ノートパソコンとセットでWiMAXに契約すると0円になるのは何故?

■WiMAXのノートパソコンが契約とセットで0円になるカラクリ

・対象ノートPC「HP 14-r237TU」の本体価格
・契約から2年後にもらえるシステム
・返品は一切受け付けていない

Broad WiMAXでWiMAX契約と同時に「HP 14-r237TU」というノートPCを
購入すると本体価格が0円となり、WiMAXの契約費のみですみます。

オプション料金として月額1,600円がかかるのですが、なぜ本体代が0円
なのでしょうか。調べてみました。

まず、「HP 14-r237TU」の本来の本体価格は38,850円です。

「HPノートPC × WiMAX セット」は契約期間24か月間なのですが、この
期間中はパソコンを購入したのではなく、レンタルしている形になります。

その期間にノートPCの契約を解除する場合は、契約解除料金として、
38,095円が発生します。

これはWiMAXの契約解除料金とは別ですので、ご注意ください。
つまり、本体価格と同じくらいの金額の契約解除料金があるのです。

そして、契約から24か月目に月額のオプション料金1,600円のうち、
100円がタブレットパソコン代となり、そこで初めてノートPCは契約者の
ものになるのです。

オプション料金は月額1,600円ですので、月額1,600円でノートPCを2年間、
合計38,400円でレンタルした後、商品を手に入れることができるのです。

つまり、2年間レンタルしながら、本体代を少しづつ払っていく形なのです。

また、途中加入も返品についても対応していません。レンタル期間中のうち、
最初の1年間はメーカー保証が付きますが、2年目からはノートPCに性能
障害が起きた場合でも交換・修理はしてもらえません。

■WiMAXとノートPCが100円のセットもあります!

・WiMAXとノートPCのセットは100円
・どうしてセットで100円なのか?

「GMOとくとくBB WiMAX2+」はWiMAX2+とASUS EeeBook X205TAがセットで
100円となっています。

このセットは2つの料金プランから好きな方を選べます。

・「無制限のギガ放題プラン」
初月 月額0円、1~2か月目 月額4,195円、3ヶ月目以降 4,849円

・「月間7GBの制限がある 通常プラン」
初月 月額0円、1ヶ月目以降 月額4,195円

契約期間24か月間、毎月586円を加算すると14,064円となります。

つまり、2年間で合計14,064円を月額の利用料金とは別に支払うことになるのです。
それでもWiMAXの端末代を抜いた20,636円がお得になります。

しかし、契約解除料金がかなり高額となり、端末受け取り月の翌月を1ヶ月目と
した1ヶ月目~12か月目までが43,450円、13か月目~24か月目までの
解約の場合は38,450円、25か月目以降で契約更新月以外で解約をする場合
は9,500円がかかります。

12か月目までの解約料金は43,450円とノートPCの本体代よりも10,000円
近く高額となってしまいます。

■100円セットは本当にお得なのか?

・キャッシュバックなどを利用しても同じくらいお得
・通販のセールを利用するという方法もある!

「GMOとくとくBB WiMAX2+」の「WiMAX2+ & ASUSEeeBook X205TA」のセットは
100円でとてもお得に見えるのですが、事実上は20,000円前後しかお得ではありません。

これでは、ギガ放題プランに加入する「24,590円キャッシュバックキャンペーン」
の方がお得になります。こちらのキャッシュバクキャンペーンで戻ってきたお金で
好きなノートPCを購入した方がいいでしょう。

また、通販サイトのセールや、ポイントなどを使ってもお得に購入できます。
こうした方法は解除料金の心配がないので、安心感があります。

■ノートPCの口コミは?

・WiMAXと100円のセットのノートPCの口コミ

「EeeBook X205TA」の口コミはどのようなものがあるのでしょうか?

「ノートPCとしての機能が十分で、バッテリーの持ちもいいです。
動作が少し遅いですが、ストレスを感じるほどではありません」

このように問題なく使っているという口コミが多かったです。

■WiMAXとの同時購入でノートパソコンがその場で安くなる場合と後で金券バックの家電量販店

・家電量販店でWiMAXとノートPCを同時購入の仕組み
・家電量販店でWiMAXとノートPC購入で金券の仕組み

調べてみると、家電量販店でWiMAXとノートPCを同時に購入すると、
その場で割引になる場合と、あとから金券をもらえる場合があります。

まず、その場で割引されるキャンペーンの内容は現金5,000円が割引され、
事務手数料3,000円も無料になるというものがよくあります。

合計、8,000円のオトクなのですが、キャッシュバックなどはなく、WiMAX端末も
ノートPCも指定のものを選ばなければならない場合がほとんどです。

また、最低利用期間内に解約をした場合、通常のWIMAX契約の契約解除料より
高額になります。

このように、総合的に見るとお得とは言えないキャンペーンの内容なのです。
では、あとから金券をもらえるキャンペーンの場合はどうなのでしょうか?

後から金券をもらえる場合は、契約後1年前後経過してからもらえることが多いです。
しかも、月額の利用料金に毎月1,500円前後上乗せした利用料金となります。

50,000円や60,000円の金券プレゼントでも毎月の利用料金にすこしづつ
費用を上乗せして最低利用期間2年間で36,000円前後、実に金券の半額
以上を取り戻しているのです。

ですので、事実上、10,000円~15,000円分の金券となり、またその金券も
WiMAXとノートPCを同時購入した家電量販店でしか使えないのです。

その場で現金値引きと、あとから金券をもらえるキャンペーンを比較すると、
あとから金券をもらえるキャンペーンの方がお得ですが、もっとお得なキャン
ペーンを行っている会社があります。

■WiMAXのプロバイダなら20,000円以上キャッシュバック!

・もっともキャッシュバックしてくれるのはとくとくBB
・端末無料やクレードルとのセットで1円がほとんど

WiMAXのプロバイダの公式サイトから直接契約をすれば20,00円以上の
キャッシュバックを受けることが出来ます。調べた結果がコチラです。

もっともお得なのはとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンでギガ放題プランで
対象となる端末を購入すると最大で24,590円のキャッシュバックがあります。

こちらは月額の利用料金に追加料金なしで上乗せ費用もなしで受けられる
キャッシュバックとなっています。しかし、キャッシュバックを受け取るのは
契約をして、端末が到着した月を含む11か月目となります。

こちらのキャッシュバックも時間差がありますので、注意をしてください。

また、WiMAX端末も無料だったり、クレードルとセットで無料や1円などが
ほとんどです。このような割引、キャッシュバックで浮いたお金で自分の
好きなノートPCを購入出来ます。

WiMAXの端末に指定はあるものの対象となっている機種が複数あり、その中
から好きなものを選べます。家電量販店のキャンペーンよりも選択肢の幅が
広くキャッシュバックの金額も大きいです。

■今使っているノートPCを高額買取してもらう手も!

・高額買取してもらう業者は専門業者がお得!

調べてみると、現在使っているノートPCを高額買取してもらい、そのお金を
足しにして、新しいノートPCを買う方法とWiMAXのキャッシュバックを組み合わ
せている人もいます。

ノートPCはリサイクルショップなどに持っていかないで、パソコン買取専門店に
買取してもらった方が高額で売れます。送料や手数料など無料で、全国から
ノートPCを買取している業者もあります。

■ノートPC以外にもタブレットがあります!

・WiMAX契約キャンペーンでタブレットプレゼントのプロバイダも!

調査の結果、WiMAX契約キャンペーンでタブレットをプレゼントしてくれるプロバイダ
が複数社あることが分かりました。もし、ノートPCにこだわらないのであれば、こうし
たキャンペーンでお得にタブレットを手に入れるのもいいかもしれません。

■セットで0円は結局お得なのか?

・WiMAXとノートPCセットで0円を実際に利用した場合の費用
・WiMAXとノートPCを別々に購入した場合の費用

では、WiMAXのノートPCをセットで契約するとノートPCが0円という
プランははたして本当にお得なのでしょうか?

調べた結果、まず、WiMAXの契約にはこのような費用がかかります。

ギガ放題 月額最安プラン 最大3か月 月額費用2,856円 通常月額 3,541円
事務手数料 3,000円
初期費用 18,857円
端末安心オプション 月額300円
My Broadサポート 最大2か月無料で月額907円

2年間の費用の合計で9,6530円です。これにノートPCの費用が加算されます。
ノートPCの費用は頭金0円、月額利用料1,600円ですので、2年間の合計で
38,400円となります。

WiMAXとノートPCセットの2年間の合計費用は134,930円となります。
では、他のプロバイダでWiMAXを契約し同じノートPCを購入するといくら
かかるのでしょうか?

「GMOとくとくBB」のギガ放題料金プランは

事務手数料 3,000円
端末代金・端末送料・とくとくBB入会費 0円
月額利用料金 初月 0円、1~2か月 月額3,609円、3ヶ月目以降 月額4,263円

キャッシュバック 「WiMAX2+NAD11」なら24,590円

2年間の合計費用は101,004円となります。キャッシュバックがありますので、
最終的には、76,414円となります。

そして、Broad WiMAXのノートPCセットと同じ機種の「HP 14-r237TU」
エントリーモデルは39,744円です。WiMAXの2年間の費用に加算すると、
116,158円となります。

Broad WiMAXでノートPCのセットを購入するよりもとくとくBBでWiMAXを契約し、
ノートPCを単体で購入した方が、18,772円安く済むのです。

■セールに合わせてノートPCを買うのもお得!

・セールの時期は決算期と各メーカーがモデルチェンジをする時期
・各通販サイトをチェックしましょう!

調べてみると、家電量販店や家電の通販サイトは決算期と各家電メーカーが
モデルチェンジをする時期に、セールを良く行います。

代物と呼ばれる冷蔵庫や洗濯機などは秋、黒ものと呼ばれるテレビやパソコン
などは春にモデルチェンジしますので、春をねらってWiMAXと契約してノートPCを
購入しましょう。

また、価格ドットコムなどが最安値の家電を紹介していますが、サイトによって、
最安値の商品や価格が違うことがあります。有名な通販サイトは一通りチェック
して、本当に最安値かどうかを確認しましょう。

■人気のノートPCは・・・?

・人気のノートPCトップ3をご紹介

人気のあるノートPCはどのような商品なのでしょうか?ここから、人気のノート
PC トップ3をご紹介いたします。通販サイトを元に、調べてみました。

1位「NEC LaVie Note Standard GN202F/S4 PC‐GN202FSADA54D4YDA」

15.6インチのノートPCです。価格は59,800円と購入しやすい価格です。
口コミによると、液晶もキレイで、処理速度も問題の無いPCです。

2位「東芝 dynabook AB55/P Core i7搭載」

15.6インチのノートPCです。本体価格は102,280円です。

口コミによると、裏側に開く場所があり、メモリを増やすのも簡単です。
動作もサクサク動くので、使いやすく、バッテリーも普通に使っている
分には問題なく持ちです。

3位「dynabook KIRA V73/PS PVB73PS-KUA-K」

13,3インチのノートPCです。口コミによると、処理動作がとても早く特に
シャットダウンはとてもスムーズにストレスを感じません。

キーボードが軽くて使いやすく、画面も大きいので見やすいです。
本体の重さは少し重い程度で気になるほどではありません。

■ノートPCは用途に合わせて大きさを選びましょう!

・用途に合わせて大きさを決めましょう

持ち歩くなら、B5ノートの大きさの12.1インチ以下、家で普通に使うので
あればA4ノートの大きさの15.4インチがいいでしょう。A4ノートの大きさの
PCの方が安い傾向にあります。

持ち歩かない場合は、A4の大きさの15.4インチ・ノートPCにしましょう。

WIMAX

MacBook AIRがセットになったWiMAXのキャンペーンはある?

■WiMAXの契約でMacBook AIRがセットでついてくるキャンペーンはある?

・WiMAXとMacBook AIRのセットは楽天で少し見かける程度
・WiMAXとMacBook AIRのセット販売はPC代を分割しているだけ

WiMAXにはさまざまな契約キャンペーンがありますが、調べてみると現在は
MacBook AIRが特典になっているものはありません。

しかし、通販サイトなどではMacBook AIRとWiMAXがセットになったものが
販売されています。ご紹介しましょう。

「楽天市場」では、「Apple MacBook Air 1600/11.6 MJVP2J/A + WiMAX2+
Speed Wi-Fi NEXT WX01」が販売されています。

価格は81,980円となっています。WiMAXの料金プランはこちらの2つから選びます。
・まとめてプラン1100 月額1,019円 + UQ Flat ツープラス 月額3,696円
・まとめてプラン1100 月額1,019円 + UQ Flat ツープラス 月額4,380円

この月額1,019円というのはMacBook Airの代金を毎月分割して支払っている
のです。合計で24,456円を最低利用期間の2年間で支払うので、本体価格の
81,980円に加算すると、106,436円となります。

Macbook Airの本体価格の通常の値段は102,800円とほとんど変わらなく
なります。WiMAXのプロバイダ契約時のキャンペーンで24,590円のキャッシュ
バックで購入した方がお得になるのです。

■MacBook AIRが特典のキャンペーンがない理由は?

・MacBook AIRが高額なため
・家電量販店などのようなノートPCプレゼントができないため

通販サイトなどで調べてみると、MacBook AIRは本体価格100,000円
前後します。

WiMAXは本体価格が0円で初期費用も安く、月額の利用料金も安いので、
手軽なネット環境と言えます。

「とくとくBB WiMAX2+」のギガ時放題プランに加入すると最低利用期間2年間で
初期費用端末代含めた合計費用が108,267円となります。

これにキャッシュバックで20,000円以上返ってくるのです。

MacBook AIRは本体価格が100,000円ですので、2年間の合計費用と
ほとんど変わらない金額です。

WiMAXとセットにする機器としては高額すぎるのがキャンペーンにない理由です。

また、家電量販店のWiMAX契約キャンペーンにノートPCプレゼントという
キャンペーンが良く登場しています。

これは、月額の利用料金に毎月ノートPCの料金を少しづつ上乗せしてノート
PC代の半額以上を取り返すシステムで実現出来ているのです。

家電量販店ではほとんどのお店でこのようなシステムを採用しています。
WiMAXのプロバイダは月額の利用料金の安い会社がほとんどですので、
家電量販店のようなキャンペーンの仕方が出来ないのです。

■現在のWiMAXのキャンペーンでもっとも得なのは?

・高額キャッシュバックキャンペーンは27,390円!
・キャッシュバック+特典は本当にお得?

調べてみると、現在行われているWiMAXのキャンペーンでもっとも
お得なのが、とくとくBBの「27,390円キャッシュバック」です。

こちらのキャンペーンは「23,790円キャッシュバック+クレードル無料」
と好きな方を選ぶことができます。

20,000円以上のキャッシュバックはとてもお得ですが、全額キャッシュバックと
キャッシュバック+特典はどちらがお得なのでしょうか?

