マンションの何階までならwimaxの電波は届きますか?

■WiMAXは高層マンションでも通信可能?

・WiMAXの通信はマンションでは繋がりにくい?
・実際の通信速度はどれくらい?

WiMAXの通信がマンションでは繋がりにくいという記事をよく目にしますが、
調べてみると、マンションの構造の問題でスムーズに通信できるマンション
もあるようです。

WiMAXは2.5GHzという他のモバイルwifiルーターよりも高い周波数帯で
通信をしているのです。

大容量の通信を得意としている高速通信である代わりに、コンクリートなどに
おおわれているマンションやビルでは外壁にぶつかってしまい、通信が不安定
になってしまうというデメリットがあるのです。

電波を通しやすいガラス越し、つまり窓越しに通信を行うと不安定にならない
ので、マンションの室内で通信をする時は窓の近くで行いましょう。

また、高層マンションでは通信できないというイメージがあるかと思いますが、
東京スカイツリーの展望デッキや六本木ヒルズ、大阪の通天閣などでも通信
できるので、高層の建物=WiMAXの通信は届かないという訳ではないのです。

マンションの6階に住んでいるユーザーでも自室で十分な速度で通信出来ている
そうです。ここからは、WIMAXの公式サイトに載っていた実際の通信速度です。

東京スカイツリー 展望デッキ 「WiMAX Speed Wi-Fi」 速度約19Mbps
六本木ヒルズ 「WiMAX Speed Wi-Fi」 速度約6Mbps
恵比寿ガーデンプレイス 「WiMAX Speed Wi-Fi」 アンテナ2本で利用可能

池袋サンシャイン60 「WiMAX Speed Wi-FI」 速度約7Mbps
名古屋 ミッドランドスクエア 「WiMAX Speed Wi-FI」 速度約8Mbps
大阪 通天閣 「WiMAX Speed Wi-Fi」 アンテナ2本で通信可能
神戸 ポートピアホテル 「WiMAX Speed Wi-Fi」 速度約10Mbps

■5階以上?10階以上?何階まで電波は届く?

・実際に高層マンションで使用している人の口コミ
・階ごとの通信速度は?
・何階までというのは断言できない

実際に高層マンションでWiMAXを使っている人の口コミでは、11階で、
「Aterm WM3600R」を使用していて通信が出来ているとのことです。

11階の窓ぎわに「aterm WM3600R」を置くとアンテナが3本中2本たっており、
十分な速度が出ています。

また、階数はかかれていませんでしたが、コンクリートのビルの仕事場でWiMAX
1台で5台の通信機器がインターネットに接続できているそうです。

2009年に書かれた記事によると高層マンションでのWiMAXの階ごとの
通信速度はこのようになっています。

1階 約8Mbps、5階 約10Mbps、10階 約12.4Mbps、15階 約9Mbps、
20階 約5Mbps、23階 約5Mbps

少し古いデータでこの通信速度が出ているので、現在はもっと高速で通信を
することが出来ると予想されます。

5階よりも10階の方が通信速度が速いのは周囲に邪魔する建物などがなくなる
高さだからです。15階以上になってしまうと、今度は高すぎて通信が届きにくく
なってしまいます。

高層マンションで最も通信を拾いやすいのは10階前後と言えます。

しかし、建物の柱の数や、WiMAXの通信基地局との距離、周囲の建物の高さ
などによって、通信エリア内でも速度が大きく変わってしまいます。

ケースバイケースであることを頭に入れておきましょう。

■高層でなくても繋がりにくいこともあります!

・周囲を建物で囲まれている場所は繋がりにくい
・大切なのは、階数ではなく遮るものがないこと

調べてみると、WiMAXは電波が直進性が強すぎて、障害物に弱いということが
分かりました。ですので、マンションの1階や戸建てであっても周囲を建物で
おおわれていると通信が不安定になることがあります。

たとえば、周りを背が高い建物で囲まれている戸建ては電波が届きにくいです。
このように大切なのは、建物の高さや部屋の階数ではなく、周囲に通信を遮る
ものがないことです。

また、通信エリアに入っているかどうかも当然重要なポイントになりますので、
気をつけましょう。

■ベランダで通信をする対策もあります

・室内とベランダでは通信速度が大きく違うことも!

調べてみると、室内で通信をするよりも同じ階のベランダで通信をした方が
速度が出ることがあります。

これはコンクリートの外壁に通信がさえぎられないためです。WiMAXを購入して
室内で繋がりにくい状態になったら、ベランダに出て通信をしましょう。
また、ベランダや窓際に端末を置くだけでも通信速度が上がります。

■高層階にいくほど電波は弱くなる?

・10階付近がもっとも通信速度が速い
・15階以上は低速になって行く

調べてみると、WiMAXの通信電波は高層マンションの10階付近が一番通信
速度が速くなることが分かりました。

これは、10階付近は周囲に通信を遮ってしまう建物がなく、電波がしっかり
届きやすいことが理由です。

また、マンションの1階あたりの高さは3mですので、10階は27m~30mの
高さになります。この高さはWiMAXの通信が届きやすい高さなのです。

WiMAXの通信基地局はたいだい地上から15m~24mくらいの高さで
電波を飛ばしています。これはマンションで言うと5階から8階に相当する
のですが、5階から8階だと周囲に建物が多いのです。

ですので、周囲に建物が少ない10階の方がよりスムーズに通信をキャッチ
できるというわけです。

また、15階以上は通信基地局の電波が飛んでいる高さよりもかなり高い位置に
なってしまうため、通信速度は階数が上がれば上がるほど落ちていきます。

■高層ビル用のアンテナを設置しているWiMAXなら電波は届く

・東京スカイツリーの展望台でも通信可能な理由
・レンタルをして実際に試してみましょう

調べてみると、WiMAXは東京スカイツリーの展望台でも通信が可能となります。
WiMAXでは高層ビル専用のアンテナを設置することで上に向けて電波を
飛ばしています。

モバイルwifiルーターの通信基地局から発信される電波は上から下へ向けて、
飛ばされる設計になっているので、本来は高層ビルには不向きです。

しかし、WiMAXは高層マンションや高層ビルなどでも通信しやすくなる対策を
とっているのでしっかり通信をすることができます。

ただ、このシステムは高層ビルや高層マンションのタイプによって実際のところ
どれくらい速度が向上しているのか違います。

公式サイトにも高層ビルの速度の記載はあるものの、これくらいの高さの
マンションならこれくらいの速度といった具体的な通信速度の記載があり
ませんので、WiMAX端末をレンタルしてみましょう。

「UQ WiMAX」なら契約前に15日間無料でレンタルする個おtが出来ます。
15日間あれば自宅や仕事場、ショッピングセンターなど、さまざまな場所で
試すことが出来ます。

■高層マンションにWiMAXの通信基地局が普及しない理由

・マンション屋上にWiMAXの通信基地局を設置するには?
・反対をする住人が多い理由は?

調べてみると、高層マンションや普通のマンションでは、屋上にWiMAXの通信
基地局を設置していないところが多くあります。

これは通信基地局の設置に反対する住人がいるために管理人側が設置に
踏み切れないことが一つの原因です。

反対する住人は、光回線やauひかりなどの固定回線に加入していて、WiMAX
などのモバイルwifiルーターを使っていないので必要性を感じずには設置を
拒否している場合がほとんどです。

設置には費用が掛かる上に、マンションの外観も悪くなるので、WiMAX
ユーザー以外には通信基地局の設置にメリットがないのです。

■光回線とWiMAX、マンションにはどちらが合っている?

・光回線は本当に速い?
・WiMAXなら戸数も無関係

光回線判定した高速通信が出来ることで人気となっていますが、調べてみると、
マンションタイプでは戸数によって、通信速度が遅くなることが分かりました。

マンションタイプの光回線は電線から1本の回線を引いてきて、通話などで
それぞれの部屋へと回線が分かれていきます。

ですので、戸数が多い=ユーザーが多いと1本の回線の負担が大きくなり速度が
落ちてしまうのです。特に夜間のユーザーが増える時間帯は速度が落ちやすい
傾向があります。

一方、WiMAXは無線通信ですので、回線自体がないため、このような状況には
なりません。ユーザーが増える時間帯に速度が落ちることはありますが、固定
回線に比べれば、その頻度は少ないです。

■LTEとWiMAXならどっちが高層に強い?

・WiMAXの高層マンションでの通信環境
・LTEの高層マンションでの通信環境

調べてみると、WIMAXは高層マンションでは10階付近がもっとも通信速度が
速く、スムーズに通信をすることが出来ることが分かりました。

しかし、それ以上の階に上がっていくごとに通信速度は落ちてしまいます。
通信基地局の電波が届きにくくなるためです。

高層の階でもしっかり通信できるように、対策をとられているマンションなら
通信速度も安定しているのですが、そうでないマンションは不安定になります。

一方のLTEの場合ですが、WiMAXのアンテナが設置されている建物とは別の
建物にアンテナが設置されていることが多いので、WiMAXの速度が出るマン
ションでLTEの速度が出るとは限りません。

通信エリア内に入っていても近くにアンテナがなければ通信速度は落ちて
しまいます。WiMAXの周波数帯は2.5GHzと高数値で、LTEは1.7GHzと
低い数値です。

高数値な方がより遠くに高速で電波を飛ばせるので、高層マンションなら、
WiMAXの方が強いことが予想されます。

しかし、マンションのタイプや周囲の環境、建物の構造などから実際に
使ってみないと、どちらが強いとは断言できません。

■高層マンションでもスムーズにモバイルルーターで通信する方法

・コンクリートは電波を遮ってしまう
・同じ階でも部屋によって通信速度が違う

WIMAXでもLTEでもモバイルwifiルーターは無線による通信をおこないます。
無線はマンションのコンクリート製の分厚い壁を通り抜けることが出来ません。

ですので、外壁に電波は遮断されてしまうのです。普通のマンションやビルでも
電波が通り抜けられないので、高層マンションのようなより強固なつくりの建物
では、当然電波が室内まで届きにくくなります。

特に上層に住んでいる人はモバイルwifiルーターの電波では不安に感じるかと
思いますが、ちょっとした工夫で通信速度はかなり改善されます。

まず、コンクリートは電波を遮ってしまいますが、ガラスは遮りません。
ですので、通信がしたい時は大きな窓のある部屋で行いましょう。

また、同じ階でも通信基地局のある方角を向いている部屋の方が速度が
速くなりますので、全部の部屋で通信を行って速度が速い部屋を見つけて
みてください。

また、通信端末を窓際に置くことでも通信速度が改善されます。

■WiMAXを実際に高層階で利用している人の口コミ

・バッテリーの持ちが悪いという口コミも
・バッテリーを長持ちさせる方法

調査の結果、あるユーザーのこんな口コミがありました。

「回線速度はぼちぼちで問題なく、仕事場である高層ビルの14階でも問題なく
繋がります。しかし、約10時間は待つと言われたバッテリーが朝100%にしても
夕方近くには14%まで落ちてしまいます」

「コンクリート製のマンションの室内でも15Mbps~16Mbpsの通信速度は
出ます。通信が途切れることもないですが電池がすぐに減ってしまいます」

このように通信が出来るけど、バッテリーの持ちが良くないという口コミが
ありました。これは高層階にまで届いている弱い電波を端末が探している
時間が長いためにバッテリーのヘリが速くなってしまうのです。

つまり電波をキャッチしやすくすればバッテリーの持ちも良くなります。
ここからは、WiMAXの端末のバッテリーを長持ちさせる方法をご紹介いたしましょう。

■WIMAXのバッテリーを長持ちさせる方法

・小まめに電源をオフしましょう
・アルミのボウルの中に入れて使いましょう

調べてみると、WiMAXの電源を外出する段階からオンにしっぱなしで通信をして
いる人が多くいます。しかし、これではバッテリーのヘリは当然早くなりますので、
通信する時だけ電源をオンにして後の時はオフにするように心がけましょう。

また、WiMAXの電波をかき集めるにはアルミ製のボウルの中に端末を入れるのが
効果的です。100円均一でも売っている小さめのボウルに端末を入れて、ハン
ガーなどをおってスタンドにして、電波をチャックしやすい角度に固定してください。

WIMAX

インターネット接続を工事なしでしたいけどwifiはどういう仕組み?

■工事なしでインターネット接続したい。Wifiとは?

・wifiのしくみ
・モバイルwifiとは何か?
・工事なしでも使えるのか?

調べた結果、wifiとは無線での通信サービスのことを言います。Wifiには親機と
子機があり、その2つが無線で通信をすることにより、インターネットを使うことが
できるのです。

インターネット→wifi親機→wifi子機という流れで通信を受け取り、wifi子機→親機
→インターネットという流れで通信を送ります。

Wifiの親機は無線LANルーターのことをいいます。

LANルーターには、有線LANルーターと無線LANルーターの2種類がありますが、
有線LANルーターはケーブルでしか通信できませんので、wifiではありません。
無線LANルーターのみ、wifiに当てはまります。

子機はスマホ、タブレット、パソコン、ゲーム機などがあります。

親機である無線LANルーターは固定回線と繋がっているタイプと、回線とは
繋がっておらず、携帯型のモバイルwifiルーターと呼ばれるタイプがあります。

モバイルwifiルーターはコードレスなので、家の中でも外出先でも通信できます。
今、若者を中心に人気となっているインターネットの通信方法なのです。

そして、有線LANルーターと無線LANルーターは、固定回線でインターネットと
繋がっています。

無線LANルーターが無線で通信できるのはwifiの親機と子機の間だけなのです。
しかし、モバイルwifiルーターはインターネットとも子機とも無線で繋がります。
だからこそ、外出先でも通信ができるのです。

■モバイルwifiに契約をする前にレンタルをしよう

・モバイルwifiルーターの契約前にレンタルが必要な理由
・モバイルwifiルーターのレンタルにかかる費用
・レンタルを無料でしてくれるプロバイダは?

モバイルwifiルーターにはスマホと同じように通信エリアがあります。
しかし、調べてみると通信エリア内であるにもかかわらず通信がスムーズに
出来ないこともあるのです。

その理由はいくつか考えられますが、モバイルwifiルーターの種類がWiMAXだと
通信エリア内でも室内では繋がらないこともあります。

また、家が山奥だったり、建物の通信基地局からの距離が遠かったり、周辺
の建物が家よりも背が高く電波を塞いでしまっている場合も原因になります。

そのような状況は意外と実際にモバイルwifiルーターを使ってみないと分から
ないものです。契約前にレンタルをしましょう。

モバイルwifiルーターのレンタル業者には様々なものがありますが、最新機種を
1日400円からレンタルしてくれる業者もありますので、自宅や職場よく行くお店
や最寄駅などで実際に使ってみてください。

また、UQ WiMAXならクレジットカード情報を入力すると、15日間無料でWIMAX
端末をレンタルしてくれます。

最新端末やホームルーターを含む9種類の端末からレンタルする機種を
選ぶことが出来ます。

■モバイルwifiルーターをお得に購入するには?

