クレジットカードがなしだけどwifiを契約したい。支払方法は?

■クレジットカードがないけど、モバイルwifiルーターを契約したい。支払い方法は?

クレジットカードがない場合でもモバイルwifiルーターを契約することはできます。
調べてみると、支払方法がクレジットカードだけではないプロバイダがいくつか
ありました。

モバイルwifiルーターには、WiMAXとLTEの2種類があります。
WiMAXで口座振替で料金を支払えるプロバイダはこちらです。

「UQ WiMAX」「@nifty」「BIGLOBE」「Broad WiMAX」の4社です。
これらの会社は口座振替かクレジットカードでの支払いかを選ぶことができます。

そして、LTEで口座振替が出来るプロバイダはこちらです。
「楽天wifi」「Yahoo!wifi」「ワイモバイル」です。

では、WiMAXとLTEそれぞれの会社を見ていきましょう。
どのような違いが分かるのでしょうか。

■口座振替できるWiMAXのプロバイダでもっともお得なのは?

口座振替できるWiMAXのプロバイダでもっともお得なのは「@nifty」です。
@niftyについて調べた結果がこちらになります。

@niftyはWIMAX通常の月額が3,670円で通信量は7GBです。
最大キャッシュバックを考慮すると実質の負担額はこのようになります。

@nifty契約1年目・月額2,003円、2年目・月額2,836円となっています。

WiMAXギガ放題になると月額4,350円なのですが、キャッシュバックを
考慮すると実質の負担額はこのようになります。

@nifty契約1年目・月額2,683円、2年目・月額3,516円となります。
どちらの料金プランでも初期費用は3,000円です。
キャッシュバックは20,000円でモバイル端末とクレードルのセットは1円です。

口座振替で支払えるWiMAXの中でもっともお得なのはこちらのプロバイダです。

■口座振替できるLTEのプロバイダでもっともお得なのは?

では、口座振替ができるLTEのプロバイダでもっともお得なのは、
どの会社なのでしょうか?調べてみるとYahoo!wifiでした。

303HWなら月額2,743円で月間7GBの通信量まで使えます。
初期費用は3,000円で端末代は無料です。

303HWにはテレビチューナー機能がついているので、外出先で
タブレットなどでもテレビを見ることが出来ます。

そして、通信量の制限がないプランが良い場合は305ZTのプランがあります。
2種類の周波数をつかって通信をするので、高速で安定してネットと繋がれます。

初期費用はこちらも3,000円で、月額3,696円で通信し放題です。
端末代は無料となっています。

Yahoo!wifiは4つの銀行の口座から支払うことが出来ます。

みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行
ジャパンネット銀行
楽天銀行

このようにクレジットカードなしでも、お得にモバイルwifiルーターは
持つことが出来るのです。

■クレジットカードで料金を支払うメリット・デメリット

では、そもそもモバイルwifiルーターの料金をクレジットカードで支払うメリットと
デメリットはなんなのでしょうか?

まず、クレジットカード払い限定のキャンペーンなどもたまにありますので、
そういった際に安心ですし、クレジットカードのポイントもどんどんたまります。

そして、クレジットカードで支払うデメリットはクレジットカードの情報を
プロバイダへの申し込みの際に入力しなければならないことです。

また、あらかじめクレジットカードを持っていなかった場合、わざわざ
作らなければなりません。

口座振替なら、カードを作る必要もないですし、手間がかかりません。

しかし、キャンペーンはクレジットカードでの申し込み専用のものはあっても
口座振替専用のものはなかなかありませんので、少し損をしてしまう可能性
があります。

クレジットカードなしでも十分、モバイルwifiルーターは契約することが出来ます。
しかし、メリットとデメリットがあるので、注意してください。

■デビットカードで申し込めるWiMAXやポケットWIFIはある?

調べてみると、デビットカードとは銀行などの金融機関で発行された
キャッシュカードで買い物ができたり、食事が出来たりするサービスの
ことです。

店舗に設置された端末機にカードを差して暗証番号を入力するだけで、
口座からすぐに代金を引き落とすことができます。

大変便利なサービスなのですが、現在の時点ではデビットカードでの支払いに
対応しているモバイルwifiルーターはありません。

基本的にモバイルwifiルーターの料金の支払いはクレジットカードか
口座振替になります。

では、それぞれの支払い方法の注意点はどのようなところなのでしょうか?

■口座振替でモバイルwifiルーターの支払いをする場合

調べた結果、モバイルwifiルーターで利用料金の支払いをする場合は、
ほとんどのプロバイダで口座振替手数料が発生します。

WIMAXの場合は、口座振替手数料は200円で、月額の利用料金とは
別途で請求されます。

毎月200円ということは、1年間で2,400円、2年間で4,800円となります。
他の有料オプションの金額が安いプロバイダにするなどして調節しましょう。

WiMAXのプロバイダの有料オプションの料金はこちらです。

「UQ WiMAX」
UQ Wi-Fi 無料
UQ WiMAXに加入していれば公共無線LANは無料で使えます。

請求書発行オプション 月額100円
毎月の利用料金を書面でとどけるサービスです。

おまかせサポート 月額500円
もしものトラブルの時に遠隔操作で、解決策を教えてくれるサービスです。

「Braod WiMAX」
端末安心サポート 月額300円
もし万が一、端末を破損・紛失してしまった場合に保証してくれるサービスです。

My Broad サポート 月額907円
最大2ヶ月無料で、パソコン周辺の困りごとに対応しれくれるサービスと、
インターネットセキュリティのサービス2つを受けることができます。