まず、とくとくBBのキャンペーンはキャッシュバックのみとキャッシュバック
+クレードルプレゼントかを選ぶことが出来ます。

このクレードルという機器は乗せるだけで端末の通信を補助してくれる機器で
有線LANを差してパソコンと接続したり、有線LANしか接続できないホテルなど
で電波を飛ばす中継ポイントとして使えます。

しかし、パソコンであまりネットをしない方や、家に固定回線がある方、出張や
旅行などの回数が少ない方では、出番はあまりありません。

27,390円のキャッシュバックを受けて、そのお金でMacBook Airを購入する
方がお得です。

■MacBook AIR以外のノートPCとWiMAXのセットはない?

・高画質のビジネスノートPCとWiMAXのセットなら頭金0円!

HPノートPCとWiMAXのセットならWiMAXの費用とは別でHPノートPC分の頭金が
0円となります。通常のWiMAXの契約と同じ費用で購入できるのです。

そして、月額の利用料金はWiMAXの利用料金とは別途で月額1,600円となります。
24か月間の契約期間で契約解除料はWiMAXとは別途で38,095円かかります。

■WiMAX契約でキャッシュバックしてもらったお金でMacBook AIRを単体で買う場合との比較

・とくとくBBでWiMAX契約し、キャッシュバックのお金でMacbook AIRを買う場合
・通販サイトでWiMAXとMacBook AIRをセットで購入する場合

では、WiMAXの契約キャッシュバックキャンペーンでもらったお金でMacBook AIR
を買うのと、通販でセットで買うのとではどちらの方がお得なのでしょう。

とくとくBBで受けられるキャッシュバックでもっとも高額なのは24,590円です。
月間のデータ通信量に制限がないギガ放題に契約すると適応されます。

MacBook AIRをこのキャッシュバックで浮いたお金で購入すると、本体価格で
ある108,000円から24,590円を引いて83,410円となります。

一方、通販サイトでMacBook AIRとWiMAXのセットを購入すると、70,000円で
購入することが出来ます。他のサイトでも81,930円で購入が可能です。

しかし、通販サイトをチェックしてみると、中古で60,000円代で購入できるものも
あります。つまり、セットで購入するよりもWiMAXの契約キャンペーンのキャッシュ
バックで浮いたお金でMacBook AIRを購入する方が安く済みます。

■MacBook AIRとWiMAXのセットの詳細

・端末や料金プラン、支払方法が指定されている
・通販サイトとプロバイダが提携している

MacBook AirとWiMAXの通販サイトのセットの詳細は、こちらです。

調べてみると、まずセットになっているWiMAXの端末は1種類になっています。
端末のカラーは選べるのですが、端末自体は指定のものだけです。

また、料金プランも2種類、もしくは1種類のプランのみとなっています。
そして、WiMAXは口座振替とクレジットカードでの支払いができるプロバイダも
複数社あるのですが、MacBook AIRとのセットの場合はクレジットカード限定です。

このように、いくつかのポイントを指定することにより、セットを組んでいるのです。

また、楽天市場などの通販サイトとUQ WiMAXが提携して行っているサービス
ですので、こうした安い料金が実現するのです。

公式と正規代理店との契約内容やサービスでの違いはありません。
契約後は公式のサポートセンターに対応してもらえます。

■WiMAXとのセットで最も多い通信機器は?

・WiMAXとのセットで最も多い通信機器はタブレット
・その理由は本体価格の安さ

WiMAXとセットで販売されている通信機器でもっとも多いのはタブレットです。

GMOとくとくBBでは「Nexus7 16GB」や「MeMO Pad 7」を、BIGLOBEでは
「Fire HD7 16GB」か「Fire HD6 8GB」、ASAHIネットでは「Nexus 7 16GB」
がキャンペーンでプレゼントされます。

それぞれのタブレットの本体価格はこのようになっています。

「Nexus 7 16GB」 本体価格7,000円代~19,000円代
「MeMO Pad 7」 本体価格28,000円代
「Fire HD 7 16GB」 本体価格18,000円代
「Fire HD 6 8GB」 本体価格11,800円代

これを見て分かるように、MacBook AIRよりもかなり安い金額なのです。
WiMAXのキャッシュバックの金額も10,000円代から20,000円代の
プロバイダが多いです。

つまりWiMAXのキャンペーンで契約者に還元できる金額は10,000円~
20,000円代までということになります。

■MacBook AIRをやすく購入するためには?

・通販サイトのポイントを使う
・中古での購入を考える

MacBook AIRを安く購入するためには、どうしたらいいのでしょうか。
調べてみると、通販サイトには安く購入できるポイントがありますので、
溜まっている場合は一括で使ってMacBook AIRを買いましょう。

また、通販サイトで見てみると、中古で60,000円代まで落ちているものも
あります。新品にこだわらないのであれば、中古での購入も考えてみてください。

■MacBook AIRの最安値を調査してみた

・公式サイトの正規価格は?
・通販サイトの中古価格は?
・中古以外で安いMacBook AIRは?

MacBook AIRについて調べていると、やはりその本体価格が高額なことを
実感します。まずは、MacBook AIRの正規価格をおさらいしましょう。

公式サイトで見てみると、MacBook AIRは

11インチ 128GB 本体価格102,800円
11インチ 256GB 本体価格126,800円
13インチ 128GB 本体価格112,800円
13インチ 256GB 本体価格136,800円

このような価格となっていました。やはりどの機種でも100,000円以上
します。では、通販サイトで扱われている中古のMacBook AIRはいくらでしょう。

「Apple MacBook Air 1.6GHz 13.3インチ MB003J/A」
中古販売価格 58,769円

こちらのMacBook AIRは2008年1月15日に発売された旧式のものです。
現在のMacBook AIRから8代前のものになります。

こちらの口コミをみてみると、「バッテリーが少し物足りないけど、軽くて
使いやすく、携帯するのも楽でいいです」と好評でした。

8代前のものでも軽さと使いやすさはかわらないようですね。
こちらがMacBook AIRの最安値となります。

では、中古以外で安いMacBook AIRはないのでしょうか?
MacBook AIRの公式オンラインショップ・アップルストアには、
「アップル整備済み品」という商品があります。

店頭商品、返品商品などを修理し整備した状態で「アップル認定製品」として
再度、販売しているのです。

このアップル整備済み品は好きなようにカスタマイズすることはできませんが、
新品並みの品質で1割~2割、安く買うことができるのです。

常にMacBook AIRが発売されているというわけではないので、こまめにチェック
して発売されるのを待つしかないのですが、最安値ではありませんが、お得に
購入できます。

購入した商品は新製品と同じようにサポートを受けることが出来ます。

■MacBook AIRを安く買う方法は?

・ヤフーJAPANでTポイントを使って購入
・ギフト券や商品券を活用する
・抱き合わせで他の商品を購入する

MacBook AIRを安く購入する方法を調べてみると、このような方法がありました。
まず、ヤフーJAPANでは最近、Tポイントを使えるようになりました。

使わずに取っておいてある場合は、MacBook AIR購入に使ってしまいましょう。
また、楽天市場では楽天カードを持っているとポイントが2倍~4倍になる
キャンペーンなどもありますので、そうしたサービスを活用しましょう。

amazonにはamazonギフト券がありますが、検証などでギフト券が溜まって
いることもあります。そうした場合はamazonで購入しましょう。

また、JCBギフトカードやVJAギフトカードなどの商品券を使って買う方法もあります。

そして、家電量販店でMacBook airを購入すると抱き合わせの商品を一緒に購入
すると割引になることもあります。

しかし、月額の利用料金が上乗せされていたり、必要のない商品が抱き合わせ
だったりするとお得になりませんので、事前に良く調べてから購入してください。

■職業が周囲の知人に頼る方法もあります!

・学割や公務員割引を使って買う
・Appleスタッフの知人などに協力してもらって買う

調べてみると、学生、もしくは教育関連の職業であればAppleが用意
しているEducation Apple StoreでMacBook AIRを購入することが出来ます。

また、Apple on Campusに参加している学校に在籍する生徒、教職員の方は
割引を受けることが出来るので、一般の方よりも安い価格で購入出来ます。

そして、政府関連機関に勤めている方、公務員の方はApple Store for
Governmentから割引で購入することができます。

また、Appleスタッフが周囲にいる場合は、商品の15%OFFの権利を
プレゼントしてもらえるので、探してみましょう。

■Apple on Campusを利用するには?

・利用は専用のストアから!

Apple on Campusを利用するには、専用のオンラインストアから商品を購入
するか、コールセンターへ電話をして、学校名とApple on Campusを利用する
ことを告げてください。

WIMAX

クレジットカードがなしだけどwifiを契約したい。支払方法は?

■クレジットカードがないけど、モバイルwifiルーターを契約したい。支払い方法は?

クレジットカードがない場合でもモバイルwifiルーターを契約することはできます。
調べてみると、支払方法がクレジットカードだけではないプロバイダがいくつか
ありました。

モバイルwifiルーターには、WiMAXとLTEの2種類があります。
WiMAXで口座振替で料金を支払えるプロバイダはこちらです。

「UQ WiMAX」「@nifty」「BIGLOBE」「Broad WiMAX」の4社です。
これらの会社は口座振替かクレジットカードでの支払いかを選ぶことができます。

そして、LTEで口座振替が出来るプロバイダはこちらです。
「楽天wifi」「Yahoo!wifi」「ワイモバイル」です。

では、WiMAXとLTEそれぞれの会社を見ていきましょう。
どのような違いが分かるのでしょうか。

■口座振替できるWiMAXのプロバイダでもっともお得なのは?

口座振替できるWiMAXのプロバイダでもっともお得なのは「@nifty」です。
@niftyについて調べた結果がこちらになります。

@niftyはWIMAX通常の月額が3,670円で通信量は7GBです。
最大キャッシュバックを考慮すると実質の負担額はこのようになります。

@nifty契約1年目・月額2,003円、2年目・月額2,836円となっています。

WiMAXギガ放題になると月額4,350円なのですが、キャッシュバックを
考慮すると実質の負担額はこのようになります。

@nifty契約1年目・月額2,683円、2年目・月額3,516円となります。
どちらの料金プランでも初期費用は3,000円です。
キャッシュバックは20,000円でモバイル端末とクレードルのセットは1円です。

口座振替で支払えるWiMAXの中でもっともお得なのはこちらのプロバイダです。

■口座振替できるLTEのプロバイダでもっともお得なのは?

では、口座振替ができるLTEのプロバイダでもっともお得なのは、
どの会社なのでしょうか?調べてみるとYahoo!wifiでした。

303HWなら月額2,743円で月間7GBの通信量まで使えます。
初期費用は3,000円で端末代は無料です。

303HWにはテレビチューナー機能がついているので、外出先で
タブレットなどでもテレビを見ることが出来ます。

そして、通信量の制限がないプランが良い場合は305ZTのプランがあります。
2種類の周波数をつかって通信をするので、高速で安定してネットと繋がれます。

初期費用はこちらも3,000円で、月額3,696円で通信し放題です。
端末代は無料となっています。

Yahoo!wifiは4つの銀行の口座から支払うことが出来ます。

みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行
ジャパンネット銀行
楽天銀行

このようにクレジットカードなしでも、お得にモバイルwifiルーターは
持つことが出来るのです。

■クレジットカードで料金を支払うメリット・デメリット

では、そもそもモバイルwifiルーターの料金をクレジットカードで支払うメリットと
デメリットはなんなのでしょうか?

まず、クレジットカード払い限定のキャンペーンなどもたまにありますので、
そういった際に安心ですし、クレジットカードのポイントもどんどんたまります。

そして、クレジットカードで支払うデメリットはクレジットカードの情報を
プロバイダへの申し込みの際に入力しなければならないことです。

また、あらかじめクレジットカードを持っていなかった場合、わざわざ
作らなければなりません。

口座振替なら、カードを作る必要もないですし、手間がかかりません。

しかし、キャンペーンはクレジットカードでの申し込み専用のものはあっても
口座振替専用のものはなかなかありませんので、少し損をしてしまう可能性
があります。

クレジットカードなしでも十分、モバイルwifiルーターは契約することが出来ます。
しかし、メリットとデメリットがあるので、注意してください。

■デビットカードで申し込めるWiMAXやポケットWIFIはある?

調べてみると、デビットカードとは銀行などの金融機関で発行された
キャッシュカードで買い物ができたり、食事が出来たりするサービスの
ことです。

店舗に設置された端末機にカードを差して暗証番号を入力するだけで、
口座からすぐに代金を引き落とすことができます。

大変便利なサービスなのですが、現在の時点ではデビットカードでの支払いに
対応しているモバイルwifiルーターはありません。

基本的にモバイルwifiルーターの料金の支払いはクレジットカードか
口座振替になります。

では、それぞれの支払い方法の注意点はどのようなところなのでしょうか?

■口座振替でモバイルwifiルーターの支払いをする場合

調べた結果、モバイルwifiルーターで利用料金の支払いをする場合は、
ほとんどのプロバイダで口座振替手数料が発生します。

WIMAXの場合は、口座振替手数料は200円で、月額の利用料金とは
別途で請求されます。

毎月200円ということは、1年間で2,400円、2年間で4,800円となります。
他の有料オプションの金額が安いプロバイダにするなどして調節しましょう。

WiMAXのプロバイダの有料オプションの料金はこちらです。

「UQ WiMAX」
UQ Wi-Fi 無料
UQ WiMAXに加入していれば公共無線LANは無料で使えます。

請求書発行オプション 月額100円
毎月の利用料金を書面でとどけるサービスです。

おまかせサポート 月額500円
もしものトラブルの時に遠隔操作で、解決策を教えてくれるサービスです。

「Braod WiMAX」
端末安心サポート 月額300円
もし万が一、端末を破損・紛失してしまった場合に保証してくれるサービスです。

My Broad サポート 月額907円
最大2ヶ月無料で、パソコン周辺の困りごとに対応しれくれるサービスと、
インターネットセキュリティのサービス2つを受けることができます。

「とくとくBB WiMAX」
安心サポート 月額300円
故障流離が無料で受けられますが、故意による破損や故障、盗難・紛失は
サービス対象とはなりません。

安心サポートワイド 月額500円
故意による故障や改造による故障、盗難・紛失はサービスの対象となっていません
「安心サービス」の対象となっていない原因での故障も補償の対象となる場合が
あります。

UQ WiMAXには端末の故障をフォローしてくれる安心サポートがありません。
また、とくとくBBの安心サポートは安く受けられるのですが、セキュリティに
関するオプションはありません。

無線通信は個人情報などをのぞかれやすいので、セキュリティオプションが
ついているBroad WiMAXの方が安全性は高いです。

■LTEのワイモバイルの支払い方法は?

