モバイルルーターで通信量が使い放題があるけど本当ですか?

■ワイモバイルのPocket WiFi 305ZTが無制限とうたっておきながら3日で1GB制限を開始

ワイモバイルのPocket Wi-Fi 305ZTが月間の通信量が無制限で使えると
宣伝していますが、調べてみると実際には3日間で1GBの通信制限がある
ことが分かりました。

これでは、1ヶ月を30日とすると10GBの通信量しか通信できないので、
他のモバイルwifiルーターの月間7GBとあまり変わらない気がしてしまいます。

無制限を謳っておきながら、どうしてこのような通信制限を設けたのでしょうか?
そこには、こんな理由があるのです。

まず、本当にワイモバイルの305ZTのユーザーが無制限で通信をしてしまうと、
回線が混雑して通信速度が落ちたり、通信自体が出来なくなってしまいます。

ですので、通信の品質確保のために利用通信料が特に多いユーザーに対してだけ
通信速度の制御を行っているのです。

せっかくの高速通信が使い放題なのに、ユーザーが増えすぎてしまって通信できなく
なったら、無制限プランの意味がなくなってしまうのです。

3日間で1GB以上利用した場合、当日の6時から翌日の6時まで制御されます。
これは「帯域制御の運用基準に関するガイドライン」に基づいて実施しています。

また、使い放題のプランでも月間の通信制限を解除する追加量が契約から2年間
無料になるというだけで、通信制限がかかることには変わりありません。

通信制限を解除する申し込みは端末から出来ますが、この申し込みをする手間は
かかりますので、注意してください。

■本当に使い放題なモバイルwifiルーターは?

ワイモバイルは無制限と宣伝しているのに実際には通信制限があります。
では、本当に無制限で通信できるモバイルwifiルーターはないのでしょうか?

調べてみると、WIMAXのモバイルwifiルーターは通信が無制限となっています。
WIMAXにはWIMAX、WIMAX2+、au 4G LTEの通信エリアを利用できます。

WIMAX通信には制限がありませんので、無制限で利用することができます。
WIMAX2+とau 4G LTE通信の場合は月間7GBという通信制限がかかります。

しかし、「UQ WIMAX Flat ツープラス ギガ放題」を契約するとWIMAX2+でも
月間のデータ通信量に制限がありません。

ですが、au 4G LTE通信で月間7GBの制限がかかったあとは、WIMAX2+でも
無制限で通信することができます。

また、WIMAX2+、au 4G LTEの合計が3日間で3GB以上になった場合は、
翌日にかけて制限をします。

■月間7GBはどれくらいの通信が出来るのか?

月間の制限がないプランや、3日間で1GBの制限があるプラン、月間7GBの制限が
あるプランなど、実に様々な通信量の制限のプランがあります。

しかし、この1GBや7GBとはいったいどれくらいの通信料なのでしょうか?
この通信量についてしらべました。

まず、7GBではこれくらいの通信が出来ます。メール送受信は約1,870万通、
ホームページの閲覧なら約50,600ページ、動画の視聴なら約33時間、
音楽ダウンロードなら約1,790曲です。

1GBだと、メール素受信は約267通、ホームページの閲覧なら約7228ページ、
動画の視聴なら約4.7時間、音楽ダウンロードなら約255.7曲となります。

このようにインターネットを普通に利用する人であればまず通信制限に引っかかる
ことはないくらい余裕のある制限基準なのです。

3日間1GBの制限でも毎日1時間動画を見ることが出来ますし、音楽も毎日10曲
以上ダウンロードできるのです。

■ワイモバイル305ZTの実際の通信速度は?

305ZTのユーザーが通信速度を計測した結果を調べてみると、池袋駅の東口
では、下り約29Mbps、上り約3.2Mbpsとなっています。

東京都内では地下鉄以外ではあまり圏外にはならず、通信が途切れることも
ほとんどなく快適に繋がるようです。

WIMAXは室内に弱いので、電波が入らないことがあるのですが、LTEは室内でも
問題なく通信が出来ます。

■WIMAXはauの4G回線を使わなければ本当に使い放題なのか?

