なぜUQ WIMAXのキャンペーンをヨドバシでやっているの?驚きの理由とお得な理由

1-1 ヨドバシとWIMAXがコラボ?どういうこと?

今や高速モバイルインターネット回線の王者とも言える存在になったWIMAX。
その速さはLTEなどと比べても速く、光回線の代わりとしても十分な速度です。

LTEなどの他の通信方式とは違い、音声通話をサポートしていないので、音声回線の混雑
に左右されずに通信できるという利点があります。

そんなWIMAXですが、実はちょっと複雑な点があります。
それは、WIMAXを提供している会社がたくさんあることです。

1-2 WIMAXとプロバイダ

どういうことかわからない方のために説明しますと、例えば光回線ってありますよね?

光回線は光ケーブルを使った通信方式の名前であって、「光回線」という名前の会社があ
るわけではありません。

実際には、「フレッツ光」などの「プロバイダ」と言われる会社と契約をして、光回線を
使用しますよね。
WIMAXもそれと同じで、プロバイダが多数存在します。

これらの会社は同じWIMAXというサービスを提供しています。

例えば、今回ご紹介するプロバイダは「ヨドバシUQWIMAX」という名前です。

UQWIMAXのUQというのは、自らWIMAX回線を整備してそれを提供している、いわばWIMAXプ
ロバイダの親玉のような会社です。

ドコモやauが自前で回線を整備してそれを提供しているのと全く同じような感覚です。

そしてヨドバシUQWIMAXですが、これは実はUQと契約を結ぶわけではありません。
この場合のヨドバシカメラは代理店のようなもので、契約先はあくまでヨドバシカメラと
なります。

ただ、UQの回線を使いますよという意味でUQWIMAXを名乗っているのです。

では各社の違いは何かというと、料金であったり選べる端末のバリエーションだったりす
るわけです。

例えば料金が安くなったり、最新の端末を選べたりなどできるようになります。

当然の事ですが、ヨドバシカメラでもそのような特典を用意しています。

1-3 ヨドバシカメラ × WIMAXの利点とは?

先ほど、WIMAXには幾つものプロバイダが存在するとお伝えしましたが、その多くはイン
ターネット経由でしか申し込みできません。

それに加え、大手の通信キャリアで契約するのとは違って、手厚い説明やアフターケアと
いうものは基本的にありません。

そのような仕組みのため、WIMAXを始めて使う方や年配の両親のためにWIMAXを契約して
あげたいという方にとっては、結構戸惑いやすいシステムであると言えます。

一方、ヨドバシカメラのWIMAXの場合、もちろんインターネット経由の申し込みも可能な
のですが他に、ヨドバシカメラ店頭での申し込み・設定が可能です。

WIMAXについて何も知識がなくても店員さんが手取り足取り教えてくれるというのはとて
も安心ですね。しかも一切追加料金などはかかりません。

さらにヨドバシカメラのWIMAXで選べる端末も大変魅力的となっています。

最高のWIMAXルーターと言われているNEC製の「WX02」。

ヨドバシカメラのWIMAXではこの端末が実質1円で手に入ります。

2-1 ヨドバシカメラで買える端末、WX02の魅力

この「WX02」、実はこの端末が現時点使えるWIMAXポケットwifiの中でベストの選択にな
ります。

というのもこの端末の先代「WX01」も非常に評判の高かった機種で、このWX02はそれの改
良版に当たるからです。

この端末のメリットについてお話ししていこうと思いますが、その前にみなさんに質問し
ます。

皆さんはモバイルルーターなどのモバイル機器に何を重視しますか?

おそらくバッテリーの持ちや軽さ、持ち運びのしやすさを重視する人が多いのではないで
しょうか。

実はこのWX02、その全てを兼ね備えたまさに「最強」の端末なのです。

2-2 WX02のバッテリーは長持ち!?

どんなに高性能な機器であっても、バッテリーが切れていたらただの文鎮同様ですよね。
しかしWX02なら心配いりません。

「WX02」には、エコモード、バランスモード、ハイパフォーマンスモードの3つの電力モ
ードが有ります。

バッテリー消費量はハイパーパフォーマンス>バランス>エコといった感じです。通信速
度などのパフォーマンスはちょうどこの逆で、エコモードが一番低いといった具合です。

この中で一番無難なのはバランスモードです。

なぜならバランスモードに設定しおけば勝手に電力を抑えて動作するように動いてくれま
すし、一定時間以上通信がないと自動的にスリープモードになって電力消費を抑えてくれ
るからです。

また筆者の経験上、ハイパーパフォーマンスモードにしてもあまり通信速度は変わりませ
んでしたので、バランスモードにするのがオススメです。

連続通信可能時間はバランスモードで8時間ほどです。また、エコモードに設定するとな
んと10時間の連続通信が可能です。

この数字はあくまで連続通信可能時間、つまり常になんらかの通信をしながら使える時間
なので、時々通信したりしなかったりするバランスモードですと丸1日は確実に使えます

「バッテリーが持つって言ったって、そんなもんか」と思っているあなた。
実はまだまだバッテリーが長持ちする使い方が隠されています。

その方法とは「blutooth接続」

みなさんの中にも、blutoothという名前を聞いたことがある方は多いと思います。主にイ
ヤホンやワイヤレスキーボードで使われる言葉ですね。

これはどのようなものかと説明しますと、ケーブルで繋がっていないものどうしを無線で
繋げるための技術です。

なので、主にイヤホン・ヘッドフォン・キーボードで聞くというわけですね。

しかし、この技術はそれだけに限らず、あらゆるデータを送受信することができます。

実際にはあまり大きなデータは送れないのですが、メールやSNSのチェック程度でしたら
ほとんど不便なく行えます。

話を元に戻しましょう。blutooth接続+エコモードを使えば、連続通信可能時間を12時間
まで伸ばすことができます。

動画を見たり大きなデータのやり取りをするには物足りない速度しかでませんが、逆にス
マホやパソコンでメールチェック・SNS・画像が少ないウェブサイト閲覧などの目的なら
十分使えます。

このようにただでさえバッテリーが長持ちするだけではなく、自分の目的に合わせて設定
を変えることでさらに持続時間を延ばせるという利点がこの端末にはあるのです。

先ほどバッテリーが長持ちすると書きましたが、こんな風に思った方はいらっしゃいます
か?

「バッテリーが長持ちするってことは、めちゃくちゃ重くて大きいんじゃない?」と。

いいえ、実はその真逆。薄くて軽いんです。

WX02の厚さはわずか9.3mm。だいたいiPhoneと同じくらいです。

また大きさも、約110×66mmと大変コンパクトで、ポケットに入れてもがさばる心配はあ
りません。
重さも95gとほとんど気にならないくらいの軽さです。

2-3見やすい画面で楽チン!

突然ですが、あなたは実物のモバイルルーターをご覧になったことはありますか?

まだご覧になったことのない方に説明しますと、モバイルルーターには画面も何にもなく、
せいぜい充電状況を表すランプが3、4個あるぐらいの製品がほとんどです。

画面もなしでどうやって設定できるのでしょうか?

実はそのような機種では、1度モバイルルーター本体とパソコンやスマホと接続してから
、webブラウザ(InternetExplorerやsafariなど,インターネット閲覧用のアプリ)経由で設
定を行う必要があります。

正直初心者にやらせるには結構酷な作業だと思いますよ。

しかしその点WX02は非常に初心者に優しい作りになっています。なんってったって本体に
大きな画面が付いているのですもの。

基本的に初期設定や電波の強度、充電状況といった情報は本体についている液晶画面で確
認できます。

そのため初期設定でも煩わしい作業をする必要は一切ありません。

なのでモバイルルーターを買ったことどころか見たことすらないという方でも安心して購
入することができますね。

またWIMAX2+では基本的に1ヶ月毎の通信制限はないものの、3日間での通信制限は存在し
ます。

具体的には3日間で1GB以上通信してしまうと通信制限がかかってしまうという感じですね

(ただし通信制限がかかっていると言ってもYoutubeの標準画質くらいなら問題なく見られ
る程度ですので安心してください。)

そのような仕組みがある以上、今までどのくらい通信してきたか簡単に確認できる機能が
欲しいですよね?

そんな時に活躍してくれるのが先ほどもお話しした液晶画面というわけです。WX02は本体
の液晶画面で直近3日間のデータ通信量を見ることができます。

このような機能があるおかげで、ついついやってしまいがちな通信しすぎ、またそれによ
って発生する通信制限を受けなくて済むようになりますね。

さらに、WX02はモバイルルーターの本業である「通信」に関する性能もダントツなんです。

3-1 えっ!?WIMAXにも2種類あるの?

そもそもWIMAXという通信方式は2種類あります。1つが何も付いていない普通のWIMAX、も
う一つがWIMAX2+というわけです。

何やら凄そうなWIMAX2+。実は本当にすごいんです。
普通のWIMAXと何が違うかと言いますと、まず速度が違います。

WIMAX2+の最大通信速度は220Mbpsという速さです。

具体的にどれくらい早いかと言いますと、現在最速の「光回線」の速さが1Gbpsという速
度ですから、単純計算で光回線の1/3の速度を出せるということになります。

普通のWIMAXと比べるとその差は実に3倍。比べるまでもなく圧倒的に速いです。

3-2 比べて納得、WIMAX2+を選ぶ理由

WIMAX2+にも「エリアが狭い」という欠点があるにはあるのですが、急速にエリアが広が
っているのであまり心配する必要はありません。

というのも、数年後に普通のWIMAXのサービスは終了することが決まっており、今後は完
全にWIMAX2+に切り替わる予定があるからです。

つまり、遅かれ早かれWIMAX2+に統一されるわけですから、今のうちにWIMAX2+を始めた
方が何かと都合がいいというわけです。

3-3 WIMAX2の強みを思いっきり活かせるWX02

前置きが長くなってしまいましたが結局言いたかったことは、「WX02はWIMAX2+に完全対
応している」ということです。

WX02は220Mbpsの高速通信が可能で、WIMAX2+の機能を余すところなく利用できます。

せっかく速い回線を契約したのに端末が対応していなくて高速通信ができないなんて悲し
すぎますよね。でもWX02ならその心配はいりません。

先ほども言った通り、ヨドバシカメラのWIMAXではこんなすごい端末が実質1円で入手で
きてしまうのです。

4-1 WIMAXだけじゃない!?ヨドバシカメラでWIMAXを契約する利点

今まで長々とWIMAXについてお話ししてまいりましたが、この章ではちょっと違うお話を
します。
それは「WIFIスポット」についてです。

今の日本、特に都市部ではあらゆるところでWIFIが使えます。

例えば駅、空港、スターバックス、マクドナルド、新幹線車内・・・挙げていったらキリ
がないほどです。

現在の日本でWIMAXよりも速い通信手段を出先で確保するなら、間違いなくWIFIスポット
を見つけるのが最善の選択です。

また、先ほどお話ししたような「3日で1GB」などという通信制限を回避するのにもWIFIス
ポットは大変役に立ちます。

要するに、できるだけWIFIでできる通信はWIFIで行うということです。

4-2 WIFIスポットとセキュリティ

このWIFIスポットには無料で使えるところと会員登録をしてお金を払わなければ利用でき
ない場所の2種類があります。

そのうちの「無料で使えるところ」なのですが、正直ちょっと問題があります。

というのも、無料で使えるところは得てしてセキュリティが甘いのですよ・・・

ちょっとした休憩ついでに趣味のサイトを見たりする分には構わないですが、仕事のメー
ルなどを送受信する際に盗みみられる危険性があります。

そんな心配をしなくて済むのが有料WIFIスポットです。なぜならパスワードを入力しなけ
れば使えない仕組みになっていますし、最初からビジネス用途を想定しているので破られ
ない暗号を使うなど、セキュリティが強固になっています。

そんな有料WIFIスポットですが、様々な会社が有料WIFIスポットを提供しています。正直
ちょっと乱立気味です。

どうせお金を払うなら、広い範囲で使えるサービスがいいですよね?
ヨドバシカメラではまさにそんなサービスを用意しています。

4-3 ワイヤレスゲートの魅力

見出しの「ワイヤレスゲート」という言葉。

これが、ヨドバシカメラが提供しているWIFIスポットの名称です。
利用できる場所はなんと全国に約40000箇所。

もはや使えない場所の方が少ないかもしれません。

実際、空港や鉄道の駅、新幹線車内はもちろん、パーキングエリア・サービスエリアやカ
フェ・レストランでも使えます。

そのような場所は座りながらじっくり作業をするのに向いているので、長時間の通信をし
がちですが、ワイヤレスゲートに接続すればモバイル回線での通信量を食わなくて済むよ
うになります。

つまり、通信制限の回避に使えるということです。

通常ワイヤレスゲートを使うには390円/月の料金が必要ですが、ヨドバシカメラ経由で申
し込むと無料で使えるようになります。

先ほどもお話しした通り、ワイヤレスゲートだけで日本のあらゆる場所でWIFIが使えると
考えると非常にお得なのではないでしょうか。

これだけ使えて月額が4730円、さらに最初の3ヶ月間は月3991円で利用できてしまうので
す。しかも端末代は1円。

実を言うとヨドバシカメラで申し込むより安く使えるプランはあるにはあるのですが、購
入出来る端末が古かったり、アフターケアが不十分だったりします。

もちろんそれらを許容できる人にとっては大変魅力的になりますが、ヨドバシカメラでWI
MAXを契約すると「充実したアフターケア・サポート」や「ワイヤレスゲート」といった
付加価値が手に入るのです。

これは価値観の問題になってしまうので一概には言えませんが、非常に魅力的だと思いま
せんか?

実際、ネットの評判を見てもヨドバシカメラのWIMAXは高い評価を得ています。

もちろん個人の感想でしかないのは百も承知ですが、高い評判を得るというのは簡単なこ
とではありませんし、それがこのサービスの良さを表していると考えることができるので
はないでしょうか。

数あるWIMAXプロバイダの中でも珍しい、対面契約が可能なヨドバシカメラ。

近くにヨドバシカメラの店舗があるという方は是非1度足を運んで、店員さん是非一度相談
してみてください。

WIMAX

違いがわかる!Yahoo wifiとワイモバイルは同じじゃない?

1-1 実は同じ?Y!mobileとYahoowifiの違い

今や多くの人が利用しているモバイルルーター。

モバイルルーターを提供している会社は複数あり、代表的なところでドコモ、au、ソフト
バンクなどがサービスを提供しています。

そのようないわゆる「3大通信キャリア」以外の会社でも、モバイルルーターを提供して
いる業者は多数あります。

今回はその中でも特に知名度の高いY!mobileとyahoo wifiについてご紹介していきます。

名前が非常に似ているこの2社。
いったいどのような違いがあるのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事ではこの2社の違い、またお得なモバイルルーターの選び方について解説させてい
ただきます。

1-2 Y!mobileの正体

先ほどの項目で紹介したこの2社ですが、結論から言ってしまうと実は同じ企業が提供し
ているサービスとなります。

まずY!mobileですが、その前に皆さんはイーモバイルという会社が存在したのをご存知で
はないでしょうか?

かつて大量にCMを放映していたイーモバイル。
しかし最近はめっきり名前も聞かなくなりましたね。

そしてなぜイーモバイルの話をしたのかと言いますと、実はY!mobileは旧イーモバイルと
ウィルコムという会社が合併してできた会社だからです。

ウィルコムはかつてPHSを提供していた会社で、他社に先駆けて通話し放題サービスを提
供してきた実績がありました。

最近めっきり見なくなったと思ったらこんなことになっていたのですね。

そしてもう一方のYahoo wifi。
こちらはY!mobileが行っているサービスの名前です。

もともとY!mobileは名前の通りYahooと資本関係がある企業なのですが、YahoowifiではY
ahoo本体がY!mobileから回線を借りて通信サービスを提供しているといった形になってい
ます。

1-3 一緒のサービスなのに料金が違う!?

