マンションの何階までならwimaxの電波は届きますか?

■WiMAXは高層マンションでも通信可能?

・WiMAXの通信はマンションでは繋がりにくい?
・実際の通信速度はどれくらい?

WiMAXの通信がマンションでは繋がりにくいという記事をよく目にしますが、
調べてみると、マンションの構造の問題でスムーズに通信できるマンション
もあるようです。

WiMAXは2.5GHzという他のモバイルwifiルーターよりも高い周波数帯で
通信をしているのです。

大容量の通信を得意としている高速通信である代わりに、コンクリートなどに
おおわれているマンションやビルでは外壁にぶつかってしまい、通信が不安定
になってしまうというデメリットがあるのです。

電波を通しやすいガラス越し、つまり窓越しに通信を行うと不安定にならない
ので、マンションの室内で通信をする時は窓の近くで行いましょう。

また、高層マンションでは通信できないというイメージがあるかと思いますが、
東京スカイツリーの展望デッキや六本木ヒルズ、大阪の通天閣などでも通信
できるので、高層の建物=WiMAXの通信は届かないという訳ではないのです。

マンションの6階に住んでいるユーザーでも自室で十分な速度で通信出来ている
そうです。ここからは、WIMAXの公式サイトに載っていた実際の通信速度です。

東京スカイツリー 展望デッキ 「WiMAX Speed Wi-Fi」 速度約19Mbps
六本木ヒルズ 「WiMAX Speed Wi-Fi」 速度約6Mbps
恵比寿ガーデンプレイス 「WiMAX Speed Wi-Fi」 アンテナ2本で利用可能

池袋サンシャイン60 「WiMAX Speed Wi-FI」 速度約7Mbps
名古屋 ミッドランドスクエア 「WiMAX Speed Wi-FI」 速度約8Mbps
大阪 通天閣 「WiMAX Speed Wi-Fi」 アンテナ2本で通信可能
神戸 ポートピアホテル 「WiMAX Speed Wi-Fi」 速度約10Mbps

■5階以上?10階以上?何階まで電波は届く?

・実際に高層マンションで使用している人の口コミ
・階ごとの通信速度は?
・何階までというのは断言できない

実際に高層マンションでWiMAXを使っている人の口コミでは、11階で、
「Aterm WM3600R」を使用していて通信が出来ているとのことです。

11階の窓ぎわに「aterm WM3600R」を置くとアンテナが3本中2本たっており、
十分な速度が出ています。

また、階数はかかれていませんでしたが、コンクリートのビルの仕事場でWiMAX
1台で5台の通信機器がインターネットに接続できているそうです。

2009年に書かれた記事によると高層マンションでのWiMAXの階ごとの
通信速度はこのようになっています。

1階 約8Mbps、5階 約10Mbps、10階 約12.4Mbps、15階 約9Mbps、
20階 約5Mbps、23階 約5Mbps

少し古いデータでこの通信速度が出ているので、現在はもっと高速で通信を
することが出来ると予想されます。

5階よりも10階の方が通信速度が速いのは周囲に邪魔する建物などがなくなる
高さだからです。15階以上になってしまうと、今度は高すぎて通信が届きにくく
なってしまいます。

高層マンションで最も通信を拾いやすいのは10階前後と言えます。

しかし、建物の柱の数や、WiMAXの通信基地局との距離、周囲の建物の高さ
などによって、通信エリア内でも速度が大きく変わってしまいます。

ケースバイケースであることを頭に入れておきましょう。

■高層でなくても繋がりにくいこともあります!

・周囲を建物で囲まれている場所は繋がりにくい
・大切なのは、階数ではなく遮るものがないこと

調べてみると、WiMAXは電波が直進性が強すぎて、障害物に弱いということが
分かりました。ですので、マンションの1階や戸建てであっても周囲を建物で
おおわれていると通信が不安定になることがあります。

たとえば、周りを背が高い建物で囲まれている戸建ては電波が届きにくいです。
このように大切なのは、建物の高さや部屋の階数ではなく、周囲に通信を遮る
ものがないことです。

また、通信エリアに入っているかどうかも当然重要なポイントになりますので、
気をつけましょう。

■ベランダで通信をする対策もあります

・室内とベランダでは通信速度が大きく違うことも!