WIMAXは公式サイトに観てみると、WIMAXの通信モードでは通信制限が
ありません。しかし、WIMAX2+とau 4G LTEには月間の通信制限があります。

ですが、「UQ Flat ツープラス ギガ放題」という料金プランならWIMAX2+も
無制限で通信が可能となります。

しかし、au 4G LTEには月間の7GBという制限があり、これにひっかかった
後ではWIMAX2+通信も月間7GBの規制の対象となります。

ですので、au 4G LTE回線を利用しなければ通信制限がかかることはありません。
しかし、通信をしているエリアの混雑状況によっては通信速度を制限されることが
あります。

また、もしau 4G LTE回線を利用して通信制限にかかったとしてもWIMAXは無制限
ですので、au 4G LTEで通信をして、制限されたらWIMAXで通信するという方法も
あります。

WIMAXでは通信制限で通信速度が落ちてしまって使い物にならないということ
にはあまりなりません。

しかし、WIMAX2+とau 4G LTEの通信量が3日間で3GBに達した場合は、
翌日にかけて通信速度を制限する場合があります。

■3日で3GBの容量制限が発動する条件はなに?

では、WIMAX以外のモバイルwifiルーターでも見られる3日で3GBの通信
制限はどのような条件で発動されるのでしょうか?

調べてみると、メールやネットサーフィン、動画、音楽ダウンロードはこれくらいの
量を利用すると制限がかかります。

メールの送受信は約801万通、ホームページは約2.168ページ、動画は
約14.1時間、音楽ダウンロード約765曲です。

3日間でこの通信量を少ないととるか多いと取るかは人それぞれですが、
インターネットヘビーユーザーでない限りは問題ないかと思います。

■通信速度はそれぞれのネットサービスにどれくらい必要なのか?

では、通信量の制限の目安が分かったところで今度は、通信速度について
お話しします。

インターネットサービスを利用するには、それぞれのサービスに必要最低限な
通信速度があります。それについて調べました。

まず、普通のホームページを開くのに必要なのは1Mbps以下の通信速度です。

YOUTUBEは低画質なら0.5Mbps以上あれば見れます。中画質では1Mbps,
高画質では2Mbps,超高画質でも3.5Mbpsあれば十分見れるのです。

動画配信サイトhuluでも通信速度は2Mbps、NHKオンデマンドでは2.5Mbps、
Gyaoでも2.5Mbpsとなっています。

また、通信速度がかなり必要というイメージのあるオンラインゲームでも高画質の
最新CGを使った作品でもこれくらいの通信速度で足ります。

FPSは1Mbps以上あれは問題ないです。ドラクエ10の公式サイトでの推奨環境は
光回線なのですが、安定さえしていれば実質2Mbps位で大丈夫です。

FF14も同じで公式サイトの推奨環境は光回線なのですが、安定していれば
2Mbpsでも問題なく楽しめます。

このように、WIMAXの公式サイトに大きく書かれている最大値220Mbpsの
高速通信は本来、ネットサービスを利用するにあたって必要のない速度なのです。

しかし、最大値はあくまでも最大値で、実際の通信速度は環境により大きく違います。
もし、通信速度が10Mbpくらいしか出なかったとしても通信には問題ないので
ご安心ください。

■家電量販店でWIMAXを購入するのは辞めておきましょう!

家電量販店では高額な料金分のポイントwp特典として、WIMAXへの加入
キャンペーンを行っているところもあります。

しかし、こうしたキャンペーンには、カラクリがあるのです。

調べてみると、毎月の利用料金に少しづつ上乗せする形ですこしづつキャッシュ
バックした金額を取り戻しているのです。

最低利用期間は2年間ですので、2年間の合計で上乗せ金額がキャッシュバック
の費用の半額以上になるシステムとなっています。

つまり、例えば50,000円キャッシュバックと謳湧得ていても実際には10,000円
前後しかキャッシュバックされないシステムになっていることがほとんどです。

家電量販店よりもプロバイダの公式サイトからオンラインで申し込んだ方が
遥かにお得なキャンペーンを利用できます。

■ヤフーwifiなら3日で1GBの制限はいまのところない?口コミ情報は?