それでは両者の間に何か違いはないのでしょうか?
結論から言ってしまいますと、ある1点を除けば全く変わりはありません。

Y!mobileもYahoowifiもどちらとも全く同じ電波を使っています。

そしてそれに伴う提供エリア、回線速度、また通信制限に至っても両者は全く同じように
かかります。

つまり、Yahoowifiを選んでも、Y!mobileを選んでも何も変わりはありません。
ただしある一点を除きますが。

その一点というのが「料金」です。

2-1 同じ料金なのに安くなる!?

さて、先ほどこの2社の違いは料金のみと書きました。

その通りで、実際この2社は使っている電波やサービスが全く同じなのに、料金が違いま
す。

しかも100円200円単位ではなく、1000円も違う結果になります。

具体的に申し上げますと、Y!mobileの月額料金は3696円に対し、Yahoowifiの月額料金は2
743円と1000円近くもYahoowifiの方が安くなるという結果になっています。

この結果だけ見ると、Yahoowifiを使った方が圧倒的に安くすむということがお分かりい
ただけるのではないでしょうか。

さて、両者全く同じサービスなのにここまで料金の差が出たわけですが、それはなぜなの
でしょうか?

2-2 料金が安くなる驚きのカラクリ

先ほども述べた通り、YahoowifiではY!mobileと全く同じサービスを、1000円以上も安く
使うことができます。

それはなぜなのでしょうか?

結論から言ってしまいますと、Yahoowifiの提供元であるヤフージャパンが、Y!mobileか
ら回線を大量に使わしてもらい、それをユーザーに又貸ししているような感じでサービス
を提供しているからです。

わかりやすく例えると、マンションの広い1室を借りて、それをパーテーションで区切っ
て第三者に安く使わしているような感じのモデルとなります。

これは近年急速に普及を見せているいわゆる「格安スマホ」が使っているMVNOというビジ
ネスモデルを使っているということになります。

これら格安スマホを提供している業者も、例えばドコモやauといった大手通信キャリアの
回線を買って、それをユーザーに安い値段で使わしているといった形で通信サービスを提
供しています。

それと全く同じ関係がこの2社にも見られるというわけですね。
そしてこれこそがYahoowifiが安くサービスを提供できる秘密ということになります。

2-3 安心の通信エリア。ソフトバンクも使えます

今までの項目で、YahoowifiもY!mobileも全く同じサービスが受けられるとご紹介しまし
た。
ということは必然的に電波が通じるエリアも全く同一のエリアとなります。

Y!mobileはご存知の通り、比較的後発の企業です。

ドコモやauといった「老舗」の会社の電波と比べてしまうと、どうしても見劣りしてしま
う面があります。

冒頭でも述べた通り、Y!mobileは旧イーモバイルと旧ウィルコムが合併してできた会社で
す。
また、母体のヤフーもそうなのですが、旧イーモバイル時代からソフトバンクと非常に強
い関係を結んでいました。

旧イーモバイル時代に提供していたポケットwifiでは、ソフトバンクとイーモバイルで全
く同じ機種を提供しており、また両方の会社のエリアが使用可能となっていました。

実はそれは今でも続いていて、Y!mobileで提供しているポケットwifiは、旧イーモバイル
の回線のみならずウィルコム、そしてソフトバンクの回線を使うことができます。

ソフトバンクは他の大手キャリアであるドコモ、auのカバー範囲には親ばないものの、日
本国内津々浦々をカバーしており、今も着々とエリアを広げています。

さらにウィルコムは20年ほど前から日本でPHS事業をやってきた実績があり、また旧ウィ
ルコム末期にはインターネット接続サービスにも力を入れてきたという実績があります。

確かに旧イーモバイルの回線だけではエリアは狭まってしまいますが、これら2社のエリ
アも使えるというのは大きな安心を生むのではないでしょうか。

また、接続する電波の優先順位はソフトバンク>ワイモバイルといった感じになっていま
す。

つまり、まずソフトバンクにつないでから、繋がらない場合はワイモバイル、旧イーモバ
イルの回線につなぐといった感じになっています。

ソフトバンクでは近年「4Gプラチナ」という新しい回線を提供しています。
これはどのようなものか簡潔に言いますと、従来の回線より繋がりやすく、通信が安定し
ている回線となります。

特に都市部においては絶大な人気があり、これによってソフトバンクの回線の品質が上が
ったと評判になりました。

このサービスは本来であればソフトバンク本家と契約しなければ使えないものですが、ワ
イモバイルですと格安でそのサービスを使うことが可能というわけです。

もちろん、旧イーモバイル以外のエリアも一切追加料金なしで利用することができます。

3-1 Y!mobileを使うならこれ!おすすめ端末

ここからは、両者が提供している端末についてお話ししていきます。

基本的にはワイモバイルで提供している端末も、Yahoowifiで提供している端末も同じも
のとなっています。

ただ、Yahoowifiには「お得に使える端末」というものが存在するので、Yahoowifiを契
約するときはそれらの機種を使うことをお勧めします。

まず、ワイモバイルで現在おすすめと言える端末が「Pocket wifi 504HW」というもので
す。

3-2 通信速度が爆速になる驚きのポケットWiFi

このポケットWiFiですが、実は日本で買えるポケットWiFiの中でも一位二位を争うほどの
通信速度を誇っています。

この端末が対応しているのはLTEと3G回線なのですが、このうちLTEに大きな秘密があり
ます。
最近になって始まったサービスで、「キャリアアグリゲーション」というものが存在しま
す。

これはどのようなものかと言いますと、通信を早くする技術となります。

携帯電話の電波というものは、混信を避けるために複数の周波数を組み合わせて出来てい
ます。
今までの技術ですとそのうちの1つの周波数帯しか利用できませんでした。

しかし最近始まったキャリアアグリゲーションに対応している端末で通信をする場合、複
数の周波数帯を同時に使って通信することで、従来よりも圧倒的な速さで通信することが
できます。

簡単に例えると、複数の車線にまたがってすごく大きなトラックを運転するようなもので
す。

そして冒頭に紹介した「Pocket wifi 504HW」はそのキャリアアグリゲーションに対応し
ているので、かなり高速で通信することが可能となります。

高速モバイル回線として有名なものはWIMAXですが、キャリアアグリゲーションに対応し
ている端末の場合それに匹敵するほどの速度で通信することができます。

3-3 安心のバッテリー持続時間

さて、いくら高速に通信できると言ってもバッテリーがあまり持たないのでは意味があり
ませんよね。

実際、高速通信可能な機種というものはそれなりにバッテリーの消費が激しいものが多く
、通常の機種よりもバッテリーが持たないということが往々にしてありました。

さて、この機種の場合はどうでしょうか?
結論から申し上げますと全く心配ありません。

この端末には3000mAhという大容量のバッテリーが搭載されており、電源を入れっぱなし
にしていても900時間、つまり約1ヶ月間もバッテリーを持たせることができます。

しかも、連続で通信を行ったとしても9時間もの間バッテリーを持たせることができます

実際に使用するときはおそらく通信したりしなかったりするような使い方をするでしょう
から、普通に使う分には2日間ほどはバッテリーを持たせられると思います。

また、バッテリーを節約する方法として、「使わないときは電源を切り、使うときにその
都度電源を入れる」というのがありますが、この方法は少し面倒くさいものです。

あなたにも、ポケットWiFiが起動するまでは少し時間がかかり、そのせいでいちいち電源
を入れるのが億劫になってしまうという経験があるのではないでしょうか?

しかしこの端末ならそんなこともありません。

この端末は高速起動というものに対応しており、電源ボタンを押してからわずか5秒で起
動が完了し、使える状態になります。

先ほど申し上げたバッテリー持続時間はいずれも「電源が入った状態」での数値になりま
すから、使わない時間は電源を切り、使うときだけ電源を入れるという使い方をした場合
バッテリー持続時間はもっと伸びることがわかりますね。

4-1 Yahoowifiをお得に使う最強の技、Yahooプレミアムアカウント

続いてはYahoowifiで購入できる端末のご紹介をします。

Yahoowifiでも先ほどご紹介した「504HW」は購入可能なのですが、実はもっとお得に利用
出来る端末が存在するのです。
それが今回ご紹介する「401HW」です。

この端末は先ほどの「504HW」と同じく、ファーウェイ製のポケットWiFiで、非常にコン
パクトで軽い端末となっています。

先ほど「504HW」は黒を基調としたシックな端末であったのに対し、こちらの「401HW」
は白を基調とした親しみやすい端末となっています。

先ほど、Yahoowifiでは月額2743円でポケットWiFiを使うことができると述べましたが、
その料金の対象機種がこの「401HW」となっています。

また、Yahoowifiではその料金からさらにお得に使う方法が存在しています。

その方法とは、「Yahooプレミアム割引」というものです。

Yahooのサービスを日常的に使っている方ならご存知かと思いますが、Yahooのアカウン
トには通常アカウントとプレミアムアカウントというものが存在します。

Yahooオークションを使っている方は多いと思いますが、出品にはプレミアムアカウント
が必要になりますので、Yahooオークションで出品を行ったことがある方は確実にYahoo
プレミアムアカウントをお持ちだと思います。

そのYahooプレミアムアカウントをお持ちの方がこの端末を契約した場合、この料金から
300円割引された月額2480円でポケットWiFiを利用することが可能となります。

4-2 Yahooで選べる最強端末1401HWとは

では、この項目では具体的に「401HW」の何が優れているのかについておほなししていき
ます。
まず手にしてみて一番わかりやすいポイントは、ズバリその重さです。

ポケットWiFiは大体どの機種であっても100グラムほどの重さが主流ですが、この端末の
重さは何と75グラムとなっています。

1Phone6sの重さが143グラムといわれているので、この端末はその約半分の重さであるこ
とがわかります。

スマホの他にわざわざもう一台持ち歩くのですから、なるべく重いものは持ち歩きたくな
いですよね。

そんな方にオススメなのがこの端末というわけです。

4-3 恐怖の通信制限を回避しよう

スマートフォンやポケットWIFIをお使いの方にとって恐怖の対象となっているのが「通信
制限」

こまめに確認しないと、いつの間に通信制限がかけられていて、肝心な時に使えないなど
の問題に直面して困ることがありますよね。

しかし、こまめに確認するといっても、その確認手段は意外とめんどくさいもので、つい
つい忘れてしまいます。

携帯会社のページに行って確認するのが主流ですが、確認するためにいちいちパスワード
を打ち込んだりする手間がかかるため、ついつい億劫に感じてしまいますね。

ましてディスプレイが存在しないポケットWIFIではもっとめんどくさい手段が必要なもの
でした。

しかし、この端末にはディスプレイこそないものの、端末上で今までの通信量を確認する
ことが可能なので、こまめに通信量を確認して通信制限の回避に役立てることができます

■おわりに

いかがだったでしょうか?

このように、YahooWIFIにはワイモバイルとは異なる魅力があります。

また、ヤフーのプレミアム会員など、ヤフーのサービスを活用している人が多い日本では
かなりオススメのキャリアと言えるのではないでしょうか。

皆さんもこれを機に、YahooWIFIで快適なモバイルライフをお過ごしください。

通信制限がかからないWIMAX以外のモバイルルーターは?

■WiMAXは部屋の中で電波が入りにくい、WIMAX以外のモバイル通信サービスは?

・WIMAXが部屋の中で電波が入りづらい理由
・スマホのテザリング機能があります!

WIMAXは室内で繋がりにくく、電波も不安定になってしまうという口コミを
よく見ますが、どうしてこのように室内の通信に弱いのでしょうか?

調査の結果、WIMAXは2.5GHzという他のモバイルルーターよりも高い数値の
周波数帯を利用して通信していることが分かりました。

高い数値の周波数帯は電波が強く大容量のダウンロードもあっという間に
出来てしまいます。特性としては光ににている電波なのです。

しかし、電波が強すぎて建物などに回り込むことが苦手です。ビルやマンションの
外壁にぶつかって通信が途切れてしまうのです。

WIMAXが室内で不安定なのはこのためですね。高速で力強い電波では、
なかなか室内にまで到達できないのです。

室内にまで到達できる無線通信と言えばスマホですが、スマホには、
テザリングというモバイルルーターと同じ役割をする機能があります。

パソコンなどで通信を行う場合は、このテザリングでも通信できます。
テザリングはこのような手順で使用してください。

■テザリングの使用方法

・DOCOMOのスマホの場合は?
・テザリングはどれくらいの種類があるのか?

では、テザリングはどうやって行うのでしょうか?
ここでは、例としてDOCOMOのスマホでテザリングを行う方法をご紹介します。

まず、DOCOMOのスマホでテザリングを行うにはspモードに加入をしましょう。
設定→インターネット共有→インターネット共有をオン→利用したいテザリング
方法を選ぶ→パスワードを確認

この手順でテザリングが出来ます。テザリング中はメイン画面に「インターネット
共有中」という文字が出ます。

調べてみると、DOCOMOのテザリングには3種類あることが分かりました。

WiFiテザリングでは、スマホとゲーム機やパソコンなどをWiFiでインターネットに
接続します。ゲーム機やパソコンが子機となり、スマホが親機となって通信を
するため、子機は複数台同時に接続できます。

USBテザリングはUSBケーブルでパソコンとスマホを繋いで利用するテザリング
です。有線接続ですのでWIFIテザリングより、通信が安定しやすいです。

BiuetoothテザリングはスマホとカーナビやパソコンをBluetoothで繋ぐ
テザリング方法です。WiFiテザリングよりも電池の持ちが良いので、
長時間の連続通信がしやすいのが特徴です。

■WiMAX以外のモバイルwifiルーターで繋がりやすいのは?

・楽天スーパーwifiの401HW
・4種類の通信を利用して接続するので安定性がバツグン

調べてみると、月額3,696円で利用できる楽天スーパーwifiの401HWが
繋がりやすく使い勝手がいいことが分かりました。

本体にあるボタンはオン・オフのボタン1つだけで、細かい操作は一切不要
なのです。機会が苦手な方でも気軽に使えます。

また、通信エリアはワイモバイルのLTEと3G、SoftBankの4GとULTRA SPEED
の4つの通信を利用することが出来るので、幅広い周波数帯で安定した通信を
実現しています。

SoftBankのULTRA SPEEDは1.5GHz、ワイモバイルLTEと3Gは1.7GHzと
いう数値が低い周波数帯は電波が建物に回り込む安く室内でもスムーズに
繋がることが出来ます。

SoftBank 4Gの2.5GHzという高い周波数帯は大容量のデータでも高速で
運んでくれる光に似た通信です。

このような複数のネットワークを使えるモバイルルーターなら、スムーズに
インターネットに繋がることが出来ます。

■契約時の際とはプリントアウトしておきましょう

モバイルルーターの契約期間は2年間です。

契約時のキャンペーンの内容はその期間に変わってしまうことがほとんどですので、
サイトをお気に入りに保存ではなく、プリントしておいてください。

注意事項の項目までプリントしてファイルに綺麗に保管しておきましょう。
もしもの時に安心ですよ。

■ポケットWIFIの定義って結局なに?

