インターネット接続を工事なしでしたいけどwifiはどういう仕組み?

■工事なしでインターネット接続したい。Wifiとは?

・wifiのしくみ
・モバイルwifiとは何か?
・工事なしでも使えるのか?

調べた結果、wifiとは無線での通信サービスのことを言います。Wifiには親機と
子機があり、その2つが無線で通信をすることにより、インターネットを使うことが
できるのです。

インターネット→wifi親機→wifi子機という流れで通信を受け取り、wifi子機→親機
→インターネットという流れで通信を送ります。

Wifiの親機は無線LANルーターのことをいいます。

LANルーターには、有線LANルーターと無線LANルーターの2種類がありますが、
有線LANルーターはケーブルでしか通信できませんので、wifiではありません。
無線LANルーターのみ、wifiに当てはまります。

子機はスマホ、タブレット、パソコン、ゲーム機などがあります。

親機である無線LANルーターは固定回線と繋がっているタイプと、回線とは
繋がっておらず、携帯型のモバイルwifiルーターと呼ばれるタイプがあります。

モバイルwifiルーターはコードレスなので、家の中でも外出先でも通信できます。
今、若者を中心に人気となっているインターネットの通信方法なのです。

そして、有線LANルーターと無線LANルーターは、固定回線でインターネットと
繋がっています。

無線LANルーターが無線で通信できるのはwifiの親機と子機の間だけなのです。
しかし、モバイルwifiルーターはインターネットとも子機とも無線で繋がります。
だからこそ、外出先でも通信ができるのです。

■モバイルwifiに契約をする前にレンタルをしよう

・モバイルwifiルーターの契約前にレンタルが必要な理由
・モバイルwifiルーターのレンタルにかかる費用
・レンタルを無料でしてくれるプロバイダは?

モバイルwifiルーターにはスマホと同じように通信エリアがあります。
しかし、調べてみると通信エリア内であるにもかかわらず通信がスムーズに
出来ないこともあるのです。

その理由はいくつか考えられますが、モバイルwifiルーターの種類がWiMAXだと
通信エリア内でも室内では繋がらないこともあります。

また、家が山奥だったり、建物の通信基地局からの距離が遠かったり、周辺
の建物が家よりも背が高く電波を塞いでしまっている場合も原因になります。

そのような状況は意外と実際にモバイルwifiルーターを使ってみないと分から
ないものです。契約前にレンタルをしましょう。

モバイルwifiルーターのレンタル業者には様々なものがありますが、最新機種を
1日400円からレンタルしてくれる業者もありますので、自宅や職場よく行くお店
や最寄駅などで実際に使ってみてください。

また、UQ WiMAXならクレジットカード情報を入力すると、15日間無料でWIMAX
端末をレンタルしてくれます。

最新端末やホームルーターを含む9種類の端末からレンタルする機種を
選ぶことが出来ます。

■モバイルwifiルーターをお得に購入するには?

・WiMAXはキャッシュバック、ワイモバイルはポイントプレゼント
・受け取るのは契約直後ではない

調査の結果、モバイルwifiルーターのWiMAXでは契約するとキャッシュバック
してもらえるキャンペーンが多く、ワイモバイルでは通販サイトのポイントを
プレゼントするキャンペーンが多かったです。

WiMAXでは、とくとくBBが最大で24,590円のキャッシュバックを行っていたり、
ワイモバイルでは楽天wifiが契約期間中、楽天市場の楽天ポイントを3倍にする
上に10,000ポイントとかなりお得なのですが、それぞれの特典を受け取れる
時期には差があります。

WiMAXのとくとくBBでは契約から11か月目にキャッシュバックのメールが届きます。
「ご指定口座確認通知メール」で、それに返信をしないとキャッシュバックが受けら
れないのです。

一方、ワイモバイルの楽天の場合は契約から翌々月の20日くらいまでに自動で
受け取れます。受け取り方が簡単な方がもらい損ねがありませんので、キャン
ペーンの内容だけではなく、特典の受け取り方もチェックしてみてください。

■工事なしのホームルーターもあります!

・アンテナ付きのホームルーターは工事なしで使える

WiMAXには工事なしでも使えるホームルーターがあります。

2本の角度を好きに変えることが出来るアンテナ付きですので、外出先では
インターネットを使わないという方は、こちらのホームルーターが向いています。

■フレッツ光やauひかりは引っ越しの度に違約金や工事が必要

・フレッツ光の違約金と工事費用
・auひかりの違約金と工事費用

調べてみると、フレッツ光やauひかりなどの光回線には回線の設置工事が必要で
あると同時に、撤去工事も必要だということが分かりました。

フレッツ光とau光、2つの違約金と工事費用をみてみましょう。
まずは、フレッツ光からです。

フレッツ光は最低利用期間2年間の間に契約を解除すると、違約金が
戸建ての場合は9,500円、集合住宅の場合は1,500円かかります。

しかし、これはあくまでも解約の場合のみで移転の場合は解約金は発生
しません。また、移転の際の回線撤去・設置工事費はこのようになっています。

フレッツ光ネクストのままで移転する場合
戸建てで屋内配線の行程がある場合 9,000円 ない場合 6,500円
集合住宅で屋内配線がある場合 7,500円 ない場合 6,500円

