引越でフレッツ光のエリア外に住むことに。違約金はかかる?

■引っ越し先がフレッツ光のエリア外、違約金はかかる?

・普通の引っ越しの場合の移転工事費はこの金額
・エリア外への引越では費用などはどうなるのか?

フレッツ光の契約を続けながら、引越をすることになった場合、本来で
あれば、移転工事費として、戸建てへの引越なら9,000円、集合住宅
への引越なら7,500円がかかります。

引越にはこの移転工事費がかかるだけで、解約料はかかりません。

しかし、フレッツ光のエリア外への引越となると、移転先でサービスを受ける
のは無理になるため、解約が必要となります。

こうした契約者の個人的な理由ではない場合の解約にも解約金は発生
するのでしょうか?

フレッツ光の公式サイトをみてみると、エリア外への引っ越しの場合は解約金が
発生しないようになっています。しかし、一つだけ条件があるのです。

これは「フレッツADSLに乗り換えをすること」です。フレッツADSLとはNTTの
電話回線を利用して通信を行うインターネット回線のことです。

設置工事などは必要なく、電話回線にLANケーブルを差し込み、LANルーターを
設置するだけで通信ができるようになります。

申し込みから実際に利用し始めるまで、フレッツ光では1ヶ月以上かかって
しまうのですが、フレッツADSLでは1~2週間で通信できるようになります。

ADSLは料金が安い代わりに通信速度が遅いという特徴があります。
しかし、この速度の遅さは一般的なインターネット・ユーザーであれば
気にならないくらいの速度なのです。

■フレッツ光からADSLに乗り換えをすると変わること

・通信速度と月額の料金が大きく変わる
・初期工事費は自分でモデムと設置すると割安に!

調べてみると、フレッツ光からADSLに乗り換える場合、このような変化が起きます。
まず、フレッツ光の「ギガ放題ファミリータイプ」を例にフレッツ光の料金をみていきます。

月額利用料金 4,600円+ プロバイダ料金500円~= 実質5,100円~
となります。解約金は9,500円までかかります。

一方のADSLのモアIII(47Mタイプ)は

月額料金 実質4,545円+プロバイダ(niftyの場合)料金1,250円+
ADSLモデムレンタル料490円=6,295円かかります。

フレッツADSLには最低利用期間がないので解約金はありません。
料金が安いADSLですが、固定電話がなく、いい条件のプランを選ぶと
このように高額になります。

また、フレッツ光では戸建てタイプだと15,800円かかる初期費用ですが、
フレッツADSLではモデムを自分で設置することにより、初期費用が割安になります。

いくらくらい変わるのでしょうか?

■ADSLの初期工事費はいくら?

・フレッツADSLに来てもらって工事をする場合の費用
・自分でモデムを取り付ける場合の費用

調査の結果、フレッツADSLに来てもらって回線の設置工事を行う場合は、
電話共用型だと・・・

基本工事費 4,500円
交換機など工事費 2,050円
ADSL屋内配線工事費 4,800円
機器工事費 7,300円
合計 18,650円

ADSL専用型の場合だと・・・

基本工事費 4,500円
交換機など工事費 1,200円
ADSL屋内配線工事費 4,800円
機器工事費 5,500円
合計 16,000円

これが、自分でADSLモデムなどの取り付けを行う場合・・・

電話共有型の場合は
基本工事費 1,00円+交換機など工事費 2,050円=3,050円

ADSL専用型の場合は
基本工事費 1,000円 交換機など工事費 1,200円=2,200円
と、かなりお得になります。

■ADSLの料金プランはどれくらいの通信速度が出るのか?

・モアIII(47M9なら速度は最大約47Mbps
・インターネットサービスを快適に利用するために必要な速度
・大切なのは通信速度ではなく安定性?