・持ち歩ける無線通信機器のことをポケットwifiと呼ぶ
・都市部ではWiMAX、地方ではLTE

ポケットwifiとは、基地局から電波を受信し、それをスマホやパソコン、
タブレットなどに転送することでインターネット接続するための機器です。

調べてみると、Wifiとは無線LANルーターのことで本来ならインターネットに
回線で繋がり、無線でスマホなどに通信を行うのですが、ポケットwifiは
基地局との通信も無線、スマホなどとの通信も無線で行います。

そのため、家の中でも外でもインターネット接続することができるのです。
つまりポケットwifiの定義とは持ち運べるコードレスLANルーターです。

ポケットwifiの会社によって通信できるエリアが違うので、自分の住んでいる
地域に該当する通信エリアのポケットwifiを選びましょう。

また、ポケットwifiにはWIMAXとLTEの2種類の通信があり、WIMAXは都市部に
基地局が多く、安定した通信ができるからです。

LTEは地方に基地局が多いことと、周波数が低く広範囲に電波が行き届くので、
地方に向いています。

しかし、WIMAXの電波は周波数が高くコンクリートの壁などにぶつかってしまい、
室内の通信に向いていない場合もあります。

こうした場合はLTEがいいでしょう。LTEは周波数が低いので電波が曲がり
やすく室内の奥まで電波が行き届きます。

■ポケットWIFIの月間の通信制限

・月間7GBはどれくらいの通信量?
・スマホの通信制限にかかったことがなければ問題なし

調べてみると、ポケットwifiには月間7GBという通信制限が設けられている
ことがよくあるのです。しかし、この7GBという数値はどれくらいの通信量
なのでしょうか?

7GBを具体的に表記すると、これくらいになります。

メールが約1,870万通、YOUTUBEなどの超高画質動画が約33時間、
普通のサイトが約50,600ページ、音楽のダウンロードが約1,790曲

月間とは言え、ここまで多くの通信をする人は一部に限られています。
普通にネットサーフィンをしてSNSをしてメールをしてたまに動画を見て、
という程度の方なら、まず通信制限に引っかかることはありません。

音楽のダウンロードやファイルのダウンロード、動画サイトへの生配信など
はしない場合は、無制限のポケットwifiにこだわる必要はないのです。

■ポケットwifiは海外でもお得に使える

・海外パケットを使うと、通信料金が1日1,980円~2,980円!
・海外では通話機能が使わないようにする

調べてみると、海外旅行の際は日本でつあっているキャリア会社の提携事業者
の電波を借りてスマホなどを日本と同じように使うことが出来ます。

しかし、通信料金がとても高額で1日に1,980円~2,980円くらいの金額が
かかってしまいます。この料金を毎日支払うことになります。また、提携事業者
以外の業者の回線に接続をして、通信を行った場合は、数十万円の請求が
来ることもあります。

また、海外で通信をするもうひとつの方法としてポケットwifiをレンタルして
通信をする方法があります。

これなら、ポケットwifiのレンタル料金しかかからないので1日1,0000円~
1,500円で済みます。通信無制限なものが多く通話の代わりにSkype、
メールの代わりにLINEでやり取りをすれば連絡面でもこまりません。

さまざまある海外の業者の中でも「グローバルWiFI」はが海外の携帯電話事業者
と直接契約をしているので、現地で実際に使えるかどうかを検証してサービス
提供を行っています。信頼度の高い業者と言えます。

■ポケットwifiの通信を安定させるためには

・障害物がないところで通信を行いましょう

調べてみると、ポケットwifiのような無線通信は建物の壁や木、ドアなどに電波を
遮られると通信が不安定になってしまい、最悪届かなくなることもあります。

ですので、ポケットwifiで通信をする時はベランダなどに出たり、窓を開けたり
して障害物を出来るだけ、どけるようにしてください。また、窓を開けなくても
窓際で通信をするだけでも効果はあります。

■LTEで通信制限がかからないキャンペーンを行っているヤフーwifiがいいかも

・ヤフーwifiのお得なキャンペーンは月間無制限
・3日間で1GBの通信制限はあります!

ヤフーwifiで行っている「305ZT」を対象とした月間無制限の料金プランは
月額3,696円です。初期費用3,000円で端末代は無料です。

毎月ユニバーサルサービス料という電話サービスを全国的に安定して利用できる
ように負担をする費用が掛かります。月額4円となっています。

契約から2年間は月額3,696円で月間の通信量が無制限で利用できます。
しかし、前日までの3日間の通信量の合計が1GBを超えた場合は、翌日の
6時まで通信制御がかかるしくみになっています。

これは、帯域制御の運用に関するガイドラインに基づいて設定されているもので、
全てのヤフーwifi305ZTのユーザーが本当に無制限に通信をしてしまうと、通信
回線が混雑してしまい、速度が落ちじるしく落ちたり、通信自体できない状態と
なってしまいます。

通信が混雑するのを防ぐために必要な制御ですので、通信のし過ぎに注意を
しながら、インターネットを使いましょう。

■WIMAXは完全無制限だけど、室内では繋がりにくい

・WIMAXの通信は制限がない
・au 4G LTEの通信量には注意を!
・周波数が高くて電波がさえぎられやすい

WIMAXには、WIMAXの通信モード「ノーリミテットモード」とWIMAX2+の通信
モード「ハイスピードモード」が月間の上限に関係なく通信できるプランがあります。

「UQ Flatツープラス ギガ放題」では、au 4G LTEの通信モード「ハイスピードエリア
プラスモード」で月間7GBの制限がかからない限り無制限で利用できます。

また、3日間の通信制限も「WIMAX2+」と「au 4G LTE」合計の通信量が3GB
以上になった場合のみ翌日までかかりますので、WIMAX2+の通信をメインで
行えば問題ありません。

また、どの料金プランでもWIMAXの「ノーリミテットモード」には制限がかかりません。
インターネットを1日中使いたい人に向いていますが、普通のユーザーは、ヤフー
wifiでも通信量は十分足ります。

UQFlat ツープラスは月額4,380円と割高なので自分の通信量にあっている
プランや会社を選びましょう。

また、WIMAXの周波数帯は2.5GHzでポケットwifiのような無線通信に向いている
周波数帯800MHzを大きく超えています。

それだけ高速な通信ということなのですが、あまりにも高速すぎて光に近い特性
のため、電波が曲がりにくく家の中に到達するまでに不安定となります。

光固定回線の場合は、ケーブルの中を電波が通りますので、曲がりにくくても
問題なく家の中まで届くのです。室内でも安定した通信が可能なのはヤフーwifi
のようなLTEです。LTEは周波数帯が低いので曲がりやすく繋がりやすいです。

ヤフーwifiはワイモバイルとソフトバンクの2種類の通信、合計3種類の
通信を使えるのですが、WIMAXよりも周波数帯は低く800MHzに近いです。

ソフトバンク 4G LTE 2.1GHz
ワイモバイル LTE ネットワーク 1.7GHz
ソフトバンク 4G 2.5GHz

月間無制限で安定した通信が出来るヤフーwifiは、初めてポケットwifiを
持つ方にも向いている端末です。

■実際に305ZTを使ったユーザーの口コミ

・通信速度と安定性が高く、快適に通信できる

305ZTを実際に使ったユーザーの口コミを調べてみました。通信速度が
下り50Mbps前後安定性はping値30msという通信環境だったそうです。

WIMAXは実測40Mbps~60Mbpsくらい出るのですが、ping値が100msを
超えてしまうことがほとんどなのです。ping値は通信の安定性を示すのですが、
数値が50ms以下であれば通信が安定している証拠なのです。

どんなに通信速度が速くても安定していなければ、スムーズにインターネットを
見ることが出来ません。インターネット環境で大切なのは通信速度ではなく
安定性の方なのです。

ヤフーwifiは、WIMAXと速度はあまり変わらないのですが、安定した通信を
することが出来るので、体感的にはヤフーwifiの方が繋がりやすいです。

■特典のTポイント5,00ポイントプレゼントの条件

ヤフーウォレットに登録済みであることと、ヤフーJAPANのIDをポイントが加算
される前に削除しないことがTポイントプレゼントの条件となります。

また、当然ですが、登録内容に虚偽があった場合は、キャンペーン適用
対象外となりますので、正しく登録してください。

引越でフレッツ光のエリア外に住むことに。違約金はかかる?

■引っ越し先がフレッツ光のエリア外、違約金はかかる?

・普通の引っ越しの場合の移転工事費はこの金額
・エリア外への引越では費用などはどうなるのか?

フレッツ光の契約を続けながら、引越をすることになった場合、本来で
あれば、移転工事費として、戸建てへの引越なら9,000円、集合住宅
への引越なら7,500円がかかります。

引越にはこの移転工事費がかかるだけで、解約料はかかりません。

しかし、フレッツ光のエリア外への引越となると、移転先でサービスを受ける
のは無理になるため、解約が必要となります。

こうした契約者の個人的な理由ではない場合の解約にも解約金は発生
するのでしょうか?

フレッツ光の公式サイトをみてみると、エリア外への引っ越しの場合は解約金が
発生しないようになっています。しかし、一つだけ条件があるのです。

これは「フレッツADSLに乗り換えをすること」です。フレッツADSLとはNTTの
電話回線を利用して通信を行うインターネット回線のことです。

設置工事などは必要なく、電話回線にLANケーブルを差し込み、LANルーターを
設置するだけで通信ができるようになります。

申し込みから実際に利用し始めるまで、フレッツ光では1ヶ月以上かかって
しまうのですが、フレッツADSLでは1~2週間で通信できるようになります。

ADSLは料金が安い代わりに通信速度が遅いという特徴があります。
しかし、この速度の遅さは一般的なインターネット・ユーザーであれば
気にならないくらいの速度なのです。

■フレッツ光からADSLに乗り換えをすると変わること

・通信速度と月額の料金が大きく変わる
・初期工事費は自分でモデムと設置すると割安に!

調べてみると、フレッツ光からADSLに乗り換える場合、このような変化が起きます。
まず、フレッツ光の「ギガ放題ファミリータイプ」を例にフレッツ光の料金をみていきます。

月額利用料金 4,600円+ プロバイダ料金500円~= 実質5,100円~
となります。解約金は9,500円までかかります。

一方のADSLのモアIII(47Mタイプ)は

月額料金 実質4,545円+プロバイダ(niftyの場合)料金1,250円+
ADSLモデムレンタル料490円=6,295円かかります。

フレッツADSLには最低利用期間がないので解約金はありません。
料金が安いADSLですが、固定電話がなく、いい条件のプランを選ぶと
このように高額になります。

また、フレッツ光では戸建てタイプだと15,800円かかる初期費用ですが、
フレッツADSLではモデムを自分で設置することにより、初期費用が割安になります。

いくらくらい変わるのでしょうか?

■ADSLの初期工事費はいくら?

・フレッツADSLに来てもらって工事をする場合の費用
・自分でモデムを取り付ける場合の費用

調査の結果、フレッツADSLに来てもらって回線の設置工事を行う場合は、
電話共用型だと・・・

基本工事費 4,500円
交換機など工事費 2,050円
ADSL屋内配線工事費 4,800円
機器工事費 7,300円
合計 18,650円

ADSL専用型の場合だと・・・

基本工事費 4,500円
交換機など工事費 1,200円
ADSL屋内配線工事費 4,800円
機器工事費 5,500円
合計 16,000円

これが、自分でADSLモデムなどの取り付けを行う場合・・・

電話共有型の場合は
基本工事費 1,00円+交換機など工事費 2,050円=3,050円

ADSL専用型の場合は
基本工事費 1,000円 交換機など工事費 1,200円=2,200円
と、かなりお得になります。

■ADSLの料金プランはどれくらいの通信速度が出るのか?

・モアIII(47M9なら速度は最大約47Mbps
・インターネットサービスを快適に利用するために必要な速度
・大切なのは通信速度ではなく安定性?

フレッツADSLのモアIII(47M)プラントはどれくらいの通信速度が出るの
でしょうか?調べてみました。

まず、47Mとは通信速度の値47Mbpsを表しています。フレッツ光の最大速度は
1Gbpsです。1Gbps=1,000Mbpsですので、ADSLがかなり遅いと思われるかも
しれませんが、実は、47Mbpsでもインターネットを利用するには十分な速度なのです。

インターネットで超高画質な動画をYOUTUBEで見る場合でも通信速度は
3.5Mbpsあれば足ります。インターネットを利用するにあたって必要なのは
通信速度ではなく、通信速度が安定していることなのです。

■フレッツ光以外のインターネット環境で速度が速いものがいい

・フレッツ光の速度と安定性について
・フレッツ光以外の光回線はこちら

調べてみると、フレッツ光回線の最大通信速度は1Gbpsです。また、電話回線
を使って通信するADSLとは違い、家電の電波に通信が妨害される心配が
ありません。

また、基地局と呼ばれるフレッツ光の通信を発信する施設から家の距離が
遠くても通信速度が落ちにくく、安定した高速通信を利用できるのです。

そんなフレッツ光以外で高速で安定した通信が可能な回線はあるのでしょうか?
フレッツ光以外の光回線についてお話ししていきましょう。

「auひかり」
au光はKDDIが提供している光回線のインターネットサービスです。
東京電力の回線を買い取って通信していますが、東京電力の回線が
無い地域ではNTTの回線をレンタルして通信をしています。

インターネット上で簡単に契約出来て、プロバイダの種類もいくつかあり、
月額の利用料金がプロバイダ料込になっているので、安いです。

フレッツ光では戸建てのギガ放題プランが月額5,100円~ですが、auひかりは
1年目は月額5,100円、2年目は5,000円、3年目は4,900円と安くなります。

通信速度はフレッツ光程ではありませんが、速いのも特徴の一つです。
最大速度はフレッツ光と同じ1Gbpsですが、50Mbps~100Mbpsが
実際の出る速度という記事もあります。

「eo光、コミュファ光、メガエッグ、ビビック」など
eo光などの光回線は各地方の電力会社が提供している光回線のサービスです。
フレッツ光のように全国的なサービスを行っていないものの、地域に密着した
サービスを行っています。

例としてeo光の月額利用料を見てみると、今ならキャンペーンで最大速度
1Gbpsのコースが月額2,953円で1年目を利用することができます。

2年目は月額4,953円、3年目~5年目は4,795円、6年目以降は4,543円
と高額になっていきます。しかし、5,000円以下でフレッツ光よりもお得ですね。

このようにフレッツ光以外にもさまざまな光回線があるのです。

■最近のネット回線はモバイル通信(無線通信)が中心

・手軽に始められるモバイル通信
・実際の通信速度は?

手軽に始めることが出来るモバイルルーターは、最近ではネット回線の中心に
なって来ています。

プロバイダの公式サイトから直接申し込みをして、早ければ翌日には通信
端末が届き、設定をしたらすぐに始めることが出来る点が大きなメリットです。

無線での通信ですので、回線工事が必要なく引っ越しの際もそのまま新しい
家で使うことができるので2年間の契約期間や解約金を固定回線ほど心配
しなくていいのです。

また、家の中でも外出先でも利用することが出来て、利便性も高いです。
モバイルルーターにはWiMAXとLTE2種類の通信方法があり、WiMAXでは
最大で220Mbps、LTEでは最大165Mbps出ます。

しかし、実際のWIMAXの通信速度は40Mbps~60Mbpsくらい、
LTEでは10Mbps~25Mbpsくらいとなります。

auひかりの実際の通信速度は50Mbps~100Mbpsですので差はありますが、
十分インターネットを活用できる速度で、固定回線の代わりになります。

■スムーズな通信に必要なのは速度ではなく安定性

・通信速度は10Mbpsもあれば十分通信できる
・通信をしっかりキャッチする場所をルーターの特等席にしましょう!

通信速度が最大で1Gbpsある固定騎亜線がもてはやされていますが、
実はインターネットのすべてのサービスは10Mbpsもあれば十分できるのです。

高画質な動画でさえ、3.5Mbpsあれば閲覧でき、オンラインゲームも2Mbpsも
あれば十分プレイできます。速度よりも大切なのは安定性なのです。

通信の安定性はping値と呼ばれる単位であらわされます。ping値が低ければ
低いほど通信が安定しているのですが、理想的なping値は50msです。

モバイルルーターの場合は、通信を遮るものを少し手もどかすことで
このping値を安定させることが出来ます。まず、モバイルルーターの
端末は窓際に置きましょう。ガラスは通信を通しやすいからです。

そして、モバイルルーターがおいてある部屋の無いので通信をしてください。
無線はとても弱いので家の中のドアでも遮られ、安定性が下がってしまいます。

■キャッシュバックを受け取り忘れないよう注意してください!

