インターネット契約を引っ越し時にすると割引になるのは詐欺?

■引越し時にインターネット契約すれば引越し代を3万円割り引くと言われたけど詐欺?

・フレッツ光西日本で行われているキャンペーンなので詐欺ではない
・最低利用期間のことをしっかり考えよう

調べてみると、引っ越し時にインターネットに契約すると割引があるのは、
フレッツ光西日本で行われているキャンペーンのことです。

サカイ引越センターで引っ越しをする時にすでにフレッツ光西日本を利用
している場合は、引っ越しの基本料車両費と人件費の20%を割引します。

また、フレッツ光お引越し割引が適応されます。そして、フレッツ光に加入して
いない人でもフレッツ光への申し込みが完了した時点で車両費、人件費が20%
割引になるサービスへの申し込みができます。

この時、引越基本料20%割引の申し込みはサカイ引越センターへ、フレッツ光
お引越し割引の申し込みはフレッツ光へしてください。

そして、フレッツ光には「にねん割」というスマホなどにもある最低利用期間の
2年間継続して契約することを条件とした割引システムがあります。

引っ越し時にフレッツ光西日本に契約をして2年以内に引っ越しなどで解約と
なった場合は、「どーんと割」に加入している場合は戸建てであれば1年目は
10,000円、2年目は5,000円、集合住宅であれば1年目は7,000円、
2年目は3,500円の契約解除料金が発生します。

このように契約解除料金のことを考えて本当にお得かを考えて契約しましょう。
引越しの費用によって、割引をする額は違いますので、一概に3万円割引とは
言えません。

■フレッツ光に入ってキャッシュバックがもらえる理由

・フレッツ光加入でキャッシュバックしてくれるのはどこ?
・高額キャッシュバックの理由

「BBN」「U-NET」「エフプレイン」「ベストリンク」「ネットナビ」で、
このような内容のキャンペーンを行っています。

・最大60,000円キャッシュバック
・月額利用料金割引
・初期工事費割引
・プロバイダ料 最大2か月無料

「BBN ブロードバンドナビ」だとこれに新品パソコン、タブレット、液晶テレビ、
ゲーム機などが選べる特典付きです。

なぜ、このようなお得なキャンペーンが実現できるのでしょうか?
まず、68,000円キャッシュバックは適応されるには条件があります。

一つ目の条件は契約者が法人SOHO,個人事業主であることです。
個人契約では、10,000円までしかキャッシュバックされません。

また、フレッツ光とOCNかYahoo!BB、どちらかのプロバイダに新規で加入する
必要があります。フレッツ光とSANNETか楽天BBのプロバイダですと、キャッシュ
バックの金額が5,000円になりますので、注意してください。

他にもさまざまなオプションを追加するとキャッシュバックの金額は大きくなり
ますが、もちろん月額の合計利用料金も高くなりますので、本当に必要なもの
のみにしましょう。

また、ゲーム機などが選べる特典も法人、SOHO、個人事業主限定の
キャンペーンとなっています。

■フレッツ光の契約の流れ

・契約から工事までの準備に必要なものは?
・インターネットが使えるようになるまでの全体的な流れ

調べてみると、光回線は申し込んでから回線の設置工事を行うまでに、少し
期間が必要となります。実際に契約したユーザーの場合は申し込みから回線
工事までに2週間ほどかかったそうです。

3月や4月などの引っ越しシーズンだと、1か月待ちになることもあるので、
申し込みははやめに行いましょう。

また、フレッツ光で貰えるLANケーブルは短いものですので、事前に長めの
LANケーブルを用意しておくと、工事に来てもらった時に差し出せば工事終了
と同時に使えるようになります。

光回線のLANルーターを置く場所からパソコンまでの距離をメジャーで測って
購入してください。また、あらかじめ光回線終端装置を置く場所を決めておきましょう。

フレッツ光に自宅が入っているかどうかを確認してから、申し込みをして工事の
日を決めます。その後、LANケーブルや延長コードの準備をして、回線設置工事
に立ち会います。パソコンを設定して、インターネット開通となります。

■もらった書類はキレイに保管しておきましょう

工事や契約の際にもらった書類はユーザー名やパスワードが書かれている
大切な書類です。契約の内容を変更したい時などに必要となりますので、
大事に保管してください。

■引越し屋や不動産屋にバックマージンが入る

・バックマージンとは?
・契約者側にメリットは?

