インターネット契約はアパートではポケットwifiがおススメな理由は?

■賃貸アパートでのネット回線の契約、ポケットWiFiが人気らしいけどなぜ?

賃貸アパートへ引っ越しをして、これからネット回線を契約する時に、
どの回線にすればいいか分からず悩むことは誰にでもあります。

ネット回線の契約方法や通信回線設置工事、初期費用、申し込みに必要な
もの、など基本的なことを調べるのも一苦労ですよね。

しかし、調べてみるとポケットwifiは面倒な手続きも通信回線の設置工事も、
一切必要なく、申し込みもオンラインで出来てすぐにネットを始めることが
できるのです。

まず、固定回線の場合は公式サイトから申し込みをします。
フレッツ光を例にしてご説明しましょう。

住んでいる地域によって提供できるネットサービスの種類が違いますので、
公式サイトで調べます。その後、戸建てタイプか集合住宅タイプかを選びます。

そして、ネット接続に必要なプロバイダを選びます。プロバイダは固定回線によって
対応している会社が違います。公式サイトで回線と同時に申し込みしましょう。

その後、契約をするのですが、契約後、自宅で回線の設置工事が行われます。
申し込みから実際に回線が設置されてネットが使えるようになるには2週間~
1ヶ月間必要となります。

しかし、ポケットwifiはオンラインで申し込をすれば早ければ翌日に端末が届き、
簡単な設定をすればすぐに使い始めることができます。

固定回線ではなく、無線での通信ですので回線工事がいらず家の中でも
外出先でも使用できるのです。

引っ越しをする時でも手続きが必要なく、そのままで新しい家でも使えます。
この手軽さが人気の理由です。

■光回線のメリット・デメリット

では、光回線にはどういったメリット・デメリットがあるのでしょうか。
調べてみました。

光回線のメリット

・NTT局舎からの距離の影響を全く受けない
すんでいる家の場所に関係なく、高速で安定した通信が利用できます。

・通信速度の上りと下り、両方が高速である
ADSLやポケットwifiは下りの通信速度を優先して速くする仕組みなので、
下りが高速で上りは遅いのです。

しかし、光回線なら上りも下りも通信速度が同じになります。
送受信両方が高速ですので、スムーズにインタネットを使えます。

・マンションの規模が大きければ大きいほど利用料金が安くなる
光回線の場合は、同じ集合住宅に8人以上の利用者がいる場合、
利用料金が安くなります。

集合住宅の階段や外の通話などの共同スペースまで、光回線は1本で
通信をしています。そこからそれぞれの部屋へ回線が分かれているので、
もともと1本の回線を複数人で利用しているのです。

ですので、利用者が増えれば増えるほど、もともと1本の回線の料金が
分散され安くなるという仕組みなのです。

しかし、それは通信速度が遅くなるというデメリットにも繋がります。
もともと1本の回線の利用者が増えれば当然回線が混雑しやすくなり、
通信速度が落ちてしまうのです。

一方のポケットwifiはどうでしょうか?

■ポケットwifiのメリット・デメリット

調べた結果、ポケットwifiのメリット・デメリットはこちらです。

ポケットwifiのメリットは、先ほどお話ししたとおり、工事や手続きや
不要で家でも外でも通信できることです。

ポケットwifiのデメリットは無線での通信なので、固定回線に比べて不安定で
あることです。しかし、LTEであればスマホとほとんど変わらないくらいの
通信環境です。

ポケットwifiはワイヤレスですのでインターネットから電波で通信を受け取り、
スマホへ電波で通信を飛ばします。

そして、そのスマホから電波を受け取り、インターネットへおくるのです。

電波は回線での通信よりも通信速度や不安定になりやすく動画が途切れたり、
サイトのページがひらけなかったりするのです。

また、WIMAXというモバイルwifiは室内の通信に弱いという特徴があるので、
室内よりも屋外での通信に向いています。

■ポケットwifiには通信制限がある?!

ポケットwifiはスマホなどと同じ携帯型無線通信機器ですので、
通信制限があるものがあります。

しかし、調べてみると、無制限で通信できるポケットwifiもありますので、普段
インターネットを多く利用する人は無制限のポケットwifiの方がストレスを
かんじないで使えると思います。

■無制限なのでWIMAXがイイらしい、おススメのプロバイダと機種は?

無制限の通信が出来るモバイルwifi、WIMAXには多くのプロバイダが
あります。また、通信機種の種類もいくつかありますので、どう選んで
いいのか悩みますよね。

ここでは、調べた結果をもとにWIMAXのプロバイダで条件のいい会社、
そして、使いやすく利便性の高い機種をご紹介していきます。

では、まずはWIMAXのプロバイダからです。その会社と契約をするのが、
いいのでしょうか?