「とくとくBB WiMAX」
安心サポート 月額300円
故障流離が無料で受けられますが、故意による破損や故障、盗難・紛失は
サービス対象とはなりません。

安心サポートワイド 月額500円
故意による故障や改造による故障、盗難・紛失はサービスの対象となっていません
「安心サービス」の対象となっていない原因での故障も補償の対象となる場合が
あります。

UQ WiMAXには端末の故障をフォローしてくれる安心サポートがありません。
また、とくとくBBの安心サポートは安く受けられるのですが、セキュリティに
関するオプションはありません。

無線通信は個人情報などをのぞかれやすいので、セキュリティオプションが
ついているBroad WiMAXの方が安全性は高いです。

■LTEのワイモバイルの支払い方法は?

WiMAXはクレジットカード、口座振替の2つの支払い方法が出来ますが、LTEの
ワイモバイルはどうなのでしょう。調べた結果がコチラです。

まず、ワイモバイルっでも使用料金は口座振替とクレジットカード払いが出来る
のですが、両方を選べるのは、店頭での契約の場合のみです。

口座振替なら、ゆうちょ銀行、都市銀行、地方銀行、インターネット銀行、
農業協同組合などがあります。

オンラインでの端末購入の場合は、クレジットカードのみとなります。
しかし、ヤフーwifiや楽天wifiであればオンラインでも口座振替が可能となります。

■クレジットカードでの支払いはお得!

モバイルwifiルーターをクレジットカードで支払うととてもお得になります。
調べてみると、口座振替には割引やおピントなどが一切ないのですが、
クレジットカードではポイント還元など、支払で得をすることが出来ます。

また、口座振替の手数料である毎月200円、年間2,400円を節約できる
ので、それだけでもお得ですよね。

さらに、クレジットカードを持っていない人は、新規で入会すると、ギフト券や
ポイントがもらえるキャンペーンも行われているので、そうしたキャンペーンを
利用して、お得にカードを発行すれば口座振替よりもずっと費用を節約できます。

■口座振替の審査はクレジットカードの審査よりも比較的通りやすい?

モバイルwifiルーターの毎月の利用料金の支払い方法には口座振替と
クレジットカードでの支払い方法があります。

どちらの方が通りやすいのでしょうか?調査してみました。

まずは、Yahoo!wifiにクレジットカードで契約申し込みをした人の
レビューによると、申し込み3日目に端末が届いたそうです。

とくとくBBでは午前8時までに申し込みをすると翌日までに端末が届く
のですが、このユーザーは午前9時の申し込みだったそうです。

申し込みの翌日に端末を発送し、その翌日に自宅に届いたということ
ですので、申し込み当日に審査がとおったことになります。

携帯やスマホなどの通信回線のほとんどはオンラインで申し込をしても
電話などによる本人確認の電話があります。

また、過去のクレジットカードや携帯・スマホの滞納履歴を調べるのです。
ですが、Yahoo!wifiにはこうした電話確認が一切ありません。

一方の口座振替での契約はどうなのでしょうか?

口座振替の場合は、過去に延滞や未納があった場合は、申し込みができない
ことがあります。クレジットカード払いに比べて何かと制約が多いのです。

また、口座振替は毎月預金口座から請求元の会社の口座へ利用料金を送金
することをいい、請求書などがきてから送金する口座振込みとは違います。

口座振替の場合は、WiMAXですと後日プロバイダから口座振替依頼書が
送られてきて、これに記入して返送します。

プロバイダは口座振替依頼書の内容を確認して手続きを行います。
クレジットカードにはこの工程がありません。

クレジットカードなら申し込みから1日~3日くらいで端末が届くことがほとんどですが
口座振替ですと、審査が終わるまでに10日~1週間かかることもあります。

その後、端末が届いて使えるようになるので、1週間~2週間前後は時間が
かかるのです。明日にでも使い始めたい場合は口座振替ではなく、クレジット
カードの方がいいでしょう。

■審査を通る条件とは?

