MacBook AIRがセットになったWiMAXのキャンペーンはある?

■WiMAXの契約でMacBook AIRがセットでついてくるキャンペーンはある?

・WiMAXとMacBook AIRのセットは楽天で少し見かける程度
・WiMAXとMacBook AIRのセット販売はPC代を分割しているだけ

WiMAXにはさまざまな契約キャンペーンがありますが、調べてみると現在は
MacBook AIRが特典になっているものはありません。

しかし、通販サイトなどではMacBook AIRとWiMAXがセットになったものが
販売されています。ご紹介しましょう。

「楽天市場」では、「Apple MacBook Air 1600/11.6 MJVP2J/A + WiMAX2+
Speed Wi-Fi NEXT WX01」が販売されています。

価格は81,980円となっています。WiMAXの料金プランはこちらの2つから選びます。
・まとめてプラン1100 月額1,019円 + UQ Flat ツープラス 月額3,696円
・まとめてプラン1100 月額1,019円 + UQ Flat ツープラス 月額4,380円

この月額1,019円というのはMacBook Airの代金を毎月分割して支払っている
のです。合計で24,456円を最低利用期間の2年間で支払うので、本体価格の
81,980円に加算すると、106,436円となります。

Macbook Airの本体価格の通常の値段は102,800円とほとんど変わらなく
なります。WiMAXのプロバイダ契約時のキャンペーンで24,590円のキャッシュ
バックで購入した方がお得になるのです。

■MacBook AIRが特典のキャンペーンがない理由は?

・MacBook AIRが高額なため
・家電量販店などのようなノートPCプレゼントができないため

通販サイトなどで調べてみると、MacBook AIRは本体価格100,000円
前後します。

WiMAXは本体価格が0円で初期費用も安く、月額の利用料金も安いので、
手軽なネット環境と言えます。

「とくとくBB WiMAX2+」のギガ時放題プランに加入すると最低利用期間2年間で
初期費用端末代含めた合計費用が108,267円となります。

これにキャッシュバックで20,000円以上返ってくるのです。

MacBook AIRは本体価格が100,000円ですので、2年間の合計費用と
ほとんど変わらない金額です。

WiMAXとセットにする機器としては高額すぎるのがキャンペーンにない理由です。

また、家電量販店のWiMAX契約キャンペーンにノートPCプレゼントという
キャンペーンが良く登場しています。

これは、月額の利用料金に毎月ノートPCの料金を少しづつ上乗せしてノート
PC代の半額以上を取り返すシステムで実現出来ているのです。

家電量販店ではほとんどのお店でこのようなシステムを採用しています。
WiMAXのプロバイダは月額の利用料金の安い会社がほとんどですので、
家電量販店のようなキャンペーンの仕方が出来ないのです。

■現在のWiMAXのキャンペーンでもっとも得なのは?

・高額キャッシュバックキャンペーンは27,390円!
・キャッシュバック+特典は本当にお得?

調べてみると、現在行われているWiMAXのキャンペーンでもっとも
お得なのが、とくとくBBの「27,390円キャッシュバック」です。

こちらのキャンペーンは「23,790円キャッシュバック+クレードル無料」
と好きな方を選ぶことができます。

20,000円以上のキャッシュバックはとてもお得ですが、全額キャッシュバックと
キャッシュバック+特典はどちらがお得なのでしょうか?

まず、とくとくBBのキャンペーンはキャッシュバックのみとキャッシュバック
+クレードルプレゼントかを選ぶことが出来ます。

このクレードルという機器は乗せるだけで端末の通信を補助してくれる機器で
有線LANを差してパソコンと接続したり、有線LANしか接続できないホテルなど
で電波を飛ばす中継ポイントとして使えます。

しかし、パソコンであまりネットをしない方や、家に固定回線がある方、出張や
旅行などの回数が少ない方では、出番はあまりありません。

27,390円のキャッシュバックを受けて、そのお金でMacBook Airを購入する
方がお得です。

■MacBook AIR以外のノートPCとWiMAXのセットはない?