・WiMAXはキャッシュバック、ワイモバイルはポイントプレゼント
・受け取るのは契約直後ではない

調査の結果、モバイルwifiルーターのWiMAXでは契約するとキャッシュバック
してもらえるキャンペーンが多く、ワイモバイルでは通販サイトのポイントを
プレゼントするキャンペーンが多かったです。

WiMAXでは、とくとくBBが最大で24,590円のキャッシュバックを行っていたり、
ワイモバイルでは楽天wifiが契約期間中、楽天市場の楽天ポイントを3倍にする
上に10,000ポイントとかなりお得なのですが、それぞれの特典を受け取れる
時期には差があります。

WiMAXのとくとくBBでは契約から11か月目にキャッシュバックのメールが届きます。
「ご指定口座確認通知メール」で、それに返信をしないとキャッシュバックが受けら
れないのです。

一方、ワイモバイルの楽天の場合は契約から翌々月の20日くらいまでに自動で
受け取れます。受け取り方が簡単な方がもらい損ねがありませんので、キャン
ペーンの内容だけではなく、特典の受け取り方もチェックしてみてください。

■工事なしのホームルーターもあります!

・アンテナ付きのホームルーターは工事なしで使える

WiMAXには工事なしでも使えるホームルーターがあります。

2本の角度を好きに変えることが出来るアンテナ付きですので、外出先では
インターネットを使わないという方は、こちらのホームルーターが向いています。

■フレッツ光やauひかりは引っ越しの度に違約金や工事が必要

・フレッツ光の違約金と工事費用
・auひかりの違約金と工事費用

調べてみると、フレッツ光やauひかりなどの光回線には回線の設置工事が必要で
あると同時に、撤去工事も必要だということが分かりました。

フレッツ光とau光、2つの違約金と工事費用をみてみましょう。
まずは、フレッツ光からです。

フレッツ光は最低利用期間2年間の間に契約を解除すると、違約金が
戸建ての場合は9,500円、集合住宅の場合は1,500円かかります。

しかし、これはあくまでも解約の場合のみで移転の場合は解約金は発生
しません。また、移転の際の回線撤去・設置工事費はこのようになっています。

フレッツ光ネクストのままで移転する場合
戸建てで屋内配線の行程がある場合 9,000円 ない場合 6,500円
集合住宅で屋内配線がある場合 7,500円 ない場合 6,500円

フレッツ光ネクストのままで移転する場合(ビジネスタイプのみ)
戸建てで屋内配線がある場合 18,000円 ない場合 7,600円
集合住宅で屋内配線がある場合 15,000円 ない場合 7,600円

フレッツ光ライトのまま移転をする場合
戸建てで屋内配線がある場合 9,000円 ない場合 6,500円
集合住宅で屋内配線がある場合 7,500円 ない場合 6,500円

回線の移転工事費のみで移転はできます。ではau光はどうでしょうか?
まず、auひかりでギガ得プランに加入していると2年以内に解約の場合は、
解約金9,500円がかかるのですが、移転の場合はかかりません。

しかし、回線工事の費用は所定の費用かかります。また、レンタルしていた
機器は引っ越し先へ持っていき、新しい機器が送られてくるのを待ちましょう。

新しい機器が送られて来たら、以前利用していた機器は郵送で返却します。

■モバイルルーターなら工事の手間も費用の心配もない

・引っ越しをすることになってもそのまま使える
・転勤族や一人暮らしの方にあっている

調べてみた結果、モバイルルーターには引っ越しの際の手続きがいらない
ことが分かりました。固定回線ではないので、回線の撤去工事も設置工事も
必要ないのです。

契約時も手間がかからず、引っ越しの際も手間がかかりません。この手軽さが、
転勤族などで引っ越しを繰り返す方や、一人暮らしの方に人気の理由なのです。

回線男工事は外壁に穴をあける工事ですので、隣の部屋の住人に気を使いますし、
大家さんへの断りも必要になります。

また、工事は1~2時間かかるのですが、立ち合いが必要ですので、工事の日は
予定を開けておかなければなりません。更に土日の工事となると追加料金を
取られるので、手間と費用が掛かってしまいます。

モバイルwifiルーターなら、その心配がないのです。

■LTEならモバイルwifiルーターでも高速で安定した通信を実現

・室内やビル街にも強いLTE
・固定回線と通信速度の比較

LTEについて調べてみると、LTEは2種類の周波数帯で通信をしているのです。
ですので、他のモバイルwifiルーターよりも安定しやすく、電波も室内の奥まで
入り込んでしっかり届きます。

WiMAXも高速な通信ですが、WiMAXの場合は1つの周波数帯で高速通信を
実現しているため、周波数帯の数値が高いのです。数値の高い周波数は
電波が曲がりにくく、室内の奥までは届きにくい傾向にあります。

また、LTEは最大で通信速度が165Mbpsとかなり高速です。フレッツ光は
1Gbpsと桁違いに高速なのですが、これは最新のパソコンで整った環境で
ない限り、出ない数値なのです。

実際のフレッツ光の通信速度は口コミを見てみると、下り90Mbps以上、
上り90Mbps以上出ています。

LTEは実測下り約25Mbps、上り約8Mbpsと光回線には劣りますが、
インターネットサービスは全て5Mbps以上あれば快適に通信できます。

■ワイモバイルはLTEの中でもっとも人気

・料金プランの安さがその理由

調べてみると、ワイモバイルの端末はその料金の安さでLTEモバイルwifi
ルーターの中では最も人気となっています。中でもヤフーwifiは業界最安
値級のプランがあったり、無制限のプランがあるので、LTEに決める場合は、
ヤフーwifiがお得ですよ。

■無線のモバイル通信サービスを利用する時の注意点

・無線のモバイル通信サービスを利用している人が急増
・個人情報をのぞき見されやすい
・大事な情報はSSLでやり取りを!

モバイルwifiルーターのような無線での通信サービスを利用している人は年々
増え続けています。特にモバイルwifiルーターが普及し始めてからは、更に
増え、街中は無線通信の電波が飛び交っています。

モバイルwifiルーターの一番のメリットは外出先でも通信ができることですが、
これは、同時に危険なことでもあるのです。

便利な反面、無線通信は電波を使って情報をやり取りするため、情報セキュリティ
をしていないと、気が付かないうちに通信内容が読み取られていたり、ウイルスを
ばらまくのに利用されてしまったりするのです。

ユーザーが知らないうちに、電波が届くところから閲覧していたサイトやメールの
内容、IDやクレジットカード番号などを覗かれてしまうこともあります。

また、スマホやパソコンなどの機器に他人が無断でアクセスしてしまう悪意のある
ユーザーも中にはいるのです。

公共無線LANというショッピングセンターなどによくある通信サービスは同じ
サービスを利用している他のユーザーに覗かれやすいというデメリットが
ありますので、ご注意ください。

覗かれないためには、大事な情報のやりとりはSSLを利用してください。
外出先だけではなく、自宅でインターネットを利用する時もSSLを使いましょう。

■SSLとはどんなもの?

・SSLとは?
・SSL以外の防犯対策は?

調べてみると、SSLとは信頼できるサイトやサーバとの間でインターネット上で
データを暗号化してから送受信をする通信方法のことをいいます。

特にIDやパスワード、クレジットカードの情報などのやり取りはSSLで行って
ください。SSLで通信を行うには、URLが「https」で始まっているサイトだけに
アクセスしましょう。

そして、パソコンやスマホに鍵マークが常時されているか確認をして、されてい
なかったら、しっかり鍵をかけましょう。

また、SSL以外で防犯をする場合は、公共無線LANスポットなどではファイル
共有機能を解除してください。

パソコンのOSやスマホのアプリには、自分の端末に保存されているファイルを
ネットワークから他のユーザーと共有出来るファイル共有機能があります。

このファイル共有機能が有効になっていると、公共無線LANスポットなどでは
他人からファイルを覗かれたり、不正なファイルを送りつけられたりします。

必ずファイル共有機能は解除して、防犯性を高めましょう。

■クレジットカードの情報をむやみに登録するのはやめましょう

・クレジットカードは個人情報なので、あまり入力しない
・通販サイトは知名度が高く信頼できるサイトを利用する

クレジットカードは大切な個人情報です。ですので、ネットショッピングを
する時にむやみに入力したり、登録したりするのは避けましょう。

一度しか使わない通販サイトならクレジットカードではなく、代金引換か
口座振替にしてください。また、通販サイトもAmazonや楽天などの知名度
が高く信頼がおけるサイトのみをりようしましょう。

よくわからないサイトや聞いたことがないサイトでは買い物をしないようにして
ください。また、ブログなどでも個人情報をのせすぎるのはやめましょう。

■モバイルwifiルーターを利用する時の注意点

・電源のオフのし忘れに注意しましょう
・通信量のことも考えてネットサーフィンのし過ぎに注意してください

モバイルwifiルーターのユーザーの中には面倒だからと言って、電源をオンに
したままにしている人もいますが、通信状態が続いていることはイコールで
ネット犯罪に巻き込まれる可能性が高くなってしまいます。

モバイルwifiルーターの電源をオンにするのは通信をしている時だけにしましょう。
また、暇な時にネット―サフィンをしたり、ついつい無意識のうちにスマホをいじって
しまいがちですが、これもネット犯罪の対策としてよくありません。

また、モバイルwifiルーターには月間7GBという通信料の制限が設けられている
ものも多いので、制限のことも考えて、ネットサーフィンをする時間は決めておいて、
それ以外はしないようにしてください。

通信速度が速くて安くインターネットを始める方法は何?

■速度10Mbps以上で安くインターネットを始めたい

・高速通信で安定しているのは固定回線
・モバイルwifiルーターでも10Mbps以上出る

調べてみると、インターネット環境で通信速度が10Mbps以上でて、
かつ安定しているのは、固定回線です。

特にフレッツ光などの光回線なら最大値で1Gbpsの通信速度がでて、
快適にインターネットを楽しむことが出来ます。

月々の利用料金が高いイメージのあるフレッツ光ですが、フレッツ光ライト
という料金プランなら集合住宅ですと、月額2,100円~5,200円で利用できます。

あまり、多くインターネットを使わなかった月は利用料金が月額1,900円+
プロバイダ料金月額200円~で2,100円で済みます。

どれだけ多くインターネットを使っても最大で月額5,200円で止まります。
フレッツ光の安定した通信環境を2,100円~で利用できるのはお得です。

初期費用は契約料が800円、初期工事費が1,500円となります。
毎月のインターネット使用頻度が少なければ最低利用期間2年間で
合計66,200円となります。

フレッツ光のギガマンション・スマートタイプでは2年間で100,000円前後
の費用がかかってしまうので、通信費の節約になりますね。

しかし、インターネットをよく使い場合は、月額5,200円となりますので、
2年間の合計で140,600円となってしまい節約になりません。

手続きなどが必要なく手軽に始めることが出来るモバイルwifiルーター
ですと、平均月額3,609円で使用することができます。

フレッツ光ライトのように料金システムは2段階ではなく月間の通信量の制限を
設けることで安い料金でサービスを提供しているのです。また、無制限のモバ
イルwifiルーターもあります。

家の中だけでなく外出先でも利用できて、通信速度も10Mbps以上出るものが
ほとんどです。

使用する環境にもよりますが、WiMAXの場合は実測40Mbps~60Mbps、
LTEの場合でも同じくらいの通信速度となります。

手続きや工事が不安な場合は、モバイルwifiルーターがいいでしょう。

■光回線は高い

・フレッツ光の無制限プランは?
・1Gbpsの通信速度は本当に必要なのか

調べてみると、フレッツ光は最大の通信速度が1Gbps出る贅沢な通信環境を
思う存分利用できる「フレッツ光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ」だと、
月額利用料2,950円+プロバイダ料500円~=実質3,450円~となります。

初期費用はフレッツ光ライトと同じ15,800円です。
最低利用期間2年間の合計費用は9,8600円~となります。

通信速度が速く無制限に使えるので、このように、かなり高額な料金設定と
なっているのです。

しかし、この最大値1Gbpsという通信速度が本当に必要なのでしょうか?
調べてみると、インターネットのサービスを利用するにはこのくらいの
通信速度が必要となります。

普通のページ 1Mbps
YOUTUBE 超高画質動画 3.5Mbps
hulu 2Mbps
Gyao 2.5Mbps
オンラインゲーム 2Mbps(安定していればこの速度でプレイ可能)

このように、通信速度が5Mbpsもあればインターネットは問題なく利用できます。
フレッツ光の1Gbpsとは100Mbps×10の通信速度ですので、ここまでの速度は
なくても5Mbps出ていて、速度が安定していれば通信には十分なのです。

■超高速通信を体験できるパソコンの条件

・1Gbpsをパソコンで体験するのに必要な条件
・条件を満たしているか確かめるには?

調査の結果、通信速度1Gbpsを体験するにはパソコンにある2つの
条件が整っていなければならないことが分かりました。

・LANパートが1000Base-tに対応していること
・LANケーブルがカテゴリ5e以上であること

LANポートが1000Base-tに対応しているかどうかはデバイスマネージャーの
ネットワークアダプタをチェックすれば分かります。「1000BASE-T」や「Gigabit」
という文字が入っていれば大丈夫です。

LANケーブルがカテゴリ5eかどうかは、コントロールパネルからネットワークと
共同センターを選択し、ローカルエリア接続の状態を見ると分かります。
速度が1000Mbpsとあれば大丈夫です。

■安くインターネットを始めるには光回線は不向き

・超高速通信で安い利用料金は難しい

調べた結果、フレッツ光のような超高速通信が出来る回線で安くインターネットを
利用するのは難しいものがあります。

しかし、先ほどもお話ししたように超高速通信は必要性の低いものですので、
ストレスを感じずに通信できる程度のインターネット環境で安いものを探しましょう。

■ADSLは安いけど遅い

・ADSLとは?
・光回線との違い

調べた結果、ADSLとは従来の電話線を利用した通信サービスのことを言います。
自宅が通信を行う職場がNTTの通信基地局から遠ければ遠いほど、通信速度が
落ちてしまうのです。

また、通話や家電製品の影響を受けやすく、時間帯などでも通信速度は大きく
変わってしまう通信方法なのです。

利用料金が月額2,980円~3,232円と割安ですが、これは固定電話がある
場合の料金で、固定電話がない場合は月額が5,050円~5,450円と光回線
よりも高額な料金となります。

ADSLの場合は、電話回線を利用して通信するので光回線のような回線工事が
必要ない場合もあります。申し込みから1~2週間で利用し始めることができます。

実際に使用しているユーザーの口コミではADSLの通信速度は下り2.5Mbps、
上り570kbpsとかなり遅いですがGyaoなどの動画サイトもスムーズに見えて
いるようです。

一方の光回線は光ファイバーの専用の回線を使用して通信をしているので、
通話や家電の影響も、通信基地局からの距離も関係なく通信できます。

通信を妨害する要素が少ないので、通信速度は下り上りに関係なく100Mbps
前後の速度がでるのです。

しかし、専用の回線を設置しないと通信できないので回線工事が必要となります。
申し込みから実際に利用し始めるようになるためには1~2か月かかります。

■モバイルルーターはWiMAXとLTE回線の2種類

・WiMAXとLTEの特徴
・どちらの方が繋がりやすいの?

