自宅に来ていない光回線は引けないってどういう意味ですか?

■自宅に光回線が来ていないと言われたけどどういうこと?

・光回線で通信をする仕組み
・自宅に回線が来ていない場合

調べてみた結果、インターネットは外の電線から光回線を引いてきて、
集合住宅の階段や通路などの共同スペースまで1本の回線で通信を
行います。

そこからそれぞれの部屋へ通信回線が分割されて室内でインターネットが
使えるようになるのです。

つまり、1つの集合住宅に付き、引いてこれる回線は1種類のみで、自分の
好きな回線を選ぶことはできません。

また、光回線が来ていないということは通路や階段などの共同スペースに
まで1本の回線を通す工事を行っていないということです。

つまり、インターネットに全く対応していない住宅ということになります。
また、光回線は通信エリアに含まれている地域でしか通信できません。

ですので、光回線を引きたいけれど通信エリア外なのでできないという
理由もあるかもしれません。

どちらにせよ、回線自体が来ていないのであれば光回線をひくことは
できないのです。

集合住宅の大家さんに行って光回線を引いてもらうか、モバイルwifiルーター
という無線でインターネット通信をする機器を購入するかしましょう。

また、自宅が戸建てである場合はフレッツ光の公式サイトから申し込みをして、
通信エリア内であれば回線工事をすると通信ができるようになります。

■アパートに光回線を開通するには?

・大家さんの協力が必要不可欠
・光回線が通っている集合住宅でも大家さんに確認を!

集合住宅に光回線が来ていない場合は、大家さんに光回線を通して
もらう必要があります。

共同スペースの回線の工事費用や管理費は大家さんが負担をすることに
なりますので、この費用を支払うことが出来ないという理由で光回線が来て
いない場合もあります。

集合住宅に光回線を通すのは大家さんですから、大家さんに交渉をしましょう。

また、光回線が来ている集合住宅でも共同スペースまでしか回線が来ておらず、
各部屋までは到達していないこともあります。

そうした場合は、集合住宅に途中まで引かれている回線と同じ種類の回線を
契約して、部屋まで引く工事を行うのですが、契約をする前に大家さんに
断りましょう。

また、工事の日を事前に知らせておくのも大切なポイントです。

■光回線の工事では外壁に穴をあけるって本当?

・極力穴をあけないようにしてくれる
・工事前に疑問を解消しておきましょう

光回線の工事について調べてみると、外壁に穴をあける工程があることが
分かりました。しかし、実際の工事内容は穴をあけないように工夫してくれる
ようです。

フレッツ光の場合は、東日本だと電話用の配管など、共用可能な配管に
光回線のケーブルを通して、配線工事を行うようです。

しかし、電話用の配管が難しい場合は、エアコンのダクト口からケーブルを
通して回線を設置します。それも無理な場合のみ外壁に穴をあけるようです。

西日本の場合も、まず電話配管の利用を試みます。無理な場合はエアコンの
ダクト口から、それも難しいようなら外壁に穴をあけます。

au光の場合は、電話回線・CATV回線などの配管やエアコンダクト、換気口
などの部分を優先的に使ってケーブルを通します。外壁に穴をあけるのは
やはり最終手段のようです。

eo光は屋外外壁に光ファイバーケーブルの留め具や固定用アンカーなどを
取り付けます。金具を止めるために外壁に数か所穴をあける必要が合います
が、ケーブルを通すようには他の光回線と同じように、配管を優先して使います。

また、工事前に外壁に穴をあける必要があるかどうかを聞いておきましょう。
工事をしてしなったら引き返せなくなってしまうので、疑問点はしっかり解消
しておいてください。

■モバイルwifiルーターなら、工事や手続きの心配がありません

・手軽に始められるインターネット環境

調べてみると、モバイルwifiルーターは面倒な手続きも不要で申し込みから
最短翌日に端末が自宅に届きます。簡単な設定をするだけですぐに通信を
することが出来るので、とても便利です。

光回線のように集合住宅の事情や回線がどれだけ来ているかに左右されずに
通信エリア内であれば、利用することが出来るのです。自宅が完全に回線に
対応しておらず、光回線は無理だった場合はモバイルwifiルーターを選択しましょう。

■auひかりもフレッツ光も引けない理由

・光を引けないケースは電線が地下に埋まっている場合
・建物の状態などにもよります

調べてみると、auひかり、フレッツ光の通信可能エリア内でも回線を引けない
ケースがあります。一体、どのようなケースなのでしょうか?

auひかりもフレッツ光も、街中にある電線の中の1つが回線なのです。

ですので、町の美化のために電線を設けず地下に埋めている地域では、
2つの光回線も地中に埋まっているので配線工事が難しい状態となります。

地域によっては工事が可能な場合もありますが、工事不可となることが多いです。
auひかりはKDDI独自の光ファイバーでサービス提供していますが、東京電力の
光ファイバーを買い取って通信しているのです。

東京電力の光ファイバーの範囲でない地域ではNTTの光ファイバーを借りて
通信を行います。NTTの光ファイバーの地域では地下に電線が埋まっていると、
工事ができません。

フレッツ光はNTTの光ファイバーのみですので、地域の許可が下りれば
工事できます。

また、光回線の通信エリア内でも自宅のすぐ近くまで回線が来ているとは
限りません。自宅まで回線の延長工事をする場合は、国道などを横断する
こともあります。

その場合は、役所に申請を行い許可を得てから工事に入りますので、工事は
可能なのですが、大幅に日数がかかります。

そして、外の回線から自宅までが近くても位置関係などで近所の庭などに
光ファイバーを通すこともあります。このケースは土地の所有者の許可が
下りない限り、工事はできないのです。

このように、通信エリア内でもさまざまな事情で回線の設置が難しいケースも
あります。

他には、回線を通す配管が古くてボロボロになってしまっている時は回線が
傷ついたりする危険があるため、工事が出来ません。

■ADSLは速度が遅いがたまにしかインターネットを使わない人ならOK

・ADSLの通信環境は実は問題ない
・利用をし始めるには?

インターネットを電話回線を利用して使うADSLは通信速度が遅く、ストレスが
溜まるという口コミをよく目にします。

しかし、しらべてみるとこのようなことが分かりました。ADSLは光ファイバーに
比べて通信速度がとても遅く、ストレスを感じるイメージだと思います。

ですが、超高画質な動画を見る時でも必要な通信速度は3.5Mbpsなのです。
普通のサイトをみたり、メールやSNSをするくらいなら1Mbpsあればたります。

光ファイバーは最大通信速度が1Gbpsと大々的に宣伝していますが、まず必要の
ない速度ですし、完璧に整った利用的な環境で最新のパソコンでない限り体感
できない速度です。

メールとSNS中心で動画をちょっと見たりするだけでダウンロードはしないと
いう人ならADSLでも問題ありません。

ADSLは電話回線を利用して通信を行いますので、申し込みから約1~2週間で
利用可能となります。回線工事も必要ありません。

光回線ですと、早くても1ヶ月はかかってしまいますし、最長で契約から3ヶ月
してから利用できるようになったというケースもあります。

■2年以内に引っ越しをする場合は光回線は不向き

・最低利用期間は2年間
・回線移転工事費が取られます

光回線について調べるとフレッツ光でもauひかりでも最低利用期間として
2年間の継続契約が義務付けられており、2年内に解約すると解約金を
支払うシステムになっています。

解約金は10,000円前後ですので、2年内に解約する可能性がある場合、
引っ越しの可能性がある場合は光回線はやめておきましょう。

ADSLは解約金はありません。光回線の場合は、移転工事費がかかります。
次の引っ越しのタイミングが分かっている場合は、それに合わせてインター
ネット回線を選びましょう。

■ネット犯罪に巻き込まれないためにカギを設定しましょう

・ネットは個人情報を盗まれやすいもの

普段あまりにも身近な存在であるインターネットですが、実は個人情報を
盗まれやすいものだということを忘れてしまっている人も多くいます。

しかし、年々ネット犯罪は巧妙になってきているので、鍵を設定して
個人情報を盗まれないようにしてください。

どんな回線を選ぶかも大切ですがネット回線が決まったら、利用し始める
前にセキュリティをしっかり設定してください。

■光回線以外で高速のインターネット

・LTE対応のモバイルwifiルーターは高速通信が可能
・キャリアアグリゲ―ションとは2種類の回線を使う

光回線のように安定して高速な通信ができるインターネット環境は他にも
あります。しらべてみました。

モバイルwifiルーターにはLTEとWiMAXの2種類があり、WiMAXは無制限で
通信できる反面、室内での通信に弱く不安定で、高速な通信の時もあれば
速度が出ない、もしくは繋がらない時もあります。

一方LTEは周波数帯の数値がひくいので、電波が柔軟に建物の中に入って
いきやすく、高速で安定した通信をすることができるのです。

特にLTEに対応しているヤフーwifiの305ZTをはじめとする端末は
キャリアアグリケ―ションを採用しているので、安定した高速通信を
体験できます。

キャリアアグリケ―ションとは、無線通信を高速化する方法の一つで複数の
周波数を一体化して同時に通信することにより、データを分散して運べるので
送受信の速度が速くなり、安定性も増すのです。

2つの周波数を使うことで通信速度を2倍にするほか、1つの通信回線が
混雑していたら自動でオフして、もう1つの通信回線のみを使うといった
方法をとります。

これにより、状況に応じて効率よく通信してくれるので通信が不安定になったり、
途絶えてしまったりすることがありません。

■都市部ではない場合はWiMAXよりLTE

・地方にLTEが強い理由は周波数の低さ
・キャリアによって周波数帯が割り当てられている

調べてみると、LTEは周波数帯が低いことが分かりました。

WIMAXは2.5GHzと高い周波数帯で通信しているのですが、この周波数帯だと
光の特性に近く通信速度が速い反面、障害物に当たると途切れてしまいます。

一方LTEは周波数帯が低いおかげで室内にも浸透しやすいのです。

ソフトバンクが、800MHz帯を「プラチナバンド」と呼んでいるのは、浸透しやすい
周波数での通信が少ない基地局で広い範囲の通信をカバーできるからです。

しかし、このプラチナバンドは都市部では電波が浸透しすぎてしまい、基地局
同士の通信が重なり合ってしまうのです。

そのため、LTEは通信基地局が比較的少ない都市部ではない場合の方が、
スムーズに通信できるのです。

また、周波数帯はキャリア会社それぞれに割り当てられているので、
通信エリアを調べて、自分が住んでいる場所に当てはまる会社の
LTE対応モバイルwifiルーターを購入しましょう。

■本当に光回線が必要なのかを考えよう

・モバイルwifiルーターは知識がなくても安心
・使い始めるまでの期間が短い

調べてみると、モバイルwifiルーターは敷居が高いイメージを持っている人が
いるようです。

しかし、実はモバイルwifiルーターはプロバイダの公式サイトから直接申し込みを
して、数日後には端末が自宅に届き、すぐに使い始めることが出来るとても手軽な
インターネット通信機器なのです。

光回線の方が知名度が上なので、なんとなく手軽と思っているかもしれませんが、
実は光回線の方が手続きや工事が面倒なのです。

モバイルwifiルーターは通信速度が最大で100Mbpsを超えますし、固定回線の
代わりとしても十分利用できます。室内でも屋外でも利用できるので、用途は
幅広いです。

■手軽に始めることが出来るモバイルwifiル-ター

・契約から利用し始めるまでの期間が短い
・インターネットの知識がなくても大丈夫

調べてみると、光回線は契約の申し込みから実際に工事が終わり利用できる
ようになるまで、1ヶ月から3ヶ月くらいかかってしまいます。

しかし、モバイルwifiルーターなら申し込みから早ければ翌日に端末が届き、
簡単な設定だけですぐに使い始めることが出来るのです。

インターネットの知識がなくても気軽に始められるので、一人暮らしの方や
今すぐにネット環境を整えたい方に向いています。

ですが、特に引っ越しをおこなう予定がなく、安定した高速通信の環境が
欲しいという方にはやはり光回線の方が快適に通信をすることが出来ます。

それぞれのユーザーの希望する環境によって、いいインターネット環境は
異なりますので、まずは自分の希望するネット環境はどんなものかを確認しましょう。

マンションの何階までならwimaxの電波は届きますか?

■WiMAXは高層マンションでも通信可能?

・WiMAXの通信はマンションでは繋がりにくい?
・実際の通信速度はどれくらい?

WiMAXの通信がマンションでは繋がりにくいという記事をよく目にしますが、
調べてみると、マンションの構造の問題でスムーズに通信できるマンション
もあるようです。

WiMAXは2.5GHzという他のモバイルwifiルーターよりも高い周波数帯で
通信をしているのです。

大容量の通信を得意としている高速通信である代わりに、コンクリートなどに
おおわれているマンションやビルでは外壁にぶつかってしまい、通信が不安定
になってしまうというデメリットがあるのです。

電波を通しやすいガラス越し、つまり窓越しに通信を行うと不安定にならない
ので、マンションの室内で通信をする時は窓の近くで行いましょう。

また、高層マンションでは通信できないというイメージがあるかと思いますが、
東京スカイツリーの展望デッキや六本木ヒルズ、大阪の通天閣などでも通信
できるので、高層の建物=WiMAXの通信は届かないという訳ではないのです。

マンションの6階に住んでいるユーザーでも自室で十分な速度で通信出来ている
そうです。ここからは、WIMAXの公式サイトに載っていた実際の通信速度です。

東京スカイツリー 展望デッキ 「WiMAX Speed Wi-Fi」 速度約19Mbps
六本木ヒルズ 「WiMAX Speed Wi-Fi」 速度約6Mbps
恵比寿ガーデンプレイス 「WiMAX Speed Wi-Fi」 アンテナ2本で利用可能

池袋サンシャイン60 「WiMAX Speed Wi-FI」 速度約7Mbps
名古屋 ミッドランドスクエア 「WiMAX Speed Wi-FI」 速度約8Mbps
大阪 通天閣 「WiMAX Speed Wi-Fi」 アンテナ2本で通信可能
神戸 ポートピアホテル 「WiMAX Speed Wi-Fi」 速度約10Mbps

■5階以上?10階以上?何階まで電波は届く?

・実際に高層マンションで使用している人の口コミ
・階ごとの通信速度は?
・何階までというのは断言できない

実際に高層マンションでWiMAXを使っている人の口コミでは、11階で、
「Aterm WM3600R」を使用していて通信が出来ているとのことです。

11階の窓ぎわに「aterm WM3600R」を置くとアンテナが3本中2本たっており、
十分な速度が出ています。

また、階数はかかれていませんでしたが、コンクリートのビルの仕事場でWiMAX
1台で5台の通信機器がインターネットに接続できているそうです。

2009年に書かれた記事によると高層マンションでのWiMAXの階ごとの
通信速度はこのようになっています。

1階 約8Mbps、5階 約10Mbps、10階 約12.4Mbps、15階 約9Mbps、
20階 約5Mbps、23階 約5Mbps

少し古いデータでこの通信速度が出ているので、現在はもっと高速で通信を
することが出来ると予想されます。

5階よりも10階の方が通信速度が速いのは周囲に邪魔する建物などがなくなる
高さだからです。15階以上になってしまうと、今度は高すぎて通信が届きにくく
なってしまいます。

高層マンションで最も通信を拾いやすいのは10階前後と言えます。

しかし、建物の柱の数や、WiMAXの通信基地局との距離、周囲の建物の高さ
などによって、通信エリア内でも速度が大きく変わってしまいます。

ケースバイケースであることを頭に入れておきましょう。

■高層でなくても繋がりにくいこともあります!