・高画質のビジネスノートPCとWiMAXのセットなら頭金0円!

HPノートPCとWiMAXのセットならWiMAXの費用とは別でHPノートPC分の頭金が
0円となります。通常のWiMAXの契約と同じ費用で購入できるのです。

そして、月額の利用料金はWiMAXの利用料金とは別途で月額1,600円となります。
24か月間の契約期間で契約解除料はWiMAXとは別途で38,095円かかります。

■WiMAX契約でキャッシュバックしてもらったお金でMacBook AIRを単体で買う場合との比較

・とくとくBBでWiMAX契約し、キャッシュバックのお金でMacbook AIRを買う場合
・通販サイトでWiMAXとMacBook AIRをセットで購入する場合

では、WiMAXの契約キャッシュバックキャンペーンでもらったお金でMacBook AIR
を買うのと、通販でセットで買うのとではどちらの方がお得なのでしょう。

とくとくBBで受けられるキャッシュバックでもっとも高額なのは24,590円です。
月間のデータ通信量に制限がないギガ放題に契約すると適応されます。

MacBook AIRをこのキャッシュバックで浮いたお金で購入すると、本体価格で
ある108,000円から24,590円を引いて83,410円となります。

一方、通販サイトでMacBook AIRとWiMAXのセットを購入すると、70,000円で
購入することが出来ます。他のサイトでも81,930円で購入が可能です。

しかし、通販サイトをチェックしてみると、中古で60,000円代で購入できるものも
あります。つまり、セットで購入するよりもWiMAXの契約キャンペーンのキャッシュ
バックで浮いたお金でMacBook AIRを購入する方が安く済みます。

■MacBook AIRとWiMAXのセットの詳細

・端末や料金プラン、支払方法が指定されている
・通販サイトとプロバイダが提携している

MacBook AirとWiMAXの通販サイトのセットの詳細は、こちらです。

調べてみると、まずセットになっているWiMAXの端末は1種類になっています。
端末のカラーは選べるのですが、端末自体は指定のものだけです。

また、料金プランも2種類、もしくは1種類のプランのみとなっています。
そして、WiMAXは口座振替とクレジットカードでの支払いができるプロバイダも
複数社あるのですが、MacBook AIRとのセットの場合はクレジットカード限定です。

このように、いくつかのポイントを指定することにより、セットを組んでいるのです。

また、楽天市場などの通販サイトとUQ WiMAXが提携して行っているサービス
ですので、こうした安い料金が実現するのです。

公式と正規代理店との契約内容やサービスでの違いはありません。
契約後は公式のサポートセンターに対応してもらえます。

■WiMAXとのセットで最も多い通信機器は?

・WiMAXとのセットで最も多い通信機器はタブレット
・その理由は本体価格の安さ

WiMAXとセットで販売されている通信機器でもっとも多いのはタブレットです。

GMOとくとくBBでは「Nexus7 16GB」や「MeMO Pad 7」を、BIGLOBEでは
「Fire HD7 16GB」か「Fire HD6 8GB」、ASAHIネットでは「Nexus 7 16GB」
がキャンペーンでプレゼントされます。

それぞれのタブレットの本体価格はこのようになっています。

「Nexus 7 16GB」 本体価格7,000円代~19,000円代
「MeMO Pad 7」 本体価格28,000円代
「Fire HD 7 16GB」 本体価格18,000円代
「Fire HD 6 8GB」 本体価格11,800円代

これを見て分かるように、MacBook AIRよりもかなり安い金額なのです。
WiMAXのキャッシュバックの金額も10,000円代から20,000円代の
プロバイダが多いです。

つまりWiMAXのキャンペーンで契約者に還元できる金額は10,000円~
20,000円代までということになります。

■MacBook AIRをやすく購入するためには?