モバイルルーターには契約をすると、キャンペーンでキャッシュバックしてもらえる
ものがあります。

しかし、これは契約の際にキャッシュバックされるのではなく、契約から11カ月後と、
かなり時間が経ってから受け取るシステムになっています。

調べてみると、キャッシュバックをする際に確認のメールが送られてくるのですが、
そのメールに返信をしないとキャッシュバックが振り込まれなくなります。

しっかりキャッシュバックを受け取るため、手帳にキャッシュバックの予定を記入
しておきましょう。

■スマホのネット回線とモバイルwifiルーターはどう違う?

・スマホのネット回線の仕組み
・モバイルwifiルーターの回線の仕組み

スマホやモバイルwifiルーター、タブレットなどさまざまな無線通信機器が発売され
私たちの生活には無線通信がかかせないものになっています。

スマホもモバイルwfiルーターも同じ無線通信ですが、実は通信の種類が
違うのです。ここでは、スマホの回線とモバイルwifiルーターの回線の違い
についてお話ししていきましょう。

まず、調べてみるとスマホの回線はそれぞれのキャリアの回線を利用しています。
スマホの通信には電話とデータ通信があります。

電話は電話局の交換機を通って、音声データを電話回線でつないでいます。
電話が通じるためには「POI」と呼ばれる関門交換機が必要なのです。

NTTドコモのスマホからソフトバンクのスマホへ電話をかけると、ドコモからソフト
バンク向けのPOIを通って電話をかけます。つまり、ドコモからソフトバンク向け、
ドコモからKDDI向けとそれぞれの相性ごとに専用のPOIがいるのです。

通話が多様化すればするほどPOIが必要性を増し、その役割は重要になります。

一方のデータ通信は音声だけではなく、データのやり取りをします。電話と同じく、
電話局に繋がり、そこのパケット交換機からゲートウェイを通ってインターネット
へと繋がっていくのです。

つまり、スマホ→電話局→パケット交換機→ゲートウェイ→インターネット
という流れになります。

では、モバイルwifiルーターの回線はどういった仕組みなのでしょうか?
調べてみました。

モバイルwifiルーターはいわば持ち運べる無線LANルーターですので、
スマホなどの通信機器→モバイルwifiルーター→基地局→インターネットと
とても単純です。

■それぞれのモバイルwifiルーターの回線は違う!

・キャリアの端末はキャリアの回線を使って通信している
・ワイモバイルとWiMAXの回線は?

モバイルwifiルーターと一口に言っても実は様々な会社から発売されています。
しかし、元をたどるとDOCOMO、au、SoftBank、ワイモバイル、UQ WiMAX、
この5つの会社しかないのです。

調べた結果、DOCOMOのモバイルwifiルーターはDOCOMOの回線を、auは
auの回線を、SoftBankはSoftBankの回線を利用しています。

そして、ワイモバイルも独自の回線を利用しているのですが、
ソフトバンクの回線をレンタルして利用もできます。

また、WiMAXはWiMAX独自の回線で通信を行います。しかし、KDDI
グループですので、au 4G LTEの通信サービスも利用することが出来ます。

■複数の通信を利用できるモバイルwifiルーターがおすすめ

・複数の通信が使えるキャリアアグリケ―ション
・安定した高速通信ができる

ワイモバイルのように、複数の周波数を同時に利用して通信を行うことを
キャリアアグリケ―ションと言います。1種類の周波数帯でしか通信できなかった
従来のものより、効率よく安定して通信を行うことが出来るようになりました。

例えば、ワイモバイルなら通信を使用とした場所がワイモバイルの通信エリアに
入っていなかったとしても、ソフトバンクのエリアに入っていれば通信可能です。

速度が上がるだけではなく通信できるエリアも広くなり、通信の安定性も
高まります。無線通信が不安定になりがちなので、無線通信のデメリットを
カバーしてくれます。

■用途に合わせてモバイルwifiルーターを決めましょう!

・ヘビーユーザーならWIMAX!
・あまりインターネットしないなら最安値級のプランを!

人によって、1日のインターネット利用時間は大きく違い、またその用途も
大きく違います。それと同じようにモバイルwifiルーターにもそれぞれ大きく
違う特徴があるのです。

また調べた結果、WIMAXには通信量の制限がありません。定額で好きなだけ
通信が出来るので、インターネットを1日中使用しているヘビーユーザーに
ちょうど良い環境と言えます。

そして、SNSやメールをする程度という場合は、業界最安値級の月額2,743円
で月間7GBの通信量を使えるヤフーwifi303HWがいいでしょう。

自宅に来ていない光回線は引けないってどういう意味ですか?

■自宅に光回線が来ていないと言われたけどどういうこと?

・光回線で通信をする仕組み
・自宅に回線が来ていない場合

調べてみた結果、インターネットは外の電線から光回線を引いてきて、
集合住宅の階段や通路などの共同スペースまで1本の回線で通信を
行います。

そこからそれぞれの部屋へ通信回線が分割されて室内でインターネットが
使えるようになるのです。

つまり、1つの集合住宅に付き、引いてこれる回線は1種類のみで、自分の
好きな回線を選ぶことはできません。

また、光回線が来ていないということは通路や階段などの共同スペースに
まで1本の回線を通す工事を行っていないということです。

つまり、インターネットに全く対応していない住宅ということになります。
また、光回線は通信エリアに含まれている地域でしか通信できません。

ですので、光回線を引きたいけれど通信エリア外なのでできないという
理由もあるかもしれません。

どちらにせよ、回線自体が来ていないのであれば光回線をひくことは
できないのです。

集合住宅の大家さんに行って光回線を引いてもらうか、モバイルwifiルーター
という無線でインターネット通信をする機器を購入するかしましょう。

また、自宅が戸建てである場合はフレッツ光の公式サイトから申し込みをして、
通信エリア内であれば回線工事をすると通信ができるようになります。

■アパートに光回線を開通するには?

・大家さんの協力が必要不可欠
・光回線が通っている集合住宅でも大家さんに確認を!

集合住宅に光回線が来ていない場合は、大家さんに光回線を通して
もらう必要があります。

共同スペースの回線の工事費用や管理費は大家さんが負担をすることに
なりますので、この費用を支払うことが出来ないという理由で光回線が来て
いない場合もあります。

集合住宅に光回線を通すのは大家さんですから、大家さんに交渉をしましょう。

また、光回線が来ている集合住宅でも共同スペースまでしか回線が来ておらず、
各部屋までは到達していないこともあります。

そうした場合は、集合住宅に途中まで引かれている回線と同じ種類の回線を
契約して、部屋まで引く工事を行うのですが、契約をする前に大家さんに
断りましょう。

また、工事の日を事前に知らせておくのも大切なポイントです。

■光回線の工事では外壁に穴をあけるって本当?

・極力穴をあけないようにしてくれる
・工事前に疑問を解消しておきましょう

光回線の工事について調べてみると、外壁に穴をあける工程があることが
分かりました。しかし、実際の工事内容は穴をあけないように工夫してくれる
ようです。

フレッツ光の場合は、東日本だと電話用の配管など、共用可能な配管に
光回線のケーブルを通して、配線工事を行うようです。

しかし、電話用の配管が難しい場合は、エアコンのダクト口からケーブルを
通して回線を設置します。それも無理な場合のみ外壁に穴をあけるようです。

西日本の場合も、まず電話配管の利用を試みます。無理な場合はエアコンの
ダクト口から、それも難しいようなら外壁に穴をあけます。

au光の場合は、電話回線・CATV回線などの配管やエアコンダクト、換気口
などの部分を優先的に使ってケーブルを通します。外壁に穴をあけるのは
やはり最終手段のようです。

eo光は屋外外壁に光ファイバーケーブルの留め具や固定用アンカーなどを
取り付けます。金具を止めるために外壁に数か所穴をあける必要が合います
が、ケーブルを通すようには他の光回線と同じように、配管を優先して使います。

また、工事前に外壁に穴をあける必要があるかどうかを聞いておきましょう。
工事をしてしなったら引き返せなくなってしまうので、疑問点はしっかり解消
しておいてください。

■モバイルwifiルーターなら、工事や手続きの心配がありません

・手軽に始められるインターネット環境

調べてみると、モバイルwifiルーターは面倒な手続きも不要で申し込みから
最短翌日に端末が自宅に届きます。簡単な設定をするだけですぐに通信を
することが出来るので、とても便利です。

光回線のように集合住宅の事情や回線がどれだけ来ているかに左右されずに
通信エリア内であれば、利用することが出来るのです。自宅が完全に回線に
対応しておらず、光回線は無理だった場合はモバイルwifiルーターを選択しましょう。

■auひかりもフレッツ光も引けない理由

・光を引けないケースは電線が地下に埋まっている場合
・建物の状態などにもよります

調べてみると、auひかり、フレッツ光の通信可能エリア内でも回線を引けない
ケースがあります。一体、どのようなケースなのでしょうか?

auひかりもフレッツ光も、街中にある電線の中の1つが回線なのです。

ですので、町の美化のために電線を設けず地下に埋めている地域では、
2つの光回線も地中に埋まっているので配線工事が難しい状態となります。

地域によっては工事が可能な場合もありますが、工事不可となることが多いです。
auひかりはKDDI独自の光ファイバーでサービス提供していますが、東京電力の
光ファイバーを買い取って通信しているのです。

東京電力の光ファイバーの範囲でない地域ではNTTの光ファイバーを借りて
通信を行います。NTTの光ファイバーの地域では地下に電線が埋まっていると、
工事ができません。

フレッツ光はNTTの光ファイバーのみですので、地域の許可が下りれば
工事できます。

また、光回線の通信エリア内でも自宅のすぐ近くまで回線が来ているとは
限りません。自宅まで回線の延長工事をする場合は、国道などを横断する
こともあります。

その場合は、役所に申請を行い許可を得てから工事に入りますので、工事は
可能なのですが、大幅に日数がかかります。

そして、外の回線から自宅までが近くても位置関係などで近所の庭などに
光ファイバーを通すこともあります。このケースは土地の所有者の許可が
下りない限り、工事はできないのです。

このように、通信エリア内でもさまざまな事情で回線の設置が難しいケースも
あります。

他には、回線を通す配管が古くてボロボロになってしまっている時は回線が
傷ついたりする危険があるため、工事が出来ません。

■ADSLは速度が遅いがたまにしかインターネットを使わない人ならOK

・ADSLの通信環境は実は問題ない
・利用をし始めるには?

インターネットを電話回線を利用して使うADSLは通信速度が遅く、ストレスが
溜まるという口コミをよく目にします。

しかし、しらべてみるとこのようなことが分かりました。ADSLは光ファイバーに
比べて通信速度がとても遅く、ストレスを感じるイメージだと思います。

ですが、超高画質な動画を見る時でも必要な通信速度は3.5Mbpsなのです。
普通のサイトをみたり、メールやSNSをするくらいなら1Mbpsあればたります。

光ファイバーは最大通信速度が1Gbpsと大々的に宣伝していますが、まず必要の
ない速度ですし、完璧に整った利用的な環境で最新のパソコンでない限り体感
できない速度です。

メールとSNS中心で動画をちょっと見たりするだけでダウンロードはしないと
いう人ならADSLでも問題ありません。

ADSLは電話回線を利用して通信を行いますので、申し込みから約1~2週間で
利用可能となります。回線工事も必要ありません。

光回線ですと、早くても1ヶ月はかかってしまいますし、最長で契約から3ヶ月
してから利用できるようになったというケースもあります。

■2年以内に引っ越しをする場合は光回線は不向き

・最低利用期間は2年間
・回線移転工事費が取られます

光回線について調べるとフレッツ光でもauひかりでも最低利用期間として
2年間の継続契約が義務付けられており、2年内に解約すると解約金を
支払うシステムになっています。

解約金は10,000円前後ですので、2年内に解約する可能性がある場合、
引っ越しの可能性がある場合は光回線はやめておきましょう。

ADSLは解約金はありません。光回線の場合は、移転工事費がかかります。
次の引っ越しのタイミングが分かっている場合は、それに合わせてインター
ネット回線を選びましょう。

■ネット犯罪に巻き込まれないためにカギを設定しましょう

・ネットは個人情報を盗まれやすいもの

普段あまりにも身近な存在であるインターネットですが、実は個人情報を
盗まれやすいものだということを忘れてしまっている人も多くいます。

しかし、年々ネット犯罪は巧妙になってきているので、鍵を設定して
個人情報を盗まれないようにしてください。

どんな回線を選ぶかも大切ですがネット回線が決まったら、利用し始める
前にセキュリティをしっかり設定してください。

■光回線以外で高速のインターネット

・LTE対応のモバイルwifiルーターは高速通信が可能
・キャリアアグリゲ―ションとは2種類の回線を使う

光回線のように安定して高速な通信ができるインターネット環境は他にも
あります。しらべてみました。

モバイルwifiルーターにはLTEとWiMAXの2種類があり、WiMAXは無制限で
通信できる反面、室内での通信に弱く不安定で、高速な通信の時もあれば
速度が出ない、もしくは繋がらない時もあります。

一方LTEは周波数帯の数値がひくいので、電波が柔軟に建物の中に入って
いきやすく、高速で安定した通信をすることができるのです。

特にLTEに対応しているヤフーwifiの305ZTをはじめとする端末は
キャリアアグリケ―ションを採用しているので、安定した高速通信を
体験できます。

キャリアアグリケ―ションとは、無線通信を高速化する方法の一つで複数の
周波数を一体化して同時に通信することにより、データを分散して運べるので
送受信の速度が速くなり、安定性も増すのです。

2つの周波数を使うことで通信速度を2倍にするほか、1つの通信回線が
混雑していたら自動でオフして、もう1つの通信回線のみを使うといった
方法をとります。

これにより、状況に応じて効率よく通信してくれるので通信が不安定になったり、
途絶えてしまったりすることがありません。

■都市部ではない場合はWiMAXよりLTE

・地方にLTEが強い理由は周波数の低さ
・キャリアによって周波数帯が割り当てられている

調べてみると、LTEは周波数帯が低いことが分かりました。

WIMAXは2.5GHzと高い周波数帯で通信しているのですが、この周波数帯だと
光の特性に近く通信速度が速い反面、障害物に当たると途切れてしまいます。

一方LTEは周波数帯が低いおかげで室内にも浸透しやすいのです。

ソフトバンクが、800MHz帯を「プラチナバンド」と呼んでいるのは、浸透しやすい
周波数での通信が少ない基地局で広い範囲の通信をカバーできるからです。

しかし、このプラチナバンドは都市部では電波が浸透しすぎてしまい、基地局
同士の通信が重なり合ってしまうのです。

そのため、LTEは通信基地局が比較的少ない都市部ではない場合の方が、
スムーズに通信できるのです。

また、周波数帯はキャリア会社それぞれに割り当てられているので、
通信エリアを調べて、自分が住んでいる場所に当てはまる会社の
LTE対応モバイルwifiルーターを購入しましょう。

■本当に光回線が必要なのかを考えよう

・モバイルwifiルーターは知識がなくても安心
・使い始めるまでの期間が短い

調べてみると、モバイルwifiルーターは敷居が高いイメージを持っている人が
いるようです。

しかし、実はモバイルwifiルーターはプロバイダの公式サイトから直接申し込みを
して、数日後には端末が自宅に届き、すぐに使い始めることが出来るとても手軽な
インターネット通信機器なのです。

光回線の方が知名度が上なので、なんとなく手軽と思っているかもしれませんが、
実は光回線の方が手続きや工事が面倒なのです。

モバイルwifiルーターは通信速度が最大で100Mbpsを超えますし、固定回線の
代わりとしても十分利用できます。室内でも屋外でも利用できるので、用途は
幅広いです。

■手軽に始めることが出来るモバイルwifiル-ター

・契約から利用し始めるまでの期間が短い
・インターネットの知識がなくても大丈夫

調べてみると、光回線は契約の申し込みから実際に工事が終わり利用できる
ようになるまで、1ヶ月から3ヶ月くらいかかってしまいます。

しかし、モバイルwifiルーターなら申し込みから早ければ翌日に端末が届き、
簡単な設定だけですぐに使い始めることが出来るのです。

インターネットの知識がなくても気軽に始められるので、一人暮らしの方や
今すぐにネット環境を整えたい方に向いています。

ですが、特に引っ越しをおこなう予定がなく、安定した高速通信の環境が
欲しいという方にはやはり光回線の方が快適に通信をすることが出来ます。

それぞれのユーザーの希望する環境によって、いいインターネット環境は
異なりますので、まずは自分の希望するネット環境はどんなものかを確認しましょう。

マンションの何階までならwimaxの電波は届きますか?

