通信制限がかからないWIMAX以外のモバイルルーターは?

■WiMAXは部屋の中で電波が入りにくい、WIMAX以外のモバイル通信サービスは?

・WIMAXが部屋の中で電波が入りづらい理由
・スマホのテザリング機能があります!

WIMAXは室内で繋がりにくく、電波も不安定になってしまうという口コミを
よく見ますが、どうしてこのように室内の通信に弱いのでしょうか?

調査の結果、WIMAXは2.5GHzという他のモバイルルーターよりも高い数値の
周波数帯を利用して通信していることが分かりました。

高い数値の周波数帯は電波が強く大容量のダウンロードもあっという間に
出来てしまいます。特性としては光ににている電波なのです。

しかし、電波が強すぎて建物などに回り込むことが苦手です。ビルやマンションの
外壁にぶつかって通信が途切れてしまうのです。

WIMAXが室内で不安定なのはこのためですね。高速で力強い電波では、
なかなか室内にまで到達できないのです。

室内にまで到達できる無線通信と言えばスマホですが、スマホには、
テザリングというモバイルルーターと同じ役割をする機能があります。

パソコンなどで通信を行う場合は、このテザリングでも通信できます。
テザリングはこのような手順で使用してください。

■テザリングの使用方法

・DOCOMOのスマホの場合は?
・テザリングはどれくらいの種類があるのか?

では、テザリングはどうやって行うのでしょうか?
ここでは、例としてDOCOMOのスマホでテザリングを行う方法をご紹介します。

まず、DOCOMOのスマホでテザリングを行うにはspモードに加入をしましょう。
設定→インターネット共有→インターネット共有をオン→利用したいテザリング
方法を選ぶ→パスワードを確認

この手順でテザリングが出来ます。テザリング中はメイン画面に「インターネット
共有中」という文字が出ます。

調べてみると、DOCOMOのテザリングには3種類あることが分かりました。

WiFiテザリングでは、スマホとゲーム機やパソコンなどをWiFiでインターネットに
接続します。ゲーム機やパソコンが子機となり、スマホが親機となって通信を
するため、子機は複数台同時に接続できます。

USBテザリングはUSBケーブルでパソコンとスマホを繋いで利用するテザリング
です。有線接続ですのでWIFIテザリングより、通信が安定しやすいです。

BiuetoothテザリングはスマホとカーナビやパソコンをBluetoothで繋ぐ
テザリング方法です。WiFiテザリングよりも電池の持ちが良いので、
長時間の連続通信がしやすいのが特徴です。

■WiMAX以外のモバイルwifiルーターで繋がりやすいのは?

・楽天スーパーwifiの401HW
・4種類の通信を利用して接続するので安定性がバツグン

調べてみると、月額3,696円で利用できる楽天スーパーwifiの401HWが
繋がりやすく使い勝手がいいことが分かりました。

本体にあるボタンはオン・オフのボタン1つだけで、細かい操作は一切不要
なのです。機会が苦手な方でも気軽に使えます。

また、通信エリアはワイモバイルのLTEと3G、SoftBankの4GとULTRA SPEED
の4つの通信を利用することが出来るので、幅広い周波数帯で安定した通信を
実現しています。

SoftBankのULTRA SPEEDは1.5GHz、ワイモバイルLTEと3Gは1.7GHzと
いう数値が低い周波数帯は電波が建物に回り込む安く室内でもスムーズに
繋がることが出来ます。

SoftBank 4Gの2.5GHzという高い周波数帯は大容量のデータでも高速で
運んでくれる光に似た通信です。

このような複数のネットワークを使えるモバイルルーターなら、スムーズに
インターネットに繋がることが出来ます。

■契約時の際とはプリントアウトしておきましょう

モバイルルーターの契約期間は2年間です。

契約時のキャンペーンの内容はその期間に変わってしまうことがほとんどですので、
サイトをお気に入りに保存ではなく、プリントしておいてください。

注意事項の項目までプリントしてファイルに綺麗に保管しておきましょう。
もしもの時に安心ですよ。

■ポケットWIFIの定義って結局なに?

・持ち歩ける無線通信機器のことをポケットwifiと呼ぶ
・都市部ではWiMAX、地方ではLTE

ポケットwifiとは、基地局から電波を受信し、それをスマホやパソコン、
タブレットなどに転送することでインターネット接続するための機器です。

調べてみると、Wifiとは無線LANルーターのことで本来ならインターネットに
回線で繋がり、無線でスマホなどに通信を行うのですが、ポケットwifiは
基地局との通信も無線、スマホなどとの通信も無線で行います。

そのため、家の中でも外でもインターネット接続することができるのです。
つまりポケットwifiの定義とは持ち運べるコードレスLANルーターです。

ポケットwifiの会社によって通信できるエリアが違うので、自分の住んでいる
地域に該当する通信エリアのポケットwifiを選びましょう。

また、ポケットwifiにはWIMAXとLTEの2種類の通信があり、WIMAXは都市部に
基地局が多く、安定した通信ができるからです。

LTEは地方に基地局が多いことと、周波数が低く広範囲に電波が行き届くので、
地方に向いています。

しかし、WIMAXの電波は周波数が高くコンクリートの壁などにぶつかってしまい、
室内の通信に向いていない場合もあります。

こうした場合はLTEがいいでしょう。LTEは周波数が低いので電波が曲がり
やすく室内の奥まで電波が行き届きます。

■ポケットWIFIの月間の通信制限

・月間7GBはどれくらいの通信量?
・スマホの通信制限にかかったことがなければ問題なし

調べてみると、ポケットwifiには月間7GBという通信制限が設けられている
ことがよくあるのです。しかし、この7GBという数値はどれくらいの通信量
なのでしょうか?

7GBを具体的に表記すると、これくらいになります。

メールが約1,870万通、YOUTUBEなどの超高画質動画が約33時間、
普通のサイトが約50,600ページ、音楽のダウンロードが約1,790曲

月間とは言え、ここまで多くの通信をする人は一部に限られています。
普通にネットサーフィンをしてSNSをしてメールをしてたまに動画を見て、
という程度の方なら、まず通信制限に引っかかることはありません。

音楽のダウンロードやファイルのダウンロード、動画サイトへの生配信など
はしない場合は、無制限のポケットwifiにこだわる必要はないのです。

■ポケットwifiは海外でもお得に使える

・海外パケットを使うと、通信料金が1日1,980円~2,980円!
・海外では通話機能が使わないようにする

調べてみると、海外旅行の際は日本でつあっているキャリア会社の提携事業者
の電波を借りてスマホなどを日本と同じように使うことが出来ます。

しかし、通信料金がとても高額で1日に1,980円~2,980円くらいの金額が
かかってしまいます。この料金を毎日支払うことになります。また、提携事業者
以外の業者の回線に接続をして、通信を行った場合は、数十万円の請求が
来ることもあります。

また、海外で通信をするもうひとつの方法としてポケットwifiをレンタルして
通信をする方法があります。

これなら、ポケットwifiのレンタル料金しかかからないので1日1,0000円~
1,500円で済みます。通信無制限なものが多く通話の代わりにSkype、
メールの代わりにLINEでやり取りをすれば連絡面でもこまりません。

さまざまある海外の業者の中でも「グローバルWiFI」はが海外の携帯電話事業者
と直接契約をしているので、現地で実際に使えるかどうかを検証してサービス
提供を行っています。信頼度の高い業者と言えます。

■ポケットwifiの通信を安定させるためには

・障害物がないところで通信を行いましょう

調べてみると、ポケットwifiのような無線通信は建物の壁や木、ドアなどに電波を
遮られると通信が不安定になってしまい、最悪届かなくなることもあります。

ですので、ポケットwifiで通信をする時はベランダなどに出たり、窓を開けたり
して障害物を出来るだけ、どけるようにしてください。また、窓を開けなくても
窓際で通信をするだけでも効果はあります。

■LTEで通信制限がかからないキャンペーンを行っているヤフーwifiがいいかも

・ヤフーwifiのお得なキャンペーンは月間無制限
・3日間で1GBの通信制限はあります!

ヤフーwifiで行っている「305ZT」を対象とした月間無制限の料金プランは
月額3,696円です。初期費用3,000円で端末代は無料です。

毎月ユニバーサルサービス料という電話サービスを全国的に安定して利用できる
ように負担をする費用が掛かります。月額4円となっています。

契約から2年間は月額3,696円で月間の通信量が無制限で利用できます。
しかし、前日までの3日間の通信量の合計が1GBを超えた場合は、翌日の
6時まで通信制御がかかるしくみになっています。

これは、帯域制御の運用に関するガイドラインに基づいて設定されているもので、
全てのヤフーwifi305ZTのユーザーが本当に無制限に通信をしてしまうと、通信
回線が混雑してしまい、速度が落ちじるしく落ちたり、通信自体できない状態と
なってしまいます。

通信が混雑するのを防ぐために必要な制御ですので、通信のし過ぎに注意を
しながら、インターネットを使いましょう。

■WIMAXは完全無制限だけど、室内では繋がりにくい

・WIMAXの通信は制限がない
・au 4G LTEの通信量には注意を!
・周波数が高くて電波がさえぎられやすい

WIMAXには、WIMAXの通信モード「ノーリミテットモード」とWIMAX2+の通信
モード「ハイスピードモード」が月間の上限に関係なく通信できるプランがあります。

「UQ Flatツープラス ギガ放題」では、au 4G LTEの通信モード「ハイスピードエリア
プラスモード」で月間7GBの制限がかからない限り無制限で利用できます。

また、3日間の通信制限も「WIMAX2+」と「au 4G LTE」合計の通信量が3GB
以上になった場合のみ翌日までかかりますので、WIMAX2+の通信をメインで
行えば問題ありません。

また、どの料金プランでもWIMAXの「ノーリミテットモード」には制限がかかりません。
インターネットを1日中使いたい人に向いていますが、普通のユーザーは、ヤフー
wifiでも通信量は十分足ります。

UQFlat ツープラスは月額4,380円と割高なので自分の通信量にあっている
プランや会社を選びましょう。

また、WIMAXの周波数帯は2.5GHzでポケットwifiのような無線通信に向いている
周波数帯800MHzを大きく超えています。

それだけ高速な通信ということなのですが、あまりにも高速すぎて光に近い特性
のため、電波が曲がりにくく家の中に到達するまでに不安定となります。

光固定回線の場合は、ケーブルの中を電波が通りますので、曲がりにくくても
問題なく家の中まで届くのです。室内でも安定した通信が可能なのはヤフーwifi
のようなLTEです。LTEは周波数帯が低いので曲がりやすく繋がりやすいです。

ヤフーwifiはワイモバイルとソフトバンクの2種類の通信、合計3種類の
通信を使えるのですが、WIMAXよりも周波数帯は低く800MHzに近いです。

ソフトバンク 4G LTE 2.1GHz
ワイモバイル LTE ネットワーク 1.7GHz
ソフトバンク 4G 2.5GHz

月間無制限で安定した通信が出来るヤフーwifiは、初めてポケットwifiを
持つ方にも向いている端末です。

■実際に305ZTを使ったユーザーの口コミ

・通信速度と安定性が高く、快適に通信できる

305ZTを実際に使ったユーザーの口コミを調べてみました。通信速度が
下り50Mbps前後安定性はping値30msという通信環境だったそうです。

WIMAXは実測40Mbps~60Mbpsくらい出るのですが、ping値が100msを
超えてしまうことがほとんどなのです。ping値は通信の安定性を示すのですが、
数値が50ms以下であれば通信が安定している証拠なのです。

どんなに通信速度が速くても安定していなければ、スムーズにインターネットを
見ることが出来ません。インターネット環境で大切なのは通信速度ではなく
安定性の方なのです。

ヤフーwifiは、WIMAXと速度はあまり変わらないのですが、安定した通信を
することが出来るので、体感的にはヤフーwifiの方が繋がりやすいです。

■特典のTポイント5,00ポイントプレゼントの条件

ヤフーウォレットに登録済みであることと、ヤフーJAPANのIDをポイントが加算
される前に削除しないことがTポイントプレゼントの条件となります。

また、当然ですが、登録内容に虚偽があった場合は、キャンペーン適用
対象外となりますので、正しく登録してください。

インターネット接続を工事なしでしたいけどwifiはどういう仕組み?

■工事なしでインターネット接続したい。Wifiとは?

・wifiのしくみ
・モバイルwifiとは何か?
・工事なしでも使えるのか?

調べた結果、wifiとは無線での通信サービスのことを言います。Wifiには親機と
子機があり、その2つが無線で通信をすることにより、インターネットを使うことが
できるのです。

インターネット→wifi親機→wifi子機という流れで通信を受け取り、wifi子機→親機
→インターネットという流れで通信を送ります。

Wifiの親機は無線LANルーターのことをいいます。

LANルーターには、有線LANルーターと無線LANルーターの2種類がありますが、
有線LANルーターはケーブルでしか通信できませんので、wifiではありません。
無線LANルーターのみ、wifiに当てはまります。

子機はスマホ、タブレット、パソコン、ゲーム機などがあります。

親機である無線LANルーターは固定回線と繋がっているタイプと、回線とは
繋がっておらず、携帯型のモバイルwifiルーターと呼ばれるタイプがあります。

モバイルwifiルーターはコードレスなので、家の中でも外出先でも通信できます。
今、若者を中心に人気となっているインターネットの通信方法なのです。

そして、有線LANルーターと無線LANルーターは、固定回線でインターネットと
繋がっています。

無線LANルーターが無線で通信できるのはwifiの親機と子機の間だけなのです。
しかし、モバイルwifiルーターはインターネットとも子機とも無線で繋がります。
だからこそ、外出先でも通信ができるのです。

■モバイルwifiに契約をする前にレンタルをしよう

・モバイルwifiルーターの契約前にレンタルが必要な理由
・モバイルwifiルーターのレンタルにかかる費用
・レンタルを無料でしてくれるプロバイダは?

