通信速度が速くて安くインターネットを始める方法は何?

■速度10Mbps以上で安くインターネットを始めたい

・高速通信で安定しているのは固定回線
・モバイルwifiルーターでも10Mbps以上出る

調べてみると、インターネット環境で通信速度が10Mbps以上でて、
かつ安定しているのは、固定回線です。

特にフレッツ光などの光回線なら最大値で1Gbpsの通信速度がでて、
快適にインターネットを楽しむことが出来ます。

月々の利用料金が高いイメージのあるフレッツ光ですが、フレッツ光ライト
という料金プランなら集合住宅ですと、月額2,100円~5,200円で利用できます。

あまり、多くインターネットを使わなかった月は利用料金が月額1,900円+
プロバイダ料金月額200円~で2,100円で済みます。

どれだけ多くインターネットを使っても最大で月額5,200円で止まります。
フレッツ光の安定した通信環境を2,100円~で利用できるのはお得です。

初期費用は契約料が800円、初期工事費が1,500円となります。
毎月のインターネット使用頻度が少なければ最低利用期間2年間で
合計66,200円となります。

フレッツ光のギガマンション・スマートタイプでは2年間で100,000円前後
の費用がかかってしまうので、通信費の節約になりますね。

しかし、インターネットをよく使い場合は、月額5,200円となりますので、
2年間の合計で140,600円となってしまい節約になりません。

手続きなどが必要なく手軽に始めることが出来るモバイルwifiルーター
ですと、平均月額3,609円で使用することができます。

フレッツ光ライトのように料金システムは2段階ではなく月間の通信量の制限を
設けることで安い料金でサービスを提供しているのです。また、無制限のモバ
イルwifiルーターもあります。

家の中だけでなく外出先でも利用できて、通信速度も10Mbps以上出るものが
ほとんどです。

使用する環境にもよりますが、WiMAXの場合は実測40Mbps~60Mbps、
LTEの場合でも同じくらいの通信速度となります。

手続きや工事が不安な場合は、モバイルwifiルーターがいいでしょう。

■光回線は高い

・フレッツ光の無制限プランは?
・1Gbpsの通信速度は本当に必要なのか

調べてみると、フレッツ光は最大の通信速度が1Gbps出る贅沢な通信環境を
思う存分利用できる「フレッツ光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ」だと、
月額利用料2,950円+プロバイダ料500円~=実質3,450円~となります。

初期費用はフレッツ光ライトと同じ15,800円です。
最低利用期間2年間の合計費用は9,8600円~となります。

通信速度が速く無制限に使えるので、このように、かなり高額な料金設定と
なっているのです。

しかし、この最大値1Gbpsという通信速度が本当に必要なのでしょうか?
調べてみると、インターネットのサービスを利用するにはこのくらいの
通信速度が必要となります。

普通のページ 1Mbps
YOUTUBE 超高画質動画 3.5Mbps
hulu 2Mbps
Gyao 2.5Mbps
オンラインゲーム 2Mbps(安定していればこの速度でプレイ可能)

このように、通信速度が5Mbpsもあればインターネットは問題なく利用できます。
フレッツ光の1Gbpsとは100Mbps×10の通信速度ですので、ここまでの速度は
なくても5Mbps出ていて、速度が安定していれば通信には十分なのです。

■超高速通信を体験できるパソコンの条件

・1Gbpsをパソコンで体験するのに必要な条件
・条件を満たしているか確かめるには?

調査の結果、通信速度1Gbpsを体験するにはパソコンにある2つの
条件が整っていなければならないことが分かりました。

・LANパートが1000Base-tに対応していること
・LANケーブルがカテゴリ5e以上であること

LANポートが1000Base-tに対応しているかどうかはデバイスマネージャーの
ネットワークアダプタをチェックすれば分かります。「1000BASE-T」や「Gigabit」
という文字が入っていれば大丈夫です。

LANケーブルがカテゴリ5eかどうかは、コントロールパネルからネットワークと
共同センターを選択し、ローカルエリア接続の状態を見ると分かります。
速度が1000Mbpsとあれば大丈夫です。