・周囲を建物で囲まれている場所は繋がりにくい
・大切なのは、階数ではなく遮るものがないこと

調べてみると、WiMAXは電波が直進性が強すぎて、障害物に弱いということが
分かりました。ですので、マンションの1階や戸建てであっても周囲を建物で
おおわれていると通信が不安定になることがあります。

たとえば、周りを背が高い建物で囲まれている戸建ては電波が届きにくいです。
このように大切なのは、建物の高さや部屋の階数ではなく、周囲に通信を遮る
ものがないことです。

また、通信エリアに入っているかどうかも当然重要なポイントになりますので、
気をつけましょう。

■ベランダで通信をする対策もあります

・室内とベランダでは通信速度が大きく違うことも!

調べてみると、室内で通信をするよりも同じ階のベランダで通信をした方が
速度が出ることがあります。

これはコンクリートの外壁に通信がさえぎられないためです。WiMAXを購入して
室内で繋がりにくい状態になったら、ベランダに出て通信をしましょう。
また、ベランダや窓際に端末を置くだけでも通信速度が上がります。

■高層階にいくほど電波は弱くなる?

・10階付近がもっとも通信速度が速い
・15階以上は低速になって行く

調べてみると、WiMAXの通信電波は高層マンションの10階付近が一番通信
速度が速くなることが分かりました。

これは、10階付近は周囲に通信を遮ってしまう建物がなく、電波がしっかり
届きやすいことが理由です。

また、マンションの1階あたりの高さは3mですので、10階は27m~30mの
高さになります。この高さはWiMAXの通信が届きやすい高さなのです。

WiMAXの通信基地局はたいだい地上から15m~24mくらいの高さで
電波を飛ばしています。これはマンションで言うと5階から8階に相当する
のですが、5階から8階だと周囲に建物が多いのです。

ですので、周囲に建物が少ない10階の方がよりスムーズに通信をキャッチ
できるというわけです。

また、15階以上は通信基地局の電波が飛んでいる高さよりもかなり高い位置に
なってしまうため、通信速度は階数が上がれば上がるほど落ちていきます。

■高層ビル用のアンテナを設置しているWiMAXなら電波は届く

・東京スカイツリーの展望台でも通信可能な理由
・レンタルをして実際に試してみましょう

調べてみると、WiMAXは東京スカイツリーの展望台でも通信が可能となります。
WiMAXでは高層ビル専用のアンテナを設置することで上に向けて電波を
飛ばしています。

モバイルwifiルーターの通信基地局から発信される電波は上から下へ向けて、
飛ばされる設計になっているので、本来は高層ビルには不向きです。

しかし、WiMAXは高層マンションや高層ビルなどでも通信しやすくなる対策を
とっているのでしっかり通信をすることができます。

ただ、このシステムは高層ビルや高層マンションのタイプによって実際のところ
どれくらい速度が向上しているのか違います。

公式サイトにも高層ビルの速度の記載はあるものの、これくらいの高さの
マンションならこれくらいの速度といった具体的な通信速度の記載があり
ませんので、WiMAX端末をレンタルしてみましょう。

「UQ WiMAX」なら契約前に15日間無料でレンタルする個おtが出来ます。
15日間あれば自宅や仕事場、ショッピングセンターなど、さまざまな場所で
試すことが出来ます。

■高層マンションにWiMAXの通信基地局が普及しない理由

・マンション屋上にWiMAXの通信基地局を設置するには?
・反対をする住人が多い理由は?

調べてみると、高層マンションや普通のマンションでは、屋上にWiMAXの通信
基地局を設置していないところが多くあります。

これは通信基地局の設置に反対する住人がいるために管理人側が設置に
踏み切れないことが一つの原因です。

反対する住人は、光回線やauひかりなどの固定回線に加入していて、WiMAX
などのモバイルwifiルーターを使っていないので必要性を感じずには設置を
拒否している場合がほとんどです。

設置には費用が掛かる上に、マンションの外観も悪くなるので、WiMAX
ユーザー以外には通信基地局の設置にメリットがないのです。

■光回線とWiMAX、マンションにはどちらが合っている?

・光回線は本当に速い?
・WiMAXなら戸数も無関係

光回線判定した高速通信が出来ることで人気となっていますが、調べてみると、
マンションタイプでは戸数によって、通信速度が遅くなることが分かりました。

マンションタイプの光回線は電線から1本の回線を引いてきて、通話などで
それぞれの部屋へと回線が分かれていきます。

ですので、戸数が多い=ユーザーが多いと1本の回線の負担が大きくなり速度が
落ちてしまうのです。特に夜間のユーザーが増える時間帯は速度が落ちやすい
傾向があります。

一方、WiMAXは無線通信ですので、回線自体がないため、このような状況には
なりません。ユーザーが増える時間帯に速度が落ちることはありますが、固定
回線に比べれば、その頻度は少ないです。

■LTEとWiMAXならどっちが高層に強い?

・WiMAXの高層マンションでの通信環境
・LTEの高層マンションでの通信環境

調べてみると、WIMAXは高層マンションでは10階付近がもっとも通信速度が
速く、スムーズに通信をすることが出来ることが分かりました。

しかし、それ以上の階に上がっていくごとに通信速度は落ちてしまいます。
通信基地局の電波が届きにくくなるためです。

高層の階でもしっかり通信できるように、対策をとられているマンションなら
通信速度も安定しているのですが、そうでないマンションは不安定になります。

一方のLTEの場合ですが、WiMAXのアンテナが設置されている建物とは別の
建物にアンテナが設置されていることが多いので、WiMAXの速度が出るマン
ションでLTEの速度が出るとは限りません。

通信エリア内に入っていても近くにアンテナがなければ通信速度は落ちて
しまいます。WiMAXの周波数帯は2.5GHzと高数値で、LTEは1.7GHzと
低い数値です。

高数値な方がより遠くに高速で電波を飛ばせるので、高層マンションなら、
WiMAXの方が強いことが予想されます。

しかし、マンションのタイプや周囲の環境、建物の構造などから実際に
使ってみないと、どちらが強いとは断言できません。

■高層マンションでもスムーズにモバイルルーターで通信する方法

・コンクリートは電波を遮ってしまう
・同じ階でも部屋によって通信速度が違う

WIMAXでもLTEでもモバイルwifiルーターは無線による通信をおこないます。
無線はマンションのコンクリート製の分厚い壁を通り抜けることが出来ません。

ですので、外壁に電波は遮断されてしまうのです。普通のマンションやビルでも
電波が通り抜けられないので、高層マンションのようなより強固なつくりの建物
では、当然電波が室内まで届きにくくなります。

特に上層に住んでいる人はモバイルwifiルーターの電波では不安に感じるかと
思いますが、ちょっとした工夫で通信速度はかなり改善されます。

まず、コンクリートは電波を遮ってしまいますが、ガラスは遮りません。
ですので、通信がしたい時は大きな窓のある部屋で行いましょう。

また、同じ階でも通信基地局のある方角を向いている部屋の方が速度が
速くなりますので、全部の部屋で通信を行って速度が速い部屋を見つけて
みてください。

また、通信端末を窓際に置くことでも通信速度が改善されます。

■WiMAXを実際に高層階で利用している人の口コミ

・バッテリーの持ちが悪いという口コミも
・バッテリーを長持ちさせる方法

調査の結果、あるユーザーのこんな口コミがありました。

「回線速度はぼちぼちで問題なく、仕事場である高層ビルの14階でも問題なく
繋がります。しかし、約10時間は待つと言われたバッテリーが朝100%にしても
夕方近くには14%まで落ちてしまいます」

「コンクリート製のマンションの室内でも15Mbps~16Mbpsの通信速度は
出ます。通信が途切れることもないですが電池がすぐに減ってしまいます」

このように通信が出来るけど、バッテリーの持ちが良くないという口コミが
ありました。これは高層階にまで届いている弱い電波を端末が探している
時間が長いためにバッテリーのヘリが速くなってしまうのです。

つまり電波をキャッチしやすくすればバッテリーの持ちも良くなります。
ここからは、WiMAXの端末のバッテリーを長持ちさせる方法をご紹介いたしましょう。

■WIMAXのバッテリーを長持ちさせる方法

・小まめに電源をオフしましょう
・アルミのボウルの中に入れて使いましょう

調べてみると、WiMAXの電源を外出する段階からオンにしっぱなしで通信をして
いる人が多くいます。しかし、これではバッテリーのヘリは当然早くなりますので、
通信する時だけ電源をオンにして後の時はオフにするように心がけましょう。

また、WiMAXの電波をかき集めるにはアルミ製のボウルの中に端末を入れるのが
効果的です。100円均一でも売っている小さめのボウルに端末を入れて、ハン
ガーなどをおってスタンドにして、電波をチャックしやすい角度に固定してください。

WIMAX

インターネット契約もパソコンも初めて。何から始めればいい?

■パソコンを初めて購入、インターネット契約も初めて。何から始める?

・パソコン・インターネットを始める手順
・注意をするポイントは?

パソコンを初めて購入し、インターネットを契約しようとすると何から
手を付けていいか分からず、困惑しますよね。

ここでは、初心者の方にでも分かりやすくパソコン・インターネットの
始め方をご説明いたします。ますは、インターネットについて調べました。

まず、インターネットを始めるには通信回線業者とプロバイダとの契約が必要と
なります。通信回線だけではインターネットに接続できないのでプロバイダと
呼ばれる会社に架け橋になってしまう必要があるのです。

通信回線で今人気なのはフレッツ光なのですが、通信回線によって対応
しているプロバイダが違います。

回線業者の公式サイトでプロバイダと同時に契約をしましょう。

申込をして、住んでいる地域や建物がフレッツ光に対応しているか審査を
受けた後、契約となり、自宅に回線を設置する工事をしてインターネットが
使えるようになります。

申込から実際にインターネットが使えるようになるまで2週間~1ヶ月かかります。
フレッツ光以外の通信回線でもほとんど同じくらいの期間がかかるのです。

しかし、最近はモバイルwifiルーターと言って、申し込みから数日後に通信が
出来るようになる携帯型の通信機器があります。

モバイルwifiルーターですと工事も手続きも必要なく、手軽に始めることが
できるので、インターネット初心者にも安心ですよ。

パソコンを購入するのはインターネット環境が整ってからにしましょう。

インターネットの通信回線とプロバイダを決める時に注意をするポイントは、
「適応している地域や建物かどうか」「料金は自分に合っているか」の
2つのポイントです。

まず、適応している地域や建物でないと、その通信業者のサービスを受ける
ことができません。また、同じ通信業者でもさまざまなプランを用意しているので、
自分の毎月の通信量、収入にあったプランを選択しましょう。

■固定回線を契約する場合の費用は?

・集合住宅プランは部屋数によって月額が違う!
・解約金と最低利用期間に注意しましょう

では、インターネットを始めるにはどれくらいの費用がかかるので
しょうか?しらべてみました。

自宅は集合住宅である場合、集合住宅の戸数が少ない方が料金が高くなり、
戸数が多い方が料金が安くなります。これは、集合住宅は、通路や階段などの
共同スペースまでは1本の回線で通信していて、各部屋へと回線が分かれて
いくためです。

もともと1本の回線の料金をみんなで割り勘する仕組みなのです。分かれていく
部屋の数が多ければ多いほど、1人1人が負担する料金が安くなるのです。

同じフレッツ光の集合住宅プランでも16部屋以上ある建物では、月額3,450円
4部屋以上8部屋以下の建物では月額4,450円となっています。

戸建てタイプは料金プランによって、月額に違いが出るだけです。
フレッツ光4,600円+プロバイダ料金500円~で月額5,100円~となります。

そして、月額利用料金とは別途で初期費用がかかります。
集合住宅では15,800円、戸建てでは18,800円です。

また、どちらのタイプの場合でも「にねん割」が適応されますので、契約から
2年内に解約をする場合は、戸建てタイプなら9,500円、集合住宅タイプなら
1,500円の契約解除料金が必要となります。

■パソコンは家電量販店では購入しない方がいい?

・家電量販店は経費分料金が上乗せされている
・通販ならその心配がないのでお得!

家電量販店と通販サイトでは、どちらでパソコンを買った方がいいのでしょうか。
調べて結果、通販サイトの方がお得ということが分かりました。

家電量販店は店舗の家賃や人件費、店舗自体の電気代など、さまざまな
経費がかかってしまいます。

経費の分どうしても商品の料金に上乗せすることが必要になるため、少し高く
なります。一方、通販サイトなら店舗の経費はかからず、人権費も家電量販店
ほど必要ではないので、商品に上乗せする料金が少なくて済むのです。

パソコンは通販サイトで購入しましょう。

■契約時の通信業者の公式サイトをプリントしておきましょう!

・イザという時のために備えておいてください

通信業者の公式サイトはキャンペーンが変更すると、サイトの内容が変わって
しまいます。ですので、契約時の公式サイトをプリントして、保存しておいてください。

契約期間は2年間もあるのです。トラブルが起きないという保証はありませんので、
イザという時のために2年間保存しましょう。また、契約前に料金や契約内容を
しっかり確認してください。

■引っ越したマンションにフレッツ光導入済みと記載、どういう意味?

・導入済みなら回線工事はいりません
・プロバイダの料金が無料な場合もある!

調べてみると、マンションに「フレッツ光導入済み」とある場合は、各部屋
までフレッツ光回線が開通されている状態ということです。

普通、インターネットを始める時は自分の住んでいる住宅や場所が希望する
インターネット回線の業者が対応できる地域か調べてから申し込みをして、
プロバイダ・回線契約をし、回線工事をしてインターネットを使えるようになります。

しかし、「フレッツ光導入済み」の場合はこの工程が必要なくあらかじめ部屋に
LANコンセントがあるので、フレッツ光に申し込みをするだけですぐにインター
ネットを使うことが出来るのです。

そして、一番うれしい特徴は料金が通常よりも安いこととマンションが入っている
プロバイダに入れば、料金が必要ないことがほとんどというポイントです。

プロバイダは毎月の料金が500円~ですので、2年間で12,000円~も
節約になります。また、解約金が不要なマンションもありますので、大家さん
に確認をとりましょう。

■マンションに入っているプロバイダに入るのは必須ではない。

・回線は選ぶことが出来ない
・プロバイダは対応していれば問題なし

インターネットを利用するには通信回線とプロバイダ、2つの会社と契約を
しなければなりません。通信回線はひとつの集合住宅で1つの回線しか
通せないので、マンションごとにすでに決まっています。

フレッツ光導入済みであるなら固定回線はフレッツ光しか利用できません。
しかし、プロバイダはフレッツ光に対応していれば好きに選ぶことができます。

マンション側入っているプロバイダに入らなければならないわけではないのです。
フレッツ光に対応しているプロバイダは以下のとおりです。

@nifty、AsahiNet、BB.excite.、BIGLOBE、DTI、hi-ho、OCN、plala、
So-net、WAKWAK

これらのプロバイダはプロバイダパックと言って、フレッツ光とセットで申し込みが
出来る上に、プロバイダパックだけのオトクな料金で利用できます。

10社のプロバイダの中でもっとも安いのはBB.excite.で月額500円 です。
もっとも高額なのは@niftyで月額950円となっています。

上記の10社以外のプロバイダにも、契約可能なプロバイダはあります。

■マンションタイプは戸建てタイプに比べて通信速度が遅い?