モバイルルーターという工事や手続きが必要ないインターネット環境には、
2種類の回線があります。

WiMAXは、UQ WiMAXが提供している回線を使って通信をします。
周波数帯が高いので電波が強く直進性に優れています。
その反面、曲がりにくいので室内での通信は不安定になりやすいです。

LTEは2種類の周波数帯を利用して通信をしているので、高速で安定した
通信をすることができます。それぞれの周波数帯が高くないので、電波が
曲がりやすく室内でもスマホのように問題なく通信できます。

LTEの方が柔軟な電波ですので、どんな場所でも繋がりやすくストレスなく
インターネットを使うことができます。

■モバイルルーターは地下でも通信できる?

・地下鉄の駅でも続々と通信できるようになっている
・半地下の方が繋がりにくい

調べてみると、WiMAXやソフトバンク、au、DOCOMOのモバイルルーターは
続々と地下鉄の駅でも通信が出来るようになっています。

ワイモバイルのモバイルルーターはソフトバンクの通信エリアも使えるので、
地下鉄の駅でも通信が可能となっています。

地下鉄の駅にはそれぞれの通信会社の通信アンテナが設置されているため、
モバイルルーターでも繋がることが出来るのです。

ユーザーの口コミを見てみると、WiMAXは東京都の地下鉄駅構内で
下り約3Mbps,上り約2Mbpsの速度となっています。

同じ地下鉄の駅でLTEの場合は、下り約28Mbps、上り約4Mbpsの速度です。
LTEの方が通信速度が出ることが分かります。

しかし、半地下のカフェなどにはこの通信アンテナが設置されていません。
地下鉄の駅よりも半地下の場所の方が繋がりにくくなっているのです。

■ADSLよりもすぐに始めることが出来るモバイルルーター

・申し込みから利用し始めるまでは最短で1日
・会社に注意すれば初期費用もやすい

モバイルwifiルーターについて調べてみると、プロバイダの公式サイトから
申し込みをして、クレジットカードでの支払いを選択すると速ければ翌日に
通信端末が届き、翌日から使用することが出来ます。

また、Broad WiMAXは初期費用が18,856円かかってしまいますが、
それ以外の会社で契約をすれば初期費用は3,000円、またはキャン
ペーンで0円で済みます。

ADSLよりもお得に手軽に始めることが出来るのです。

■一番安いモバイルwifiルーターはヤフーwifi

・ヤフーwifiの2つの料金プラン
・305ZTの通信エリアはワイモバイルとソフトバンク

モバイルwifiルーターについて調べているともっとも月額の利用料金が安いのは
ヤフーwifiだということが分かりました。

ヤフーwifiには2つの料金プランがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

「303HW」 月額利用料2,743円

月間7GBという通信制限が設けられていますが、業界最安値級の利用料です。
テレビチューナーも搭載されている303HWですので、外出先でタブレットなどで
テレビを楽しむことができます。

Yahoo!プレミアム会員に同時に申し込むと月額2,743円で利用できるのですが、
会員費は最大で6ヶ月無料となります。初期費用は3,000円で、ユニバーサル
サービス料は毎月4円となっています。

「305ZT」 月額3,696円

こちらの端末は契約から2年間は月間の通信量の制限がありません。
キャリアアグリケ―ションと呼ばれる通信方法で高速で安定した通信を
実現しています。

今ならキャンペーンでTポイント5,000ポイントがプレゼントされます。

305ZTが対応している通信エリアは3つで、ソフトバック 4G LTE、ワイモバイル
LTEネットワーク、ソフトバンク 4Gの通信サービスを利用できます。

初期費用は3,000円でユニバーサルサービス料が毎月4円かかります。

■7GBの制限に注意

・月間7GBの制限がかかると・・・?
・7GBの通信量でできること

303HWは月間で7GBの通信量しか利用できません。調べてみると、7GBの
通信量がかかると128kbpsの通信速度に落ちてしまうのです。

いったん制限がかかり128kbpsに落ちてしまうと、追加料金を支払わないと
元の通信速度に戻ることが出来ません。

500MBごとに500円支払います。500MBとは、これくらいの通信量です。

通常サイト 約2,327ページ
メール 約102,400通
高画質動画 約62分

また、128kbpsとは、メール・LINEは問題なくできるけれど、サイトを読み込む
のに時間がかかり、動画サイトは閲覧できないことがほとんどといった具合の
通信速度です。またダウンロードなどもタイムアウトで出来ません。

そして、7GBの通信量ではこのようなことが出来ます。

メール 約1,870万通
ホームページ 約50,600ページ
高画質動画 約33時間
音楽のダウンロード 約1,790通

このように、普通にインターネットを使っている分には問題のない通信量なのです。
インターネットを1日中利用している人でない限り、月間の通信制限は気にしなく
ても大丈夫です。

■モバイルwifiルーターの最大のデメリット

・通信が固定回線のように安定しないこと
・モバイルwifiルーターでも工夫すれば通信の安定性が増す

調査の結果、モバイルwifiルーターは場所によって、通信速度がマチマチだったり、
同じ家の中でも部屋によって、速度に違いが出たりと固定回線のようには通信が
安定しません。

中でも鉄筋の家や高層マンションの上層階などになるとエリア内に入っている
にもかかわらず通信が届かないこともあります。

しかし、モバイルwifiルーターでも工夫をすれば通信が安定しやすくなるのです。
まず、モバイルwifiルーターの電波は窓を通って入って来ます。外壁は電波を
遮ってしまいますが、ガラスはモバイルwifiルーターの電波を通すからです。

ですので、端末は窓の高さよりも低い位置にはおかないようにしてください。
窓の範囲の高さに置くと電波をしっかりキャッチします。

窓の枠に置いたり、窓の高さに合わせて棚を設置しておくなどしましょう。
また、モバイルwifiルーターの周辺には何も置かないようにしてください。

■引越しでも手続きが必要ないので安心

・モバイルwifiルーターは手続きが不要

申し込みの際にも引っ越しの際にもモバイルwifiルーターは手続きが必要ありません。

サイトから申し込みをする出家で利用出来て、何の手続きも連絡もしないで
引っ越しをして、新しい家でも同じように通信をすることが出来るのです。

引っ越しはさまざまな手続きがあり、混乱する時期ですので、とてもうれしい
ですよね。しかし、引っ越し先でも通信エリアに入っているかどうか確認をして
から引っ越しをしましょう。

インターネット契約を引っ越し時にすると割引になるのは詐欺?

■引越し時にインターネット契約すれば引越し代を3万円割り引くと言われたけど詐欺?

・フレッツ光西日本で行われているキャンペーンなので詐欺ではない
・最低利用期間のことをしっかり考えよう

調べてみると、引っ越し時にインターネットに契約すると割引があるのは、
フレッツ光西日本で行われているキャンペーンのことです。

サカイ引越センターで引っ越しをする時にすでにフレッツ光西日本を利用
している場合は、引っ越しの基本料車両費と人件費の20%を割引します。

また、フレッツ光お引越し割引が適応されます。そして、フレッツ光に加入して
いない人でもフレッツ光への申し込みが完了した時点で車両費、人件費が20%
割引になるサービスへの申し込みができます。

この時、引越基本料20%割引の申し込みはサカイ引越センターへ、フレッツ光
お引越し割引の申し込みはフレッツ光へしてください。

そして、フレッツ光には「にねん割」というスマホなどにもある最低利用期間の
2年間継続して契約することを条件とした割引システムがあります。

引っ越し時にフレッツ光西日本に契約をして2年以内に引っ越しなどで解約と
なった場合は、「どーんと割」に加入している場合は戸建てであれば1年目は
10,000円、2年目は5,000円、集合住宅であれば1年目は7,000円、
2年目は3,500円の契約解除料金が発生します。

このように契約解除料金のことを考えて本当にお得かを考えて契約しましょう。
引越しの費用によって、割引をする額は違いますので、一概に3万円割引とは
言えません。

■フレッツ光に入ってキャッシュバックがもらえる理由

・フレッツ光加入でキャッシュバックしてくれるのはどこ?
・高額キャッシュバックの理由

「BBN」「U-NET」「エフプレイン」「ベストリンク」「ネットナビ」で、
このような内容のキャンペーンを行っています。

・最大60,000円キャッシュバック
・月額利用料金割引
・初期工事費割引
・プロバイダ料 最大2か月無料

「BBN ブロードバンドナビ」だとこれに新品パソコン、タブレット、液晶テレビ、
ゲーム機などが選べる特典付きです。

なぜ、このようなお得なキャンペーンが実現できるのでしょうか?
まず、68,000円キャッシュバックは適応されるには条件があります。

一つ目の条件は契約者が法人SOHO,個人事業主であることです。
個人契約では、10,000円までしかキャッシュバックされません。

また、フレッツ光とOCNかYahoo!BB、どちらかのプロバイダに新規で加入する
必要があります。フレッツ光とSANNETか楽天BBのプロバイダですと、キャッシュ
バックの金額が5,000円になりますので、注意してください。

他にもさまざまなオプションを追加するとキャッシュバックの金額は大きくなり
ますが、もちろん月額の合計利用料金も高くなりますので、本当に必要なもの
のみにしましょう。

また、ゲーム機などが選べる特典も法人、SOHO、個人事業主限定の
キャンペーンとなっています。

■フレッツ光の契約の流れ

・契約から工事までの準備に必要なものは?
・インターネットが使えるようになるまでの全体的な流れ

調べてみると、光回線は申し込んでから回線の設置工事を行うまでに、少し
期間が必要となります。実際に契約したユーザーの場合は申し込みから回線
工事までに2週間ほどかかったそうです。

3月や4月などの引っ越しシーズンだと、1か月待ちになることもあるので、
申し込みははやめに行いましょう。

また、フレッツ光で貰えるLANケーブルは短いものですので、事前に長めの
LANケーブルを用意しておくと、工事に来てもらった時に差し出せば工事終了
と同時に使えるようになります。

光回線のLANルーターを置く場所からパソコンまでの距離をメジャーで測って
購入してください。また、あらかじめ光回線終端装置を置く場所を決めておきましょう。

フレッツ光に自宅が入っているかどうかを確認してから、申し込みをして工事の
日を決めます。その後、LANケーブルや延長コードの準備をして、回線設置工事
に立ち会います。パソコンを設定して、インターネット開通となります。

■もらった書類はキレイに保管しておきましょう

工事や契約の際にもらった書類はユーザー名やパスワードが書かれている
大切な書類です。契約の内容を変更したい時などに必要となりますので、
大事に保管してください。

■引越し屋や不動産屋にバックマージンが入る

・バックマージンとは?
・契約者側にメリットは?

引越し屋や不動産屋がフレッツ光への新規加入を進めてきたり、フレッツ光へ
加入すると引っ越し代や家賃が割引になる制度をとっているところがよくあります。

これらの引越し屋や不動産は、バックマージンがあることでフレッツ光を進めて
いるのです。バックマージンとは、売上割戻のことを言います。

引越し屋や不動産の顧客がフレッツ光へ新規加入した場合、その契約者の
人数に応じて、フレッツ光から売上金の一部が引越し屋や不動産に現金で
事後、返される仕組みになっているのです。

報奨金や推奨金という呼ばれ方をすることもありますが、フレッツ光側は宣伝を
してもらえて、引越屋や不動産側は報奨金を受け取ることが出来るので双方に
メリットがある仕組みなのです。

では、フレッツ光側や引越し屋、不動産側にメリットがあることは分かりましたが、
契約をする私たち側にはメリットはないのでしょうか?

契約者側にも、キャッシュバックがあったり割引があったりします。
そして、引越と同時にフレッツ光に加入するので手間が省けるという
メリットもあります。

しかし、フレッツ光は2年契約ですので、本当に契約が必要かどうかを
しっかり検討してから契約してください。

■家電量販店でフレッツ光に契約するのは正解?

・家電量販店のフレッツ光契約キャンペーン
・結果的に割高になる可能性が高い

フレッツ光の契約方法を調べてみると、家電量販店での契約方法もあります。
家電量販店ではよく「フレッツ光と指定プロバイダ加入で家電を割引!」などの
キャンペーンを行っています。

また、その家電量販店の商品券やポイントをプレゼントしてもらえる場合もあります。
一見、とてもお得に感じるこれらのキャンペーンですが、実はほとんどのお店で特典
をつけたり割引したりする条件として、指定された有料オプションの契約が必要です。

本来なら加入しないような必要のないオプションへ加入して毎月料金を
支払うことになりますので、長い目で見ると損をしてしまうこともあります。
また、回線もプロバイダも自由に選ぶことが出来ません。

■フレッツ光のプロバイダでお得なのはどこ?

・料金が安いプロバイダは?
・サービスが充実しているプロバイダは?