■安くインターネットを始めるには光回線は不向き

・超高速通信で安い利用料金は難しい

調べた結果、フレッツ光のような超高速通信が出来る回線で安くインターネットを
利用するのは難しいものがあります。

しかし、先ほどもお話ししたように超高速通信は必要性の低いものですので、
ストレスを感じずに通信できる程度のインターネット環境で安いものを探しましょう。

■ADSLは安いけど遅い

・ADSLとは?
・光回線との違い

調べた結果、ADSLとは従来の電話線を利用した通信サービスのことを言います。
自宅が通信を行う職場がNTTの通信基地局から遠ければ遠いほど、通信速度が
落ちてしまうのです。

また、通話や家電製品の影響を受けやすく、時間帯などでも通信速度は大きく
変わってしまう通信方法なのです。

利用料金が月額2,980円~3,232円と割安ですが、これは固定電話がある
場合の料金で、固定電話がない場合は月額が5,050円~5,450円と光回線
よりも高額な料金となります。

ADSLの場合は、電話回線を利用して通信するので光回線のような回線工事が
必要ない場合もあります。申し込みから1~2週間で利用し始めることができます。

実際に使用しているユーザーの口コミではADSLの通信速度は下り2.5Mbps、
上り570kbpsとかなり遅いですがGyaoなどの動画サイトもスムーズに見えて
いるようです。

一方の光回線は光ファイバーの専用の回線を使用して通信をしているので、
通話や家電の影響も、通信基地局からの距離も関係なく通信できます。

通信を妨害する要素が少ないので、通信速度は下り上りに関係なく100Mbps
前後の速度がでるのです。

しかし、専用の回線を設置しないと通信できないので回線工事が必要となります。
申し込みから実際に利用し始めるようになるためには1~2か月かかります。

■モバイルルーターはWiMAXとLTE回線の2種類

・WiMAXとLTEの特徴
・どちらの方が繋がりやすいの?

モバイルルーターという工事や手続きが必要ないインターネット環境には、
2種類の回線があります。

WiMAXは、UQ WiMAXが提供している回線を使って通信をします。
周波数帯が高いので電波が強く直進性に優れています。
その反面、曲がりにくいので室内での通信は不安定になりやすいです。

LTEは2種類の周波数帯を利用して通信をしているので、高速で安定した
通信をすることができます。それぞれの周波数帯が高くないので、電波が
曲がりやすく室内でもスマホのように問題なく通信できます。

LTEの方が柔軟な電波ですので、どんな場所でも繋がりやすくストレスなく
インターネットを使うことができます。

■モバイルルーターは地下でも通信できる?

・地下鉄の駅でも続々と通信できるようになっている
・半地下の方が繋がりにくい

調べてみると、WiMAXやソフトバンク、au、DOCOMOのモバイルルーターは
続々と地下鉄の駅でも通信が出来るようになっています。

ワイモバイルのモバイルルーターはソフトバンクの通信エリアも使えるので、
地下鉄の駅でも通信が可能となっています。

地下鉄の駅にはそれぞれの通信会社の通信アンテナが設置されているため、
モバイルルーターでも繋がることが出来るのです。

ユーザーの口コミを見てみると、WiMAXは東京都の地下鉄駅構内で
下り約3Mbps,上り約2Mbpsの速度となっています。

同じ地下鉄の駅でLTEの場合は、下り約28Mbps、上り約4Mbpsの速度です。
LTEの方が通信速度が出ることが分かります。

しかし、半地下のカフェなどにはこの通信アンテナが設置されていません。
地下鉄の駅よりも半地下の場所の方が繋がりにくくなっているのです。

■ADSLよりもすぐに始めることが出来るモバイルルーター

・申し込みから利用し始めるまでは最短で1日
・会社に注意すれば初期費用もやすい

モバイルwifiルーターについて調べてみると、プロバイダの公式サイトから
申し込みをして、クレジットカードでの支払いを選択すると速ければ翌日に
通信端末が届き、翌日から使用することが出来ます。

また、Broad WiMAXは初期費用が18,856円かかってしまいますが、
それ以外の会社で契約をすれば初期費用は3,000円、またはキャン
ペーンで0円で済みます。