モバイルwifiルーターにはスマホと同じように通信エリアがあります。
しかし、調べてみると通信エリア内であるにもかかわらず通信がスムーズに
出来ないこともあるのです。

その理由はいくつか考えられますが、モバイルwifiルーターの種類がWiMAXだと
通信エリア内でも室内では繋がらないこともあります。

また、家が山奥だったり、建物の通信基地局からの距離が遠かったり、周辺
の建物が家よりも背が高く電波を塞いでしまっている場合も原因になります。

そのような状況は意外と実際にモバイルwifiルーターを使ってみないと分から
ないものです。契約前にレンタルをしましょう。

モバイルwifiルーターのレンタル業者には様々なものがありますが、最新機種を
1日400円からレンタルしてくれる業者もありますので、自宅や職場よく行くお店
や最寄駅などで実際に使ってみてください。

また、UQ WiMAXならクレジットカード情報を入力すると、15日間無料でWIMAX
端末をレンタルしてくれます。

最新端末やホームルーターを含む9種類の端末からレンタルする機種を
選ぶことが出来ます。

■モバイルwifiルーターをお得に購入するには?

・WiMAXはキャッシュバック、ワイモバイルはポイントプレゼント
・受け取るのは契約直後ではない

調査の結果、モバイルwifiルーターのWiMAXでは契約するとキャッシュバック
してもらえるキャンペーンが多く、ワイモバイルでは通販サイトのポイントを
プレゼントするキャンペーンが多かったです。

WiMAXでは、とくとくBBが最大で24,590円のキャッシュバックを行っていたり、
ワイモバイルでは楽天wifiが契約期間中、楽天市場の楽天ポイントを3倍にする
上に10,000ポイントとかなりお得なのですが、それぞれの特典を受け取れる
時期には差があります。

WiMAXのとくとくBBでは契約から11か月目にキャッシュバックのメールが届きます。
「ご指定口座確認通知メール」で、それに返信をしないとキャッシュバックが受けら
れないのです。

一方、ワイモバイルの楽天の場合は契約から翌々月の20日くらいまでに自動で
受け取れます。受け取り方が簡単な方がもらい損ねがありませんので、キャン
ペーンの内容だけではなく、特典の受け取り方もチェックしてみてください。

■工事なしのホームルーターもあります!

・アンテナ付きのホームルーターは工事なしで使える

WiMAXには工事なしでも使えるホームルーターがあります。

2本の角度を好きに変えることが出来るアンテナ付きですので、外出先では
インターネットを使わないという方は、こちらのホームルーターが向いています。

■フレッツ光やauひかりは引っ越しの度に違約金や工事が必要

・フレッツ光の違約金と工事費用
・auひかりの違約金と工事費用

調べてみると、フレッツ光やauひかりなどの光回線には回線の設置工事が必要で
あると同時に、撤去工事も必要だということが分かりました。

フレッツ光とau光、2つの違約金と工事費用をみてみましょう。
まずは、フレッツ光からです。

フレッツ光は最低利用期間2年間の間に契約を解除すると、違約金が
戸建ての場合は9,500円、集合住宅の場合は1,500円かかります。

しかし、これはあくまでも解約の場合のみで移転の場合は解約金は発生
しません。また、移転の際の回線撤去・設置工事費はこのようになっています。

フレッツ光ネクストのままで移転する場合
戸建てで屋内配線の行程がある場合 9,000円 ない場合 6,500円
集合住宅で屋内配線がある場合 7,500円 ない場合 6,500円

フレッツ光ネクストのままで移転する場合(ビジネスタイプのみ)
戸建てで屋内配線がある場合 18,000円 ない場合 7,600円
集合住宅で屋内配線がある場合 15,000円 ない場合 7,600円

フレッツ光ライトのまま移転をする場合
戸建てで屋内配線がある場合 9,000円 ない場合 6,500円
集合住宅で屋内配線がある場合 7,500円 ない場合 6,500円

回線の移転工事費のみで移転はできます。ではau光はどうでしょうか?
まず、auひかりでギガ得プランに加入していると2年以内に解約の場合は、
解約金9,500円がかかるのですが、移転の場合はかかりません。

しかし、回線工事の費用は所定の費用かかります。また、レンタルしていた
機器は引っ越し先へ持っていき、新しい機器が送られてくるのを待ちましょう。

新しい機器が送られて来たら、以前利用していた機器は郵送で返却します。

■モバイルルーターなら工事の手間も費用の心配もない

・引っ越しをすることになってもそのまま使える
・転勤族や一人暮らしの方にあっている

調べてみた結果、モバイルルーターには引っ越しの際の手続きがいらない
ことが分かりました。固定回線ではないので、回線の撤去工事も設置工事も
必要ないのです。

契約時も手間がかからず、引っ越しの際も手間がかかりません。この手軽さが、
転勤族などで引っ越しを繰り返す方や、一人暮らしの方に人気の理由なのです。

回線男工事は外壁に穴をあける工事ですので、隣の部屋の住人に気を使いますし、
大家さんへの断りも必要になります。

また、工事は1~2時間かかるのですが、立ち合いが必要ですので、工事の日は
予定を開けておかなければなりません。更に土日の工事となると追加料金を
取られるので、手間と費用が掛かってしまいます。

モバイルwifiルーターなら、その心配がないのです。

■LTEならモバイルwifiルーターでも高速で安定した通信を実現

・室内やビル街にも強いLTE
・固定回線と通信速度の比較

LTEについて調べてみると、LTEは2種類の周波数帯で通信をしているのです。
ですので、他のモバイルwifiルーターよりも安定しやすく、電波も室内の奥まで
入り込んでしっかり届きます。

WiMAXも高速な通信ですが、WiMAXの場合は1つの周波数帯で高速通信を
実現しているため、周波数帯の数値が高いのです。数値の高い周波数は
電波が曲がりにくく、室内の奥までは届きにくい傾向にあります。

また、LTEは最大で通信速度が165Mbpsとかなり高速です。フレッツ光は
1Gbpsと桁違いに高速なのですが、これは最新のパソコンで整った環境で
ない限り、出ない数値なのです。

実際のフレッツ光の通信速度は口コミを見てみると、下り90Mbps以上、
上り90Mbps以上出ています。

LTEは実測下り約25Mbps、上り約8Mbpsと光回線には劣りますが、
インターネットサービスは全て5Mbps以上あれば快適に通信できます。

■ワイモバイルはLTEの中でもっとも人気

・料金プランの安さがその理由

調べてみると、ワイモバイルの端末はその料金の安さでLTEモバイルwifi
ルーターの中では最も人気となっています。中でもヤフーwifiは業界最安
値級のプランがあったり、無制限のプランがあるので、LTEに決める場合は、
ヤフーwifiがお得ですよ。

■無線のモバイル通信サービスを利用する時の注意点

・無線のモバイル通信サービスを利用している人が急増
・個人情報をのぞき見されやすい
・大事な情報はSSLでやり取りを!

モバイルwifiルーターのような無線での通信サービスを利用している人は年々
増え続けています。特にモバイルwifiルーターが普及し始めてからは、更に
増え、街中は無線通信の電波が飛び交っています。

モバイルwifiルーターの一番のメリットは外出先でも通信ができることですが、
これは、同時に危険なことでもあるのです。

便利な反面、無線通信は電波を使って情報をやり取りするため、情報セキュリティ
をしていないと、気が付かないうちに通信内容が読み取られていたり、ウイルスを
ばらまくのに利用されてしまったりするのです。

ユーザーが知らないうちに、電波が届くところから閲覧していたサイトやメールの
内容、IDやクレジットカード番号などを覗かれてしまうこともあります。

また、スマホやパソコンなどの機器に他人が無断でアクセスしてしまう悪意のある
ユーザーも中にはいるのです。

公共無線LANというショッピングセンターなどによくある通信サービスは同じ
サービスを利用している他のユーザーに覗かれやすいというデメリットが
ありますので、ご注意ください。

覗かれないためには、大事な情報のやりとりはSSLを利用してください。
外出先だけではなく、自宅でインターネットを利用する時もSSLを使いましょう。

■SSLとはどんなもの?

・SSLとは?
・SSL以外の防犯対策は?

調べてみると、SSLとは信頼できるサイトやサーバとの間でインターネット上で
データを暗号化してから送受信をする通信方法のことをいいます。

特にIDやパスワード、クレジットカードの情報などのやり取りはSSLで行って
ください。SSLで通信を行うには、URLが「https」で始まっているサイトだけに
アクセスしましょう。

そして、パソコンやスマホに鍵マークが常時されているか確認をして、されてい
なかったら、しっかり鍵をかけましょう。

また、SSL以外で防犯をする場合は、公共無線LANスポットなどではファイル
共有機能を解除してください。

パソコンのOSやスマホのアプリには、自分の端末に保存されているファイルを
ネットワークから他のユーザーと共有出来るファイル共有機能があります。

このファイル共有機能が有効になっていると、公共無線LANスポットなどでは
他人からファイルを覗かれたり、不正なファイルを送りつけられたりします。

必ずファイル共有機能は解除して、防犯性を高めましょう。

■クレジットカードの情報をむやみに登録するのはやめましょう

・クレジットカードは個人情報なので、あまり入力しない
・通販サイトは知名度が高く信頼できるサイトを利用する

クレジットカードは大切な個人情報です。ですので、ネットショッピングを
する時にむやみに入力したり、登録したりするのは避けましょう。

一度しか使わない通販サイトならクレジットカードではなく、代金引換か
口座振替にしてください。また、通販サイトもAmazonや楽天などの知名度
が高く信頼がおけるサイトのみをりようしましょう。

よくわからないサイトや聞いたことがないサイトでは買い物をしないようにして
ください。また、ブログなどでも個人情報をのせすぎるのはやめましょう。

■モバイルwifiルーターを利用する時の注意点

・電源のオフのし忘れに注意しましょう
・通信量のことも考えてネットサーフィンのし過ぎに注意してください

モバイルwifiルーターのユーザーの中には面倒だからと言って、電源をオンに
したままにしている人もいますが、通信状態が続いていることはイコールで
ネット犯罪に巻き込まれる可能性が高くなってしまいます。

モバイルwifiルーターの電源をオンにするのは通信をしている時だけにしましょう。
また、暇な時にネット―サフィンをしたり、ついつい無意識のうちにスマホをいじって
しまいがちですが、これもネット犯罪の対策としてよくありません。

また、モバイルwifiルーターには月間7GBという通信料の制限が設けられている
ものも多いので、制限のことも考えて、ネットサーフィンをする時間は決めておいて、
それ以外はしないようにしてください。

クレジットカードがなしだけどwifiを契約したい。支払方法は?

■クレジットカードがないけど、モバイルwifiルーターを契約したい。支払い方法は?

クレジットカードがない場合でもモバイルwifiルーターを契約することはできます。
調べてみると、支払方法がクレジットカードだけではないプロバイダがいくつか
ありました。

モバイルwifiルーターには、WiMAXとLTEの2種類があります。
WiMAXで口座振替で料金を支払えるプロバイダはこちらです。

「UQ WiMAX」「@nifty」「BIGLOBE」「Broad WiMAX」の4社です。
これらの会社は口座振替かクレジットカードでの支払いかを選ぶことができます。

そして、LTEで口座振替が出来るプロバイダはこちらです。
「楽天wifi」「Yahoo!wifi」「ワイモバイル」です。

では、WiMAXとLTEそれぞれの会社を見ていきましょう。
どのような違いが分かるのでしょうか。

■口座振替できるWiMAXのプロバイダでもっともお得なのは?

口座振替できるWiMAXのプロバイダでもっともお得なのは「@nifty」です。
@niftyについて調べた結果がこちらになります。

@niftyはWIMAX通常の月額が3,670円で通信量は7GBです。
最大キャッシュバックを考慮すると実質の負担額はこのようになります。

@nifty契約1年目・月額2,003円、2年目・月額2,836円となっています。

WiMAXギガ放題になると月額4,350円なのですが、キャッシュバックを
考慮すると実質の負担額はこのようになります。

@nifty契約1年目・月額2,683円、2年目・月額3,516円となります。
どちらの料金プランでも初期費用は3,000円です。
キャッシュバックは20,000円でモバイル端末とクレードルのセットは1円です。

口座振替で支払えるWiMAXの中でもっともお得なのはこちらのプロバイダです。

■口座振替できるLTEのプロバイダでもっともお得なのは?

では、口座振替ができるLTEのプロバイダでもっともお得なのは、
どの会社なのでしょうか?調べてみるとYahoo!wifiでした。

303HWなら月額2,743円で月間7GBの通信量まで使えます。
初期費用は3,000円で端末代は無料です。

303HWにはテレビチューナー機能がついているので、外出先で
タブレットなどでもテレビを見ることが出来ます。

そして、通信量の制限がないプランが良い場合は305ZTのプランがあります。
2種類の周波数をつかって通信をするので、高速で安定してネットと繋がれます。

初期費用はこちらも3,000円で、月額3,696円で通信し放題です。
端末代は無料となっています。

Yahoo!wifiは4つの銀行の口座から支払うことが出来ます。

みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行
ジャパンネット銀行
楽天銀行

このようにクレジットカードなしでも、お得にモバイルwifiルーターは
持つことが出来るのです。

■クレジットカードで料金を支払うメリット・デメリット

では、そもそもモバイルwifiルーターの料金をクレジットカードで支払うメリットと
デメリットはなんなのでしょうか?