・通販サイトのポイントを使う
・中古での購入を考える

MacBook AIRを安く購入するためには、どうしたらいいのでしょうか。
調べてみると、通販サイトには安く購入できるポイントがありますので、
溜まっている場合は一括で使ってMacBook AIRを買いましょう。

また、通販サイトで見てみると、中古で60,000円代まで落ちているものも
あります。新品にこだわらないのであれば、中古での購入も考えてみてください。

■MacBook AIRの最安値を調査してみた

・公式サイトの正規価格は?
・通販サイトの中古価格は?
・中古以外で安いMacBook AIRは?

MacBook AIRについて調べていると、やはりその本体価格が高額なことを
実感します。まずは、MacBook AIRの正規価格をおさらいしましょう。

公式サイトで見てみると、MacBook AIRは

11インチ 128GB 本体価格102,800円
11インチ 256GB 本体価格126,800円
13インチ 128GB 本体価格112,800円
13インチ 256GB 本体価格136,800円

このような価格となっていました。やはりどの機種でも100,000円以上
します。では、通販サイトで扱われている中古のMacBook AIRはいくらでしょう。

「Apple MacBook Air 1.6GHz 13.3インチ MB003J/A」
中古販売価格 58,769円

こちらのMacBook AIRは2008年1月15日に発売された旧式のものです。
現在のMacBook AIRから8代前のものになります。

こちらの口コミをみてみると、「バッテリーが少し物足りないけど、軽くて
使いやすく、携帯するのも楽でいいです」と好評でした。

8代前のものでも軽さと使いやすさはかわらないようですね。
こちらがMacBook AIRの最安値となります。

では、中古以外で安いMacBook AIRはないのでしょうか?
MacBook AIRの公式オンラインショップ・アップルストアには、
「アップル整備済み品」という商品があります。

店頭商品、返品商品などを修理し整備した状態で「アップル認定製品」として
再度、販売しているのです。

このアップル整備済み品は好きなようにカスタマイズすることはできませんが、
新品並みの品質で1割~2割、安く買うことができるのです。

常にMacBook AIRが発売されているというわけではないので、こまめにチェック
して発売されるのを待つしかないのですが、最安値ではありませんが、お得に
購入できます。

購入した商品は新製品と同じようにサポートを受けることが出来ます。

■MacBook AIRを安く買う方法は?

・ヤフーJAPANでTポイントを使って購入
・ギフト券や商品券を活用する
・抱き合わせで他の商品を購入する

MacBook AIRを安く購入する方法を調べてみると、このような方法がありました。
まず、ヤフーJAPANでは最近、Tポイントを使えるようになりました。

使わずに取っておいてある場合は、MacBook AIR購入に使ってしまいましょう。
また、楽天市場では楽天カードを持っているとポイントが2倍~4倍になる
キャンペーンなどもありますので、そうしたサービスを活用しましょう。

amazonにはamazonギフト券がありますが、検証などでギフト券が溜まって
いることもあります。そうした場合はamazonで購入しましょう。

また、JCBギフトカードやVJAギフトカードなどの商品券を使って買う方法もあります。

そして、家電量販店でMacBook airを購入すると抱き合わせの商品を一緒に購入
すると割引になることもあります。

しかし、月額の利用料金が上乗せされていたり、必要のない商品が抱き合わせ
だったりするとお得になりませんので、事前に良く調べてから購入してください。

■職業が周囲の知人に頼る方法もあります!

・学割や公務員割引を使って買う
・Appleスタッフの知人などに協力してもらって買う

調べてみると、学生、もしくは教育関連の職業であればAppleが用意
しているEducation Apple StoreでMacBook AIRを購入することが出来ます。

また、Apple on Campusに参加している学校に在籍する生徒、教職員の方は
割引を受けることが出来るので、一般の方よりも安い価格で購入出来ます。

そして、政府関連機関に勤めている方、公務員の方はApple Store for
Governmentから割引で購入することができます。

また、Appleスタッフが周囲にいる場合は、商品の15%OFFの権利を
プレゼントしてもらえるので、探してみましょう。

■Apple on Campusを利用するには?