WiMAXはクレジットカード、口座振替の2つの支払い方法が出来ますが、LTEの
ワイモバイルはどうなのでしょう。調べた結果がコチラです。

まず、ワイモバイルっでも使用料金は口座振替とクレジットカード払いが出来る
のですが、両方を選べるのは、店頭での契約の場合のみです。

口座振替なら、ゆうちょ銀行、都市銀行、地方銀行、インターネット銀行、
農業協同組合などがあります。

オンラインでの端末購入の場合は、クレジットカードのみとなります。
しかし、ヤフーwifiや楽天wifiであればオンラインでも口座振替が可能となります。

■クレジットカードでの支払いはお得!

モバイルwifiルーターをクレジットカードで支払うととてもお得になります。
調べてみると、口座振替には割引やおピントなどが一切ないのですが、
クレジットカードではポイント還元など、支払で得をすることが出来ます。

また、口座振替の手数料である毎月200円、年間2,400円を節約できる
ので、それだけでもお得ですよね。

さらに、クレジットカードを持っていない人は、新規で入会すると、ギフト券や
ポイントがもらえるキャンペーンも行われているので、そうしたキャンペーンを
利用して、お得にカードを発行すれば口座振替よりもずっと費用を節約できます。

■口座振替の審査はクレジットカードの審査よりも比較的通りやすい?

モバイルwifiルーターの毎月の利用料金の支払い方法には口座振替と
クレジットカードでの支払い方法があります。

どちらの方が通りやすいのでしょうか?調査してみました。

まずは、Yahoo!wifiにクレジットカードで契約申し込みをした人の
レビューによると、申し込み3日目に端末が届いたそうです。

とくとくBBでは午前8時までに申し込みをすると翌日までに端末が届く
のですが、このユーザーは午前9時の申し込みだったそうです。

申し込みの翌日に端末を発送し、その翌日に自宅に届いたということ
ですので、申し込み当日に審査がとおったことになります。

携帯やスマホなどの通信回線のほとんどはオンラインで申し込をしても
電話などによる本人確認の電話があります。

また、過去のクレジットカードや携帯・スマホの滞納履歴を調べるのです。
ですが、Yahoo!wifiにはこうした電話確認が一切ありません。

一方の口座振替での契約はどうなのでしょうか?

口座振替の場合は、過去に延滞や未納があった場合は、申し込みができない
ことがあります。クレジットカード払いに比べて何かと制約が多いのです。

また、口座振替は毎月預金口座から請求元の会社の口座へ利用料金を送金
することをいい、請求書などがきてから送金する口座振込みとは違います。

口座振替の場合は、WiMAXですと後日プロバイダから口座振替依頼書が
送られてきて、これに記入して返送します。

プロバイダは口座振替依頼書の内容を確認して手続きを行います。
クレジットカードにはこの工程がありません。

クレジットカードなら申し込みから1日~3日くらいで端末が届くことがほとんどですが
口座振替ですと、審査が終わるまでに10日~1週間かかることもあります。

その後、端末が届いて使えるようになるので、1週間~2週間前後は時間が
かかるのです。明日にでも使い始めたい場合は口座振替ではなく、クレジット
カードの方がいいでしょう。

■審査を通る条件とは?

調べてみると、モバイルwifiルーターを契約してインターネット接続をする
には、特別な許可や資格は必要ありません。

しかし、クレジットカードや口座振替の審査に通る必要があります。
契約の特典として、通信端末がもらえる場合でも審査が行われることがほとんどです。

モバイルwifiルーターの審査内容は、普通のスマホや携帯などの審査と
同じ内容です。

・過去にスマホや携帯などの通信契約で滞納や未払いがないかどうか
・クレジットカードの料金払いの遅延がないかどうか
・消費者金融に多額の借り入れが残っていないか
・信用情報に問題がないか

これらの項目が審査の判断基準になりますので、普通に生活を送っている
人は審査に落ちることはありません。

■モバイルwifiルーター契約前に確認しておいた方がいいこと

では、モバイルwifiルーターを契約する前に確認しておいた方がいいことは
なんでしょうか。調べた結果がコチラです。

・月額利用料金はずっと同じ金額か
月額の利用料金はキャンペーンなどで最初の3ヵ月間は割安だったり、
利用開始月は無料だったりします。

それ以降、ずっと同じ金額のものもあれば、13か月目から料金が上がる
ものもあります。契約はじめの利用料金だけでなく、最低利用期間中の
月額利用料金は事前に確認しておきましょう。

また、契約自動更新後、月額利用料金が上がるものもあります。
長期的に利用料金について確認しておいてください。

・月間や3日間の通信量の制限はあるか
WiMAXには月間の通信量の制限はありません。しかし、ワイモバイルには
通信制限があります。

ワイモバイルは、キャンペーンで通信制限なしと記載されているのですが、
月間の制限がないだけで24時間ごとの制限はあります。こうしたややこしい
システムとなっているので、しっかり確認をしましょう。

・通信エリアに自宅が含まれているか
モバイルwifiルーターを使い頻度が多い、自宅や職場などでもモバイルwifi
ルーターが使えるかどうかを確認してから購入しましょう。

■自宅の立地条件によっては固定回線の方がいい場合も・・・!

自宅の立地条件によっては、モバイルルーターでは通信がしずらいこともあります。
通信エリアに含まれていても隣に高いビルが建っていたりすると通信が不安定に
なってしまうのです。

UQ WiMAXでは契約前に15日間お試しで端末をレンタルすることが出来ます。
こまた、他の会社の端末もレンタル業者で1日単位からレンタルできるのです。
こうしたサービスを使って契約前に実際に使ってみると、後悔しません。

wifiルーターの契約キャンペーンはヨドバシではどんな内容?

■ヨドバシカメラでwifiルーターの契約キャンペーンはどういう内容?

ヨドバシカメラなどの家電量販店でもwifiルーターを契約することができます。
契約に伴いキャンペーンでキャッシュバックがあったり、商品のプレゼントが
あったりします。

調べてみるとヨドバシカメラでは、現在このようなキャンペーンが行われています。

Y!mobileでは新生活応援キャンペーンとして、ヨドバシカメラで冷蔵庫や洗濯機など
まとめ買いをした場合、wifiルーター305ZTを指定プラン、指定オプションで申し込み
をすると当日の買い物代金から50,000円引きとなります。

305ZTは今なら契約から2年間は通信し放題となっています。
そして、GL10P、303HWなら指定プランと指定オプションで申し込むと、
最大で60,000円引きとなります。

一見高額のキャッシュバックに見えますが、同時に家電をまとめ買い
しなければならず、他の家電を購入する予定の無い人にとっては、
利用しづらいキャンペーンとなっています。

■家電量販店でwifiルーターの契約はやめておいた方がいい?

家電量販店のキャンペーンには、どういうものがあるのか調べてみると、
必ず条件があることが分かりました。

しかも、モバイルwifiルーターのプロバイダと直接契約する際に適応される
キャンペーンは、条件がすくないのに対して家電量販店は条件が多いことが
分かりました。

ワイモバイルの305ZTをYahoo!で契約した場合の「Tポイント5,000ポイント
プレゼント」の条件はこちらです。

・通信端末を305ZTにすること
・キャンペーン期間中に契約すること

一方、ヨドバシカメラでは、キャッシュバック・キャンペーンの条件はこちらです。

・冷蔵庫や洗濯機などの家電をまとめ買いをすること
・指定の機種を選ぶこと
・指定の料金プランを選ぶこと
・指定のオプションを選ぶこと

このように、同じ機種を申込み場合でも条件の多さ、厳しさに差があります。
また、Tポイントは家電以外でも利用することが出来、利用するジャンルが
とても多いです。

しかし、ヨドバシカメラの場合は、その日購入した家電への割引しか行われません。
家電量販店よりもプロバイダの公式サイトから申し込みをした方が手軽ですし、
特典も利用しやすいです。

■家電量販店でwifiルーターを購入する場合のメリットは?

家電量販店でwifiルーターを購入することには、メリットが少ないということが、
調査の結果分かりました。

家電量販店でwifiルーターを購入するメリットは、申し込んだ当日に通信端末を
受け取ることが出来ることと、多くのwifiルーターを手にとって比較できることです。

しかし、Yahoo!wifiのように午後3時までに申し込みをすれば即日発送してくれて、
翌日に届くものもあり、1日しか差がないのです。

また、キャンペーンの対象となっている機種は少ないので、手にとって選べても
購入できる機種が限られているということもあります。

やはり家電量販店でwifiルーターを購入するメリットはとても少ないのです。
実物を手にとって、店員の説明を聞きに行くだけにして購入は辞めておきましょう。

■ケータイキャリアのショップでの申し込みが出来る!

wifiルーターはケータイキャリアのショップでも、契約の申し込みをすることが出来ます。
それぞれの会社のモバイルwifiルーターについて調べました。

ドコモなら、自社のLTE回線を利用した独自のWIFIデータプランを申し込むことが
可能となっています。オンラインショップからでも申し込めます。

auでは、WiMAXのプランを申し込むことが出来るようになっています。
WiMAXの大元の会社はUQ WiMAXなのですが、その会社はKDDIグループ
なのです。

ソフトバンクでは、ソフトバンクのLTE回線を利用して通信するWiFIデータ
プランを申し込めます。

ワイモバイルはワイモバイルの専用ショップで申し込めます。

申込には、クレジットカードで支払う場合はクレジットカードが、口座振替の
場合は、本人確認書類が必要となります。

■WiMAXの契約で6万円キャッシュバックの罠

調べてみると、ヨドバシカメラでは、現在HWD15を契約すると、60,000円の
キャッシュバックキャンペーンが行われています。

また、もうひとつWiMAX2プラスのギガ放題プランに加入すると50,000円
キャッシュバックになるというキャンペーンも行われています。

こちらは端末はW01で、契約するとヨドバシカメラ50,000円分の商品券がもらえます。
しかし、月額の利用料金は最初の3ヵ月間は5,661円で4ヶ月目からは6,400円です。

UQ WiMAXで契約をすると同じギガ放題プランで月々4,380円となっています。
とくとくBBでは月4,604円と利用料金が大きくちがうのです。

では、何故同じ通信端末で同じプランで、このような料金の違いが出てくるの
でしょうか?その理由は、キャンペーンの内容にありました。

高額キャッシュバックに見せかけて、実は毎月の利用料金に1,670円上乗せして
キャッシュバック分のお金を回収しているのです。

つまり、60,000円キャッシュバックのHWD15では事実上19,920円、
50,000円キャッシュバックのW01では、事実上9,920円しかキャッシュ
バックされません。

■月額が5000円以上になるので損!

ヨドバシカメラのキャッシュバックキャンペーンは毎月の利用料金に
キャッシュバックの巻き返し分の1,670円を上乗せしています。

ですので、月々の利用料金が最初の3ヵ月間は5,661円、4ヶ月目からは
6,400円となっています。

これでは、フレッツ光の戸建てタイプの月額の利用料金5,100円~以上の
金額となってしまいます。モバイルwifiルーターでこの月額はとても高額です。

WiMAXのプロバイダの平均の月額の利用料金は3,696円ですので、かなり
高額となります。また、プロバイダでは20,000円のキャッシュバックなどの
キャンペーンもあり、そちらは月額の利用料金に上乗せなしなのです。

家電量販店のWiMAX契約キャンペーンよりもプロバイダのキャンペーン内容の
方がキャッシュバックの結果的な金額が大きいですし、月額利用料金も上乗せ
されません。

■ヨドバシカメラ以外のWiMAXキャンペーンをやっている家電量販店

では、ヨドバシカメラ以外の家電量販店では、WiMAX契約キャンペーンを
行っているのでしょうか?

調べてみた結果、ビッグカメラでは5,000円のキャッシュバックが受けられます。
しかし、これは指定されたパソコンを購入した場合のみです。

WiMAXのみの購入ではキャッシュバックを利用できません。
パソコンの購入予定がある方には、少しお得なキャンペーンですね。

YAMADA電機は、WiMAXに契約すると月額の利用料金は500円引き、端末は
1円で購入出来ます。しかし、端末代1円はよくみられるサービスです。

このように、WiMAXのプロバイダほどのオトクなキャッシュバックや割引を
行っている家電量販店はないようです。

プロバイダでは20,000円キャッシュバックなどがありますので、金額に
大きな差があります。

■月額の利用料金などには大きな差が出ない!

家電量販店などで月額割引のキャンペーンがありますが、調べてみると、
WiMAXはもともとの会社がUQ WiMAXという会社で回線もWiMAX独自の
回線を利用しています。

ですので、どの家電量販店で契約をしても、どのプロバイダで契約をしても、
さほど大きな利用料金の差や端末代の差は出ないのです。

WiMAXをどこで契約すればいいのか迷った時は利用料金ではなく、
キャッシュバックの金額と、特典の内容で判断しましょう。

プロバイダでの契約では、たまにipad miniとセットで購入できる
キャンペーンなども行っています。

そうした目玉キャンペーンの期間中を狙って契約するとお得ですよ。
同じプロバイダでも時期などによって、キャンペーン内容が変わります。

タブレットなどを同時購入することを考えている場合は、タブレットが
プレゼントさせるキャンペーンを待ちましょう。

また、同じプロバイダでも機種によってキャッシュバックの金額が違うことが
あります。購入する機種はいくらキャッシュバックなのかを確認して、金額に
注意してください。

■ネットのキャンペーンでキャッシュバックをやっているプロバイダ一覧

ネットのキャンペーンでキャッシュバックを行っているプロバイダは、
さまざまあり、金額や別で貰える特典も大きく違います。

どのようなキャッシュバックキャンペーンがあるのでしょうか?
調べた結果がコチラです。

「とくとくBB WiMAX2+」
業界最大級の27,390円キャッシュバックするキャンペーンを開催しています。
ギガ放題プランで最初の3ヵ月間は月額3,696円、4ヶ月目以降は4,263円
となります。

キャリアアグリケ―ションで最大値220Mbpsの高速スピードに対応している
WX01や据え置き型ルーター「URoad-Home 2+」も受け付けをしています。

「@nifty WiMAX2+」
20,000円のキャッシュバックがあります。

ギガ放題プランで利用開始月は無料、2,3ヶ月目は月額3,696円、
4ヶ月目以降は月額4,350円となります。

「BIGLOBE WiMAX2+」
15,000円のキャッシュバック、もしくは
Amazon電子書籍kindleプレゼント+2,000円キャッシュバック

月額利用料金は利用開始月無料、2、3ヶ月目までは3,695円、
4ヶ月目以降は月額4,179円となっています。

「So-net WiMAX2+」
15,000円キャッシュバック、もしくは
ipad Airやipad miniなどのタブレット端末が月額260円~レンタルできます。

月額の利用料金は利用開始月は無料、2,3か月目は月額3,695円、
4ヶ月目以降は月額4,379円となっています。

このようなキャッシュバックキャンペーンがおこなられています。

事実上、10,000円前後のキャッシュバックしかないヨドバシカメラのキャンペーン
より、遥かにお得です。とくとくBBはギガ放題プランからつきごとに通常プラン
月額3,696円に変更することが出来ます。

■キャッシュバックの受け取り方

WiMAXの契約キャンペーンでキャッシュバックが行われているプロバイダ
について調べていると、こんなことが分かりました。

キャッシュバックの特典は付与時期に解約になっているともらえないのです。
キャッシュバックは契約と同時に自動的に口座に振り込まれたりするのではなく、
端末が届いた月を含む11か月目にメールで基本メールアドレスに連絡がきます。

「ご指定口座確認通知メール」というのですが、そのメールを読み返信をした
人しか、キャッシュバックを受け取れないのです。

返信は「ご指定口座確認通知メール」の初回送信日から翌月の末日までに
行ってください。

返信をした場合、翌月の最終営業日に指定された口座に振り込みとなります。
基本メールアドレスはGMOとくとくBBに入会する時に作るアドレスです。

また、このような場合はキャッシュバックはされません。
特典対象プランの変更、特典対象プランの解約、未納によるサービス
一時停止または強制解約。

では、何故このようなキャッシュバックが受け取りづらいシステムとなって
いるのでしょうか?