ADSLよりもお得に手軽に始めることが出来るのです。

■一番安いモバイルwifiルーターはヤフーwifi

・ヤフーwifiの2つの料金プラン
・305ZTの通信エリアはワイモバイルとソフトバンク

モバイルwifiルーターについて調べているともっとも月額の利用料金が安いのは
ヤフーwifiだということが分かりました。

ヤフーwifiには2つの料金プランがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

「303HW」 月額利用料2,743円

月間7GBという通信制限が設けられていますが、業界最安値級の利用料です。
テレビチューナーも搭載されている303HWですので、外出先でタブレットなどで
テレビを楽しむことができます。

Yahoo!プレミアム会員に同時に申し込むと月額2,743円で利用できるのですが、
会員費は最大で6ヶ月無料となります。初期費用は3,000円で、ユニバーサル
サービス料は毎月4円となっています。

「305ZT」 月額3,696円

こちらの端末は契約から2年間は月間の通信量の制限がありません。
キャリアアグリケ―ションと呼ばれる通信方法で高速で安定した通信を
実現しています。

今ならキャンペーンでTポイント5,000ポイントがプレゼントされます。

305ZTが対応している通信エリアは3つで、ソフトバック 4G LTE、ワイモバイル
LTEネットワーク、ソフトバンク 4Gの通信サービスを利用できます。

初期費用は3,000円でユニバーサルサービス料が毎月4円かかります。

■7GBの制限に注意

・月間7GBの制限がかかると・・・?
・7GBの通信量でできること

303HWは月間で7GBの通信量しか利用できません。調べてみると、7GBの
通信量がかかると128kbpsの通信速度に落ちてしまうのです。

いったん制限がかかり128kbpsに落ちてしまうと、追加料金を支払わないと
元の通信速度に戻ることが出来ません。

500MBごとに500円支払います。500MBとは、これくらいの通信量です。

通常サイト 約2,327ページ
メール 約102,400通
高画質動画 約62分

また、128kbpsとは、メール・LINEは問題なくできるけれど、サイトを読み込む
のに時間がかかり、動画サイトは閲覧できないことがほとんどといった具合の
通信速度です。またダウンロードなどもタイムアウトで出来ません。

そして、7GBの通信量ではこのようなことが出来ます。

メール 約1,870万通
ホームページ 約50,600ページ
高画質動画 約33時間
音楽のダウンロード 約1,790通

このように、普通にインターネットを使っている分には問題のない通信量なのです。
インターネットを1日中利用している人でない限り、月間の通信制限は気にしなく
ても大丈夫です。

■モバイルwifiルーターの最大のデメリット

・通信が固定回線のように安定しないこと
・モバイルwifiルーターでも工夫すれば通信の安定性が増す

調査の結果、モバイルwifiルーターは場所によって、通信速度がマチマチだったり、
同じ家の中でも部屋によって、速度に違いが出たりと固定回線のようには通信が
安定しません。

中でも鉄筋の家や高層マンションの上層階などになるとエリア内に入っている
にもかかわらず通信が届かないこともあります。

しかし、モバイルwifiルーターでも工夫をすれば通信が安定しやすくなるのです。
まず、モバイルwifiルーターの電波は窓を通って入って来ます。外壁は電波を
遮ってしまいますが、ガラスはモバイルwifiルーターの電波を通すからです。

ですので、端末は窓の高さよりも低い位置にはおかないようにしてください。
窓の範囲の高さに置くと電波をしっかりキャッチします。

窓の枠に置いたり、窓の高さに合わせて棚を設置しておくなどしましょう。
また、モバイルwifiルーターの周辺には何も置かないようにしてください。

■引越しでも手続きが必要ないので安心

・モバイルwifiルーターは手続きが不要

申し込みの際にも引っ越しの際にもモバイルwifiルーターは手続きが必要ありません。

サイトから申し込みをする出家で利用出来て、何の手続きも連絡もしないで
引っ越しをして、新しい家でも同じように通信をすることが出来るのです。

引っ越しはさまざまな手続きがあり、混乱する時期ですので、とてもうれしい
ですよね。しかし、引っ越し先でも通信エリアに入っているかどうか確認をして
から引っ越しをしましょう。

インターネット契約を引っ越し時にすると割引になるのは詐欺?