引越し屋や不動産屋がフレッツ光への新規加入を進めてきたり、フレッツ光へ
加入すると引っ越し代や家賃が割引になる制度をとっているところがよくあります。

これらの引越し屋や不動産は、バックマージンがあることでフレッツ光を進めて
いるのです。バックマージンとは、売上割戻のことを言います。

引越し屋や不動産の顧客がフレッツ光へ新規加入した場合、その契約者の
人数に応じて、フレッツ光から売上金の一部が引越し屋や不動産に現金で
事後、返される仕組みになっているのです。

報奨金や推奨金という呼ばれ方をすることもありますが、フレッツ光側は宣伝を
してもらえて、引越屋や不動産側は報奨金を受け取ることが出来るので双方に
メリットがある仕組みなのです。

では、フレッツ光側や引越し屋、不動産側にメリットがあることは分かりましたが、
契約をする私たち側にはメリットはないのでしょうか?

契約者側にも、キャッシュバックがあったり割引があったりします。
そして、引越と同時にフレッツ光に加入するので手間が省けるという
メリットもあります。

しかし、フレッツ光は2年契約ですので、本当に契約が必要かどうかを
しっかり検討してから契約してください。

■家電量販店でフレッツ光に契約するのは正解?

・家電量販店のフレッツ光契約キャンペーン
・結果的に割高になる可能性が高い

フレッツ光の契約方法を調べてみると、家電量販店での契約方法もあります。
家電量販店ではよく「フレッツ光と指定プロバイダ加入で家電を割引!」などの
キャンペーンを行っています。

また、その家電量販店の商品券やポイントをプレゼントしてもらえる場合もあります。
一見、とてもお得に感じるこれらのキャンペーンですが、実はほとんどのお店で特典
をつけたり割引したりする条件として、指定された有料オプションの契約が必要です。

本来なら加入しないような必要のないオプションへ加入して毎月料金を
支払うことになりますので、長い目で見ると損をしてしまうこともあります。
また、回線もプロバイダも自由に選ぶことが出来ません。

■フレッツ光のプロバイダでお得なのはどこ?

・料金が安いプロバイダは?
・サービスが充実しているプロバイダは?

調べてみると、フレッツ光に対応しているプロバイダでもっとも安い利用料金は
月額500円~の「BB.excite.」です。取得できるアドレスは1つです。

その次に安いのはASAHIネットで月額550円~となっています。取得できる
アドレスは2つです。

もっとも高額なのはOCNで月額900円~となっています。取得できるアドレスは
1つなのですが、どのようなサービスがあるのでしょう。

現在、OCNではフレッツ光と同時加入で最大15か月月額利用料が無料と
なります。更に回線利用料も割引になり、初期工事費が大幅割引となるのです。

月額だけで決めずに、こうしたキャンペーン内容もチェックしましょう。
BB.excite.ではつい学500円を2年間支払うので合計で12,000円となります。

OCNは15ヶ月無料ですので、2年間の合計で8,100円となります。
結果的には月額900円のOCNの方がお得なのです。

■それぞれのプロバイダの口コミ

・BB.excite. とOCN、それぞれの口コミ

フレッツ光のプロバイダであるBB.excite.とOCNそれぞれの口コミはどのような
ものがあるのでしょうか?調べてみました。

まずは、BB.excite.の口コミからです。

「夕方は通信速度1Mbps前後しか出なくなってしまうので、動画もまともに
見られない状態になります。しかし、月額の利用料金がこれほど安い
プロバイダはないので、検討中です」