まず、クレジットカード払い限定のキャンペーンなどもたまにありますので、
そういった際に安心ですし、クレジットカードのポイントもどんどんたまります。

そして、クレジットカードで支払うデメリットはクレジットカードの情報を
プロバイダへの申し込みの際に入力しなければならないことです。

また、あらかじめクレジットカードを持っていなかった場合、わざわざ
作らなければなりません。

口座振替なら、カードを作る必要もないですし、手間がかかりません。

しかし、キャンペーンはクレジットカードでの申し込み専用のものはあっても
口座振替専用のものはなかなかありませんので、少し損をしてしまう可能性
があります。

クレジットカードなしでも十分、モバイルwifiルーターは契約することが出来ます。
しかし、メリットとデメリットがあるので、注意してください。

■デビットカードで申し込めるWiMAXやポケットWIFIはある?

調べてみると、デビットカードとは銀行などの金融機関で発行された
キャッシュカードで買い物ができたり、食事が出来たりするサービスの
ことです。

店舗に設置された端末機にカードを差して暗証番号を入力するだけで、
口座からすぐに代金を引き落とすことができます。

大変便利なサービスなのですが、現在の時点ではデビットカードでの支払いに
対応しているモバイルwifiルーターはありません。

基本的にモバイルwifiルーターの料金の支払いはクレジットカードか
口座振替になります。

では、それぞれの支払い方法の注意点はどのようなところなのでしょうか?

■口座振替でモバイルwifiルーターの支払いをする場合

調べた結果、モバイルwifiルーターで利用料金の支払いをする場合は、
ほとんどのプロバイダで口座振替手数料が発生します。

WIMAXの場合は、口座振替手数料は200円で、月額の利用料金とは
別途で請求されます。

毎月200円ということは、1年間で2,400円、2年間で4,800円となります。
他の有料オプションの金額が安いプロバイダにするなどして調節しましょう。

WiMAXのプロバイダの有料オプションの料金はこちらです。

「UQ WiMAX」
UQ Wi-Fi 無料
UQ WiMAXに加入していれば公共無線LANは無料で使えます。

請求書発行オプション 月額100円
毎月の利用料金を書面でとどけるサービスです。

おまかせサポート 月額500円
もしものトラブルの時に遠隔操作で、解決策を教えてくれるサービスです。

「Braod WiMAX」
端末安心サポート 月額300円
もし万が一、端末を破損・紛失してしまった場合に保証してくれるサービスです。

My Broad サポート 月額907円
最大2ヶ月無料で、パソコン周辺の困りごとに対応しれくれるサービスと、
インターネットセキュリティのサービス2つを受けることができます。

「とくとくBB WiMAX」
安心サポート 月額300円
故障流離が無料で受けられますが、故意による破損や故障、盗難・紛失は
サービス対象とはなりません。

安心サポートワイド 月額500円
故意による故障や改造による故障、盗難・紛失はサービスの対象となっていません
「安心サービス」の対象となっていない原因での故障も補償の対象となる場合が
あります。

UQ WiMAXには端末の故障をフォローしてくれる安心サポートがありません。
また、とくとくBBの安心サポートは安く受けられるのですが、セキュリティに
関するオプションはありません。

無線通信は個人情報などをのぞかれやすいので、セキュリティオプションが
ついているBroad WiMAXの方が安全性は高いです。

■LTEのワイモバイルの支払い方法は?

WiMAXはクレジットカード、口座振替の2つの支払い方法が出来ますが、LTEの
ワイモバイルはどうなのでしょう。調べた結果がコチラです。

まず、ワイモバイルっでも使用料金は口座振替とクレジットカード払いが出来る
のですが、両方を選べるのは、店頭での契約の場合のみです。

口座振替なら、ゆうちょ銀行、都市銀行、地方銀行、インターネット銀行、
農業協同組合などがあります。

オンラインでの端末購入の場合は、クレジットカードのみとなります。
しかし、ヤフーwifiや楽天wifiであればオンラインでも口座振替が可能となります。

■クレジットカードでの支払いはお得!

モバイルwifiルーターをクレジットカードで支払うととてもお得になります。
調べてみると、口座振替には割引やおピントなどが一切ないのですが、
クレジットカードではポイント還元など、支払で得をすることが出来ます。

また、口座振替の手数料である毎月200円、年間2,400円を節約できる
ので、それだけでもお得ですよね。

さらに、クレジットカードを持っていない人は、新規で入会すると、ギフト券や
ポイントがもらえるキャンペーンも行われているので、そうしたキャンペーンを
利用して、お得にカードを発行すれば口座振替よりもずっと費用を節約できます。

■口座振替の審査はクレジットカードの審査よりも比較的通りやすい?

モバイルwifiルーターの毎月の利用料金の支払い方法には口座振替と
クレジットカードでの支払い方法があります。

どちらの方が通りやすいのでしょうか?調査してみました。

まずは、Yahoo!wifiにクレジットカードで契約申し込みをした人の
レビューによると、申し込み3日目に端末が届いたそうです。

とくとくBBでは午前8時までに申し込みをすると翌日までに端末が届く
のですが、このユーザーは午前9時の申し込みだったそうです。

申し込みの翌日に端末を発送し、その翌日に自宅に届いたということ
ですので、申し込み当日に審査がとおったことになります。

携帯やスマホなどの通信回線のほとんどはオンラインで申し込をしても
電話などによる本人確認の電話があります。

また、過去のクレジットカードや携帯・スマホの滞納履歴を調べるのです。
ですが、Yahoo!wifiにはこうした電話確認が一切ありません。

一方の口座振替での契約はどうなのでしょうか?

口座振替の場合は、過去に延滞や未納があった場合は、申し込みができない
ことがあります。クレジットカード払いに比べて何かと制約が多いのです。

また、口座振替は毎月預金口座から請求元の会社の口座へ利用料金を送金
することをいい、請求書などがきてから送金する口座振込みとは違います。

口座振替の場合は、WiMAXですと後日プロバイダから口座振替依頼書が
送られてきて、これに記入して返送します。

プロバイダは口座振替依頼書の内容を確認して手続きを行います。
クレジットカードにはこの工程がありません。

クレジットカードなら申し込みから1日~3日くらいで端末が届くことがほとんどですが
口座振替ですと、審査が終わるまでに10日~1週間かかることもあります。

その後、端末が届いて使えるようになるので、1週間~2週間前後は時間が
かかるのです。明日にでも使い始めたい場合は口座振替ではなく、クレジット
カードの方がいいでしょう。

■審査を通る条件とは?

調べてみると、モバイルwifiルーターを契約してインターネット接続をする
には、特別な許可や資格は必要ありません。

しかし、クレジットカードや口座振替の審査に通る必要があります。
契約の特典として、通信端末がもらえる場合でも審査が行われることがほとんどです。

モバイルwifiルーターの審査内容は、普通のスマホや携帯などの審査と
同じ内容です。

・過去にスマホや携帯などの通信契約で滞納や未払いがないかどうか
・クレジットカードの料金払いの遅延がないかどうか
・消費者金融に多額の借り入れが残っていないか
・信用情報に問題がないか

これらの項目が審査の判断基準になりますので、普通に生活を送っている
人は審査に落ちることはありません。

■モバイルwifiルーター契約前に確認しておいた方がいいこと

では、モバイルwifiルーターを契約する前に確認しておいた方がいいことは
なんでしょうか。調べた結果がコチラです。

・月額利用料金はずっと同じ金額か
月額の利用料金はキャンペーンなどで最初の3ヵ月間は割安だったり、
利用開始月は無料だったりします。

それ以降、ずっと同じ金額のものもあれば、13か月目から料金が上がる
ものもあります。契約はじめの利用料金だけでなく、最低利用期間中の
月額利用料金は事前に確認しておきましょう。

また、契約自動更新後、月額利用料金が上がるものもあります。
長期的に利用料金について確認しておいてください。

・月間や3日間の通信量の制限はあるか
WiMAXには月間の通信量の制限はありません。しかし、ワイモバイルには
通信制限があります。

ワイモバイルは、キャンペーンで通信制限なしと記載されているのですが、
月間の制限がないだけで24時間ごとの制限はあります。こうしたややこしい
システムとなっているので、しっかり確認をしましょう。

・通信エリアに自宅が含まれているか
モバイルwifiルーターを使い頻度が多い、自宅や職場などでもモバイルwifi
ルーターが使えるかどうかを確認してから購入しましょう。

■自宅の立地条件によっては固定回線の方がいい場合も・・・!

自宅の立地条件によっては、モバイルルーターでは通信がしずらいこともあります。
通信エリアに含まれていても隣に高いビルが建っていたりすると通信が不安定に
なってしまうのです。

UQ WiMAXでは契約前に15日間お試しで端末をレンタルすることが出来ます。
こまた、他の会社の端末もレンタル業者で1日単位からレンタルできるのです。
こうしたサービスを使って契約前に実際に使ってみると、後悔しません。

wifiルーターの契約キャンペーンはヨドバシではどんな内容?

■ヨドバシカメラでwifiルーターの契約キャンペーンはどういう内容?

ヨドバシカメラなどの家電量販店でもwifiルーターを契約することができます。
契約に伴いキャンペーンでキャッシュバックがあったり、商品のプレゼントが
あったりします。

調べてみるとヨドバシカメラでは、現在このようなキャンペーンが行われています。

Y!mobileでは新生活応援キャンペーンとして、ヨドバシカメラで冷蔵庫や洗濯機など
まとめ買いをした場合、wifiルーター305ZTを指定プラン、指定オプションで申し込み
をすると当日の買い物代金から50,000円引きとなります。

305ZTは今なら契約から2年間は通信し放題となっています。
そして、GL10P、303HWなら指定プランと指定オプションで申し込むと、
最大で60,000円引きとなります。

一見高額のキャッシュバックに見えますが、同時に家電をまとめ買い
しなければならず、他の家電を購入する予定の無い人にとっては、
利用しづらいキャンペーンとなっています。

■家電量販店でwifiルーターの契約はやめておいた方がいい?

家電量販店のキャンペーンには、どういうものがあるのか調べてみると、
必ず条件があることが分かりました。

しかも、モバイルwifiルーターのプロバイダと直接契約する際に適応される
キャンペーンは、条件がすくないのに対して家電量販店は条件が多いことが
分かりました。

ワイモバイルの305ZTをYahoo!で契約した場合の「Tポイント5,000ポイント
プレゼント」の条件はこちらです。

・通信端末を305ZTにすること
・キャンペーン期間中に契約すること

一方、ヨドバシカメラでは、キャッシュバック・キャンペーンの条件はこちらです。

・冷蔵庫や洗濯機などの家電をまとめ買いをすること
・指定の機種を選ぶこと
・指定の料金プランを選ぶこと
・指定のオプションを選ぶこと

このように、同じ機種を申込み場合でも条件の多さ、厳しさに差があります。
また、Tポイントは家電以外でも利用することが出来、利用するジャンルが
とても多いです。

しかし、ヨドバシカメラの場合は、その日購入した家電への割引しか行われません。
家電量販店よりもプロバイダの公式サイトから申し込みをした方が手軽ですし、
特典も利用しやすいです。

■家電量販店でwifiルーターを購入する場合のメリットは?

家電量販店でwifiルーターを購入することには、メリットが少ないということが、
調査の結果分かりました。

家電量販店でwifiルーターを購入するメリットは、申し込んだ当日に通信端末を
受け取ることが出来ることと、多くのwifiルーターを手にとって比較できることです。

しかし、Yahoo!wifiのように午後3時までに申し込みをすれば即日発送してくれて、
翌日に届くものもあり、1日しか差がないのです。

また、キャンペーンの対象となっている機種は少ないので、手にとって選べても
購入できる機種が限られているということもあります。

やはり家電量販店でwifiルーターを購入するメリットはとても少ないのです。
実物を手にとって、店員の説明を聞きに行くだけにして購入は辞めておきましょう。

■ケータイキャリアのショップでの申し込みが出来る!

wifiルーターはケータイキャリアのショップでも、契約の申し込みをすることが出来ます。
それぞれの会社のモバイルwifiルーターについて調べました。

ドコモなら、自社のLTE回線を利用した独自のWIFIデータプランを申し込むことが
可能となっています。オンラインショップからでも申し込めます。

auでは、WiMAXのプランを申し込むことが出来るようになっています。
WiMAXの大元の会社はUQ WiMAXなのですが、その会社はKDDIグループ
なのです。

ソフトバンクでは、ソフトバンクのLTE回線を利用して通信するWiFIデータ
プランを申し込めます。

ワイモバイルはワイモバイルの専用ショップで申し込めます。

申込には、クレジットカードで支払う場合はクレジットカードが、口座振替の
場合は、本人確認書類が必要となります。

■WiMAXの契約で6万円キャッシュバックの罠

調べてみると、ヨドバシカメラでは、現在HWD15を契約すると、60,000円の
キャッシュバックキャンペーンが行われています。

また、もうひとつWiMAX2プラスのギガ放題プランに加入すると50,000円
キャッシュバックになるというキャンペーンも行われています。

こちらは端末はW01で、契約するとヨドバシカメラ50,000円分の商品券がもらえます。
しかし、月額の利用料金は最初の3ヵ月間は5,661円で4ヶ月目からは6,400円です。

UQ WiMAXで契約をすると同じギガ放題プランで月々4,380円となっています。
とくとくBBでは月4,604円と利用料金が大きくちがうのです。

では、何故同じ通信端末で同じプランで、このような料金の違いが出てくるの
でしょうか?その理由は、キャンペーンの内容にありました。

高額キャッシュバックに見せかけて、実は毎月の利用料金に1,670円上乗せして
キャッシュバック分のお金を回収しているのです。

つまり、60,000円キャッシュバックのHWD15では事実上19,920円、
50,000円キャッシュバックのW01では、事実上9,920円しかキャッシュ
バックされません。

■月額が5000円以上になるので損!

