インターネット契約もパソコンも初めて。何から始めればいい?

■パソコンを初めて購入、インターネット契約も初めて。何から始める?

・パソコン・インターネットを始める手順
・注意をするポイントは?

パソコンを初めて購入し、インターネットを契約しようとすると何から
手を付けていいか分からず、困惑しますよね。

ここでは、初心者の方にでも分かりやすくパソコン・インターネットの
始め方をご説明いたします。ますは、インターネットについて調べました。

まず、インターネットを始めるには通信回線業者とプロバイダとの契約が必要と
なります。通信回線だけではインターネットに接続できないのでプロバイダと
呼ばれる会社に架け橋になってしまう必要があるのです。

通信回線で今人気なのはフレッツ光なのですが、通信回線によって対応
しているプロバイダが違います。

回線業者の公式サイトでプロバイダと同時に契約をしましょう。

申込をして、住んでいる地域や建物がフレッツ光に対応しているか審査を
受けた後、契約となり、自宅に回線を設置する工事をしてインターネットが
使えるようになります。

申込から実際にインターネットが使えるようになるまで2週間~1ヶ月かかります。
フレッツ光以外の通信回線でもほとんど同じくらいの期間がかかるのです。

しかし、最近はモバイルwifiルーターと言って、申し込みから数日後に通信が
出来るようになる携帯型の通信機器があります。

モバイルwifiルーターですと工事も手続きも必要なく、手軽に始めることが
できるので、インターネット初心者にも安心ですよ。

パソコンを購入するのはインターネット環境が整ってからにしましょう。

インターネットの通信回線とプロバイダを決める時に注意をするポイントは、
「適応している地域や建物かどうか」「料金は自分に合っているか」の
2つのポイントです。

まず、適応している地域や建物でないと、その通信業者のサービスを受ける
ことができません。また、同じ通信業者でもさまざまなプランを用意しているので、
自分の毎月の通信量、収入にあったプランを選択しましょう。

■固定回線を契約する場合の費用は?

・集合住宅プランは部屋数によって月額が違う!
・解約金と最低利用期間に注意しましょう

では、インターネットを始めるにはどれくらいの費用がかかるので
しょうか?しらべてみました。

自宅は集合住宅である場合、集合住宅の戸数が少ない方が料金が高くなり、
戸数が多い方が料金が安くなります。これは、集合住宅は、通路や階段などの
共同スペースまでは1本の回線で通信していて、各部屋へと回線が分かれて
いくためです。

もともと1本の回線の料金をみんなで割り勘する仕組みなのです。分かれていく
部屋の数が多ければ多いほど、1人1人が負担する料金が安くなるのです。

同じフレッツ光の集合住宅プランでも16部屋以上ある建物では、月額3,450円
4部屋以上8部屋以下の建物では月額4,450円となっています。

戸建てタイプは料金プランによって、月額に違いが出るだけです。
フレッツ光4,600円+プロバイダ料金500円~で月額5,100円~となります。

そして、月額利用料金とは別途で初期費用がかかります。
集合住宅では15,800円、戸建てでは18,800円です。

また、どちらのタイプの場合でも「にねん割」が適応されますので、契約から
2年内に解約をする場合は、戸建てタイプなら9,500円、集合住宅タイプなら
1,500円の契約解除料金が必要となります。

■パソコンは家電量販店では購入しない方がいい?

・家電量販店は経費分料金が上乗せされている
・通販ならその心配がないのでお得!

家電量販店と通販サイトでは、どちらでパソコンを買った方がいいのでしょうか。
調べて結果、通販サイトの方がお得ということが分かりました。

家電量販店は店舗の家賃や人件費、店舗自体の電気代など、さまざまな
経費がかかってしまいます。

経費の分どうしても商品の料金に上乗せすることが必要になるため、少し高く
なります。一方、通販サイトなら店舗の経費はかからず、人権費も家電量販店
ほど必要ではないので、商品に上乗せする料金が少なくて済むのです。

パソコンは通販サイトで購入しましょう。

■契約時の通信業者の公式サイトをプリントしておきましょう!

・イザという時のために備えておいてください

通信業者の公式サイトはキャンペーンが変更すると、サイトの内容が変わって
しまいます。ですので、契約時の公式サイトをプリントして、保存しておいてください。

契約期間は2年間もあるのです。トラブルが起きないという保証はありませんので、
イザという時のために2年間保存しましょう。また、契約前に料金や契約内容を
しっかり確認してください。

■引っ越したマンションにフレッツ光導入済みと記載、どういう意味?

・導入済みなら回線工事はいりません
・プロバイダの料金が無料な場合もある!