フレッツADSLのモアIII(47M)プラントはどれくらいの通信速度が出るの
でしょうか?調べてみました。

まず、47Mとは通信速度の値47Mbpsを表しています。フレッツ光の最大速度は
1Gbpsです。1Gbps=1,000Mbpsですので、ADSLがかなり遅いと思われるかも
しれませんが、実は、47Mbpsでもインターネットを利用するには十分な速度なのです。

インターネットで超高画質な動画をYOUTUBEで見る場合でも通信速度は
3.5Mbpsあれば足ります。インターネットを利用するにあたって必要なのは
通信速度ではなく、通信速度が安定していることなのです。

■フレッツ光以外のインターネット環境で速度が速いものがいい

・フレッツ光の速度と安定性について
・フレッツ光以外の光回線はこちら

調べてみると、フレッツ光回線の最大通信速度は1Gbpsです。また、電話回線
を使って通信するADSLとは違い、家電の電波に通信が妨害される心配が
ありません。

また、基地局と呼ばれるフレッツ光の通信を発信する施設から家の距離が
遠くても通信速度が落ちにくく、安定した高速通信を利用できるのです。

そんなフレッツ光以外で高速で安定した通信が可能な回線はあるのでしょうか?
フレッツ光以外の光回線についてお話ししていきましょう。

「auひかり」
au光はKDDIが提供している光回線のインターネットサービスです。
東京電力の回線を買い取って通信していますが、東京電力の回線が
無い地域ではNTTの回線をレンタルして通信をしています。

インターネット上で簡単に契約出来て、プロバイダの種類もいくつかあり、
月額の利用料金がプロバイダ料込になっているので、安いです。

フレッツ光では戸建てのギガ放題プランが月額5,100円~ですが、auひかりは
1年目は月額5,100円、2年目は5,000円、3年目は4,900円と安くなります。

通信速度はフレッツ光程ではありませんが、速いのも特徴の一つです。
最大速度はフレッツ光と同じ1Gbpsですが、50Mbps~100Mbpsが
実際の出る速度という記事もあります。

「eo光、コミュファ光、メガエッグ、ビビック」など
eo光などの光回線は各地方の電力会社が提供している光回線のサービスです。
フレッツ光のように全国的なサービスを行っていないものの、地域に密着した
サービスを行っています。

例としてeo光の月額利用料を見てみると、今ならキャンペーンで最大速度
1Gbpsのコースが月額2,953円で1年目を利用することができます。

2年目は月額4,953円、3年目~5年目は4,795円、6年目以降は4,543円
と高額になっていきます。しかし、5,000円以下でフレッツ光よりもお得ですね。

このようにフレッツ光以外にもさまざまな光回線があるのです。

■最近のネット回線はモバイル通信(無線通信)が中心

・手軽に始められるモバイル通信
・実際の通信速度は?

手軽に始めることが出来るモバイルルーターは、最近ではネット回線の中心に
なって来ています。

プロバイダの公式サイトから直接申し込みをして、早ければ翌日には通信
端末が届き、設定をしたらすぐに始めることが出来る点が大きなメリットです。

無線での通信ですので、回線工事が必要なく引っ越しの際もそのまま新しい
家で使うことができるので2年間の契約期間や解約金を固定回線ほど心配
しなくていいのです。

また、家の中でも外出先でも利用することが出来て、利便性も高いです。
モバイルルーターにはWiMAXとLTE2種類の通信方法があり、WiMAXでは
最大で220Mbps、LTEでは最大165Mbps出ます。

しかし、実際のWIMAXの通信速度は40Mbps~60Mbpsくらい、
LTEでは10Mbps~25Mbpsくらいとなります。

auひかりの実際の通信速度は50Mbps~100Mbpsですので差はありますが、
十分インターネットを活用できる速度で、固定回線の代わりになります。

■スムーズな通信に必要なのは速度ではなく安定性

・通信速度は10Mbpsもあれば十分通信できる
・通信をしっかりキャッチする場所をルーターの特等席にしましょう!

通信速度が最大で1Gbpsある固定騎亜線がもてはやされていますが、
実はインターネットのすべてのサービスは10Mbpsもあれば十分できるのです。

高画質な動画でさえ、3.5Mbpsあれば閲覧でき、オンラインゲームも2Mbpsも
あれば十分プレイできます。速度よりも大切なのは安定性なのです。

通信の安定性はping値と呼ばれる単位であらわされます。ping値が低ければ
低いほど通信が安定しているのですが、理想的なping値は50msです。

モバイルルーターの場合は、通信を遮るものを少し手もどかすことで
このping値を安定させることが出来ます。まず、モバイルルーターの
端末は窓際に置きましょう。ガラスは通信を通しやすいからです。

そして、モバイルルーターがおいてある部屋の無いので通信をしてください。
無線はとても弱いので家の中のドアでも遮られ、安定性が下がってしまいます。

■キャッシュバックを受け取り忘れないよう注意してください!