■受け取りづらいシステム。その理由は?

WiMAXのプロバイダによる契約キャンペーンは、キャッシュバックでせっかく
高額な費用が取り戻せるのに、契約から実際にキャッシュバックされるのが
数か月後だったり、事前の確認メールへ返信が必要だったりします。

どうしてこのような分かりづらいシステムになっているのでしょう。

調べた結果、支払のタイミングを遅くしたりメール連絡を必要にすることで、
キャッシュバックの貰い忘れを狙っているのです。

高額キャッシュバックの貰い忘れが増えればそれだけプロバイダ側は利益が
発生します。このプロバイダの思惑にハマらないためにも手帳などにキャッシュ
バックを受け取るタイミングで書きこんでおきましょう。

WiMAXのキャッシュバックを受け取るために、メールアドレスを確認することも
しっかり書いておくとメールの返信し忘れも防げます。

■契約時の公式サイトをプリントしておきましょう!

WiMAXを契約する時はキャッシュバックや料金について書かれている
ページをプリントして保存しておきましょう。

ブックマークでもいいのですが、キャンペーンの内容は比較的短い期間で
終わってしまい、新しいキャンペーンが始まるのでプリントの方が確実です。

通信量を節約したい。スマホとwimaxの併用で節約できるの?

■スマホの通信料金が高い。ドコモで最安の料金プランはどれ?

スマホの通信料金が高いことに不満を感じている人はとても多いです。
毎月支払うものですので、どうにか節約したいですよね。

公式サイトでドコモの最安の料金プランを調べてみました。
ドコモの最安値の料金プランは・・・

基本プラン「カケホーダイプラン 月額2,700円
プロバイダ料金 月額300円
パケットパック データSパック 月額3,500円
割引サービス ずっとドコモ割 月額600円
月額合計 5,900円

最安値でも5,000円ちかい通信量を毎月支払うことになります。
もっとも高額な料金プランでは8,900円となっており、4,000円ちかい
差があります。

最安値のプランと最高額のプランの大きな違いは、パケットパックです。
最安値ですとパケットパックはデータSパック(月額3,500円)で、最高額
ですとデータLパック(月額6,700円)です。

このパケットパックで3,200円の違いが出ます。そして、違いは料金だけではなく、
月々使える通信量にも出てくるのです。

データSパックは月間2GBしか利用できません。しかし、データLパックは月間8GB
利用することができます。

月間2GBというと、高画質な動画を9時間くらい観たら達してしまう通信量です。
月間ですので、1ヶ月を30日とすると1日30分くらいしか閲覧できません。

メールやSNS、ネットサーフィンしかしないのであれば、月間2GBでも問題
ないのですが、スマホで通勤・通学中に動画を見たい方には物足りません。

データLパックでは1日2時間くらいづつ動画を閲覧できる通信量なのです。

■スマホの通信量を節約するには・・・?

では、ドコモのスマホの通信量を節約するには、どうしたらいいのでしょうか?
調べてみました。

まず、パケットパックはデータSパックのままで、iphoneのさまざまな設定を変更
して通信をすることで通信量の節約ができます。

Wi-Fiをオンにして、できるだけ3GやLTE通信を使わないようにします。
「設定」→「Wi-FI」をオンにするか、「コントロールセンター」→「Wi-Fi」マークを
タップしましょう。

また、「設定」→「モバイルデータ通信」を選び、各アプリのデータ量を確認して
ください。通信料が大きいものはオフにしてしまいましょう。

iphoneなどのiOSデバイスはデフォルトだと自動でAppleにデバイスの診断データ
と使用状況を定期的に送ってしまいます。

これも通信量のうちに入ってしまいますので、節約のためにこれをオフにしましょう。
「設定」→「一般」→「情報」→「診断/使用状況」で「送信しない」を選択してください。

また、使っていない場合はsiriもオフにしましょう。
「設定」→「一般」→「Siri」でオフにしてください。

iOS 7からの新機能でAppコンテンツのバックグラウンド更新が出来るように
なったのですが、自動で更新をするので自動で通信をしてしまいます。
「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド更新」をオフにしてください。

その他には、位置情報サービスと、システムサービスもオフにすることで、
通信量の節約となります。

■むやみにアプリをダウンロードしないようにする!

調べてみると、スマホのアプリは山のようにリリースされております。

自分がダウンロードをしたアプリが水面下でどれくらい起動していて、どれくらい
通信量を使っているか完全に把握するのは不可能ですよね。

有名なアプリ以外はダウンロードしない、使う頻度が少なそうなアプリは気に
なっても手を出さないようにしましょう。

また、アプリや動画、音楽の購入はWI-FI経由で行い、動画を見るのもWi-Fiに
しましょう。

■データ通信機器を購入して通信をする方法も!

スマホの通信を補助するために、モバイルwifiルーターを購入して、通信を
する方法もあります。

スマホの毎月の通信料金とモバイルwifiルーターの通信料金がかかって
しまいますが、通信量が増えて、ネット環境に余裕が出ます。

ドコモのスマホで通信をするなら、ドコモのモバイルwifiルーターの方がスマホと
モバイルwifiルーターの相性がいいですよ。

■スマホの通信料をwifiで節約できるってどういう意味?

スマホの通信料はwifiで節約をすることができます。調べてみると、スマホの
通信で3G/LTEを使わないでwifiで通信をすることで節約できるのです。

WiFiは3G/LTEのデータ通信量にカウントされないで、高速通信が出来るのです。
動画や音楽のダウンロードなど、通信料を多く使うものほど、wifi経由で行いましょう。

また、スマホとポケットwifiルーターを併用することで、通信量を増やすことも出来ます。
しかし、こちらは節約ではありません。ポケットwifiルーターとは持ち歩ける無線LAN
ルーターでネット回線を外出先でも家でも使えるのです。

コードレスですので、バックに入れておいてスイッチを入れるだけで通信ができます。
「UQ WIMAX」なら月額4,380円で高速通信が無制限で使えます。

ドコモのパケットパックはデータLパックで月額6,700円、データSパックより3,200円
高額ですし、月間8GBという通信量の制限があるのです。

つまり、スマホとポケットwifiルーターを併用すると通信料金は高くなりますが、
通信制限がなく好きなだけ通信をすることが出来るようになるのです。

節約というよりは、一番高い料金プランに1,000円前後プラスすれば、無制限で
通信できる環境が手に入るということなのです。

■スタバなどの公共無線LANがセキュリティ上危ないわけ

スタバなどによくある公共無線LANは誰でも使えて、とても便利なサービスですね。
しかし、公共無線LANはセキュリティ上、危険が大きい通信サービスでもあります。

公共無線LANについて調べてみました。

まず、公共無線LANには2つの種類があります。通信事業者が提供する有料な
サービスと個人が所有する回線を開放するタイプのサービスです。

個人が所有するタイプのサービスはほとんどの場合、無料となっています。
有料の公共無線LANにはNTTコミュニケーションズが提供する「HOTSPOT」
とソフトバンクが提供する「Yahoo!BB 公共無線LANサービス」です。

一方、無料の公共無線LANサービスは「FREESPOT」という通信機器メーカー
バッファローが行っている自社製の無線LANアクセスポイントによるものです。

他にもスタバでは「Free Wi-Fi at STARBUCKS Wi2」という無線LANサービスが
あり、メールアドレスを登録するだけで、無料で利用できるので人気となっています。

しかし、こうした無料の無線LANサービスは悪意あるユーザーに個人情報を
のぞかれやすいのです。

無料で開放されている無線LANサービスの多くは会員登録などの管理費が
かけられないので、無線の暗号化が固定のWEPキーとなっているのです。

無料の公共無線LANサービスでは、誰でも接続できるようにするために、
WEPキーを公開する必要があります。お店などに張り紙をしてあり、そこに
書かれているのです。

このようなセキュリティが甘い通信サービスを利用するには注意が必要です。

■公共無線LANサービスでトラブルに巻き込まれないためには?

では、こうしたセキュリティの甘い通信サービスを安全に利用するためには、
どうしたらいいのでしょうか?調べた結果がこちらです。

まず、WEPキーは防犯性が低いので信用しないようにしてください。
また、野良Wi-FIと呼ばれるどんなWi-Fiかはっきりしないものは避けましょう。

無線LANをつかって通信をする時は大事な情報はSSLでやりとりをしましょう。

また、IDやパスワードなど重要な情報は公共無線LANでやり取りしないでください。
プライベートなメールなども送受信はしない方がいいでしょう。

どうしても通信しなければならない場合は、覗かれたとしてもいい内容を
やり取りしましょう。

■SSLとは・・・?

公共無線LANサービスで利用した方がいいSSLとは、どのようなものなのでしょうか?
調べてみました。

SSLとは、オンラインで個人情報やクレジットカードの番号などを登録する際に
暗号化して送受信してくれる仕組みのことです。

第三者から覗かれたとしても暗号化されているので、内容を特定されることは
ないです。このシステムは、サイトのURLがhttpsで始まっているサイトに採用
されています。

HTTPSのウェブサイトを利用すれば、じぶんとウェブサイトを提供しているサーバー
以外は見ることが出来ません。サイトのURLの頭に注意してアクセスをしましょう。

■お金を払って家でも外でも使えるネット回線

スマホとモバイルwifiルーターを組み合わせて使えば、家でも外でも快適に
インターネットを楽しむことが出来ます。このことについて調べてみました。

固定回線とスマホという組み合わせですと、ドコモの最安値プラン5,900円と
フレッツ光の戸建てプラン月額5,100円~の合計で11,000円も通信料がかかります。

スマホの通信料を最安値プランにしても固定回線の方の通信料が高額なので、
節約の効果が薄くなります。

しかし、固定回線をモバイルwifiルーターにすると、「UQ WiMAX」の
「UQ Flat ツープラス ギガ放題」なら月額4,380円ですので、スマホの
通信料と合計で9,480円となります。

スマホとフレッツ光の組み合わせよりも毎月1,520円お得になるのです。
そして、モバイルwifiルーターは家でも外出先でも通信ができる持ち運べる
「ネット回線」ですので、スマホの通信量を気にすることなく、使えます。

UQ WiMAXの「UQ Flat ツープラス ギガ放題」ならWIMAXとWIMAX2プラスの
通信が月間は無制限で利用できます。

通信料を総合的に節約しつつ、通信できるデータ量を増やすことができるのです。

■スマホのwifi設定方法(アンドロイド、iphone)

では、ここからはスマホのwifi設定方法を確認していきましょう。
アンドロイド、iphoneのwifi設定方法について調べました。

まずは、アンドロイドからです。アンドロイドのスマホとタブレット本体の
「設定」→「無線とネットワーク」→「Wi-Fi」→「ON/OFFのスイッチをON」

これで、利用可能なアクセスポイントと呼ばれるルーターが取得されます。
利用したいアクセスポイントをタップしてWi-Fi繋がりましょう。

もし、どのアクセスポイントが自分のモバイルwifiルーターか分からない時は、
端末本体の側面や裏面に記載されている「SSID」を確認してください。

そして、アクセスポイントをタップするとKEYを入力しなければなりません。
KEYも端末本体や付属のシールなどに記載されています。

他のどういったものかわからないアクセスポイントはタップしないように
してください。中にはKEY入力がいらないものもありますが、個人情報が
のぞかれてしまう可能性もあります。

そして、iphoneのwifi設定はホーム画面の「設定」→「Wi-Fi」→「ON/OFF」を
ONして繋がりたいアクセスポイントをタップし、パスワードを入力します。

最後に「接続」をタップして設定は完了です。

■無料でwifiスポットで安全に通信できるアプリ

公共無線LANで通信をすると、悪意のあるユーザーが同じアクセスポイントに
アクセスしたユーザーの個人情報をのぞいたりしてきます。

調べてみると、キャリア通信会社が提供しているアクセスポイントでも暗号化
されていないものもありますので、注意が必要です。

アンドロイドでは、安全に公共無線LANを使えるアプリがあります。
「Hotspot Shield VPN WiFiセキュリティ」は無料でダウンロードできます。

ユーザー側とサーバー側しか通信内容を見ることが出来ないHTTPS暗号化を
することによって、データは保護されます。

もし、悪意あるユーザーに通信中のデータを抜き取られても解読することは
できません。

アプリの使い方は、メイン画面から保護を有効にするをタップするだけと、誰でも
使える仕組みになっています。たったこれだけで専用のサーバーへ接続できるのです。

サーバーへのアクセスが完了すれば通信は保護され、安心してネットが使える
ようになります。

「Hotspot Shield VPN for iphone Wi-Fi セキュリティ」というiphone向けの
アプリもあります。

■通信をしない時は・・・?

モバイルwifiルーターを持ち歩いていると、ついつい電源を入れっぱなしに
してしまいますが、常に無線通信をしている状態は防犯上よくありません。

モバイルwifiルーターの電源は小まめに切るようにしてください。

また、大事な情報は公共無線LANスポットなどでは通信しないようにしましょう。

WIMAX

インターネット契約はアパートではポケットwifiがおススメな理由は?

■賃貸アパートでのネット回線の契約、ポケットWiFiが人気らしいけどなぜ?