ヨドバシカメラのキャッシュバックキャンペーンは毎月の利用料金に
キャッシュバックの巻き返し分の1,670円を上乗せしています。

ですので、月々の利用料金が最初の3ヵ月間は5,661円、4ヶ月目からは
6,400円となっています。

これでは、フレッツ光の戸建てタイプの月額の利用料金5,100円~以上の
金額となってしまいます。モバイルwifiルーターでこの月額はとても高額です。

WiMAXのプロバイダの平均の月額の利用料金は3,696円ですので、かなり
高額となります。また、プロバイダでは20,000円のキャッシュバックなどの
キャンペーンもあり、そちらは月額の利用料金に上乗せなしなのです。

家電量販店のWiMAX契約キャンペーンよりもプロバイダのキャンペーン内容の
方がキャッシュバックの結果的な金額が大きいですし、月額利用料金も上乗せ
されません。

■ヨドバシカメラ以外のWiMAXキャンペーンをやっている家電量販店

では、ヨドバシカメラ以外の家電量販店では、WiMAX契約キャンペーンを
行っているのでしょうか?

調べてみた結果、ビッグカメラでは5,000円のキャッシュバックが受けられます。
しかし、これは指定されたパソコンを購入した場合のみです。

WiMAXのみの購入ではキャッシュバックを利用できません。
パソコンの購入予定がある方には、少しお得なキャンペーンですね。

YAMADA電機は、WiMAXに契約すると月額の利用料金は500円引き、端末は
1円で購入出来ます。しかし、端末代1円はよくみられるサービスです。

このように、WiMAXのプロバイダほどのオトクなキャッシュバックや割引を
行っている家電量販店はないようです。

プロバイダでは20,000円キャッシュバックなどがありますので、金額に
大きな差があります。

■月額の利用料金などには大きな差が出ない!

家電量販店などで月額割引のキャンペーンがありますが、調べてみると、
WiMAXはもともとの会社がUQ WiMAXという会社で回線もWiMAX独自の
回線を利用しています。

ですので、どの家電量販店で契約をしても、どのプロバイダで契約をしても、
さほど大きな利用料金の差や端末代の差は出ないのです。

WiMAXをどこで契約すればいいのか迷った時は利用料金ではなく、
キャッシュバックの金額と、特典の内容で判断しましょう。

プロバイダでの契約では、たまにipad miniとセットで購入できる
キャンペーンなども行っています。

そうした目玉キャンペーンの期間中を狙って契約するとお得ですよ。
同じプロバイダでも時期などによって、キャンペーン内容が変わります。

タブレットなどを同時購入することを考えている場合は、タブレットが
プレゼントさせるキャンペーンを待ちましょう。

また、同じプロバイダでも機種によってキャッシュバックの金額が違うことが
あります。購入する機種はいくらキャッシュバックなのかを確認して、金額に
注意してください。

■ネットのキャンペーンでキャッシュバックをやっているプロバイダ一覧

ネットのキャンペーンでキャッシュバックを行っているプロバイダは、
さまざまあり、金額や別で貰える特典も大きく違います。

どのようなキャッシュバックキャンペーンがあるのでしょうか?
調べた結果がコチラです。

「とくとくBB WiMAX2+」
業界最大級の27,390円キャッシュバックするキャンペーンを開催しています。
ギガ放題プランで最初の3ヵ月間は月額3,696円、4ヶ月目以降は4,263円
となります。

キャリアアグリケ―ションで最大値220Mbpsの高速スピードに対応している
WX01や据え置き型ルーター「URoad-Home 2+」も受け付けをしています。

「@nifty WiMAX2+」
20,000円のキャッシュバックがあります。

ギガ放題プランで利用開始月は無料、2,3ヶ月目は月額3,696円、
4ヶ月目以降は月額4,350円となります。

「BIGLOBE WiMAX2+」
15,000円のキャッシュバック、もしくは
Amazon電子書籍kindleプレゼント+2,000円キャッシュバック

月額利用料金は利用開始月無料、2、3ヶ月目までは3,695円、
4ヶ月目以降は月額4,179円となっています。

「So-net WiMAX2+」
15,000円キャッシュバック、もしくは
ipad Airやipad miniなどのタブレット端末が月額260円~レンタルできます。

月額の利用料金は利用開始月は無料、2,3か月目は月額3,695円、
4ヶ月目以降は月額4,379円となっています。

このようなキャッシュバックキャンペーンがおこなられています。

事実上、10,000円前後のキャッシュバックしかないヨドバシカメラのキャンペーン
より、遥かにお得です。とくとくBBはギガ放題プランからつきごとに通常プラン
月額3,696円に変更することが出来ます。

■キャッシュバックの受け取り方

WiMAXの契約キャンペーンでキャッシュバックが行われているプロバイダ
について調べていると、こんなことが分かりました。

キャッシュバックの特典は付与時期に解約になっているともらえないのです。
キャッシュバックは契約と同時に自動的に口座に振り込まれたりするのではなく、
端末が届いた月を含む11か月目にメールで基本メールアドレスに連絡がきます。

「ご指定口座確認通知メール」というのですが、そのメールを読み返信をした
人しか、キャッシュバックを受け取れないのです。

返信は「ご指定口座確認通知メール」の初回送信日から翌月の末日までに
行ってください。

返信をした場合、翌月の最終営業日に指定された口座に振り込みとなります。
基本メールアドレスはGMOとくとくBBに入会する時に作るアドレスです。

また、このような場合はキャッシュバックはされません。
特典対象プランの変更、特典対象プランの解約、未納によるサービス
一時停止または強制解約。

では、何故このようなキャッシュバックが受け取りづらいシステムとなって
いるのでしょうか?

■受け取りづらいシステム。その理由は?

WiMAXのプロバイダによる契約キャンペーンは、キャッシュバックでせっかく
高額な費用が取り戻せるのに、契約から実際にキャッシュバックされるのが
数か月後だったり、事前の確認メールへ返信が必要だったりします。

どうしてこのような分かりづらいシステムになっているのでしょう。

調べた結果、支払のタイミングを遅くしたりメール連絡を必要にすることで、
キャッシュバックの貰い忘れを狙っているのです。

高額キャッシュバックの貰い忘れが増えればそれだけプロバイダ側は利益が
発生します。このプロバイダの思惑にハマらないためにも手帳などにキャッシュ
バックを受け取るタイミングで書きこんでおきましょう。

WiMAXのキャッシュバックを受け取るために、メールアドレスを確認することも
しっかり書いておくとメールの返信し忘れも防げます。

■契約時の公式サイトをプリントしておきましょう!

WiMAXを契約する時はキャッシュバックや料金について書かれている
ページをプリントして保存しておきましょう。

ブックマークでもいいのですが、キャンペーンの内容は比較的短い期間で
終わってしまい、新しいキャンペーンが始まるのでプリントの方が確実です。

インターネット契約はアパートではポケットwifiがおススメな理由は?

■賃貸アパートでのネット回線の契約、ポケットWiFiが人気らしいけどなぜ?

賃貸アパートへ引っ越しをして、これからネット回線を契約する時に、
どの回線にすればいいか分からず悩むことは誰にでもあります。

ネット回線の契約方法や通信回線設置工事、初期費用、申し込みに必要な
もの、など基本的なことを調べるのも一苦労ですよね。

しかし、調べてみるとポケットwifiは面倒な手続きも通信回線の設置工事も、
一切必要なく、申し込みもオンラインで出来てすぐにネットを始めることが
できるのです。

まず、固定回線の場合は公式サイトから申し込みをします。
フレッツ光を例にしてご説明しましょう。

住んでいる地域によって提供できるネットサービスの種類が違いますので、
公式サイトで調べます。その後、戸建てタイプか集合住宅タイプかを選びます。

そして、ネット接続に必要なプロバイダを選びます。プロバイダは固定回線によって
対応している会社が違います。公式サイトで回線と同時に申し込みしましょう。

その後、契約をするのですが、契約後、自宅で回線の設置工事が行われます。
申し込みから実際に回線が設置されてネットが使えるようになるには2週間~
1ヶ月間必要となります。

しかし、ポケットwifiはオンラインで申し込をすれば早ければ翌日に端末が届き、
簡単な設定をすればすぐに使い始めることができます。

固定回線ではなく、無線での通信ですので回線工事がいらず家の中でも
外出先でも使用できるのです。

引っ越しをする時でも手続きが必要なく、そのままで新しい家でも使えます。
この手軽さが人気の理由です。

■光回線のメリット・デメリット

では、光回線にはどういったメリット・デメリットがあるのでしょうか。
調べてみました。

光回線のメリット

・NTT局舎からの距離の影響を全く受けない
すんでいる家の場所に関係なく、高速で安定した通信が利用できます。

・通信速度の上りと下り、両方が高速である
ADSLやポケットwifiは下りの通信速度を優先して速くする仕組みなので、
下りが高速で上りは遅いのです。

しかし、光回線なら上りも下りも通信速度が同じになります。
送受信両方が高速ですので、スムーズにインタネットを使えます。

・マンションの規模が大きければ大きいほど利用料金が安くなる
光回線の場合は、同じ集合住宅に8人以上の利用者がいる場合、
利用料金が安くなります。

集合住宅の階段や外の通話などの共同スペースまで、光回線は1本で
通信をしています。そこからそれぞれの部屋へ回線が分かれているので、
もともと1本の回線を複数人で利用しているのです。

ですので、利用者が増えれば増えるほど、もともと1本の回線の料金が
分散され安くなるという仕組みなのです。

しかし、それは通信速度が遅くなるというデメリットにも繋がります。
もともと1本の回線の利用者が増えれば当然回線が混雑しやすくなり、
通信速度が落ちてしまうのです。

一方のポケットwifiはどうでしょうか?

■ポケットwifiのメリット・デメリット

調べた結果、ポケットwifiのメリット・デメリットはこちらです。

ポケットwifiのメリットは、先ほどお話ししたとおり、工事や手続きや
不要で家でも外でも通信できることです。

ポケットwifiのデメリットは無線での通信なので、固定回線に比べて不安定で
あることです。しかし、LTEであればスマホとほとんど変わらないくらいの
通信環境です。

ポケットwifiはワイヤレスですのでインターネットから電波で通信を受け取り、
スマホへ電波で通信を飛ばします。

そして、そのスマホから電波を受け取り、インターネットへおくるのです。

電波は回線での通信よりも通信速度や不安定になりやすく動画が途切れたり、
サイトのページがひらけなかったりするのです。

また、WIMAXというモバイルwifiは室内の通信に弱いという特徴があるので、
室内よりも屋外での通信に向いています。

■ポケットwifiには通信制限がある?!

ポケットwifiはスマホなどと同じ携帯型無線通信機器ですので、
通信制限があるものがあります。

しかし、調べてみると、無制限で通信できるポケットwifiもありますので、普段
インターネットを多く利用する人は無制限のポケットwifiの方がストレスを
かんじないで使えると思います。

■無制限なのでWIMAXがイイらしい、おススメのプロバイダと機種は?

無制限の通信が出来るモバイルwifi、WIMAXには多くのプロバイダが
あります。また、通信機種の種類もいくつかありますので、どう選んで
いいのか悩みますよね。

ここでは、調べた結果をもとにWIMAXのプロバイダで条件のいい会社、
そして、使いやすく利便性の高い機種をご紹介していきます。

では、まずはWIMAXのプロバイダからです。その会社と契約をするのが、
いいのでしょうか?

調査の結果、WIMAXは月額の利用料金、通信速度などはプロバイダごとに
あまり差がないことが分かりました。

大きく違うのはキャンペーンの内容です。プロバイダをどこにすればいいのか
迷った時はキャンペーンの内容で決めるという方法もあります。

キャンペーンが特にお得なのはこれらのプロバイダです。

「BIGLOBE WIMAX2+」
WX01、W01、NAD11、HWD14のどれかの機種ですと端末本体とクレードルの
セットが0円となります。

また、指定された期間継続的に利用できる方に「Fire HD7 16GB」か
「Fire HD6 8GB」をプレゼントし、12か月間継続して利用した場合、
2,000円がもらえます。

もしくは、12か月連続利用で15,000円キャッシュバックが受けられます。
どちらか好きな方を選ぶことが出来るのです。

「So-net モバイル WIMAX2+」
WIMAX2+のみを申し込むと機器購入費が無料となり、クレードルも
無料となります。

また、タブレットのレンタル料金が割引になるキャンペーンも行っています。

「とくとくBB WIMAX2+」
端末受け取り月の月額利用料が無料となるキャンペーンを行っています。
また、選んだ端末により、異なる金額のキャッシュバックがあります。

キャッシュバックの対象となる端末はWX01、W01、HWD15、NAD11、
そして、ホームルーターのURoad-Home2+です。

では、WIMAXの機種で使いやすいものはなんでしょうか?

■WIMAXの使いやすい機種は?