■引越し時にインターネット契約すれば引越し代を3万円割り引くと言われたけど詐欺?

・フレッツ光西日本で行われているキャンペーンなので詐欺ではない
・最低利用期間のことをしっかり考えよう

調べてみると、引っ越し時にインターネットに契約すると割引があるのは、
フレッツ光西日本で行われているキャンペーンのことです。

サカイ引越センターで引っ越しをする時にすでにフレッツ光西日本を利用
している場合は、引っ越しの基本料車両費と人件費の20%を割引します。

また、フレッツ光お引越し割引が適応されます。そして、フレッツ光に加入して
いない人でもフレッツ光への申し込みが完了した時点で車両費、人件費が20%
割引になるサービスへの申し込みができます。

この時、引越基本料20%割引の申し込みはサカイ引越センターへ、フレッツ光
お引越し割引の申し込みはフレッツ光へしてください。

そして、フレッツ光には「にねん割」というスマホなどにもある最低利用期間の
2年間継続して契約することを条件とした割引システムがあります。

引っ越し時にフレッツ光西日本に契約をして2年以内に引っ越しなどで解約と
なった場合は、「どーんと割」に加入している場合は戸建てであれば1年目は
10,000円、2年目は5,000円、集合住宅であれば1年目は7,000円、
2年目は3,500円の契約解除料金が発生します。

このように契約解除料金のことを考えて本当にお得かを考えて契約しましょう。
引越しの費用によって、割引をする額は違いますので、一概に3万円割引とは
言えません。

■フレッツ光に入ってキャッシュバックがもらえる理由

・フレッツ光加入でキャッシュバックしてくれるのはどこ?
・高額キャッシュバックの理由

「BBN」「U-NET」「エフプレイン」「ベストリンク」「ネットナビ」で、
このような内容のキャンペーンを行っています。

・最大60,000円キャッシュバック
・月額利用料金割引
・初期工事費割引
・プロバイダ料 最大2か月無料

「BBN ブロードバンドナビ」だとこれに新品パソコン、タブレット、液晶テレビ、
ゲーム機などが選べる特典付きです。

なぜ、このようなお得なキャンペーンが実現できるのでしょうか?
まず、68,000円キャッシュバックは適応されるには条件があります。

一つ目の条件は契約者が法人SOHO,個人事業主であることです。
個人契約では、10,000円までしかキャッシュバックされません。

また、フレッツ光とOCNかYahoo!BB、どちらかのプロバイダに新規で加入する
必要があります。フレッツ光とSANNETか楽天BBのプロバイダですと、キャッシュ
バックの金額が5,000円になりますので、注意してください。

他にもさまざまなオプションを追加するとキャッシュバックの金額は大きくなり
ますが、もちろん月額の合計利用料金も高くなりますので、本当に必要なもの
のみにしましょう。

また、ゲーム機などが選べる特典も法人、SOHO、個人事業主限定の
キャンペーンとなっています。

■フレッツ光の契約の流れ

・契約から工事までの準備に必要なものは?
・インターネットが使えるようになるまでの全体的な流れ

調べてみると、光回線は申し込んでから回線の設置工事を行うまでに、少し
期間が必要となります。実際に契約したユーザーの場合は申し込みから回線
工事までに2週間ほどかかったそうです。

3月や4月などの引っ越しシーズンだと、1か月待ちになることもあるので、
申し込みははやめに行いましょう。

また、フレッツ光で貰えるLANケーブルは短いものですので、事前に長めの
LANケーブルを用意しておくと、工事に来てもらった時に差し出せば工事終了
と同時に使えるようになります。

光回線のLANルーターを置く場所からパソコンまでの距離をメジャーで測って
購入してください。また、あらかじめ光回線終端装置を置く場所を決めておきましょう。

フレッツ光に自宅が入っているかどうかを確認してから、申し込みをして工事の
日を決めます。その後、LANケーブルや延長コードの準備をして、回線設置工事
に立ち会います。パソコンを設定して、インターネット開通となります。

■もらった書類はキレイに保管しておきましょう

工事や契約の際にもらった書類はユーザー名やパスワードが書かれている
大切な書類です。契約の内容を変更したい時などに必要となりますので、
大事に保管してください。

■引越し屋や不動産屋にバックマージンが入る

・バックマージンとは?
・契約者側にメリットは?