ヤフーwifiの公式サイトをみてみると今のところ、3日間で1GBという通信制限は
あります。このような通信制御となっています。

前日までの3日間の利用通信料が839万パケット約1GB以上であれば、
当日6時から翌日6時まで丸1日のあいだ通信制御を行います。

それは、Yahoo!Wi-FI 4G/LTEでもYahoo!Wi-FI 4Gでも同じ通信制御ですので、
注意をしてください。

これは、帯域制御の運用基準に関するガイドライン」に基づいたものです。
通信回線の品質確保のためですし、ユーザーの快適な通信環境のためです。

そして、Yahoo!Wi-Fi使い放題キャンペーンの特典は月間の通信制限がかかっても
追加料金なしで制限を解除できるというものです。

ですので、通信制限はかかります。通常速度に戻す際の料金が無料になっただけで、
通信制限を解除する申し込みが必要であることには変わりありません。

通信制限の解除を申し込み端末本体から行いましょう。
では、ここから口コミの情報を見ていきましょう。

■使い放題!?ヤフーwifiの口コミは?

ヤフーwifiの通信し放題305ZTには、どのような口コミが集まっているのでしょうか?
調べた結果がコチラです。

「通信感度がほとんど良好な状態です。自宅でもオフィスでも十分電波が
入り、特に不満はありません。固定回線があるので、基本的にオフになって
いますが、別の場所ではオンにしています。
たまに電波が悪いこともありますが、ストレスを感じるほどではありません」

「通信速度は速くないけど、通信は安定しています。ping値(通信の安定性を表す
値)が少ないので、通信の反応が速くストレスがありません。
キャリアアグリケ―ション対応なのでエリアは広くて便利なのですが、アップデート
で通信が途切れてしまうことがあります」

「WiMAXから乗り換えたのですが、とても満足しています。甲信地方に
住んでいるのですが、郊外で約15Mbps、市街地では約30Mbpsという
通信速度が出ました。通信エリアも広く電波が届かなくて困ることはないです」

「ドコモ程の通信速度は出ないけど、イライラするほどは遅くないです。
操作も簡単だし、通信利用料の確認も簡単です。3日で1GBの制限が
なければさらに好評化なのですが、制限があっても問題なく利用出来ています」

このように、通信速度が遅いと感じているユーザーが多いようです。

しかし、通信制限に関してはユーザーのインターネット使用頻度によるものですので、
一概に制限がキツイかゆるいかは言えません。

しかし、普通にネットを使う程度であれば制限は気にならない程度だと思います。

■去年までは本当に無制限だった305ZT

調べを進めていると、実は305ZTは去年までは本当に無制限だったということが
わかりました。

「Pocket WiFI 305ZT」で「Pocket WiFIプラン+」に契約をしているユーザーは
月額3,696円で165Mbpsが最大値の高速データ通信を月間7GBまで使えました。

さらに「CA対応PocketWiFi使い放題キャンペーン」を併用すると7GBを使い切った
後に追加料金なしで通信ができる仕組みでした。

実質に無制限で高速通信を利用出来たわけです。このプランは人気を集めましたが、
ユーザーが増えすぎたため、高速通信が使えなくなってしまったのです。

急激なユーザーの増加により、通信料が増大したため、3日間で1GBという
通信制限が設けられたのです。

この制限が出来てから使えなくなったというユーザーも多いのですが、
制限がかからなかったら、もっと使い物にならなくなってしまうのです。
3日間で1GBの制限は必要なものなのです。