WIMAXの機種について調べてみると、こちらの端末が人気ランキングの
トップ3となっています。

1位「NEC Speed Wi-Fi NEXT WX01」
2位「Huawei Speed Wi-Fi NEXT W01」
3位「NEC Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」

しかし、満足度ランキングを見てみると・・・

1位「Huawei Speed Wi-FI NEXT W01」
2位「Huawei Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15」
3位「NEC Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」

という結果になっています。

人気の高い「NEC Speed Wi-Fi NEXT W01」は、満足度ランキングになると
3位までに入っていないのです。そして、「HuaweiWi-Fi WALKER WiMAX2+
HWD15」は人気ランキングの3位までに入っていませんが、満足度ランキング
では2位にランクインしています。

人気がある=満足度・高いということではありませんので、人気ではなく、
満足度で機種は決めるようにしてください。

■満足度の高い機種それぞれの口コミ

満足度の高い3つの機種の口コミを調べました。

「Speed Wi-Fi NEXT W01」の口コミ

設定はとても簡単で、使い勝手も特に問題はありません。しかし、au 4G LTE
通信がなければ、使い物にならないくらい、通信が出来ません。

キャンペーン中でキャッシュバックがあったので得でしたが、もっと通信環境を
改善して欲しいです。

「Huawei Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15」の口コミ

WIMAXを使用していますがWIMAX2プラスの通信にしてみたら、ちょっと電波が
悪くなりました。クレードルとしても使用しているのですが、置くだけで使用でき
ない時もあるので、設定しなおして不便に感じてしまいます。

LTEがなければちょっと困ってしまいます。

「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」の口コミ

書記の頃は、通信が安定しなくてイライラしましたが、出力設定を変えたら、
快適に通信できるようになりました。

通信速度はソフトバンクのLTEとほとんど変わらないくらいです。
自宅回線としても使用しています。

■室内でWIMAXが繋がりにくいという噂はほんとう?解決策は?

調べてみると、WIMAXは他のモバイルルーターに比べて高い周波数の
帯域での通信をしていることが分かりました。

ソフトバンクは1.5GHzと2GHz、2つの周波数帯で、ワイモバイルは1.7GHzの
周波数帯で通信しているにも関わらずWiMAXは2.5GHzで通信をしています。

周波数帯が高いと通信の直進性がとても高くなります。光に近い性質をもっていて、
通信速度がはやく容量が大きいファイルなども簡単に通信できます。

とても力強い反面、直進性が強すぎて建物の外壁などにぶつかってしまい、
室内での通信には向かないのです。

周囲に建物などがない、広い空地や広場などでは光なみの高速通信ができます。
コンクリートは電波を反射しやすいのでWiMAXはオフィス街に弱いです。

解決策としては、まずWiMAXの通信サービスエリアに自宅が入っているかどうか
を確認してからWIMAXを契約をしましょう。

WIMAX通信はエリア内に入っていないと、電波をキャッチできません。
こればっかりは、個人ではどうしようもない問題ですので、事前確認をしてください。

また、通信エリアに入っている場合でも繋がらない時があります。
自宅の立地条件などがありますが、自宅の中のいろいろな場所で通信を
してみて、繋がりやすい場所を探しましょう。

電波が届きやすいのは2階、大きい窓がある部屋、通信基地局の方角の部屋
などです。

■WiMAXの通信感度を上げる方法

では、WiMAXの通信感度を上げるにはどうすればいいのでしょうか?

調べてみると、WiMAXの端末を窓際に置く、WiMAXの端末を置く向きや
使用する部屋の方角を変えてみる、リフレクターと呼ばれる自作アンテナ
をつくる、などの解決法があります。

WiMAXの端末を窓際の床から窓際の高い位置に置いただけで通信速度が
速くなることもあります。

背の高いタンスや棚、窓の冊子などに置きましょう。可能であれば、100円
均一などで小型の壁かけの棚を買ってきて、一番電波をキャッチする場所に
つけて、WiMAXの定位置をつくるようにしてください。

■WiMAXのアンテナは手作りできる

また、アルミホイルをパラボラアンテナのように半円旧型に形成し、
中にWiMAXを入れ、窓に張り付けたり、窓の周辺においたりしてみましょう。

アルミホイルがアンテナの代わりになり、電波を捕まえやすくなります。
アルミ製のボウルでも同じ効果があります。

21cmのボウルと両面テープ月のフック、まな板置きを用意します。
まな板お気の角度を少し曲げて、上にボウルを置きます。

フックの角度をWiMAXが起きやすい角度にまげて貼ります。
WiMAXを置いて完成です。

材料が全て100円均一で揃えることが出来ます。
300円でアンテナが作れるのです。

■その他のWIMAXの電波を受信しやすくする方法

WiMAXの端末を高いところに置いたり、アンテナをつくったりする意外に、
WiMAXの通信環境を改善する方法を調べました。こちらです。

WiMAXの端末は各製品、周波数が高く建物の外壁にぶつかってしまう、
電波が室内まで届きにくいのです。ベランダや窓際に端末を置くように
してください。また、室内でも高い棚の上に置いたりすると電波をキャッチ
しやすくなります。

また、家の中でも部屋によって電波の感度が違いますので、通信が
安定する部屋を探してみましょう。

また、端末の初期設定の変更で通信速度が速くなったというケースもあります。

WiMAXはAterm WM3500RやWM3600Rなどでは、接続が頻繁に途切れたり、
切断したりすることが良くあります。この原因は、通信設定で通信速度のは
速さを優先させる設定になっているからです。

速さではなく接続を優先させると、繋がりやすくなります。

また、ワイヤレス設定のネットワークモードを変更したり、周波数チャンネルを
変更することも通信環境の改善に繋がります。

ワイヤレス設定のネットワークモード 11b/g/n → 11b/g
周波数チャンネル 11 → 13

自分でできる通信環境の改善方法は複数ありますので、簡単な
ものから試してみてください。

モバイルルーターで通信量が使い放題があるけど本当ですか?

■ワイモバイルのPocket WiFi 305ZTが無制限とうたっておきながら3日で1GB制限を開始

ワイモバイルのPocket Wi-Fi 305ZTが月間の通信量が無制限で使えると
宣伝していますが、調べてみると実際には3日間で1GBの通信制限がある
ことが分かりました。

これでは、1ヶ月を30日とすると10GBの通信量しか通信できないので、
他のモバイルwifiルーターの月間7GBとあまり変わらない気がしてしまいます。

無制限を謳っておきながら、どうしてこのような通信制限を設けたのでしょうか?
そこには、こんな理由があるのです。

まず、本当にワイモバイルの305ZTのユーザーが無制限で通信をしてしまうと、
回線が混雑して通信速度が落ちたり、通信自体が出来なくなってしまいます。

ですので、通信の品質確保のために利用通信料が特に多いユーザーに対してだけ
通信速度の制御を行っているのです。

せっかくの高速通信が使い放題なのに、ユーザーが増えすぎてしまって通信できなく
なったら、無制限プランの意味がなくなってしまうのです。

3日間で1GB以上利用した場合、当日の6時から翌日の6時まで制御されます。
これは「帯域制御の運用基準に関するガイドライン」に基づいて実施しています。

また、使い放題のプランでも月間の通信制限を解除する追加量が契約から2年間
無料になるというだけで、通信制限がかかることには変わりありません。

通信制限を解除する申し込みは端末から出来ますが、この申し込みをする手間は
かかりますので、注意してください。

■本当に使い放題なモバイルwifiルーターは?

ワイモバイルは無制限と宣伝しているのに実際には通信制限があります。
では、本当に無制限で通信できるモバイルwifiルーターはないのでしょうか?

調べてみると、WIMAXのモバイルwifiルーターは通信が無制限となっています。
WIMAXにはWIMAX、WIMAX2+、au 4G LTEの通信エリアを利用できます。

WIMAX通信には制限がありませんので、無制限で利用することができます。
WIMAX2+とau 4G LTE通信の場合は月間7GBという通信制限がかかります。

しかし、「UQ WIMAX Flat ツープラス ギガ放題」を契約するとWIMAX2+でも
月間のデータ通信量に制限がありません。

ですが、au 4G LTE通信で月間7GBの制限がかかったあとは、WIMAX2+でも
無制限で通信することができます。

また、WIMAX2+、au 4G LTEの合計が3日間で3GB以上になった場合は、
翌日にかけて制限をします。

■月間7GBはどれくらいの通信が出来るのか?

月間の制限がないプランや、3日間で1GBの制限があるプラン、月間7GBの制限が
あるプランなど、実に様々な通信量の制限のプランがあります。

しかし、この1GBや7GBとはいったいどれくらいの通信料なのでしょうか?
この通信量についてしらべました。

まず、7GBではこれくらいの通信が出来ます。メール送受信は約1,870万通、
ホームページの閲覧なら約50,600ページ、動画の視聴なら約33時間、
音楽ダウンロードなら約1,790曲です。

1GBだと、メール素受信は約267通、ホームページの閲覧なら約7228ページ、
動画の視聴なら約4.7時間、音楽ダウンロードなら約255.7曲となります。

このようにインターネットを普通に利用する人であればまず通信制限に引っかかる
ことはないくらい余裕のある制限基準なのです。

3日間1GBの制限でも毎日1時間動画を見ることが出来ますし、音楽も毎日10曲
以上ダウンロードできるのです。

■ワイモバイル305ZTの実際の通信速度は?

305ZTのユーザーが通信速度を計測した結果を調べてみると、池袋駅の東口
では、下り約29Mbps、上り約3.2Mbpsとなっています。

東京都内では地下鉄以外ではあまり圏外にはならず、通信が途切れることも
ほとんどなく快適に繋がるようです。

WIMAXは室内に弱いので、電波が入らないことがあるのですが、LTEは室内でも
問題なく通信が出来ます。

■WIMAXはauの4G回線を使わなければ本当に使い放題なのか?

WIMAXは公式サイトに観てみると、WIMAXの通信モードでは通信制限が
ありません。しかし、WIMAX2+とau 4G LTEには月間の通信制限があります。

ですが、「UQ Flat ツープラス ギガ放題」という料金プランならWIMAX2+も
無制限で通信が可能となります。

しかし、au 4G LTEには月間の7GBという制限があり、これにひっかかった
後ではWIMAX2+通信も月間7GBの規制の対象となります。

ですので、au 4G LTE回線を利用しなければ通信制限がかかることはありません。
しかし、通信をしているエリアの混雑状況によっては通信速度を制限されることが
あります。

また、もしau 4G LTE回線を利用して通信制限にかかったとしてもWIMAXは無制限
ですので、au 4G LTEで通信をして、制限されたらWIMAXで通信するという方法も
あります。

WIMAXでは通信制限で通信速度が落ちてしまって使い物にならないということ
にはあまりなりません。

しかし、WIMAX2+とau 4G LTEの通信量が3日間で3GBに達した場合は、
翌日にかけて通信速度を制限する場合があります。

■3日で3GBの容量制限が発動する条件はなに?

では、WIMAX以外のモバイルwifiルーターでも見られる3日で3GBの通信
制限はどのような条件で発動されるのでしょうか?

調べてみると、メールやネットサーフィン、動画、音楽ダウンロードはこれくらいの
量を利用すると制限がかかります。

メールの送受信は約801万通、ホームページは約2.168ページ、動画は
約14.1時間、音楽ダウンロード約765曲です。

3日間でこの通信量を少ないととるか多いと取るかは人それぞれですが、
インターネットヘビーユーザーでない限りは問題ないかと思います。

■通信速度はそれぞれのネットサービスにどれくらい必要なのか?

では、通信量の制限の目安が分かったところで今度は、通信速度について
お話しします。

インターネットサービスを利用するには、それぞれのサービスに必要最低限な
通信速度があります。それについて調べました。

まず、普通のホームページを開くのに必要なのは1Mbps以下の通信速度です。

YOUTUBEは低画質なら0.5Mbps以上あれば見れます。中画質では1Mbps,
高画質では2Mbps,超高画質でも3.5Mbpsあれば十分見れるのです。

動画配信サイトhuluでも通信速度は2Mbps、NHKオンデマンドでは2.5Mbps、
Gyaoでも2.5Mbpsとなっています。

また、通信速度がかなり必要というイメージのあるオンラインゲームでも高画質の
最新CGを使った作品でもこれくらいの通信速度で足ります。

FPSは1Mbps以上あれは問題ないです。ドラクエ10の公式サイトでの推奨環境は
光回線なのですが、安定さえしていれば実質2Mbps位で大丈夫です。

FF14も同じで公式サイトの推奨環境は光回線なのですが、安定していれば
2Mbpsでも問題なく楽しめます。

このように、WIMAXの公式サイトに大きく書かれている最大値220Mbpsの
高速通信は本来、ネットサービスを利用するにあたって必要のない速度なのです。

しかし、最大値はあくまでも最大値で、実際の通信速度は環境により大きく違います。
もし、通信速度が10Mbpくらいしか出なかったとしても通信には問題ないので
ご安心ください。

■家電量販店でWIMAXを購入するのは辞めておきましょう!

家電量販店では高額な料金分のポイントwp特典として、WIMAXへの加入
キャンペーンを行っているところもあります。

しかし、こうしたキャンペーンには、カラクリがあるのです。

調べてみると、毎月の利用料金に少しづつ上乗せする形ですこしづつキャッシュ
バックした金額を取り戻しているのです。

最低利用期間は2年間ですので、2年間の合計で上乗せ金額がキャッシュバック
の費用の半額以上になるシステムとなっています。

つまり、例えば50,000円キャッシュバックと謳湧得ていても実際には10,000円
前後しかキャッシュバックされないシステムになっていることがほとんどです。

家電量販店よりもプロバイダの公式サイトからオンラインで申し込んだ方が
遥かにお得なキャンペーンを利用できます。

■ヤフーwifiなら3日で1GBの制限はいまのところない?口コミ情報は?

