無制限通信は・・・?

現在、ワイモバイルで発売されているポケットwifi使い放題キャンペーンは
調べてみると305ztのみが対象となっています。

305ztであれば契約から2年内の期間は追加料金が無料になるという
キャンペーンを行っているのです。

制限解除の手間が省けるので、パソコンなどでネットを頻繁に楽しみたい人には
おすすめです。

しかし、3年目以降は通信制限がかかりますし、追加料金も有料となります。

また、305zt以外の通信端末ではこのキャンペーンは適応されませんので、
くれぐれもご注意ください。

キャンペーン対象外の303HWはテレビチューナー機能がついています。
無制限ではありませんが、303HWにもメリットはあるのです。

■続々と進む通信制限

現在、モバイルWIFI業界では今まで無制限だった通信機器が続々と
制限されるようになってきました。このことについて調べてみました。

背景としては、モバイルwifiが登場して5年以上が立ち、モバイルWIFIの
ユーザーが増えたため、通信を制限しないとユーザーがスムーズにネット
に繋がれなくなってしまったことが一番の理由として挙げられます。

通信を制限しないとすべてのユーザーが快適にネットを利用出来なくなって
しまうので、どうしても必要不可欠なものなのです。

無線通信は有線通信に比べて通信環境が良くありません。
無線通信ならではのデメリットをしっかりと把握しておきましょう。

モバイルwifiユーザーにとって、通信制限との戦いは避けれないものです。
しかし、上手く自分のネット利用方法をコントロールして、上手に通信制限と
付き合えばストレスも軽減します。

映画などはレンタルしてテレビで見たり、音楽もレンタルや購入をするように
しましょう。ネットばかりに頼らない方法で娯楽を楽しむようにしましょう。

LTE