・マンションタイプの実際の通信速度
・戸建てよりも通信速度が遅いとは限らない

調べていると、「フレッツ光のマンションタイプは通信速度が遅いのでは?」と
いう疑問を持っている人が多いことが分かりました。

これは、マンションタイプがもともと1本の回線で通信をして、マンションの
階段や通話などでそれぞれの部屋に枝分かれしていくという仕組みで
あることが関係しています。

複数のユーザーで1本の通信回線を使うので、「通信速度が遅いんじゃないか?」
「すぐに回線がパンクするんじゃないか?」と疑問を感じてしまいますよね。

しかし、これはそのマンションに住んでいる住人がどれくらいインターネットを
利用するかにもよるので、ケースバイケースなのです。

実際にフレッツ光マンションタイプを利用している人の口コミでは
「普通の時は通信速度が60Mbpsくらい出ます。遅い時でも40Mbpsくらいです。
若干遅いかもというだけで、体感的にはあまり遅いとは感じません」ということでした。

また、フレッツ光ネクストマンションタイプとして導入されている通信回線は
1Gpsの回線です。これは、通信速度が100Mbpsの回線が10本分もあります。

多くのユーザーで共有しても速度が落ちにくいのです。

そして、戸建て向けのフレッツ光ネクストの下り最大速度は200Mbpsなのですが、
完璧に条件が整っていないとまず出ない速度ですので、最大値の通信速度が
遅いからと言って、実際の通信速度も戸建て向けより遅くなるということはありません。

■セキュリティをしっかりつけましょう

・1本の回線を共用すると個人情報を盗まれる危険性が高くなる!

調査の結果、マンションタイプは途中まで1本の通信回線で通信をしている
ことが分かりました。ですので、同じマンションに住んでいる他の住人達と
1つの回線で途中地点まで通信をすることになります。

個人情報などが覗きやすい状態ですので、パソコンにしっかりセキュリティを
かけるようにしてください。特にデータ共有ファイルなどを使用すると個人情報が
除かれる危険性が高くなりますので、出来るだけ使わないようにしましょう。

■一人暮らしならモバイルルーターが最適な理由

・面倒な手続きや工事が必要ない
・引っ越しがあってもそのまま使い続けられる
・家の中でも外でも利用可能

一人暮らしを始める時にインターネット環境はどうすればいいのか悩みますよね。
一人で住んでいるのにわざわざ固定回線を設置するのも面倒なものです。

調べてみると、一人暮らしの方はモバイルルーターを選ぶことが多いようです。
その理由はこちらです。

まず、モバイルルーターのプロバイダの公式サイトから直接申し込みができるので、
面倒な手続きが必要ないことが最大の理由です。

固定回線のように申し込みをして、プロバイダを決めて、自宅まで業者の方に
来てもらい、契約をして後日回線の設置工事をするという流れが、いりません。

オンラインで申し込をして数日後に通信端末が届き、数分で済む設定をすれば
すぐにインターネットに接続できるようになります。

また、固定回線での通信とは違い、引っ越しをすることになっても手続きも
回線撤去工事も必要なくそのままの状態で引っ越しをすることができます。

さらに、コードレスでポケットにも入る大きさですので、外に持ち出すことも
簡単で家の中でも外出先でも通信をすることができます。

一人暮らしは家を空けることが多いですので、固定回線のような家の中だけで
しか使うことが出来ない通信環境は向いていません。

手続きが簡単なこと、利用し始めるまでの期間が短いこと、コードレスで
持ち運べること、引越でも手続きがいらないことが一人暮らしに最適な理由です。

■気になる費用はどれくらい?

・モバイルルーター業界最安値はヤフーwifi
・無制限に使いたいならWiMAX

便利で手軽にモバイルルーターはできるだけ安く利用したいですよね。
調査の結果、モバイルルーターの月額の最安値はこちらの端末でした。

Yahoo!wifi 「303HW」 月額2,743円
こちらの端末は本体価格0円、Yahoo!プレミアム会員に登録すると月額2,743円
ととても安い金額で利用できます。

事務手数料が3,000円と毎月ユニバーサルサービス料と呼ばれる通信環境の
安定を確保するための料金が4円かかります。しかし、月額2,743円という月額
の利用料は契約から2年間のみで3年目からは月額3,696円となります。

こちらの303HWのプランは月間の通信データ量が7GBを超えた場合、
当月末まで最大通信速度が送受信128kbpsになります。

こうした通信データ量の制限を気にしないでモバイルルーターを使いたい場合は、
こちらのモバイルルーターがあります。

「UQ WiMAX」ならどの通信端末を選んでも本体0円です。

「UQ Flat ツープラス ギガ放題」なら、月額利用料金4,380円でWiMAXと
WiMAX2+の通信モードを無制限で利用することが出来ます。今なら契約
から最大で3ヶ月間月額3,696円と割安になります。

基本的に無制限なのですが、前日までの直近3日間で「WiMAX2+」「au 4G LTE」
の通信量の合計が3GB以上になった場合、「WiMAX2+」「au 4G LTE」の通信速度
を翌日にかけて制限するので、注意をしましょう。

■LTEとWiMAX、どちらの方が繋がりやすい?

・LTEとWiMAXの周波数の違い
・使い場所によってあっている機種が違う

調べてみると、ヤフーwifiのようなLTEとWiMAXには電波の周波数に大きな
違いがありました。

ヤフーwifiのようなLTEは1.7GHzの周波数を利用して通信を行っています。
WiMAXは2.5GHzの周波数帯を利用して通信を行っているのです。
WiMAXの方が高い周波数帯を利用していることがわかります。

この周波数帯の高さは電波の直進性とイコールとなります。
周波数帯の数値が高ければ高いほど、電波の直進性が強いので、
曲がりにくく、家の中などに柔軟に進んでいけません。

LTEはWiMAXほど周波数帯が高くないので、直進性は強くなく、家の中に
しっかり入りこんでスマホと同じような感覚で通信をすることが出来るのです。

草原やあき地などの周囲に電波を遮るものが何もない場所では直進性
の強いWiMAXが合っていますが、家の中ではLTEが向いています。
このように、場所によって、あっている電波の種類は違うのです。

■WiMAXを実際に使ってみると室内でも問題がないこともあります!

WiMAXユーザーの口コミを見てみると、神奈川県横浜市で自宅の中やカフェで
使っていても通信が途切れたり、繋がらなくなることはめったにないとのことです。

WiMAXが室内で繋がりにくいのは理論上の話ですので、実際に使ってみると
問題ないこともあります。

こうした事情を考えて、契約前に1日単位でモバイルルーターをレンタルできる
業者から借りて使ってみるといいでしょう。自宅や仕事場、よく行くお店などで
試してみてください。

MacBook AIRがセットになったWiMAXのキャンペーンはある?

■WiMAXの契約でMacBook AIRがセットでついてくるキャンペーンはある?

・WiMAXとMacBook AIRのセットは楽天で少し見かける程度
・WiMAXとMacBook AIRのセット販売はPC代を分割しているだけ

WiMAXにはさまざまな契約キャンペーンがありますが、調べてみると現在は
MacBook AIRが特典になっているものはありません。

しかし、通販サイトなどではMacBook AIRとWiMAXがセットになったものが
販売されています。ご紹介しましょう。

「楽天市場」では、「Apple MacBook Air 1600/11.6 MJVP2J/A + WiMAX2+
Speed Wi-Fi NEXT WX01」が販売されています。

価格は81,980円となっています。WiMAXの料金プランはこちらの2つから選びます。
・まとめてプラン1100 月額1,019円 + UQ Flat ツープラス 月額3,696円
・まとめてプラン1100 月額1,019円 + UQ Flat ツープラス 月額4,380円

この月額1,019円というのはMacBook Airの代金を毎月分割して支払っている
のです。合計で24,456円を最低利用期間の2年間で支払うので、本体価格の
81,980円に加算すると、106,436円となります。

Macbook Airの本体価格の通常の値段は102,800円とほとんど変わらなく
なります。WiMAXのプロバイダ契約時のキャンペーンで24,590円のキャッシュ
バックで購入した方がお得になるのです。

■MacBook AIRが特典のキャンペーンがない理由は?

・MacBook AIRが高額なため
・家電量販店などのようなノートPCプレゼントができないため

通販サイトなどで調べてみると、MacBook AIRは本体価格100,000円
前後します。

WiMAXは本体価格が0円で初期費用も安く、月額の利用料金も安いので、
手軽なネット環境と言えます。

「とくとくBB WiMAX2+」のギガ時放題プランに加入すると最低利用期間2年間で
初期費用端末代含めた合計費用が108,267円となります。

これにキャッシュバックで20,000円以上返ってくるのです。

MacBook AIRは本体価格が100,000円ですので、2年間の合計費用と
ほとんど変わらない金額です。

WiMAXとセットにする機器としては高額すぎるのがキャンペーンにない理由です。

また、家電量販店のWiMAX契約キャンペーンにノートPCプレゼントという
キャンペーンが良く登場しています。

これは、月額の利用料金に毎月ノートPCの料金を少しづつ上乗せしてノート
PC代の半額以上を取り返すシステムで実現出来ているのです。

家電量販店ではほとんどのお店でこのようなシステムを採用しています。
WiMAXのプロバイダは月額の利用料金の安い会社がほとんどですので、
家電量販店のようなキャンペーンの仕方が出来ないのです。

■現在のWiMAXのキャンペーンでもっとも得なのは?

・高額キャッシュバックキャンペーンは27,390円!
・キャッシュバック+特典は本当にお得?

調べてみると、現在行われているWiMAXのキャンペーンでもっとも
お得なのが、とくとくBBの「27,390円キャッシュバック」です。

こちらのキャンペーンは「23,790円キャッシュバック+クレードル無料」
と好きな方を選ぶことができます。

20,000円以上のキャッシュバックはとてもお得ですが、全額キャッシュバックと
キャッシュバック+特典はどちらがお得なのでしょうか?

まず、とくとくBBのキャンペーンはキャッシュバックのみとキャッシュバック
+クレードルプレゼントかを選ぶことが出来ます。

このクレードルという機器は乗せるだけで端末の通信を補助してくれる機器で
有線LANを差してパソコンと接続したり、有線LANしか接続できないホテルなど
で電波を飛ばす中継ポイントとして使えます。

しかし、パソコンであまりネットをしない方や、家に固定回線がある方、出張や
旅行などの回数が少ない方では、出番はあまりありません。

27,390円のキャッシュバックを受けて、そのお金でMacBook Airを購入する
方がお得です。

■MacBook AIR以外のノートPCとWiMAXのセットはない?

・高画質のビジネスノートPCとWiMAXのセットなら頭金0円!

HPノートPCとWiMAXのセットならWiMAXの費用とは別でHPノートPC分の頭金が
0円となります。通常のWiMAXの契約と同じ費用で購入できるのです。

そして、月額の利用料金はWiMAXの利用料金とは別途で月額1,600円となります。
24か月間の契約期間で契約解除料はWiMAXとは別途で38,095円かかります。

■WiMAX契約でキャッシュバックしてもらったお金でMacBook AIRを単体で買う場合との比較

・とくとくBBでWiMAX契約し、キャッシュバックのお金でMacbook AIRを買う場合
・通販サイトでWiMAXとMacBook AIRをセットで購入する場合

では、WiMAXの契約キャッシュバックキャンペーンでもらったお金でMacBook AIR
を買うのと、通販でセットで買うのとではどちらの方がお得なのでしょう。

とくとくBBで受けられるキャッシュバックでもっとも高額なのは24,590円です。
月間のデータ通信量に制限がないギガ放題に契約すると適応されます。

MacBook AIRをこのキャッシュバックで浮いたお金で購入すると、本体価格で
ある108,000円から24,590円を引いて83,410円となります。

一方、通販サイトでMacBook AIRとWiMAXのセットを購入すると、70,000円で
購入することが出来ます。他のサイトでも81,930円で購入が可能です。

しかし、通販サイトをチェックしてみると、中古で60,000円代で購入できるものも
あります。つまり、セットで購入するよりもWiMAXの契約キャンペーンのキャッシュ
バックで浮いたお金でMacBook AIRを購入する方が安く済みます。

■MacBook AIRとWiMAXのセットの詳細

・端末や料金プラン、支払方法が指定されている
・通販サイトとプロバイダが提携している

MacBook AirとWiMAXの通販サイトのセットの詳細は、こちらです。

調べてみると、まずセットになっているWiMAXの端末は1種類になっています。
端末のカラーは選べるのですが、端末自体は指定のものだけです。

また、料金プランも2種類、もしくは1種類のプランのみとなっています。
そして、WiMAXは口座振替とクレジットカードでの支払いができるプロバイダも
複数社あるのですが、MacBook AIRとのセットの場合はクレジットカード限定です。

このように、いくつかのポイントを指定することにより、セットを組んでいるのです。

また、楽天市場などの通販サイトとUQ WiMAXが提携して行っているサービス
ですので、こうした安い料金が実現するのです。

公式と正規代理店との契約内容やサービスでの違いはありません。
契約後は公式のサポートセンターに対応してもらえます。

■WiMAXとのセットで最も多い通信機器は?

・WiMAXとのセットで最も多い通信機器はタブレット
・その理由は本体価格の安さ

WiMAXとセットで販売されている通信機器でもっとも多いのはタブレットです。

GMOとくとくBBでは「Nexus7 16GB」や「MeMO Pad 7」を、BIGLOBEでは
「Fire HD7 16GB」か「Fire HD6 8GB」、ASAHIネットでは「Nexus 7 16GB」
がキャンペーンでプレゼントされます。

それぞれのタブレットの本体価格はこのようになっています。

「Nexus 7 16GB」 本体価格7,000円代~19,000円代
「MeMO Pad 7」 本体価格28,000円代
「Fire HD 7 16GB」 本体価格18,000円代
「Fire HD 6 8GB」 本体価格11,800円代

これを見て分かるように、MacBook AIRよりもかなり安い金額なのです。
WiMAXのキャッシュバックの金額も10,000円代から20,000円代の
プロバイダが多いです。

つまりWiMAXのキャンペーンで契約者に還元できる金額は10,000円~
20,000円代までということになります。

■MacBook AIRをやすく購入するためには?

・通販サイトのポイントを使う
・中古での購入を考える

MacBook AIRを安く購入するためには、どうしたらいいのでしょうか。
調べてみると、通販サイトには安く購入できるポイントがありますので、
溜まっている場合は一括で使ってMacBook AIRを買いましょう。

また、通販サイトで見てみると、中古で60,000円代まで落ちているものも
あります。新品にこだわらないのであれば、中古での購入も考えてみてください。

■MacBook AIRの最安値を調査してみた

・公式サイトの正規価格は?
・通販サイトの中古価格は?
・中古以外で安いMacBook AIRは?

MacBook AIRについて調べていると、やはりその本体価格が高額なことを
実感します。まずは、MacBook AIRの正規価格をおさらいしましょう。

公式サイトで見てみると、MacBook AIRは

11インチ 128GB 本体価格102,800円
11インチ 256GB 本体価格126,800円
13インチ 128GB 本体価格112,800円
13インチ 256GB 本体価格136,800円

このような価格となっていました。やはりどの機種でも100,000円以上
します。では、通販サイトで扱われている中古のMacBook AIRはいくらでしょう。

「Apple MacBook Air 1.6GHz 13.3インチ MB003J/A」
中古販売価格 58,769円

こちらのMacBook AIRは2008年1月15日に発売された旧式のものです。
現在のMacBook AIRから8代前のものになります。

こちらの口コミをみてみると、「バッテリーが少し物足りないけど、軽くて
使いやすく、携帯するのも楽でいいです」と好評でした。

8代前のものでも軽さと使いやすさはかわらないようですね。
こちらがMacBook AIRの最安値となります。

では、中古以外で安いMacBook AIRはないのでしょうか?
MacBook AIRの公式オンラインショップ・アップルストアには、
「アップル整備済み品」という商品があります。

店頭商品、返品商品などを修理し整備した状態で「アップル認定製品」として
再度、販売しているのです。

このアップル整備済み品は好きなようにカスタマイズすることはできませんが、
新品並みの品質で1割~2割、安く買うことができるのです。

常にMacBook AIRが発売されているというわけではないので、こまめにチェック
して発売されるのを待つしかないのですが、最安値ではありませんが、お得に
購入できます。

購入した商品は新製品と同じようにサポートを受けることが出来ます。

■MacBook AIRを安く買う方法は?