調べてみると、モバイルwifiルーターを契約してインターネット接続をする
には、特別な許可や資格は必要ありません。

しかし、クレジットカードや口座振替の審査に通る必要があります。
契約の特典として、通信端末がもらえる場合でも審査が行われることがほとんどです。

モバイルwifiルーターの審査内容は、普通のスマホや携帯などの審査と
同じ内容です。

・過去にスマホや携帯などの通信契約で滞納や未払いがないかどうか
・クレジットカードの料金払いの遅延がないかどうか
・消費者金融に多額の借り入れが残っていないか
・信用情報に問題がないか

これらの項目が審査の判断基準になりますので、普通に生活を送っている
人は審査に落ちることはありません。

■モバイルwifiルーター契約前に確認しておいた方がいいこと

では、モバイルwifiルーターを契約する前に確認しておいた方がいいことは
なんでしょうか。調べた結果がコチラです。

・月額利用料金はずっと同じ金額か
月額の利用料金はキャンペーンなどで最初の3ヵ月間は割安だったり、
利用開始月は無料だったりします。

それ以降、ずっと同じ金額のものもあれば、13か月目から料金が上がる
ものもあります。契約はじめの利用料金だけでなく、最低利用期間中の
月額利用料金は事前に確認しておきましょう。

また、契約自動更新後、月額利用料金が上がるものもあります。
長期的に利用料金について確認しておいてください。

・月間や3日間の通信量の制限はあるか
WiMAXには月間の通信量の制限はありません。しかし、ワイモバイルには
通信制限があります。

ワイモバイルは、キャンペーンで通信制限なしと記載されているのですが、
月間の制限がないだけで24時間ごとの制限はあります。こうしたややこしい
システムとなっているので、しっかり確認をしましょう。

・通信エリアに自宅が含まれているか
モバイルwifiルーターを使い頻度が多い、自宅や職場などでもモバイルwifi
ルーターが使えるかどうかを確認してから購入しましょう。

■自宅の立地条件によっては固定回線の方がいい場合も・・・!

自宅の立地条件によっては、モバイルルーターでは通信がしずらいこともあります。
通信エリアに含まれていても隣に高いビルが建っていたりすると通信が不安定に
なってしまうのです。

UQ WiMAXでは契約前に15日間お試しで端末をレンタルすることが出来ます。
こまた、他の会社の端末もレンタル業者で1日単位からレンタルできるのです。
こうしたサービスを使って契約前に実際に使ってみると、後悔しません。

速度制限問題!モバイルルーターはどのように選ぶべき?

無制限のモバイルルーターはあるの?
無制限のモバイルルーターは存在しませんが

「制限がゆるく、体感的に無制限に近いモバイルルーター」ならあります。

WIMAX
です。


ドコモなどのモバイルルーターは月に7Gを超えると速度制限がかかり、使い物になりませんがこちらのモバイルルーターは制限がありません。

WIMAXならギガ放題のプランを選択すると月額4380円で使えます。

3日で3Gの制限はかかりますが、速度制限時でも5、6Mbpsの速度はでるので
普通に動画もサクサクみれます。

実際の使用感は下記に書いていますので参考にしてください。

>>実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)



3日で1Gを超える頻度が多い人はWIMAX一択になります。

なぜならWIMAX(2+)は3日で3Gの速度制限とかなりゆるい制限ですし
速度制限時でも5Mbps以上でるので快適に使えるからです。

動画を沢山見る人以外にも、家でも外でも1つの契約でネットするひとは
WIMAXがいいでしょう。
それだけデータ量を多く使っていますので速度制限に引っかかる可能性が高いからです。

WIMAXは月額4380円と少し高めですが、光回線+WIMAXだと1万円近く
なってしまいますので、WIMAXに一本化したほうが断然安くすみます。

…まとめると、WIMAXは次の人以外は向いていません。
①動画などガンガンネットする人
②自宅と外、両方で頻繁にネットする人

逆に次の人はヤフーWIFIがコスパ最強です。速度も月間7Gになるまでは
普通にスマホと同じくらいの速度が出ます。

①スマホの速度制限をサポートする安いモバイルルーターがほしい。
②家でもネットサーフィンメイン、動画はたまに見る程度なので安いネット回線がいい。



コスパで選ぶモバイルルーター=ヤフーWIFI



ヤフーWIFIは例えばこんな人が使っています。
 賃貸アパートなどで一人暮らしの人
 単身赴任先でネットを使いたい人


>>月額2000円台でWiFiを使う方法とは?



LTE回線はスマホの電波と同じですので、全国にエリアが広がっています。
都市部ではもちろん、地方や田舎でも速い速度で快適にインターネットすることができます。

LTE回線のモバイルルーターで月間の速度制限がないのはYahoo! Wi-Fiの人気が高いです。









「制限」がゆるく、ストレスフリーなネット生活=WIMAX


WIMAXは例えばこんな人が使っています。
 とにかく無制限に近いモバイルルーターを求めている人
 転勤族、転勤が多くて固定回線を毎回引くのが面倒な人


使ってみた感想は下記に書いていますので参考になれば幸いです。

>>実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)



WIMAXは2つのプランがあります。

7G制限有りのプランとなしのプランです。

7G制限あり→UQ Flatツープラス(3696円)

7G制限なし→UQ Flatツープラス ギガ放題(4380円)

差額は約700円です。

ギガ放題が必要がどうかわからない人は最初は7G制限ありのUQ Flatツープラス(3696円)で契約するといいでしょう。

というのも、月単位でプランの変更ができるからです。



7Gを超えそうな月はUQ Flatツープラス ギガ放題(4380円)に、

あまり使わない月はUQ Flatツープラス(3696円)に

変更すればコストが抑えられます。










クレジットカードがなしだけどwifiを契約したい。支払方法は? はコメントを受け付けていません。 ポケットwifi