■WiMAXは高層マンションでも通信可能?

・WiMAXの通信はマンションでは繋がりにくい?
・実際の通信速度はどれくらい?

WiMAXの通信がマンションでは繋がりにくいという記事をよく目にしますが、
調べてみると、マンションの構造の問題でスムーズに通信できるマンション
もあるようです。

WiMAXは2.5GHzという他のモバイルwifiルーターよりも高い周波数帯で
通信をしているのです。

大容量の通信を得意としている高速通信である代わりに、コンクリートなどに
おおわれているマンションやビルでは外壁にぶつかってしまい、通信が不安定
になってしまうというデメリットがあるのです。

電波を通しやすいガラス越し、つまり窓越しに通信を行うと不安定にならない
ので、マンションの室内で通信をする時は窓の近くで行いましょう。

また、高層マンションでは通信できないというイメージがあるかと思いますが、
東京スカイツリーの展望デッキや六本木ヒルズ、大阪の通天閣などでも通信
できるので、高層の建物=WiMAXの通信は届かないという訳ではないのです。

マンションの6階に住んでいるユーザーでも自室で十分な速度で通信出来ている
そうです。ここからは、WIMAXの公式サイトに載っていた実際の通信速度です。

東京スカイツリー 展望デッキ 「WiMAX Speed Wi-Fi」 速度約19Mbps
六本木ヒルズ 「WiMAX Speed Wi-Fi」 速度約6Mbps
恵比寿ガーデンプレイス 「WiMAX Speed Wi-Fi」 アンテナ2本で利用可能

池袋サンシャイン60 「WiMAX Speed Wi-FI」 速度約7Mbps
名古屋 ミッドランドスクエア 「WiMAX Speed Wi-FI」 速度約8Mbps
大阪 通天閣 「WiMAX Speed Wi-Fi」 アンテナ2本で通信可能
神戸 ポートピアホテル 「WiMAX Speed Wi-Fi」 速度約10Mbps

■5階以上?10階以上?何階まで電波は届く?

・実際に高層マンションで使用している人の口コミ
・階ごとの通信速度は?
・何階までというのは断言できない

実際に高層マンションでWiMAXを使っている人の口コミでは、11階で、
「Aterm WM3600R」を使用していて通信が出来ているとのことです。

11階の窓ぎわに「aterm WM3600R」を置くとアンテナが3本中2本たっており、
十分な速度が出ています。

また、階数はかかれていませんでしたが、コンクリートのビルの仕事場でWiMAX
1台で5台の通信機器がインターネットに接続できているそうです。

2009年に書かれた記事によると高層マンションでのWiMAXの階ごとの
通信速度はこのようになっています。

1階 約8Mbps、5階 約10Mbps、10階 約12.4Mbps、15階 約9Mbps、
20階 約5Mbps、23階 約5Mbps

少し古いデータでこの通信速度が出ているので、現在はもっと高速で通信を
することが出来ると予想されます。

5階よりも10階の方が通信速度が速いのは周囲に邪魔する建物などがなくなる
高さだからです。15階以上になってしまうと、今度は高すぎて通信が届きにくく
なってしまいます。

高層マンションで最も通信を拾いやすいのは10階前後と言えます。

しかし、建物の柱の数や、WiMAXの通信基地局との距離、周囲の建物の高さ
などによって、通信エリア内でも速度が大きく変わってしまいます。

ケースバイケースであることを頭に入れておきましょう。

■高層でなくても繋がりにくいこともあります!

・周囲を建物で囲まれている場所は繋がりにくい
・大切なのは、階数ではなく遮るものがないこと

調べてみると、WiMAXは電波が直進性が強すぎて、障害物に弱いということが
分かりました。ですので、マンションの1階や戸建てであっても周囲を建物で
おおわれていると通信が不安定になることがあります。

たとえば、周りを背が高い建物で囲まれている戸建ては電波が届きにくいです。
このように大切なのは、建物の高さや部屋の階数ではなく、周囲に通信を遮る
ものがないことです。

また、通信エリアに入っているかどうかも当然重要なポイントになりますので、
気をつけましょう。

■ベランダで通信をする対策もあります

・室内とベランダでは通信速度が大きく違うことも!

調べてみると、室内で通信をするよりも同じ階のベランダで通信をした方が
速度が出ることがあります。

これはコンクリートの外壁に通信がさえぎられないためです。WiMAXを購入して
室内で繋がりにくい状態になったら、ベランダに出て通信をしましょう。
また、ベランダや窓際に端末を置くだけでも通信速度が上がります。

■高層階にいくほど電波は弱くなる?

・10階付近がもっとも通信速度が速い
・15階以上は低速になって行く

調べてみると、WiMAXの通信電波は高層マンションの10階付近が一番通信
速度が速くなることが分かりました。

これは、10階付近は周囲に通信を遮ってしまう建物がなく、電波がしっかり
届きやすいことが理由です。

また、マンションの1階あたりの高さは3mですので、10階は27m~30mの
高さになります。この高さはWiMAXの通信が届きやすい高さなのです。

WiMAXの通信基地局はたいだい地上から15m~24mくらいの高さで
電波を飛ばしています。これはマンションで言うと5階から8階に相当する
のですが、5階から8階だと周囲に建物が多いのです。

ですので、周囲に建物が少ない10階の方がよりスムーズに通信をキャッチ
できるというわけです。

また、15階以上は通信基地局の電波が飛んでいる高さよりもかなり高い位置に
なってしまうため、通信速度は階数が上がれば上がるほど落ちていきます。

■高層ビル用のアンテナを設置しているWiMAXなら電波は届く

・東京スカイツリーの展望台でも通信可能な理由
・レンタルをして実際に試してみましょう

調べてみると、WiMAXは東京スカイツリーの展望台でも通信が可能となります。
WiMAXでは高層ビル専用のアンテナを設置することで上に向けて電波を
飛ばしています。

モバイルwifiルーターの通信基地局から発信される電波は上から下へ向けて、
飛ばされる設計になっているので、本来は高層ビルには不向きです。

しかし、WiMAXは高層マンションや高層ビルなどでも通信しやすくなる対策を
とっているのでしっかり通信をすることができます。

ただ、このシステムは高層ビルや高層マンションのタイプによって実際のところ
どれくらい速度が向上しているのか違います。

公式サイトにも高層ビルの速度の記載はあるものの、これくらいの高さの
マンションならこれくらいの速度といった具体的な通信速度の記載があり
ませんので、WiMAX端末をレンタルしてみましょう。

「UQ WiMAX」なら契約前に15日間無料でレンタルする個おtが出来ます。
15日間あれば自宅や仕事場、ショッピングセンターなど、さまざまな場所で
試すことが出来ます。

■高層マンションにWiMAXの通信基地局が普及しない理由

・マンション屋上にWiMAXの通信基地局を設置するには?
・反対をする住人が多い理由は?

調べてみると、高層マンションや普通のマンションでは、屋上にWiMAXの通信
基地局を設置していないところが多くあります。

これは通信基地局の設置に反対する住人がいるために管理人側が設置に
踏み切れないことが一つの原因です。

反対する住人は、光回線やauひかりなどの固定回線に加入していて、WiMAX
などのモバイルwifiルーターを使っていないので必要性を感じずには設置を
拒否している場合がほとんどです。

設置には費用が掛かる上に、マンションの外観も悪くなるので、WiMAX
ユーザー以外には通信基地局の設置にメリットがないのです。

■光回線とWiMAX、マンションにはどちらが合っている?

・光回線は本当に速い?
・WiMAXなら戸数も無関係

光回線判定した高速通信が出来ることで人気となっていますが、調べてみると、
マンションタイプでは戸数によって、通信速度が遅くなることが分かりました。

マンションタイプの光回線は電線から1本の回線を引いてきて、通話などで
それぞれの部屋へと回線が分かれていきます。

ですので、戸数が多い=ユーザーが多いと1本の回線の負担が大きくなり速度が
落ちてしまうのです。特に夜間のユーザーが増える時間帯は速度が落ちやすい
傾向があります。

一方、WiMAXは無線通信ですので、回線自体がないため、このような状況には
なりません。ユーザーが増える時間帯に速度が落ちることはありますが、固定
回線に比べれば、その頻度は少ないです。

■LTEとWiMAXならどっちが高層に強い?

・WiMAXの高層マンションでの通信環境
・LTEの高層マンションでの通信環境

調べてみると、WIMAXは高層マンションでは10階付近がもっとも通信速度が
速く、スムーズに通信をすることが出来ることが分かりました。

しかし、それ以上の階に上がっていくごとに通信速度は落ちてしまいます。
通信基地局の電波が届きにくくなるためです。

高層の階でもしっかり通信できるように、対策をとられているマンションなら
通信速度も安定しているのですが、そうでないマンションは不安定になります。

一方のLTEの場合ですが、WiMAXのアンテナが設置されている建物とは別の
建物にアンテナが設置されていることが多いので、WiMAXの速度が出るマン
ションでLTEの速度が出るとは限りません。

通信エリア内に入っていても近くにアンテナがなければ通信速度は落ちて
しまいます。WiMAXの周波数帯は2.5GHzと高数値で、LTEは1.7GHzと
低い数値です。

高数値な方がより遠くに高速で電波を飛ばせるので、高層マンションなら、
WiMAXの方が強いことが予想されます。

しかし、マンションのタイプや周囲の環境、建物の構造などから実際に
使ってみないと、どちらが強いとは断言できません。

■高層マンションでもスムーズにモバイルルーターで通信する方法

・コンクリートは電波を遮ってしまう
・同じ階でも部屋によって通信速度が違う

WIMAXでもLTEでもモバイルwifiルーターは無線による通信をおこないます。
無線はマンションのコンクリート製の分厚い壁を通り抜けることが出来ません。

ですので、外壁に電波は遮断されてしまうのです。普通のマンションやビルでも
電波が通り抜けられないので、高層マンションのようなより強固なつくりの建物
では、当然電波が室内まで届きにくくなります。

特に上層に住んでいる人はモバイルwifiルーターの電波では不安に感じるかと
思いますが、ちょっとした工夫で通信速度はかなり改善されます。

まず、コンクリートは電波を遮ってしまいますが、ガラスは遮りません。
ですので、通信がしたい時は大きな窓のある部屋で行いましょう。

また、同じ階でも通信基地局のある方角を向いている部屋の方が速度が
速くなりますので、全部の部屋で通信を行って速度が速い部屋を見つけて
みてください。

また、通信端末を窓際に置くことでも通信速度が改善されます。

■WiMAXを実際に高層階で利用している人の口コミ

・バッテリーの持ちが悪いという口コミも
・バッテリーを長持ちさせる方法

調査の結果、あるユーザーのこんな口コミがありました。

「回線速度はぼちぼちで問題なく、仕事場である高層ビルの14階でも問題なく
繋がります。しかし、約10時間は待つと言われたバッテリーが朝100%にしても
夕方近くには14%まで落ちてしまいます」

「コンクリート製のマンションの室内でも15Mbps~16Mbpsの通信速度は
出ます。通信が途切れることもないですが電池がすぐに減ってしまいます」

このように通信が出来るけど、バッテリーの持ちが良くないという口コミが
ありました。これは高層階にまで届いている弱い電波を端末が探している
時間が長いためにバッテリーのヘリが速くなってしまうのです。

つまり電波をキャッチしやすくすればバッテリーの持ちも良くなります。
ここからは、WiMAXの端末のバッテリーを長持ちさせる方法をご紹介いたしましょう。

■WIMAXのバッテリーを長持ちさせる方法

・小まめに電源をオフしましょう
・アルミのボウルの中に入れて使いましょう

調べてみると、WiMAXの電源を外出する段階からオンにしっぱなしで通信をして
いる人が多くいます。しかし、これではバッテリーのヘリは当然早くなりますので、
通信する時だけ電源をオンにして後の時はオフにするように心がけましょう。

また、WiMAXの電波をかき集めるにはアルミ製のボウルの中に端末を入れるのが
効果的です。100円均一でも売っている小さめのボウルに端末を入れて、ハン
ガーなどをおってスタンドにして、電波をチャックしやすい角度に固定してください。

WIMAX

インターネット接続を工事なしでしたいけどwifiはどういう仕組み?

■工事なしでインターネット接続したい。Wifiとは?

・wifiのしくみ
・モバイルwifiとは何か?
・工事なしでも使えるのか?

調べた結果、wifiとは無線での通信サービスのことを言います。Wifiには親機と
子機があり、その2つが無線で通信をすることにより、インターネットを使うことが
できるのです。

インターネット→wifi親機→wifi子機という流れで通信を受け取り、wifi子機→親機
→インターネットという流れで通信を送ります。

Wifiの親機は無線LANルーターのことをいいます。

LANルーターには、有線LANルーターと無線LANルーターの2種類がありますが、
有線LANルーターはケーブルでしか通信できませんので、wifiではありません。
無線LANルーターのみ、wifiに当てはまります。

子機はスマホ、タブレット、パソコン、ゲーム機などがあります。

親機である無線LANルーターは固定回線と繋がっているタイプと、回線とは
繋がっておらず、携帯型のモバイルwifiルーターと呼ばれるタイプがあります。

モバイルwifiルーターはコードレスなので、家の中でも外出先でも通信できます。
今、若者を中心に人気となっているインターネットの通信方法なのです。

そして、有線LANルーターと無線LANルーターは、固定回線でインターネットと
繋がっています。

無線LANルーターが無線で通信できるのはwifiの親機と子機の間だけなのです。
しかし、モバイルwifiルーターはインターネットとも子機とも無線で繋がります。
だからこそ、外出先でも通信ができるのです。

■モバイルwifiに契約をする前にレンタルをしよう

・モバイルwifiルーターの契約前にレンタルが必要な理由
・モバイルwifiルーターのレンタルにかかる費用
・レンタルを無料でしてくれるプロバイダは?

モバイルwifiルーターにはスマホと同じように通信エリアがあります。
しかし、調べてみると通信エリア内であるにもかかわらず通信がスムーズに
出来ないこともあるのです。

その理由はいくつか考えられますが、モバイルwifiルーターの種類がWiMAXだと
通信エリア内でも室内では繋がらないこともあります。

また、家が山奥だったり、建物の通信基地局からの距離が遠かったり、周辺
の建物が家よりも背が高く電波を塞いでしまっている場合も原因になります。

そのような状況は意外と実際にモバイルwifiルーターを使ってみないと分から
ないものです。契約前にレンタルをしましょう。

モバイルwifiルーターのレンタル業者には様々なものがありますが、最新機種を
1日400円からレンタルしてくれる業者もありますので、自宅や職場よく行くお店
や最寄駅などで実際に使ってみてください。

また、UQ WiMAXならクレジットカード情報を入力すると、15日間無料でWIMAX
端末をレンタルしてくれます。

最新端末やホームルーターを含む9種類の端末からレンタルする機種を
選ぶことが出来ます。

■モバイルwifiルーターをお得に購入するには?