引越し屋や不動産屋がフレッツ光への新規加入を進めてきたり、フレッツ光へ
加入すると引っ越し代や家賃が割引になる制度をとっているところがよくあります。

これらの引越し屋や不動産は、バックマージンがあることでフレッツ光を進めて
いるのです。バックマージンとは、売上割戻のことを言います。

引越し屋や不動産の顧客がフレッツ光へ新規加入した場合、その契約者の
人数に応じて、フレッツ光から売上金の一部が引越し屋や不動産に現金で
事後、返される仕組みになっているのです。

報奨金や推奨金という呼ばれ方をすることもありますが、フレッツ光側は宣伝を
してもらえて、引越屋や不動産側は報奨金を受け取ることが出来るので双方に
メリットがある仕組みなのです。

では、フレッツ光側や引越し屋、不動産側にメリットがあることは分かりましたが、
契約をする私たち側にはメリットはないのでしょうか?

契約者側にも、キャッシュバックがあったり割引があったりします。
そして、引越と同時にフレッツ光に加入するので手間が省けるという
メリットもあります。

しかし、フレッツ光は2年契約ですので、本当に契約が必要かどうかを
しっかり検討してから契約してください。

■家電量販店でフレッツ光に契約するのは正解?

・家電量販店のフレッツ光契約キャンペーン
・結果的に割高になる可能性が高い

フレッツ光の契約方法を調べてみると、家電量販店での契約方法もあります。
家電量販店ではよく「フレッツ光と指定プロバイダ加入で家電を割引!」などの
キャンペーンを行っています。

また、その家電量販店の商品券やポイントをプレゼントしてもらえる場合もあります。
一見、とてもお得に感じるこれらのキャンペーンですが、実はほとんどのお店で特典
をつけたり割引したりする条件として、指定された有料オプションの契約が必要です。

本来なら加入しないような必要のないオプションへ加入して毎月料金を
支払うことになりますので、長い目で見ると損をしてしまうこともあります。
また、回線もプロバイダも自由に選ぶことが出来ません。

■フレッツ光のプロバイダでお得なのはどこ?

・料金が安いプロバイダは?
・サービスが充実しているプロバイダは?

調べてみると、フレッツ光に対応しているプロバイダでもっとも安い利用料金は
月額500円~の「BB.excite.」です。取得できるアドレスは1つです。

その次に安いのはASAHIネットで月額550円~となっています。取得できる
アドレスは2つです。

もっとも高額なのはOCNで月額900円~となっています。取得できるアドレスは
1つなのですが、どのようなサービスがあるのでしょう。

現在、OCNではフレッツ光と同時加入で最大15か月月額利用料が無料と
なります。更に回線利用料も割引になり、初期工事費が大幅割引となるのです。

月額だけで決めずに、こうしたキャンペーン内容もチェックしましょう。
BB.excite.ではつい学500円を2年間支払うので合計で12,000円となります。

OCNは15ヶ月無料ですので、2年間の合計で8,100円となります。
結果的には月額900円のOCNの方がお得なのです。

■それぞれのプロバイダの口コミ

・BB.excite. とOCN、それぞれの口コミ

フレッツ光のプロバイダであるBB.excite.とOCNそれぞれの口コミはどのような
ものがあるのでしょうか?調べてみました。

まずは、BB.excite.の口コミからです。

「夕方は通信速度1Mbps前後しか出なくなってしまうので、動画もまともに
見られない状態になります。しかし、月額の利用料金がこれほど安い
プロバイダはないので、検討中です」

そして、OCNの口コミです。

「実際の通信速度は90Mbpsくらい出ますので、問題なくインターネットに
繋がれています。ビスタのために重い時がありますが、PCを変えたら
改善されるでしょうから気にしていません」