調べてみると、マンションに「フレッツ光導入済み」とある場合は、各部屋
までフレッツ光回線が開通されている状態ということです。

普通、インターネットを始める時は自分の住んでいる住宅や場所が希望する
インターネット回線の業者が対応できる地域か調べてから申し込みをして、
プロバイダ・回線契約をし、回線工事をしてインターネットを使えるようになります。

しかし、「フレッツ光導入済み」の場合はこの工程が必要なくあらかじめ部屋に
LANコンセントがあるので、フレッツ光に申し込みをするだけですぐにインター
ネットを使うことが出来るのです。

そして、一番うれしい特徴は料金が通常よりも安いこととマンションが入っている
プロバイダに入れば、料金が必要ないことがほとんどというポイントです。

プロバイダは毎月の料金が500円~ですので、2年間で12,000円~も
節約になります。また、解約金が不要なマンションもありますので、大家さん
に確認をとりましょう。

■マンションに入っているプロバイダに入るのは必須ではない。

・回線は選ぶことが出来ない
・プロバイダは対応していれば問題なし

インターネットを利用するには通信回線とプロバイダ、2つの会社と契約を
しなければなりません。通信回線はひとつの集合住宅で1つの回線しか
通せないので、マンションごとにすでに決まっています。

フレッツ光導入済みであるなら固定回線はフレッツ光しか利用できません。
しかし、プロバイダはフレッツ光に対応していれば好きに選ぶことができます。

マンション側入っているプロバイダに入らなければならないわけではないのです。
フレッツ光に対応しているプロバイダは以下のとおりです。

@nifty、AsahiNet、BB.excite.、BIGLOBE、DTI、hi-ho、OCN、plala、
So-net、WAKWAK

これらのプロバイダはプロバイダパックと言って、フレッツ光とセットで申し込みが
出来る上に、プロバイダパックだけのオトクな料金で利用できます。

10社のプロバイダの中でもっとも安いのはBB.excite.で月額500円 です。
もっとも高額なのは@niftyで月額950円となっています。

上記の10社以外のプロバイダにも、契約可能なプロバイダはあります。

■マンションタイプは戸建てタイプに比べて通信速度が遅い?

・マンションタイプの実際の通信速度
・戸建てよりも通信速度が遅いとは限らない

調べていると、「フレッツ光のマンションタイプは通信速度が遅いのでは?」と
いう疑問を持っている人が多いことが分かりました。

これは、マンションタイプがもともと1本の回線で通信をして、マンションの
階段や通話などでそれぞれの部屋に枝分かれしていくという仕組みで
あることが関係しています。

複数のユーザーで1本の通信回線を使うので、「通信速度が遅いんじゃないか?」
「すぐに回線がパンクするんじゃないか?」と疑問を感じてしまいますよね。

しかし、これはそのマンションに住んでいる住人がどれくらいインターネットを
利用するかにもよるので、ケースバイケースなのです。

実際にフレッツ光マンションタイプを利用している人の口コミでは
「普通の時は通信速度が60Mbpsくらい出ます。遅い時でも40Mbpsくらいです。
若干遅いかもというだけで、体感的にはあまり遅いとは感じません」ということでした。

また、フレッツ光ネクストマンションタイプとして導入されている通信回線は
1Gpsの回線です。これは、通信速度が100Mbpsの回線が10本分もあります。

多くのユーザーで共有しても速度が落ちにくいのです。

そして、戸建て向けのフレッツ光ネクストの下り最大速度は200Mbpsなのですが、
完璧に条件が整っていないとまず出ない速度ですので、最大値の通信速度が
遅いからと言って、実際の通信速度も戸建て向けより遅くなるということはありません。

■セキュリティをしっかりつけましょう

・1本の回線を共用すると個人情報を盗まれる危険性が高くなる!

調査の結果、マンションタイプは途中まで1本の通信回線で通信をしている
ことが分かりました。ですので、同じマンションに住んでいる他の住人達と
1つの回線で途中地点まで通信をすることになります。

個人情報などが覗きやすい状態ですので、パソコンにしっかりセキュリティを
かけるようにしてください。特にデータ共有ファイルなどを使用すると個人情報が
除かれる危険性が高くなりますので、出来るだけ使わないようにしましょう。

■一人暮らしならモバイルルーターが最適な理由

・面倒な手続きや工事が必要ない
・引っ越しがあってもそのまま使い続けられる
・家の中でも外でも利用可能

一人暮らしを始める時にインターネット環境はどうすればいいのか悩みますよね。
一人で住んでいるのにわざわざ固定回線を設置するのも面倒なものです。

調べてみると、一人暮らしの方はモバイルルーターを選ぶことが多いようです。
その理由はこちらです。

まず、モバイルルーターのプロバイダの公式サイトから直接申し込みができるので、
面倒な手続きが必要ないことが最大の理由です。

固定回線のように申し込みをして、プロバイダを決めて、自宅まで業者の方に
来てもらい、契約をして後日回線の設置工事をするという流れが、いりません。

オンラインで申し込をして数日後に通信端末が届き、数分で済む設定をすれば
すぐにインターネットに接続できるようになります。

また、固定回線での通信とは違い、引っ越しをすることになっても手続きも
回線撤去工事も必要なくそのままの状態で引っ越しをすることができます。

さらに、コードレスでポケットにも入る大きさですので、外に持ち出すことも
簡単で家の中でも外出先でも通信をすることができます。

一人暮らしは家を空けることが多いですので、固定回線のような家の中だけで
しか使うことが出来ない通信環境は向いていません。

手続きが簡単なこと、利用し始めるまでの期間が短いこと、コードレスで
持ち運べること、引越でも手続きがいらないことが一人暮らしに最適な理由です。

■気になる費用はどれくらい?