モバイルルーターには契約をすると、キャンペーンでキャッシュバックしてもらえる
ものがあります。

しかし、これは契約の際にキャッシュバックされるのではなく、契約から11カ月後と、
かなり時間が経ってから受け取るシステムになっています。

調べてみると、キャッシュバックをする際に確認のメールが送られてくるのですが、
そのメールに返信をしないとキャッシュバックが振り込まれなくなります。

しっかりキャッシュバックを受け取るため、手帳にキャッシュバックの予定を記入
しておきましょう。

■スマホのネット回線とモバイルwifiルーターはどう違う?

・スマホのネット回線の仕組み
・モバイルwifiルーターの回線の仕組み

スマホやモバイルwifiルーター、タブレットなどさまざまな無線通信機器が発売され
私たちの生活には無線通信がかかせないものになっています。

スマホもモバイルwfiルーターも同じ無線通信ですが、実は通信の種類が
違うのです。ここでは、スマホの回線とモバイルwifiルーターの回線の違い
についてお話ししていきましょう。

まず、調べてみるとスマホの回線はそれぞれのキャリアの回線を利用しています。
スマホの通信には電話とデータ通信があります。

電話は電話局の交換機を通って、音声データを電話回線でつないでいます。
電話が通じるためには「POI」と呼ばれる関門交換機が必要なのです。

NTTドコモのスマホからソフトバンクのスマホへ電話をかけると、ドコモからソフト
バンク向けのPOIを通って電話をかけます。つまり、ドコモからソフトバンク向け、
ドコモからKDDI向けとそれぞれの相性ごとに専用のPOIがいるのです。

通話が多様化すればするほどPOIが必要性を増し、その役割は重要になります。

一方のデータ通信は音声だけではなく、データのやり取りをします。電話と同じく、
電話局に繋がり、そこのパケット交換機からゲートウェイを通ってインターネット
へと繋がっていくのです。

つまり、スマホ→電話局→パケット交換機→ゲートウェイ→インターネット
という流れになります。

では、モバイルwifiルーターの回線はどういった仕組みなのでしょうか?
調べてみました。

モバイルwifiルーターはいわば持ち運べる無線LANルーターですので、
スマホなどの通信機器→モバイルwifiルーター→基地局→インターネットと
とても単純です。

■それぞれのモバイルwifiルーターの回線は違う!

・キャリアの端末はキャリアの回線を使って通信している
・ワイモバイルとWiMAXの回線は?

モバイルwifiルーターと一口に言っても実は様々な会社から発売されています。
しかし、元をたどるとDOCOMO、au、SoftBank、ワイモバイル、UQ WiMAX、
この5つの会社しかないのです。

調べた結果、DOCOMOのモバイルwifiルーターはDOCOMOの回線を、auは
auの回線を、SoftBankはSoftBankの回線を利用しています。

そして、ワイモバイルも独自の回線を利用しているのですが、
ソフトバンクの回線をレンタルして利用もできます。

また、WiMAXはWiMAX独自の回線で通信を行います。しかし、KDDI
グループですので、au 4G LTEの通信サービスも利用することが出来ます。

■複数の通信を利用できるモバイルwifiルーターがおすすめ

・複数の通信が使えるキャリアアグリケ―ション
・安定した高速通信ができる

ワイモバイルのように、複数の周波数を同時に利用して通信を行うことを
キャリアアグリケ―ションと言います。1種類の周波数帯でしか通信できなかった
従来のものより、効率よく安定して通信を行うことが出来るようになりました。

例えば、ワイモバイルなら通信を使用とした場所がワイモバイルの通信エリアに
入っていなかったとしても、ソフトバンクのエリアに入っていれば通信可能です。

速度が上がるだけではなく通信できるエリアも広くなり、通信の安定性も
高まります。無線通信が不安定になりがちなので、無線通信のデメリットを
カバーしてくれます。

■用途に合わせてモバイルwifiルーターを決めましょう!

・ヘビーユーザーならWIMAX!
・あまりインターネットしないなら最安値級のプランを!