賃貸アパートへ引っ越しをして、これからネット回線を契約する時に、
どの回線にすればいいか分からず悩むことは誰にでもあります。

ネット回線の契約方法や通信回線設置工事、初期費用、申し込みに必要な
もの、など基本的なことを調べるのも一苦労ですよね。

しかし、調べてみるとポケットwifiは面倒な手続きも通信回線の設置工事も、
一切必要なく、申し込みもオンラインで出来てすぐにネットを始めることが
できるのです。

まず、固定回線の場合は公式サイトから申し込みをします。
フレッツ光を例にしてご説明しましょう。

住んでいる地域によって提供できるネットサービスの種類が違いますので、
公式サイトで調べます。その後、戸建てタイプか集合住宅タイプかを選びます。

そして、ネット接続に必要なプロバイダを選びます。プロバイダは固定回線によって
対応している会社が違います。公式サイトで回線と同時に申し込みしましょう。

その後、契約をするのですが、契約後、自宅で回線の設置工事が行われます。
申し込みから実際に回線が設置されてネットが使えるようになるには2週間~
1ヶ月間必要となります。

しかし、ポケットwifiはオンラインで申し込をすれば早ければ翌日に端末が届き、
簡単な設定をすればすぐに使い始めることができます。

固定回線ではなく、無線での通信ですので回線工事がいらず家の中でも
外出先でも使用できるのです。

引っ越しをする時でも手続きが必要なく、そのままで新しい家でも使えます。
この手軽さが人気の理由です。

■光回線のメリット・デメリット

では、光回線にはどういったメリット・デメリットがあるのでしょうか。
調べてみました。

光回線のメリット

・NTT局舎からの距離の影響を全く受けない
すんでいる家の場所に関係なく、高速で安定した通信が利用できます。

・通信速度の上りと下り、両方が高速である
ADSLやポケットwifiは下りの通信速度を優先して速くする仕組みなので、
下りが高速で上りは遅いのです。

しかし、光回線なら上りも下りも通信速度が同じになります。
送受信両方が高速ですので、スムーズにインタネットを使えます。

・マンションの規模が大きければ大きいほど利用料金が安くなる
光回線の場合は、同じ集合住宅に8人以上の利用者がいる場合、
利用料金が安くなります。

集合住宅の階段や外の通話などの共同スペースまで、光回線は1本で
通信をしています。そこからそれぞれの部屋へ回線が分かれているので、
もともと1本の回線を複数人で利用しているのです。

ですので、利用者が増えれば増えるほど、もともと1本の回線の料金が
分散され安くなるという仕組みなのです。

しかし、それは通信速度が遅くなるというデメリットにも繋がります。
もともと1本の回線の利用者が増えれば当然回線が混雑しやすくなり、
通信速度が落ちてしまうのです。

一方のポケットwifiはどうでしょうか?

■ポケットwifiのメリット・デメリット

調べた結果、ポケットwifiのメリット・デメリットはこちらです。

ポケットwifiのメリットは、先ほどお話ししたとおり、工事や手続きや
不要で家でも外でも通信できることです。

ポケットwifiのデメリットは無線での通信なので、固定回線に比べて不安定で
あることです。しかし、LTEであればスマホとほとんど変わらないくらいの
通信環境です。

ポケットwifiはワイヤレスですのでインターネットから電波で通信を受け取り、
スマホへ電波で通信を飛ばします。

そして、そのスマホから電波を受け取り、インターネットへおくるのです。

電波は回線での通信よりも通信速度や不安定になりやすく動画が途切れたり、
サイトのページがひらけなかったりするのです。

また、WIMAXというモバイルwifiは室内の通信に弱いという特徴があるので、
室内よりも屋外での通信に向いています。

■ポケットwifiには通信制限がある?!

ポケットwifiはスマホなどと同じ携帯型無線通信機器ですので、
通信制限があるものがあります。

しかし、調べてみると、無制限で通信できるポケットwifiもありますので、普段
インターネットを多く利用する人は無制限のポケットwifiの方がストレスを
かんじないで使えると思います。

■無制限なのでWIMAXがイイらしい、おススメのプロバイダと機種は?

無制限の通信が出来るモバイルwifi、WIMAXには多くのプロバイダが
あります。また、通信機種の種類もいくつかありますので、どう選んで
いいのか悩みますよね。

ここでは、調べた結果をもとにWIMAXのプロバイダで条件のいい会社、
そして、使いやすく利便性の高い機種をご紹介していきます。

では、まずはWIMAXのプロバイダからです。その会社と契約をするのが、
いいのでしょうか?

調査の結果、WIMAXは月額の利用料金、通信速度などはプロバイダごとに
あまり差がないことが分かりました。

大きく違うのはキャンペーンの内容です。プロバイダをどこにすればいいのか
迷った時はキャンペーンの内容で決めるという方法もあります。

キャンペーンが特にお得なのはこれらのプロバイダです。

「BIGLOBE WIMAX2+」
WX01、W01、NAD11、HWD14のどれかの機種ですと端末本体とクレードルの
セットが0円となります。

また、指定された期間継続的に利用できる方に「Fire HD7 16GB」か
「Fire HD6 8GB」をプレゼントし、12か月間継続して利用した場合、
2,000円がもらえます。

もしくは、12か月連続利用で15,000円キャッシュバックが受けられます。
どちらか好きな方を選ぶことが出来るのです。

「So-net モバイル WIMAX2+」
WIMAX2+のみを申し込むと機器購入費が無料となり、クレードルも
無料となります。

また、タブレットのレンタル料金が割引になるキャンペーンも行っています。

「とくとくBB WIMAX2+」
端末受け取り月の月額利用料が無料となるキャンペーンを行っています。
また、選んだ端末により、異なる金額のキャッシュバックがあります。

キャッシュバックの対象となる端末はWX01、W01、HWD15、NAD11、
そして、ホームルーターのURoad-Home2+です。

では、WIMAXの機種で使いやすいものはなんでしょうか?

■WIMAXの使いやすい機種は?

WIMAXの機種について調べてみると、こちらの端末が人気ランキングの
トップ3となっています。

1位「NEC Speed Wi-Fi NEXT WX01」
2位「Huawei Speed Wi-Fi NEXT W01」
3位「NEC Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」

しかし、満足度ランキングを見てみると・・・

1位「Huawei Speed Wi-FI NEXT W01」
2位「Huawei Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15」
3位「NEC Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」

という結果になっています。

人気の高い「NEC Speed Wi-Fi NEXT W01」は、満足度ランキングになると
3位までに入っていないのです。そして、「HuaweiWi-Fi WALKER WiMAX2+
HWD15」は人気ランキングの3位までに入っていませんが、満足度ランキング
では2位にランクインしています。

人気がある=満足度・高いということではありませんので、人気ではなく、
満足度で機種は決めるようにしてください。

■満足度の高い機種それぞれの口コミ

満足度の高い3つの機種の口コミを調べました。

「Speed Wi-Fi NEXT W01」の口コミ

設定はとても簡単で、使い勝手も特に問題はありません。しかし、au 4G LTE
通信がなければ、使い物にならないくらい、通信が出来ません。

キャンペーン中でキャッシュバックがあったので得でしたが、もっと通信環境を
改善して欲しいです。

「Huawei Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15」の口コミ

WIMAXを使用していますがWIMAX2プラスの通信にしてみたら、ちょっと電波が
悪くなりました。クレードルとしても使用しているのですが、置くだけで使用でき
ない時もあるので、設定しなおして不便に感じてしまいます。

LTEがなければちょっと困ってしまいます。

「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」の口コミ

書記の頃は、通信が安定しなくてイライラしましたが、出力設定を変えたら、
快適に通信できるようになりました。

通信速度はソフトバンクのLTEとほとんど変わらないくらいです。
自宅回線としても使用しています。

■室内でWIMAXが繋がりにくいという噂はほんとう?解決策は?

調べてみると、WIMAXは他のモバイルルーターに比べて高い周波数の
帯域での通信をしていることが分かりました。

ソフトバンクは1.5GHzと2GHz、2つの周波数帯で、ワイモバイルは1.7GHzの
周波数帯で通信しているにも関わらずWiMAXは2.5GHzで通信をしています。

周波数帯が高いと通信の直進性がとても高くなります。光に近い性質をもっていて、
通信速度がはやく容量が大きいファイルなども簡単に通信できます。

とても力強い反面、直進性が強すぎて建物の外壁などにぶつかってしまい、
室内での通信には向かないのです。

周囲に建物などがない、広い空地や広場などでは光なみの高速通信ができます。
コンクリートは電波を反射しやすいのでWiMAXはオフィス街に弱いです。

解決策としては、まずWiMAXの通信サービスエリアに自宅が入っているかどうか
を確認してからWIMAXを契約をしましょう。

WIMAX通信はエリア内に入っていないと、電波をキャッチできません。
こればっかりは、個人ではどうしようもない問題ですので、事前確認をしてください。

また、通信エリアに入っている場合でも繋がらない時があります。
自宅の立地条件などがありますが、自宅の中のいろいろな場所で通信を
してみて、繋がりやすい場所を探しましょう。

電波が届きやすいのは2階、大きい窓がある部屋、通信基地局の方角の部屋
などです。

■WiMAXの通信感度を上げる方法

では、WiMAXの通信感度を上げるにはどうすればいいのでしょうか?

調べてみると、WiMAXの端末を窓際に置く、WiMAXの端末を置く向きや
使用する部屋の方角を変えてみる、リフレクターと呼ばれる自作アンテナ
をつくる、などの解決法があります。

WiMAXの端末を窓際の床から窓際の高い位置に置いただけで通信速度が
速くなることもあります。

背の高いタンスや棚、窓の冊子などに置きましょう。可能であれば、100円
均一などで小型の壁かけの棚を買ってきて、一番電波をキャッチする場所に
つけて、WiMAXの定位置をつくるようにしてください。

■WiMAXのアンテナは手作りできる

また、アルミホイルをパラボラアンテナのように半円旧型に形成し、
中にWiMAXを入れ、窓に張り付けたり、窓の周辺においたりしてみましょう。

アルミホイルがアンテナの代わりになり、電波を捕まえやすくなります。
アルミ製のボウルでも同じ効果があります。

21cmのボウルと両面テープ月のフック、まな板置きを用意します。
まな板お気の角度を少し曲げて、上にボウルを置きます。

フックの角度をWiMAXが起きやすい角度にまげて貼ります。
WiMAXを置いて完成です。

材料が全て100円均一で揃えることが出来ます。
300円でアンテナが作れるのです。

■その他のWIMAXの電波を受信しやすくする方法

WiMAXの端末を高いところに置いたり、アンテナをつくったりする意外に、
WiMAXの通信環境を改善する方法を調べました。こちらです。

WiMAXの端末は各製品、周波数が高く建物の外壁にぶつかってしまう、
電波が室内まで届きにくいのです。ベランダや窓際に端末を置くように
してください。また、室内でも高い棚の上に置いたりすると電波をキャッチ
しやすくなります。

また、家の中でも部屋によって電波の感度が違いますので、通信が
安定する部屋を探してみましょう。

また、端末の初期設定の変更で通信速度が速くなったというケースもあります。

WiMAXはAterm WM3500RやWM3600Rなどでは、接続が頻繁に途切れたり、
切断したりすることが良くあります。この原因は、通信設定で通信速度のは
速さを優先させる設定になっているからです。

速さではなく接続を優先させると、繋がりやすくなります。

また、ワイヤレス設定のネットワークモードを変更したり、周波数チャンネルを
変更することも通信環境の改善に繋がります。

ワイヤレス設定のネットワークモード 11b/g/n → 11b/g
周波数チャンネル 11 → 13

自分でできる通信環境の改善方法は複数ありますので、簡単な
ものから試してみてください。

モバイルルーターで通信量が使い放題があるけど本当ですか?

■ワイモバイルのPocket WiFi 305ZTが無制限とうたっておきながら3日で1GB制限を開始

ワイモバイルのPocket Wi-Fi 305ZTが月間の通信量が無制限で使えると
宣伝していますが、調べてみると実際には3日間で1GBの通信制限がある
ことが分かりました。

これでは、1ヶ月を30日とすると10GBの通信量しか通信できないので、
他のモバイルwifiルーターの月間7GBとあまり変わらない気がしてしまいます。

無制限を謳っておきながら、どうしてこのような通信制限を設けたのでしょうか?
そこには、こんな理由があるのです。

まず、本当にワイモバイルの305ZTのユーザーが無制限で通信をしてしまうと、
回線が混雑して通信速度が落ちたり、通信自体が出来なくなってしまいます。

ですので、通信の品質確保のために利用通信料が特に多いユーザーに対してだけ
通信速度の制御を行っているのです。

せっかくの高速通信が使い放題なのに、ユーザーが増えすぎてしまって通信できなく
なったら、無制限プランの意味がなくなってしまうのです。

3日間で1GB以上利用した場合、当日の6時から翌日の6時まで制御されます。
これは「帯域制御の運用基準に関するガイドライン」に基づいて実施しています。

また、使い放題のプランでも月間の通信制限を解除する追加量が契約から2年間
無料になるというだけで、通信制限がかかることには変わりありません。

通信制限を解除する申し込みは端末から出来ますが、この申し込みをする手間は
かかりますので、注意してください。

■本当に使い放題なモバイルwifiルーターは?

ワイモバイルは無制限と宣伝しているのに実際には通信制限があります。
では、本当に無制限で通信できるモバイルwifiルーターはないのでしょうか?

調べてみると、WIMAXのモバイルwifiルーターは通信が無制限となっています。
WIMAXにはWIMAX、WIMAX2+、au 4G LTEの通信エリアを利用できます。

WIMAX通信には制限がありませんので、無制限で利用することができます。
WIMAX2+とau 4G LTE通信の場合は月間7GBという通信制限がかかります。

しかし、「UQ WIMAX Flat ツープラス ギガ放題」を契約するとWIMAX2+でも
月間のデータ通信量に制限がありません。

ですが、au 4G LTE通信で月間7GBの制限がかかったあとは、WIMAX2+でも
無制限で通信することができます。

また、WIMAX2+、au 4G LTEの合計が3日間で3GB以上になった場合は、
翌日にかけて制限をします。

■月間7GBはどれくらいの通信が出来るのか?

月間の制限がないプランや、3日間で1GBの制限があるプラン、月間7GBの制限が
あるプランなど、実に様々な通信量の制限のプランがあります。

しかし、この1GBや7GBとはいったいどれくらいの通信料なのでしょうか?
この通信量についてしらべました。

まず、7GBではこれくらいの通信が出来ます。メール送受信は約1,870万通、
ホームページの閲覧なら約50,600ページ、動画の視聴なら約33時間、
音楽ダウンロードなら約1,790曲です。

1GBだと、メール素受信は約267通、ホームページの閲覧なら約7228ページ、
動画の視聴なら約4.7時間、音楽ダウンロードなら約255.7曲となります。

このようにインターネットを普通に利用する人であればまず通信制限に引っかかる
ことはないくらい余裕のある制限基準なのです。

3日間1GBの制限でも毎日1時間動画を見ることが出来ますし、音楽も毎日10曲
以上ダウンロードできるのです。

■ワイモバイル305ZTの実際の通信速度は?