・モバイルルーター業界最安値はヤフーwifi
・無制限に使いたいならWiMAX

便利で手軽にモバイルルーターはできるだけ安く利用したいですよね。
調査の結果、モバイルルーターの月額の最安値はこちらの端末でした。

Yahoo!wifi 「303HW」 月額2,743円
こちらの端末は本体価格0円、Yahoo!プレミアム会員に登録すると月額2,743円
ととても安い金額で利用できます。

事務手数料が3,000円と毎月ユニバーサルサービス料と呼ばれる通信環境の
安定を確保するための料金が4円かかります。しかし、月額2,743円という月額
の利用料は契約から2年間のみで3年目からは月額3,696円となります。

こちらの303HWのプランは月間の通信データ量が7GBを超えた場合、
当月末まで最大通信速度が送受信128kbpsになります。

こうした通信データ量の制限を気にしないでモバイルルーターを使いたい場合は、
こちらのモバイルルーターがあります。

「UQ WiMAX」ならどの通信端末を選んでも本体0円です。

「UQ Flat ツープラス ギガ放題」なら、月額利用料金4,380円でWiMAXと
WiMAX2+の通信モードを無制限で利用することが出来ます。今なら契約
から最大で3ヶ月間月額3,696円と割安になります。

基本的に無制限なのですが、前日までの直近3日間で「WiMAX2+」「au 4G LTE」
の通信量の合計が3GB以上になった場合、「WiMAX2+」「au 4G LTE」の通信速度
を翌日にかけて制限するので、注意をしましょう。

■LTEとWiMAX、どちらの方が繋がりやすい?

・LTEとWiMAXの周波数の違い
・使い場所によってあっている機種が違う

調べてみると、ヤフーwifiのようなLTEとWiMAXには電波の周波数に大きな
違いがありました。

ヤフーwifiのようなLTEは1.7GHzの周波数を利用して通信を行っています。
WiMAXは2.5GHzの周波数帯を利用して通信を行っているのです。
WiMAXの方が高い周波数帯を利用していることがわかります。

この周波数帯の高さは電波の直進性とイコールとなります。
周波数帯の数値が高ければ高いほど、電波の直進性が強いので、
曲がりにくく、家の中などに柔軟に進んでいけません。

LTEはWiMAXほど周波数帯が高くないので、直進性は強くなく、家の中に
しっかり入りこんでスマホと同じような感覚で通信をすることが出来るのです。

草原やあき地などの周囲に電波を遮るものが何もない場所では直進性
の強いWiMAXが合っていますが、家の中ではLTEが向いています。
このように、場所によって、あっている電波の種類は違うのです。

■WiMAXを実際に使ってみると室内でも問題がないこともあります!

WiMAXユーザーの口コミを見てみると、神奈川県横浜市で自宅の中やカフェで
使っていても通信が途切れたり、繋がらなくなることはめったにないとのことです。

WiMAXが室内で繋がりにくいのは理論上の話ですので、実際に使ってみると
問題ないこともあります。

こうした事情を考えて、契約前に1日単位でモバイルルーターをレンタルできる
業者から借りて使ってみるといいでしょう。自宅や仕事場、よく行くお店などで
試してみてください。

転勤が多い転勤族がすすめるインターネット回線は?

■転勤族におすすめのインターネット回線は固定とモバイル、どっち?

転勤族は人にもよりますが、毎年のように数回づつの引っ越しをしますよね。

転勤族の悩みは、新しい住まいの近くに病院を見つけることが面倒であったり、
引越手続きをすることが手間がかかるなど、実にさまざまなものがあります。

しかし、一番面倒に感じるのはインターネットの解約と再契約では、
ないでしょうか?

フレッツ光のような固定回線に契約している最中に引っ越しをすることに
なった場合は、どのような手続きが必要になるのでしょう。

まず、フレッツ光にオンラインか電話で問い合わせをします。

オンラインで移転手続きを行った方が簡単ですので、公式サイトから
手続きをしてみましょう。

また、戸建てへ引っ越しをする際は9,000円かかり、集合住宅へ引っ越しを
する際は7,500円かかります。

土日に移転工事を行う場合は、この料金に加え3,000円がかかります。

また、この工事費用はあくまでも目安ですので、これ以上かかることもこれ以下
しかからないこともあります。

そして、フレッツ光と同時に契約をしたプロバイダには別で問い合わせを
してください。プロバイダによっては引っ越しの際にプランの変更が必要となります。

もう一方のモバイルルーターの場合は、こうした手続きや問い合わせ、
工事費用が一切必要ありません。

何の手続きも連絡もしないで、そのまま使うことができます。
引っ越しが多い転勤族の方にとっては嬉しいシステムですよね。

■転勤が多い転勤族にこそモバイルルーターを!