・ヤフーJAPANでTポイントを使って購入
・ギフト券や商品券を活用する
・抱き合わせで他の商品を購入する

MacBook AIRを安く購入する方法を調べてみると、このような方法がありました。
まず、ヤフーJAPANでは最近、Tポイントを使えるようになりました。

使わずに取っておいてある場合は、MacBook AIR購入に使ってしまいましょう。
また、楽天市場では楽天カードを持っているとポイントが2倍~4倍になる
キャンペーンなどもありますので、そうしたサービスを活用しましょう。

amazonにはamazonギフト券がありますが、検証などでギフト券が溜まって
いることもあります。そうした場合はamazonで購入しましょう。

また、JCBギフトカードやVJAギフトカードなどの商品券を使って買う方法もあります。

そして、家電量販店でMacBook airを購入すると抱き合わせの商品を一緒に購入
すると割引になることもあります。

しかし、月額の利用料金が上乗せされていたり、必要のない商品が抱き合わせ
だったりするとお得になりませんので、事前に良く調べてから購入してください。

■職業が周囲の知人に頼る方法もあります!

・学割や公務員割引を使って買う
・Appleスタッフの知人などに協力してもらって買う

調べてみると、学生、もしくは教育関連の職業であればAppleが用意
しているEducation Apple StoreでMacBook AIRを購入することが出来ます。

また、Apple on Campusに参加している学校に在籍する生徒、教職員の方は
割引を受けることが出来るので、一般の方よりも安い価格で購入出来ます。

そして、政府関連機関に勤めている方、公務員の方はApple Store for
Governmentから割引で購入することができます。

また、Appleスタッフが周囲にいる場合は、商品の15%OFFの権利を
プレゼントしてもらえるので、探してみましょう。

■Apple on Campusを利用するには?

・利用は専用のストアから!

Apple on Campusを利用するには、専用のオンラインストアから商品を購入
するか、コールセンターへ電話をして、学校名とApple on Campusを利用する
ことを告げてください。

WIMAX

クレジットカードがなしだけどwifiを契約したい。支払方法は?

■クレジットカードがないけど、モバイルwifiルーターを契約したい。支払い方法は?

クレジットカードがない場合でもモバイルwifiルーターを契約することはできます。
調べてみると、支払方法がクレジットカードだけではないプロバイダがいくつか
ありました。

モバイルwifiルーターには、WiMAXとLTEの2種類があります。
WiMAXで口座振替で料金を支払えるプロバイダはこちらです。

「UQ WiMAX」「@nifty」「BIGLOBE」「Broad WiMAX」の4社です。
これらの会社は口座振替かクレジットカードでの支払いかを選ぶことができます。

そして、LTEで口座振替が出来るプロバイダはこちらです。
「楽天wifi」「Yahoo!wifi」「ワイモバイル」です。

では、WiMAXとLTEそれぞれの会社を見ていきましょう。
どのような違いが分かるのでしょうか。

■口座振替できるWiMAXのプロバイダでもっともお得なのは?

口座振替できるWiMAXのプロバイダでもっともお得なのは「@nifty」です。
@niftyについて調べた結果がこちらになります。

@niftyはWIMAX通常の月額が3,670円で通信量は7GBです。
最大キャッシュバックを考慮すると実質の負担額はこのようになります。

@nifty契約1年目・月額2,003円、2年目・月額2,836円となっています。

WiMAXギガ放題になると月額4,350円なのですが、キャッシュバックを
考慮すると実質の負担額はこのようになります。

@nifty契約1年目・月額2,683円、2年目・月額3,516円となります。
どちらの料金プランでも初期費用は3,000円です。
キャッシュバックは20,000円でモバイル端末とクレードルのセットは1円です。

口座振替で支払えるWiMAXの中でもっともお得なのはこちらのプロバイダです。

■口座振替できるLTEのプロバイダでもっともお得なのは?

では、口座振替ができるLTEのプロバイダでもっともお得なのは、
どの会社なのでしょうか?調べてみるとYahoo!wifiでした。

303HWなら月額2,743円で月間7GBの通信量まで使えます。
初期費用は3,000円で端末代は無料です。

303HWにはテレビチューナー機能がついているので、外出先で
タブレットなどでもテレビを見ることが出来ます。

そして、通信量の制限がないプランが良い場合は305ZTのプランがあります。
2種類の周波数をつかって通信をするので、高速で安定してネットと繋がれます。

初期費用はこちらも3,000円で、月額3,696円で通信し放題です。
端末代は無料となっています。

Yahoo!wifiは4つの銀行の口座から支払うことが出来ます。

みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行
ジャパンネット銀行
楽天銀行

このようにクレジットカードなしでも、お得にモバイルwifiルーターは
持つことが出来るのです。

■クレジットカードで料金を支払うメリット・デメリット

では、そもそもモバイルwifiルーターの料金をクレジットカードで支払うメリットと
デメリットはなんなのでしょうか?

まず、クレジットカード払い限定のキャンペーンなどもたまにありますので、
そういった際に安心ですし、クレジットカードのポイントもどんどんたまります。

そして、クレジットカードで支払うデメリットはクレジットカードの情報を
プロバイダへの申し込みの際に入力しなければならないことです。

また、あらかじめクレジットカードを持っていなかった場合、わざわざ
作らなければなりません。

口座振替なら、カードを作る必要もないですし、手間がかかりません。

しかし、キャンペーンはクレジットカードでの申し込み専用のものはあっても
口座振替専用のものはなかなかありませんので、少し損をしてしまう可能性
があります。

クレジットカードなしでも十分、モバイルwifiルーターは契約することが出来ます。
しかし、メリットとデメリットがあるので、注意してください。

■デビットカードで申し込めるWiMAXやポケットWIFIはある?

調べてみると、デビットカードとは銀行などの金融機関で発行された
キャッシュカードで買い物ができたり、食事が出来たりするサービスの
ことです。

店舗に設置された端末機にカードを差して暗証番号を入力するだけで、
口座からすぐに代金を引き落とすことができます。

大変便利なサービスなのですが、現在の時点ではデビットカードでの支払いに
対応しているモバイルwifiルーターはありません。

基本的にモバイルwifiルーターの料金の支払いはクレジットカードか
口座振替になります。

では、それぞれの支払い方法の注意点はどのようなところなのでしょうか?

■口座振替でモバイルwifiルーターの支払いをする場合

調べた結果、モバイルwifiルーターで利用料金の支払いをする場合は、
ほとんどのプロバイダで口座振替手数料が発生します。

WIMAXの場合は、口座振替手数料は200円で、月額の利用料金とは
別途で請求されます。

毎月200円ということは、1年間で2,400円、2年間で4,800円となります。
他の有料オプションの金額が安いプロバイダにするなどして調節しましょう。

WiMAXのプロバイダの有料オプションの料金はこちらです。

「UQ WiMAX」
UQ Wi-Fi 無料
UQ WiMAXに加入していれば公共無線LANは無料で使えます。

請求書発行オプション 月額100円
毎月の利用料金を書面でとどけるサービスです。

おまかせサポート 月額500円
もしものトラブルの時に遠隔操作で、解決策を教えてくれるサービスです。

「Braod WiMAX」
端末安心サポート 月額300円
もし万が一、端末を破損・紛失してしまった場合に保証してくれるサービスです。

My Broad サポート 月額907円
最大2ヶ月無料で、パソコン周辺の困りごとに対応しれくれるサービスと、
インターネットセキュリティのサービス2つを受けることができます。

「とくとくBB WiMAX」
安心サポート 月額300円
故障流離が無料で受けられますが、故意による破損や故障、盗難・紛失は
サービス対象とはなりません。

安心サポートワイド 月額500円
故意による故障や改造による故障、盗難・紛失はサービスの対象となっていません
「安心サービス」の対象となっていない原因での故障も補償の対象となる場合が
あります。

UQ WiMAXには端末の故障をフォローしてくれる安心サポートがありません。
また、とくとくBBの安心サポートは安く受けられるのですが、セキュリティに
関するオプションはありません。

無線通信は個人情報などをのぞかれやすいので、セキュリティオプションが
ついているBroad WiMAXの方が安全性は高いです。

■LTEのワイモバイルの支払い方法は?

WiMAXはクレジットカード、口座振替の2つの支払い方法が出来ますが、LTEの
ワイモバイルはどうなのでしょう。調べた結果がコチラです。

まず、ワイモバイルっでも使用料金は口座振替とクレジットカード払いが出来る
のですが、両方を選べるのは、店頭での契約の場合のみです。

口座振替なら、ゆうちょ銀行、都市銀行、地方銀行、インターネット銀行、
農業協同組合などがあります。

オンラインでの端末購入の場合は、クレジットカードのみとなります。
しかし、ヤフーwifiや楽天wifiであればオンラインでも口座振替が可能となります。

■クレジットカードでの支払いはお得!

モバイルwifiルーターをクレジットカードで支払うととてもお得になります。
調べてみると、口座振替には割引やおピントなどが一切ないのですが、
クレジットカードではポイント還元など、支払で得をすることが出来ます。

また、口座振替の手数料である毎月200円、年間2,400円を節約できる
ので、それだけでもお得ですよね。

さらに、クレジットカードを持っていない人は、新規で入会すると、ギフト券や
ポイントがもらえるキャンペーンも行われているので、そうしたキャンペーンを
利用して、お得にカードを発行すれば口座振替よりもずっと費用を節約できます。

■口座振替の審査はクレジットカードの審査よりも比較的通りやすい?

モバイルwifiルーターの毎月の利用料金の支払い方法には口座振替と
クレジットカードでの支払い方法があります。

どちらの方が通りやすいのでしょうか?調査してみました。

まずは、Yahoo!wifiにクレジットカードで契約申し込みをした人の
レビューによると、申し込み3日目に端末が届いたそうです。

とくとくBBでは午前8時までに申し込みをすると翌日までに端末が届く
のですが、このユーザーは午前9時の申し込みだったそうです。

申し込みの翌日に端末を発送し、その翌日に自宅に届いたということ
ですので、申し込み当日に審査がとおったことになります。

携帯やスマホなどの通信回線のほとんどはオンラインで申し込をしても
電話などによる本人確認の電話があります。

また、過去のクレジットカードや携帯・スマホの滞納履歴を調べるのです。
ですが、Yahoo!wifiにはこうした電話確認が一切ありません。

一方の口座振替での契約はどうなのでしょうか?

口座振替の場合は、過去に延滞や未納があった場合は、申し込みができない
ことがあります。クレジットカード払いに比べて何かと制約が多いのです。

また、口座振替は毎月預金口座から請求元の会社の口座へ利用料金を送金
することをいい、請求書などがきてから送金する口座振込みとは違います。

口座振替の場合は、WiMAXですと後日プロバイダから口座振替依頼書が
送られてきて、これに記入して返送します。

プロバイダは口座振替依頼書の内容を確認して手続きを行います。
クレジットカードにはこの工程がありません。

クレジットカードなら申し込みから1日~3日くらいで端末が届くことがほとんどですが
口座振替ですと、審査が終わるまでに10日~1週間かかることもあります。

その後、端末が届いて使えるようになるので、1週間~2週間前後は時間が
かかるのです。明日にでも使い始めたい場合は口座振替ではなく、クレジット
カードの方がいいでしょう。

■審査を通る条件とは?

調べてみると、モバイルwifiルーターを契約してインターネット接続をする
には、特別な許可や資格は必要ありません。

しかし、クレジットカードや口座振替の審査に通る必要があります。
契約の特典として、通信端末がもらえる場合でも審査が行われることがほとんどです。

モバイルwifiルーターの審査内容は、普通のスマホや携帯などの審査と
同じ内容です。

・過去にスマホや携帯などの通信契約で滞納や未払いがないかどうか
・クレジットカードの料金払いの遅延がないかどうか
・消費者金融に多額の借り入れが残っていないか
・信用情報に問題がないか

これらの項目が審査の判断基準になりますので、普通に生活を送っている
人は審査に落ちることはありません。

■モバイルwifiルーター契約前に確認しておいた方がいいこと

では、モバイルwifiルーターを契約する前に確認しておいた方がいいことは
なんでしょうか。調べた結果がコチラです。

・月額利用料金はずっと同じ金額か
月額の利用料金はキャンペーンなどで最初の3ヵ月間は割安だったり、
利用開始月は無料だったりします。

それ以降、ずっと同じ金額のものもあれば、13か月目から料金が上がる
ものもあります。契約はじめの利用料金だけでなく、最低利用期間中の
月額利用料金は事前に確認しておきましょう。

また、契約自動更新後、月額利用料金が上がるものもあります。
長期的に利用料金について確認しておいてください。

・月間や3日間の通信量の制限はあるか
WiMAXには月間の通信量の制限はありません。しかし、ワイモバイルには
通信制限があります。

ワイモバイルは、キャンペーンで通信制限なしと記載されているのですが、
月間の制限がないだけで24時間ごとの制限はあります。こうしたややこしい
システムとなっているので、しっかり確認をしましょう。

・通信エリアに自宅が含まれているか
モバイルwifiルーターを使い頻度が多い、自宅や職場などでもモバイルwifi
ルーターが使えるかどうかを確認してから購入しましょう。

■自宅の立地条件によっては固定回線の方がいい場合も・・・!

自宅の立地条件によっては、モバイルルーターでは通信がしずらいこともあります。
通信エリアに含まれていても隣に高いビルが建っていたりすると通信が不安定に
なってしまうのです。

UQ WiMAXでは契約前に15日間お試しで端末をレンタルすることが出来ます。
こまた、他の会社の端末もレンタル業者で1日単位からレンタルできるのです。
こうしたサービスを使って契約前に実際に使ってみると、後悔しません。

インターネット契約はアパートではポケットwifiがおススメな理由は?

■賃貸アパートでのネット回線の契約、ポケットWiFiが人気らしいけどなぜ?

賃貸アパートへ引っ越しをして、これからネット回線を契約する時に、
どの回線にすればいいか分からず悩むことは誰にでもあります。

ネット回線の契約方法や通信回線設置工事、初期費用、申し込みに必要な
もの、など基本的なことを調べるのも一苦労ですよね。

しかし、調べてみるとポケットwifiは面倒な手続きも通信回線の設置工事も、
一切必要なく、申し込みもオンラインで出来てすぐにネットを始めることが
できるのです。

まず、固定回線の場合は公式サイトから申し込みをします。
フレッツ光を例にしてご説明しましょう。

住んでいる地域によって提供できるネットサービスの種類が違いますので、
公式サイトで調べます。その後、戸建てタイプか集合住宅タイプかを選びます。

そして、ネット接続に必要なプロバイダを選びます。プロバイダは固定回線によって
対応している会社が違います。公式サイトで回線と同時に申し込みしましょう。

その後、契約をするのですが、契約後、自宅で回線の設置工事が行われます。
申し込みから実際に回線が設置されてネットが使えるようになるには2週間~
1ヶ月間必要となります。

しかし、ポケットwifiはオンラインで申し込をすれば早ければ翌日に端末が届き、
簡単な設定をすればすぐに使い始めることができます。

固定回線ではなく、無線での通信ですので回線工事がいらず家の中でも
外出先でも使用できるのです。

引っ越しをする時でも手続きが必要なく、そのままで新しい家でも使えます。
この手軽さが人気の理由です。

■光回線のメリット・デメリット

では、光回線にはどういったメリット・デメリットがあるのでしょうか。
調べてみました。

光回線のメリット

・NTT局舎からの距離の影響を全く受けない
すんでいる家の場所に関係なく、高速で安定した通信が利用できます。

・通信速度の上りと下り、両方が高速である
ADSLやポケットwifiは下りの通信速度を優先して速くする仕組みなので、
下りが高速で上りは遅いのです。

しかし、光回線なら上りも下りも通信速度が同じになります。
送受信両方が高速ですので、スムーズにインタネットを使えます。

・マンションの規模が大きければ大きいほど利用料金が安くなる
光回線の場合は、同じ集合住宅に8人以上の利用者がいる場合、
利用料金が安くなります。

集合住宅の階段や外の通話などの共同スペースまで、光回線は1本で
通信をしています。そこからそれぞれの部屋へ回線が分かれているので、
もともと1本の回線を複数人で利用しているのです。

ですので、利用者が増えれば増えるほど、もともと1本の回線の料金が
分散され安くなるという仕組みなのです。

しかし、それは通信速度が遅くなるというデメリットにも繋がります。
もともと1本の回線の利用者が増えれば当然回線が混雑しやすくなり、
通信速度が落ちてしまうのです。

一方のポケットwifiはどうでしょうか?