305ZTのユーザーが通信速度を計測した結果を調べてみると、池袋駅の東口
では、下り約29Mbps、上り約3.2Mbpsとなっています。

東京都内では地下鉄以外ではあまり圏外にはならず、通信が途切れることも
ほとんどなく快適に繋がるようです。

WIMAXは室内に弱いので、電波が入らないことがあるのですが、LTEは室内でも
問題なく通信が出来ます。

■WIMAXはauの4G回線を使わなければ本当に使い放題なのか?

WIMAXは公式サイトに観てみると、WIMAXの通信モードでは通信制限が
ありません。しかし、WIMAX2+とau 4G LTEには月間の通信制限があります。

ですが、「UQ Flat ツープラス ギガ放題」という料金プランならWIMAX2+も
無制限で通信が可能となります。

しかし、au 4G LTEには月間の7GBという制限があり、これにひっかかった
後ではWIMAX2+通信も月間7GBの規制の対象となります。

ですので、au 4G LTE回線を利用しなければ通信制限がかかることはありません。
しかし、通信をしているエリアの混雑状況によっては通信速度を制限されることが
あります。

また、もしau 4G LTE回線を利用して通信制限にかかったとしてもWIMAXは無制限
ですので、au 4G LTEで通信をして、制限されたらWIMAXで通信するという方法も
あります。

WIMAXでは通信制限で通信速度が落ちてしまって使い物にならないということ
にはあまりなりません。

しかし、WIMAX2+とau 4G LTEの通信量が3日間で3GBに達した場合は、
翌日にかけて通信速度を制限する場合があります。

■3日で3GBの容量制限が発動する条件はなに?

では、WIMAX以外のモバイルwifiルーターでも見られる3日で3GBの通信
制限はどのような条件で発動されるのでしょうか?

調べてみると、メールやネットサーフィン、動画、音楽ダウンロードはこれくらいの
量を利用すると制限がかかります。

メールの送受信は約801万通、ホームページは約2.168ページ、動画は
約14.1時間、音楽ダウンロード約765曲です。

3日間でこの通信量を少ないととるか多いと取るかは人それぞれですが、
インターネットヘビーユーザーでない限りは問題ないかと思います。

■通信速度はそれぞれのネットサービスにどれくらい必要なのか?

では、通信量の制限の目安が分かったところで今度は、通信速度について
お話しします。

インターネットサービスを利用するには、それぞれのサービスに必要最低限な
通信速度があります。それについて調べました。

まず、普通のホームページを開くのに必要なのは1Mbps以下の通信速度です。

YOUTUBEは低画質なら0.5Mbps以上あれば見れます。中画質では1Mbps,
高画質では2Mbps,超高画質でも3.5Mbpsあれば十分見れるのです。

動画配信サイトhuluでも通信速度は2Mbps、NHKオンデマンドでは2.5Mbps、
Gyaoでも2.5Mbpsとなっています。

また、通信速度がかなり必要というイメージのあるオンラインゲームでも高画質の
最新CGを使った作品でもこれくらいの通信速度で足ります。

FPSは1Mbps以上あれは問題ないです。ドラクエ10の公式サイトでの推奨環境は
光回線なのですが、安定さえしていれば実質2Mbps位で大丈夫です。

FF14も同じで公式サイトの推奨環境は光回線なのですが、安定していれば
2Mbpsでも問題なく楽しめます。

このように、WIMAXの公式サイトに大きく書かれている最大値220Mbpsの
高速通信は本来、ネットサービスを利用するにあたって必要のない速度なのです。

しかし、最大値はあくまでも最大値で、実際の通信速度は環境により大きく違います。
もし、通信速度が10Mbpくらいしか出なかったとしても通信には問題ないので
ご安心ください。

■家電量販店でWIMAXを購入するのは辞めておきましょう!

家電量販店では高額な料金分のポイントwp特典として、WIMAXへの加入
キャンペーンを行っているところもあります。

しかし、こうしたキャンペーンには、カラクリがあるのです。

調べてみると、毎月の利用料金に少しづつ上乗せする形ですこしづつキャッシュ
バックした金額を取り戻しているのです。

最低利用期間は2年間ですので、2年間の合計で上乗せ金額がキャッシュバック
の費用の半額以上になるシステムとなっています。

つまり、例えば50,000円キャッシュバックと謳湧得ていても実際には10,000円
前後しかキャッシュバックされないシステムになっていることがほとんどです。

家電量販店よりもプロバイダの公式サイトからオンラインで申し込んだ方が
遥かにお得なキャンペーンを利用できます。

■ヤフーwifiなら3日で1GBの制限はいまのところない?口コミ情報は?

ヤフーwifiの公式サイトをみてみると今のところ、3日間で1GBという通信制限は
あります。このような通信制御となっています。

前日までの3日間の利用通信料が839万パケット約1GB以上であれば、
当日6時から翌日6時まで丸1日のあいだ通信制御を行います。

それは、Yahoo!Wi-FI 4G/LTEでもYahoo!Wi-FI 4Gでも同じ通信制御ですので、
注意をしてください。

これは、帯域制御の運用基準に関するガイドライン」に基づいたものです。
通信回線の品質確保のためですし、ユーザーの快適な通信環境のためです。

そして、Yahoo!Wi-Fi使い放題キャンペーンの特典は月間の通信制限がかかっても
追加料金なしで制限を解除できるというものです。

ですので、通信制限はかかります。通常速度に戻す際の料金が無料になっただけで、
通信制限を解除する申し込みが必要であることには変わりありません。

通信制限の解除を申し込み端末本体から行いましょう。
では、ここから口コミの情報を見ていきましょう。

■使い放題!?ヤフーwifiの口コミは?

ヤフーwifiの通信し放題305ZTには、どのような口コミが集まっているのでしょうか?
調べた結果がコチラです。

「通信感度がほとんど良好な状態です。自宅でもオフィスでも十分電波が
入り、特に不満はありません。固定回線があるので、基本的にオフになって
いますが、別の場所ではオンにしています。
たまに電波が悪いこともありますが、ストレスを感じるほどではありません」

「通信速度は速くないけど、通信は安定しています。ping値(通信の安定性を表す
値)が少ないので、通信の反応が速くストレスがありません。
キャリアアグリケ―ション対応なのでエリアは広くて便利なのですが、アップデート
で通信が途切れてしまうことがあります」

「WiMAXから乗り換えたのですが、とても満足しています。甲信地方に
住んでいるのですが、郊外で約15Mbps、市街地では約30Mbpsという
通信速度が出ました。通信エリアも広く電波が届かなくて困ることはないです」

「ドコモ程の通信速度は出ないけど、イライラするほどは遅くないです。
操作も簡単だし、通信利用料の確認も簡単です。3日で1GBの制限が
なければさらに好評化なのですが、制限があっても問題なく利用出来ています」

このように、通信速度が遅いと感じているユーザーが多いようです。

しかし、通信制限に関してはユーザーのインターネット使用頻度によるものですので、
一概に制限がキツイかゆるいかは言えません。

しかし、普通にネットを使う程度であれば制限は気にならない程度だと思います。

■去年までは本当に無制限だった305ZT

調べを進めていると、実は305ZTは去年までは本当に無制限だったということが
わかりました。

「Pocket WiFI 305ZT」で「Pocket WiFIプラン+」に契約をしているユーザーは
月額3,696円で165Mbpsが最大値の高速データ通信を月間7GBまで使えました。

さらに「CA対応PocketWiFi使い放題キャンペーン」を併用すると7GBを使い切った
後に追加料金なしで通信ができる仕組みでした。

実質に無制限で高速通信を利用出来たわけです。このプランは人気を集めましたが、
ユーザーが増えすぎたため、高速通信が使えなくなってしまったのです。

急激なユーザーの増加により、通信料が増大したため、3日間で1GBという
通信制限が設けられたのです。

この制限が出来てから使えなくなったというユーザーも多いのですが、
制限がかからなかったら、もっと使い物にならなくなってしまうのです。
3日間で1GBの制限は必要なものなのです。

■ポケットwifiでは無制限に限界がある

ポケットwifiは無線で通信を行うので、固定回線のような通信速度も通信量も確
保することが難しいのです。

インターネットヘビーユーザーであれば、固定回線を選びましょう。
普通レベルにしかインターネットを使わない場合は、ポケットwifiでも問題ありません。

また、住んでいる場所によって、適しているポケットwifiの会社は異なります。
地域によって、通信エリアがどれだけっ整っているかが大きく違うからです。
それぞれのポケットwifiの公式サイトで通信エリアを調べてから購入するように
してください。

光ファイバー(フレッツ光)の張り紙がアパートにあったら契約必須?

■アパート入居後に契約するならNTT光というチラシが。コレって入るのは必須?

アパートを契約後に部屋にインターネット契約のチラシがあった場合や、ポストに
投函されていた場合、そのチラシの会社との契約は必須か悩むものですよね。

アパートなどの賃貸物件でインターネット契約をする場合はどうすればいいのか、
調べてみました。

まず、アパートやマンションのような集合住宅は開通出来るインターネット回線の
種類が決まっています。

その理由は、集合住宅のインターネット回線の接続方法にあります。
集合住宅のインターネット回線は、外の電線から引いてきて、アパート
などの共同スペース、外の通話や階段まで伸ばしてあります。

そこから、それぞれの部屋へ回線が枝分かれして部屋にインターネットが
届くようになっているのです。

つまり、1つの集合住宅で通っている回線は1種類しかなく、その集合住宅に
住んでいる住人全員が同じ回線で通信をするのです。

アパート契約後にNTT光のチラシがあったということは、NTT光の回線が
ひかれたアパートということだということです。

しかし、「契約必須」ではありませんので、アパートの契約書をもう一度しっかり
見直し、インターネット契約について確認してみてください。

もし、契約書に書かれていなかった場合は大家さんに確認しましょう。

また、プロバイダと呼ばれるインターネットと回線を繋ぐ会社があるのですが、
回線の会社ごとに契約出来るプロバイダは違います。

そして、回線だけではなく、プロバイダも決まっている集合住宅もありますので、
そちらも確認をしておきましょう。

回線もプロバイダも決まっている場合は、すでに回線の設置工事が済んでいる
場合がほとんどです。また、レオパレスのように独自回線を設置している賃貸も
あります。

■光回線が工事済みらしいけど本当に必要か考えよう!

光回線の工事がすでに済んでいて、あとは契約をするだけという場合でも、
本当にNTT光で良いのか考えてみましょう。

調べてみると、光ファイバー(フレッツ光)は集合住宅向けの料金プランが、
4契約以上8契約以下ですとこちらの料金となります。

月額利用料金3,950円+プロバイダ料金500円~=月額合計4,450円~
となっています。

最低利用期間は2年間ですので、2年間の合計利用料金は106,800円~です。
これに、初期費用が加わります。

フレッツ光の集合住宅向けプランの初期費用は、契約料800円+初期工事費
15,000円=15,800円です。

しかし、回線工事済みなら、初期工事費は必要ない場合がほとんどですので、
契約料800円のみとなります。

これよりももっとお得にインターネットに接続する方法があります。

■さらに安くインターネットに接続する方法とは?

モバイルwifiルーターのヤフーwifiなら、最新端末305ZTに申し込むと、
月額3,696円で無制限で通信が出来ます。

最低利用期間である2年間は月間の通信量の制限がなくインターネットを
フル活用することが出来ます。

通信速度下り最大165Mbpsですし、キャリアアグリケ―ションという高速通信
技術を採用しているので、早くて安定している通信が出来ます。

契約事務手数料は3,00円でオンラインで契約出来て、面倒な手続きや
工事は一切不要です。端末は午後3時までに申し込みをしておけば、
翌日に届きます。

ヤフーwifiですと、最低利用期間2年間で合計利用料金が8,8704円、
ユニバーサルサービス料が96円、手数料が3,000円ですので、
合計91,800円となります。

フレッツ光の集合住宅向けプランが106,800円~ですので、
2年間で15,000円~節約することが出来ます。

Yahoo!wifiのキャンペーンで貰えるヤフーポイントはTポイントと合併している
ので街中でもネットショッピングでもさまざまな場所で使えます。

■Tポイント5,000ポイントはどこで使える?

Tポイントの使い道は実にさまざまありますが、一番消費しやすいのは
ファミリーマートですね。

また、ガスト、バーミヤン、ジョナサン、夢庵、グラッチョガーデンズなどの
ファミレスでも使用できますので、利用できる頻度が多いです。

また、ヤフーショッピングでTポイントを使って、商品券を購入したり、Tポイントの
サイトで商品に交換をすることも出来るのですが、カタログギフト系統のすこし
割高な商品が多いようです。

また、スマホがソフトバンクだった場合は、ソフトバンクの利用料の支払いに
Tポイントをつかえます。

■家にWi-Fiを飛ばしたいのですがどういう仕組みなのか調べてもイマイチ

家にWi-Fiを飛ばして今よりも今よりも快適にインターネットを楽しみたい場合、
引っ越し先で新しくWiーFiを利用したい場合は、どうすればいいか悩みますね。

インターネットに詳しくない人にとって、Wi-Fiやプロバイダなどの言葉は馴染みが
ないものです。ここでは、詳しく解説していきましょう。

調べてみると、自宅でWi-Fiを飛ばすにはいくつかのステップがあるようです。

まず、インターネットを通信するための回線を契約します。回線はそれだけでは
インターネットに接続できないので、プロバイダと呼ばれる回線とインターネットを
繋いでくれる会社との契約も必要となります。

そして、回線を家の中まで引いてきてモデムと呼ばれる機器に繋ぎ、そこから
LANルーターに繋いでいきます。

LANルーターには有線LANと無線LANがあるのですが、この無線LANルーターが
WI-FIなのです。つまりWI-FIを飛ばす場合は最低限、インターネット環境が整って
いないといけません。

■インターネット回線なしでWi-Fiを使う方法はできない?

では、上記のような固定のインターネット回線でWI-FIを飛ばす方法は
ないのでしょうか?

Wi-FIについて調べてみると、モバイルwifiというものがみつかりました。

モバイルwifiとは無線でインターネットからの通信を受け取り、無線で
スマホやタブレット、ノートパソコンなどへ通信を送ります。

また、スマホなどからモバイルwifiを通じてインターネットへ通信を送るので、
通信課程は全て無線となります。

モバイルWiFiですと回線の設置工事も必要なく、面倒な手続きもいりません。
手軽にWiFiを飛ばしたい場合に最適な方法です。

■モバイルwifiを実際に使ってみてわかることとは?