モバイルルーターなら、オンラインで簡単申し込みが出来、申し込みから
数日後に通信端末が自宅に届きます。

簡単に済む設定をし終えたら、すぐにインターネットに接続できます。

固定回線とは違い、プロバイダとの契約となりますので、2社と契約
する必要はありません。

料金の支払い方法は、口座振替やクレジットカードでの支払いとなります。
また、通信制限がありますので、使い過ぎには注意をしましょう。

そして、モバイルルーターは無線での通信となりますので、中には繋がりにくい
ところもあります。

地下や地方での使用には不便を感じることもあるのです。

■通信エリアはどちらの方が広いの?

では、固定回線とモバイルルーター、どちらの方が通信エリアが広いのでしょうか?

フレッツ光で見てみると、NTTの光回線を利用して通信を行っています。
フレッツ光の回線は、現在はほとんど全国で通信をすることが出来ます。

一方、モバイルルーターはWIMAXなら都市部、地方や山間部ならLTEというように
使い分ける必要があります。

モバイルルーターによって、繋がりやすい部分と繋がりにくい場所に分かれるのです。
モバイルルーターで最も全国的にスムーズに繋がるのは、DOCOMOです。
そして、固定回線では、フレッツ光です。

日本全国、どんな所へ行くか分からない場合は、全国的に繋がりやすいものを
選ぶようにしてください。

■安定感のある通信を実現するDOCOMOのモバイルルーター

モバイルルーターは通信が不安定というイメージを覆すDOCOMOのモバイル
ルーターは、ルーター単独の回線を設置しているのが大きな特徴なのです。

他のモバイルルーターとは比べ物にならない程、通信エリアが広く安定性も
高いのです。ユーザーの口コミでも通信の安定感があると好評です。

通信速度にそこまでの差はありませんが、安定感があるので、
「この辺は、モバイルルーターでも繋がるのかな?」など不安を抱く必要がありません。

月額の利用料金が4,000円以下で済みますので、光回線よりもお得です。
フレッツ光ですと、だいたい5,00円前後の利用料金となります。

初期費用も月々サポートを利用すれば、実質0円になりますので、すぐに無料で
始めることが出来ます。

フレッツ光は申し込みから実際に使用し始めるまで、2週間から1ヶ月は
かかってしまいます。

DOCOMOのモバイルルーターは、最大4時間のバッテリーとかなり短めですが、
それ以外は、メリットが圧倒的に多い通信端末です。

モバイルルーター初心者で何を買っていいのか分からない時はとりあえず、
DOCOMOのモバイルルーターを購入してみましょう。

転勤族の方は、少しでも引っ越しの手間を省きたいものです。もともと手続きが
いらないネット環境なら、いつ転勤になっても解約などの心配をしなくて済みます。

フレッツ光の場合は西日本と東日本で違いますので、西日本から東日本へ
引っ越しをする際は、解約をして、再び契約をしなければならないのです。

そういった手間がモバイルルーターにはありません。転勤族や
出張が多い人に打って付けのネット環境なのではないでしょうか?

■モバイル回線でWIMAXをすすめているサイトがあるけどほんとうに無制限?

モバイル回線でもっとも人気なものといえば、WIMAXですがWIMAXが無制限
というのは、すこし間違っている情報です。

では、若者を中心に人気を集めているWIMAXはどのような通信制限が
あるんでしょうか?

具体的にWIMAXの通信制限をみていきましょう。

まず、WIMAXで月間データ通信量に制限がないのは、以下の2つのモード
を使っている時のみです。

・ライトプラン ノーリミットモード
・ギガ放題プラン ノーリミットモード

この2つのプランでノーリミットモードを使っている時は月間のデータ
通信量に制限なく利用することができます。

しかし、ハイスピードプラスエリアモードは月間7GBという制限があり、
他のモバイルルーターとほとんど変わらないような通信環境といえます。

WIMAXやWIMAX2+ならすべての料金プラン、全ての通信モードが
無制限というわけではないのです。

WIMAXの公式サイトでも無制限のノーリミットモードがどーんと載っているので、
ついつい勘違いをしてしまいやすいのですが、ご注意ください。

■制限があるWIMAXのプランがあると聞いたけど本当?