・WiMAXはキャッシュバック、ワイモバイルはポイントプレゼント
・受け取るのは契約直後ではない

調査の結果、モバイルwifiルーターのWiMAXでは契約するとキャッシュバック
してもらえるキャンペーンが多く、ワイモバイルでは通販サイトのポイントを
プレゼントするキャンペーンが多かったです。

WiMAXでは、とくとくBBが最大で24,590円のキャッシュバックを行っていたり、
ワイモバイルでは楽天wifiが契約期間中、楽天市場の楽天ポイントを3倍にする
上に10,000ポイントとかなりお得なのですが、それぞれの特典を受け取れる
時期には差があります。

WiMAXのとくとくBBでは契約から11か月目にキャッシュバックのメールが届きます。
「ご指定口座確認通知メール」で、それに返信をしないとキャッシュバックが受けら
れないのです。

一方、ワイモバイルの楽天の場合は契約から翌々月の20日くらいまでに自動で
受け取れます。受け取り方が簡単な方がもらい損ねがありませんので、キャン
ペーンの内容だけではなく、特典の受け取り方もチェックしてみてください。

■工事なしのホームルーターもあります!

・アンテナ付きのホームルーターは工事なしで使える

WiMAXには工事なしでも使えるホームルーターがあります。

2本の角度を好きに変えることが出来るアンテナ付きですので、外出先では
インターネットを使わないという方は、こちらのホームルーターが向いています。

■フレッツ光やauひかりは引っ越しの度に違約金や工事が必要

・フレッツ光の違約金と工事費用
・auひかりの違約金と工事費用

調べてみると、フレッツ光やauひかりなどの光回線には回線の設置工事が必要で
あると同時に、撤去工事も必要だということが分かりました。

フレッツ光とau光、2つの違約金と工事費用をみてみましょう。
まずは、フレッツ光からです。

フレッツ光は最低利用期間2年間の間に契約を解除すると、違約金が
戸建ての場合は9,500円、集合住宅の場合は1,500円かかります。

しかし、これはあくまでも解約の場合のみで移転の場合は解約金は発生
しません。また、移転の際の回線撤去・設置工事費はこのようになっています。

フレッツ光ネクストのままで移転する場合
戸建てで屋内配線の行程がある場合 9,000円 ない場合 6,500円
集合住宅で屋内配線がある場合 7,500円 ない場合 6,500円

フレッツ光ネクストのままで移転する場合(ビジネスタイプのみ)
戸建てで屋内配線がある場合 18,000円 ない場合 7,600円
集合住宅で屋内配線がある場合 15,000円 ない場合 7,600円

フレッツ光ライトのまま移転をする場合
戸建てで屋内配線がある場合 9,000円 ない場合 6,500円
集合住宅で屋内配線がある場合 7,500円 ない場合 6,500円

回線の移転工事費のみで移転はできます。ではau光はどうでしょうか?
まず、auひかりでギガ得プランに加入していると2年以内に解約の場合は、
解約金9,500円がかかるのですが、移転の場合はかかりません。

しかし、回線工事の費用は所定の費用かかります。また、レンタルしていた
機器は引っ越し先へ持っていき、新しい機器が送られてくるのを待ちましょう。

新しい機器が送られて来たら、以前利用していた機器は郵送で返却します。

■モバイルルーターなら工事の手間も費用の心配もない

・引っ越しをすることになってもそのまま使える
・転勤族や一人暮らしの方にあっている

調べてみた結果、モバイルルーターには引っ越しの際の手続きがいらない
ことが分かりました。固定回線ではないので、回線の撤去工事も設置工事も
必要ないのです。

契約時も手間がかからず、引っ越しの際も手間がかかりません。この手軽さが、
転勤族などで引っ越しを繰り返す方や、一人暮らしの方に人気の理由なのです。

回線男工事は外壁に穴をあける工事ですので、隣の部屋の住人に気を使いますし、
大家さんへの断りも必要になります。

また、工事は1~2時間かかるのですが、立ち合いが必要ですので、工事の日は
予定を開けておかなければなりません。更に土日の工事となると追加料金を
取られるので、手間と費用が掛かってしまいます。

モバイルwifiルーターなら、その心配がないのです。

■LTEならモバイルwifiルーターでも高速で安定した通信を実現

・室内やビル街にも強いLTE
・固定回線と通信速度の比較

LTEについて調べてみると、LTEは2種類の周波数帯で通信をしているのです。
ですので、他のモバイルwifiルーターよりも安定しやすく、電波も室内の奥まで
入り込んでしっかり届きます。

WiMAXも高速な通信ですが、WiMAXの場合は1つの周波数帯で高速通信を
実現しているため、周波数帯の数値が高いのです。数値の高い周波数は
電波が曲がりにくく、室内の奥までは届きにくい傾向にあります。

また、LTEは最大で通信速度が165Mbpsとかなり高速です。フレッツ光は
1Gbpsと桁違いに高速なのですが、これは最新のパソコンで整った環境で
ない限り、出ない数値なのです。

実際のフレッツ光の通信速度は口コミを見てみると、下り90Mbps以上、
上り90Mbps以上出ています。

LTEは実測下り約25Mbps、上り約8Mbpsと光回線には劣りますが、
インターネットサービスは全て5Mbps以上あれば快適に通信できます。

■ワイモバイルはLTEの中でもっとも人気

・料金プランの安さがその理由

調べてみると、ワイモバイルの端末はその料金の安さでLTEモバイルwifi
ルーターの中では最も人気となっています。中でもヤフーwifiは業界最安
値級のプランがあったり、無制限のプランがあるので、LTEに決める場合は、
ヤフーwifiがお得ですよ。

■無線のモバイル通信サービスを利用する時の注意点

・無線のモバイル通信サービスを利用している人が急増
・個人情報をのぞき見されやすい
・大事な情報はSSLでやり取りを!

モバイルwifiルーターのような無線での通信サービスを利用している人は年々
増え続けています。特にモバイルwifiルーターが普及し始めてからは、更に
増え、街中は無線通信の電波が飛び交っています。

モバイルwifiルーターの一番のメリットは外出先でも通信ができることですが、
これは、同時に危険なことでもあるのです。

便利な反面、無線通信は電波を使って情報をやり取りするため、情報セキュリティ
をしていないと、気が付かないうちに通信内容が読み取られていたり、ウイルスを
ばらまくのに利用されてしまったりするのです。

ユーザーが知らないうちに、電波が届くところから閲覧していたサイトやメールの
内容、IDやクレジットカード番号などを覗かれてしまうこともあります。

また、スマホやパソコンなどの機器に他人が無断でアクセスしてしまう悪意のある
ユーザーも中にはいるのです。

公共無線LANというショッピングセンターなどによくある通信サービスは同じ
サービスを利用している他のユーザーに覗かれやすいというデメリットが
ありますので、ご注意ください。

覗かれないためには、大事な情報のやりとりはSSLを利用してください。
外出先だけではなく、自宅でインターネットを利用する時もSSLを使いましょう。

■SSLとはどんなもの?

・SSLとは?
・SSL以外の防犯対策は?

調べてみると、SSLとは信頼できるサイトやサーバとの間でインターネット上で
データを暗号化してから送受信をする通信方法のことをいいます。

特にIDやパスワード、クレジットカードの情報などのやり取りはSSLで行って
ください。SSLで通信を行うには、URLが「https」で始まっているサイトだけに
アクセスしましょう。

そして、パソコンやスマホに鍵マークが常時されているか確認をして、されてい
なかったら、しっかり鍵をかけましょう。

また、SSL以外で防犯をする場合は、公共無線LANスポットなどではファイル
共有機能を解除してください。

パソコンのOSやスマホのアプリには、自分の端末に保存されているファイルを
ネットワークから他のユーザーと共有出来るファイル共有機能があります。

このファイル共有機能が有効になっていると、公共無線LANスポットなどでは
他人からファイルを覗かれたり、不正なファイルを送りつけられたりします。

必ずファイル共有機能は解除して、防犯性を高めましょう。

■クレジットカードの情報をむやみに登録するのはやめましょう

・クレジットカードは個人情報なので、あまり入力しない
・通販サイトは知名度が高く信頼できるサイトを利用する

クレジットカードは大切な個人情報です。ですので、ネットショッピングを
する時にむやみに入力したり、登録したりするのは避けましょう。

一度しか使わない通販サイトならクレジットカードではなく、代金引換か
口座振替にしてください。また、通販サイトもAmazonや楽天などの知名度
が高く信頼がおけるサイトのみをりようしましょう。

よくわからないサイトや聞いたことがないサイトでは買い物をしないようにして
ください。また、ブログなどでも個人情報をのせすぎるのはやめましょう。

■モバイルwifiルーターを利用する時の注意点

・電源のオフのし忘れに注意しましょう
・通信量のことも考えてネットサーフィンのし過ぎに注意してください

モバイルwifiルーターのユーザーの中には面倒だからと言って、電源をオンに
したままにしている人もいますが、通信状態が続いていることはイコールで
ネット犯罪に巻き込まれる可能性が高くなってしまいます。

モバイルwifiルーターの電源をオンにするのは通信をしている時だけにしましょう。
また、暇な時にネット―サフィンをしたり、ついつい無意識のうちにスマホをいじって
しまいがちですが、これもネット犯罪の対策としてよくありません。

また、モバイルwifiルーターには月間7GBという通信料の制限が設けられている
ものも多いので、制限のことも考えて、ネットサーフィンをする時間は決めておいて、
それ以外はしないようにしてください。

通信速度が速くて安くインターネットを始める方法は何?

■速度10Mbps以上で安くインターネットを始めたい

・高速通信で安定しているのは固定回線
・モバイルwifiルーターでも10Mbps以上出る

調べてみると、インターネット環境で通信速度が10Mbps以上でて、
かつ安定しているのは、固定回線です。

特にフレッツ光などの光回線なら最大値で1Gbpsの通信速度がでて、
快適にインターネットを楽しむことが出来ます。

月々の利用料金が高いイメージのあるフレッツ光ですが、フレッツ光ライト
という料金プランなら集合住宅ですと、月額2,100円~5,200円で利用できます。

あまり、多くインターネットを使わなかった月は利用料金が月額1,900円+
プロバイダ料金月額200円~で2,100円で済みます。

どれだけ多くインターネットを使っても最大で月額5,200円で止まります。
フレッツ光の安定した通信環境を2,100円~で利用できるのはお得です。

初期費用は契約料が800円、初期工事費が1,500円となります。
毎月のインターネット使用頻度が少なければ最低利用期間2年間で
合計66,200円となります。

フレッツ光のギガマンション・スマートタイプでは2年間で100,000円前後
の費用がかかってしまうので、通信費の節約になりますね。

しかし、インターネットをよく使い場合は、月額5,200円となりますので、
2年間の合計で140,600円となってしまい節約になりません。

手続きなどが必要なく手軽に始めることが出来るモバイルwifiルーター
ですと、平均月額3,609円で使用することができます。

フレッツ光ライトのように料金システムは2段階ではなく月間の通信量の制限を
設けることで安い料金でサービスを提供しているのです。また、無制限のモバ
イルwifiルーターもあります。

家の中だけでなく外出先でも利用できて、通信速度も10Mbps以上出るものが
ほとんどです。

使用する環境にもよりますが、WiMAXの場合は実測40Mbps~60Mbps、
LTEの場合でも同じくらいの通信速度となります。

手続きや工事が不安な場合は、モバイルwifiルーターがいいでしょう。

■光回線は高い

・フレッツ光の無制限プランは?
・1Gbpsの通信速度は本当に必要なのか

調べてみると、フレッツ光は最大の通信速度が1Gbps出る贅沢な通信環境を
思う存分利用できる「フレッツ光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ」だと、
月額利用料2,950円+プロバイダ料500円~=実質3,450円~となります。

初期費用はフレッツ光ライトと同じ15,800円です。
最低利用期間2年間の合計費用は9,8600円~となります。

通信速度が速く無制限に使えるので、このように、かなり高額な料金設定と
なっているのです。

しかし、この最大値1Gbpsという通信速度が本当に必要なのでしょうか?
調べてみると、インターネットのサービスを利用するにはこのくらいの
通信速度が必要となります。

普通のページ 1Mbps
YOUTUBE 超高画質動画 3.5Mbps
hulu 2Mbps
Gyao 2.5Mbps
オンラインゲーム 2Mbps(安定していればこの速度でプレイ可能)

このように、通信速度が5Mbpsもあればインターネットは問題なく利用できます。
フレッツ光の1Gbpsとは100Mbps×10の通信速度ですので、ここまでの速度は
なくても5Mbps出ていて、速度が安定していれば通信には十分なのです。

■超高速通信を体験できるパソコンの条件

・1Gbpsをパソコンで体験するのに必要な条件
・条件を満たしているか確かめるには?

調査の結果、通信速度1Gbpsを体験するにはパソコンにある2つの
条件が整っていなければならないことが分かりました。

・LANパートが1000Base-tに対応していること
・LANケーブルがカテゴリ5e以上であること

LANポートが1000Base-tに対応しているかどうかはデバイスマネージャーの
ネットワークアダプタをチェックすれば分かります。「1000BASE-T」や「Gigabit」
という文字が入っていれば大丈夫です。

LANケーブルがカテゴリ5eかどうかは、コントロールパネルからネットワークと
共同センターを選択し、ローカルエリア接続の状態を見ると分かります。
速度が1000Mbpsとあれば大丈夫です。

■安くインターネットを始めるには光回線は不向き

・超高速通信で安い利用料金は難しい

調べた結果、フレッツ光のような超高速通信が出来る回線で安くインターネットを
利用するのは難しいものがあります。

しかし、先ほどもお話ししたように超高速通信は必要性の低いものですので、
ストレスを感じずに通信できる程度のインターネット環境で安いものを探しましょう。

■ADSLは安いけど遅い

・ADSLとは?
・光回線との違い

調べた結果、ADSLとは従来の電話線を利用した通信サービスのことを言います。
自宅が通信を行う職場がNTTの通信基地局から遠ければ遠いほど、通信速度が
落ちてしまうのです。

また、通話や家電製品の影響を受けやすく、時間帯などでも通信速度は大きく
変わってしまう通信方法なのです。

利用料金が月額2,980円~3,232円と割安ですが、これは固定電話がある
場合の料金で、固定電話がない場合は月額が5,050円~5,450円と光回線
よりも高額な料金となります。

ADSLの場合は、電話回線を利用して通信するので光回線のような回線工事が
必要ない場合もあります。申し込みから1~2週間で利用し始めることができます。

実際に使用しているユーザーの口コミではADSLの通信速度は下り2.5Mbps、
上り570kbpsとかなり遅いですがGyaoなどの動画サイトもスムーズに見えて
いるようです。

一方の光回線は光ファイバーの専用の回線を使用して通信をしているので、
通話や家電の影響も、通信基地局からの距離も関係なく通信できます。

通信を妨害する要素が少ないので、通信速度は下り上りに関係なく100Mbps
前後の速度がでるのです。

しかし、専用の回線を設置しないと通信できないので回線工事が必要となります。
申し込みから実際に利用し始めるようになるためには1~2か月かかります。

■モバイルルーターはWiMAXとLTE回線の2種類

・WiMAXとLTEの特徴
・どちらの方が繋がりやすいの?