調査の結果、WIMAXは月額の利用料金、通信速度などはプロバイダごとに
あまり差がないことが分かりました。

大きく違うのはキャンペーンの内容です。プロバイダをどこにすればいいのか
迷った時はキャンペーンの内容で決めるという方法もあります。

キャンペーンが特にお得なのはこれらのプロバイダです。

「BIGLOBE WIMAX2+」
WX01、W01、NAD11、HWD14のどれかの機種ですと端末本体とクレードルの
セットが0円となります。

また、指定された期間継続的に利用できる方に「Fire HD7 16GB」か
「Fire HD6 8GB」をプレゼントし、12か月間継続して利用した場合、
2,000円がもらえます。

もしくは、12か月連続利用で15,000円キャッシュバックが受けられます。
どちらか好きな方を選ぶことが出来るのです。

「So-net モバイル WIMAX2+」
WIMAX2+のみを申し込むと機器購入費が無料となり、クレードルも
無料となります。

また、タブレットのレンタル料金が割引になるキャンペーンも行っています。

「とくとくBB WIMAX2+」
端末受け取り月の月額利用料が無料となるキャンペーンを行っています。
また、選んだ端末により、異なる金額のキャッシュバックがあります。

キャッシュバックの対象となる端末はWX01、W01、HWD15、NAD11、
そして、ホームルーターのURoad-Home2+です。

では、WIMAXの機種で使いやすいものはなんでしょうか?

■WIMAXの使いやすい機種は?

WIMAXの機種について調べてみると、こちらの端末が人気ランキングの
トップ3となっています。

1位「NEC Speed Wi-Fi NEXT WX01」
2位「Huawei Speed Wi-Fi NEXT W01」
3位「NEC Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」

しかし、満足度ランキングを見てみると・・・

1位「Huawei Speed Wi-FI NEXT W01」
2位「Huawei Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15」
3位「NEC Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」

という結果になっています。

人気の高い「NEC Speed Wi-Fi NEXT W01」は、満足度ランキングになると
3位までに入っていないのです。そして、「HuaweiWi-Fi WALKER WiMAX2+
HWD15」は人気ランキングの3位までに入っていませんが、満足度ランキング
では2位にランクインしています。

人気がある=満足度・高いということではありませんので、人気ではなく、
満足度で機種は決めるようにしてください。

■満足度の高い機種それぞれの口コミ

満足度の高い3つの機種の口コミを調べました。

「Speed Wi-Fi NEXT W01」の口コミ

設定はとても簡単で、使い勝手も特に問題はありません。しかし、au 4G LTE
通信がなければ、使い物にならないくらい、通信が出来ません。

キャンペーン中でキャッシュバックがあったので得でしたが、もっと通信環境を
改善して欲しいです。

「Huawei Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15」の口コミ

WIMAXを使用していますがWIMAX2プラスの通信にしてみたら、ちょっと電波が
悪くなりました。クレードルとしても使用しているのですが、置くだけで使用でき
ない時もあるので、設定しなおして不便に感じてしまいます。

LTEがなければちょっと困ってしまいます。

「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」の口コミ

書記の頃は、通信が安定しなくてイライラしましたが、出力設定を変えたら、
快適に通信できるようになりました。

通信速度はソフトバンクのLTEとほとんど変わらないくらいです。
自宅回線としても使用しています。

■室内でWIMAXが繋がりにくいという噂はほんとう?解決策は?

調べてみると、WIMAXは他のモバイルルーターに比べて高い周波数の
帯域での通信をしていることが分かりました。

ソフトバンクは1.5GHzと2GHz、2つの周波数帯で、ワイモバイルは1.7GHzの
周波数帯で通信しているにも関わらずWiMAXは2.5GHzで通信をしています。

周波数帯が高いと通信の直進性がとても高くなります。光に近い性質をもっていて、
通信速度がはやく容量が大きいファイルなども簡単に通信できます。

とても力強い反面、直進性が強すぎて建物の外壁などにぶつかってしまい、
室内での通信には向かないのです。

周囲に建物などがない、広い空地や広場などでは光なみの高速通信ができます。
コンクリートは電波を反射しやすいのでWiMAXはオフィス街に弱いです。

解決策としては、まずWiMAXの通信サービスエリアに自宅が入っているかどうか
を確認してからWIMAXを契約をしましょう。

WIMAX通信はエリア内に入っていないと、電波をキャッチできません。
こればっかりは、個人ではどうしようもない問題ですので、事前確認をしてください。

また、通信エリアに入っている場合でも繋がらない時があります。
自宅の立地条件などがありますが、自宅の中のいろいろな場所で通信を
してみて、繋がりやすい場所を探しましょう。

電波が届きやすいのは2階、大きい窓がある部屋、通信基地局の方角の部屋
などです。

■WiMAXの通信感度を上げる方法

では、WiMAXの通信感度を上げるにはどうすればいいのでしょうか?