■ポケットwifiのメリット・デメリット

調べた結果、ポケットwifiのメリット・デメリットはこちらです。

ポケットwifiのメリットは、先ほどお話ししたとおり、工事や手続きや
不要で家でも外でも通信できることです。

ポケットwifiのデメリットは無線での通信なので、固定回線に比べて不安定で
あることです。しかし、LTEであればスマホとほとんど変わらないくらいの
通信環境です。

ポケットwifiはワイヤレスですのでインターネットから電波で通信を受け取り、
スマホへ電波で通信を飛ばします。

そして、そのスマホから電波を受け取り、インターネットへおくるのです。

電波は回線での通信よりも通信速度や不安定になりやすく動画が途切れたり、
サイトのページがひらけなかったりするのです。

また、WIMAXというモバイルwifiは室内の通信に弱いという特徴があるので、
室内よりも屋外での通信に向いています。

■ポケットwifiには通信制限がある?!

ポケットwifiはスマホなどと同じ携帯型無線通信機器ですので、
通信制限があるものがあります。

しかし、調べてみると、無制限で通信できるポケットwifiもありますので、普段
インターネットを多く利用する人は無制限のポケットwifiの方がストレスを
かんじないで使えると思います。

■無制限なのでWIMAXがイイらしい、おススメのプロバイダと機種は?

無制限の通信が出来るモバイルwifi、WIMAXには多くのプロバイダが
あります。また、通信機種の種類もいくつかありますので、どう選んで
いいのか悩みますよね。

ここでは、調べた結果をもとにWIMAXのプロバイダで条件のいい会社、
そして、使いやすく利便性の高い機種をご紹介していきます。

では、まずはWIMAXのプロバイダからです。その会社と契約をするのが、
いいのでしょうか?

調査の結果、WIMAXは月額の利用料金、通信速度などはプロバイダごとに
あまり差がないことが分かりました。

大きく違うのはキャンペーンの内容です。プロバイダをどこにすればいいのか
迷った時はキャンペーンの内容で決めるという方法もあります。

キャンペーンが特にお得なのはこれらのプロバイダです。

「BIGLOBE WIMAX2+」
WX01、W01、NAD11、HWD14のどれかの機種ですと端末本体とクレードルの
セットが0円となります。

また、指定された期間継続的に利用できる方に「Fire HD7 16GB」か
「Fire HD6 8GB」をプレゼントし、12か月間継続して利用した場合、
2,000円がもらえます。

もしくは、12か月連続利用で15,000円キャッシュバックが受けられます。
どちらか好きな方を選ぶことが出来るのです。

「So-net モバイル WIMAX2+」
WIMAX2+のみを申し込むと機器購入費が無料となり、クレードルも
無料となります。

また、タブレットのレンタル料金が割引になるキャンペーンも行っています。

「とくとくBB WIMAX2+」
端末受け取り月の月額利用料が無料となるキャンペーンを行っています。
また、選んだ端末により、異なる金額のキャッシュバックがあります。

キャッシュバックの対象となる端末はWX01、W01、HWD15、NAD11、
そして、ホームルーターのURoad-Home2+です。

では、WIMAXの機種で使いやすいものはなんでしょうか?

■WIMAXの使いやすい機種は?

WIMAXの機種について調べてみると、こちらの端末が人気ランキングの
トップ3となっています。

1位「NEC Speed Wi-Fi NEXT WX01」
2位「Huawei Speed Wi-Fi NEXT W01」
3位「NEC Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」

しかし、満足度ランキングを見てみると・・・

1位「Huawei Speed Wi-FI NEXT W01」
2位「Huawei Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15」
3位「NEC Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」

という結果になっています。

人気の高い「NEC Speed Wi-Fi NEXT W01」は、満足度ランキングになると
3位までに入っていないのです。そして、「HuaweiWi-Fi WALKER WiMAX2+
HWD15」は人気ランキングの3位までに入っていませんが、満足度ランキング
では2位にランクインしています。

人気がある=満足度・高いということではありませんので、人気ではなく、
満足度で機種は決めるようにしてください。

■満足度の高い機種それぞれの口コミ

満足度の高い3つの機種の口コミを調べました。

「Speed Wi-Fi NEXT W01」の口コミ

設定はとても簡単で、使い勝手も特に問題はありません。しかし、au 4G LTE
通信がなければ、使い物にならないくらい、通信が出来ません。

キャンペーン中でキャッシュバックがあったので得でしたが、もっと通信環境を
改善して欲しいです。

「Huawei Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15」の口コミ

WIMAXを使用していますがWIMAX2プラスの通信にしてみたら、ちょっと電波が
悪くなりました。クレードルとしても使用しているのですが、置くだけで使用でき
ない時もあるので、設定しなおして不便に感じてしまいます。

LTEがなければちょっと困ってしまいます。

「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」の口コミ

書記の頃は、通信が安定しなくてイライラしましたが、出力設定を変えたら、
快適に通信できるようになりました。

通信速度はソフトバンクのLTEとほとんど変わらないくらいです。
自宅回線としても使用しています。

■室内でWIMAXが繋がりにくいという噂はほんとう?解決策は?

調べてみると、WIMAXは他のモバイルルーターに比べて高い周波数の
帯域での通信をしていることが分かりました。

ソフトバンクは1.5GHzと2GHz、2つの周波数帯で、ワイモバイルは1.7GHzの
周波数帯で通信しているにも関わらずWiMAXは2.5GHzで通信をしています。

周波数帯が高いと通信の直進性がとても高くなります。光に近い性質をもっていて、
通信速度がはやく容量が大きいファイルなども簡単に通信できます。

とても力強い反面、直進性が強すぎて建物の外壁などにぶつかってしまい、
室内での通信には向かないのです。

周囲に建物などがない、広い空地や広場などでは光なみの高速通信ができます。
コンクリートは電波を反射しやすいのでWiMAXはオフィス街に弱いです。

解決策としては、まずWiMAXの通信サービスエリアに自宅が入っているかどうか
を確認してからWIMAXを契約をしましょう。

WIMAX通信はエリア内に入っていないと、電波をキャッチできません。
こればっかりは、個人ではどうしようもない問題ですので、事前確認をしてください。

また、通信エリアに入っている場合でも繋がらない時があります。
自宅の立地条件などがありますが、自宅の中のいろいろな場所で通信を
してみて、繋がりやすい場所を探しましょう。

電波が届きやすいのは2階、大きい窓がある部屋、通信基地局の方角の部屋
などです。

■WiMAXの通信感度を上げる方法

では、WiMAXの通信感度を上げるにはどうすればいいのでしょうか?

調べてみると、WiMAXの端末を窓際に置く、WiMAXの端末を置く向きや
使用する部屋の方角を変えてみる、リフレクターと呼ばれる自作アンテナ
をつくる、などの解決法があります。

WiMAXの端末を窓際の床から窓際の高い位置に置いただけで通信速度が
速くなることもあります。

背の高いタンスや棚、窓の冊子などに置きましょう。可能であれば、100円
均一などで小型の壁かけの棚を買ってきて、一番電波をキャッチする場所に
つけて、WiMAXの定位置をつくるようにしてください。

■WiMAXのアンテナは手作りできる

また、アルミホイルをパラボラアンテナのように半円旧型に形成し、
中にWiMAXを入れ、窓に張り付けたり、窓の周辺においたりしてみましょう。

アルミホイルがアンテナの代わりになり、電波を捕まえやすくなります。
アルミ製のボウルでも同じ効果があります。

21cmのボウルと両面テープ月のフック、まな板置きを用意します。
まな板お気の角度を少し曲げて、上にボウルを置きます。

フックの角度をWiMAXが起きやすい角度にまげて貼ります。
WiMAXを置いて完成です。

材料が全て100円均一で揃えることが出来ます。
300円でアンテナが作れるのです。

■その他のWIMAXの電波を受信しやすくする方法

WiMAXの端末を高いところに置いたり、アンテナをつくったりする意外に、
WiMAXの通信環境を改善する方法を調べました。こちらです。

WiMAXの端末は各製品、周波数が高く建物の外壁にぶつかってしまう、
電波が室内まで届きにくいのです。ベランダや窓際に端末を置くように
してください。また、室内でも高い棚の上に置いたりすると電波をキャッチ
しやすくなります。

また、家の中でも部屋によって電波の感度が違いますので、通信が
安定する部屋を探してみましょう。

また、端末の初期設定の変更で通信速度が速くなったというケースもあります。

WiMAXはAterm WM3500RやWM3600Rなどでは、接続が頻繁に途切れたり、
切断したりすることが良くあります。この原因は、通信設定で通信速度のは
速さを優先させる設定になっているからです。

速さではなく接続を優先させると、繋がりやすくなります。

また、ワイヤレス設定のネットワークモードを変更したり、周波数チャンネルを
変更することも通信環境の改善に繋がります。

ワイヤレス設定のネットワークモード 11b/g/n → 11b/g
周波数チャンネル 11 → 13

自分でできる通信環境の改善方法は複数ありますので、簡単な
ものから試してみてください。

転勤が多い転勤族がすすめるインターネット回線は?

■転勤族におすすめのインターネット回線は固定とモバイル、どっち?

転勤族は人にもよりますが、毎年のように数回づつの引っ越しをしますよね。

転勤族の悩みは、新しい住まいの近くに病院を見つけることが面倒であったり、
引越手続きをすることが手間がかかるなど、実にさまざまなものがあります。

しかし、一番面倒に感じるのはインターネットの解約と再契約では、
ないでしょうか?

フレッツ光のような固定回線に契約している最中に引っ越しをすることに
なった場合は、どのような手続きが必要になるのでしょう。

まず、フレッツ光にオンラインか電話で問い合わせをします。

オンラインで移転手続きを行った方が簡単ですので、公式サイトから
手続きをしてみましょう。

また、戸建てへ引っ越しをする際は9,000円かかり、集合住宅へ引っ越しを
する際は7,500円かかります。

土日に移転工事を行う場合は、この料金に加え3,000円がかかります。

また、この工事費用はあくまでも目安ですので、これ以上かかることもこれ以下
しかからないこともあります。

そして、フレッツ光と同時に契約をしたプロバイダには別で問い合わせを
してください。プロバイダによっては引っ越しの際にプランの変更が必要となります。

もう一方のモバイルルーターの場合は、こうした手続きや問い合わせ、
工事費用が一切必要ありません。

何の手続きも連絡もしないで、そのまま使うことができます。
引っ越しが多い転勤族の方にとっては嬉しいシステムですよね。

■転勤が多い転勤族にこそモバイルルーターを!

モバイルルーターなら、オンラインで簡単申し込みが出来、申し込みから
数日後に通信端末が自宅に届きます。

簡単に済む設定をし終えたら、すぐにインターネットに接続できます。

固定回線とは違い、プロバイダとの契約となりますので、2社と契約
する必要はありません。

料金の支払い方法は、口座振替やクレジットカードでの支払いとなります。
また、通信制限がありますので、使い過ぎには注意をしましょう。

そして、モバイルルーターは無線での通信となりますので、中には繋がりにくい
ところもあります。

地下や地方での使用には不便を感じることもあるのです。

■通信エリアはどちらの方が広いの?

では、固定回線とモバイルルーター、どちらの方が通信エリアが広いのでしょうか?

フレッツ光で見てみると、NTTの光回線を利用して通信を行っています。
フレッツ光の回線は、現在はほとんど全国で通信をすることが出来ます。

一方、モバイルルーターはWIMAXなら都市部、地方や山間部ならLTEというように
使い分ける必要があります。

モバイルルーターによって、繋がりやすい部分と繋がりにくい場所に分かれるのです。
モバイルルーターで最も全国的にスムーズに繋がるのは、DOCOMOです。
そして、固定回線では、フレッツ光です。

日本全国、どんな所へ行くか分からない場合は、全国的に繋がりやすいものを
選ぶようにしてください。

■安定感のある通信を実現するDOCOMOのモバイルルーター

モバイルルーターは通信が不安定というイメージを覆すDOCOMOのモバイル
ルーターは、ルーター単独の回線を設置しているのが大きな特徴なのです。

他のモバイルルーターとは比べ物にならない程、通信エリアが広く安定性も
高いのです。ユーザーの口コミでも通信の安定感があると好評です。

通信速度にそこまでの差はありませんが、安定感があるので、
「この辺は、モバイルルーターでも繋がるのかな?」など不安を抱く必要がありません。

月額の利用料金が4,000円以下で済みますので、光回線よりもお得です。
フレッツ光ですと、だいたい5,00円前後の利用料金となります。

初期費用も月々サポートを利用すれば、実質0円になりますので、すぐに無料で
始めることが出来ます。

フレッツ光は申し込みから実際に使用し始めるまで、2週間から1ヶ月は
かかってしまいます。

DOCOMOのモバイルルーターは、最大4時間のバッテリーとかなり短めですが、
それ以外は、メリットが圧倒的に多い通信端末です。

モバイルルーター初心者で何を買っていいのか分からない時はとりあえず、
DOCOMOのモバイルルーターを購入してみましょう。

転勤族の方は、少しでも引っ越しの手間を省きたいものです。もともと手続きが
いらないネット環境なら、いつ転勤になっても解約などの心配をしなくて済みます。

フレッツ光の場合は西日本と東日本で違いますので、西日本から東日本へ
引っ越しをする際は、解約をして、再び契約をしなければならないのです。

そういった手間がモバイルルーターにはありません。転勤族や
出張が多い人に打って付けのネット環境なのではないでしょうか?

■モバイル回線でWIMAXをすすめているサイトがあるけどほんとうに無制限?

モバイル回線でもっとも人気なものといえば、WIMAXですがWIMAXが無制限
というのは、すこし間違っている情報です。

では、若者を中心に人気を集めているWIMAXはどのような通信制限が
あるんでしょうか?

具体的にWIMAXの通信制限をみていきましょう。

まず、WIMAXで月間データ通信量に制限がないのは、以下の2つのモード
を使っている時のみです。

・ライトプラン ノーリミットモード
・ギガ放題プラン ノーリミットモード

この2つのプランでノーリミットモードを使っている時は月間のデータ
通信量に制限なく利用することができます。

しかし、ハイスピードプラスエリアモードは月間7GBという制限があり、
他のモバイルルーターとほとんど変わらないような通信環境といえます。

WIMAXやWIMAX2+ならすべての料金プラン、全ての通信モードが
無制限というわけではないのです。

WIMAXの公式サイトでも無制限のノーリミットモードがどーんと載っているので、
ついつい勘違いをしてしまいやすいのですが、ご注意ください。

■制限があるWIMAXのプランがあると聞いたけど本当?

