光ファイバー(フレッツ光)の張り紙がアパートにあったら契約必須?

■アパート入居後に契約するならNTT光というチラシが。コレって入るのは必須?

アパートを契約後に部屋にインターネット契約のチラシがあった場合や、ポストに
投函されていた場合、そのチラシの会社との契約は必須か悩むものですよね。

アパートなどの賃貸物件でインターネット契約をする場合はどうすればいいのか、
調べてみました。

まず、アパートやマンションのような集合住宅は開通出来るインターネット回線の
種類が決まっています。

その理由は、集合住宅のインターネット回線の接続方法にあります。
集合住宅のインターネット回線は、外の電線から引いてきて、アパート
などの共同スペース、外の通話や階段まで伸ばしてあります。

そこから、それぞれの部屋へ回線が枝分かれして部屋にインターネットが
届くようになっているのです。

つまり、1つの集合住宅で通っている回線は1種類しかなく、その集合住宅に
住んでいる住人全員が同じ回線で通信をするのです。

アパート契約後にNTT光のチラシがあったということは、NTT光の回線が
ひかれたアパートということだということです。

しかし、「契約必須」ではありませんので、アパートの契約書をもう一度しっかり
見直し、インターネット契約について確認してみてください。

もし、契約書に書かれていなかった場合は大家さんに確認しましょう。

また、プロバイダと呼ばれるインターネットと回線を繋ぐ会社があるのですが、
回線の会社ごとに契約出来るプロバイダは違います。

そして、回線だけではなく、プロバイダも決まっている集合住宅もありますので、
そちらも確認をしておきましょう。

回線もプロバイダも決まっている場合は、すでに回線の設置工事が済んでいる
場合がほとんどです。また、レオパレスのように独自回線を設置している賃貸も
あります。

■光回線が工事済みらしいけど本当に必要か考えよう!

光回線の工事がすでに済んでいて、あとは契約をするだけという場合でも、
本当にNTT光で良いのか考えてみましょう。

調べてみると、光ファイバー(フレッツ光)は集合住宅向けの料金プランが、
4契約以上8契約以下ですとこちらの料金となります。

月額利用料金3,950円+プロバイダ料金500円~=月額合計4,450円~
となっています。

最低利用期間は2年間ですので、2年間の合計利用料金は106,800円~です。
これに、初期費用が加わります。

フレッツ光の集合住宅向けプランの初期費用は、契約料800円+初期工事費
15,000円=15,800円です。

しかし、回線工事済みなら、初期工事費は必要ない場合がほとんどですので、
契約料800円のみとなります。

これよりももっとお得にインターネットに接続する方法があります。

■さらに安くインターネットに接続する方法とは?

モバイルwifiルーターのヤフーwifiなら、最新端末305ZTに申し込むと、
月額3,696円で無制限で通信が出来ます。

最低利用期間である2年間は月間の通信量の制限がなくインターネットを
フル活用することが出来ます。

通信速度下り最大165Mbpsですし、キャリアアグリケ―ションという高速通信
技術を採用しているので、早くて安定している通信が出来ます。

契約事務手数料は3,00円でオンラインで契約出来て、面倒な手続きや
工事は一切不要です。端末は午後3時までに申し込みをしておけば、
翌日に届きます。

ヤフーwifiですと、最低利用期間2年間で合計利用料金が8,8704円、
ユニバーサルサービス料が96円、手数料が3,000円ですので、
合計91,800円となります。

フレッツ光の集合住宅向けプランが106,800円~ですので、
2年間で15,000円~節約することが出来ます。

Yahoo!wifiのキャンペーンで貰えるヤフーポイントはTポイントと合併している
ので街中でもネットショッピングでもさまざまな場所で使えます。

■Tポイント5,000ポイントはどこで使える?

Tポイントの使い道は実にさまざまありますが、一番消費しやすいのは
ファミリーマートですね。

また、ガスト、バーミヤン、ジョナサン、夢庵、グラッチョガーデンズなどの
ファミレスでも使用できますので、利用できる頻度が多いです。

また、ヤフーショッピングでTポイントを使って、商品券を購入したり、Tポイントの
サイトで商品に交換をすることも出来るのですが、カタログギフト系統のすこし
割高な商品が多いようです。

また、スマホがソフトバンクだった場合は、ソフトバンクの利用料の支払いに
Tポイントをつかえます。

■家にWi-Fiを飛ばしたいのですがどういう仕組みなのか調べてもイマイチ

家にWi-Fiを飛ばして今よりも今よりも快適にインターネットを楽しみたい場合、
引っ越し先で新しくWiーFiを利用したい場合は、どうすればいいか悩みますね。

インターネットに詳しくない人にとって、Wi-Fiやプロバイダなどの言葉は馴染みが
ないものです。ここでは、詳しく解説していきましょう。

調べてみると、自宅でWi-Fiを飛ばすにはいくつかのステップがあるようです。

まず、インターネットを通信するための回線を契約します。回線はそれだけでは
インターネットに接続できないので、プロバイダと呼ばれる回線とインターネットを
繋いでくれる会社との契約も必要となります。

そして、回線を家の中まで引いてきてモデムと呼ばれる機器に繋ぎ、そこから
LANルーターに繋いでいきます。

LANルーターには有線LANと無線LANがあるのですが、この無線LANルーターが
WI-FIなのです。つまりWI-FIを飛ばす場合は最低限、インターネット環境が整って
いないといけません。

■インターネット回線なしでWi-Fiを使う方法はできない?