調べてみると、フレッツ光に対応しているプロバイダでもっとも安い利用料金は
月額500円~の「BB.excite.」です。取得できるアドレスは1つです。

その次に安いのはASAHIネットで月額550円~となっています。取得できる
アドレスは2つです。

もっとも高額なのはOCNで月額900円~となっています。取得できるアドレスは
1つなのですが、どのようなサービスがあるのでしょう。

現在、OCNではフレッツ光と同時加入で最大15か月月額利用料が無料と
なります。更に回線利用料も割引になり、初期工事費が大幅割引となるのです。

月額だけで決めずに、こうしたキャンペーン内容もチェックしましょう。
BB.excite.ではつい学500円を2年間支払うので合計で12,000円となります。

OCNは15ヶ月無料ですので、2年間の合計で8,100円となります。
結果的には月額900円のOCNの方がお得なのです。

■それぞれのプロバイダの口コミ

・BB.excite. とOCN、それぞれの口コミ

フレッツ光のプロバイダであるBB.excite.とOCNそれぞれの口コミはどのような
ものがあるのでしょうか?調べてみました。

まずは、BB.excite.の口コミからです。

「夕方は通信速度1Mbps前後しか出なくなってしまうので、動画もまともに
見られない状態になります。しかし、月額の利用料金がこれほど安い
プロバイダはないので、検討中です」

そして、OCNの口コミです。

「実際の通信速度は90Mbpsくらい出ますので、問題なくインターネットに
繋がれています。ビスタのために重い時がありますが、PCを変えたら
改善されるでしょうから気にしていません」

「月額の料金が普通より高額だが通信速度が速いので、仕方ないと思っています。
非常に快適にインターネットを利用できるので、満足しています」

■フレッツ光に加入するならネットの代理店から申し込んだ方がお得

・フレッツ光に加入できるネットの代理店
・フレッツ光にはないキャンペーン
・面倒な手続きが不要なネットの代理店

調べてみると、フレッツ光に加入できるネット代理店はこのようなサイトがあります。

「ラブター」
キャッシュバックが西日本30,000円、東日本なら10,000円です。
ゲーム機などがプレゼントされるキャンペーンもありますが、法人など
の契約ですので、個人契約者は対象外となります。

「エヌズ・カンパニー」
西日本なら30,000円、東日本なら10,000円のキャッシュバックです。
こちらのサイトではオプション加入条件がありませんし。契約から最短
2か月でキャッシュバックを受けることができます。

これらのキャッシュバックはフレッツ光にはないキャンペーンです。
契約のみでキャッシュバックが受けられるのはネット代理店のみです。

家電量販店のようなパソコン購入などの条件もありません。
また、面倒な手続きが不要なネット代理店もあります。

「株式会社エイコ―テクノ」
申込フォームから申し込みをした後に電話で希望特典と口座番号を
聞かれるので、手間がかかりません。

フレッツ光回線後、メールのやり取りなど必要なくただ待っているだけで
確実にキャッシュバックを受けることが出来るのです。

しかも、契約から最短2ヶ月でキャッシュバックされます。
加入しなければならないオプションもなく、プロバイダも3社から選べます。

キャッシュバックの金額は他のネット代理店と同じで西日本30,000円、
東日本10,000円となっています。

■それほどヘビーユーザーでなければポケットwifiという選択肢も

・ポケットwifiは月間7GBという通信制限がある
・7GBの通信量の目安
・ヘビーユーザーでない限り問題ない通信量

調べてみると、手続きも工事も必要ないポケットwifiは月間7GBという通信量の
制限があるのです。

フレッツ光のギガマンション・スマートタイプにはない通信制限ですが、
実はそれほどインターネットのヘビーユーザーでない限り制限の対象には
ならないのです。

月間7GBという通信料はどれくらいかというと、こちらです。

メールだと約1,870万通、通常のサイトだと約50,600ページ、
高画質の動画でも33時間、音楽のダウンロードは1,790曲できます。

1ヶ月間dえこれだけの通信が出来るのですから、1日中、ネットを仕事や趣味
などで使う人以外は制限にかからないのです。

YOUTUBEなどに動画を投稿する趣味がある人などには厳しい通信量の
制限ですが、一般的なネットユーザーには十分足ります。

■ポケットwifiは通信エリアを基準に決めましょう

・通信エリアの確認方法
・2つの通信エリアだった場合

調べてみると、ポケットwifiにはそれぞれ通信エリアがあります。
自宅がある地域がどの会社の通信エリアに含まれているかを
あらかじめ確認してからポケットwifiを購入しましょう。

通信エリアは大きく分けて、WiMAX系かワイモバイル系かです。

それぞれの公式サイトで自分の家の住所を入力すれば通信エリアかどうか
確認できるページがありますので、そちらで確認しましょう。

そして、どちらかの通信エリアに含まれていた場合は、その含まれていた方の
ポケットwifiを購入すればいいのですが、両方に含まれていた場合は、
WiMAX系のHWD15という機種がいいかと思います。

「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15」なら、WiMAX、WiMAX2+、au 4G LTEの
3つの通信モードを利用することが出来るのです。

WiMAXはノーリミテットモードという月間の通信制限がない通信モードが
ありますので、好きなだけ使いことが出来ます。

■モバイルルーターは解約金が高額なので注意しましょう

・フレッツ光の解約金とポケットwifiの解約金

調べてみると、フレッツ光は契約から2年以内の解約の場合、解約金は戸建て
向けのサービスでは9,500円、集合住宅向けのサービスでは1,500円を
支払うことになります。

ポケットwifiでは、ワイモバイルが9,500円、WiMAXでは契約1年目は
19,000円、2年目は14,000円かかりますので、ポケットwifiの方が
フレッツ光よりも高額なのです。

契約期間は同じですので、解約金のことも考えてどの通信環境にするかを
選んでください。

インターネット契約もパソコンも初めて。何から始めればいい?

■パソコンを初めて購入、インターネット契約も初めて。何から始める?

・パソコン・インターネットを始める手順
・注意をするポイントは?

パソコンを初めて購入し、インターネットを契約しようとすると何から
手を付けていいか分からず、困惑しますよね。

ここでは、初心者の方にでも分かりやすくパソコン・インターネットの
始め方をご説明いたします。ますは、インターネットについて調べました。

まず、インターネットを始めるには通信回線業者とプロバイダとの契約が必要と
なります。通信回線だけではインターネットに接続できないのでプロバイダと
呼ばれる会社に架け橋になってしまう必要があるのです。

通信回線で今人気なのはフレッツ光なのですが、通信回線によって対応
しているプロバイダが違います。

回線業者の公式サイトでプロバイダと同時に契約をしましょう。

申込をして、住んでいる地域や建物がフレッツ光に対応しているか審査を
受けた後、契約となり、自宅に回線を設置する工事をしてインターネットが
使えるようになります。

申込から実際にインターネットが使えるようになるまで2週間~1ヶ月かかります。
フレッツ光以外の通信回線でもほとんど同じくらいの期間がかかるのです。

しかし、最近はモバイルwifiルーターと言って、申し込みから数日後に通信が
出来るようになる携帯型の通信機器があります。

モバイルwifiルーターですと工事も手続きも必要なく、手軽に始めることが
できるので、インターネット初心者にも安心ですよ。

パソコンを購入するのはインターネット環境が整ってからにしましょう。

インターネットの通信回線とプロバイダを決める時に注意をするポイントは、
「適応している地域や建物かどうか」「料金は自分に合っているか」の
2つのポイントです。

まず、適応している地域や建物でないと、その通信業者のサービスを受ける
ことができません。また、同じ通信業者でもさまざまなプランを用意しているので、
自分の毎月の通信量、収入にあったプランを選択しましょう。

■固定回線を契約する場合の費用は?

・集合住宅プランは部屋数によって月額が違う!
・解約金と最低利用期間に注意しましょう

では、インターネットを始めるにはどれくらいの費用がかかるので
しょうか?しらべてみました。

自宅は集合住宅である場合、集合住宅の戸数が少ない方が料金が高くなり、
戸数が多い方が料金が安くなります。これは、集合住宅は、通路や階段などの
共同スペースまでは1本の回線で通信していて、各部屋へと回線が分かれて
いくためです。

もともと1本の回線の料金をみんなで割り勘する仕組みなのです。分かれていく
部屋の数が多ければ多いほど、1人1人が負担する料金が安くなるのです。

同じフレッツ光の集合住宅プランでも16部屋以上ある建物では、月額3,450円
4部屋以上8部屋以下の建物では月額4,450円となっています。

戸建てタイプは料金プランによって、月額に違いが出るだけです。
フレッツ光4,600円+プロバイダ料金500円~で月額5,100円~となります。

そして、月額利用料金とは別途で初期費用がかかります。
集合住宅では15,800円、戸建てでは18,800円です。

また、どちらのタイプの場合でも「にねん割」が適応されますので、契約から
2年内に解約をする場合は、戸建てタイプなら9,500円、集合住宅タイプなら
1,500円の契約解除料金が必要となります。

■パソコンは家電量販店では購入しない方がいい?

・家電量販店は経費分料金が上乗せされている
・通販ならその心配がないのでお得!

家電量販店と通販サイトでは、どちらでパソコンを買った方がいいのでしょうか。
調べて結果、通販サイトの方がお得ということが分かりました。

家電量販店は店舗の家賃や人件費、店舗自体の電気代など、さまざまな
経費がかかってしまいます。

経費の分どうしても商品の料金に上乗せすることが必要になるため、少し高く
なります。一方、通販サイトなら店舗の経費はかからず、人権費も家電量販店
ほど必要ではないので、商品に上乗せする料金が少なくて済むのです。

パソコンは通販サイトで購入しましょう。

■契約時の通信業者の公式サイトをプリントしておきましょう!

・イザという時のために備えておいてください

通信業者の公式サイトはキャンペーンが変更すると、サイトの内容が変わって
しまいます。ですので、契約時の公式サイトをプリントして、保存しておいてください。

契約期間は2年間もあるのです。トラブルが起きないという保証はありませんので、
イザという時のために2年間保存しましょう。また、契約前に料金や契約内容を
しっかり確認してください。

■引っ越したマンションにフレッツ光導入済みと記載、どういう意味?

・導入済みなら回線工事はいりません
・プロバイダの料金が無料な場合もある!

調べてみると、マンションに「フレッツ光導入済み」とある場合は、各部屋
までフレッツ光回線が開通されている状態ということです。

普通、インターネットを始める時は自分の住んでいる住宅や場所が希望する
インターネット回線の業者が対応できる地域か調べてから申し込みをして、
プロバイダ・回線契約をし、回線工事をしてインターネットを使えるようになります。

しかし、「フレッツ光導入済み」の場合はこの工程が必要なくあらかじめ部屋に
LANコンセントがあるので、フレッツ光に申し込みをするだけですぐにインター
ネットを使うことが出来るのです。

そして、一番うれしい特徴は料金が通常よりも安いこととマンションが入っている
プロバイダに入れば、料金が必要ないことがほとんどというポイントです。

プロバイダは毎月の料金が500円~ですので、2年間で12,000円~も
節約になります。また、解約金が不要なマンションもありますので、大家さん
に確認をとりましょう。

■マンションに入っているプロバイダに入るのは必須ではない。

・回線は選ぶことが出来ない
・プロバイダは対応していれば問題なし

インターネットを利用するには通信回線とプロバイダ、2つの会社と契約を
しなければなりません。通信回線はひとつの集合住宅で1つの回線しか
通せないので、マンションごとにすでに決まっています。

フレッツ光導入済みであるなら固定回線はフレッツ光しか利用できません。
しかし、プロバイダはフレッツ光に対応していれば好きに選ぶことができます。

マンション側入っているプロバイダに入らなければならないわけではないのです。
フレッツ光に対応しているプロバイダは以下のとおりです。

@nifty、AsahiNet、BB.excite.、BIGLOBE、DTI、hi-ho、OCN、plala、
So-net、WAKWAK

これらのプロバイダはプロバイダパックと言って、フレッツ光とセットで申し込みが
出来る上に、プロバイダパックだけのオトクな料金で利用できます。

10社のプロバイダの中でもっとも安いのはBB.excite.で月額500円 です。
もっとも高額なのは@niftyで月額950円となっています。

上記の10社以外のプロバイダにも、契約可能なプロバイダはあります。

■マンションタイプは戸建てタイプに比べて通信速度が遅い?

・マンションタイプの実際の通信速度
・戸建てよりも通信速度が遅いとは限らない

調べていると、「フレッツ光のマンションタイプは通信速度が遅いのでは?」と
いう疑問を持っている人が多いことが分かりました。

これは、マンションタイプがもともと1本の回線で通信をして、マンションの
階段や通話などでそれぞれの部屋に枝分かれしていくという仕組みで
あることが関係しています。

複数のユーザーで1本の通信回線を使うので、「通信速度が遅いんじゃないか?」
「すぐに回線がパンクするんじゃないか?」と疑問を感じてしまいますよね。

しかし、これはそのマンションに住んでいる住人がどれくらいインターネットを
利用するかにもよるので、ケースバイケースなのです。

実際にフレッツ光マンションタイプを利用している人の口コミでは
「普通の時は通信速度が60Mbpsくらい出ます。遅い時でも40Mbpsくらいです。
若干遅いかもというだけで、体感的にはあまり遅いとは感じません」ということでした。

また、フレッツ光ネクストマンションタイプとして導入されている通信回線は
1Gpsの回線です。これは、通信速度が100Mbpsの回線が10本分もあります。

多くのユーザーで共有しても速度が落ちにくいのです。

そして、戸建て向けのフレッツ光ネクストの下り最大速度は200Mbpsなのですが、
完璧に条件が整っていないとまず出ない速度ですので、最大値の通信速度が
遅いからと言って、実際の通信速度も戸建て向けより遅くなるということはありません。

■セキュリティをしっかりつけましょう

・1本の回線を共用すると個人情報を盗まれる危険性が高くなる!

調査の結果、マンションタイプは途中まで1本の通信回線で通信をしている
ことが分かりました。ですので、同じマンションに住んでいる他の住人達と
1つの回線で途中地点まで通信をすることになります。

個人情報などが覗きやすい状態ですので、パソコンにしっかりセキュリティを
かけるようにしてください。特にデータ共有ファイルなどを使用すると個人情報が
除かれる危険性が高くなりますので、出来るだけ使わないようにしましょう。

■一人暮らしならモバイルルーターが最適な理由

・面倒な手続きや工事が必要ない
・引っ越しがあってもそのまま使い続けられる
・家の中でも外でも利用可能

一人暮らしを始める時にインターネット環境はどうすればいいのか悩みますよね。
一人で住んでいるのにわざわざ固定回線を設置するのも面倒なものです。

調べてみると、一人暮らしの方はモバイルルーターを選ぶことが多いようです。
その理由はこちらです。

まず、モバイルルーターのプロバイダの公式サイトから直接申し込みができるので、
面倒な手続きが必要ないことが最大の理由です。

固定回線のように申し込みをして、プロバイダを決めて、自宅まで業者の方に
来てもらい、契約をして後日回線の設置工事をするという流れが、いりません。

オンラインで申し込をして数日後に通信端末が届き、数分で済む設定をすれば
すぐにインターネットに接続できるようになります。

また、固定回線での通信とは違い、引っ越しをすることになっても手続きも
回線撤去工事も必要なくそのままの状態で引っ越しをすることができます。

さらに、コードレスでポケットにも入る大きさですので、外に持ち出すことも
簡単で家の中でも外出先でも通信をすることができます。

一人暮らしは家を空けることが多いですので、固定回線のような家の中だけで
しか使うことが出来ない通信環境は向いていません。

手続きが簡単なこと、利用し始めるまでの期間が短いこと、コードレスで
持ち運べること、引越でも手続きがいらないことが一人暮らしに最適な理由です。

■気になる費用はどれくらい?

・モバイルルーター業界最安値はヤフーwifi
・無制限に使いたいならWiMAX

便利で手軽にモバイルルーターはできるだけ安く利用したいですよね。
調査の結果、モバイルルーターの月額の最安値はこちらの端末でした。

Yahoo!wifi 「303HW」 月額2,743円
こちらの端末は本体価格0円、Yahoo!プレミアム会員に登録すると月額2,743円
ととても安い金額で利用できます。

事務手数料が3,000円と毎月ユニバーサルサービス料と呼ばれる通信環境の
安定を確保するための料金が4円かかります。しかし、月額2,743円という月額
の利用料は契約から2年間のみで3年目からは月額3,696円となります。

こちらの303HWのプランは月間の通信データ量が7GBを超えた場合、
当月末まで最大通信速度が送受信128kbpsになります。

こうした通信データ量の制限を気にしないでモバイルルーターを使いたい場合は、
こちらのモバイルルーターがあります。

「UQ WiMAX」ならどの通信端末を選んでも本体0円です。

「UQ Flat ツープラス ギガ放題」なら、月額利用料金4,380円でWiMAXと
WiMAX2+の通信モードを無制限で利用することが出来ます。今なら契約
から最大で3ヶ月間月額3,696円と割安になります。

基本的に無制限なのですが、前日までの直近3日間で「WiMAX2+」「au 4G LTE」
の通信量の合計が3GB以上になった場合、「WiMAX2+」「au 4G LTE」の通信速度
を翌日にかけて制限するので、注意をしましょう。

■LTEとWiMAX、どちらの方が繋がりやすい?