■ポケットwifiでは無制限に限界がある

ポケットwifiは無線で通信を行うので、固定回線のような通信速度も通信量も確
保することが難しいのです。

インターネットヘビーユーザーであれば、固定回線を選びましょう。
普通レベルにしかインターネットを使わない場合は、ポケットwifiでも問題ありません。

また、住んでいる場所によって、適しているポケットwifiの会社は異なります。
地域によって、通信エリアがどれだけっ整っているかが大きく違うからです。
それぞれのポケットwifiの公式サイトで通信エリアを調べてから購入するように
してください。

速度制限問題!モバイルルーターはどのように選ぶべき?

無制限のモバイルルーターはあるの?
無制限のモバイルルーターは存在しませんが

「制限がゆるく、体感的に無制限に近いモバイルルーター」ならあります。

WIMAX
です。


ドコモなどのモバイルルーターは月に7Gを超えると速度制限がかかり、使い物になりませんがこちらのモバイルルーターは制限がありません。

WIMAXならギガ放題のプランを選択すると月額4380円で使えます。

3日で3Gの制限はかかりますが、速度制限時でも5、6Mbpsの速度はでるので
普通に動画もサクサクみれます。

実際の使用感は下記に書いていますので参考にしてください。

>>実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)



3日で1Gを超える頻度が多い人はWIMAX一択になります。

なぜならWIMAX(2+)は3日で3Gの速度制限とかなりゆるい制限ですし
速度制限時でも5Mbps以上でるので快適に使えるからです。

動画を沢山見る人以外にも、家でも外でも1つの契約でネットするひとは
WIMAXがいいでしょう。
それだけデータ量を多く使っていますので速度制限に引っかかる可能性が高いからです。

WIMAXは月額4380円と少し高めですが、光回線+WIMAXだと1万円近く
なってしまいますので、WIMAXに一本化したほうが断然安くすみます。

…まとめると、WIMAXは次の人以外は向いていません。
①動画などガンガンネットする人
②自宅と外、両方で頻繁にネットする人

逆に次の人はヤフーWIFIがコスパ最強です。速度も月間7Gになるまでは
普通にスマホと同じくらいの速度が出ます。

①スマホの速度制限をサポートする安いモバイルルーターがほしい。
②家でもネットサーフィンメイン、動画はたまに見る程度なので安いネット回線がいい。



コスパで選ぶモバイルルーター=ヤフーWIFI



ヤフーWIFIは例えばこんな人が使っています。
 賃貸アパートなどで一人暮らしの人
 単身赴任先でネットを使いたい人


>>月額2000円台でWiFiを使う方法とは?



LTE回線はスマホの電波と同じですので、全国にエリアが広がっています。
都市部ではもちろん、地方や田舎でも速い速度で快適にインターネットすることができます。

LTE回線のモバイルルーターで月間の速度制限がないのはYahoo! Wi-Fiの人気が高いです。









「制限」がゆるく、ストレスフリーなネット生活=WIMAX


WIMAXは例えばこんな人が使っています。
 とにかく無制限に近いモバイルルーターを求めている人
 転勤族、転勤が多くて固定回線を毎回引くのが面倒な人


使ってみた感想は下記に書いていますので参考になれば幸いです。

>>実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)



WIMAXは2つのプランがあります。

7G制限有りのプランとなしのプランです。

7G制限あり→UQ Flatツープラス(3696円)

7G制限なし→UQ Flatツープラス ギガ放題(4380円)

差額は約700円です。

ギガ放題が必要がどうかわからない人は最初は7G制限ありのUQ Flatツープラス(3696円)で契約するといいでしょう。

というのも、月単位でプランの変更ができるからです。



7Gを超えそうな月はUQ Flatツープラス ギガ放題(4380円)に、

あまり使わない月はUQ Flatツープラス(3696円)に

変更すればコストが抑えられます。










モバイルルーターで通信量が使い放題があるけど本当ですか? はコメントを受け付けていません。 ポケットwifi