そして、OCNの口コミです。

「実際の通信速度は90Mbpsくらい出ますので、問題なくインターネットに
繋がれています。ビスタのために重い時がありますが、PCを変えたら
改善されるでしょうから気にしていません」

「月額の料金が普通より高額だが通信速度が速いので、仕方ないと思っています。
非常に快適にインターネットを利用できるので、満足しています」

■フレッツ光に加入するならネットの代理店から申し込んだ方がお得

・フレッツ光に加入できるネットの代理店
・フレッツ光にはないキャンペーン
・面倒な手続きが不要なネットの代理店

調べてみると、フレッツ光に加入できるネット代理店はこのようなサイトがあります。

「ラブター」
キャッシュバックが西日本30,000円、東日本なら10,000円です。
ゲーム機などがプレゼントされるキャンペーンもありますが、法人など
の契約ですので、個人契約者は対象外となります。

「エヌズ・カンパニー」
西日本なら30,000円、東日本なら10,000円のキャッシュバックです。
こちらのサイトではオプション加入条件がありませんし。契約から最短
2か月でキャッシュバックを受けることができます。

これらのキャッシュバックはフレッツ光にはないキャンペーンです。
契約のみでキャッシュバックが受けられるのはネット代理店のみです。

家電量販店のようなパソコン購入などの条件もありません。
また、面倒な手続きが不要なネット代理店もあります。

「株式会社エイコ―テクノ」
申込フォームから申し込みをした後に電話で希望特典と口座番号を
聞かれるので、手間がかかりません。

フレッツ光回線後、メールのやり取りなど必要なくただ待っているだけで
確実にキャッシュバックを受けることが出来るのです。

しかも、契約から最短2ヶ月でキャッシュバックされます。
加入しなければならないオプションもなく、プロバイダも3社から選べます。

キャッシュバックの金額は他のネット代理店と同じで西日本30,000円、
東日本10,000円となっています。

■それほどヘビーユーザーでなければポケットwifiという選択肢も

・ポケットwifiは月間7GBという通信制限がある
・7GBの通信量の目安
・ヘビーユーザーでない限り問題ない通信量

調べてみると、手続きも工事も必要ないポケットwifiは月間7GBという通信量の
制限があるのです。

フレッツ光のギガマンション・スマートタイプにはない通信制限ですが、
実はそれほどインターネットのヘビーユーザーでない限り制限の対象には
ならないのです。

月間7GBという通信料はどれくらいかというと、こちらです。

メールだと約1,870万通、通常のサイトだと約50,600ページ、
高画質の動画でも33時間、音楽のダウンロードは1,790曲できます。

1ヶ月間dえこれだけの通信が出来るのですから、1日中、ネットを仕事や趣味
などで使う人以外は制限にかからないのです。

YOUTUBEなどに動画を投稿する趣味がある人などには厳しい通信量の
制限ですが、一般的なネットユーザーには十分足ります。

■ポケットwifiは通信エリアを基準に決めましょう

・通信エリアの確認方法
・2つの通信エリアだった場合

調べてみると、ポケットwifiにはそれぞれ通信エリアがあります。
自宅がある地域がどの会社の通信エリアに含まれているかを
あらかじめ確認してからポケットwifiを購入しましょう。

通信エリアは大きく分けて、WiMAX系かワイモバイル系かです。

それぞれの公式サイトで自分の家の住所を入力すれば通信エリアかどうか
確認できるページがありますので、そちらで確認しましょう。

そして、どちらかの通信エリアに含まれていた場合は、その含まれていた方の
ポケットwifiを購入すればいいのですが、両方に含まれていた場合は、
WiMAX系のHWD15という機種がいいかと思います。

「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15」なら、WiMAX、WiMAX2+、au 4G LTEの
3つの通信モードを利用することが出来るのです。