フレッツ光ネクストのままで移転する場合(ビジネスタイプのみ)
戸建てで屋内配線がある場合 18,000円 ない場合 7,600円
集合住宅で屋内配線がある場合 15,000円 ない場合 7,600円

フレッツ光ライトのまま移転をする場合
戸建てで屋内配線がある場合 9,000円 ない場合 6,500円
集合住宅で屋内配線がある場合 7,500円 ない場合 6,500円

回線の移転工事費のみで移転はできます。ではau光はどうでしょうか?
まず、auひかりでギガ得プランに加入していると2年以内に解約の場合は、
解約金9,500円がかかるのですが、移転の場合はかかりません。

しかし、回線工事の費用は所定の費用かかります。また、レンタルしていた
機器は引っ越し先へ持っていき、新しい機器が送られてくるのを待ちましょう。

新しい機器が送られて来たら、以前利用していた機器は郵送で返却します。

■モバイルルーターなら工事の手間も費用の心配もない

・引っ越しをすることになってもそのまま使える
・転勤族や一人暮らしの方にあっている

調べてみた結果、モバイルルーターには引っ越しの際の手続きがいらない
ことが分かりました。固定回線ではないので、回線の撤去工事も設置工事も
必要ないのです。

契約時も手間がかからず、引っ越しの際も手間がかかりません。この手軽さが、
転勤族などで引っ越しを繰り返す方や、一人暮らしの方に人気の理由なのです。

回線男工事は外壁に穴をあける工事ですので、隣の部屋の住人に気を使いますし、
大家さんへの断りも必要になります。

また、工事は1~2時間かかるのですが、立ち合いが必要ですので、工事の日は
予定を開けておかなければなりません。更に土日の工事となると追加料金を
取られるので、手間と費用が掛かってしまいます。

モバイルwifiルーターなら、その心配がないのです。

■LTEならモバイルwifiルーターでも高速で安定した通信を実現

・室内やビル街にも強いLTE
・固定回線と通信速度の比較

LTEについて調べてみると、LTEは2種類の周波数帯で通信をしているのです。
ですので、他のモバイルwifiルーターよりも安定しやすく、電波も室内の奥まで
入り込んでしっかり届きます。

WiMAXも高速な通信ですが、WiMAXの場合は1つの周波数帯で高速通信を
実現しているため、周波数帯の数値が高いのです。数値の高い周波数は
電波が曲がりにくく、室内の奥までは届きにくい傾向にあります。

また、LTEは最大で通信速度が165Mbpsとかなり高速です。フレッツ光は
1Gbpsと桁違いに高速なのですが、これは最新のパソコンで整った環境で
ない限り、出ない数値なのです。

実際のフレッツ光の通信速度は口コミを見てみると、下り90Mbps以上、
上り90Mbps以上出ています。

LTEは実測下り約25Mbps、上り約8Mbpsと光回線には劣りますが、
インターネットサービスは全て5Mbps以上あれば快適に通信できます。

■ワイモバイルはLTEの中でもっとも人気

・料金プランの安さがその理由

調べてみると、ワイモバイルの端末はその料金の安さでLTEモバイルwifi
ルーターの中では最も人気となっています。中でもヤフーwifiは業界最安
値級のプランがあったり、無制限のプランがあるので、LTEに決める場合は、
ヤフーwifiがお得ですよ。

■無線のモバイル通信サービスを利用する時の注意点

・無線のモバイル通信サービスを利用している人が急増
・個人情報をのぞき見されやすい
・大事な情報はSSLでやり取りを!

モバイルwifiルーターのような無線での通信サービスを利用している人は年々
増え続けています。特にモバイルwifiルーターが普及し始めてからは、更に
増え、街中は無線通信の電波が飛び交っています。

モバイルwifiルーターの一番のメリットは外出先でも通信ができることですが、
これは、同時に危険なことでもあるのです。

便利な反面、無線通信は電波を使って情報をやり取りするため、情報セキュリティ
をしていないと、気が付かないうちに通信内容が読み取られていたり、ウイルスを
ばらまくのに利用されてしまったりするのです。

ユーザーが知らないうちに、電波が届くところから閲覧していたサイトやメールの
内容、IDやクレジットカード番号などを覗かれてしまうこともあります。

また、スマホやパソコンなどの機器に他人が無断でアクセスしてしまう悪意のある
ユーザーも中にはいるのです。

公共無線LANというショッピングセンターなどによくある通信サービスは同じ
サービスを利用している他のユーザーに覗かれやすいというデメリットが
ありますので、ご注意ください。

覗かれないためには、大事な情報のやりとりはSSLを利用してください。
外出先だけではなく、自宅でインターネットを利用する時もSSLを使いましょう。

■SSLとはどんなもの?

・SSLとは?
・SSL以外の防犯対策は?