通信制限があるWIMAXはノーリミットモード以外の通信モードです。

ハイスピードモードはWIMAXなら下り最大13,3Mbps、上り最大10Mbps、
WIMAX2+なら下り最大220Mbps、上り最大10Mbpsとなっています。

月間の通信制限は7GBと、一般的なモバイルルーターと同じ制限で
あるといえます。

ハイスピードモードは、状況に応じてWIMAXの通信モードとWIMAX2+の
通信モードを自動で切り替えて最適な方で通信をするのですが、この
切り替えに少し時間がかかります。

また、切り替えをしている最中は通信が途絶えているので、タイムロスに
なるのです。

そして、WIMAX2+かハイスピードモードで通信料が3GBになった場合は、
翌日にかけて制限をする場合もあります。

ハイスピードプラスエリアモードは、au 4G LTEの通信モードとWIMAX2+の
通信モードを使えるモードです。

しかし、こちらの通信モードも自動切替がタイムロスになり、通信が途絶えます。
このポイントにストレスを感じる人は少なくありません。

au 4G LTW通信モードは下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsです。
WIMAX2+は下り最大220Mbps,上り最大10Mbpsですので、ハイスピードモード
よりも高速な通信が出来ます。

ハイスピードプラスエリアモードも通信制限は月間で7GBですので、
他のモバイルルーターとほとんど同じです。

しかし、直近3日間で1Gbという通信制限はありませんので、ご安心ください。

このようにWIMAXでも通信モードによって、通信制限があります。
通信端末や料金プランよりも通信モードが重要なのです。

また、初期費用も18,000円代とかなり高額です。
他のWIMAXでは、初期費用が無料なところがほとんどです。

■解約がなかなか進まないこともある?!

解約手続きを行った人の口コミでは、解約の手続きがスムーズでは
なかったというモノがみられました。

解約書類を送ったのに、返信がいつまでたっても来ないという口コミや、
どれだけ電話しても繋がらないという口コミもありました。

そういった時は消費者センターへ相談をしてみましょう。

状況によっては、消費者センターからWIMAX側へといあわせをして
もらえることもあります。

万が一の時のために、消費者センターの電話番号を控えておきましょう。

■インターネットにも適応されるようになったクーリングオフ制度

以前まではインターネットやスマホ契約にクーリング制度は適応されませんでした。

しかし、最近ではWIMAXのようなモバイルルーター、フレッツ光のような光回線にも
クーリングオフ制度が適応されるようになったんです。

クーリングオフ制度とは、契約から8日間なら無条件で理由などを告げる
必要もなく契約を破棄できるという制度です。

シッカリと説明を読んでから、契約をすればこのクーリングオフも使わないで
済むのですが、ややこしいインターネット契約は契約してからでないと分から
ないこともたくさんあります。

契約後に「こんな感じだと分かっていたら契約しなかったのに」と深刻に
後悔をしたら、クーリングオフ制度で解約しましょう。

通信端末が届いたその日に、出来るだけたくさんの場所で使ってみるといいですよ。
8日間の期限をすぎないようにくれぐれももご注意ください。

■スマホのデザリングで家族とスカイプしたいが・・・

スマホには、デザリングという通信補助をする機能があります。
しかし、月間の7GBという通信制限を忘れないようにしましょう。

この7GBという通信制限の範囲内で、スカイプをデザリングでする場合は、
どのくらい通話できるのでしょうか?具体的に考えていきましょう。

そもそも7GBとは、どれくらいの通信量なのでしょうか?
7GBはパケット数に換算すると58720256パケットとなります。

スカイプは1分間で最低でも13440パケットが必要となりますので、
7GBは4369分くらい通話できます。

時間に直すと72時間48分くらいです。1日2時間25分ほど通話できるのです。
それだけ通話が出来れば十分なのではないでしょうか?

もちろん、他のサイト閲覧や動画再生などの通信サービスを利用したり、
普通にメールやSNSをしたりもすることと思いますが、動画再生以外は
ほとんど通信料を消費しないのです。