人によって、1日のインターネット利用時間は大きく違い、またその用途も
大きく違います。それと同じようにモバイルwifiルーターにもそれぞれ大きく
違う特徴があるのです。

また調べた結果、WIMAXには通信量の制限がありません。定額で好きなだけ
通信が出来るので、インターネットを1日中使用しているヘビーユーザーに
ちょうど良い環境と言えます。

そして、SNSやメールをする程度という場合は、業界最安値級の月額2,743円
で月間7GBの通信量を使えるヤフーwifi303HWがいいでしょう。

自宅に来ていない光回線は引けないってどういう意味ですか?

■自宅に光回線が来ていないと言われたけどどういうこと?

・光回線で通信をする仕組み
・自宅に回線が来ていない場合

調べてみた結果、インターネットは外の電線から光回線を引いてきて、
集合住宅の階段や通路などの共同スペースまで1本の回線で通信を
行います。

そこからそれぞれの部屋へ通信回線が分割されて室内でインターネットが
使えるようになるのです。

つまり、1つの集合住宅に付き、引いてこれる回線は1種類のみで、自分の
好きな回線を選ぶことはできません。

また、光回線が来ていないということは通路や階段などの共同スペースに
まで1本の回線を通す工事を行っていないということです。

つまり、インターネットに全く対応していない住宅ということになります。
また、光回線は通信エリアに含まれている地域でしか通信できません。

ですので、光回線を引きたいけれど通信エリア外なのでできないという
理由もあるかもしれません。

どちらにせよ、回線自体が来ていないのであれば光回線をひくことは
できないのです。

集合住宅の大家さんに行って光回線を引いてもらうか、モバイルwifiルーター
という無線でインターネット通信をする機器を購入するかしましょう。

また、自宅が戸建てである場合はフレッツ光の公式サイトから申し込みをして、
通信エリア内であれば回線工事をすると通信ができるようになります。

■アパートに光回線を開通するには?

・大家さんの協力が必要不可欠
・光回線が通っている集合住宅でも大家さんに確認を!

集合住宅に光回線が来ていない場合は、大家さんに光回線を通して
もらう必要があります。

共同スペースの回線の工事費用や管理費は大家さんが負担をすることに
なりますので、この費用を支払うことが出来ないという理由で光回線が来て
いない場合もあります。

集合住宅に光回線を通すのは大家さんですから、大家さんに交渉をしましょう。

また、光回線が来ている集合住宅でも共同スペースまでしか回線が来ておらず、
各部屋までは到達していないこともあります。

そうした場合は、集合住宅に途中まで引かれている回線と同じ種類の回線を
契約して、部屋まで引く工事を行うのですが、契約をする前に大家さんに
断りましょう。

また、工事の日を事前に知らせておくのも大切なポイントです。

■光回線の工事では外壁に穴をあけるって本当?

・極力穴をあけないようにしてくれる
・工事前に疑問を解消しておきましょう

光回線の工事について調べてみると、外壁に穴をあける工程があることが
分かりました。しかし、実際の工事内容は穴をあけないように工夫してくれる
ようです。

フレッツ光の場合は、東日本だと電話用の配管など、共用可能な配管に
光回線のケーブルを通して、配線工事を行うようです。

しかし、電話用の配管が難しい場合は、エアコンのダクト口からケーブルを
通して回線を設置します。それも無理な場合のみ外壁に穴をあけるようです。

西日本の場合も、まず電話配管の利用を試みます。無理な場合はエアコンの
ダクト口から、それも難しいようなら外壁に穴をあけます。

au光の場合は、電話回線・CATV回線などの配管やエアコンダクト、換気口
などの部分を優先的に使ってケーブルを通します。外壁に穴をあけるのは
やはり最終手段のようです。

eo光は屋外外壁に光ファイバーケーブルの留め具や固定用アンカーなどを
取り付けます。金具を止めるために外壁に数か所穴をあける必要が合います
が、ケーブルを通すようには他の光回線と同じように、配管を優先して使います。

また、工事前に外壁に穴をあける必要があるかどうかを聞いておきましょう。
工事をしてしなったら引き返せなくなってしまうので、疑問点はしっかり解消
しておいてください。

■モバイルwifiルーターなら、工事や手続きの心配がありません

・手軽に始められるインターネット環境

調べてみると、モバイルwifiルーターは面倒な手続きも不要で申し込みから
最短翌日に端末が自宅に届きます。簡単な設定をするだけですぐに通信を
することが出来るので、とても便利です。