通信制限があるWIMAXはノーリミットモード以外の通信モードです。

ハイスピードモードはWIMAXなら下り最大13,3Mbps、上り最大10Mbps、
WIMAX2+なら下り最大220Mbps、上り最大10Mbpsとなっています。

月間の通信制限は7GBと、一般的なモバイルルーターと同じ制限で
あるといえます。

ハイスピードモードは、状況に応じてWIMAXの通信モードとWIMAX2+の
通信モードを自動で切り替えて最適な方で通信をするのですが、この
切り替えに少し時間がかかります。

また、切り替えをしている最中は通信が途絶えているので、タイムロスに
なるのです。

そして、WIMAX2+かハイスピードモードで通信料が3GBになった場合は、
翌日にかけて制限をする場合もあります。

ハイスピードプラスエリアモードは、au 4G LTEの通信モードとWIMAX2+の
通信モードを使えるモードです。

しかし、こちらの通信モードも自動切替がタイムロスになり、通信が途絶えます。
このポイントにストレスを感じる人は少なくありません。

au 4G LTW通信モードは下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsです。
WIMAX2+は下り最大220Mbps,上り最大10Mbpsですので、ハイスピードモード
よりも高速な通信が出来ます。

ハイスピードプラスエリアモードも通信制限は月間で7GBですので、
他のモバイルルーターとほとんど同じです。

しかし、直近3日間で1Gbという通信制限はありませんので、ご安心ください。

このようにWIMAXでも通信モードによって、通信制限があります。
通信端末や料金プランよりも通信モードが重要なのです。

また、初期費用も18,000円代とかなり高額です。
他のWIMAXでは、初期費用が無料なところがほとんどです。

■解約がなかなか進まないこともある?!

解約手続きを行った人の口コミでは、解約の手続きがスムーズでは
なかったというモノがみられました。

解約書類を送ったのに、返信がいつまでたっても来ないという口コミや、
どれだけ電話しても繋がらないという口コミもありました。

そういった時は消費者センターへ相談をしてみましょう。

状況によっては、消費者センターからWIMAX側へといあわせをして
もらえることもあります。

万が一の時のために、消費者センターの電話番号を控えておきましょう。

■インターネットにも適応されるようになったクーリングオフ制度

以前まではインターネットやスマホ契約にクーリング制度は適応されませんでした。

しかし、最近ではWIMAXのようなモバイルルーター、フレッツ光のような光回線にも
クーリングオフ制度が適応されるようになったんです。

クーリングオフ制度とは、契約から8日間なら無条件で理由などを告げる
必要もなく契約を破棄できるという制度です。

シッカリと説明を読んでから、契約をすればこのクーリングオフも使わないで
済むのですが、ややこしいインターネット契約は契約してからでないと分から
ないこともたくさんあります。

契約後に「こんな感じだと分かっていたら契約しなかったのに」と深刻に
後悔をしたら、クーリングオフ制度で解約しましょう。

通信端末が届いたその日に、出来るだけたくさんの場所で使ってみるといいですよ。
8日間の期限をすぎないようにくれぐれももご注意ください。

■スマホのデザリングで家族とスカイプしたいが・・・

スマホには、デザリングという通信補助をする機能があります。
しかし、月間の7GBという通信制限を忘れないようにしましょう。

この7GBという通信制限の範囲内で、スカイプをデザリングでする場合は、
どのくらい通話できるのでしょうか?具体的に考えていきましょう。

そもそも7GBとは、どれくらいの通信量なのでしょうか?
7GBはパケット数に換算すると58720256パケットとなります。

スカイプは1分間で最低でも13440パケットが必要となりますので、
7GBは4369分くらい通話できます。

時間に直すと72時間48分くらいです。1日2時間25分ほど通話できるのです。
それだけ通話が出来れば十分なのではないでしょうか?

もちろん、他のサイト閲覧や動画再生などの通信サービスを利用したり、
普通にメールやSNSをしたりもすることと思いますが、動画再生以外は
ほとんど通信料を消費しないのです。

スマホのデザリングでも問題なくメールやSNSをしつつスカイプを
使うことができます。

■部屋の中でも電波が入りやすいのはLTE

スカイプの固定電話プランを使えば、iphoneで格安通話が可能となります。
固定電話が安くなるだけなのですが、日常の通話にかなり使えます。

スカイプ経由でiphoneから携帯に発信するのと同じ感覚で通話を
することができるのです。

また、LTE通信は東京都内ほとんどすべてに行きわたっているので、
東京都内でスカイプをLTEでして繋がりにくいということはありません。

WIMAXやauだと屋内に弱かったりするのですが、LTEなら屋内でも
地下でも問題なく繋がることができます。

スカイプを快適に使いたいなら、LTEがおすすめです。
安定した通信が出来る環境がスカイプには必要なのです。

WIMAXでは、都市部でしか安定した電波が来ませんし、屋内に弱いので、
スカイプには向きません。

■スカイプのメリット・デメリット

では、スカイプにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

まず、「無料電話スカイプ」という呼ばれ方をするので有名ですが、
スカイプは無料で通話をすることができます。

スカイプから、通常の固定電話へ通話する時も割安の通話料なので、
仕事でもプライベートでも通話をする人にはとても節約になります。

そして、通話品質は一般の固定電話よりもかなり高いものになっています。
音声が相手と目の前で話しているかのような臨場感のある通話です。

ビデオ電話になると、通話というよりも会話に近い感覚になります。
また、スカイプは初期設定がとても簡単です。

ただ、無料でインストールをしておくだけで、すぐに利用できるのです。
会議通話などの付加機能も追加料金なしで利用できます。

スカイプから固定電話へ電話をした場合の通話料は1分間2,66円、
携帯電話が相手だと1分間17,5円となります。

海外への国際電話も驚くべき買いやすい料金ですので、仕事柄海外の方と
良く通話をする人はスカイプを利用することで、電話代の節約となります。

スカイプは、その他にも、ファイル送信などの付加機能が無料です。

また、セキュリティー性がとても高いことでも有名でクレジットカードの
番号やIDパスワードを送信しても大丈夫と言われているのです。

スカイプのメッセンジャー機能やファイル機能の方がメール機能よりも
安全というデータもあります。

その理由はメッセージが送信される時に暗号化され、相手に届く
タイミングで再び元に戻るからです。

そして、スカイプのデメリットは知らない相手が勝手に話しかけてきて
しまうことや、勝手にメッセージを送ってきてしまうことです。

外人から通話がかかってきたり、ちいさい子どもがメッセージを送ってきたりします。
しかし、それは設定を変更して通話やメッセージを制限すれば解決します。

ということで、スカイプにはほとんどデメリットがないのです。

■スカイプはバージョンアップするたびに性能が落ちる?

スカイプを10年くらい使用している人の口コミによると、スカイプはソフトウェアが
バージョンアップするたびに粗悪な使用感になっていくのだそう。

カメラはとまる回数が増え、PCはフリーズするといった具合です。

昔のバージョンの方が使い勝手が良かったという声もありますが、
無料で使えるアプリケーションですし、コストを考えると仕方がないですね。

通話以外の機能も豊富にあることを考慮すると、スカイプはやはり
コストパフォーマンスが良いということになります。

しかし、PC向けの機能だけでスマホに向けた機能は少ないです。
今後、改善してくれることを期待しましょう。

1年契約のインターネット回線はどのようなものがありますか?

■引越し予定なので1年くらいしかインターネットをしない。契約可能?

調べてみると、フレッツ光などの固定回線でも、ヤフーwifiやWIMAXなどの
モバイルルーターでも、最低利用期間は2年となっています。

この期間に解約をすると解約金を支払うシステムになっています。

引っ越しなどで2年縛りの契約では、どうしてもインタネット回線を設置
出来ない時ってありますよね?

こんな時は、手軽で便利なモバイルルーターがおすすめです。

モバイルルーターとは持ち運べる無線通信LANのことでコードレスなので、
気軽にバックに入れて外出先でもネットを楽しむことができます。

オンラインで申し込が出来て、剣道な手続き不要、工事も一切不要、申し込み
から数日で通信端末が届き、簡単に済む設定ですぐに通信できるのです。

引っ越しをすることになっても手続きは一切必要なく、そのまま引っ越し先で
使うことができるのです。

モバイルルーターはDOCOMOやau、SoftBankなどのキャリア会社からも
販売されているのですが、UQ WIMAXのようにモバイルルーター専用の
会社もあるのです。

モバイルルーターで通信をして引っ越し先で1年経ったら、そのまま
モバイルルーターで行くか固定回線に契約するという方法もとれます。

モバイルルーターは契約時に得をするキャンぺーンをよく開催していますが、
得点などは申請しないともらえないシステムです。

しかし、WIMAXなどのモバイルルーターのキャンペーンはころころ
変わりすぐに終了してしまいます。

2年契約でも持ち運べるモバイルルーターは引っ越しも簡単です。

■就活の期間だけインターネット契約をレンタル可能?

就職の期間など短期間だけインターネット環境が必要な場合は、どうしたら
いいのでしょう。モバイルルーターを契約するのももったいないですよね。

就職活動や入院、出張などで短期間インタネット環境をレンタルすることが
できるので、そういったサービスを利用しましょう。

「MOBILE GATE」という会社なら、モバイルwifiルーターを1日からレンタル
することができます。

モバイルルーターなら、会社に関係なく、全ての機種が揃っているので、
最新機種でもレンタル可能です。

WIMAXの「Mobile Slim IMW-C1000W」なら1日プランなら500円、14日プランなら
4,000円、30日なら5,000円となっています。

期間に合わせたプランでレンタルできるので、無駄がありません。

このようなレンタルサービスを活用すれば就活中の間だけ、インターネット
環境を手配することが出来ます。

■スマホのデザリング機能の注意点

スマホでデザリング機能を使って、通信をする時は以下のようなポイントに
注意をしてください。

・通信制限に気を付ける
・消耗する電池に気を付ける

まず、もしSoftBankのスマホでデザリングをした場合、デザリング機能には
厳しい通信制限がありますので、注意をしましょう。

直近3日間で1GB、そして月間で7GBという通信制限があるのです。
この通信制限をオーバーしてしまうと、その月の間はずっと超低速になります。

メールが出来るかできないかくらいの通信速度にまで落ちてしまうので、
くれぐれも気をつけましょう。

また、月間7GBを超えると、追加料金の2,625円を別途で支払って2GBを
手に入れると再び通信をすることが出来るようになります。

そして、3日間で1GBという通信制限もありますので、こちらにも注意が必要です。

何も考えないで1日中ネットを使って仕事をしたり、作業をしたりしていると1日で
1GB使い切ってしまうこともありますので、余計な調べ物などはしないようにしましょう。

また、デザリングはかなりスマホの電地を消耗する機能です。
モバイルルーターの半分くらいしかスタミナがありません。

長期間連続でデザリングを利用するのは、事実上無理ですので、
何を調べるか事前に決めてからネットに繋がりましょう。

効率よくネットを活用するとデザリングでも問題なく通信が出来ます。

また、デザリングが終わったら、インターネット共有はオフにすることを
忘れないようにしてください。

■どのくらいの期間インターネット環境が欲しいかによります!

引越しまでの1年間、インターネット環境が欲しい場合は、モバイルwifiルーター
の契約がおススメです。

また、就活中の半年~1年間であれば、モバイルルーターのレンタルが
丁度いいでしょう。

そして、1か月未満の間インターネット環境が臨時で欲しいということであれば
まずは、スマホのデザリングで間に合わないかどうかを試してみてください。

インターネット回線は固定回線が代表的なモノですが、実はそれ以外にも
さまざまな方法でインターネットに接続することが出来るのです。

状況に応じて自分に合った接続方法を選びましょう。

■転勤族でフレッツ光。西日本に引越しするときは解約金かかる?

転勤族の人にとって、引越は頻繁に行うものです。だからこそ、効率よく
スムーズに済ませたいですよね?

引っ越しの際の手続きは、なかなか面倒なものですが、フレッツ光の
西日本での解約はどのようにして、どれくらいの解約金がかかるのでしょうか?

まず、西日本・東日本は解約金と一切関係ありません。
解約金として支払うのは、移転工事費を一括で負担することになります。

フレッツ光ネクストは、ビジネスタイプ以外のファミリータイプは6,500円~
9,000円、マンションタイプは6,500円~7,500円となります。

フレッツ光ネクストでビジネスタイプはファミリータイプが7,600円~
18,000円、マンションタイプは7,600円~15,000円となります。

フレッツ光ライトはファミリータイプは6,500円~9,000円、マンションタイプは
6,500円~7,500円となります。

また、にねん割に加入している場合は、戸建ての場合は、9,500円、
集合住宅の場合は1,500円を支払うことになります。

また、初期工事費の分割払いの途中でフレッツ光を解約される場合は、
初期費用工事費の残額も一括で支払うことになります。

■光コラボでドコモ光やソフトバンク光に入った場合は移転出来ないって本当?

フレッツ光とのコラボで、現在サービスを行っているドコモ光やソフトバンク光。
これらへ乗り換える場合は、移転できないのでしょうか?

まず、ドコモ光はNTT光回線とドコモのスマホをセット割にして販売している
サービスのことです。

ですので、インターネット回線だけの契約ではなく回線とスマホ、両方の
契約が必要となります。

フレッツ光からドコモ光へは移転ではなく、乗り換えという形になってしまいます。
ドコモ光の光回線だけの単独契約は今のところ出来ません。

ですので、フレッツ光だけではなく、スマホの違約金なども考慮しなければなりません。

また、NTTフレッツ光からドコモ光へ乗り換えをした後に再びNTTフレッツ光に
乗り換えをするという再転用は禁止です。

フレッツ光の月額の利用料金はど~んと割を適用してグループ割をさらに追加し、
プロバイダを安いOCNにするなら、4410円です。

一方、ドコモ光はプロバイダをぷららにすると戸建てタイプは5200円になります。
ドコモ光の方が数百円の違いではありますが、利用料金が高額です。

一方のソフトバンク光はどうなのでしょうか?

ソフトバンク光も、ドコモ光と同じように光回線とスマホのセットでしか
加入することが出来ない回線です。

月額の利用料金は、自動更新ありプランの場合は、戸建てですと5,200円
ですので、ドコモ光と同じ金額となります。

このように、ドコモ光とソフトバンク光にはほとんど差がありません。
ソフトバンク光も解約後、再びフレッツ光に戻る再転用は禁止となっています。

■プロバイダへの電話連絡も忘れずに!

フレッツ光はauひかりとは違い、プロバイダと回線事業者が別途での
契約という形になっているのです。一括では管理されていません。

フレッツ光に申し込みをするなら、プロバイダ側がフレッツ光も一緒に契約をして
くれて助かるのですが、解約はそういうわけにはいかないです。

NTTのフレッツ光の解約の連絡をした後に、プロバイダにも連絡をして、
解約の申し込みをする必要があります。

これを忘れて、そのまま放置していると、使っていないプロバイダから毎月
利用料金が引き落とされ続けることになりますので、くれぐれもご注意ください。

■メンバーズポイントを使い切ってから解約をしましょう!