スマホのデザリングでも問題なくメールやSNSをしつつスカイプを
使うことができます。

■部屋の中でも電波が入りやすいのはLTE

スカイプの固定電話プランを使えば、iphoneで格安通話が可能となります。
固定電話が安くなるだけなのですが、日常の通話にかなり使えます。

スカイプ経由でiphoneから携帯に発信するのと同じ感覚で通話を
することができるのです。

また、LTE通信は東京都内ほとんどすべてに行きわたっているので、
東京都内でスカイプをLTEでして繋がりにくいということはありません。

WIMAXやauだと屋内に弱かったりするのですが、LTEなら屋内でも
地下でも問題なく繋がることができます。

スカイプを快適に使いたいなら、LTEがおすすめです。
安定した通信が出来る環境がスカイプには必要なのです。

WIMAXでは、都市部でしか安定した電波が来ませんし、屋内に弱いので、
スカイプには向きません。

■スカイプのメリット・デメリット

では、スカイプにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

まず、「無料電話スカイプ」という呼ばれ方をするので有名ですが、
スカイプは無料で通話をすることができます。

スカイプから、通常の固定電話へ通話する時も割安の通話料なので、
仕事でもプライベートでも通話をする人にはとても節約になります。

そして、通話品質は一般の固定電話よりもかなり高いものになっています。
音声が相手と目の前で話しているかのような臨場感のある通話です。

ビデオ電話になると、通話というよりも会話に近い感覚になります。
また、スカイプは初期設定がとても簡単です。

ただ、無料でインストールをしておくだけで、すぐに利用できるのです。
会議通話などの付加機能も追加料金なしで利用できます。

スカイプから固定電話へ電話をした場合の通話料は1分間2,66円、
携帯電話が相手だと1分間17,5円となります。

海外への国際電話も驚くべき買いやすい料金ですので、仕事柄海外の方と
良く通話をする人はスカイプを利用することで、電話代の節約となります。

スカイプは、その他にも、ファイル送信などの付加機能が無料です。

また、セキュリティー性がとても高いことでも有名でクレジットカードの
番号やIDパスワードを送信しても大丈夫と言われているのです。

スカイプのメッセンジャー機能やファイル機能の方がメール機能よりも
安全というデータもあります。

その理由はメッセージが送信される時に暗号化され、相手に届く
タイミングで再び元に戻るからです。

そして、スカイプのデメリットは知らない相手が勝手に話しかけてきて
しまうことや、勝手にメッセージを送ってきてしまうことです。

外人から通話がかかってきたり、ちいさい子どもがメッセージを送ってきたりします。
しかし、それは設定を変更して通話やメッセージを制限すれば解決します。

ということで、スカイプにはほとんどデメリットがないのです。

■スカイプはバージョンアップするたびに性能が落ちる?

スカイプを10年くらい使用している人の口コミによると、スカイプはソフトウェアが
バージョンアップするたびに粗悪な使用感になっていくのだそう。

カメラはとまる回数が増え、PCはフリーズするといった具合です。

昔のバージョンの方が使い勝手が良かったという声もありますが、
無料で使えるアプリケーションですし、コストを考えると仕方がないですね。

通話以外の機能も豊富にあることを考慮すると、スカイプはやはり
コストパフォーマンスが良いということになります。

しかし、PC向けの機能だけでスマホに向けた機能は少ないです。
今後、改善してくれることを期待しましょう。

1年契約のインターネット回線はどのようなものがありますか?

■引越し予定なので1年くらいしかインターネットをしない。契約可能?

調べてみると、フレッツ光などの固定回線でも、ヤフーwifiやWIMAXなどの
モバイルルーターでも、最低利用期間は2年となっています。

この期間に解約をすると解約金を支払うシステムになっています。

引っ越しなどで2年縛りの契約では、どうしてもインタネット回線を設置
出来ない時ってありますよね?

こんな時は、手軽で便利なモバイルルーターがおすすめです。

モバイルルーターとは持ち運べる無線通信LANのことでコードレスなので、
気軽にバックに入れて外出先でもネットを楽しむことができます。

オンラインで申し込が出来て、剣道な手続き不要、工事も一切不要、申し込み
から数日で通信端末が届き、簡単に済む設定ですぐに通信できるのです。

引っ越しをすることになっても手続きは一切必要なく、そのまま引っ越し先で
使うことができるのです。

モバイルルーターはDOCOMOやau、SoftBankなどのキャリア会社からも
販売されているのですが、UQ WIMAXのようにモバイルルーター専用の
会社もあるのです。

モバイルルーターで通信をして引っ越し先で1年経ったら、そのまま
モバイルルーターで行くか固定回線に契約するという方法もとれます。

モバイルルーターは契約時に得をするキャンぺーンをよく開催していますが、
得点などは申請しないともらえないシステムです。

しかし、WIMAXなどのモバイルルーターのキャンペーンはころころ
変わりすぐに終了してしまいます。

2年契約でも持ち運べるモバイルルーターは引っ越しも簡単です。

■就活の期間だけインターネット契約をレンタル可能?

就職の期間など短期間だけインターネット環境が必要な場合は、どうしたら
いいのでしょう。モバイルルーターを契約するのももったいないですよね。

就職活動や入院、出張などで短期間インタネット環境をレンタルすることが
できるので、そういったサービスを利用しましょう。

「MOBILE GATE」という会社なら、モバイルwifiルーターを1日からレンタル
することができます。

モバイルルーターなら、会社に関係なく、全ての機種が揃っているので、
最新機種でもレンタル可能です。

WIMAXの「Mobile Slim IMW-C1000W」なら1日プランなら500円、14日プランなら
4,000円、30日なら5,000円となっています。

期間に合わせたプランでレンタルできるので、無駄がありません。

このようなレンタルサービスを活用すれば就活中の間だけ、インターネット
環境を手配することが出来ます。

■スマホのデザリング機能の注意点

スマホでデザリング機能を使って、通信をする時は以下のようなポイントに
注意をしてください。

・通信制限に気を付ける
・消耗する電池に気を付ける

まず、もしSoftBankのスマホでデザリングをした場合、デザリング機能には
厳しい通信制限がありますので、注意をしましょう。

直近3日間で1GB、そして月間で7GBという通信制限があるのです。
この通信制限をオーバーしてしまうと、その月の間はずっと超低速になります。

メールが出来るかできないかくらいの通信速度にまで落ちてしまうので、
くれぐれも気をつけましょう。

また、月間7GBを超えると、追加料金の2,625円を別途で支払って2GBを
手に入れると再び通信をすることが出来るようになります。

そして、3日間で1GBという通信制限もありますので、こちらにも注意が必要です。

何も考えないで1日中ネットを使って仕事をしたり、作業をしたりしていると1日で
1GB使い切ってしまうこともありますので、余計な調べ物などはしないようにしましょう。

また、デザリングはかなりスマホの電地を消耗する機能です。
モバイルルーターの半分くらいしかスタミナがありません。

長期間連続でデザリングを利用するのは、事実上無理ですので、
何を調べるか事前に決めてからネットに繋がりましょう。

効率よくネットを活用するとデザリングでも問題なく通信が出来ます。

また、デザリングが終わったら、インターネット共有はオフにすることを
忘れないようにしてください。

■どのくらいの期間インターネット環境が欲しいかによります!