「月額の料金が普通より高額だが通信速度が速いので、仕方ないと思っています。
非常に快適にインターネットを利用できるので、満足しています」

■フレッツ光に加入するならネットの代理店から申し込んだ方がお得

・フレッツ光に加入できるネットの代理店
・フレッツ光にはないキャンペーン
・面倒な手続きが不要なネットの代理店

調べてみると、フレッツ光に加入できるネット代理店はこのようなサイトがあります。

「ラブター」
キャッシュバックが西日本30,000円、東日本なら10,000円です。
ゲーム機などがプレゼントされるキャンペーンもありますが、法人など
の契約ですので、個人契約者は対象外となります。

「エヌズ・カンパニー」
西日本なら30,000円、東日本なら10,000円のキャッシュバックです。
こちらのサイトではオプション加入条件がありませんし。契約から最短
2か月でキャッシュバックを受けることができます。

これらのキャッシュバックはフレッツ光にはないキャンペーンです。
契約のみでキャッシュバックが受けられるのはネット代理店のみです。

家電量販店のようなパソコン購入などの条件もありません。
また、面倒な手続きが不要なネット代理店もあります。

「株式会社エイコ―テクノ」
申込フォームから申し込みをした後に電話で希望特典と口座番号を
聞かれるので、手間がかかりません。

フレッツ光回線後、メールのやり取りなど必要なくただ待っているだけで
確実にキャッシュバックを受けることが出来るのです。

しかも、契約から最短2ヶ月でキャッシュバックされます。
加入しなければならないオプションもなく、プロバイダも3社から選べます。

キャッシュバックの金額は他のネット代理店と同じで西日本30,000円、
東日本10,000円となっています。

■それほどヘビーユーザーでなければポケットwifiという選択肢も

・ポケットwifiは月間7GBという通信制限がある
・7GBの通信量の目安
・ヘビーユーザーでない限り問題ない通信量

調べてみると、手続きも工事も必要ないポケットwifiは月間7GBという通信量の
制限があるのです。

フレッツ光のギガマンション・スマートタイプにはない通信制限ですが、
実はそれほどインターネットのヘビーユーザーでない限り制限の対象には
ならないのです。

月間7GBという通信料はどれくらいかというと、こちらです。

メールだと約1,870万通、通常のサイトだと約50,600ページ、
高画質の動画でも33時間、音楽のダウンロードは1,790曲できます。

1ヶ月間dえこれだけの通信が出来るのですから、1日中、ネットを仕事や趣味
などで使う人以外は制限にかからないのです。

YOUTUBEなどに動画を投稿する趣味がある人などには厳しい通信量の
制限ですが、一般的なネットユーザーには十分足ります。

■ポケットwifiは通信エリアを基準に決めましょう

・通信エリアの確認方法
・2つの通信エリアだった場合

調べてみると、ポケットwifiにはそれぞれ通信エリアがあります。
自宅がある地域がどの会社の通信エリアに含まれているかを
あらかじめ確認してからポケットwifiを購入しましょう。

通信エリアは大きく分けて、WiMAX系かワイモバイル系かです。

それぞれの公式サイトで自分の家の住所を入力すれば通信エリアかどうか
確認できるページがありますので、そちらで確認しましょう。

そして、どちらかの通信エリアに含まれていた場合は、その含まれていた方の
ポケットwifiを購入すればいいのですが、両方に含まれていた場合は、
WiMAX系のHWD15という機種がいいかと思います。

「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15」なら、WiMAX、WiMAX2+、au 4G LTEの
3つの通信モードを利用することが出来るのです。

WiMAXはノーリミテットモードという月間の通信制限がない通信モードが
ありますので、好きなだけ使いことが出来ます。

■モバイルルーターは解約金が高額なので注意しましょう

・フレッツ光の解約金とポケットwifiの解約金

調べてみると、フレッツ光は契約から2年以内の解約の場合、解約金は戸建て
向けのサービスでは9,500円、集合住宅向けのサービスでは1,500円を
支払うことになります。

ポケットwifiでは、ワイモバイルが9,500円、WiMAXでは契約1年目は
19,000円、2年目は14,000円かかりますので、ポケットwifiの方が
フレッツ光よりも高額なのです。

契約期間は同じですので、解約金のことも考えてどの通信環境にするかを
選んでください。