調べてみると、WiMAXの端末を窓際に置く、WiMAXの端末を置く向きや
使用する部屋の方角を変えてみる、リフレクターと呼ばれる自作アンテナ
をつくる、などの解決法があります。

WiMAXの端末を窓際の床から窓際の高い位置に置いただけで通信速度が
速くなることもあります。

背の高いタンスや棚、窓の冊子などに置きましょう。可能であれば、100円
均一などで小型の壁かけの棚を買ってきて、一番電波をキャッチする場所に
つけて、WiMAXの定位置をつくるようにしてください。

■WiMAXのアンテナは手作りできる

また、アルミホイルをパラボラアンテナのように半円旧型に形成し、
中にWiMAXを入れ、窓に張り付けたり、窓の周辺においたりしてみましょう。

アルミホイルがアンテナの代わりになり、電波を捕まえやすくなります。
アルミ製のボウルでも同じ効果があります。

21cmのボウルと両面テープ月のフック、まな板置きを用意します。
まな板お気の角度を少し曲げて、上にボウルを置きます。

フックの角度をWiMAXが起きやすい角度にまげて貼ります。
WiMAXを置いて完成です。

材料が全て100円均一で揃えることが出来ます。
300円でアンテナが作れるのです。

■その他のWIMAXの電波を受信しやすくする方法

WiMAXの端末を高いところに置いたり、アンテナをつくったりする意外に、
WiMAXの通信環境を改善する方法を調べました。こちらです。

WiMAXの端末は各製品、周波数が高く建物の外壁にぶつかってしまう、
電波が室内まで届きにくいのです。ベランダや窓際に端末を置くように
してください。また、室内でも高い棚の上に置いたりすると電波をキャッチ
しやすくなります。

また、家の中でも部屋によって電波の感度が違いますので、通信が
安定する部屋を探してみましょう。

また、端末の初期設定の変更で通信速度が速くなったというケースもあります。

WiMAXはAterm WM3500RやWM3600Rなどでは、接続が頻繁に途切れたり、
切断したりすることが良くあります。この原因は、通信設定で通信速度のは
速さを優先させる設定になっているからです。

速さではなく接続を優先させると、繋がりやすくなります。

また、ワイヤレス設定のネットワークモードを変更したり、周波数チャンネルを
変更することも通信環境の改善に繋がります。

ワイヤレス設定のネットワークモード 11b/g/n → 11b/g
周波数チャンネル 11 → 13

自分でできる通信環境の改善方法は複数ありますので、簡単な
ものから試してみてください。

速度制限問題!モバイルルーターはどのように選ぶべき?

無制限のモバイルルーターはあるの?
無制限のモバイルルーターは存在しませんが

「制限がゆるく、体感的に無制限に近いモバイルルーター」ならあります。

WIMAX
です。


ドコモなどのモバイルルーターは月に7Gを超えると速度制限がかかり、使い物になりませんがこちらのモバイルルーターは制限がありません。

WIMAXならギガ放題のプランを選択すると月額4380円で使えます。

3日で10Gの制限はかかりますが、速度制限時でも5、6Mbpsの速度はでるので
普通に動画もサクサクみれます。


あと3日で10Gも使うことは普通につかっていればありません。



次の人はネクストモバイルがコスパ最強です。

①スマホの速度制限をサポートする安いモバイルルーターがほしい。
②家でもネットサーフィンメイン、動画はたまに見る程度なので安いネット回線がいい。

速度も20ギガで2000円台のモバイルルーターは他に見たことがありません。
しかもソフトバンク回線なので普通のソフトバンクのスマホと同じように電波が入りますし高速でネットができます。
遅くなる格安SIMとはここが違います。



コスパで選ぶならネクストモバイル



ネクストモバイルは例えばこんな人が使っています。
 賃貸アパートなどで一人暮らしの人
 単身赴任先でネットを使いたい人


>>月額2000円台でWiFiを使う方法とは?



LTE回線はスマホの電波と同じですので、全国にエリアが広がっています。
都市部ではもちろん、地方や田舎でも速い速度で快適にインターネットすることができます。







※以前はヤフーWIFIが2000円台でお得だったのですが、月間5ギガしか使えないので
今の時代、まったくおすすめできなくなりました・・
ネクストモバイルは20ギガで2000円台ですので、コスパが全然違うのです。



「制限」がゆるく、ストレスフリーなネット生活=WIMAX


WIMAXは例えばこんな人が使っています。
 とにかく無制限に近いモバイルルーターを求めている人
 転勤族、転勤が多くて固定回線を毎回引くのが面倒な人



本家のUQ WIMAXは選んではいけません!
というのはキャッシュバックキャンペーンが貧弱で全然お得でないからです。

GMOがやっているとくとくBBはキャッシュバックがすごく羽振りがいいのですが、
メールで通知が来て見忘れたらもらえない、などトラブルも多いです。

なので私はキャッシュバックされる金額(約2万円)と同じくらいの金額が2年間総額
で月額からちょっとづつ割り引かれるプランで使ってます。

月額割引プランが断然楽ですし、一番おすすめできます。









インターネット契約はアパートではポケットwifiがおススメな理由は? はコメントを受け付けていません。 ポケットwifi