引越しまでの1年間、インターネット環境が欲しい場合は、モバイルwifiルーター
の契約がおススメです。

また、就活中の半年~1年間であれば、モバイルルーターのレンタルが
丁度いいでしょう。

そして、1か月未満の間インターネット環境が臨時で欲しいということであれば
まずは、スマホのデザリングで間に合わないかどうかを試してみてください。

インターネット回線は固定回線が代表的なモノですが、実はそれ以外にも
さまざまな方法でインターネットに接続することが出来るのです。

状況に応じて自分に合った接続方法を選びましょう。

■転勤族でフレッツ光。西日本に引越しするときは解約金かかる?

転勤族の人にとって、引越は頻繁に行うものです。だからこそ、効率よく
スムーズに済ませたいですよね?

引っ越しの際の手続きは、なかなか面倒なものですが、フレッツ光の
西日本での解約はどのようにして、どれくらいの解約金がかかるのでしょうか?

まず、西日本・東日本は解約金と一切関係ありません。
解約金として支払うのは、移転工事費を一括で負担することになります。

フレッツ光ネクストは、ビジネスタイプ以外のファミリータイプは6,500円~
9,000円、マンションタイプは6,500円~7,500円となります。

フレッツ光ネクストでビジネスタイプはファミリータイプが7,600円~
18,000円、マンションタイプは7,600円~15,000円となります。

フレッツ光ライトはファミリータイプは6,500円~9,000円、マンションタイプは
6,500円~7,500円となります。

また、にねん割に加入している場合は、戸建ての場合は、9,500円、
集合住宅の場合は1,500円を支払うことになります。

また、初期工事費の分割払いの途中でフレッツ光を解約される場合は、
初期費用工事費の残額も一括で支払うことになります。

■光コラボでドコモ光やソフトバンク光に入った場合は移転出来ないって本当?

フレッツ光とのコラボで、現在サービスを行っているドコモ光やソフトバンク光。
これらへ乗り換える場合は、移転できないのでしょうか?

まず、ドコモ光はNTT光回線とドコモのスマホをセット割にして販売している
サービスのことです。

ですので、インターネット回線だけの契約ではなく回線とスマホ、両方の
契約が必要となります。

フレッツ光からドコモ光へは移転ではなく、乗り換えという形になってしまいます。
ドコモ光の光回線だけの単独契約は今のところ出来ません。

ですので、フレッツ光だけではなく、スマホの違約金なども考慮しなければなりません。

また、NTTフレッツ光からドコモ光へ乗り換えをした後に再びNTTフレッツ光に
乗り換えをするという再転用は禁止です。

フレッツ光の月額の利用料金はど~んと割を適用してグループ割をさらに追加し、
プロバイダを安いOCNにするなら、4410円です。

一方、ドコモ光はプロバイダをぷららにすると戸建てタイプは5200円になります。
ドコモ光の方が数百円の違いではありますが、利用料金が高額です。

一方のソフトバンク光はどうなのでしょうか?

ソフトバンク光も、ドコモ光と同じように光回線とスマホのセットでしか
加入することが出来ない回線です。

月額の利用料金は、自動更新ありプランの場合は、戸建てですと5,200円
ですので、ドコモ光と同じ金額となります。

このように、ドコモ光とソフトバンク光にはほとんど差がありません。
ソフトバンク光も解約後、再びフレッツ光に戻る再転用は禁止となっています。

■プロバイダへの電話連絡も忘れずに!

フレッツ光はauひかりとは違い、プロバイダと回線事業者が別途での
契約という形になっているのです。一括では管理されていません。

フレッツ光に申し込みをするなら、プロバイダ側がフレッツ光も一緒に契約をして
くれて助かるのですが、解約はそういうわけにはいかないです。

NTTのフレッツ光の解約の連絡をした後に、プロバイダにも連絡をして、
解約の申し込みをする必要があります。

これを忘れて、そのまま放置していると、使っていないプロバイダから毎月
利用料金が引き落とされ続けることになりますので、くれぐれもご注意ください。

■メンバーズポイントを使い切ってから解約をしましょう!