では、とっても簡単に始めることが出来るモバイルwifiですが、デメリットは
ないのでしょうか?実際に使用した人の口コミを見てみましょう。

モバイルwifiには、LTE通信とWIMAX通信、2種類のものがありますので、
それぞれの口コミを調べました。

LTE通信に対応している305ZTという機器を使って通信した人の口コミからです。

「通信速度が自宅の固定回線を使って通信した時よりも速いスピードが
出ました。固定回線では下り約8mbpsだったのにヤフーwifiでは下り
約15Mbpsとなり、快適に通信できています」

「2か月間使いました。1ヶ月の通信量は平均で8GBなのですが、
通勤帰宅時にスマホで1時間弱動画を見れています。

通信速度は実測0.7Mbps~0.5Mbpsでているので、ネット閲覧くらい
なら問題なく使えると思います。ただバッテリー持ちがいまいちで
端末が大きいです」

このように、インターネットを普通程度しか使わないユーザーにとっては便利で
問題ないのです。

■WIMAXのモバイルルーターの口コミは?

では、WIMAX通信のSpeed Wi-Fi NEXT WX01の口コミはこちらです。

「使い始めのころは通信が出来て満足していたのですが、渋谷駅前や
新宿駅構内など、最近全然繋がりません。

WIMAXユーザーが増えてきたせいなのでしょうか?日増しに通信が
途切れるようになります」

「2年前のWM3800から乗り換えました。主に自宅でドラクエ10をプレイする
ためのオンラインゲーム用として契約をしたのですが、ほとんど支障ないです。

ただ、プレイヤーが多いところでは明らかに動作がもたもたしてしまいます。
また、公式サイトの説明では128Mbps通信速度が出るとのことでしたが、
実測値では137bps程度に制限されてしまうことが多いです」

WIMAXは無制限の通信が出来るのですが、それはWIMAX通信モードのみで、
WIMAX2+やau 4G LTE通信は他のモバイルWIFIと同じように月間7GBの
制限がかかってしまいます。

しかし、WIMAX通信でも普通のサイトは問題なく観れますし、メールもSNSも
問題なく利用できるので、ご安心ください。

このように、LTEWIMAXどちらのモバイルWIFIでもインターネットを頻繁に利用
するユーザーにとっては、物足りない環境と言えます。

■モバイルワイハイルーターってなに?

モバイルワイハイルーターについて調べてみると、このようなことが分かりました。

モバイルワイハイ(wifi)ルーターとは、無線でインターネットを利用できる小型機器の
ことをいいます。

通信基地局と呼ばれるインターネット通信を送受信してくれる設備から電波を
キャッチすることによってモバイルwifiルーターと繋いでいるスマホやタブレット
でインターネットが使えるのです。

IDパスワードを入力すれば繋がり、電波での通信ですのでケーブルはいりません。
1台で10台前後の通信機器と接続可能ですので、自宅でも外出先でも通信できます。

仕事においても、メールチェックを外出先でも出来て便利ですし、旅行先でも
旅行先の情報収集が楽にできます。

引越しをする時でも手続きや工事なしでそのまま引っ越し先で利用できるのです。
オンラインで申し込後、数日で届き、即日利用できます。

■モバイルwifiルーターの使い方は?

では、モバイルwifiルーターを使うにはどんなポイントに注意が必要か見ていきましょう。
調べた結果、このようなポイントがありました。

まず、モバイルwifiルーターの端末が届いたら、簡単な設定をおこなうだけで
すぐに使い始めることができます。

しかし、モバイルwifiルーターを使うには、電波が入る場所かどうかが重要となります。
それぞれのモバイルwifiルーターの事業者によって通信エリアはちがうので
気をつけましょう。

DOCOMOのモバイルwifiルーターはLTE通信のXi(クロッシィ)とFOMAエリアが
使えます。UQ WIMAXではWIMAXとWIMAX2+、au 4G LTEの通信エリアが利用可能。

SoftBankのモバイルwifiルーターではSoftBank 4G ULTRA SPEED、LTE 3Gが
利用可能となっています。

■モバイルwifiを選ぶ時に気をつけること

モバイルwifiルーターにはWIMAXとLTEの2種類があるのですが、WIMAXにも
LTEにも複数のプロバイダがあります。

しかし、調べてみた結果、通信速度や通信エリアの広さ、月額の利用料金などは
WIMAX同士、LTE同士、ほとんど差がありません。

ですので、WIMAXかLTEかどちらにするかを決めたら、あとはプロバイダごとに違う
キャンペーン内容で判断をするようにしてください。

WIMAXでは、契約をすると26,800円のキャッシュバックを受けられるとくとくBBや
20,000円キャッシュバックのキャンペーンがある@nifty、契約前に15日間無料で
端末をレンタルしてくれるサービスがあるUQ WIMAXと、会社ごとに大きく違います。

一方、LTEは今なら2年間月間利用通信料が無制限というキャンペーンを
ヤフーwifiでも楽天wifiでも行っています。

それにヤフーwifiならTポイントが5,000ポイントつき、楽天wifiなら楽天
ポイントが10,000ポイントがプレゼントされるか、3ヶ月間月額利用料
が0円になるか選べます。

また、楽天wifiに契約をしている間はずっと楽天市場での買い物の際に付く
ポイントが3倍になります。

■WIMAXとLTEそれぞれの通信速度と周波数は?

それぞれのモバイルwifiルーターの周波数はどれくらいなのでしょうか?
調査してみました。

まず、UQWIMAXの周波数帯は2.5GHz、EMOBILEの周波数帯は1.7GHz。
DOCOMOは800MHz~2.1GHzまでの5つの周波数帯を持っています。

SoftBankは1.5GHz、2GHzの2つの周波数を持っています。

もっとも周波数が高いのはUQWIMAXの2.5GHzですが、周波数が高いと通信
速度が速く大容量の通信でもスムーズな反面、電波が勢いよく直進してしまい、
建物などにぶつかって、室内では通信が上手くできません。

一方、DOCOMO、EMOBILE、SoftBankのように周波数が低いと、通信速度に
制限があり、速度自体も少し遅くなってしまいます。

しかし、そのぶん曲がりやすいので建物の中でも電波が回り込んで問題なく
通信をすることが出来ます。

周波数が高いと光に近い特徴を持っていて、周波数が低いと音に近い特徴を
持っています。

ポケットwifiのつなぎ方は?アパートのネット環境の整え方とは?

■アパートに引っ越後、すぐにネットを使いたい、wifiとは?

一人暮らしを始めたり、単身赴任になったりしたときに引っ越し先の
アパートで手軽にネットに繋がりたいですよね。

しかし、ネットに詳しくない人にとってネット環境を整えることは容易ではありません。
ここでは、ネットの基本であるwifiについてご説明いたしましょう。

Wifiについて調べると、wifiとは子機無線でインターネットサービスにアクセスし、
利用する機器のことをいいます。

Wifi子機と呼ばれる機器には、パソコン、スマホ、タブレット端末、ゲーム機など
があります。現在発売されている、こうした通市機器のほとんどがwifiに対応
しているのです。

wifi子機からのアクセスを受けて子機同士を接続することも有線を利用している
ネットワークと接続することもできます。

そして、これらのwifi子機をネットワークへ接続させる役割を果たすのが、
wifi親機である無線LANルーターやwifiルーターと呼ばれる機器です。

自宅の外の電線からインターネット通信回線を引いてきて自宅の中に引き入れ、
モデムと呼ばれる機器へ繋ぎます。

そして、モデムからケーブルでwifiルーターへ繋ぎ、通信を行うのです。

■固定回線からwifiを飛ばす方法

では、wifiが何かわかったところで固定回線からwifiを飛ばすには、どのように
したらいいのでしょうか?調べてみました。

まず、固定回線を契約する時にプロバイダという会社も一緒に契約します。
プロバイダとはオンターネットと通信回線を繋ぐ役割をしてくれる会社のことです。

そして、回線を家に引き、モデムからケーブルでLANルーターへとつなぎます。
この時、LANルーターは有線LANルーターであれば、LANルーターから再び
ケーブルを伸ばし、パソコンなどへ接続します。

wifiを飛ばしたいのであれば、LANルーターは無線LANルーターにしましょう。
無線LANルーターであれば、モデムからケーブルで無線LANルーターに繋がり、
電波で様々な通信機器へ繋がることができるのです。

■ポケットwifiとは?

モデルから繋がるwifiルーターですが、持ち運びが出来るポケットwifiとか、
モバイルwifiと呼ばれるものもあります。

ポケットwifiについて調べてみると、通常のwifiルーターとは違い、有線で
モデムに繋がる必要がありません。

ポケットwifiはインターネット通信を電波でキャッチし、電波でスマホやタブレット
などで飛ばす通信方法なのです。

ですので、持ち運びができ家の中などの決まった場所だけではなく、
外出先や駅のホーム、車の中でも通信が出来ます。

しかし、電波で通信を捕まえて、電波で送るので、周囲の環境に左右されやすく、
通信が安定しないというデメリットがあります。

とても手軽なのですが、地下鉄の駅間や半地下のカフェ、高層ビルの上層階、
高いビルとビルの間、山奥などの奥まった場所などでは通信が出来ないことが
多くあります。

また、通信をするためには、通信基地局という施設がある地域でしか繋がれません。
それは固定回線でも同じですが、契約をする前に、自分が住んでいる場所が
通信エリアに入っているか調べましょう。

ポケットwifiのプロバイダの公式サイトで調べられるようになっています。

■インターネットサービスをスムーズに利用するためには・・・?

ポケットwifiの中でも有名なWIMAXという会社は、最大の通信速度が
220Mbpsの端末があり人気となっています。

しかし、そもそもインターネットサービスを利用するにあたって、そこまで
通信速度は必要ないのです。

実際にインターネットのサービスを利用するのに必要な通信速度を調べました。

YOUTUBEで低画質な動画を再生するのに必要な通信速度は0.5Mbps、
中画質だと1Mbps、高画質になると、2Mbps、超高画質ですと3,5Mbps
必要になります。

また、動画サービスを提供してくれるサイトではhulu2Mbps、NHKオンデ
マンドでは、2.5Mbps、Gyaoでも2.5Mbps以上という結果でした。

通常の画像が貼ってあるサイトを閲覧するには、1Mbpsあれば十分です。
つまり、超高速通信である220Mbpsは必要ないのです。

また、通信環境によって速度は大きく変わりますので、最大値が
220Mbpsでも、100Mbps以下の通信速度しか出ません。

■モバイルwifiルーターを使えば工事なしで使える?

モバイルwifiルーターを使えば工事なしでもインターネットを始めることが出来
ます。ここでは、UQ WIMAXという会社のモバイルwifiルーターの始め方を
ご紹介しましょう。

公式サイトによると、UQ WIMAXは回線工事なしで通信端末が届いたその日に
インターネットを使えるようになります。

公式サイトからオンラインで申し込みをしてWIMAXの端末を購入します。
はやければ即日WIMAXを利用することができるようになります。

固定回線の場合は、申し込みをする前に引っ越し先での回線設備を確認し、
引っ越しをしてから引っ越し先で新しい回線の設置工事をして利用可能となります。

申し込みから利用できるようになるまで2週間~1ヶ月間の期間がかかります。
モバイルwifiルーターの方が遥かにスムーズに通信できるようになるのです。

引越しの先も面倒な手続きや工事は一切必要なく、そのままで新しい自宅でも
使うことが出来ます。

■契約に必要な書類などはなにがある?

契約には書類や印鑑などが必要となるのでしょうか?
引き続きUQ WIMAXの公式サイトで調べました。

UQ WIMAXは口座振替とクレジットカードでの支払いが可能となります。
ですので、口座振替の場合は本院確認書類のコピーが必要です。

しかし、クレジットカードでは本人確認書類は必要ありません。
クレジットカードの情報の入力が必要となります。

同じWIMAXでもプロバイダによって必要なものは違います。

とくとくBBの場合は、クレジットカードでの支払いのみとなります。
契約にクレジットカードの情報を入力するのは必須です。

Broad WIMAXの場合は、口座振替とクレジットカード、2つの支払い方法から
選ぶことが出来るのですが、クレジットカードの場合はカード情報が必要となります。

口座振替の場合は、本人確認の連絡が専門スタッフからありますので、
用意するものはありません。

■WIMAXの実際の口コミは?

では、WIMAXのユーザーの実際の口コミにはどのようなものがあるの
でしょうか?調べてみました。

「Speed Wi-Fi NEXT WX01」というWIMAX2+とWIMAXの通信モードが使える
端末についての口コミです。

「3日間で3GBという通信料の制限があると、1ヶ月間で30GBしか通信が
できません。少しお粗末な印象を受けました」

「神奈川県川崎市で使用したところ、通信速度は下り16.2Mbps、上り3.1Mbps
という結果でした。通信制限がありますが、自分はインターネットをそこまで頻繁に
やらないので、問題ないです。

また、通信速度も不便には感じていないのですが、220Mbpsというセールス
ポイントはなんだったんだろうと思います」

「9割がたは問題なく使用できるのですが、3日に1回くらい突然回線が
遮断されて、端末やPCが使えなくなります。端末を再起動すると元に戻ります」

このように、インターネットを頻繁に利用する人にとっては物足りなく、あまり
利用しない人、普通の頻度でしかインターネットをやらない人には問題なく
通信環境と言えます。

通信速度が最大値よりはるかに遅いのですが、ネットサービスは5Mbpsという
通信速度でも十分動画も観れて、オンラインゲームも出来ますので、通信には
影響ありません。

また、WIMAXには通信制限と言って、3日間で3GBの通信制限があるので、
事実上、月間で30GBまでしか使うことが出来ません。

■それぞれのモバイルwifiルーターの通信制限について

では、モバイルルーターには通信制限があるのでしょうか?
調査の結果がコチラです。

ヤフーwifiは月間の通信制限が無制限の305ZTという端末のプランもありますが、
303HWの場合は月間7GBまでという通信制限があります。

とくとくBBのWIMAXギガ放題は制限がありません。
@nifty WIMAXにもギガ放題プランがあるので月間の制限はありません。

このようにモバイルルーターには無制限のものと月間の制限があるものがあります。
同じ会社の端末でもプランなどによって違いますので、注意をしましょう。

■モバイルwifiルーター(ポケットWIFI)の種類はLTEとWIMAX

モバイルWIFIルーターには2つの種類があります。LTEとWIMAXです。
ここでは、2つのモバイルwifiルーターには、どのような違いがあるかを
ご説明いたしましょう。

それぞれのモバイルwifiルーターについて調べてみました。
まずは、LTEのモバイルルーターからです。

LTEのモバイルルーターはキャリアアグリケ―ションと言って2つの周波数の
電波を束ねてデータを送受信する携帯ネットワークの技術のことです。

2つの異なる周波数を合わせることにより、通信速度があがり、安定して
高速な通信ができるようになったのです。

キャリアアグリケ―ションを採用したLTEモバイルwifiルーター、305ZTの通信
速度の最大値は165Mbpsです。

月額の利用料金は3,696円、初期費用は3,000円です。

つづいてはWIMAXの説明です。このような特徴があります。

WIMAXには月間の通信制限がありません。ですので、インターネットを
毎日、思いっきり楽しみたい人、仕事などでネット環境が必要な人には
通信制限を気にする必要がないので安心です。

しかし、LTEが2種類の周波数で通信するのに対して、WIMAXは1種類の
周波数で通信をします。

1種類の周波数しかなく高速な通信をするために建物の外壁などにぶつかって
しまい、室内での通信が不安定になったり、繋がらなかったりします。

しかし、屋外で開けている場所では高速の通信ができます。

LTEは通信に柔軟性があるので、室内でも携帯のようにしっかり繋がります。
しかし、屋外の開けている場所でもあまり通信速度は上がりません。

■LTEとWIMAX、それぞれの実際の通信速度は?