では、上記のような固定のインターネット回線でWI-FIを飛ばす方法は
ないのでしょうか?

Wi-FIについて調べてみると、モバイルwifiというものがみつかりました。

モバイルwifiとは無線でインターネットからの通信を受け取り、無線で
スマホやタブレット、ノートパソコンなどへ通信を送ります。

また、スマホなどからモバイルwifiを通じてインターネットへ通信を送るので、
通信課程は全て無線となります。

モバイルWiFiですと回線の設置工事も必要なく、面倒な手続きもいりません。
手軽にWiFiを飛ばしたい場合に最適な方法です。

■モバイルwifiを実際に使ってみてわかることとは?

では、とっても簡単に始めることが出来るモバイルwifiですが、デメリットは
ないのでしょうか?実際に使用した人の口コミを見てみましょう。

モバイルwifiには、LTE通信とWIMAX通信、2種類のものがありますので、
それぞれの口コミを調べました。

LTE通信に対応している305ZTという機器を使って通信した人の口コミからです。

「通信速度が自宅の固定回線を使って通信した時よりも速いスピードが
出ました。固定回線では下り約8mbpsだったのにヤフーwifiでは下り
約15Mbpsとなり、快適に通信できています」

「2か月間使いました。1ヶ月の通信量は平均で8GBなのですが、
通勤帰宅時にスマホで1時間弱動画を見れています。

通信速度は実測0.7Mbps~0.5Mbpsでているので、ネット閲覧くらい
なら問題なく使えると思います。ただバッテリー持ちがいまいちで
端末が大きいです」

このように、インターネットを普通程度しか使わないユーザーにとっては便利で
問題ないのです。

■WIMAXのモバイルルーターの口コミは?

では、WIMAX通信のSpeed Wi-Fi NEXT WX01の口コミはこちらです。

「使い始めのころは通信が出来て満足していたのですが、渋谷駅前や
新宿駅構内など、最近全然繋がりません。

WIMAXユーザーが増えてきたせいなのでしょうか?日増しに通信が
途切れるようになります」

「2年前のWM3800から乗り換えました。主に自宅でドラクエ10をプレイする
ためのオンラインゲーム用として契約をしたのですが、ほとんど支障ないです。

ただ、プレイヤーが多いところでは明らかに動作がもたもたしてしまいます。
また、公式サイトの説明では128Mbps通信速度が出るとのことでしたが、
実測値では137bps程度に制限されてしまうことが多いです」

WIMAXは無制限の通信が出来るのですが、それはWIMAX通信モードのみで、
WIMAX2+やau 4G LTE通信は他のモバイルWIFIと同じように月間7GBの
制限がかかってしまいます。

しかし、WIMAX通信でも普通のサイトは問題なく観れますし、メールもSNSも
問題なく利用できるので、ご安心ください。

このように、LTEWIMAXどちらのモバイルWIFIでもインターネットを頻繁に利用
するユーザーにとっては、物足りない環境と言えます。

■モバイルワイハイルーターってなに?

モバイルワイハイルーターについて調べてみると、このようなことが分かりました。

モバイルワイハイ(wifi)ルーターとは、無線でインターネットを利用できる小型機器の
ことをいいます。

通信基地局と呼ばれるインターネット通信を送受信してくれる設備から電波を
キャッチすることによってモバイルwifiルーターと繋いでいるスマホやタブレット
でインターネットが使えるのです。

IDパスワードを入力すれば繋がり、電波での通信ですのでケーブルはいりません。
1台で10台前後の通信機器と接続可能ですので、自宅でも外出先でも通信できます。

仕事においても、メールチェックを外出先でも出来て便利ですし、旅行先でも
旅行先の情報収集が楽にできます。

引越しをする時でも手続きや工事なしでそのまま引っ越し先で利用できるのです。
オンラインで申し込後、数日で届き、即日利用できます。

■モバイルwifiルーターの使い方は?