・LTEとWiMAXの周波数の違い
・使い場所によってあっている機種が違う

調べてみると、ヤフーwifiのようなLTEとWiMAXには電波の周波数に大きな
違いがありました。

ヤフーwifiのようなLTEは1.7GHzの周波数を利用して通信を行っています。
WiMAXは2.5GHzの周波数帯を利用して通信を行っているのです。
WiMAXの方が高い周波数帯を利用していることがわかります。

この周波数帯の高さは電波の直進性とイコールとなります。
周波数帯の数値が高ければ高いほど、電波の直進性が強いので、
曲がりにくく、家の中などに柔軟に進んでいけません。

LTEはWiMAXほど周波数帯が高くないので、直進性は強くなく、家の中に
しっかり入りこんでスマホと同じような感覚で通信をすることが出来るのです。

草原やあき地などの周囲に電波を遮るものが何もない場所では直進性
の強いWiMAXが合っていますが、家の中ではLTEが向いています。
このように、場所によって、あっている電波の種類は違うのです。

■WiMAXを実際に使ってみると室内でも問題がないこともあります!

WiMAXユーザーの口コミを見てみると、神奈川県横浜市で自宅の中やカフェで
使っていても通信が途切れたり、繋がらなくなることはめったにないとのことです。

WiMAXが室内で繋がりにくいのは理論上の話ですので、実際に使ってみると
問題ないこともあります。

こうした事情を考えて、契約前に1日単位でモバイルルーターをレンタルできる
業者から借りて使ってみるといいでしょう。自宅や仕事場、よく行くお店などで
試してみてください。

ノートパソコンとセットでWiMAXに契約すると0円になるのは何故?

■WiMAXのノートパソコンが契約とセットで0円になるカラクリ

・対象ノートPC「HP 14-r237TU」の本体価格
・契約から2年後にもらえるシステム
・返品は一切受け付けていない

Broad WiMAXでWiMAX契約と同時に「HP 14-r237TU」というノートPCを
購入すると本体価格が0円となり、WiMAXの契約費のみですみます。

オプション料金として月額1,600円がかかるのですが、なぜ本体代が0円
なのでしょうか。調べてみました。

まず、「HP 14-r237TU」の本来の本体価格は38,850円です。

「HPノートPC × WiMAX セット」は契約期間24か月間なのですが、この
期間中はパソコンを購入したのではなく、レンタルしている形になります。

その期間にノートPCの契約を解除する場合は、契約解除料金として、
38,095円が発生します。

これはWiMAXの契約解除料金とは別ですので、ご注意ください。
つまり、本体価格と同じくらいの金額の契約解除料金があるのです。

そして、契約から24か月目に月額のオプション料金1,600円のうち、
100円がタブレットパソコン代となり、そこで初めてノートPCは契約者の
ものになるのです。

オプション料金は月額1,600円ですので、月額1,600円でノートPCを2年間、
合計38,400円でレンタルした後、商品を手に入れることができるのです。

つまり、2年間レンタルしながら、本体代を少しづつ払っていく形なのです。

また、途中加入も返品についても対応していません。レンタル期間中のうち、
最初の1年間はメーカー保証が付きますが、2年目からはノートPCに性能
障害が起きた場合でも交換・修理はしてもらえません。

■WiMAXとノートPCが100円のセットもあります!

・WiMAXとノートPCのセットは100円
・どうしてセットで100円なのか?

「GMOとくとくBB WiMAX2+」はWiMAX2+とASUS EeeBook X205TAがセットで
100円となっています。

このセットは2つの料金プランから好きな方を選べます。

・「無制限のギガ放題プラン」
初月 月額0円、1~2か月目 月額4,195円、3ヶ月目以降 4,849円

・「月間7GBの制限がある 通常プラン」
初月 月額0円、1ヶ月目以降 月額4,195円

契約期間24か月間、毎月586円を加算すると14,064円となります。

つまり、2年間で合計14,064円を月額の利用料金とは別に支払うことになるのです。
それでもWiMAXの端末代を抜いた20,636円がお得になります。

しかし、契約解除料金がかなり高額となり、端末受け取り月の翌月を1ヶ月目と
した1ヶ月目~12か月目までが43,450円、13か月目~24か月目までの
解約の場合は38,450円、25か月目以降で契約更新月以外で解約をする場合
は9,500円がかかります。

12か月目までの解約料金は43,450円とノートPCの本体代よりも10,000円
近く高額となってしまいます。

■100円セットは本当にお得なのか?

・キャッシュバックなどを利用しても同じくらいお得
・通販のセールを利用するという方法もある!

「GMOとくとくBB WiMAX2+」の「WiMAX2+ & ASUSEeeBook X205TA」のセットは
100円でとてもお得に見えるのですが、事実上は20,000円前後しかお得ではありません。

これでは、ギガ放題プランに加入する「24,590円キャッシュバックキャンペーン」
の方がお得になります。こちらのキャッシュバクキャンペーンで戻ってきたお金で
好きなノートPCを購入した方がいいでしょう。

また、通販サイトのセールや、ポイントなどを使ってもお得に購入できます。
こうした方法は解除料金の心配がないので、安心感があります。

■ノートPCの口コミは?

・WiMAXと100円のセットのノートPCの口コミ

「EeeBook X205TA」の口コミはどのようなものがあるのでしょうか?

「ノートPCとしての機能が十分で、バッテリーの持ちもいいです。
動作が少し遅いですが、ストレスを感じるほどではありません」

このように問題なく使っているという口コミが多かったです。

■WiMAXとの同時購入でノートパソコンがその場で安くなる場合と後で金券バックの家電量販店

・家電量販店でWiMAXとノートPCを同時購入の仕組み
・家電量販店でWiMAXとノートPC購入で金券の仕組み

調べてみると、家電量販店でWiMAXとノートPCを同時に購入すると、
その場で割引になる場合と、あとから金券をもらえる場合があります。

まず、その場で割引されるキャンペーンの内容は現金5,000円が割引され、
事務手数料3,000円も無料になるというものがよくあります。

合計、8,000円のオトクなのですが、キャッシュバックなどはなく、WiMAX端末も
ノートPCも指定のものを選ばなければならない場合がほとんどです。

また、最低利用期間内に解約をした場合、通常のWIMAX契約の契約解除料より
高額になります。

このように、総合的に見るとお得とは言えないキャンペーンの内容なのです。
では、あとから金券をもらえるキャンペーンの場合はどうなのでしょうか?

後から金券をもらえる場合は、契約後1年前後経過してからもらえることが多いです。
しかも、月額の利用料金に毎月1,500円前後上乗せした利用料金となります。

50,000円や60,000円の金券プレゼントでも毎月の利用料金にすこしづつ
費用を上乗せして最低利用期間2年間で36,000円前後、実に金券の半額
以上を取り戻しているのです。

ですので、事実上、10,000円~15,000円分の金券となり、またその金券も
WiMAXとノートPCを同時購入した家電量販店でしか使えないのです。

その場で現金値引きと、あとから金券をもらえるキャンペーンを比較すると、
あとから金券をもらえるキャンペーンの方がお得ですが、もっとお得なキャン
ペーンを行っている会社があります。

■WiMAXのプロバイダなら20,000円以上キャッシュバック!

・もっともキャッシュバックしてくれるのはとくとくBB
・端末無料やクレードルとのセットで1円がほとんど

WiMAXのプロバイダの公式サイトから直接契約をすれば20,00円以上の
キャッシュバックを受けることが出来ます。調べた結果がコチラです。

もっともお得なのはとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンでギガ放題プランで
対象となる端末を購入すると最大で24,590円のキャッシュバックがあります。

こちらは月額の利用料金に追加料金なしで上乗せ費用もなしで受けられる
キャッシュバックとなっています。しかし、キャッシュバックを受け取るのは
契約をして、端末が到着した月を含む11か月目となります。

こちらのキャッシュバックも時間差がありますので、注意をしてください。

また、WiMAX端末も無料だったり、クレードルとセットで無料や1円などが
ほとんどです。このような割引、キャッシュバックで浮いたお金で自分の
好きなノートPCを購入出来ます。

WiMAXの端末に指定はあるものの対象となっている機種が複数あり、その中
から好きなものを選べます。家電量販店のキャンペーンよりも選択肢の幅が
広くキャッシュバックの金額も大きいです。

■今使っているノートPCを高額買取してもらう手も!

・高額買取してもらう業者は専門業者がお得!

調べてみると、現在使っているノートPCを高額買取してもらい、そのお金を
足しにして、新しいノートPCを買う方法とWiMAXのキャッシュバックを組み合わ
せている人もいます。

ノートPCはリサイクルショップなどに持っていかないで、パソコン買取専門店に
買取してもらった方が高額で売れます。送料や手数料など無料で、全国から
ノートPCを買取している業者もあります。

■ノートPC以外にもタブレットがあります!

・WiMAX契約キャンペーンでタブレットプレゼントのプロバイダも!

調査の結果、WiMAX契約キャンペーンでタブレットをプレゼントしてくれるプロバイダ
が複数社あることが分かりました。もし、ノートPCにこだわらないのであれば、こうし
たキャンペーンでお得にタブレットを手に入れるのもいいかもしれません。

■セットで0円は結局お得なのか?

・WiMAXとノートPCセットで0円を実際に利用した場合の費用
・WiMAXとノートPCを別々に購入した場合の費用

では、WiMAXのノートPCをセットで契約するとノートPCが0円という
プランははたして本当にお得なのでしょうか?

調べた結果、まず、WiMAXの契約にはこのような費用がかかります。

ギガ放題 月額最安プラン 最大3か月 月額費用2,856円 通常月額 3,541円
事務手数料 3,000円
初期費用 18,857円
端末安心オプション 月額300円
My Broadサポート 最大2か月無料で月額907円

2年間の費用の合計で9,6530円です。これにノートPCの費用が加算されます。
ノートPCの費用は頭金0円、月額利用料1,600円ですので、2年間の合計で
38,400円となります。

WiMAXとノートPCセットの2年間の合計費用は134,930円となります。
では、他のプロバイダでWiMAXを契約し同じノートPCを購入するといくら
かかるのでしょうか?

「GMOとくとくBB」のギガ放題料金プランは

事務手数料 3,000円
端末代金・端末送料・とくとくBB入会費 0円
月額利用料金 初月 0円、1~2か月 月額3,609円、3ヶ月目以降 月額4,263円

キャッシュバック 「WiMAX2+NAD11」なら24,590円

2年間の合計費用は101,004円となります。キャッシュバックがありますので、
最終的には、76,414円となります。

そして、Broad WiMAXのノートPCセットと同じ機種の「HP 14-r237TU」
エントリーモデルは39,744円です。WiMAXの2年間の費用に加算すると、
116,158円となります。

Broad WiMAXでノートPCのセットを購入するよりもとくとくBBでWiMAXを契約し、
ノートPCを単体で購入した方が、18,772円安く済むのです。

■セールに合わせてノートPCを買うのもお得!

・セールの時期は決算期と各メーカーがモデルチェンジをする時期
・各通販サイトをチェックしましょう!

調べてみると、家電量販店や家電の通販サイトは決算期と各家電メーカーが
モデルチェンジをする時期に、セールを良く行います。

代物と呼ばれる冷蔵庫や洗濯機などは秋、黒ものと呼ばれるテレビやパソコン
などは春にモデルチェンジしますので、春をねらってWiMAXと契約してノートPCを
購入しましょう。

また、価格ドットコムなどが最安値の家電を紹介していますが、サイトによって、
最安値の商品や価格が違うことがあります。有名な通販サイトは一通りチェック
して、本当に最安値かどうかを確認しましょう。

■人気のノートPCは・・・?

・人気のノートPCトップ3をご紹介

人気のあるノートPCはどのような商品なのでしょうか?ここから、人気のノート
PC トップ3をご紹介いたします。通販サイトを元に、調べてみました。

1位「NEC LaVie Note Standard GN202F/S4 PC‐GN202FSADA54D4YDA」

15.6インチのノートPCです。価格は59,800円と購入しやすい価格です。
口コミによると、液晶もキレイで、処理速度も問題の無いPCです。

2位「東芝 dynabook AB55/P Core i7搭載」

15.6インチのノートPCです。本体価格は102,280円です。

口コミによると、裏側に開く場所があり、メモリを増やすのも簡単です。
動作もサクサク動くので、使いやすく、バッテリーも普通に使っている
分には問題なく持ちです。

3位「dynabook KIRA V73/PS PVB73PS-KUA-K」

13,3インチのノートPCです。口コミによると、処理動作がとても早く特に
シャットダウンはとてもスムーズにストレスを感じません。

キーボードが軽くて使いやすく、画面も大きいので見やすいです。
本体の重さは少し重い程度で気になるほどではありません。

■ノートPCは用途に合わせて大きさを選びましょう!

・用途に合わせて大きさを決めましょう

持ち歩くなら、B5ノートの大きさの12.1インチ以下、家で普通に使うので
あればA4ノートの大きさの15.4インチがいいでしょう。A4ノートの大きさの
PCの方が安い傾向にあります。

持ち歩かない場合は、A4の大きさの15.4インチ・ノートPCにしましょう。

WIMAX

MacBook AIRがセットになったWiMAXのキャンペーンはある?

■WiMAXの契約でMacBook AIRがセットでついてくるキャンペーンはある?

・WiMAXとMacBook AIRのセットは楽天で少し見かける程度
・WiMAXとMacBook AIRのセット販売はPC代を分割しているだけ

WiMAXにはさまざまな契約キャンペーンがありますが、調べてみると現在は
MacBook AIRが特典になっているものはありません。

しかし、通販サイトなどではMacBook AIRとWiMAXがセットになったものが
販売されています。ご紹介しましょう。

「楽天市場」では、「Apple MacBook Air 1600/11.6 MJVP2J/A + WiMAX2+
Speed Wi-Fi NEXT WX01」が販売されています。

価格は81,980円となっています。WiMAXの料金プランはこちらの2つから選びます。
・まとめてプラン1100 月額1,019円 + UQ Flat ツープラス 月額3,696円
・まとめてプラン1100 月額1,019円 + UQ Flat ツープラス 月額4,380円

この月額1,019円というのはMacBook Airの代金を毎月分割して支払っている
のです。合計で24,456円を最低利用期間の2年間で支払うので、本体価格の
81,980円に加算すると、106,436円となります。

Macbook Airの本体価格の通常の値段は102,800円とほとんど変わらなく
なります。WiMAXのプロバイダ契約時のキャンペーンで24,590円のキャッシュ
バックで購入した方がお得になるのです。

■MacBook AIRが特典のキャンペーンがない理由は?