調べてみると、室内で通信をするよりも同じ階のベランダで通信をした方が
速度が出ることがあります。

これはコンクリートの外壁に通信がさえぎられないためです。WiMAXを購入して
室内で繋がりにくい状態になったら、ベランダに出て通信をしましょう。
また、ベランダや窓際に端末を置くだけでも通信速度が上がります。

■高層階にいくほど電波は弱くなる?

・10階付近がもっとも通信速度が速い
・15階以上は低速になって行く

調べてみると、WiMAXの通信電波は高層マンションの10階付近が一番通信
速度が速くなることが分かりました。

これは、10階付近は周囲に通信を遮ってしまう建物がなく、電波がしっかり
届きやすいことが理由です。

また、マンションの1階あたりの高さは3mですので、10階は27m~30mの
高さになります。この高さはWiMAXの通信が届きやすい高さなのです。

WiMAXの通信基地局はたいだい地上から15m~24mくらいの高さで
電波を飛ばしています。これはマンションで言うと5階から8階に相当する
のですが、5階から8階だと周囲に建物が多いのです。

ですので、周囲に建物が少ない10階の方がよりスムーズに通信をキャッチ
できるというわけです。

また、15階以上は通信基地局の電波が飛んでいる高さよりもかなり高い位置に
なってしまうため、通信速度は階数が上がれば上がるほど落ちていきます。

■高層ビル用のアンテナを設置しているWiMAXなら電波は届く

・東京スカイツリーの展望台でも通信可能な理由
・レンタルをして実際に試してみましょう

調べてみると、WiMAXは東京スカイツリーの展望台でも通信が可能となります。
WiMAXでは高層ビル専用のアンテナを設置することで上に向けて電波を
飛ばしています。

モバイルwifiルーターの通信基地局から発信される電波は上から下へ向けて、
飛ばされる設計になっているので、本来は高層ビルには不向きです。

しかし、WiMAXは高層マンションや高層ビルなどでも通信しやすくなる対策を
とっているのでしっかり通信をすることができます。

ただ、このシステムは高層ビルや高層マンションのタイプによって実際のところ
どれくらい速度が向上しているのか違います。

公式サイトにも高層ビルの速度の記載はあるものの、これくらいの高さの
マンションならこれくらいの速度といった具体的な通信速度の記載があり
ませんので、WiMAX端末をレンタルしてみましょう。

「UQ WiMAX」なら契約前に15日間無料でレンタルする個おtが出来ます。
15日間あれば自宅や仕事場、ショッピングセンターなど、さまざまな場所で
試すことが出来ます。

■高層マンションにWiMAXの通信基地局が普及しない理由

・マンション屋上にWiMAXの通信基地局を設置するには?
・反対をする住人が多い理由は?

調べてみると、高層マンションや普通のマンションでは、屋上にWiMAXの通信
基地局を設置していないところが多くあります。

これは通信基地局の設置に反対する住人がいるために管理人側が設置に
踏み切れないことが一つの原因です。

反対する住人は、光回線やauひかりなどの固定回線に加入していて、WiMAX
などのモバイルwifiルーターを使っていないので必要性を感じずには設置を
拒否している場合がほとんどです。

設置には費用が掛かる上に、マンションの外観も悪くなるので、WiMAX
ユーザー以外には通信基地局の設置にメリットがないのです。

■光回線とWiMAX、マンションにはどちらが合っている?