ヤフーwifiの公式サイトをみてみると今のところ、3日間で1GBという通信制限は
あります。このような通信制御となっています。

前日までの3日間の利用通信料が839万パケット約1GB以上であれば、
当日6時から翌日6時まで丸1日のあいだ通信制御を行います。

それは、Yahoo!Wi-FI 4G/LTEでもYahoo!Wi-FI 4Gでも同じ通信制御ですので、
注意をしてください。

これは、帯域制御の運用基準に関するガイドライン」に基づいたものです。
通信回線の品質確保のためですし、ユーザーの快適な通信環境のためです。

そして、Yahoo!Wi-Fi使い放題キャンペーンの特典は月間の通信制限がかかっても
追加料金なしで制限を解除できるというものです。

ですので、通信制限はかかります。通常速度に戻す際の料金が無料になっただけで、
通信制限を解除する申し込みが必要であることには変わりありません。

通信制限の解除を申し込み端末本体から行いましょう。
では、ここから口コミの情報を見ていきましょう。

■使い放題!?ヤフーwifiの口コミは?

ヤフーwifiの通信し放題305ZTには、どのような口コミが集まっているのでしょうか?
調べた結果がコチラです。

「通信感度がほとんど良好な状態です。自宅でもオフィスでも十分電波が
入り、特に不満はありません。固定回線があるので、基本的にオフになって
いますが、別の場所ではオンにしています。
たまに電波が悪いこともありますが、ストレスを感じるほどではありません」

「通信速度は速くないけど、通信は安定しています。ping値(通信の安定性を表す
値)が少ないので、通信の反応が速くストレスがありません。
キャリアアグリケ―ション対応なのでエリアは広くて便利なのですが、アップデート
で通信が途切れてしまうことがあります」

「WiMAXから乗り換えたのですが、とても満足しています。甲信地方に
住んでいるのですが、郊外で約15Mbps、市街地では約30Mbpsという
通信速度が出ました。通信エリアも広く電波が届かなくて困ることはないです」

「ドコモ程の通信速度は出ないけど、イライラするほどは遅くないです。
操作も簡単だし、通信利用料の確認も簡単です。3日で1GBの制限が
なければさらに好評化なのですが、制限があっても問題なく利用出来ています」

このように、通信速度が遅いと感じているユーザーが多いようです。

しかし、通信制限に関してはユーザーのインターネット使用頻度によるものですので、
一概に制限がキツイかゆるいかは言えません。

しかし、普通にネットを使う程度であれば制限は気にならない程度だと思います。

■去年までは本当に無制限だった305ZT

調べを進めていると、実は305ZTは去年までは本当に無制限だったということが
わかりました。

「Pocket WiFI 305ZT」で「Pocket WiFIプラン+」に契約をしているユーザーは
月額3,696円で165Mbpsが最大値の高速データ通信を月間7GBまで使えました。

さらに「CA対応PocketWiFi使い放題キャンペーン」を併用すると7GBを使い切った
後に追加料金なしで通信ができる仕組みでした。

実質に無制限で高速通信を利用出来たわけです。このプランは人気を集めましたが、
ユーザーが増えすぎたため、高速通信が使えなくなってしまったのです。

急激なユーザーの増加により、通信料が増大したため、3日間で1GBという
通信制限が設けられたのです。

この制限が出来てから使えなくなったというユーザーも多いのですが、
制限がかからなかったら、もっと使い物にならなくなってしまうのです。
3日間で1GBの制限は必要なものなのです。

■ポケットwifiでは無制限に限界がある

ポケットwifiは無線で通信を行うので、固定回線のような通信速度も通信量も確
保することが難しいのです。

インターネットヘビーユーザーであれば、固定回線を選びましょう。
普通レベルにしかインターネットを使わない場合は、ポケットwifiでも問題ありません。

また、住んでいる場所によって、適しているポケットwifiの会社は異なります。
地域によって、通信エリアがどれだけっ整っているかが大きく違うからです。
それぞれのポケットwifiの公式サイトで通信エリアを調べてから購入するように
してください。

ポケットwifiのつなぎ方は?アパートのネット環境の整え方とは?

■アパートに引っ越後、すぐにネットを使いたい、wifiとは?

一人暮らしを始めたり、単身赴任になったりしたときに引っ越し先の
アパートで手軽にネットに繋がりたいですよね。

しかし、ネットに詳しくない人にとってネット環境を整えることは容易ではありません。
ここでは、ネットの基本であるwifiについてご説明いたしましょう。

Wifiについて調べると、wifiとは子機無線でインターネットサービスにアクセスし、
利用する機器のことをいいます。

Wifi子機と呼ばれる機器には、パソコン、スマホ、タブレット端末、ゲーム機など
があります。現在発売されている、こうした通市機器のほとんどがwifiに対応
しているのです。

wifi子機からのアクセスを受けて子機同士を接続することも有線を利用している
ネットワークと接続することもできます。

そして、これらのwifi子機をネットワークへ接続させる役割を果たすのが、
wifi親機である無線LANルーターやwifiルーターと呼ばれる機器です。

自宅の外の電線からインターネット通信回線を引いてきて自宅の中に引き入れ、
モデムと呼ばれる機器へ繋ぎます。

そして、モデムからケーブルでwifiルーターへ繋ぎ、通信を行うのです。

■固定回線からwifiを飛ばす方法

では、wifiが何かわかったところで固定回線からwifiを飛ばすには、どのように
したらいいのでしょうか?調べてみました。

まず、固定回線を契約する時にプロバイダという会社も一緒に契約します。
プロバイダとはオンターネットと通信回線を繋ぐ役割をしてくれる会社のことです。

そして、回線を家に引き、モデムからケーブルでLANルーターへとつなぎます。
この時、LANルーターは有線LANルーターであれば、LANルーターから再び
ケーブルを伸ばし、パソコンなどへ接続します。

wifiを飛ばしたいのであれば、LANルーターは無線LANルーターにしましょう。
無線LANルーターであれば、モデムからケーブルで無線LANルーターに繋がり、
電波で様々な通信機器へ繋がることができるのです。

■ポケットwifiとは?

モデルから繋がるwifiルーターですが、持ち運びが出来るポケットwifiとか、
モバイルwifiと呼ばれるものもあります。

ポケットwifiについて調べてみると、通常のwifiルーターとは違い、有線で
モデムに繋がる必要がありません。

ポケットwifiはインターネット通信を電波でキャッチし、電波でスマホやタブレット
などで飛ばす通信方法なのです。

ですので、持ち運びができ家の中などの決まった場所だけではなく、
外出先や駅のホーム、車の中でも通信が出来ます。

しかし、電波で通信を捕まえて、電波で送るので、周囲の環境に左右されやすく、
通信が安定しないというデメリットがあります。

とても手軽なのですが、地下鉄の駅間や半地下のカフェ、高層ビルの上層階、
高いビルとビルの間、山奥などの奥まった場所などでは通信が出来ないことが
多くあります。

また、通信をするためには、通信基地局という施設がある地域でしか繋がれません。
それは固定回線でも同じですが、契約をする前に、自分が住んでいる場所が
通信エリアに入っているか調べましょう。

ポケットwifiのプロバイダの公式サイトで調べられるようになっています。

■インターネットサービスをスムーズに利用するためには・・・?

ポケットwifiの中でも有名なWIMAXという会社は、最大の通信速度が
220Mbpsの端末があり人気となっています。

しかし、そもそもインターネットサービスを利用するにあたって、そこまで
通信速度は必要ないのです。

実際にインターネットのサービスを利用するのに必要な通信速度を調べました。

YOUTUBEで低画質な動画を再生するのに必要な通信速度は0.5Mbps、
中画質だと1Mbps、高画質になると、2Mbps、超高画質ですと3,5Mbps
必要になります。

また、動画サービスを提供してくれるサイトではhulu2Mbps、NHKオンデ
マンドでは、2.5Mbps、Gyaoでも2.5Mbps以上という結果でした。

通常の画像が貼ってあるサイトを閲覧するには、1Mbpsあれば十分です。
つまり、超高速通信である220Mbpsは必要ないのです。

また、通信環境によって速度は大きく変わりますので、最大値が
220Mbpsでも、100Mbps以下の通信速度しか出ません。

■モバイルwifiルーターを使えば工事なしで使える?

モバイルwifiルーターを使えば工事なしでもインターネットを始めることが出来
ます。ここでは、UQ WIMAXという会社のモバイルwifiルーターの始め方を
ご紹介しましょう。

公式サイトによると、UQ WIMAXは回線工事なしで通信端末が届いたその日に
インターネットを使えるようになります。

公式サイトからオンラインで申し込みをしてWIMAXの端末を購入します。
はやければ即日WIMAXを利用することができるようになります。

固定回線の場合は、申し込みをする前に引っ越し先での回線設備を確認し、
引っ越しをしてから引っ越し先で新しい回線の設置工事をして利用可能となります。

申し込みから利用できるようになるまで2週間~1ヶ月間の期間がかかります。
モバイルwifiルーターの方が遥かにスムーズに通信できるようになるのです。

引越しの先も面倒な手続きや工事は一切必要なく、そのままで新しい自宅でも
使うことが出来ます。

■契約に必要な書類などはなにがある?

契約には書類や印鑑などが必要となるのでしょうか?
引き続きUQ WIMAXの公式サイトで調べました。

UQ WIMAXは口座振替とクレジットカードでの支払いが可能となります。
ですので、口座振替の場合は本院確認書類のコピーが必要です。

しかし、クレジットカードでは本人確認書類は必要ありません。
クレジットカードの情報の入力が必要となります。

同じWIMAXでもプロバイダによって必要なものは違います。

とくとくBBの場合は、クレジットカードでの支払いのみとなります。
契約にクレジットカードの情報を入力するのは必須です。

Broad WIMAXの場合は、口座振替とクレジットカード、2つの支払い方法から
選ぶことが出来るのですが、クレジットカードの場合はカード情報が必要となります。

口座振替の場合は、本人確認の連絡が専門スタッフからありますので、
用意するものはありません。

■WIMAXの実際の口コミは?

では、WIMAXのユーザーの実際の口コミにはどのようなものがあるの
でしょうか?調べてみました。

「Speed Wi-Fi NEXT WX01」というWIMAX2+とWIMAXの通信モードが使える
端末についての口コミです。

「3日間で3GBという通信料の制限があると、1ヶ月間で30GBしか通信が
できません。少しお粗末な印象を受けました」

「神奈川県川崎市で使用したところ、通信速度は下り16.2Mbps、上り3.1Mbps
という結果でした。通信制限がありますが、自分はインターネットをそこまで頻繁に
やらないので、問題ないです。

また、通信速度も不便には感じていないのですが、220Mbpsというセールス
ポイントはなんだったんだろうと思います」

「9割がたは問題なく使用できるのですが、3日に1回くらい突然回線が
遮断されて、端末やPCが使えなくなります。端末を再起動すると元に戻ります」

このように、インターネットを頻繁に利用する人にとっては物足りなく、あまり
利用しない人、普通の頻度でしかインターネットをやらない人には問題なく
通信環境と言えます。

通信速度が最大値よりはるかに遅いのですが、ネットサービスは5Mbpsという
通信速度でも十分動画も観れて、オンラインゲームも出来ますので、通信には
影響ありません。

また、WIMAXには通信制限と言って、3日間で3GBの通信制限があるので、
事実上、月間で30GBまでしか使うことが出来ません。

■それぞれのモバイルwifiルーターの通信制限について

では、モバイルルーターには通信制限があるのでしょうか?
調査の結果がコチラです。

ヤフーwifiは月間の通信制限が無制限の305ZTという端末のプランもありますが、
303HWの場合は月間7GBまでという通信制限があります。

とくとくBBのWIMAXギガ放題は制限がありません。
@nifty WIMAXにもギガ放題プランがあるので月間の制限はありません。

このようにモバイルルーターには無制限のものと月間の制限があるものがあります。
同じ会社の端末でもプランなどによって違いますので、注意をしましょう。

■モバイルwifiルーター(ポケットWIFI)の種類はLTEとWIMAX

モバイルWIFIルーターには2つの種類があります。LTEとWIMAXです。
ここでは、2つのモバイルwifiルーターには、どのような違いがあるかを
ご説明いたしましょう。

それぞれのモバイルwifiルーターについて調べてみました。
まずは、LTEのモバイルルーターからです。

LTEのモバイルルーターはキャリアアグリケ―ションと言って2つの周波数の
電波を束ねてデータを送受信する携帯ネットワークの技術のことです。

2つの異なる周波数を合わせることにより、通信速度があがり、安定して
高速な通信ができるようになったのです。

キャリアアグリケ―ションを採用したLTEモバイルwifiルーター、305ZTの通信
速度の最大値は165Mbpsです。

月額の利用料金は3,696円、初期費用は3,000円です。

つづいてはWIMAXの説明です。このような特徴があります。

WIMAXには月間の通信制限がありません。ですので、インターネットを
毎日、思いっきり楽しみたい人、仕事などでネット環境が必要な人には
通信制限を気にする必要がないので安心です。

しかし、LTEが2種類の周波数で通信するのに対して、WIMAXは1種類の
周波数で通信をします。

1種類の周波数しかなく高速な通信をするために建物の外壁などにぶつかって
しまい、室内での通信が不安定になったり、繋がらなかったりします。

しかし、屋外で開けている場所では高速の通信ができます。

LTEは通信に柔軟性があるので、室内でも携帯のようにしっかり繋がります。
しかし、屋外の開けている場所でもあまり通信速度は上がりません。

■LTEとWIMAX、それぞれの実際の通信速度は?