・MacBook AIRが高額なため
・家電量販店などのようなノートPCプレゼントができないため

通販サイトなどで調べてみると、MacBook AIRは本体価格100,000円
前後します。

WiMAXは本体価格が0円で初期費用も安く、月額の利用料金も安いので、
手軽なネット環境と言えます。

「とくとくBB WiMAX2+」のギガ時放題プランに加入すると最低利用期間2年間で
初期費用端末代含めた合計費用が108,267円となります。

これにキャッシュバックで20,000円以上返ってくるのです。

MacBook AIRは本体価格が100,000円ですので、2年間の合計費用と
ほとんど変わらない金額です。

WiMAXとセットにする機器としては高額すぎるのがキャンペーンにない理由です。

また、家電量販店のWiMAX契約キャンペーンにノートPCプレゼントという
キャンペーンが良く登場しています。

これは、月額の利用料金に毎月ノートPCの料金を少しづつ上乗せしてノート
PC代の半額以上を取り返すシステムで実現出来ているのです。

家電量販店ではほとんどのお店でこのようなシステムを採用しています。
WiMAXのプロバイダは月額の利用料金の安い会社がほとんどですので、
家電量販店のようなキャンペーンの仕方が出来ないのです。

■現在のWiMAXのキャンペーンでもっとも得なのは?

・高額キャッシュバックキャンペーンは27,390円!
・キャッシュバック+特典は本当にお得?

調べてみると、現在行われているWiMAXのキャンペーンでもっとも
お得なのが、とくとくBBの「27,390円キャッシュバック」です。

こちらのキャンペーンは「23,790円キャッシュバック+クレードル無料」
と好きな方を選ぶことができます。

20,000円以上のキャッシュバックはとてもお得ですが、全額キャッシュバックと
キャッシュバック+特典はどちらがお得なのでしょうか?

まず、とくとくBBのキャンペーンはキャッシュバックのみとキャッシュバック
+クレードルプレゼントかを選ぶことが出来ます。

このクレードルという機器は乗せるだけで端末の通信を補助してくれる機器で
有線LANを差してパソコンと接続したり、有線LANしか接続できないホテルなど
で電波を飛ばす中継ポイントとして使えます。

しかし、パソコンであまりネットをしない方や、家に固定回線がある方、出張や
旅行などの回数が少ない方では、出番はあまりありません。

27,390円のキャッシュバックを受けて、そのお金でMacBook Airを購入する
方がお得です。

■MacBook AIR以外のノートPCとWiMAXのセットはない?

・高画質のビジネスノートPCとWiMAXのセットなら頭金0円!

HPノートPCとWiMAXのセットならWiMAXの費用とは別でHPノートPC分の頭金が
0円となります。通常のWiMAXの契約と同じ費用で購入できるのです。

そして、月額の利用料金はWiMAXの利用料金とは別途で月額1,600円となります。
24か月間の契約期間で契約解除料はWiMAXとは別途で38,095円かかります。

■WiMAX契約でキャッシュバックしてもらったお金でMacBook AIRを単体で買う場合との比較

・とくとくBBでWiMAX契約し、キャッシュバックのお金でMacbook AIRを買う場合
・通販サイトでWiMAXとMacBook AIRをセットで購入する場合

では、WiMAXの契約キャッシュバックキャンペーンでもらったお金でMacBook AIR
を買うのと、通販でセットで買うのとではどちらの方がお得なのでしょう。

とくとくBBで受けられるキャッシュバックでもっとも高額なのは24,590円です。
月間のデータ通信量に制限がないギガ放題に契約すると適応されます。

MacBook AIRをこのキャッシュバックで浮いたお金で購入すると、本体価格で
ある108,000円から24,590円を引いて83,410円となります。

一方、通販サイトでMacBook AIRとWiMAXのセットを購入すると、70,000円で
購入することが出来ます。他のサイトでも81,930円で購入が可能です。

しかし、通販サイトをチェックしてみると、中古で60,000円代で購入できるものも
あります。つまり、セットで購入するよりもWiMAXの契約キャンペーンのキャッシュ
バックで浮いたお金でMacBook AIRを購入する方が安く済みます。

■MacBook AIRとWiMAXのセットの詳細

・端末や料金プラン、支払方法が指定されている
・通販サイトとプロバイダが提携している

MacBook AirとWiMAXの通販サイトのセットの詳細は、こちらです。

調べてみると、まずセットになっているWiMAXの端末は1種類になっています。
端末のカラーは選べるのですが、端末自体は指定のものだけです。

また、料金プランも2種類、もしくは1種類のプランのみとなっています。
そして、WiMAXは口座振替とクレジットカードでの支払いができるプロバイダも
複数社あるのですが、MacBook AIRとのセットの場合はクレジットカード限定です。

このように、いくつかのポイントを指定することにより、セットを組んでいるのです。

また、楽天市場などの通販サイトとUQ WiMAXが提携して行っているサービス
ですので、こうした安い料金が実現するのです。

公式と正規代理店との契約内容やサービスでの違いはありません。
契約後は公式のサポートセンターに対応してもらえます。

■WiMAXとのセットで最も多い通信機器は?

・WiMAXとのセットで最も多い通信機器はタブレット
・その理由は本体価格の安さ

WiMAXとセットで販売されている通信機器でもっとも多いのはタブレットです。

GMOとくとくBBでは「Nexus7 16GB」や「MeMO Pad 7」を、BIGLOBEでは
「Fire HD7 16GB」か「Fire HD6 8GB」、ASAHIネットでは「Nexus 7 16GB」
がキャンペーンでプレゼントされます。

それぞれのタブレットの本体価格はこのようになっています。

「Nexus 7 16GB」 本体価格7,000円代~19,000円代
「MeMO Pad 7」 本体価格28,000円代
「Fire HD 7 16GB」 本体価格18,000円代
「Fire HD 6 8GB」 本体価格11,800円代

これを見て分かるように、MacBook AIRよりもかなり安い金額なのです。
WiMAXのキャッシュバックの金額も10,000円代から20,000円代の
プロバイダが多いです。

つまりWiMAXのキャンペーンで契約者に還元できる金額は10,000円~
20,000円代までということになります。

■MacBook AIRをやすく購入するためには?

・通販サイトのポイントを使う
・中古での購入を考える

MacBook AIRを安く購入するためには、どうしたらいいのでしょうか。
調べてみると、通販サイトには安く購入できるポイントがありますので、
溜まっている場合は一括で使ってMacBook AIRを買いましょう。

また、通販サイトで見てみると、中古で60,000円代まで落ちているものも
あります。新品にこだわらないのであれば、中古での購入も考えてみてください。

■MacBook AIRの最安値を調査してみた

・公式サイトの正規価格は?
・通販サイトの中古価格は?
・中古以外で安いMacBook AIRは?

MacBook AIRについて調べていると、やはりその本体価格が高額なことを
実感します。まずは、MacBook AIRの正規価格をおさらいしましょう。

公式サイトで見てみると、MacBook AIRは

11インチ 128GB 本体価格102,800円
11インチ 256GB 本体価格126,800円
13インチ 128GB 本体価格112,800円
13インチ 256GB 本体価格136,800円

このような価格となっていました。やはりどの機種でも100,000円以上
します。では、通販サイトで扱われている中古のMacBook AIRはいくらでしょう。

「Apple MacBook Air 1.6GHz 13.3インチ MB003J/A」
中古販売価格 58,769円

こちらのMacBook AIRは2008年1月15日に発売された旧式のものです。
現在のMacBook AIRから8代前のものになります。

こちらの口コミをみてみると、「バッテリーが少し物足りないけど、軽くて
使いやすく、携帯するのも楽でいいです」と好評でした。

8代前のものでも軽さと使いやすさはかわらないようですね。
こちらがMacBook AIRの最安値となります。

では、中古以外で安いMacBook AIRはないのでしょうか?
MacBook AIRの公式オンラインショップ・アップルストアには、
「アップル整備済み品」という商品があります。

店頭商品、返品商品などを修理し整備した状態で「アップル認定製品」として
再度、販売しているのです。

このアップル整備済み品は好きなようにカスタマイズすることはできませんが、
新品並みの品質で1割~2割、安く買うことができるのです。

常にMacBook AIRが発売されているというわけではないので、こまめにチェック
して発売されるのを待つしかないのですが、最安値ではありませんが、お得に
購入できます。

購入した商品は新製品と同じようにサポートを受けることが出来ます。

■MacBook AIRを安く買う方法は?

・ヤフーJAPANでTポイントを使って購入
・ギフト券や商品券を活用する
・抱き合わせで他の商品を購入する

MacBook AIRを安く購入する方法を調べてみると、このような方法がありました。
まず、ヤフーJAPANでは最近、Tポイントを使えるようになりました。

使わずに取っておいてある場合は、MacBook AIR購入に使ってしまいましょう。
また、楽天市場では楽天カードを持っているとポイントが2倍~4倍になる
キャンペーンなどもありますので、そうしたサービスを活用しましょう。

amazonにはamazonギフト券がありますが、検証などでギフト券が溜まって
いることもあります。そうした場合はamazonで購入しましょう。

また、JCBギフトカードやVJAギフトカードなどの商品券を使って買う方法もあります。

そして、家電量販店でMacBook airを購入すると抱き合わせの商品を一緒に購入
すると割引になることもあります。

しかし、月額の利用料金が上乗せされていたり、必要のない商品が抱き合わせ
だったりするとお得になりませんので、事前に良く調べてから購入してください。

■職業が周囲の知人に頼る方法もあります!

・学割や公務員割引を使って買う
・Appleスタッフの知人などに協力してもらって買う

調べてみると、学生、もしくは教育関連の職業であればAppleが用意
しているEducation Apple StoreでMacBook AIRを購入することが出来ます。

また、Apple on Campusに参加している学校に在籍する生徒、教職員の方は
割引を受けることが出来るので、一般の方よりも安い価格で購入出来ます。

そして、政府関連機関に勤めている方、公務員の方はApple Store for
Governmentから割引で購入することができます。

また、Appleスタッフが周囲にいる場合は、商品の15%OFFの権利を
プレゼントしてもらえるので、探してみましょう。

■Apple on Campusを利用するには?

・利用は専用のストアから!

Apple on Campusを利用するには、専用のオンラインストアから商品を購入
するか、コールセンターへ電話をして、学校名とApple on Campusを利用する
ことを告げてください。

WIMAX

クレジットカードがなしだけどwifiを契約したい。支払方法は?

■クレジットカードがないけど、モバイルwifiルーターを契約したい。支払い方法は?

クレジットカードがない場合でもモバイルwifiルーターを契約することはできます。
調べてみると、支払方法がクレジットカードだけではないプロバイダがいくつか
ありました。

モバイルwifiルーターには、WiMAXとLTEの2種類があります。
WiMAXで口座振替で料金を支払えるプロバイダはこちらです。

「UQ WiMAX」「@nifty」「BIGLOBE」「Broad WiMAX」の4社です。
これらの会社は口座振替かクレジットカードでの支払いかを選ぶことができます。

そして、LTEで口座振替が出来るプロバイダはこちらです。
「楽天wifi」「Yahoo!wifi」「ワイモバイル」です。

では、WiMAXとLTEそれぞれの会社を見ていきましょう。
どのような違いが分かるのでしょうか。

■口座振替できるWiMAXのプロバイダでもっともお得なのは?

口座振替できるWiMAXのプロバイダでもっともお得なのは「@nifty」です。
@niftyについて調べた結果がこちらになります。

@niftyはWIMAX通常の月額が3,670円で通信量は7GBです。
最大キャッシュバックを考慮すると実質の負担額はこのようになります。

@nifty契約1年目・月額2,003円、2年目・月額2,836円となっています。

WiMAXギガ放題になると月額4,350円なのですが、キャッシュバックを
考慮すると実質の負担額はこのようになります。

@nifty契約1年目・月額2,683円、2年目・月額3,516円となります。
どちらの料金プランでも初期費用は3,000円です。
キャッシュバックは20,000円でモバイル端末とクレードルのセットは1円です。

口座振替で支払えるWiMAXの中でもっともお得なのはこちらのプロバイダです。

■口座振替できるLTEのプロバイダでもっともお得なのは?

では、口座振替ができるLTEのプロバイダでもっともお得なのは、
どの会社なのでしょうか?調べてみるとYahoo!wifiでした。

303HWなら月額2,743円で月間7GBの通信量まで使えます。
初期費用は3,000円で端末代は無料です。

303HWにはテレビチューナー機能がついているので、外出先で
タブレットなどでもテレビを見ることが出来ます。

そして、通信量の制限がないプランが良い場合は305ZTのプランがあります。
2種類の周波数をつかって通信をするので、高速で安定してネットと繋がれます。

初期費用はこちらも3,000円で、月額3,696円で通信し放題です。
端末代は無料となっています。

Yahoo!wifiは4つの銀行の口座から支払うことが出来ます。

みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行
ジャパンネット銀行
楽天銀行

このようにクレジットカードなしでも、お得にモバイルwifiルーターは
持つことが出来るのです。

■クレジットカードで料金を支払うメリット・デメリット

では、そもそもモバイルwifiルーターの料金をクレジットカードで支払うメリットと
デメリットはなんなのでしょうか?

まず、クレジットカード払い限定のキャンペーンなどもたまにありますので、
そういった際に安心ですし、クレジットカードのポイントもどんどんたまります。

そして、クレジットカードで支払うデメリットはクレジットカードの情報を
プロバイダへの申し込みの際に入力しなければならないことです。

また、あらかじめクレジットカードを持っていなかった場合、わざわざ
作らなければなりません。

口座振替なら、カードを作る必要もないですし、手間がかかりません。

しかし、キャンペーンはクレジットカードでの申し込み専用のものはあっても
口座振替専用のものはなかなかありませんので、少し損をしてしまう可能性
があります。

クレジットカードなしでも十分、モバイルwifiルーターは契約することが出来ます。
しかし、メリットとデメリットがあるので、注意してください。

■デビットカードで申し込めるWiMAXやポケットWIFIはある?

調べてみると、デビットカードとは銀行などの金融機関で発行された
キャッシュカードで買い物ができたり、食事が出来たりするサービスの
ことです。

店舗に設置された端末機にカードを差して暗証番号を入力するだけで、
口座からすぐに代金を引き落とすことができます。

大変便利なサービスなのですが、現在の時点ではデビットカードでの支払いに
対応しているモバイルwifiルーターはありません。

基本的にモバイルwifiルーターの料金の支払いはクレジットカードか
口座振替になります。

では、それぞれの支払い方法の注意点はどのようなところなのでしょうか?