・利用は専用のストアから!

Apple on Campusを利用するには、専用のオンラインストアから商品を購入
するか、コールセンターへ電話をして、学校名とApple on Campusを利用する
ことを告げてください。

速度制限問題!モバイルルーターはどのように選ぶべき?

無制限のモバイルルーターはあるの?
無制限のモバイルルーターは存在しませんが

「制限がゆるく、体感的に無制限に近いモバイルルーター」ならあります。

WIMAX
です。


ドコモなどのモバイルルーターは月に7Gを超えると速度制限がかかり、使い物になりませんがこちらのモバイルルーターは制限がありません。

WIMAXならギガ放題のプランを選択すると月額4380円で使えます。

3日で3Gの制限はかかりますが、速度制限時でも5、6Mbpsの速度はでるので
普通に動画もサクサクみれます。

実際の使用感は下記に書いていますので参考にしてください。

>>実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)



3日で1Gを超える頻度が多い人はWIMAX一択になります。

なぜならWIMAX(2+)は3日で3Gの速度制限とかなりゆるい制限ですし
速度制限時でも5Mbps以上でるので快適に使えるからです。

動画を沢山見る人以外にも、家でも外でも1つの契約でネットするひとは
WIMAXがいいでしょう。
それだけデータ量を多く使っていますので速度制限に引っかかる可能性が高いからです。

WIMAXは月額4380円と少し高めですが、光回線+WIMAXだと1万円近く
なってしまいますので、WIMAXに一本化したほうが断然安くすみます。

…まとめると、WIMAXは次の人以外は向いていません。
①動画などガンガンネットする人
②自宅と外、両方で頻繁にネットする人

逆に次の人はヤフーWIFIがコスパ最強です。速度も月間7Gになるまでは
普通にスマホと同じくらいの速度が出ます。

①スマホの速度制限をサポートする安いモバイルルーターがほしい。
②家でもネットサーフィンメイン、動画はたまに見る程度なので安いネット回線がいい。



コスパで選ぶモバイルルーター=ヤフーWIFI



ヤフーWIFIは例えばこんな人が使っています。
 賃貸アパートなどで一人暮らしの人
 単身赴任先でネットを使いたい人


>>月額2000円台でWiFiを使う方法とは?



LTE回線はスマホの電波と同じですので、全国にエリアが広がっています。
都市部ではもちろん、地方や田舎でも速い速度で快適にインターネットすることができます。

LTE回線のモバイルルーターで月間の速度制限がないのはYahoo! Wi-Fiの人気が高いです。









「制限」がゆるく、ストレスフリーなネット生活=WIMAX


WIMAXは例えばこんな人が使っています。
 とにかく無制限に近いモバイルルーターを求めている人
 転勤族、転勤が多くて固定回線を毎回引くのが面倒な人


使ってみた感想は下記に書いていますので参考になれば幸いです。

>>実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)



WIMAXは2つのプランがあります。

7G制限有りのプランとなしのプランです。

7G制限あり→UQ Flatツープラス(3696円)

7G制限なし→UQ Flatツープラス ギガ放題(4380円)

差額は約700円です。

ギガ放題が必要がどうかわからない人は最初は7G制限ありのUQ Flatツープラス(3696円)で契約するといいでしょう。

というのも、月単位でプランの変更ができるからです。



7Gを超えそうな月はUQ Flatツープラス ギガ放題(4380円)に、

あまり使わない月はUQ Flatツープラス(3696円)に

変更すればコストが抑えられます。










MacBook AIRがセットになったWiMAXのキャンペーンはある? はコメントを受け付けていません。 WIMAX