・光回線は本当に速い?
・WiMAXなら戸数も無関係

光回線判定した高速通信が出来ることで人気となっていますが、調べてみると、
マンションタイプでは戸数によって、通信速度が遅くなることが分かりました。

マンションタイプの光回線は電線から1本の回線を引いてきて、通話などで
それぞれの部屋へと回線が分かれていきます。

ですので、戸数が多い=ユーザーが多いと1本の回線の負担が大きくなり速度が
落ちてしまうのです。特に夜間のユーザーが増える時間帯は速度が落ちやすい
傾向があります。

一方、WiMAXは無線通信ですので、回線自体がないため、このような状況には
なりません。ユーザーが増える時間帯に速度が落ちることはありますが、固定
回線に比べれば、その頻度は少ないです。

■LTEとWiMAXならどっちが高層に強い?

・WiMAXの高層マンションでの通信環境
・LTEの高層マンションでの通信環境

調べてみると、WIMAXは高層マンションでは10階付近がもっとも通信速度が
速く、スムーズに通信をすることが出来ることが分かりました。

しかし、それ以上の階に上がっていくごとに通信速度は落ちてしまいます。
通信基地局の電波が届きにくくなるためです。

高層の階でもしっかり通信できるように、対策をとられているマンションなら
通信速度も安定しているのですが、そうでないマンションは不安定になります。

一方のLTEの場合ですが、WiMAXのアンテナが設置されている建物とは別の
建物にアンテナが設置されていることが多いので、WiMAXの速度が出るマン
ションでLTEの速度が出るとは限りません。

通信エリア内に入っていても近くにアンテナがなければ通信速度は落ちて
しまいます。WiMAXの周波数帯は2.5GHzと高数値で、LTEは1.7GHzと
低い数値です。

高数値な方がより遠くに高速で電波を飛ばせるので、高層マンションなら、
WiMAXの方が強いことが予想されます。

しかし、マンションのタイプや周囲の環境、建物の構造などから実際に
使ってみないと、どちらが強いとは断言できません。

■高層マンションでもスムーズにモバイルルーターで通信する方法

・コンクリートは電波を遮ってしまう
・同じ階でも部屋によって通信速度が違う

WIMAXでもLTEでもモバイルwifiルーターは無線による通信をおこないます。
無線はマンションのコンクリート製の分厚い壁を通り抜けることが出来ません。

ですので、外壁に電波は遮断されてしまうのです。普通のマンションやビルでも
電波が通り抜けられないので、高層マンションのようなより強固なつくりの建物
では、当然電波が室内まで届きにくくなります。

特に上層に住んでいる人はモバイルwifiルーターの電波では不安に感じるかと
思いますが、ちょっとした工夫で通信速度はかなり改善されます。

まず、コンクリートは電波を遮ってしまいますが、ガラスは遮りません。
ですので、通信がしたい時は大きな窓のある部屋で行いましょう。

また、同じ階でも通信基地局のある方角を向いている部屋の方が速度が
速くなりますので、全部の部屋で通信を行って速度が速い部屋を見つけて
みてください。

また、通信端末を窓際に置くことでも通信速度が改善されます。

■WiMAXを実際に高層階で利用している人の口コミ

・バッテリーの持ちが悪いという口コミも
・バッテリーを長持ちさせる方法

調査の結果、あるユーザーのこんな口コミがありました。

「回線速度はぼちぼちで問題なく、仕事場である高層ビルの14階でも問題なく
繋がります。しかし、約10時間は待つと言われたバッテリーが朝100%にしても
夕方近くには14%まで落ちてしまいます」

「コンクリート製のマンションの室内でも15Mbps~16Mbpsの通信速度は
出ます。通信が途切れることもないですが電池がすぐに減ってしまいます」

このように通信が出来るけど、バッテリーの持ちが良くないという口コミが
ありました。これは高層階にまで届いている弱い電波を端末が探している
時間が長いためにバッテリーのヘリが速くなってしまうのです。