■口座振替でモバイルwifiルーターの支払いをする場合

調べた結果、モバイルwifiルーターで利用料金の支払いをする場合は、
ほとんどのプロバイダで口座振替手数料が発生します。

WIMAXの場合は、口座振替手数料は200円で、月額の利用料金とは
別途で請求されます。

毎月200円ということは、1年間で2,400円、2年間で4,800円となります。
他の有料オプションの金額が安いプロバイダにするなどして調節しましょう。

WiMAXのプロバイダの有料オプションの料金はこちらです。

「UQ WiMAX」
UQ Wi-Fi 無料
UQ WiMAXに加入していれば公共無線LANは無料で使えます。

請求書発行オプション 月額100円
毎月の利用料金を書面でとどけるサービスです。

おまかせサポート 月額500円
もしものトラブルの時に遠隔操作で、解決策を教えてくれるサービスです。

「Braod WiMAX」
端末安心サポート 月額300円
もし万が一、端末を破損・紛失してしまった場合に保証してくれるサービスです。

My Broad サポート 月額907円
最大2ヶ月無料で、パソコン周辺の困りごとに対応しれくれるサービスと、
インターネットセキュリティのサービス2つを受けることができます。

「とくとくBB WiMAX」
安心サポート 月額300円
故障流離が無料で受けられますが、故意による破損や故障、盗難・紛失は
サービス対象とはなりません。

安心サポートワイド 月額500円
故意による故障や改造による故障、盗難・紛失はサービスの対象となっていません
「安心サービス」の対象となっていない原因での故障も補償の対象となる場合が
あります。

UQ WiMAXには端末の故障をフォローしてくれる安心サポートがありません。
また、とくとくBBの安心サポートは安く受けられるのですが、セキュリティに
関するオプションはありません。

無線通信は個人情報などをのぞかれやすいので、セキュリティオプションが
ついているBroad WiMAXの方が安全性は高いです。

■LTEのワイモバイルの支払い方法は?

WiMAXはクレジットカード、口座振替の2つの支払い方法が出来ますが、LTEの
ワイモバイルはどうなのでしょう。調べた結果がコチラです。

まず、ワイモバイルっでも使用料金は口座振替とクレジットカード払いが出来る
のですが、両方を選べるのは、店頭での契約の場合のみです。

口座振替なら、ゆうちょ銀行、都市銀行、地方銀行、インターネット銀行、
農業協同組合などがあります。

オンラインでの端末購入の場合は、クレジットカードのみとなります。
しかし、ヤフーwifiや楽天wifiであればオンラインでも口座振替が可能となります。

■クレジットカードでの支払いはお得!

モバイルwifiルーターをクレジットカードで支払うととてもお得になります。
調べてみると、口座振替には割引やおピントなどが一切ないのですが、
クレジットカードではポイント還元など、支払で得をすることが出来ます。

また、口座振替の手数料である毎月200円、年間2,400円を節約できる
ので、それだけでもお得ですよね。

さらに、クレジットカードを持っていない人は、新規で入会すると、ギフト券や
ポイントがもらえるキャンペーンも行われているので、そうしたキャンペーンを
利用して、お得にカードを発行すれば口座振替よりもずっと費用を節約できます。

■口座振替の審査はクレジットカードの審査よりも比較的通りやすい?

モバイルwifiルーターの毎月の利用料金の支払い方法には口座振替と
クレジットカードでの支払い方法があります。

どちらの方が通りやすいのでしょうか?調査してみました。

まずは、Yahoo!wifiにクレジットカードで契約申し込みをした人の
レビューによると、申し込み3日目に端末が届いたそうです。

とくとくBBでは午前8時までに申し込みをすると翌日までに端末が届く
のですが、このユーザーは午前9時の申し込みだったそうです。

申し込みの翌日に端末を発送し、その翌日に自宅に届いたということ
ですので、申し込み当日に審査がとおったことになります。

携帯やスマホなどの通信回線のほとんどはオンラインで申し込をしても
電話などによる本人確認の電話があります。

また、過去のクレジットカードや携帯・スマホの滞納履歴を調べるのです。
ですが、Yahoo!wifiにはこうした電話確認が一切ありません。

一方の口座振替での契約はどうなのでしょうか?

口座振替の場合は、過去に延滞や未納があった場合は、申し込みができない
ことがあります。クレジットカード払いに比べて何かと制約が多いのです。

また、口座振替は毎月預金口座から請求元の会社の口座へ利用料金を送金
することをいい、請求書などがきてから送金する口座振込みとは違います。

口座振替の場合は、WiMAXですと後日プロバイダから口座振替依頼書が
送られてきて、これに記入して返送します。

プロバイダは口座振替依頼書の内容を確認して手続きを行います。
クレジットカードにはこの工程がありません。

クレジットカードなら申し込みから1日~3日くらいで端末が届くことがほとんどですが
口座振替ですと、審査が終わるまでに10日~1週間かかることもあります。

その後、端末が届いて使えるようになるので、1週間~2週間前後は時間が
かかるのです。明日にでも使い始めたい場合は口座振替ではなく、クレジット
カードの方がいいでしょう。

■審査を通る条件とは?

調べてみると、モバイルwifiルーターを契約してインターネット接続をする
には、特別な許可や資格は必要ありません。

しかし、クレジットカードや口座振替の審査に通る必要があります。
契約の特典として、通信端末がもらえる場合でも審査が行われることがほとんどです。

モバイルwifiルーターの審査内容は、普通のスマホや携帯などの審査と
同じ内容です。

・過去にスマホや携帯などの通信契約で滞納や未払いがないかどうか
・クレジットカードの料金払いの遅延がないかどうか
・消費者金融に多額の借り入れが残っていないか
・信用情報に問題がないか

これらの項目が審査の判断基準になりますので、普通に生活を送っている
人は審査に落ちることはありません。

■モバイルwifiルーター契約前に確認しておいた方がいいこと

では、モバイルwifiルーターを契約する前に確認しておいた方がいいことは
なんでしょうか。調べた結果がコチラです。

・月額利用料金はずっと同じ金額か
月額の利用料金はキャンペーンなどで最初の3ヵ月間は割安だったり、
利用開始月は無料だったりします。

それ以降、ずっと同じ金額のものもあれば、13か月目から料金が上がる
ものもあります。契約はじめの利用料金だけでなく、最低利用期間中の
月額利用料金は事前に確認しておきましょう。

また、契約自動更新後、月額利用料金が上がるものもあります。
長期的に利用料金について確認しておいてください。

・月間や3日間の通信量の制限はあるか
WiMAXには月間の通信量の制限はありません。しかし、ワイモバイルには
通信制限があります。

ワイモバイルは、キャンペーンで通信制限なしと記載されているのですが、
月間の制限がないだけで24時間ごとの制限はあります。こうしたややこしい
システムとなっているので、しっかり確認をしましょう。

・通信エリアに自宅が含まれているか
モバイルwifiルーターを使い頻度が多い、自宅や職場などでもモバイルwifi
ルーターが使えるかどうかを確認してから購入しましょう。

■自宅の立地条件によっては固定回線の方がいい場合も・・・!

自宅の立地条件によっては、モバイルルーターでは通信がしずらいこともあります。
通信エリアに含まれていても隣に高いビルが建っていたりすると通信が不安定に
なってしまうのです。

UQ WiMAXでは契約前に15日間お試しで端末をレンタルすることが出来ます。
こまた、他の会社の端末もレンタル業者で1日単位からレンタルできるのです。
こうしたサービスを使って契約前に実際に使ってみると、後悔しません。

wifiルーターの契約キャンペーンはヨドバシではどんな内容?

■ヨドバシカメラでwifiルーターの契約キャンペーンはどういう内容?

ヨドバシカメラなどの家電量販店でもwifiルーターを契約することができます。
契約に伴いキャンペーンでキャッシュバックがあったり、商品のプレゼントが
あったりします。

調べてみるとヨドバシカメラでは、現在このようなキャンペーンが行われています。

Y!mobileでは新生活応援キャンペーンとして、ヨドバシカメラで冷蔵庫や洗濯機など
まとめ買いをした場合、wifiルーター305ZTを指定プラン、指定オプションで申し込み
をすると当日の買い物代金から50,000円引きとなります。

305ZTは今なら契約から2年間は通信し放題となっています。
そして、GL10P、303HWなら指定プランと指定オプションで申し込むと、
最大で60,000円引きとなります。

一見高額のキャッシュバックに見えますが、同時に家電をまとめ買い
しなければならず、他の家電を購入する予定の無い人にとっては、
利用しづらいキャンペーンとなっています。

■家電量販店でwifiルーターの契約はやめておいた方がいい?

家電量販店のキャンペーンには、どういうものがあるのか調べてみると、
必ず条件があることが分かりました。

しかも、モバイルwifiルーターのプロバイダと直接契約する際に適応される
キャンペーンは、条件がすくないのに対して家電量販店は条件が多いことが
分かりました。

ワイモバイルの305ZTをYahoo!で契約した場合の「Tポイント5,000ポイント
プレゼント」の条件はこちらです。

・通信端末を305ZTにすること
・キャンペーン期間中に契約すること

一方、ヨドバシカメラでは、キャッシュバック・キャンペーンの条件はこちらです。

・冷蔵庫や洗濯機などの家電をまとめ買いをすること
・指定の機種を選ぶこと
・指定の料金プランを選ぶこと
・指定のオプションを選ぶこと

このように、同じ機種を申込み場合でも条件の多さ、厳しさに差があります。
また、Tポイントは家電以外でも利用することが出来、利用するジャンルが
とても多いです。

しかし、ヨドバシカメラの場合は、その日購入した家電への割引しか行われません。
家電量販店よりもプロバイダの公式サイトから申し込みをした方が手軽ですし、
特典も利用しやすいです。

■家電量販店でwifiルーターを購入する場合のメリットは?

家電量販店でwifiルーターを購入することには、メリットが少ないということが、
調査の結果分かりました。

家電量販店でwifiルーターを購入するメリットは、申し込んだ当日に通信端末を
受け取ることが出来ることと、多くのwifiルーターを手にとって比較できることです。

しかし、Yahoo!wifiのように午後3時までに申し込みをすれば即日発送してくれて、
翌日に届くものもあり、1日しか差がないのです。

また、キャンペーンの対象となっている機種は少ないので、手にとって選べても
購入できる機種が限られているということもあります。

やはり家電量販店でwifiルーターを購入するメリットはとても少ないのです。
実物を手にとって、店員の説明を聞きに行くだけにして購入は辞めておきましょう。

■ケータイキャリアのショップでの申し込みが出来る!

wifiルーターはケータイキャリアのショップでも、契約の申し込みをすることが出来ます。
それぞれの会社のモバイルwifiルーターについて調べました。

ドコモなら、自社のLTE回線を利用した独自のWIFIデータプランを申し込むことが
可能となっています。オンラインショップからでも申し込めます。

auでは、WiMAXのプランを申し込むことが出来るようになっています。
WiMAXの大元の会社はUQ WiMAXなのですが、その会社はKDDIグループ
なのです。

ソフトバンクでは、ソフトバンクのLTE回線を利用して通信するWiFIデータ
プランを申し込めます。

ワイモバイルはワイモバイルの専用ショップで申し込めます。

申込には、クレジットカードで支払う場合はクレジットカードが、口座振替の
場合は、本人確認書類が必要となります。

■WiMAXの契約で6万円キャッシュバックの罠

調べてみると、ヨドバシカメラでは、現在HWD15を契約すると、60,000円の
キャッシュバックキャンペーンが行われています。

また、もうひとつWiMAX2プラスのギガ放題プランに加入すると50,000円
キャッシュバックになるというキャンペーンも行われています。

こちらは端末はW01で、契約するとヨドバシカメラ50,000円分の商品券がもらえます。
しかし、月額の利用料金は最初の3ヵ月間は5,661円で4ヶ月目からは6,400円です。

UQ WiMAXで契約をすると同じギガ放題プランで月々4,380円となっています。
とくとくBBでは月4,604円と利用料金が大きくちがうのです。

では、何故同じ通信端末で同じプランで、このような料金の違いが出てくるの
でしょうか?その理由は、キャンペーンの内容にありました。

高額キャッシュバックに見せかけて、実は毎月の利用料金に1,670円上乗せして
キャッシュバック分のお金を回収しているのです。

つまり、60,000円キャッシュバックのHWD15では事実上19,920円、
50,000円キャッシュバックのW01では、事実上9,920円しかキャッシュ
バックされません。

■月額が5000円以上になるので損!

ヨドバシカメラのキャッシュバックキャンペーンは毎月の利用料金に
キャッシュバックの巻き返し分の1,670円を上乗せしています。

ですので、月々の利用料金が最初の3ヵ月間は5,661円、4ヶ月目からは
6,400円となっています。

これでは、フレッツ光の戸建てタイプの月額の利用料金5,100円~以上の
金額となってしまいます。モバイルwifiルーターでこの月額はとても高額です。

WiMAXのプロバイダの平均の月額の利用料金は3,696円ですので、かなり
高額となります。また、プロバイダでは20,000円のキャッシュバックなどの
キャンペーンもあり、そちらは月額の利用料金に上乗せなしなのです。

家電量販店のWiMAX契約キャンペーンよりもプロバイダのキャンペーン内容の
方がキャッシュバックの結果的な金額が大きいですし、月額利用料金も上乗せ
されません。

■ヨドバシカメラ以外のWiMAXキャンペーンをやっている家電量販店

では、ヨドバシカメラ以外の家電量販店では、WiMAX契約キャンペーンを
行っているのでしょうか?

調べてみた結果、ビッグカメラでは5,000円のキャッシュバックが受けられます。
しかし、これは指定されたパソコンを購入した場合のみです。

WiMAXのみの購入ではキャッシュバックを利用できません。
パソコンの購入予定がある方には、少しお得なキャンペーンですね。

YAMADA電機は、WiMAXに契約すると月額の利用料金は500円引き、端末は
1円で購入出来ます。しかし、端末代1円はよくみられるサービスです。

このように、WiMAXのプロバイダほどのオトクなキャッシュバックや割引を
行っている家電量販店はないようです。

プロバイダでは20,000円キャッシュバックなどがありますので、金額に
大きな差があります。

■月額の利用料金などには大きな差が出ない!