LTEとWIMAX、それぞれの通信速度にはどれくらいの差があるのでしょう。
2つのモバイルルーターの通信速度について調べました。

全国50地点で調べたサイトによると、WIMAXの通信実際の速度は全国平均で
下り約22.3Mbps,上り約4.5Mbpsという結果だったそうです。

下りの通信速度は十分出ていて問題がないのですが、上りは少し心細い結果です。
通常のサイトをみるのには1Mbps以下で十分で、高画質の動画も2Mbpsあれば
いいのですが、超高画質動画になると4Mbps前後、必要となります。

超高画質動画では少し心細い結果となってしまいました。

一方のLTEは全国50地点の平均通信速度が下り約25.2Mbps、上り約8Mbps
となっています。

特に仙台と東京の下りの速度では仙台約28Mbps、東京約27.2Mbpsと
30Mbps近い通信速度となります。

通信速度は上り・下り共に安定していて、通信がスムーズに出来る環境と
考えられます。

■モバイルwifiルーターを使ったことがない約40%の人が利用を検討

これだけ、全国的に通信環境が整っているモバイルwifiルーターですが、
調べてみると、まだまだ利用したことがない人も多くいます。

モバイルwifiルーターを利用したことがない人・1,000人に対して行った
アンケートを見てみると、40%の人は利用料金がやすくなったら、利用して
みたいと返答しています。

また、自宅の固定回線の代わりにモバイルwifiルーターを利用することを
考えたいと返答した人はそのうち、3分の1にまでのぼりました。

自宅の固定回線の乗り換えの選択肢として、ある程度認知されていることが
分かります。

■LTEのデメリットは何?

では、日本全国平均の下りも上りも通信速度が速かったLTEですが、
デメリットはなんなのでしょう。

調べてみると、2つのデメリットがあることが分かりました。

まず、LTEでは月間の通信制限がある端末があります。
WIMAXにはすべての端末で通信無制限のモードが使えるのです。

LTEにも無制限プランはあるのですが、常にそのプランがある訳ではなく、
キャンペーンで行われる定期的に出てくるプランです。

そして、もう一つのデメリットは契約から2年が経過すると、通信が
無制限ではなくなってしまうことです。しかし、契約更新月に解約を
すれば解約金も無料ですし、問題ないです。

LTEにもWIMAXにもデメリットがあります。ユーザーの利用環境に合わせて
どちらのモバイルwifiルーターにするかを判断してください。

据え置きタイプのモバイルwifiルーターはWIMAXで契約できる?

■家のフレッツ光をWIMAXに置き替えたい。据え置き型タイプのルーターって契約できますか?

フレッツ光は公式サイトで見てみると、利用料金はこのような金額でした。

家で固定回線のフレッツ光を契約している場合、毎月の利用料金が
戸建てタイプで実質4,600円、プロバイダ料金が500円~、合計で
5,100円~となっています。

最低利用期間は2年間ですので、2年間の利用料の合計は122,400円となります。
これに回線工事費などの初期費用、解約の場合は回線撤去費などがあるのです。

また、契約更新月以外で解約をすると戸建ての場合、契約解除料9,500円が
かかります。

できれば、インターネットの利用料金はもっと安く済ませたいですよね。
WIMAXについて公式サイトで調べてみると、据え置きタイプはないですが、
クレードルと呼ばれる機器を使って、通信することができます。

クレードルとは、モバイルルーターなどの携帯型通信機器のためのスタンドです。
拡張機器ですので、本体を添えるだけで通信接続が出来るのです。

また、LANケーブルでパソコンとつなぐ有線接続が可能となります。

つまり、クレードルに置いてケーブルでパソコンと繋ぐと有線接続になり、
クレードルから外して使えば、本来の無線接続になるのです。

WIMAXでクレードル付きのものに乗り換えた場合は、どうなるのでしょうか?

「とくとくBB WIMAX」ならキャンペーンでWIMAX2+の端末代、専用クレードル代、
端末到着月の月額の利用料金が無料となります。

事務手数料が3,000円、端末送料とGMOとくとくBBへの入会費が無料、月々の
利用料金は「ギガ放題プラン」の場合・・・

初月無料、1ヶ月目~2か月目まで月額3,609円
3ヶ月目~24か月目まで月額4,263円
25か月目以降は月額4,849円
となっております。

2年間の利用料の合計は総合的な費用の合計は100.914円です。
これに初期費用3,000円がかかります。

2年間の合計だけでも20,000円以上の節約になります。
また、キャッシュバックで20,000円以上もお得になるので、
フレッツ光の解約料と回線撤去工事費が取り戻せます。

■とくとくBB WIMAXの実際の口コミは・・・?

では、実際にとくとくBBを利用している人たちの口コミを見てみましょう。
どのような利用環境なのでしょうか。調べてみました。

「WIMAX2なのでどこのプロバイダでも差がなく同じですね。
普通に使えているので問題ないです。

サポートを受ける機会もないので、特にサポートについて不満は
ありません。月額と通信速度は妥当だと思います」

「日中は通信速度が速くてネットに繋がるのがスムーズなのに、夜間は遅い
という状況が続いていましたが、最近夕方から深夜にかけて高速になりました。

月額の利用料は確かに安いですが、キャッシュバックのお知らせメールが
いつ来るか分からないので、緊張しました。サポートはメールだとキチンと
回答いただけます」

「通信速度には特に不満はないのですが、サービスが本当に最低限です。
キャッシュバックなども分かりづらく、サービス・対応には不満が少しあります」

このような口コミが寄せられていました。

また、場所によっては通信速度が1Mbpsも出ないとか言う口コミもあり、無線通信
ですので、利用する場所がWIMAXに適しているかどうかの事前チェックはして
おいた方がいいと思います。

UQ WIMAXの公式サイトをみてみると、サービスエリアというページがあり、
自分の住んでいるエリアが通信エリアに適しているか確認が出来ます。

■クレードルは無線LANのアクセスポイントになる!

クレードルは充電しながら有線接続できる機器ですが調べてみると、
他にも役立つポイントがありました。

それは、無線LANのアクセスポイントになるのです。

例えばホテルなどで有線LANが利用できる場合、パソコンはそのまま
接続できますが、スマホやタブレットは繋がることが出来ません。

しかし、WIMAXとクレードルがあればクレードルで有線LANと接続することにより、
無線通信をスマホやタブレットに飛ばせるようになるのです。

クレードルは家の中だけではなく、外出先や外泊先でも役に立ちます。

■クレードルのデメリットは何?

調べてみると、クレードルの最大のデメリットは持ち運ぶのに、邪魔になることです。
しかし、旅行用のトランクなどに入れてしまえば、気になりません。

これ以外にはクレードルにはこれと言ってデメリットはないのです。

また、クレードルは有線接続であって、有線回線になる訳ではないので、
通信速度が劇的に速くなることはありません。

そして、「URoad-Home2+」というホームルーターもあります。
こちらはWIMAX唯一の据え置きタイプの通信機器です。

■Uroad-Home2+とSpeed Wi-Fi NEXT W01(クレードルをつけた場合)の実際の速度の口コミは?

「URoad Home2+」と「Speed Wi-Fi NEXT W01」にクレードルをつけた場合、
この2つの実際の通信速度の口コミはどのようなものがあるのでしょうか?

口コミの調査結果はこのようになりました。まずは、「Uroad Home2+」からです。

「本体がイメージよりも薄く場所を取らないです。ホームルーターの
大きさくらいです。通信速度はとても速いです。

説明書が分かりやすく素人でも簡単に機能設定ができました。
しかし、有線LANを2つさせる仕組みは使わないと思います」

「使い始めて半年経ちますが、一度急にネットに繋がらなくなったけど、
サポートも丁寧にしてくれました。

今は安定して使うことができています。据え置きならこの大きさで
ちょうどよいと思います。うちでは通信速度が下り約33Mbps、
上り約4.2Mbpsくらいの速度で動画も問題なく観れています」

■WIMAXのモバイルルーターの口コミは?

「Speed Wi-Fi NEXT W01」の口コミはどのようなものがあるのでしょうか。
調べてみました。

「屋外や木造の家の中では通信が安定していていいのですが、ビルの中、
地下鉄ではほとんど繋がりません。クレードルをつけても外しても同じです。

ビジネスユースにも使えるとサイトに記載されていましたが、難しいです。
見た目や操作性は問題ありません。また説明書がたくさんあって分かりづらいです」

「正直、デザイン以外に利点が見つかりません。通信速度が安定しないです。
通信が出来ない場所が多すぎます。繋がる場所でも通信速度は平均的です。

また、端末の発熱がひどく、ルーター単品の時はカバーをしないで利用しています。
クレードルのほうは発熱は気になりません」

このように、URoad Home2+の方が高評価でした。
Speed Wi-FI W01は通信できるところが限られているようです。

■それぞれの通信機器の特徴は?

では、2つの通信端末の特徴をおさらいしましょう。
公式サイトで調べた結果がこちらです。

「URoad-Home2+」はWIMAX2+、WIMAX2つの通信に対応している
ホームルーターです。

外付アンテナを採用しているのでモバイルルーターよりもつながりやすく、
同時に通信できる機器は18台でうち2台は有線LAN、16台は無線LANです。

電源はACアダプタのみです。

「Speed Wi-Fi NEXT W01」は、WIMAX2+とau 4G LTEの通信モードが利用可能と
なっています。同時に繋がれる機器は10台までで、WIMAX2+では約8時間、
au 4G LTEでは約7時間20分連続通信が可能となっています。

■「URoad-Home2+」のメリット・デメリット

「URoad-Home2+」のメリットとデメリットには、どういったモノがあるのでしょうか?
ここでは、メリットとデメリットについて調べてみました。

まず、メリットは2本の角のようなアンテナを好きな角度に構成して電波の
キャッチをしやすくできます。

しかし、使用環境によって電波の状況が大きく変わるので、アンテナの角度を
変えただけでは通信しやすくなるという確証はありません。

また、先ほどもお話ししたように2本の有線接続と、同時に18台の機器と通信
できるというメリットもあります。

また、持ち運びできないのが最大のデメリットとなります。外出が多い人なら
モバイルルーターの方が使用頻度が高く向いていますね。

そして、固定回線代わりに「URoad-Home2+」を選ぶ人がいるのですが、高速の
通信環境が欲しい場合や、安定した通信を必要とするオンラインゲームや動画
閲覧には不向きですのでおススメできません。

■オンラインゲームを据え置き型ルーターでできてる人はいる?

オンラインゲームは据え置き型のルーターでもプレイできるのでしょうか。
調べてみると、こんなことが分かりました。

まず、オンラインゲームをするのに必要な通信環境はブロードバンド回線並みの
通信環境です。

インターネットの通信環境には、ブロードバンドとナローバンドがあります。

ブロードバンドは高速インターネット回線、ナローバンドは低速インターネット回線です。
通信速度が1Mbps以上出ていればブロードバンド回線と呼ばれます。

スムーズにオンラインゲームをするにはブロードバンド回線が必要不可欠と
なります。しかし、最近モバイルルーターなどでも販売されている超高速通信で
なくても、十分オンラインゲームは楽しむことができるのです。

オンラインゲームに必要なのは1Mbps~3Mbps程度と言われています。
しかし、通信速度よりももっと重要なのは通信の安定性です。

通信の安定性はping値と呼ばれているのですが、このping値は高すぎない
方が通信が安定するのです。ping値は50ms以下であれば通信は安定します。

ホームルーターは通信をキャッチするアンテナがあるので、モバイルルーター
よりも通信が安定しやすいのです。

ですので、最大220Mbps出る最新のモバイルルーターよりもホームルーターの
方がオンラインゲームにあっていると思います。

では、据え置き型ルーターでオンラインゲームを実際にしている人の口コミを
みてみましょう。「URoad-Home2+」の場合はこちらです。

「通信速度が下り約33Mbps、上り約4.2Mbpsくらい安定して出ます。
動画でも問題なく観られます」

通信速度は3Mbpsでていればいいので下り、上りともに十分です。

「本体に2本の有線LANを繋げるので、オンラインゲームをする時に有線
接続出来て便利です」

無線で電波を飛ばして機器へ通信するよりも有線接続の方が通信が安定
しやすいので、オンラインゲームにあっています。

■対戦型オンラインゲームは据え置き型のWIMAXルーターなら遅延なし?

オンラインゲームの中でも人気の高い対戦型ゲームは据え置き型の
WIMAXルーターなら遅延はないのでしょうか?

先ほどの口コミにもあるように通信速度が1Mbps以上出ること、有線接続も
可能なので、通信が安定しやすいことから遅延が起こる可能性が低いと
思います。

しかし、実際のユーザーの体験談では10分に一度くらいちょっとしたラグが
発生するということです。

ストレスに感じるほどではないけれど、遅延が全くないというわけではないのです。

オンラインゲームに適している環境は固定回線のような安定している通信
環境です。オンラインゲームの種類に関係なく、公式サイトでは光回線での
プレイを提案していることが多いです。

■WIMAXのモバイルルーターではオンラインゲームは出来る?

調べてみると、オンラインゲームを行うためには、プレイしている間ずっと
通信が安定していることが条件です。

また、頻繁にデータの送受信をするので、携帯キャリアのデータ通信のような
月間の通信制限があるのは向いていません。

WIMAXなら無制限で通信が出来るので、固定回線程ではないのですが、
長時間の接続にも対応できます。

オンラインゲームは種類によって、必要な通信環境が違います。

ですので、全てのオンラインゲームがWIMAXで出来るかといれば、NOなのですが、
基本的にはオンラインゲームをすること自体は問題ありません。

■WIMAXでもできるオンラインゲームは?