LTEとWIMAX、それぞれの通信速度にはどれくらいの差があるのでしょう。
2つのモバイルルーターの通信速度について調べました。

全国50地点で調べたサイトによると、WIMAXの通信実際の速度は全国平均で
下り約22.3Mbps,上り約4.5Mbpsという結果だったそうです。

下りの通信速度は十分出ていて問題がないのですが、上りは少し心細い結果です。
通常のサイトをみるのには1Mbps以下で十分で、高画質の動画も2Mbpsあれば
いいのですが、超高画質動画になると4Mbps前後、必要となります。

超高画質動画では少し心細い結果となってしまいました。

一方のLTEは全国50地点の平均通信速度が下り約25.2Mbps、上り約8Mbps
となっています。

特に仙台と東京の下りの速度では仙台約28Mbps、東京約27.2Mbpsと
30Mbps近い通信速度となります。

通信速度は上り・下り共に安定していて、通信がスムーズに出来る環境と
考えられます。

■モバイルwifiルーターを使ったことがない約40%の人が利用を検討

これだけ、全国的に通信環境が整っているモバイルwifiルーターですが、
調べてみると、まだまだ利用したことがない人も多くいます。

モバイルwifiルーターを利用したことがない人・1,000人に対して行った
アンケートを見てみると、40%の人は利用料金がやすくなったら、利用して
みたいと返答しています。

また、自宅の固定回線の代わりにモバイルwifiルーターを利用することを
考えたいと返答した人はそのうち、3分の1にまでのぼりました。

自宅の固定回線の乗り換えの選択肢として、ある程度認知されていることが
分かります。

■LTEのデメリットは何?

では、日本全国平均の下りも上りも通信速度が速かったLTEですが、
デメリットはなんなのでしょう。

調べてみると、2つのデメリットがあることが分かりました。

まず、LTEでは月間の通信制限がある端末があります。
WIMAXにはすべての端末で通信無制限のモードが使えるのです。

LTEにも無制限プランはあるのですが、常にそのプランがある訳ではなく、
キャンペーンで行われる定期的に出てくるプランです。

そして、もう一つのデメリットは契約から2年が経過すると、通信が
無制限ではなくなってしまうことです。しかし、契約更新月に解約を
すれば解約金も無料ですし、問題ないです。

LTEにもWIMAXにもデメリットがあります。ユーザーの利用環境に合わせて
どちらのモバイルwifiルーターにするかを判断してください。

WIMAXキャンペーンでipad miniをもらうのとセット購入はどっちが得?

■WIMAXのキャンペーンでipad miniを特典で貰えるキャンペーンはある?

通信が無制限でつかえるモバイルルーターのWIMAXには、契約をすると
さまざまな特典がもらえるキャンペーンがあります。

調査の結果、WIMAXのプロバイダごとにキャンペーンの内容は大きく
異なり、契約をする人の要望に合わせてキャンペーンでプロバイダを
選ぶのも一つの選択方法ですね。

WIMAXのキャンペーンの中にipad miniがもらえるキャンペーンはあるの
でしょうか?プロバイダのキャンペーンをみていきましょう。

「とくとくBB」
とくとくBBの「お得なキャンペーン」というページから期間内にWIMAX2+に
申し込みをした場合のみ、通常26,800円のipad miniと通常19,000円の
WIMAX2+の端末がセットで100円となります。

月額の利用料金は月間の通信制限なしの使い放題プランだと、1・2か月目は
4,009円、3ヶ月目以降は4,663円となります。

通常の通信制限なしの使い放題プランは1・2か月目は月額3,609円、3ヶ月目
以降は月額4,263円となります。

毎月400円づつ上乗せされているので、最低利用期間2年間の合計で
9,600円の上乗せになります。

WIMAX2プラスの端末代は他のプロバイダでも無料ですので、ipad miniが
割引になる形のキャンペーンということになります。

今現在、キャンペーンを行っているWIMAXのプロバイダでipad miniの特典が
ついてくるのはとくとくBBのみです。

しかし、完全にプレゼントというわけではなく、ipad mini代を割引してくれる
キャンペーンですので、ご注意ください。

■完全にプレゼントという形のキャンペーンはない?

現在は、WIMAXのプロバイダでipad miniをプレゼントしてくれるキャンペーンを
行っているところはこちらのとくとくBBのみとなります。

とくとくBBもプレゼントではないので、実質ipad miniをプレゼントするキャンペーンを
行っているWIMAXのプロバイダはありません。

■WIMAXとipad miniのセット購入はできる?

では、キャンペーンでプレゼント以外にWIMAXとipad miniを同時に手に
入れる方法はないのでしょうか。

調べてみると、現在、WIMAXのキャンペーンにはWIMAXの通信達末と
ipad miniのセットはとくとくBBの100円プラン以外ありません。

また、WIMAXとipad miniをセットで購入できるプランも今現在はないようです。

タブレットのAndroidであればリーズナブルなのでよくセット販売されていたり、
キャンペーン特典として登場する機会も多いのですが、ipad miniはあまり登場
しないのです。

その理由はipad miniの価格にあります。ipad miniの価格は20,000円代~
40,000円代です。

Androidの通常価格は9,000円代~20,000円代でキャンペーンやセット
では9,000円代のものがよく付属されます。

高額なipad miniではキャンペーンの特典としてあまりにも高額なので
頻繁にキャンペーン特典やセットに登場させることができないのです。

■ipad miniをレンタルしてくれるキャンペーンは?

では、ipad miniプレゼントがダメならipad miniをレンタルしてくれるキャンペーンは
ないのでしょうか。調べてみました。

「@nifty」
現在@nifty WIMAXのこの3つのプランの中のどれかに加入と、@nifty レンタル
サービスに加入、2つのサービスに同時加入をするとi pad miniがお得にレンタル
出来ます。

@nifty WIMAX
WIMAX 2+ Flat 2年 ギガ放題
WIMAX 2+ Flat 2年 auスマホ割
WIMAX 2+ Flat 2年 auスマホ割

@nifty レンタルサービス ipad mini Wi-Fiモデル 16GBの場合
利用開始月の翌月から24か月間月額500円でipad miniをレンタル出来ます。

2年間で1,2000円でipad miniを利用することが出来ます。

■WIMAXの契約キャンペーンでキャッシュバックをもらってipad miniを買うのと、セットで契約するのはどっちがいくらお得?

WIMAXの契約キャンペーンでよくある高額キャッシュバックでipad miniを
購入するのと、WIMAXとipad miniをセットで購入するのはどちらがお得か
気になるところです。

調べてみると、まずWIMAXの契約キャンペーンで高額キャッシュバックが
受けられるのはこちらのプロバイダです。

「@nifty」
WIMAX契約で20,000円キャッシュバック・キャンペーンを行っています。
どの料金プランも初期費用は3,000円です。

・WIMAX2+ Flat 2年 ギガ放題 (通信は無制限・契約期間2年間)
月額費用 利用登録月 0円、2か月目~3ヶ月目 3,670円、
4ヶ月目~25か月目 4,350円

・WIMAX2+ Flat 2年 auスマホ割 (通信は月間7GBまで・契約期間2年間)
月額費用 最初の2年間 3,670円、3年以降 4,170円

・WIMAX2+ Flat 4年 auスマホ割 (通信は月間7GBまで・契約期間4年間)
月額費用 最初の4年間 3,670円、5年目以降 4,170円

このいずれかの料金プランに加入して、以下の端末を新規で購入すると
20,000円のキャッシュバックが受け取れます。

・Speed Wi-Fi NEXT WX01クレードルセット セット代金 1円
・Speed Wi-Fi NEXT W01クレードルセット セット代金 1円
・Wi-Fi WALKER WIMAX2+ NAD11クレードルセット セット代金 1円

@niftyで例えば、「WIMAX2+ Flat2年 ギガ放題」に加入して、
「Speed Wi-FI NEXT WX01」を購入すると2年間で合計の費用は・・・

初期費用 3,000円+利用料 合計103,040円+端末代1円=106,041円

では、WIMAXとipad miniのセット購入をした場合はどのような費用となるのでしょう。

■WIMAXとipad miniのセットを購入すると・・・?

とくとくBBのWIMAX2+端末とipad miniが100円のセットは最低利用期間の
2年間利用すると合計費用はいくらかかるのでしょうか?調べました。

まず、WIMAX2+の通信端末は本体価格1,9000円、ipad miniの本体価格は
26,800円なのでこれが100円となると45,800円のお得と思ってしまいます。

しかし、@niftyでも端末はクレードルとセットで1円です。
また、ipad miniを割引した代わりに月額の利用料金が400円づつ上乗せされます。

GMOとくとくBBギガ放題プランの場合は、通常では端末受け取り月の月額は無料、
1ヶ月目~2か月目は月額3,609円、3ヶ月目~24か月目は4,263円です。

しかし、WIMAX2+とipad miniの100円セットでは、端末受け取り月は無料、
1ヶ月目~2か月目は月額4,009円、3ヶ月目~24か月目は月額4,663円
なのです。

とくとくBB WIMAX2+ ipad miniまとめてパックの最低利用期間の2年間の合計
費用はこちらです。GMOとくとくBBギガ放題プランですと・・・

初期費用3,000円+2年間の合計費用110,604円+セット代100円=110,704円
@niftyの2年間の費用は106,041円ですので、4663円@niftyの方がお得です。

さらに@niftyは20,000円のキャッシュバックがあります。24,663円も@niftyの
ほうが割安となりますので、このお金でipad miniが買えてしまいます。

■キャッシュバックを利用してipad miniを購入した方がお得!

とくとくBBのWIMAX2+とipad miniの100円セットのように、一見お得に見える
プランでも良く調べてみると実はカラクリがあることがほとんどです。

高額のキャッシュバックを利用してipad miniを購入する方法は、複雑なカラクリも
ないので安心感があります。

WIMAXと一緒にipad miniの購入を考えているなら、キャッシュバックを利用した
方法にしましょう。

■ヨドバシカメラやビッグカメラでやっているキャンペーンだと月額料金が5千円。これって意味なし?

ヨドバシカメラやビッグカメラなどの家電量販店でもWIMAXは契約出来ます。

調べてみると、ipad miniやノートパソコン、ゲーム機などさまざまな特典がついて
くるキャンペーンが行われていますね。また、キャッシュバックもあります。

しかし、月額料金5千円では本当にお得なのか、意味がないんじゃないかと
疑ってしまいます。

ここでは、ヨドバシカメラやビッグカメラのような家電量販店で契約すると
本当にお得かどうかを検証していきましょう。

まず、ヨドバシカメラについて調べてみました。ヨドバシカメラのキャンペーンは
どんな内容なのでしょうか?

ヨドバシカメラではWIMAX2+のギガ放題プランに加入すると50,000円引き
のキャンペーンを行っています。

契約すると、50,000円分のヨドバシカメラの商品券がもらえるというモノです。
端末はWIMAXの「Speed Wi-Fi NEWT WX01」で1円です。

しかし、他社のWIMAX2+は@niftyではクレードルとセットで1円だったり、
Broad WIMAXでは端末全機種が無料だったりと、もっとお得です。

また、料金プランよりも最初の3ヵ月間は月額5,661円、4ヶ月目以降は
6,400円です。UQ WIMAXなら同等の内容のプランで月額4,380円です。

とくとくBBでは、月々4,604円と4,000円代がほとんどです。調査によると、
キャンペーンを適用させるために毎月1,670円料金を上乗せしているのです。

つまり、最初の3ヵ月間は本来なら月額3,991円、4ヶ月目以降は4,730円
となります。また、料金の上乗せは24か月間、毎月です。

上乗せ料金の2年間の合計金額は40,080円ということになります。
50,000円分のキャッシュバックは実は9,920円しかお得ではないのです。

まったく意味がない訳ではありませんが、10,000円以下のキャッシュバックで
あることは承知の上で契約をするかどうかを決めましょう。

■もっとお得なキャンペーンを行っている会社は?

WIMAXのプロバイダと直接契約をする場合でも10,000円前後、もしくは
それ以上のキャッシュバック・キャンペーンがある会社もあります。

@niftyは20,000円キャッシュバックを行っていますし、とくとくBBでも
26,800円のキャッシュバックがあります。

そして、じつはキャッシュバックの金額が宣伝より少ないというシステムは
家電量販店ではよく見られるキャンペーンなのです。

また、ビッグカメラでは現在WIMAX加入キャンペーンが行われていません。

ネット上には、去年のキャンペーン内容などがあり、検索すると出てくるので、
今年のものと間違えることもありますので、キャンペーン時期についてしっかり
確認をしましょう。

■家電量販店とネット申し込みはどちらが便利でお得?

WIMAXについて調べてみると、家電量販店よりもネット申し込みでWIMAXを
契約する方が便利でお得であるということが分かりました。

まず、WIMAXはどの会社、家電量販店から申し込みをしても通信で使用する
回線が同じですので、通信速度や通信制限、契約期間などに大きな差はないです。

もっとも差が出るのは、申し込みの際のキャンペーンの内容となります。
キャンペーンの内容はプロバイダの公式サイトで契約をした方が家電量販店
よりも遥かにお得です。

20,000円のキャッシュバックや、タブレットがもらえるキャンペーン、端末が0円
というとてもお得な内容で、家電量販店とはかなりの違いがあります。

また、プロバイダのキャンペーンは2種類の特典から好きなものを選べる
システムを取っているところが多いので、個人の希望により柔軟に答えられる
ようになっています。

では、何故家電量販店はプロバイダのようなキャンペーンが出来ないのでしょうか?

■家電量販店が大規模なキャンペーンを行えない理由

調べてみると、家電量販店が高額キャッシュバックを行えない理由はさまざま
ありますが、もっとも大きな理由は人件費などの店舗の固定費がかさむためです。

プロバイダはオンラインでの申し込みのみですので、店舗のコストや人件費が
家電量販店のようにかからないのです。

ですので、その分の余裕を新規の契約者を増やすキャンペーンに回せます。

WIMAX