調べてみると、SSLとは信頼できるサイトやサーバとの間でインターネット上で
データを暗号化してから送受信をする通信方法のことをいいます。

特にIDやパスワード、クレジットカードの情報などのやり取りはSSLで行って
ください。SSLで通信を行うには、URLが「https」で始まっているサイトだけに
アクセスしましょう。

そして、パソコンやスマホに鍵マークが常時されているか確認をして、されてい
なかったら、しっかり鍵をかけましょう。

また、SSL以外で防犯をする場合は、公共無線LANスポットなどではファイル
共有機能を解除してください。

パソコンのOSやスマホのアプリには、自分の端末に保存されているファイルを
ネットワークから他のユーザーと共有出来るファイル共有機能があります。

このファイル共有機能が有効になっていると、公共無線LANスポットなどでは
他人からファイルを覗かれたり、不正なファイルを送りつけられたりします。

必ずファイル共有機能は解除して、防犯性を高めましょう。

■クレジットカードの情報をむやみに登録するのはやめましょう

・クレジットカードは個人情報なので、あまり入力しない
・通販サイトは知名度が高く信頼できるサイトを利用する

クレジットカードは大切な個人情報です。ですので、ネットショッピングを
する時にむやみに入力したり、登録したりするのは避けましょう。

一度しか使わない通販サイトならクレジットカードではなく、代金引換か
口座振替にしてください。また、通販サイトもAmazonや楽天などの知名度
が高く信頼がおけるサイトのみをりようしましょう。

よくわからないサイトや聞いたことがないサイトでは買い物をしないようにして
ください。また、ブログなどでも個人情報をのせすぎるのはやめましょう。

■モバイルwifiルーターを利用する時の注意点

・電源のオフのし忘れに注意しましょう
・通信量のことも考えてネットサーフィンのし過ぎに注意してください

モバイルwifiルーターのユーザーの中には面倒だからと言って、電源をオンに
したままにしている人もいますが、通信状態が続いていることはイコールで
ネット犯罪に巻き込まれる可能性が高くなってしまいます。

モバイルwifiルーターの電源をオンにするのは通信をしている時だけにしましょう。
また、暇な時にネット―サフィンをしたり、ついつい無意識のうちにスマホをいじって
しまいがちですが、これもネット犯罪の対策としてよくありません。

また、モバイルwifiルーターには月間7GBという通信料の制限が設けられている
ものも多いので、制限のことも考えて、ネットサーフィンをする時間は決めておいて、
それ以外はしないようにしてください。

速度制限問題!モバイルルーターはどのように選ぶべき?

無制限のモバイルルーターはあるの?
無制限のモバイルルーターは存在しませんが

「制限がゆるく、体感的に無制限に近いモバイルルーター」ならあります。

WIMAX
です。


ドコモなどのモバイルルーターは月に7Gを超えると速度制限がかかり、使い物になりませんがこちらのモバイルルーターは制限がありません。

WIMAXならギガ放題のプランを選択すると月額4380円で使えます。

3日で10Gの制限はかかりますが、速度制限時でも5、6Mbpsの速度はでるので
普通に動画もサクサクみれます。


あと3日で10Gも使うことは普通につかっていればありません。



次の人はネクストモバイルがコスパ最強です。

①スマホの速度制限をサポートする安いモバイルルーターがほしい。
②家でもネットサーフィンメイン、動画はたまに見る程度なので安いネット回線がいい。

速度も20ギガで2000円台のモバイルルーターは他に見たことがありません。
しかもソフトバンク回線なので普通のソフトバンクのスマホと同じように電波が入りますし高速でネットができます。
遅くなる格安SIMとはここが違います。



コスパで選ぶならネクストモバイル



ネクストモバイルは例えばこんな人が使っています。
 賃貸アパートなどで一人暮らしの人
 単身赴任先でネットを使いたい人


>>月額2000円台でWiFiを使う方法とは?



LTE回線はスマホの電波と同じですので、全国にエリアが広がっています。
都市部ではもちろん、地方や田舎でも速い速度で快適にインターネットすることができます。







※以前はヤフーWIFIが2000円台でお得だったのですが、月間5ギガしか使えないので
今の時代、まったくおすすめできなくなりました・・
ネクストモバイルは20ギガで2000円台ですので、コスパが全然違うのです。



「制限」がゆるく、ストレスフリーなネット生活=WIMAX


WIMAXは例えばこんな人が使っています。
 とにかく無制限に近いモバイルルーターを求めている人
 転勤族、転勤が多くて固定回線を毎回引くのが面倒な人



本家のUQ WIMAXは選んではいけません!
というのはキャッシュバックキャンペーンが貧弱で全然お得でないからです。

GMOがやっているとくとくBBはキャッシュバックがすごく羽振りがいいのですが、
メールで通知が来て見忘れたらもらえない、などトラブルも多いです。

なので私はキャッシュバックされる金額(約2万円)と同じくらいの金額が2年間総額
で月額からちょっとづつ割り引かれるプランで使ってます。

月額割引プランが断然楽ですし、一番おすすめできます。









インターネット接続を工事なしでしたいけどwifiはどういう仕組み? はコメントを受け付けていません。 ポケットwifi