つまり電波をキャッチしやすくすればバッテリーの持ちも良くなります。
ここからは、WiMAXの端末のバッテリーを長持ちさせる方法をご紹介いたしましょう。

■WIMAXのバッテリーを長持ちさせる方法

・小まめに電源をオフしましょう
・アルミのボウルの中に入れて使いましょう

調べてみると、WiMAXの電源を外出する段階からオンにしっぱなしで通信をして
いる人が多くいます。しかし、これではバッテリーのヘリは当然早くなりますので、
通信する時だけ電源をオンにして後の時はオフにするように心がけましょう。

また、WiMAXの電波をかき集めるにはアルミ製のボウルの中に端末を入れるのが
効果的です。100円均一でも売っている小さめのボウルに端末を入れて、ハン
ガーなどをおってスタンドにして、電波をチャックしやすい角度に固定してください。

速度制限問題!モバイルルーターはどのように選ぶべき?

無制限のモバイルルーターはあるの?
無制限のモバイルルーターは存在しませんが

「制限がゆるく、体感的に無制限に近いモバイルルーター」ならあります。

WIMAX
です。


ドコモなどのモバイルルーターは月に7Gを超えると速度制限がかかり、使い物になりませんがこちらのモバイルルーターは制限がありません。

WIMAXならギガ放題のプランを選択すると月額4380円で使えます。

3日で3Gの制限はかかりますが、速度制限時でも5、6Mbpsの速度はでるので
普通に動画もサクサクみれます。

実際の使用感は下記に書いていますので参考にしてください。

>>実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)



3日で1Gを超える頻度が多い人はWIMAX一択になります。

なぜならWIMAX(2+)は3日で3Gの速度制限とかなりゆるい制限ですし
速度制限時でも5Mbps以上でるので快適に使えるからです。

動画を沢山見る人以外にも、家でも外でも1つの契約でネットするひとは
WIMAXがいいでしょう。
それだけデータ量を多く使っていますので速度制限に引っかかる可能性が高いからです。

WIMAXは月額4380円と少し高めですが、光回線+WIMAXだと1万円近く
なってしまいますので、WIMAXに一本化したほうが断然安くすみます。

…まとめると、WIMAXは次の人以外は向いていません。
①動画などガンガンネットする人
②自宅と外、両方で頻繁にネットする人

逆に次の人はヤフーWIFIがコスパ最強です。速度も月間7Gになるまでは
普通にスマホと同じくらいの速度が出ます。

①スマホの速度制限をサポートする安いモバイルルーターがほしい。
②家でもネットサーフィンメイン、動画はたまに見る程度なので安いネット回線がいい。



コスパで選ぶモバイルルーター=ヤフーWIFI



ヤフーWIFIは例えばこんな人が使っています。
 賃貸アパートなどで一人暮らしの人
 単身赴任先でネットを使いたい人


>>月額2000円台でWiFiを使う方法とは?



LTE回線はスマホの電波と同じですので、全国にエリアが広がっています。
都市部ではもちろん、地方や田舎でも速い速度で快適にインターネットすることができます。

LTE回線のモバイルルーターで月間の速度制限がないのはYahoo! Wi-Fiの人気が高いです。









「制限」がゆるく、ストレスフリーなネット生活=WIMAX


WIMAXは例えばこんな人が使っています。
 とにかく無制限に近いモバイルルーターを求めている人
 転勤族、転勤が多くて固定回線を毎回引くのが面倒な人


使ってみた感想は下記に書いていますので参考になれば幸いです。

>>実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)



WIMAXは2つのプランがあります。

7G制限有りのプランとなしのプランです。

7G制限あり→UQ Flatツープラス(3696円)

7G制限なし→UQ Flatツープラス ギガ放題(4380円)

差額は約700円です。

ギガ放題が必要がどうかわからない人は最初は7G制限ありのUQ Flatツープラス(3696円)で契約するといいでしょう。

というのも、月単位でプランの変更ができるからです。



7Gを超えそうな月はUQ Flatツープラス ギガ放題(4380円)に、

あまり使わない月はUQ Flatツープラス(3696円)に

変更すればコストが抑えられます。










マンションの何階までならwimaxの電波は届きますか? はコメントを受け付けていません。 WIMAX