モバイルルーターという工事や手続きが必要ないインターネット環境には、
2種類の回線があります。

WiMAXは、UQ WiMAXが提供している回線を使って通信をします。
周波数帯が高いので電波が強く直進性に優れています。
その反面、曲がりにくいので室内での通信は不安定になりやすいです。

LTEは2種類の周波数帯を利用して通信をしているので、高速で安定した
通信をすることができます。それぞれの周波数帯が高くないので、電波が
曲がりやすく室内でもスマホのように問題なく通信できます。

LTEの方が柔軟な電波ですので、どんな場所でも繋がりやすくストレスなく
インターネットを使うことができます。

■モバイルルーターは地下でも通信できる?

・地下鉄の駅でも続々と通信できるようになっている
・半地下の方が繋がりにくい

調べてみると、WiMAXやソフトバンク、au、DOCOMOのモバイルルーターは
続々と地下鉄の駅でも通信が出来るようになっています。

ワイモバイルのモバイルルーターはソフトバンクの通信エリアも使えるので、
地下鉄の駅でも通信が可能となっています。

地下鉄の駅にはそれぞれの通信会社の通信アンテナが設置されているため、
モバイルルーターでも繋がることが出来るのです。

ユーザーの口コミを見てみると、WiMAXは東京都の地下鉄駅構内で
下り約3Mbps,上り約2Mbpsの速度となっています。

同じ地下鉄の駅でLTEの場合は、下り約28Mbps、上り約4Mbpsの速度です。
LTEの方が通信速度が出ることが分かります。

しかし、半地下のカフェなどにはこの通信アンテナが設置されていません。
地下鉄の駅よりも半地下の場所の方が繋がりにくくなっているのです。

■ADSLよりもすぐに始めることが出来るモバイルルーター

・申し込みから利用し始めるまでは最短で1日
・会社に注意すれば初期費用もやすい

モバイルwifiルーターについて調べてみると、プロバイダの公式サイトから
申し込みをして、クレジットカードでの支払いを選択すると速ければ翌日に
通信端末が届き、翌日から使用することが出来ます。

また、Broad WiMAXは初期費用が18,856円かかってしまいますが、
それ以外の会社で契約をすれば初期費用は3,000円、またはキャン
ペーンで0円で済みます。

ADSLよりもお得に手軽に始めることが出来るのです。

■一番安いモバイルwifiルーターはヤフーwifi

・ヤフーwifiの2つの料金プラン
・305ZTの通信エリアはワイモバイルとソフトバンク

モバイルwifiルーターについて調べているともっとも月額の利用料金が安いのは
ヤフーwifiだということが分かりました。

ヤフーwifiには2つの料金プランがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

「303HW」 月額利用料2,743円

月間7GBという通信制限が設けられていますが、業界最安値級の利用料です。
テレビチューナーも搭載されている303HWですので、外出先でタブレットなどで
テレビを楽しむことができます。

Yahoo!プレミアム会員に同時に申し込むと月額2,743円で利用できるのですが、
会員費は最大で6ヶ月無料となります。初期費用は3,000円で、ユニバーサル
サービス料は毎月4円となっています。

「305ZT」 月額3,696円

こちらの端末は契約から2年間は月間の通信量の制限がありません。
キャリアアグリケ―ションと呼ばれる通信方法で高速で安定した通信を
実現しています。

今ならキャンペーンでTポイント5,000ポイントがプレゼントされます。

305ZTが対応している通信エリアは3つで、ソフトバック 4G LTE、ワイモバイル
LTEネットワーク、ソフトバンク 4Gの通信サービスを利用できます。

初期費用は3,000円でユニバーサルサービス料が毎月4円かかります。

■7GBの制限に注意

・月間7GBの制限がかかると・・・?
・7GBの通信量でできること

303HWは月間で7GBの通信量しか利用できません。調べてみると、7GBの
通信量がかかると128kbpsの通信速度に落ちてしまうのです。

いったん制限がかかり128kbpsに落ちてしまうと、追加料金を支払わないと
元の通信速度に戻ることが出来ません。

500MBごとに500円支払います。500MBとは、これくらいの通信量です。

通常サイト 約2,327ページ
メール 約102,400通
高画質動画 約62分

また、128kbpsとは、メール・LINEは問題なくできるけれど、サイトを読み込む
のに時間がかかり、動画サイトは閲覧できないことがほとんどといった具合の
通信速度です。またダウンロードなどもタイムアウトで出来ません。

そして、7GBの通信量ではこのようなことが出来ます。

メール 約1,870万通
ホームページ 約50,600ページ
高画質動画 約33時間
音楽のダウンロード 約1,790通

このように、普通にインターネットを使っている分には問題のない通信量なのです。
インターネットを1日中利用している人でない限り、月間の通信制限は気にしなく
ても大丈夫です。

■モバイルwifiルーターの最大のデメリット

・通信が固定回線のように安定しないこと
・モバイルwifiルーターでも工夫すれば通信の安定性が増す

調査の結果、モバイルwifiルーターは場所によって、通信速度がマチマチだったり、
同じ家の中でも部屋によって、速度に違いが出たりと固定回線のようには通信が
安定しません。

中でも鉄筋の家や高層マンションの上層階などになるとエリア内に入っている
にもかかわらず通信が届かないこともあります。

しかし、モバイルwifiルーターでも工夫をすれば通信が安定しやすくなるのです。
まず、モバイルwifiルーターの電波は窓を通って入って来ます。外壁は電波を
遮ってしまいますが、ガラスはモバイルwifiルーターの電波を通すからです。

ですので、端末は窓の高さよりも低い位置にはおかないようにしてください。
窓の範囲の高さに置くと電波をしっかりキャッチします。

窓の枠に置いたり、窓の高さに合わせて棚を設置しておくなどしましょう。
また、モバイルwifiルーターの周辺には何も置かないようにしてください。

■引越しでも手続きが必要ないので安心

・モバイルwifiルーターは手続きが不要

申し込みの際にも引っ越しの際にもモバイルwifiルーターは手続きが必要ありません。

サイトから申し込みをする出家で利用出来て、何の手続きも連絡もしないで
引っ越しをして、新しい家でも同じように通信をすることが出来るのです。

引っ越しはさまざまな手続きがあり、混乱する時期ですので、とてもうれしい
ですよね。しかし、引っ越し先でも通信エリアに入っているかどうか確認をして
から引っ越しをしましょう。

インターネット契約を引っ越し時にすると割引になるのは詐欺?

■引越し時にインターネット契約すれば引越し代を3万円割り引くと言われたけど詐欺?

・フレッツ光西日本で行われているキャンペーンなので詐欺ではない
・最低利用期間のことをしっかり考えよう

調べてみると、引っ越し時にインターネットに契約すると割引があるのは、
フレッツ光西日本で行われているキャンペーンのことです。

サカイ引越センターで引っ越しをする時にすでにフレッツ光西日本を利用
している場合は、引っ越しの基本料車両費と人件費の20%を割引します。

また、フレッツ光お引越し割引が適応されます。そして、フレッツ光に加入して
いない人でもフレッツ光への申し込みが完了した時点で車両費、人件費が20%
割引になるサービスへの申し込みができます。

この時、引越基本料20%割引の申し込みはサカイ引越センターへ、フレッツ光
お引越し割引の申し込みはフレッツ光へしてください。

そして、フレッツ光には「にねん割」というスマホなどにもある最低利用期間の
2年間継続して契約することを条件とした割引システムがあります。

引っ越し時にフレッツ光西日本に契約をして2年以内に引っ越しなどで解約と
なった場合は、「どーんと割」に加入している場合は戸建てであれば1年目は
10,000円、2年目は5,000円、集合住宅であれば1年目は7,000円、
2年目は3,500円の契約解除料金が発生します。

このように契約解除料金のことを考えて本当にお得かを考えて契約しましょう。
引越しの費用によって、割引をする額は違いますので、一概に3万円割引とは
言えません。

■フレッツ光に入ってキャッシュバックがもらえる理由

・フレッツ光加入でキャッシュバックしてくれるのはどこ?
・高額キャッシュバックの理由

「BBN」「U-NET」「エフプレイン」「ベストリンク」「ネットナビ」で、
このような内容のキャンペーンを行っています。

・最大60,000円キャッシュバック
・月額利用料金割引
・初期工事費割引
・プロバイダ料 最大2か月無料

「BBN ブロードバンドナビ」だとこれに新品パソコン、タブレット、液晶テレビ、
ゲーム機などが選べる特典付きです。

なぜ、このようなお得なキャンペーンが実現できるのでしょうか?
まず、68,000円キャッシュバックは適応されるには条件があります。

一つ目の条件は契約者が法人SOHO,個人事業主であることです。
個人契約では、10,000円までしかキャッシュバックされません。

また、フレッツ光とOCNかYahoo!BB、どちらかのプロバイダに新規で加入する
必要があります。フレッツ光とSANNETか楽天BBのプロバイダですと、キャッシュ
バックの金額が5,000円になりますので、注意してください。

他にもさまざまなオプションを追加するとキャッシュバックの金額は大きくなり
ますが、もちろん月額の合計利用料金も高くなりますので、本当に必要なもの
のみにしましょう。

また、ゲーム機などが選べる特典も法人、SOHO、個人事業主限定の
キャンペーンとなっています。

■フレッツ光の契約の流れ

・契約から工事までの準備に必要なものは?
・インターネットが使えるようになるまでの全体的な流れ

調べてみると、光回線は申し込んでから回線の設置工事を行うまでに、少し
期間が必要となります。実際に契約したユーザーの場合は申し込みから回線
工事までに2週間ほどかかったそうです。

3月や4月などの引っ越しシーズンだと、1か月待ちになることもあるので、
申し込みははやめに行いましょう。

また、フレッツ光で貰えるLANケーブルは短いものですので、事前に長めの
LANケーブルを用意しておくと、工事に来てもらった時に差し出せば工事終了
と同時に使えるようになります。

光回線のLANルーターを置く場所からパソコンまでの距離をメジャーで測って
購入してください。また、あらかじめ光回線終端装置を置く場所を決めておきましょう。

フレッツ光に自宅が入っているかどうかを確認してから、申し込みをして工事の
日を決めます。その後、LANケーブルや延長コードの準備をして、回線設置工事
に立ち会います。パソコンを設定して、インターネット開通となります。

■もらった書類はキレイに保管しておきましょう

工事や契約の際にもらった書類はユーザー名やパスワードが書かれている
大切な書類です。契約の内容を変更したい時などに必要となりますので、
大事に保管してください。

■引越し屋や不動産屋にバックマージンが入る

・バックマージンとは?
・契約者側にメリットは?

引越し屋や不動産屋がフレッツ光への新規加入を進めてきたり、フレッツ光へ
加入すると引っ越し代や家賃が割引になる制度をとっているところがよくあります。

これらの引越し屋や不動産は、バックマージンがあることでフレッツ光を進めて
いるのです。バックマージンとは、売上割戻のことを言います。

引越し屋や不動産の顧客がフレッツ光へ新規加入した場合、その契約者の
人数に応じて、フレッツ光から売上金の一部が引越し屋や不動産に現金で
事後、返される仕組みになっているのです。

報奨金や推奨金という呼ばれ方をすることもありますが、フレッツ光側は宣伝を
してもらえて、引越屋や不動産側は報奨金を受け取ることが出来るので双方に
メリットがある仕組みなのです。

では、フレッツ光側や引越し屋、不動産側にメリットがあることは分かりましたが、
契約をする私たち側にはメリットはないのでしょうか?

契約者側にも、キャッシュバックがあったり割引があったりします。
そして、引越と同時にフレッツ光に加入するので手間が省けるという
メリットもあります。

しかし、フレッツ光は2年契約ですので、本当に契約が必要かどうかを
しっかり検討してから契約してください。

■家電量販店でフレッツ光に契約するのは正解?

・家電量販店のフレッツ光契約キャンペーン
・結果的に割高になる可能性が高い

フレッツ光の契約方法を調べてみると、家電量販店での契約方法もあります。
家電量販店ではよく「フレッツ光と指定プロバイダ加入で家電を割引!」などの
キャンペーンを行っています。

また、その家電量販店の商品券やポイントをプレゼントしてもらえる場合もあります。
一見、とてもお得に感じるこれらのキャンペーンですが、実はほとんどのお店で特典
をつけたり割引したりする条件として、指定された有料オプションの契約が必要です。

本来なら加入しないような必要のないオプションへ加入して毎月料金を
支払うことになりますので、長い目で見ると損をしてしまうこともあります。
また、回線もプロバイダも自由に選ぶことが出来ません。

■フレッツ光のプロバイダでお得なのはどこ?

・料金が安いプロバイダは?
・サービスが充実しているプロバイダは?

調べてみると、フレッツ光に対応しているプロバイダでもっとも安い利用料金は
月額500円~の「BB.excite.」です。取得できるアドレスは1つです。

その次に安いのはASAHIネットで月額550円~となっています。取得できる
アドレスは2つです。

もっとも高額なのはOCNで月額900円~となっています。取得できるアドレスは
1つなのですが、どのようなサービスがあるのでしょう。

現在、OCNではフレッツ光と同時加入で最大15か月月額利用料が無料と
なります。更に回線利用料も割引になり、初期工事費が大幅割引となるのです。

月額だけで決めずに、こうしたキャンペーン内容もチェックしましょう。
BB.excite.ではつい学500円を2年間支払うので合計で12,000円となります。

OCNは15ヶ月無料ですので、2年間の合計で8,100円となります。
結果的には月額900円のOCNの方がお得なのです。

■それぞれのプロバイダの口コミ

・BB.excite. とOCN、それぞれの口コミ

フレッツ光のプロバイダであるBB.excite.とOCNそれぞれの口コミはどのような
ものがあるのでしょうか?調べてみました。

まずは、BB.excite.の口コミからです。

「夕方は通信速度1Mbps前後しか出なくなってしまうので、動画もまともに
見られない状態になります。しかし、月額の利用料金がこれほど安い
プロバイダはないので、検討中です」

そして、OCNの口コミです。

「実際の通信速度は90Mbpsくらい出ますので、問題なくインターネットに
繋がれています。ビスタのために重い時がありますが、PCを変えたら
改善されるでしょうから気にしていません」

「月額の料金が普通より高額だが通信速度が速いので、仕方ないと思っています。
非常に快適にインターネットを利用できるので、満足しています」

■フレッツ光に加入するならネットの代理店から申し込んだ方がお得

・フレッツ光に加入できるネットの代理店
・フレッツ光にはないキャンペーン
・面倒な手続きが不要なネットの代理店

調べてみると、フレッツ光に加入できるネット代理店はこのようなサイトがあります。

「ラブター」
キャッシュバックが西日本30,000円、東日本なら10,000円です。
ゲーム機などがプレゼントされるキャンペーンもありますが、法人など
の契約ですので、個人契約者は対象外となります。

「エヌズ・カンパニー」
西日本なら30,000円、東日本なら10,000円のキャッシュバックです。
こちらのサイトではオプション加入条件がありませんし。契約から最短
2か月でキャッシュバックを受けることができます。