NTT東日本エリアでは、フレッツ光のメンバーズクラブに入会していると
ポイントがどんどんたまります。

しかし、解約と同時にポイントも消失してしまうので、解約前に確認をして、
使い切りましょう。

また、光回線は1年契約で解約をして別の回線に乗り換えるとお得という記述を
よく見ますが、ああいった情報は根拠のないものです。

また、インターネットに詳しくない人が実践しようとするととても面倒な思いを
することになりますので、不要に回線を解約して、また契約してということは
しないようにしてください。

転勤族で引っ越しが多い人は、モバイルルーターをメイン回線にするという方法も
あります。モバイルルーターは引っ越しをする時でも手続きは一切いらないので
手軽に引っ越しが出来ます。

また、引越の期間だけモバイルルーターをレンタルして、次の回線をゆっくり
探すという方法もあります。この方法なら焦らずじっくり回線選びをすることが出来ます。

■動画やオンラインゲームをあまりしないならポケットwifiがおすすめ?

動画やオンラインゲームは5Mbps以上の通信速度と安定した通信環境が
必要となります。

ですので、無線通信のポケットwifiよりも有線通信の固定回線の方が
遥かに向いているのです。

インターネットで動画を再生したり、音楽を視聴したりするのが趣味な場合は、
固定回線をおすすめいたします。

また、オンラインゲームが好きな場合も固定回線をメインにして、
補助としてポケットwifiを使うという形が理想ですね。

しかし、インターネットで動画を再生しない、音楽もあまり視聴しない、
オンラインゲームもしないという場合は、ポケットwifiで十分です。

ポケットwifiでもっとも通信速度が速いのはWIMAXで通信最大速度は220Mbps
ですが、これはあくまでも一番いい環境で通信をした場合の速度です。

実測のユーザーの口コミでは60Mbps前後、最低で40Mbpsくらいなのです。

理屈上はオンラインゲームも動画も問題ないのですが、無線通信は
本当に不安定なので、スムーズに楽しむことはできません。

動画視聴やオンラインゲームにおいては通信速度よりも安定性の方が
多いのです。

通常のサイトは1Mbpsくらいの通信速度があれば十分、画像がたくさん
ついているサイトも1,5Mbps~2Mbpsくらいで足ります。

また、そこまで安定した通信環境も必要ないので、ポケットwifiでも
問題なくネットを活用することができます。

また、ポケットwifiには3日間1GB、月間で3GBという通信制限があります。
しかし、1GBの通信量はこんなに通信をすることができるのです。

Wedページは、約3,400回、Eメールは約300文字で約204,800回、
Skypeのビデオ通話は約1,852分、高画質の動画で約16分です。

3日間でこれだけ使えれば通信制限を気にする必要もありません。
動画を閲覧しないのであれば、十分ですね。

■7GBの制限がないポケットwifiとは?

ポケットwifiは通信制限があるのが当然でしたが、最近は無制限で
通信できるポケットwifiも登場しています。

ヤフーwifiの「305ZT」では、契約から2年間は月間の7GBという制限を超えても
無料で制限を解除できるのです。

他のポケットwifiと同じように形だけは通信制限がかかるのですが、無料で
解除して、無制限に使用できるのです。

しかし、契約から3年目に突入すると他のポケットwifiと同じように通信制限が
かかるようになります。

また、月間の7GBという制限は無料で解除できるのですが、直近3日間の
1GBという制限はそのままです。

つまり月間最大で、10GB使用できるという訳です。

無制限とはいえ、ある程度制限はかかるので、完全に無制限ではありません。

■WIMAXとその他のポケットwifiの違いとは?

WIMAXはポケットwifiの中でもかなり人気の高いものなのですが、
通信が無制限な代わりに建物の中では電波が弱く繋がりにくいことが多くあります。

一方、他のポケットwifiは通信制限がありますが、キャリアアグリゲ―ションにより、
通信が安定します。

通信料がそこまで多くなく、安定感のある通信環境が欲しい人は、
WIMAX以外のポケットwifiの方が向いています。

通信が安定していて、通信量も無制限というポケットwifiはないのです。
そういった、インターネットヘビーユーザーの方は、固定回線をおススメ
いたします。

■キャリアアグリゲ―ションとはなに?

ポケットwifiなどの通信を高速化してくれるキャリアアグリゲーションとは、
どのようなものなのでしょうか?

無線通信を複数の運送波による通信を一体的に運用をする方式です。

1つの周波数で全てのデータを送信するのではなく、複数の周波数で
送信することにより、データを分散出来ます。

分散されたデータはスムーズに通信され、今までよりも速く通信を行うことが
出来るのです。

キャリアアグリゲーションに対応しているかどうかで、ポケットwifiの通信速度は
大きく変わります。

また、安定性も増しますので、ポケットwifiで安定した通信を希望する場合は、
WIMAX以外のポケットwifiにするようにしてください。

このように自分の使いたいネットの利用頻度や希望する通信環境に合った、
ポケットwifiを選ぶようにしてください。

最近はフレッツ光とドコモがコラボしたりと、さまざまなネット回線プランが
ありますが、スマホの契約月だったり、細かい縛りがあったりで、複雑な
仕様になっています。

契約前にしっかりプランの内容を確認しましょう。

モバイルwifiルーターは地下鉄でつながるものはどんな機器がある?

■東京の地下鉄(駅)でつながるモバイルルーターはどの会社のものがある?

モバイルルーターは無線通信ですので、なかなか電波が入りづらいところも
あるのが一番のデメリットです。これはかなりのストレスになりますよね。

しかし、通勤や通学、その他さまざまな理由で毎日地下鉄を利用する
私たちにとって、地下鉄でモバイルルーターが繋がらないのは死活
問題ですよね。

ここでは、東京の地下鉄でもスムーズに通信ができるモバイルルーターを
扱っている会社(メーカー)をご紹介いたしましょう。

まず、WIMAXというモバイルWIFIルーターの中で最もユーザーが多い
機器を発売している大元の会社「UQ WIMAX」の通信端末はもちろん、
東京の地下鉄でもスムーズに繋がります。

モバイルWIFIルーターの中でも最新の通信端末なら、東京の
ラッシュ時の地下鉄でもさくさくネットに繋がります。

最新の通信達末はWIMAX2+の通信モードもLTEの通信モードも使える
万能な機器が多いのです。口コミを見ていきましょう。

実際に使用したユーザーの体験談によると、東京都内の地上駅でラッシュ直前の
時間帯に通信速度を測定してみると、下り約35Mbps、上り約7.6Mbpsとオンライン
ゲームもスムーズに出来る通信速度が出るようです。

LTE通信モードでは下り約10Mbps、上り約9.7Mbpsという数値に
なるのだそうです。やはりWIMAX2+の方が圧倒的に速いですね。

そして、東京都内の地下鉄、トンネル内で通信速度を測定してみると、
WIMAXは、下り約3Mbps、上り約2Mbpsという結果がでたとのことです。

かなり遅いのですが、普通のサイトならサクサク読み込めます。
乗り換えを調べる時には困りません。

一方、LTEの通信端末では下り約28.5Mbps、上り約4.4Mbpsと
いう記述でした。

地下鉄のトンネルではWIMAXよりもLTEの方が通信速度が出るようです。

このように複数の通信モードを使える端末だと、こちらの通信モードでは
速度が出ないので、他の通信モードへ切り替えようという方法が取れるのです。

■他の地下鉄でも繋がる通信端末は?

では、WIMAXの最新通信端末以外にも地下鉄で通信が出来る
端末はあるのでしょうか?調べてみました。

キャリア会社のモバイルルーター、WIMAX、ワイモバイル、どれもが東京メトロ、
都営地下鉄のほとんどの駅で利用可能となっています。

とくに、auは公式サイトによると、日本全国の地下鉄の駅で利用できるそうです。
また、auは駅間での通信もほとんどすべての区域において通信が可能です。

しかし、地下鉄の駅でモバイルルーターが利用できるのは、地下鉄の駅構内に
通信基地局が設置されているためです。

ですので、駅間の移動中の電車の中では通信が出来ないモバイルルーターも
すくなくありません。

また、地下鉄の駅や地下街、半地下のカフェなどでも快適にデータ通信を
することが出来ますが、半地下では電波が届き温いので地下鉄の駅の方が
繋がりやすい傾向にあります。

地方や郊外、地価などで安定して速いモバイルルーターはドコモのモバイル
ルーターです。中でも「FOMA HIGH-SPEED」対応のエリアなら、ストレスを
感じることなくネットに繋がることが出来ます。

ドコモは通信エリアはとても広く、人口カバー率は100%なので、高速移動中
でも地下でも関係なく、安定して通信をすることが出来るのです。

また、ドコモのモバイルルーターの口コミによると高速道路でもトンネル内でも
立体交差が多い都心環状1号線や都心環状2号線などでもスムーズにネットに
つながるので、基本的に「ここはネットに繋がるかな?」と不安を抱く必要が
ありません。

地下でも安定した変わらない通信環境はau、高速道路でも繋がるのはドコモの
モバイルルーターという結果になりました。

■スマホのデザリングとモバイルルーターはどちらがいいのでしょう?

スマホのデザリング機能を利用する人も多いのですが、そもそもスマホの
デザリング機能ともモバイルルーターはどちらの方がいいのでしょうか?

まず、調べてみると、スマホのデザリング機能はスマホにもともと搭載されている
機能ですので、新しく機器を購入する必要もないですし、別途で契約も必要も
ありません。

しかし、デザリング機能を使っている最中はスマホを使えません。

また、デザリングはとても電池を消耗してしまうので、長時間外出先で通信を
するのには向いていません。

■同時通信が出来て便利なモバイルルーター

毎日のように長時間通信したいなら、やはりモバイルルーターがいいでしょう。
モバイルルーターは連続起動時間7時間以上と長バッテリーで利便性が高いです。

また、モバイルルーター1台で最大10台の通信機器とネット接続することが
出来るので、スマホを使いながら、ノートパソコンを使って、ゲーム機も起動
して・・・ということが出来ます。

また、友人たちとみんなで外出先でオンラインゲームでプレイすることも出来るのです。

■WIMAXと携帯会社のLTEではどちらが地下を広くカバーしている?

WIMAXとLTEでは、どちらの方が地下を広くカバーしていて、繋がりやすい
のでしょうか?気になるところですよね。

ここでは、WIMAXと携帯会社LTE、2つの会社の通信環境を比較してみましょう。
それぞれの公式サイトで調べた結果です。

まずは、WIMAXです。WIMAXは東京都内では三田線の目黒駅~西高島平駅間
の27駅で通信可能です。

そして、浅草線では西馬込駅~押上駅の間の20駅で通信できます。
新宿線は新宿駅~本八幡駅間の21駅で通信することができるのです。

このように、都営地下鉄のWIMAXの通信環境はかなり充実したものがあります。

では、LTEの地下通信環境はどのようなものなのでしょうか?

LTEだと、SoftBankが東京メトロと都営地下鉄全線の駅間でLTE通信を
利用できるようになりました。

しかし、駅間ということは駅と駅の間ということですので、まだ地下鉄の駅では
LTE通信をすることはできません。

地下鉄の駅では3G通信のままですが、近い将来LTE通信へと変更されます。
また、駅のホームでもトンネルに近ければ繋がります。

そして、auでは日本全国の地下鉄駅でプラチナバンドの4GLTE通信を使えます。
全国各地の地下街でも使えますので、安心ですね。

また、ドコモのLTEですと銀座線、丸ノ内線、日比谷線、東西線、千代田線、
有楽町線、半蔵門線、南北線、副都心線のすべての地下鉄の駅で繋がります。

また、副都心線と有楽町線の小竹向原駅から千川駅の間以外のすべての
駅間で通信を行うことができます。

■地下駅の通信に強いモバイルルーター!

上記の地下通信環境を見て分かる通り、地下のモバイルルーターの
通信環境はかなり整備されているのです。

調べてみるとWIMAXは、通信電波の直進性が高すぎて、建物の壁にぶつかって
しまうので、屋内やビルとビルの間の通信は不安定になってしまいます。

繋がりやすいところと繋がりにくいところの差がとてもあります。
しかし、LTEは電波が曲がりやすいので都内であれば、基本的につながらない
ところはありません。

ですので、地下でも安心してネット通信が出来るのはLTEなのです。

LTEのモバイルルーターなら地下だけではなく、山間部でもスムーズに
通信を行うことができます。

しかし、LTEは基本的に通信制限があります。無制限で通信できるのは
305ZTなど一部の端末だけです。

■WIMAXとドコモどちらの方が便利?

通信料が安く手軽なWIMAXと安定した通信環境が手に入る地下でも繋がる
LTEのモバイルルーター、どちらの方がいいのでしょうか?

まずはWIMAXのメリット、デメリットを調べたデータをもとにご紹介いたしましょう。

WIMAXのメリットは通信制限がないので、好きなだけ通信をすることが出来ます。
また、月々の利用料金がBroad WIMAXですと2,856円ととても安いのです。

WIMAXはノーリミテットモードであれば無制限に通信が出来ます。

デメリットは、LTEと比べると最高速度が遅いのでストレスを感じることも多くあります。
また、WIMAXはWIMAX2+の高速通信では、月間7GBの通信制限があるのです。

さらに、初期費用が18,000円代ととても高額で2年間の
合計金額が割高となります。

そして、LTEの通信モードのときでも通信制限が発生します。
では、LTEのモバイルルーターのメリットとデメリットはなんなのでしょうか?

しらべた結果、メリットは通信速度の速さです。
下り最大で75Mbpsの通信速度が出ます。

WIMAXは下り最大64Mbpsですので、9Mbps位の違いがあります。
では、デメリットはどのようなものがあるのでしょう。

まず、月間7GBという通信制限があります。無制限のプランもキャンペーンで
ありますが、常に無制限のプランがある訳ではないのです。

通信データ量の自由さではモバイルルーターはWIMAXの方が、
通信速度ならLTEの方がメリットが大きいでしょう。

■LTEの電波が曲がりやすい理由

調べてみると、LTEの通信電波は周波数が低いのが特徴です。

ですので、電波の直進性が低く、建物などに沿って、曲がりやすいというメリットがあります。
これにより、屋内でも携帯と同じようにスムーズに通信をすることが出来るのです。

WIMAXが直進性が高いのは周波数が高いためです。

室内でもストレスなく通信できるのは、LTEですので、固定回線代わりに
インターネットのメイン回線として利用するなら、LTEが適しています。

月間の7GBという通信制限はキャンペーンなどで2年間無制限になったりします。
現在、楽天wifiとヤフーwifiが305ZTを対象として、無制限プランを行っています。

■ポケットWIFIは色々な種類があるけど使っている回線は全部同じ?

ポケットWIFIには現在、WIMAX、SoftBank、au、DOCOMO、Yahoo!WiFI、
楽天WIFIなどさまざまな種類のものがありますよね。

しかし、これらのモバイルルーターはすべて同じ回線なわけではありません。

調べてみた結果、まず、モバイルルーターの人気の火付け役となったWIMAXは
UQ WIMAXという会社が大元の会社です。

この会社はKDDIグループですが、通信回線はauとは異なり、WIMAX回線と
なります。つまりWIMAXとauのモバイルルーターは別の回線なのです。

ですが、WIMAXでLTE通信モードも使える通信端末はau 4G LTE通信の
モードを使うことになるのです。

そして、SoftBankのモバイルルーターは当然SoftBank、DOCOMOの
モバイルルーターはDOCOMOの通信回線をつかいます。

Yahoo!モバイルと楽天モバイルの305ZTはY mobileと共同で提供しているので、
通信回線はY mobieとソフトバンクの回線となります。

このように、通信端末の会社によって、通信回線は全く違います。

スマホやタブレットの通信会社と同じ会社のモバイルルーターを
選んだ方がいいのは、通信回線が揃っていた方が繋がりやすいからです。

また、同じ会社のモバイルルーターでもWIMAXのHWD15のように複数の
通信回線を使える通信端末もあります。

複数の回線が使える端末は便利ですが、通信回線の切り替えには
少し時間がかかるので、面倒に思う人もなかにはいます。

■ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルなどのポケットwifiの違いはほとんどなし?