光回線のように集合住宅の事情や回線がどれだけ来ているかに左右されずに
通信エリア内であれば、利用することが出来るのです。自宅が完全に回線に
対応しておらず、光回線は無理だった場合はモバイルwifiルーターを選択しましょう。

■auひかりもフレッツ光も引けない理由

・光を引けないケースは電線が地下に埋まっている場合
・建物の状態などにもよります

調べてみると、auひかり、フレッツ光の通信可能エリア内でも回線を引けない
ケースがあります。一体、どのようなケースなのでしょうか?

auひかりもフレッツ光も、街中にある電線の中の1つが回線なのです。

ですので、町の美化のために電線を設けず地下に埋めている地域では、
2つの光回線も地中に埋まっているので配線工事が難しい状態となります。

地域によっては工事が可能な場合もありますが、工事不可となることが多いです。
auひかりはKDDI独自の光ファイバーでサービス提供していますが、東京電力の
光ファイバーを買い取って通信しているのです。

東京電力の光ファイバーの範囲でない地域ではNTTの光ファイバーを借りて
通信を行います。NTTの光ファイバーの地域では地下に電線が埋まっていると、
工事ができません。

フレッツ光はNTTの光ファイバーのみですので、地域の許可が下りれば
工事できます。

また、光回線の通信エリア内でも自宅のすぐ近くまで回線が来ているとは
限りません。自宅まで回線の延長工事をする場合は、国道などを横断する
こともあります。

その場合は、役所に申請を行い許可を得てから工事に入りますので、工事は
可能なのですが、大幅に日数がかかります。

そして、外の回線から自宅までが近くても位置関係などで近所の庭などに
光ファイバーを通すこともあります。このケースは土地の所有者の許可が
下りない限り、工事はできないのです。

このように、通信エリア内でもさまざまな事情で回線の設置が難しいケースも
あります。

他には、回線を通す配管が古くてボロボロになってしまっている時は回線が
傷ついたりする危険があるため、工事が出来ません。

■ADSLは速度が遅いがたまにしかインターネットを使わない人ならOK

・ADSLの通信環境は実は問題ない
・利用をし始めるには?

インターネットを電話回線を利用して使うADSLは通信速度が遅く、ストレスが
溜まるという口コミをよく目にします。

しかし、しらべてみるとこのようなことが分かりました。ADSLは光ファイバーに
比べて通信速度がとても遅く、ストレスを感じるイメージだと思います。

ですが、超高画質な動画を見る時でも必要な通信速度は3.5Mbpsなのです。
普通のサイトをみたり、メールやSNSをするくらいなら1Mbpsあればたります。

光ファイバーは最大通信速度が1Gbpsと大々的に宣伝していますが、まず必要の
ない速度ですし、完璧に整った利用的な環境で最新のパソコンでない限り体感
できない速度です。

メールとSNS中心で動画をちょっと見たりするだけでダウンロードはしないと
いう人ならADSLでも問題ありません。

ADSLは電話回線を利用して通信を行いますので、申し込みから約1~2週間で
利用可能となります。回線工事も必要ありません。

光回線ですと、早くても1ヶ月はかかってしまいますし、最長で契約から3ヶ月
してから利用できるようになったというケースもあります。

■2年以内に引っ越しをする場合は光回線は不向き

・最低利用期間は2年間
・回線移転工事費が取られます

光回線について調べるとフレッツ光でもauひかりでも最低利用期間として
2年間の継続契約が義務付けられており、2年内に解約すると解約金を
支払うシステムになっています。

解約金は10,000円前後ですので、2年内に解約する可能性がある場合、
引っ越しの可能性がある場合は光回線はやめておきましょう。

ADSLは解約金はありません。光回線の場合は、移転工事費がかかります。
次の引っ越しのタイミングが分かっている場合は、それに合わせてインター
ネット回線を選びましょう。