家電量販店などで月額割引のキャンペーンがありますが、調べてみると、
WiMAXはもともとの会社がUQ WiMAXという会社で回線もWiMAX独自の
回線を利用しています。

ですので、どの家電量販店で契約をしても、どのプロバイダで契約をしても、
さほど大きな利用料金の差や端末代の差は出ないのです。

WiMAXをどこで契約すればいいのか迷った時は利用料金ではなく、
キャッシュバックの金額と、特典の内容で判断しましょう。

プロバイダでの契約では、たまにipad miniとセットで購入できる
キャンペーンなども行っています。

そうした目玉キャンペーンの期間中を狙って契約するとお得ですよ。
同じプロバイダでも時期などによって、キャンペーン内容が変わります。

タブレットなどを同時購入することを考えている場合は、タブレットが
プレゼントさせるキャンペーンを待ちましょう。

また、同じプロバイダでも機種によってキャッシュバックの金額が違うことが
あります。購入する機種はいくらキャッシュバックなのかを確認して、金額に
注意してください。

■ネットのキャンペーンでキャッシュバックをやっているプロバイダ一覧

ネットのキャンペーンでキャッシュバックを行っているプロバイダは、
さまざまあり、金額や別で貰える特典も大きく違います。

どのようなキャッシュバックキャンペーンがあるのでしょうか?
調べた結果がコチラです。

「とくとくBB WiMAX2+」
業界最大級の27,390円キャッシュバックするキャンペーンを開催しています。
ギガ放題プランで最初の3ヵ月間は月額3,696円、4ヶ月目以降は4,263円
となります。

キャリアアグリケ―ションで最大値220Mbpsの高速スピードに対応している
WX01や据え置き型ルーター「URoad-Home 2+」も受け付けをしています。

「@nifty WiMAX2+」
20,000円のキャッシュバックがあります。

ギガ放題プランで利用開始月は無料、2,3ヶ月目は月額3,696円、
4ヶ月目以降は月額4,350円となります。

「BIGLOBE WiMAX2+」
15,000円のキャッシュバック、もしくは
Amazon電子書籍kindleプレゼント+2,000円キャッシュバック

月額利用料金は利用開始月無料、2、3ヶ月目までは3,695円、
4ヶ月目以降は月額4,179円となっています。

「So-net WiMAX2+」
15,000円キャッシュバック、もしくは
ipad Airやipad miniなどのタブレット端末が月額260円~レンタルできます。

月額の利用料金は利用開始月は無料、2,3か月目は月額3,695円、
4ヶ月目以降は月額4,379円となっています。

このようなキャッシュバックキャンペーンがおこなられています。

事実上、10,000円前後のキャッシュバックしかないヨドバシカメラのキャンペーン
より、遥かにお得です。とくとくBBはギガ放題プランからつきごとに通常プラン
月額3,696円に変更することが出来ます。

■キャッシュバックの受け取り方

WiMAXの契約キャンペーンでキャッシュバックが行われているプロバイダ
について調べていると、こんなことが分かりました。

キャッシュバックの特典は付与時期に解約になっているともらえないのです。
キャッシュバックは契約と同時に自動的に口座に振り込まれたりするのではなく、
端末が届いた月を含む11か月目にメールで基本メールアドレスに連絡がきます。

「ご指定口座確認通知メール」というのですが、そのメールを読み返信をした
人しか、キャッシュバックを受け取れないのです。

返信は「ご指定口座確認通知メール」の初回送信日から翌月の末日までに
行ってください。

返信をした場合、翌月の最終営業日に指定された口座に振り込みとなります。
基本メールアドレスはGMOとくとくBBに入会する時に作るアドレスです。

また、このような場合はキャッシュバックはされません。
特典対象プランの変更、特典対象プランの解約、未納によるサービス
一時停止または強制解約。

では、何故このようなキャッシュバックが受け取りづらいシステムとなって
いるのでしょうか?

■受け取りづらいシステム。その理由は?

WiMAXのプロバイダによる契約キャンペーンは、キャッシュバックでせっかく
高額な費用が取り戻せるのに、契約から実際にキャッシュバックされるのが
数か月後だったり、事前の確認メールへ返信が必要だったりします。

どうしてこのような分かりづらいシステムになっているのでしょう。

調べた結果、支払のタイミングを遅くしたりメール連絡を必要にすることで、
キャッシュバックの貰い忘れを狙っているのです。

高額キャッシュバックの貰い忘れが増えればそれだけプロバイダ側は利益が
発生します。このプロバイダの思惑にハマらないためにも手帳などにキャッシュ
バックを受け取るタイミングで書きこんでおきましょう。

WiMAXのキャッシュバックを受け取るために、メールアドレスを確認することも
しっかり書いておくとメールの返信し忘れも防げます。

■契約時の公式サイトをプリントしておきましょう!

WiMAXを契約する時はキャッシュバックや料金について書かれている
ページをプリントして保存しておきましょう。

ブックマークでもいいのですが、キャンペーンの内容は比較的短い期間で
終わってしまい、新しいキャンペーンが始まるのでプリントの方が確実です。

通信量を節約したい。スマホとwimaxの併用で節約できるの?

■スマホの通信料金が高い。ドコモで最安の料金プランはどれ?

スマホの通信料金が高いことに不満を感じている人はとても多いです。
毎月支払うものですので、どうにか節約したいですよね。

公式サイトでドコモの最安の料金プランを調べてみました。
ドコモの最安値の料金プランは・・・

基本プラン「カケホーダイプラン 月額2,700円
プロバイダ料金 月額300円
パケットパック データSパック 月額3,500円
割引サービス ずっとドコモ割 月額600円
月額合計 5,900円

最安値でも5,000円ちかい通信量を毎月支払うことになります。
もっとも高額な料金プランでは8,900円となっており、4,000円ちかい
差があります。

最安値のプランと最高額のプランの大きな違いは、パケットパックです。
最安値ですとパケットパックはデータSパック(月額3,500円)で、最高額
ですとデータLパック(月額6,700円)です。

このパケットパックで3,200円の違いが出ます。そして、違いは料金だけではなく、
月々使える通信量にも出てくるのです。

データSパックは月間2GBしか利用できません。しかし、データLパックは月間8GB
利用することができます。

月間2GBというと、高画質な動画を9時間くらい観たら達してしまう通信量です。
月間ですので、1ヶ月を30日とすると1日30分くらいしか閲覧できません。

メールやSNS、ネットサーフィンしかしないのであれば、月間2GBでも問題
ないのですが、スマホで通勤・通学中に動画を見たい方には物足りません。

データLパックでは1日2時間くらいづつ動画を閲覧できる通信量なのです。

■スマホの通信量を節約するには・・・?

では、ドコモのスマホの通信量を節約するには、どうしたらいいのでしょうか?
調べてみました。

まず、パケットパックはデータSパックのままで、iphoneのさまざまな設定を変更
して通信をすることで通信量の節約ができます。

Wi-Fiをオンにして、できるだけ3GやLTE通信を使わないようにします。
「設定」→「Wi-FI」をオンにするか、「コントロールセンター」→「Wi-Fi」マークを
タップしましょう。

また、「設定」→「モバイルデータ通信」を選び、各アプリのデータ量を確認して
ください。通信料が大きいものはオフにしてしまいましょう。

iphoneなどのiOSデバイスはデフォルトだと自動でAppleにデバイスの診断データ
と使用状況を定期的に送ってしまいます。

これも通信量のうちに入ってしまいますので、節約のためにこれをオフにしましょう。
「設定」→「一般」→「情報」→「診断/使用状況」で「送信しない」を選択してください。

また、使っていない場合はsiriもオフにしましょう。
「設定」→「一般」→「Siri」でオフにしてください。

iOS 7からの新機能でAppコンテンツのバックグラウンド更新が出来るように
なったのですが、自動で更新をするので自動で通信をしてしまいます。
「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド更新」をオフにしてください。

その他には、位置情報サービスと、システムサービスもオフにすることで、
通信量の節約となります。

■むやみにアプリをダウンロードしないようにする!

調べてみると、スマホのアプリは山のようにリリースされております。

自分がダウンロードをしたアプリが水面下でどれくらい起動していて、どれくらい
通信量を使っているか完全に把握するのは不可能ですよね。

有名なアプリ以外はダウンロードしない、使う頻度が少なそうなアプリは気に
なっても手を出さないようにしましょう。

また、アプリや動画、音楽の購入はWI-FI経由で行い、動画を見るのもWi-Fiに
しましょう。

■データ通信機器を購入して通信をする方法も!

スマホの通信を補助するために、モバイルwifiルーターを購入して、通信を
する方法もあります。

スマホの毎月の通信料金とモバイルwifiルーターの通信料金がかかって
しまいますが、通信量が増えて、ネット環境に余裕が出ます。

ドコモのスマホで通信をするなら、ドコモのモバイルwifiルーターの方がスマホと
モバイルwifiルーターの相性がいいですよ。

■スマホの通信料をwifiで節約できるってどういう意味?

スマホの通信料はwifiで節約をすることができます。調べてみると、スマホの
通信で3G/LTEを使わないでwifiで通信をすることで節約できるのです。

WiFiは3G/LTEのデータ通信量にカウントされないで、高速通信が出来るのです。
動画や音楽のダウンロードなど、通信料を多く使うものほど、wifi経由で行いましょう。

また、スマホとポケットwifiルーターを併用することで、通信量を増やすことも出来ます。
しかし、こちらは節約ではありません。ポケットwifiルーターとは持ち歩ける無線LAN
ルーターでネット回線を外出先でも家でも使えるのです。

コードレスですので、バックに入れておいてスイッチを入れるだけで通信ができます。
「UQ WIMAX」なら月額4,380円で高速通信が無制限で使えます。

ドコモのパケットパックはデータLパックで月額6,700円、データSパックより3,200円
高額ですし、月間8GBという通信量の制限があるのです。

つまり、スマホとポケットwifiルーターを併用すると通信料金は高くなりますが、
通信制限がなく好きなだけ通信をすることが出来るようになるのです。

節約というよりは、一番高い料金プランに1,000円前後プラスすれば、無制限で
通信できる環境が手に入るということなのです。

■スタバなどの公共無線LANがセキュリティ上危ないわけ

スタバなどによくある公共無線LANは誰でも使えて、とても便利なサービスですね。
しかし、公共無線LANはセキュリティ上、危険が大きい通信サービスでもあります。

公共無線LANについて調べてみました。

まず、公共無線LANには2つの種類があります。通信事業者が提供する有料な
サービスと個人が所有する回線を開放するタイプのサービスです。

個人が所有するタイプのサービスはほとんどの場合、無料となっています。
有料の公共無線LANにはNTTコミュニケーションズが提供する「HOTSPOT」
とソフトバンクが提供する「Yahoo!BB 公共無線LANサービス」です。

一方、無料の公共無線LANサービスは「FREESPOT」という通信機器メーカー
バッファローが行っている自社製の無線LANアクセスポイントによるものです。

他にもスタバでは「Free Wi-Fi at STARBUCKS Wi2」という無線LANサービスが
あり、メールアドレスを登録するだけで、無料で利用できるので人気となっています。

しかし、こうした無料の無線LANサービスは悪意あるユーザーに個人情報を
のぞかれやすいのです。

無料で開放されている無線LANサービスの多くは会員登録などの管理費が
かけられないので、無線の暗号化が固定のWEPキーとなっているのです。

無料の公共無線LANサービスでは、誰でも接続できるようにするために、
WEPキーを公開する必要があります。お店などに張り紙をしてあり、そこに
書かれているのです。

このようなセキュリティが甘い通信サービスを利用するには注意が必要です。

■公共無線LANサービスでトラブルに巻き込まれないためには?

では、こうしたセキュリティの甘い通信サービスを安全に利用するためには、
どうしたらいいのでしょうか?調べた結果がこちらです。

まず、WEPキーは防犯性が低いので信用しないようにしてください。
また、野良Wi-FIと呼ばれるどんなWi-Fiかはっきりしないものは避けましょう。

無線LANをつかって通信をする時は大事な情報はSSLでやりとりをしましょう。

また、IDやパスワードなど重要な情報は公共無線LANでやり取りしないでください。
プライベートなメールなども送受信はしない方がいいでしょう。

どうしても通信しなければならない場合は、覗かれたとしてもいい内容を
やり取りしましょう。

■SSLとは・・・?

公共無線LANサービスで利用した方がいいSSLとは、どのようなものなのでしょうか?
調べてみました。

SSLとは、オンラインで個人情報やクレジットカードの番号などを登録する際に
暗号化して送受信してくれる仕組みのことです。

第三者から覗かれたとしても暗号化されているので、内容を特定されることは
ないです。このシステムは、サイトのURLがhttpsで始まっているサイトに採用
されています。

HTTPSのウェブサイトを利用すれば、じぶんとウェブサイトを提供しているサーバー
以外は見ることが出来ません。サイトのURLの頭に注意してアクセスをしましょう。

■お金を払って家でも外でも使えるネット回線

スマホとモバイルwifiルーターを組み合わせて使えば、家でも外でも快適に
インターネットを楽しむことが出来ます。このことについて調べてみました。

固定回線とスマホという組み合わせですと、ドコモの最安値プラン5,900円と
フレッツ光の戸建てプラン月額5,100円~の合計で11,000円も通信料がかかります。

スマホの通信料を最安値プランにしても固定回線の方の通信料が高額なので、
節約の効果が薄くなります。

しかし、固定回線をモバイルwifiルーターにすると、「UQ WiMAX」の
「UQ Flat ツープラス ギガ放題」なら月額4,380円ですので、スマホの
通信料と合計で9,480円となります。

スマホとフレッツ光の組み合わせよりも毎月1,520円お得になるのです。
そして、モバイルwifiルーターは家でも外出先でも通信ができる持ち運べる
「ネット回線」ですので、スマホの通信量を気にすることなく、使えます。

UQ WiMAXの「UQ Flat ツープラス ギガ放題」ならWIMAXとWIMAX2プラスの
通信が月間は無制限で利用できます。

通信料を総合的に節約しつつ、通信できるデータ量を増やすことができるのです。

■スマホのwifi設定方法(アンドロイド、iphone)

では、ここからはスマホのwifi設定方法を確認していきましょう。
アンドロイド、iphoneのwifi設定方法について調べました。

まずは、アンドロイドからです。アンドロイドのスマホとタブレット本体の
「設定」→「無線とネットワーク」→「Wi-Fi」→「ON/OFFのスイッチをON」

これで、利用可能なアクセスポイントと呼ばれるルーターが取得されます。
利用したいアクセスポイントをタップしてWi-Fi繋がりましょう。

もし、どのアクセスポイントが自分のモバイルwifiルーターか分からない時は、
端末本体の側面や裏面に記載されている「SSID」を確認してください。

そして、アクセスポイントをタップするとKEYを入力しなければなりません。
KEYも端末本体や付属のシールなどに記載されています。

他のどういったものかわからないアクセスポイントはタップしないように
してください。中にはKEY入力がいらないものもありますが、個人情報が
のぞかれてしまう可能性もあります。

そして、iphoneのwifi設定はホーム画面の「設定」→「Wi-Fi」→「ON/OFF」を
ONして繋がりたいアクセスポイントをタップし、パスワードを入力します。

最後に「接続」をタップして設定は完了です。

■無料でwifiスポットで安全に通信できるアプリ

公共無線LANで通信をすると、悪意のあるユーザーが同じアクセスポイントに
アクセスしたユーザーの個人情報をのぞいたりしてきます。

調べてみると、キャリア通信会社が提供しているアクセスポイントでも暗号化
されていないものもありますので、注意が必要です。

アンドロイドでは、安全に公共無線LANを使えるアプリがあります。
「Hotspot Shield VPN WiFiセキュリティ」は無料でダウンロードできます。

ユーザー側とサーバー側しか通信内容を見ることが出来ないHTTPS暗号化を
することによって、データは保護されます。

もし、悪意あるユーザーに通信中のデータを抜き取られても解読することは
できません。

アプリの使い方は、メイン画面から保護を有効にするをタップするだけと、誰でも
使える仕組みになっています。たったこれだけで専用のサーバーへ接続できるのです。

サーバーへのアクセスが完了すれば通信は保護され、安心してネットが使える
ようになります。

「Hotspot Shield VPN for iphone Wi-Fi セキュリティ」というiphone向けの
アプリもあります。

■通信をしない時は・・・?

モバイルwifiルーターを持ち歩いていると、ついつい電源を入れっぱなしに
してしまいますが、常に無線通信をしている状態は防犯上よくありません。

モバイルwifiルーターの電源は小まめに切るようにしてください。

また、大事な情報は公共無線LANスポットなどでは通信しないようにしましょう。

WIMAX