そして、ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルなどのポケットwifiには違いが
ほとんどないのでしょうか?調べた結果です。

まず、先ほどもお話ししたように通信回線は全く違います。

通信回線が全く違うということは、通信速度、通信エリア、そして通信量の制限も
違ってくるということです。

具体的にどのように違うのか見ていきましょう。

まず、通信量の制限は基本的にLTEならどの会社も同じです。
月間で7GBという通信量の制限を設けています。

しかし、WIMAXは通信制限がない料金プランがあります。
LTEにもキャンペーンで無制限のプランはあります。

そして、通信端末代は割引で実質0円になる会社がほとんどですので、
こちらには大きな違いはありません。

しかしそれぞれの会社の通信端末で一番の違いが出るのは、通信環境です。
それぞれの通信環境を見ていきましょう。

まず、調べてみるとドコモのモバイルルーターは通信エリアが広く、人口カバー率
100%です。

時々繋がらなくなってしまうのが、モバイルルーターのデメリットなのですが、
ドコモのモバイルルーターにはその心配がすくないのです。

そして、その他のauやSoftBank、Y mobileなどの通信端末も通信環境は
かなり充実したものがあるのです。

とくにSoftBankはマイクロセル方式と呼ばれる小さな通信基地局をたくさん設置
することでむらなく、通信が出来る方式を採用しているので、通信がスムーズです。

■通信がしやすいのはLTE通信のモバイルルーター!?

モバイルルーターの契約期間は、基本的に2年間です。

ですが、面倒な手続きや配線工事などがないので、途中で引っ越し
などがあってもそのまま使えますよ。

インターネットの環境は使ってみて初めてメリットとメリットが見えてくるものです。

自分のネット環境に不満を感じて変えたいと思っても、2年縛りがあるから
変えられないという事態になるのは、スマホではよくあるのですが、実は
モバイルルーターでも同じなのです。

そうならないためにも繋がりやすく、通信速度が速いLTEの方が安心です。
通信エリアは公式サイトでマップ上でチェックできます。

■月間の通信制限7GBはどれくらいの通信量なの?

多くのキャリア会社でスマホやモバイルルーターに設けている通信制限
7GBとはどれくらいの通信量なのでしょうか?調査してみました。

メールの送受信なら1,870万通、サイトの閲覧なら50,600ページ、高画質の
動画再生なら33時間、音楽のダウンロードなら1,790曲、だいたいこれくらい
の通信をすることが出来ます。

無制限のモバイルルーターにこだわる人もいますが、普通にメールをしてSNSを
して、ネットサーフィンをしてたまに動画を見てという人なら十分足りる通信量
なのではないでしょうか?

自分に合っているモバイルルーターを探して無駄のないネット環境を手に入れましょう。
会社だけでなく、機種によっても大きく違いますよ。

地下

通信が無制限のLTEモバイルルーターはありますか?

■7GBを超えても速度制限がないLTEのポケットwifiルーターはある?

調べてみると、モバイルwifiルーターは基本的には月間7GBという制限が
かかっているものです。

この通信制限を超えると著しく通信速度が落ちてしまいます。

かなり遅い速度で通信は出来るのですが、実際にはメールくらいしか
通常通りに使うことができず、ネットサーフィンに至っては使い物になりません。

モバイルwifiルーターでLTEに対応している機器で無制限なものが
あったら、どんなに便利だろうと誰でも思いますよね?

ここでは、無制限のLTE対応モバイルルーターをご紹介いたします。

ヤフーWIFIならLTE通信が無制限で使えます。
しかし、無制限と言っても完全に無制限というわけではないのです。

月間の7GBという制限はそのまま残ります。しかし、通信制限がかかっても
無料で解除して追加料金を支払うことなく再び通信できるのです。

ただ、3日間で1GBという通信制限はかかります。

つまり現時点では完全に速度制限がない無制限のモバイルルーターはありません。
(後で説明するぷららは無制限とうたっていますが、速度的にとても使えるレベルではありません)

■直近3日の制限については?

先ほどもお話ししたとおり、直近3日間の1GBという通信制限はかかります。
それを外してしまうと、月間でユーザーが偏った通信利用をしてしまうからです。

無線での通信は基本的に、7Gを超えた場合の通信速度は遅いものです。
この通信を多くのユーザーが一気にしてしまうと通信ができなくなります。

月間での通信制限も重要なのですが、月間で偏った通信をしないことも
とても重要なのです。

しかし、多くのモバイルルーターでは、翌日の6時までしか通信制限が
かかりませんので、0時に通信制限を超えた場合は、6時間で再び通常の速度に戻るわけです。

■他にもある無制限で通信できるモバイルwifiルーター

ぷららの固定回線に加入しているという前提で契約出来るモバイルWIFI
「ぷららモバイルLTE」は通信無制限プランがあります。

公式サイトをみてみると、直近3日間1GBという通信制限がないことが
一番の特徴です。

ぷららモバイルLTEのメリットは申し込みも簡単で翌日には端末が到着します。
通信エリアはDOCOMOなので、日本全国繋がらないところはありません。

また、最大の通信速度は3Mbpsですので、かなり高速な通信環境と言えます。
直近3日間の通信制限も月間の通信制限もないのです。

追加料金なしでデザリングが可能となっています。

また、2年縛りはありませんので契約してみて納得出来なかったら、
すぐに解約することが出来ます。解約金や違約金は一切発生しません。

そして、ぷららモバイルLTEのデメリットはこのようなものがあります。

まず、通信速度の最大値は3Mbpsですが、
混雑時には0.5Mbps~1.5Mbps位まで落ちてしまいます。

この通信速度はメールやネットサーフィンは問題ありませんが、高画質な
動画をチェックしたり、音楽をダウンロードするにはかなりの時間がかかって
しまう速度です。

また、解約をする時にSIMを返送する必要となります。
返送をしないと3240円請求されてしまいます。

■自分の今のネット利用状況を確認してみましょう!

自分の毎日のネット利用状況は、意外と正しく把握できていないものです。

自分ではほとんど使っていないつもりでも「塵も積もれば山となる」で
かなりの時間をネットにさいていたり、自分ではかなり使っているつもり
でも実際にはあまり使っていなかったり。

また、ネットサーフィンも動画やダウンロードがなれれば、ほとんど通信料として
加算されないくらいしか、通信速度も通信量も使わないのです。

動画閲覧やオンラインゲームがメインの人には無制限でないと厳しいものが
ありますが、それ以外の人であれば、通信制限があっても問題なく繋がれるのです。

あまり、通信制限に過敏になる必要はありませんよ。

そして、モバイルwifiルーターは月額の利用料金が安いのが最大の特徴です。

固定回線の一番安い料金プランと組み合わせることで、通信制限を
気にすることなく、ネットを活用することが出来ます。

家では固定回線、外出先ではモバイルwifiというように使い分けをすればいいのです。
こうすることで、快適にネットに繋がれます。

また、PCでネットをする時にスマホのデザリング機能を使用するという方法も
あります。デザリングは電池の消耗が激しいので、緊急時に使いましょう。

■格安SIMの代表 ぷららモバイルLTE 定額無制限プランの実際の速度はどれくらい?

格安SIMといえば「ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン」ですが、
実際の通信速度はどれくらいなのでしょうか?

まず、公式サイトには最大3Mbpsという通信速度がでると記載されています。
この3Mbpsという通信速度は、通常のサイトを閲覧する時と動画を再生する
時にはスムーズに読み込める速度です。

オンラインゲームも問題なく楽しめるのですが、ダウンロードには時間がかかります。
つまり、ほとんどの場合でストレスなくネットを活用できるくらいの通信速度ということです。

しかし、この3Mbpsという通信速度は最大値ですので、実際の速度とは異なります。
無線通信のモバイルwifiは住宅環境などに通信速度を大きく左右されるのです。

自宅の通信環境が整っていれば最大値の3Mbpsに近い速度が出ます。
しかし、場所によってはかなり遅い速度しか出ないのです。

そして、実際にぷららモバイルLTEを使用している人の口コミによると、
ぷららモバイルLTEで通信速度が1Mbpsを超える時は本当に少なく、
ユーザーの口コミでは、平均値で250kbps~500kbpsとなってしまいます。

これでは、動画再生はもちろん、オンライゲームも楽しむことは出来ません。

無制限であることは変わりないのですが、通信速度の問題で見ることが
出来ないのであれば、通信制限があるのと同じことになります。

これだけ、通信速度が遅いのであれば通信制限があるけど、安定して
3Mbps以上の速度が出るヤフーwifiなどのほうがよい通信環境と言えます。

■どういう利用形態が格安SIMに向いてる?

ぷららモバイルLTEの実際の通信速度を見て分かるように、格安SIMでは、
通信速度がかなり遅いです。

その理由は格安SIMや格安スマホはキャリア通信回線をレンタルして
通信を行っているためです。

キャリア通信会社は、回線をレンタルする代わりに通信速度を遅くしたり、
通信制限を設けたりして通常の通信環境には届かないようにしています。

同じ回線を同じように使えて、料金が格安ではユーザーが格安の方へ
流れてしまい、自分たちのユーザーがいなくなってしまうからです。

ですので、格安SIMのユーザーとして適しているのは、通常のネットサーフィン
のみで動画は見ない人、オンラインゲームや音楽ダウンロードなどもしない人。

メールやSNSがメインというユーザーです。
また、仕事でネットを使うけど、動画は見ない人などにも向いています。

「動画24時間見放題やブログやSNSに画像をUPに最適」という記述が公式サイト
にありますが、ブログやSNSには最適ですが、銅が見放題には全く向かない
通信環境と言えそうです。

■他にもある?!格安SIMのデメリット

格安SIMのデメリットは、通信速度が遅いということ以外にも
あるのでしょうか?調べてみました。

格安SIMは、データ通信やSMSは出来ないものが多いです。

ぷららのモバイルLTEなら追加オプションとしてSMSを有料で使えるのですが、
通常、無料で使えるLINEがSMSのオプション代がかかることで、事実上、
有料という形になってしまいます。

また、契約には、クレジットカードが必要となるものがほとんどです。

モバイルwifiのようにクレジットカードでも口座振替でもOKという支払方法を
選択出来るシステムはありません。

また、インターネットにあまり詳しくない人が格安SIMを使用するとシステムなどを
理解できずに混乱してしまうこともあります。

ネット知識に自信がない場合は通信制限があるけど、簡単に契約出来る
ヤフーwifiの方が安心でストレスもないのではないでしょうか?

■ぷららの口コミはどのようなものがある?

ぷららの口コミは、どのようなものがあるのでしょうか?
まず、迷惑フィルターは甘くつくられています。

これは厳しくフィルターを設定してしまうと、必要なメールまで迷惑メールに
分類されてしまいからです。

また、ぷららは複数のメールアドレスをもらえるサービスがあります。
仕事とプライベート分けることが出来るので、嬉しいサービスですね。

また、緊急時のサポートセンターへの問い合わせは他の通信会社に
くらべてもっとも繋がりやすいと言われています。

サービスに置いては大変優れていると言えます。
また、NTT系列ですので、知名度と安心感があります。

そして、通信速度が遅い場合は、パソコンの設定を変えると少しではありますが、
通信速度が上がりますので、簡単に出来る工夫から実践してみてください。

セキュリティーを軽くすると通信速度が上がりますよ。

■WIMAXが制限はかかるようになったと聞くけどどうゆうこと?

無制限に通信が出来るモバイルwifiとして大変な人気を博している
WIMAXですが、ついに通信制限がかかってしまいました。

しかし、実はWIMAXはもともと通信制限があったのです。
公式サイトにも記載されていました。

WIMAX2プラスは月間7GBという他のモバイルWIFIと変わらない制限が
ありました。

制限がなかったのはWIMAXのほうだけです。
しかし、このWIMAXは通信速度はあまり速くありません。

また、3日間で3GBという通信制限がありますので、30日間(約1ヶ月)で
30GBという通信制限なのです。

他のモバイルwifiやスマホは3日間で1GBです。つまり通信制限が
かかったものの他のモバイルwifiの3倍、月間では3倍以上の通信量
ということになります。

ここまで、余裕がありますので制限という呼び方程、厳しいものでは
ないのです。

そして、月間の7GBの通信制限も有料オプションで外すことができます。

UQ WIMAXの「UQフラット ツープラス ギガ放題」という料金プランは
月間7GBという制限はないものの3日間で3GBという制限はあります。

■無制限モバイルwi-fiルーターを買うならワイモバイルとヤフーwifiはどちらがよい?

では、無制限のモバイルWIFIルーターのワイモバイルとヤフーwifiは
どちらの方がメリットが多いのでしょうか?

2つのモバイルルーターを調べたデータを元に比較してみましょう。
まず、ワイモバイルは以前はイーモバイルという社名でした。

その当時は通信が無制限だったのですが、現在のワイモバイルに社名が
変更されたと同時に通信制限も設置されることになってしまいました。

ですので、現在は通信が無制限ではありません。
どのような通信制限がかかるのでしょうか?

まず、1つ目は「3日で1GBという通信制限」です。
1GBとは、動画サイトで高画質な動画を2時間くらい見ただけで
終わってしまいます。

これが3日間ですので、通信制限としてはとても厳しいものとなります。
他のモバイルWIFIと変わりません。

2つ目は「24時間の通信利用料が366MBという制限」です。
スマホの場合は、アプリを1本ダウンロードするだけで制限が
かかってしまいます。

3つ目は「1ヶ月7GBの通信制限」です。

3日間で1GBに引っかからないように利用していたとしても20日間くらいで
7GBには到達してしまいます。

残り30日間を超低速の128kbpsで通信するしかないのです。

一方のヤフーwifiも、同じで通信制限は月間7GBかかり、3日間で1GB
かかるのです。

ですので、月額の利用料金が安いヤフーwifiの方がお得ですよ。

■期間限定の無制限通信は・・・?

現在、ワイモバイルで発売されているポケットwifi使い放題キャンペーンは
調べてみると305ztのみが対象となっています。

305ztであれば契約から2年内の期間は追加料金が無料になるという
キャンペーンを行っているのです。

制限解除の手間が省けるので、パソコンなどでネットを頻繁に楽しみたい人には
おすすめです。

しかし、3年目以降は通信制限がかかりますし、追加料金も有料となります。

また、305zt以外の通信端末ではこのキャンペーンは適応されませんので、
くれぐれもご注意ください。

キャンペーン対象外の303HWはテレビチューナー機能がついています。
無制限ではありませんが、303HWにもメリットはあるのです。

■続々と進む通信制限

現在、モバイルWIFI業界では今まで無制限だった通信機器が続々と
制限されるようになってきました。このことについて調べてみました。

背景としては、モバイルwifiが登場して5年以上が立ち、モバイルWIFIの
ユーザーが増えたため、通信を制限しないとユーザーがスムーズにネット
に繋がれなくなってしまったことが一番の理由として挙げられます。

通信を制限しないとすべてのユーザーが快適にネットを利用出来なくなって
しまうので、どうしても必要不可欠なものなのです。

無線通信は有線通信に比べて通信環境が良くありません。
無線通信ならではのデメリットをしっかりと把握しておきましょう。

モバイルwifiユーザーにとって、通信制限との戦いは避けれないものです。
しかし、上手く自分のネット利用方法をコントロールして、上手に通信制限と
付き合えばストレスも軽減します。

映画などはレンタルしてテレビで見たり、音楽もレンタルや購入をするように
しましょう。ネットばかりに頼らない方法で娯楽を楽しむようにしましょう。

LTE