NTT東日本エリアでは、フレッツ光のメンバーズクラブに入会していると
ポイントがどんどんたまります。

しかし、解約と同時にポイントも消失してしまうので、解約前に確認をして、
使い切りましょう。

また、光回線は1年契約で解約をして別の回線に乗り換えるとお得という記述を
よく見ますが、ああいった情報は根拠のないものです。

また、インターネットに詳しくない人が実践しようとするととても面倒な思いを
することになりますので、不要に回線を解約して、また契約してということは
しないようにしてください。

転勤族で引っ越しが多い人は、モバイルルーターをメイン回線にするという方法も
あります。モバイルルーターは引っ越しをする時でも手続きは一切いらないので
手軽に引っ越しが出来ます。

また、引越の期間だけモバイルルーターをレンタルして、次の回線をゆっくり
探すという方法もあります。この方法なら焦らずじっくり回線選びをすることが出来ます。

■動画やオンラインゲームをあまりしないならポケットwifiがおすすめ?

動画やオンラインゲームは5Mbps以上の通信速度と安定した通信環境が
必要となります。

ですので、無線通信のポケットwifiよりも有線通信の固定回線の方が
遥かに向いているのです。

インターネットで動画を再生したり、音楽を視聴したりするのが趣味な場合は、
固定回線をおすすめいたします。

また、オンラインゲームが好きな場合も固定回線をメインにして、
補助としてポケットwifiを使うという形が理想ですね。

しかし、インターネットで動画を再生しない、音楽もあまり視聴しない、
オンラインゲームもしないという場合は、ポケットwifiで十分です。

ポケットwifiでもっとも通信速度が速いのはWIMAXで通信最大速度は220Mbps
ですが、これはあくまでも一番いい環境で通信をした場合の速度です。

実測のユーザーの口コミでは60Mbps前後、最低で40Mbpsくらいなのです。

理屈上はオンラインゲームも動画も問題ないのですが、無線通信は
本当に不安定なので、スムーズに楽しむことはできません。

動画視聴やオンラインゲームにおいては通信速度よりも安定性の方が
多いのです。

通常のサイトは1Mbpsくらいの通信速度があれば十分、画像がたくさん
ついているサイトも1,5Mbps~2Mbpsくらいで足ります。

また、そこまで安定した通信環境も必要ないので、ポケットwifiでも
問題なくネットを活用することができます。

また、ポケットwifiには3日間1GB、月間で3GBという通信制限があります。
しかし、1GBの通信量はこんなに通信をすることができるのです。

Wedページは、約3,400回、Eメールは約300文字で約204,800回、
Skypeのビデオ通話は約1,852分、高画質の動画で約16分です。

3日間でこれだけ使えれば通信制限を気にする必要もありません。
動画を閲覧しないのであれば、十分ですね。

■7GBの制限がないポケットwifiとは?

ポケットwifiは通信制限があるのが当然でしたが、最近は無制限で
通信できるポケットwifiも登場しています。

ヤフーwifiの「305ZT」では、契約から2年間は月間の7GBという制限を超えても
無料で制限を解除できるのです。

他のポケットwifiと同じように形だけは通信制限がかかるのですが、無料で
解除して、無制限に使用できるのです。

しかし、契約から3年目に突入すると他のポケットwifiと同じように通信制限が
かかるようになります。

また、月間の7GBという制限は無料で解除できるのですが、直近3日間の
1GBという制限はそのままです。

つまり月間最大で、10GB使用できるという訳です。

無制限とはいえ、ある程度制限はかかるので、完全に無制限ではありません。

■WIMAXとその他のポケットwifiの違いとは?

WIMAXはポケットwifiの中でもかなり人気の高いものなのですが、
通信が無制限な代わりに建物の中では電波が弱く繋がりにくいことが多くあります。

一方、他のポケットwifiは通信制限がありますが、キャリアアグリゲ―ションにより、
通信が安定します。

通信料がそこまで多くなく、安定感のある通信環境が欲しい人は、
WIMAX以外のポケットwifiの方が向いています。

通信が安定していて、通信量も無制限というポケットwifiはないのです。
そういった、インターネットヘビーユーザーの方は、固定回線をおススメ
いたします。

■キャリアアグリゲ―ションとはなに?

ポケットwifiなどの通信を高速化してくれるキャリアアグリゲーションとは、
どのようなものなのでしょうか?

無線通信を複数の運送波による通信を一体的に運用をする方式です。

1つの周波数で全てのデータを送信するのではなく、複数の周波数で
送信することにより、データを分散出来ます。

分散されたデータはスムーズに通信され、今までよりも速く通信を行うことが
出来るのです。

キャリアアグリゲーションに対応しているかどうかで、ポケットwifiの通信速度は
大きく変わります。

また、安定性も増しますので、ポケットwifiで安定した通信を希望する場合は、
WIMAX以外のポケットwifiにするようにしてください。

このように自分の使いたいネットの利用頻度や希望する通信環境に合った、
ポケットwifiを選ぶようにしてください。

最近はフレッツ光とドコモがコラボしたりと、さまざまなネット回線プランが
ありますが、スマホの契約月だったり、細かい縛りがあったりで、複雑な
仕様になっています。

契約前にしっかりプランの内容を確認しましょう。