これらのキャッシュバックはフレッツ光にはないキャンペーンです。
契約のみでキャッシュバックが受けられるのはネット代理店のみです。

家電量販店のようなパソコン購入などの条件もありません。
また、面倒な手続きが不要なネット代理店もあります。

「株式会社エイコ―テクノ」
申込フォームから申し込みをした後に電話で希望特典と口座番号を
聞かれるので、手間がかかりません。

フレッツ光回線後、メールのやり取りなど必要なくただ待っているだけで
確実にキャッシュバックを受けることが出来るのです。

しかも、契約から最短2ヶ月でキャッシュバックされます。
加入しなければならないオプションもなく、プロバイダも3社から選べます。

キャッシュバックの金額は他のネット代理店と同じで西日本30,000円、
東日本10,000円となっています。

■それほどヘビーユーザーでなければポケットwifiという選択肢も

・ポケットwifiは月間7GBという通信制限がある
・7GBの通信量の目安
・ヘビーユーザーでない限り問題ない通信量

調べてみると、手続きも工事も必要ないポケットwifiは月間7GBという通信量の
制限があるのです。

フレッツ光のギガマンション・スマートタイプにはない通信制限ですが、
実はそれほどインターネットのヘビーユーザーでない限り制限の対象には
ならないのです。

月間7GBという通信料はどれくらいかというと、こちらです。

メールだと約1,870万通、通常のサイトだと約50,600ページ、
高画質の動画でも33時間、音楽のダウンロードは1,790曲できます。

1ヶ月間dえこれだけの通信が出来るのですから、1日中、ネットを仕事や趣味
などで使う人以外は制限にかからないのです。

YOUTUBEなどに動画を投稿する趣味がある人などには厳しい通信量の
制限ですが、一般的なネットユーザーには十分足ります。

■ポケットwifiは通信エリアを基準に決めましょう

・通信エリアの確認方法
・2つの通信エリアだった場合

調べてみると、ポケットwifiにはそれぞれ通信エリアがあります。
自宅がある地域がどの会社の通信エリアに含まれているかを
あらかじめ確認してからポケットwifiを購入しましょう。

通信エリアは大きく分けて、WiMAX系かワイモバイル系かです。

それぞれの公式サイトで自分の家の住所を入力すれば通信エリアかどうか
確認できるページがありますので、そちらで確認しましょう。

そして、どちらかの通信エリアに含まれていた場合は、その含まれていた方の
ポケットwifiを購入すればいいのですが、両方に含まれていた場合は、
WiMAX系のHWD15という機種がいいかと思います。

「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15」なら、WiMAX、WiMAX2+、au 4G LTEの
3つの通信モードを利用することが出来るのです。

WiMAXはノーリミテットモードという月間の通信制限がない通信モードが
ありますので、好きなだけ使いことが出来ます。

■モバイルルーターは解約金が高額なので注意しましょう

・フレッツ光の解約金とポケットwifiの解約金

調べてみると、フレッツ光は契約から2年以内の解約の場合、解約金は戸建て
向けのサービスでは9,500円、集合住宅向けのサービスでは1,500円を
支払うことになります。

ポケットwifiでは、ワイモバイルが9,500円、WiMAXでは契約1年目は
19,000円、2年目は14,000円かかりますので、ポケットwifiの方が
フレッツ光よりも高額なのです。

契約期間は同じですので、解約金のことも考えてどの通信環境にするかを
選んでください。

インターネット契約もパソコンも初めて。何から始めればいい?

■パソコンを初めて購入、インターネット契約も初めて。何から始める?

・パソコン・インターネットを始める手順
・注意をするポイントは?

パソコンを初めて購入し、インターネットを契約しようとすると何から
手を付けていいか分からず、困惑しますよね。

ここでは、初心者の方にでも分かりやすくパソコン・インターネットの
始め方をご説明いたします。ますは、インターネットについて調べました。

まず、インターネットを始めるには通信回線業者とプロバイダとの契約が必要と
なります。通信回線だけではインターネットに接続できないのでプロバイダと
呼ばれる会社に架け橋になってしまう必要があるのです。

通信回線で今人気なのはフレッツ光なのですが、通信回線によって対応
しているプロバイダが違います。

回線業者の公式サイトでプロバイダと同時に契約をしましょう。

申込をして、住んでいる地域や建物がフレッツ光に対応しているか審査を
受けた後、契約となり、自宅に回線を設置する工事をしてインターネットが
使えるようになります。

申込から実際にインターネットが使えるようになるまで2週間~1ヶ月かかります。
フレッツ光以外の通信回線でもほとんど同じくらいの期間がかかるのです。

しかし、最近はモバイルwifiルーターと言って、申し込みから数日後に通信が
出来るようになる携帯型の通信機器があります。

モバイルwifiルーターですと工事も手続きも必要なく、手軽に始めることが
できるので、インターネット初心者にも安心ですよ。

パソコンを購入するのはインターネット環境が整ってからにしましょう。

インターネットの通信回線とプロバイダを決める時に注意をするポイントは、
「適応している地域や建物かどうか」「料金は自分に合っているか」の
2つのポイントです。

まず、適応している地域や建物でないと、その通信業者のサービスを受ける
ことができません。また、同じ通信業者でもさまざまなプランを用意しているので、
自分の毎月の通信量、収入にあったプランを選択しましょう。

■固定回線を契約する場合の費用は?

・集合住宅プランは部屋数によって月額が違う!
・解約金と最低利用期間に注意しましょう

では、インターネットを始めるにはどれくらいの費用がかかるので
しょうか?しらべてみました。

自宅は集合住宅である場合、集合住宅の戸数が少ない方が料金が高くなり、
戸数が多い方が料金が安くなります。これは、集合住宅は、通路や階段などの
共同スペースまでは1本の回線で通信していて、各部屋へと回線が分かれて
いくためです。

もともと1本の回線の料金をみんなで割り勘する仕組みなのです。分かれていく
部屋の数が多ければ多いほど、1人1人が負担する料金が安くなるのです。

同じフレッツ光の集合住宅プランでも16部屋以上ある建物では、月額3,450円
4部屋以上8部屋以下の建物では月額4,450円となっています。

戸建てタイプは料金プランによって、月額に違いが出るだけです。
フレッツ光4,600円+プロバイダ料金500円~で月額5,100円~となります。

そして、月額利用料金とは別途で初期費用がかかります。
集合住宅では15,800円、戸建てでは18,800円です。

また、どちらのタイプの場合でも「にねん割」が適応されますので、契約から
2年内に解約をする場合は、戸建てタイプなら9,500円、集合住宅タイプなら
1,500円の契約解除料金が必要となります。

■パソコンは家電量販店では購入しない方がいい?

・家電量販店は経費分料金が上乗せされている
・通販ならその心配がないのでお得!

家電量販店と通販サイトでは、どちらでパソコンを買った方がいいのでしょうか。
調べて結果、通販サイトの方がお得ということが分かりました。

家電量販店は店舗の家賃や人件費、店舗自体の電気代など、さまざまな
経費がかかってしまいます。

経費の分どうしても商品の料金に上乗せすることが必要になるため、少し高く
なります。一方、通販サイトなら店舗の経費はかからず、人権費も家電量販店
ほど必要ではないので、商品に上乗せする料金が少なくて済むのです。

パソコンは通販サイトで購入しましょう。

■契約時の通信業者の公式サイトをプリントしておきましょう!

・イザという時のために備えておいてください

通信業者の公式サイトはキャンペーンが変更すると、サイトの内容が変わって
しまいます。ですので、契約時の公式サイトをプリントして、保存しておいてください。

契約期間は2年間もあるのです。トラブルが起きないという保証はありませんので、
イザという時のために2年間保存しましょう。また、契約前に料金や契約内容を
しっかり確認してください。

■引っ越したマンションにフレッツ光導入済みと記載、どういう意味?

・導入済みなら回線工事はいりません
・プロバイダの料金が無料な場合もある!

調べてみると、マンションに「フレッツ光導入済み」とある場合は、各部屋
までフレッツ光回線が開通されている状態ということです。

普通、インターネットを始める時は自分の住んでいる住宅や場所が希望する
インターネット回線の業者が対応できる地域か調べてから申し込みをして、
プロバイダ・回線契約をし、回線工事をしてインターネットを使えるようになります。

しかし、「フレッツ光導入済み」の場合はこの工程が必要なくあらかじめ部屋に
LANコンセントがあるので、フレッツ光に申し込みをするだけですぐにインター
ネットを使うことが出来るのです。

そして、一番うれしい特徴は料金が通常よりも安いこととマンションが入っている
プロバイダに入れば、料金が必要ないことがほとんどというポイントです。

プロバイダは毎月の料金が500円~ですので、2年間で12,000円~も
節約になります。また、解約金が不要なマンションもありますので、大家さん
に確認をとりましょう。

■マンションに入っているプロバイダに入るのは必須ではない。

・回線は選ぶことが出来ない
・プロバイダは対応していれば問題なし

インターネットを利用するには通信回線とプロバイダ、2つの会社と契約を
しなければなりません。通信回線はひとつの集合住宅で1つの回線しか
通せないので、マンションごとにすでに決まっています。

フレッツ光導入済みであるなら固定回線はフレッツ光しか利用できません。
しかし、プロバイダはフレッツ光に対応していれば好きに選ぶことができます。

マンション側入っているプロバイダに入らなければならないわけではないのです。
フレッツ光に対応しているプロバイダは以下のとおりです。

@nifty、AsahiNet、BB.excite.、BIGLOBE、DTI、hi-ho、OCN、plala、
So-net、WAKWAK

これらのプロバイダはプロバイダパックと言って、フレッツ光とセットで申し込みが
出来る上に、プロバイダパックだけのオトクな料金で利用できます。

10社のプロバイダの中でもっとも安いのはBB.excite.で月額500円 です。
もっとも高額なのは@niftyで月額950円となっています。

上記の10社以外のプロバイダにも、契約可能なプロバイダはあります。

■マンションタイプは戸建てタイプに比べて通信速度が遅い?

・マンションタイプの実際の通信速度
・戸建てよりも通信速度が遅いとは限らない

調べていると、「フレッツ光のマンションタイプは通信速度が遅いのでは?」と
いう疑問を持っている人が多いことが分かりました。

これは、マンションタイプがもともと1本の回線で通信をして、マンションの
階段や通話などでそれぞれの部屋に枝分かれしていくという仕組みで
あることが関係しています。

複数のユーザーで1本の通信回線を使うので、「通信速度が遅いんじゃないか?」
「すぐに回線がパンクするんじゃないか?」と疑問を感じてしまいますよね。

しかし、これはそのマンションに住んでいる住人がどれくらいインターネットを
利用するかにもよるので、ケースバイケースなのです。

実際にフレッツ光マンションタイプを利用している人の口コミでは
「普通の時は通信速度が60Mbpsくらい出ます。遅い時でも40Mbpsくらいです。
若干遅いかもというだけで、体感的にはあまり遅いとは感じません」ということでした。

また、フレッツ光ネクストマンションタイプとして導入されている通信回線は
1Gpsの回線です。これは、通信速度が100Mbpsの回線が10本分もあります。

多くのユーザーで共有しても速度が落ちにくいのです。

そして、戸建て向けのフレッツ光ネクストの下り最大速度は200Mbpsなのですが、
完璧に条件が整っていないとまず出ない速度ですので、最大値の通信速度が
遅いからと言って、実際の通信速度も戸建て向けより遅くなるということはありません。

■セキュリティをしっかりつけましょう

・1本の回線を共用すると個人情報を盗まれる危険性が高くなる!

調査の結果、マンションタイプは途中まで1本の通信回線で通信をしている
ことが分かりました。ですので、同じマンションに住んでいる他の住人達と
1つの回線で途中地点まで通信をすることになります。

個人情報などが覗きやすい状態ですので、パソコンにしっかりセキュリティを
かけるようにしてください。特にデータ共有ファイルなどを使用すると個人情報が
除かれる危険性が高くなりますので、出来るだけ使わないようにしましょう。

■一人暮らしならモバイルルーターが最適な理由

・面倒な手続きや工事が必要ない
・引っ越しがあってもそのまま使い続けられる
・家の中でも外でも利用可能

一人暮らしを始める時にインターネット環境はどうすればいいのか悩みますよね。
一人で住んでいるのにわざわざ固定回線を設置するのも面倒なものです。

調べてみると、一人暮らしの方はモバイルルーターを選ぶことが多いようです。
その理由はこちらです。

まず、モバイルルーターのプロバイダの公式サイトから直接申し込みができるので、
面倒な手続きが必要ないことが最大の理由です。

固定回線のように申し込みをして、プロバイダを決めて、自宅まで業者の方に
来てもらい、契約をして後日回線の設置工事をするという流れが、いりません。

オンラインで申し込をして数日後に通信端末が届き、数分で済む設定をすれば
すぐにインターネットに接続できるようになります。

また、固定回線での通信とは違い、引っ越しをすることになっても手続きも
回線撤去工事も必要なくそのままの状態で引っ越しをすることができます。

さらに、コードレスでポケットにも入る大きさですので、外に持ち出すことも
簡単で家の中でも外出先でも通信をすることができます。

一人暮らしは家を空けることが多いですので、固定回線のような家の中だけで
しか使うことが出来ない通信環境は向いていません。

手続きが簡単なこと、利用し始めるまでの期間が短いこと、コードレスで
持ち運べること、引越でも手続きがいらないことが一人暮らしに最適な理由です。

■気になる費用はどれくらい?

・モバイルルーター業界最安値はヤフーwifi
・無制限に使いたいならWiMAX

便利で手軽にモバイルルーターはできるだけ安く利用したいですよね。
調査の結果、モバイルルーターの月額の最安値はこちらの端末でした。

Yahoo!wifi 「303HW」 月額2,743円
こちらの端末は本体価格0円、Yahoo!プレミアム会員に登録すると月額2,743円
ととても安い金額で利用できます。

事務手数料が3,000円と毎月ユニバーサルサービス料と呼ばれる通信環境の
安定を確保するための料金が4円かかります。しかし、月額2,743円という月額
の利用料は契約から2年間のみで3年目からは月額3,696円となります。

こちらの303HWのプランは月間の通信データ量が7GBを超えた場合、
当月末まで最大通信速度が送受信128kbpsになります。

こうした通信データ量の制限を気にしないでモバイルルーターを使いたい場合は、
こちらのモバイルルーターがあります。

「UQ WiMAX」ならどの通信端末を選んでも本体0円です。

「UQ Flat ツープラス ギガ放題」なら、月額利用料金4,380円でWiMAXと
WiMAX2+の通信モードを無制限で利用することが出来ます。今なら契約
から最大で3ヶ月間月額3,696円と割安になります。

基本的に無制限なのですが、前日までの直近3日間で「WiMAX2+」「au 4G LTE」
の通信量の合計が3GB以上になった場合、「WiMAX2+」「au 4G LTE」の通信速度
を翌日にかけて制限するので、注意をしましょう。

■LTEとWiMAX、どちらの方が繋がりやすい?

・LTEとWiMAXの周波数の違い
・使い場所によってあっている機種が違う

調べてみると、ヤフーwifiのようなLTEとWiMAXには電波の周波数に大きな
違いがありました。

ヤフーwifiのようなLTEは1.7GHzの周波数を利用して通信を行っています。
WiMAXは2.5GHzの周波数帯を利用して通信を行っているのです。
WiMAXの方が高い周波数帯を利用していることがわかります。

この周波数帯の高さは電波の直進性とイコールとなります。
周波数帯の数値が高ければ高いほど、電波の直進性が強いので、
曲がりにくく、家の中などに柔軟に進んでいけません。

LTEはWiMAXほど周波数帯が高くないので、直進性は強くなく、家の中に
しっかり入りこんでスマホと同じような感覚で通信をすることが出来るのです。

草原やあき地などの周囲に電波を遮るものが何もない場所では直進性
の強いWiMAXが合っていますが、家の中ではLTEが向いています。
このように、場所によって、あっている電波の種類は違うのです。

■WiMAXを実際に使ってみると室内でも問題がないこともあります!

WiMAXユーザーの口コミを見てみると、神奈川県横浜市で自宅の中やカフェで
使っていても通信が途切れたり、繋がらなくなることはめったにないとのことです。

WiMAXが室内で繋がりにくいのは理論上の話ですので、実際に使ってみると
問題ないこともあります。

こうした事情を考えて、契約前に1日単位でモバイルルーターをレンタルできる
業者から借りて使ってみるといいでしょう。自宅や仕事場、よく行くお店などで
試してみてください。