WIMAXは他の通信手段よりも応答速度があまり良くないと言われています。

応答速度とは、ネットワーク上で信号を発して、その信号に対する
サーバなどからの反応をもらうまでにかかる時間のことを言います。
これは通信の安定性の単位ping値で数値化されるのです。

格闘ゲームやファーストパーソンシューティングゲーム、動きの激しい
ゲームなどにはおすすめできません。

オンラインのトランプゲームやマージャンなどは、問題なくスムーズに
プレイできます。通信データ量が少ないためです。

また、WIMAXのルーターの電池残量に注意をしながらプレイをしましょう。

インターネットを始めたい!工事なしのwifiってどんなものがある?

■初めてパソコンを購入。インターネットを始めたいけど面倒

初めてパソコンを購入して、とても嬉しいけれど、インターネットの
契約って、よくわからないし、かなり面倒なものです。

さまざまなインターネット回線の会社があり、プロバイダという言葉も
聞きなれないので、どうしていいか悩んでしまいますよね?

ここでは、まずインターネットを使い始めるのに必要なものを
ご紹介していきましょう。

まず、インターネットからの通信を担ってくれる通信会社と契約を
しなければなりません。

インターネットの通信会社にはフレッツ光やauひかりなどの光回線、
ケーブルテレビなどの地域の通信会社などがあります。

これらの通信会社とインターネットの架け橋をするのがプロバイダ
なのです。

つまり、インターネットに繋がるためには通信会社とプロバイダ、
両方と契約をしなければならないのです。

通信会社によって、対応しているプロバイダはちがいますので、
それぞれの会社の公式サイトをチェックして対応プロバイダの
中から、自分に合っている会社を選びましょう。

基本的にセットで契約をするのですが、解約をする時はバラバラに
解約手続きをしなければなりません。

また、契約から2年以内に解約をすると違約金が発生します。
このシステムはスマホと同じですので、馴染みがあるかと思います。

インターネットに契約するって、実はかなり手間がかかるのです。

■フレッツ光は家に工事が入るらしいけど穴とか開けられる?

光回線の中でももっとも人気のある会社がフレッツ光なのですが、
回線を設置するには工事が入ることになります。

その工事は、外の電線の中にもともと入っているフレッツ光の回線を
延長して家の外壁に穴をあけて、そこから延長して来た回線を家の
中へと引き入れるというものです。

穴自体は直径20cm以下なので小さいのですが、外壁に穴をあける
工事なので、賃貸の場合は大家さんへの断りが必要となります。

また、この工事はフレッツ光以外でも固定回線の会社ならどこでも
行う工事ですので、固定回線=穴をあける工事があると頭に入れて
おきましょう。

また、引越の際は回線の撤去工事があります。
家の中に引きいれた回線を外して外壁の穴を埋めるのです。

■フレッツ光以外の光回線はどんなものがある?

光回線=フレッツ光というくらい有名なのですが、実はauひかりという
回線もあります。

KDDIグループが提供する光ファイバー使用の通信です。

通常の光回線に比べて10倍もの通信速度が出るので、高い注目を
集めています。

最大の通信速度は1Gbpsで、「ギガ得プラン」というプランに加入
すると使用可能となります。

料金の引き下げや各種サービスにも力を入れており、高い満足度を
実感できる通信会社です。

では、このauひかりを実際に使っている人の口コミを見てみましょう。

・実際の通信速度が大きく違う

auひかりは、1Gbpsという超高速通信を提供しているのですが、
実際の通信速度はプロバイダや通信環境によって、大きく違ってきます。

しかし、100Mbpsを超える時もあるので、高速であることには変わりないです。
実際に使ってみると1Gbpsも110Mbpsも体感速度はほとんど変わらない
ように思います。

このように、高速な通信ではあるけれど最大の1Gbpsは出ないという
口コミを多く見かけました。

実は、ネットサービスを全て利用するのに必要な通信速度は5Mbps
程度なのです。

1Gbpsはネットを使って仕事をしている人、動画再生を1日中している
人のようなごく限られた人しか必要としない通信速度です。

一般的なユーザーは50Mbpsも出れば満足できるので、最大の通信
速度はあまり気にしないでサポートなどで決めましょう。

KDDIは大手の会社ですし、サポートセンターの電話も繋がりやすく
対応が速いことでも定評がある会社です。

また、料金システムも分かりやすいという声が多くあがっているので、
初めてのインターネット環境として、おススメです。

■工事なしでインターネットを始めるには・・・?

外壁に穴をあけるのに抵抗があるという人はとても多く、「出来れば工事
なしでインターネットを始めたいんだけど」と悩んでいる人も多くいます。

最近は、モバイルルーターと呼ばれる持ち運べる通信機器が発売されています。

通常は回線の中を通って、インターネット通信をするのが、固定回線
ですが、モバイルルーターは電波でインターネット通信を飛ばすので、
面倒なてつづきも一切ひつようありません。

手軽に始められるインターネットということで、一人暮らしの若者に
とても人気となっているのです。

■フレッツ光+wifiルーターってどうやって環境をつくったらよい?

フレッツ光にある光ポーダブルLTEは、どうやって環境をつくるのでしょう?

まず、フレッツ光のポータブルLTEを利用するには条件があります。
それは、フレッツ光またはコラボ光に契約をしていることです。

コラボ光とは、現在行っているドコモ光、ソフトバンク光といった
フレッツ光と携帯会社のスマホをセットで購入することでお得になる
というプランです。

フレッツ光か、コラボ光どちらかに加入している状態でないと
光ポータブルLTEは利用できません。

一般的はモバイルルーターはモバイルルーターの通信端末自体が
インターネットと繋がる仕組みになっているのですが、光ポータブル
LTEは、少し違います。

フレッツ光の回線と繋がって、フレッツ光の回線を通ってインターネットに
繋がる仕組みになっているのです。

つまり、光ポータブルLTEは単独ではインターネット接続が出来ないのです。
だからこそ、月額300円という破格ともいえる安い料金で使えるのです。

通常のモバイルルーターは月額の利用料が2,000円~4,000円くらいと
なっています。

光ポータブルLTEを利用したい場合は、まずフレッツ光かコラボ光と
契約をしましょう。

■インターネット素人が簡単に工事なしでwifiでネットを始める方法

では、フレッツ光やコラボ光などがいまいちよくわからないインターネット
に関する知識ゼロの素人の場合は、どうしたらいいのでしょう?

おススメなのは、モバイルルーターを契約することです。

オンラインでプロバイダの会社から直接契約することが出来て、
申し込みから数日、はやければ翌日に発送され、自宅まで
通信端末が届きます。

通信端末に数分で済む設定をするだけですぐに使い始めることが
出来るのです。

インターネット初心者であまり通信量が多くない場合は、モバイルルーターの
通信制限にも引っかかる心配はありません。

モバイルルーターはスマホと同じように月間7GB、直近3日間で1GBと
いう通信制限が設けられているのですが、スマホを使っていて、通信
制限の忠告メールなどが届いたことがない人なら、問題なく利用できます。

■モバイルルーターを発売している会社の種類は?

モバイルルーターは、DOCOMOやソフトバンクなどのキャリア会社と、
モバイルルーター専用の会社から発売されています。

通信速度が出たり、通信エリアが広く安定性が高いのは、キャリアの
会社のモバイルルーターなのですが、通信制限があります。

一方、モバイルルーター専用の会社のモバイルルーターには通信制限が
ない料金プランもあるのです。

利用する頻度に合わせて会社を選びましょう。

また、モバイルルーターの公式サイトを見てみるとWIMAXでは最大220Mbps、
光ポータブルLTEでも100Mbpsの通信速度が出ると記載されています。

しかし、実際に利用したユーザーの口コミを見てみると、
数十Mbpsくらいしか出ていないのです。

これは、モバイルルーターが無線での通信であるため、建物に電波を
妨害されて通信速度が落ちたしまったり、通信基地局と呼ばれる通信を
する施設が遠かったりで、起こる速度のばらつきなのです。

モバイルルーターにとって、理想的な環境であれば、記載通りの220Mbps
や100Mbpsは出るのですが、現実的にはそうはいきません。

そして、先ほどもお話ししたようにネットサービスをすべて利用するのに
必要な通信速度は5Mbpsくらいですので、超高速の通信速度が出来ら
なかったとしても問題はありません。

■複数の通信モードが使えるモバイルルーターは?

通信が無制限で出来るWIMAX、高速通信が出来るWIMAX2+、そして、
安定した高速通信が出来るau 4GLTE、この3つの通信モードが使える
モバイルルーターが「HWD15」というWIMAXの通信端末です。

このモバイルルーターは、3つの通信モードを切り替えることで、地下でも
高層ビルの最上階でも、スムーズに通信をすることができるのです。

しかし、通信モードを切り替える時に、じかんがかかるので、その間は
通信が出来なくなります。

とても便利が機能なのですが、このタイムロスを嫌って、ほとんど通信
モードを切り替えないという人も多いようです。

仕事柄、地下や高層ビルなど、高低差が激しいところで通信をされる方、
ネットで動画などをよく見る方は、通信モードを切り替える利便性を生かせます。

また、通信モードを切り替えても通信速度があまり変わらないところも
あるので、インターネットに詳しくない場合は、1つの通信モードの
モバイルルーターの方が混乱せずに済みます。

初めてのモバイルルーターはシンプルなものを選びましょう。

■WIMAXなどのモバイルルーターが流行っているけど、スマホのデザリングってなに?

最近は、インターネット環境は手軽さが受けてWIMAXなどのモバイル
ルーターを選ぶ人が増えてきています。

LTE通信という次世代通信に対応しているモバイルルーターも登場し、
通信環境はとても進化していますね。

しかし、月額の利用料金を支払うのに抵抗を感じる人も少なくありません。

特に自宅に固定回線を所有していて、追加のネット環境が欲しい場合は、
出来れば、無料か格安で通信を確保したいですよね。

スマホには、デザリングという機能があります。この機能は、スマホに
もともと内臓されている機能で、モバイルルーターと同じ役割をして
くれるのです。

外出先でノートパソコンを使いたい時やタブレットを使いたい時に、
スマホのデザリング機能を使えば無料や格安で簡単に通信できます。

ですが、当然スマホ単体しか所有していない人にとっては、不要な
機能なのです。

ノートパソコンや、タブレットなどの他の通信機器を持っていて
初めて成立することです。

また、デザリングはスマホの電地をかなり消耗してしまいます。
長時間の連続通信はできないでしょう。

このことを考えると、利便性が高いのはモバイルルーターです。

■デザリングでwifiする限界について

では、デザリングでの通信はどれくらいの時間できて、どれくらいの
通信速度がでるのでしょうか?口コミを見てみましょう。

まず、通信速度は通信速度を測定してくれるサイトで調べたところ、
LTE通信のスマホのデザリングでも5.611Mbpsでした。

同じ場所でWIMAXで通信速度を測定してみると、6.557Mbpsという
結果でした。約1Mbpsくらいの差ですので、速度では大きな差はありません。

しかし、通信の安定性を見てみると、WIMAXの通信は安定しているのに、
テザリングでは、スピードが安定せず、サイトを開いていると通信が途切れて
電波を探す時間がかかることもあるようです。

またバッテリーではテザリングは約4時間くらいしか持たないのに対して、
WIMAXは9時間くらい持ちますので、1日中利用できます。

テザリングとモバイルルーターは通信速度では差がないのですが、
通信の安定性、バッテリーで大きく差が出てきます。

■スマホを安い料金プランにして、WIMAXを購入した方がいい?

スマホを安い料金プランに変更をして、節約したお金でWIMAXや
LTEなどのモバイルルーターを購入するのが、通信費が安くなって
いいのではないでしょうか。

料金を安くして通信環境も整えるためには、この方法がイイのです。
ヤフーwifiなどの無制限で高速通信LTE対応のモバイルルーターもあります。

キャリアアグリケ―ションという2種類の電波を使って、通信する方法であるため、
高速で安定した通信が出来ます。

■無料じゃないデザリングもある?!

デザリングは無料というイメージがあるかと思いますが、実は料金が
かかる通信会社もあるのです。

ここでは、どの会社が通信会社をご紹介しましょう。

DOCOMOのデザリング料金は定額パケットサービスを利用していないと
通信料がかかることがあります。

また、デザリングを利用して、別端末で通信をした場合にも通信料がかかります。
また、SoftBankは追加料金として525円が必要となります。

パケットし放題を利用していない場合は、通信料がかかります。
また、auのデザリングにも500円の利用料金が必要となるのです。

■デザリングに向いているスマホは?

デザリングを利用する時の注意点はいくつかあります。

まず、通信速度と通信上限については先ほどお話ししましたが、通信速度が
あまりでないことを考えるとLTE通信であることが最低条件となります。

DOCOMOの最新端末か、iphone5辺りが無難でしょう。

モバイルルーターもスマホデザリングも場所や時間帯によって、
通信速度が大きく左右されてしまいます。

スマホでのデザリングをまずは、試してみて、それで通信環境が
たりないなと思ったら、WIMAXなどのモバイルルーターを購入する
ことを検討してみてください。

また、街中には公共無線LANスポットと呼ばれる無料で使える通信
サービスがあります。

また、引越の頻度が多い人は、固定回線には向いていません。

モバイルルーターのみや、デザリング機能のみというインターネット
環境を選ぶようにしましょう。

そして、モバイルルータ専門のレンタル業者もありますので、引越し前後の
期間だけ、レンタルするという方法もあります。

1日単位でレンタルできる業者がほとんどですので、活用してみてください。
インターネット通信の方法は多種多様化しているのです。