■ネット犯罪に巻き込まれないためにカギを設定しましょう

・ネットは個人情報を盗まれやすいもの

普段あまりにも身近な存在であるインターネットですが、実は個人情報を
盗まれやすいものだということを忘れてしまっている人も多くいます。

しかし、年々ネット犯罪は巧妙になってきているので、鍵を設定して
個人情報を盗まれないようにしてください。

どんな回線を選ぶかも大切ですがネット回線が決まったら、利用し始める
前にセキュリティをしっかり設定してください。

■光回線以外で高速のインターネット

・LTE対応のモバイルwifiルーターは高速通信が可能
・キャリアアグリゲ―ションとは2種類の回線を使う

光回線のように安定して高速な通信ができるインターネット環境は他にも
あります。しらべてみました。

モバイルwifiルーターにはLTEとWiMAXの2種類があり、WiMAXは無制限で
通信できる反面、室内での通信に弱く不安定で、高速な通信の時もあれば
速度が出ない、もしくは繋がらない時もあります。

一方LTEは周波数帯の数値がひくいので、電波が柔軟に建物の中に入って
いきやすく、高速で安定した通信をすることができるのです。

特にLTEに対応しているヤフーwifiの305ZTをはじめとする端末は
キャリアアグリケ―ションを採用しているので、安定した高速通信を
体験できます。

キャリアアグリケ―ションとは、無線通信を高速化する方法の一つで複数の
周波数を一体化して同時に通信することにより、データを分散して運べるので
送受信の速度が速くなり、安定性も増すのです。

2つの周波数を使うことで通信速度を2倍にするほか、1つの通信回線が
混雑していたら自動でオフして、もう1つの通信回線のみを使うといった
方法をとります。

これにより、状況に応じて効率よく通信してくれるので通信が不安定になったり、
途絶えてしまったりすることがありません。

■都市部ではない場合はWiMAXよりLTE

・地方にLTEが強い理由は周波数の低さ
・キャリアによって周波数帯が割り当てられている

調べてみると、LTEは周波数帯が低いことが分かりました。

WIMAXは2.5GHzと高い周波数帯で通信しているのですが、この周波数帯だと
光の特性に近く通信速度が速い反面、障害物に当たると途切れてしまいます。

一方LTEは周波数帯が低いおかげで室内にも浸透しやすいのです。

ソフトバンクが、800MHz帯を「プラチナバンド」と呼んでいるのは、浸透しやすい
周波数での通信が少ない基地局で広い範囲の通信をカバーできるからです。

しかし、このプラチナバンドは都市部では電波が浸透しすぎてしまい、基地局
同士の通信が重なり合ってしまうのです。

そのため、LTEは通信基地局が比較的少ない都市部ではない場合の方が、
スムーズに通信できるのです。

また、周波数帯はキャリア会社それぞれに割り当てられているので、
通信エリアを調べて、自分が住んでいる場所に当てはまる会社の
LTE対応モバイルwifiルーターを購入しましょう。

■本当に光回線が必要なのかを考えよう

・モバイルwifiルーターは知識がなくても安心
・使い始めるまでの期間が短い

調べてみると、モバイルwifiルーターは敷居が高いイメージを持っている人が
いるようです。

しかし、実はモバイルwifiルーターはプロバイダの公式サイトから直接申し込みを
して、数日後には端末が自宅に届き、すぐに使い始めることが出来るとても手軽な
インターネット通信機器なのです。

光回線の方が知名度が上なので、なんとなく手軽と思っているかもしれませんが、
実は光回線の方が手続きや工事が面倒なのです。

モバイルwifiルーターは通信速度が最大で100Mbpsを超えますし、固定回線の
代わりとしても十分利用できます。室内でも屋外でも利用できるので、用途は
幅広いです。

■手軽に始めることが出来るモバイルwifiル-ター

・契約から利用し始めるまでの期間が短い
・インターネットの知識がなくても大丈夫

調べてみると、光回線は契約の申し込みから実際に工事が終わり利用できる
ようになるまで、1ヶ月から3ヶ月くらいかかってしまいます。

しかし、モバイルwifiルーターなら申し込みから早ければ翌日に端末が届き、
簡単な設定だけですぐに使い始めることが出来るのです。

インターネットの知識がなくても気軽に始められるので、一人暮らしの方や
今すぐにネット環境を整えたい方に向いています。

ですが、特に引っ越しをおこなう予定がなく、安定した高速通信の環境が
欲しいという方にはやはり光回線の方が快適に通信をすることが出来ます。

それぞれのユーザーの希望する環境によって、いいインターネット環境は
異なりますので、まずは自分の希望するネット環境はどんなものかを確認しましょう。