WiMAXはノーリミテットモードという月間の通信制限がない通信モードが
ありますので、好きなだけ使いことが出来ます。

■モバイルルーターは解約金が高額なので注意しましょう

・フレッツ光の解約金とポケットwifiの解約金

調べてみると、フレッツ光は契約から2年以内の解約の場合、解約金は戸建て
向けのサービスでは9,500円、集合住宅向けのサービスでは1,500円を
支払うことになります。

ポケットwifiでは、ワイモバイルが9,500円、WiMAXでは契約1年目は
19,000円、2年目は14,000円かかりますので、ポケットwifiの方が
フレッツ光よりも高額なのです。

契約期間は同じですので、解約金のことも考えてどの通信環境にするかを
選んでください。

速度制限問題!モバイルルーターはどのように選ぶべき?

無制限のモバイルルーターはあるの?
無制限のモバイルルーターは存在しませんが

「制限がゆるく、体感的に無制限に近いモバイルルーター」ならあります。

WIMAX
です。


ドコモなどのモバイルルーターは月に7Gを超えると速度制限がかかり、使い物になりませんがこちらのモバイルルーターは制限がありません。

WIMAXならギガ放題のプランを選択すると月額4380円で使えます。

3日で3Gの制限はかかりますが、速度制限時でも5、6Mbpsの速度はでるので
普通に動画もサクサクみれます。

実際の使用感は下記に書いていますので参考にしてください。

>>実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)



3日で1Gを超える頻度が多い人はWIMAX一択になります。

なぜならWIMAX(2+)は3日で3Gの速度制限とかなりゆるい制限ですし
速度制限時でも5Mbps以上でるので快適に使えるからです。

動画を沢山見る人以外にも、家でも外でも1つの契約でネットするひとは
WIMAXがいいでしょう。
それだけデータ量を多く使っていますので速度制限に引っかかる可能性が高いからです。

WIMAXは月額4380円と少し高めですが、光回線+WIMAXだと1万円近く
なってしまいますので、WIMAXに一本化したほうが断然安くすみます。

…まとめると、WIMAXは次の人以外は向いていません。
①動画などガンガンネットする人
②自宅と外、両方で頻繁にネットする人

逆に次の人はヤフーWIFIがコスパ最強です。速度も月間7Gになるまでは
普通にスマホと同じくらいの速度が出ます。

①スマホの速度制限をサポートする安いモバイルルーターがほしい。
②家でもネットサーフィンメイン、動画はたまに見る程度なので安いネット回線がいい。



コスパで選ぶモバイルルーター=ヤフーWIFI



ヤフーWIFIは例えばこんな人が使っています。
 賃貸アパートなどで一人暮らしの人
 単身赴任先でネットを使いたい人


>>月額2000円台でWiFiを使う方法とは?



LTE回線はスマホの電波と同じですので、全国にエリアが広がっています。
都市部ではもちろん、地方や田舎でも速い速度で快適にインターネットすることができます。

LTE回線のモバイルルーターで月間の速度制限がないのはYahoo! Wi-Fiの人気が高いです。









「制限」がゆるく、ストレスフリーなネット生活=WIMAX


WIMAXは例えばこんな人が使っています。
 とにかく無制限に近いモバイルルーターを求めている人
 転勤族、転勤が多くて固定回線を毎回引くのが面倒な人


使ってみた感想は下記に書いていますので参考になれば幸いです。

>>実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)



WIMAXは2つのプランがあります。

7G制限有りのプランとなしのプランです。

7G制限あり→UQ Flatツープラス(3696円)

7G制限なし→UQ Flatツープラス ギガ放題(4380円)

差額は約700円です。

ギガ放題が必要がどうかわからない人は最初は7G制限ありのUQ Flatツープラス(3696円)で契約するといいでしょう。

というのも、月単位でプランの変更ができるからです。



7Gを超えそうな月はUQ Flatツープラス ギガ放題(4380円)に、

あまり使わない月はUQ Flatツープラス(3696円)に

変更すればコストが抑えられます。










インターネット契約を引っ越し時にすると割引になるのは詐欺? はコメントを受け付けていません。 引っ越し