では、モバイルwifiルーターを使うにはどんなポイントに注意が必要か見ていきましょう。
調べた結果、このようなポイントがありました。

まず、モバイルwifiルーターの端末が届いたら、簡単な設定をおこなうだけで
すぐに使い始めることができます。

しかし、モバイルwifiルーターを使うには、電波が入る場所かどうかが重要となります。
それぞれのモバイルwifiルーターの事業者によって通信エリアはちがうので
気をつけましょう。

DOCOMOのモバイルwifiルーターはLTE通信のXi(クロッシィ)とFOMAエリアが
使えます。UQ WIMAXではWIMAXとWIMAX2+、au 4G LTEの通信エリアが利用可能。

SoftBankのモバイルwifiルーターではSoftBank 4G ULTRA SPEED、LTE 3Gが
利用可能となっています。

■モバイルwifiを選ぶ時に気をつけること

モバイルwifiルーターにはWIMAXとLTEの2種類があるのですが、WIMAXにも
LTEにも複数のプロバイダがあります。

しかし、調べてみた結果、通信速度や通信エリアの広さ、月額の利用料金などは
WIMAX同士、LTE同士、ほとんど差がありません。

ですので、WIMAXかLTEかどちらにするかを決めたら、あとはプロバイダごとに違う
キャンペーン内容で判断をするようにしてください。

WIMAXでは、契約をすると26,800円のキャッシュバックを受けられるとくとくBBや
20,000円キャッシュバックのキャンペーンがある@nifty、契約前に15日間無料で
端末をレンタルしてくれるサービスがあるUQ WIMAXと、会社ごとに大きく違います。

一方、LTEは今なら2年間月間利用通信料が無制限というキャンペーンを
ヤフーwifiでも楽天wifiでも行っています。

それにヤフーwifiならTポイントが5,000ポイントつき、楽天wifiなら楽天
ポイントが10,000ポイントがプレゼントされるか、3ヶ月間月額利用料
が0円になるか選べます。

また、楽天wifiに契約をしている間はずっと楽天市場での買い物の際に付く
ポイントが3倍になります。

■WIMAXとLTEそれぞれの通信速度と周波数は?

それぞれのモバイルwifiルーターの周波数はどれくらいなのでしょうか?
調査してみました。

まず、UQWIMAXの周波数帯は2.5GHz、EMOBILEの周波数帯は1.7GHz。
DOCOMOは800MHz~2.1GHzまでの5つの周波数帯を持っています。

SoftBankは1.5GHz、2GHzの2つの周波数を持っています。

もっとも周波数が高いのはUQWIMAXの2.5GHzですが、周波数が高いと通信
速度が速く大容量の通信でもスムーズな反面、電波が勢いよく直進してしまい、
建物などにぶつかって、室内では通信が上手くできません。

一方、DOCOMO、EMOBILE、SoftBankのように周波数が低いと、通信速度に
制限があり、速度自体も少し遅くなってしまいます。

しかし、そのぶん曲がりやすいので建物の中でも電波が回り込んで問題なく
通信をすることが出来ます。

周波数が高いと光に近い特徴を持っていて、周波数が低いと音に近い特徴を
持っています。

速度制限問題!モバイルルーターはどのように選ぶべき?

無制限のモバイルルーターはあるの?
無制限のモバイルルーターは存在しませんが

「制限がゆるく、体感的に無制限に近いモバイルルーター」ならあります。

WIMAX
です。


ドコモなどのモバイルルーターは月に7Gを超えると速度制限がかかり、使い物になりませんがこちらのモバイルルーターは制限がありません。

WIMAXならギガ放題のプランを選択すると月額4380円で使えます。

3日で3Gの制限はかかりますが、速度制限時でも5、6Mbpsの速度はでるので
普通に動画もサクサクみれます。

実際の使用感は下記に書いていますので参考にしてください。

>>実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)



3日で1Gを超える頻度が多い人はWIMAX一択になります。

なぜならWIMAX(2+)は3日で3Gの速度制限とかなりゆるい制限ですし
速度制限時でも5Mbps以上でるので快適に使えるからです。

動画を沢山見る人以外にも、家でも外でも1つの契約でネットするひとは
WIMAXがいいでしょう。
それだけデータ量を多く使っていますので速度制限に引っかかる可能性が高いからです。

WIMAXは月額4380円と少し高めですが、光回線+WIMAXだと1万円近く
なってしまいますので、WIMAXに一本化したほうが断然安くすみます。

…まとめると、WIMAXは次の人以外は向いていません。
①動画などガンガンネットする人
②自宅と外、両方で頻繁にネットする人

逆に次の人はヤフーWIFIがコスパ最強です。速度も月間7Gになるまでは
普通にスマホと同じくらいの速度が出ます。

①スマホの速度制限をサポートする安いモバイルルーターがほしい。
②家でもネットサーフィンメイン、動画はたまに見る程度なので安いネット回線がいい。



コスパで選ぶモバイルルーター=ヤフーWIFI



ヤフーWIFIは例えばこんな人が使っています。
 賃貸アパートなどで一人暮らしの人
 単身赴任先でネットを使いたい人


>>月額2000円台でWiFiを使う方法とは?



LTE回線はスマホの電波と同じですので、全国にエリアが広がっています。
都市部ではもちろん、地方や田舎でも速い速度で快適にインターネットすることができます。

LTE回線のモバイルルーターで月間の速度制限がないのはYahoo! Wi-Fiの人気が高いです。









「制限」がゆるく、ストレスフリーなネット生活=WIMAX


WIMAXは例えばこんな人が使っています。
 とにかく無制限に近いモバイルルーターを求めている人
 転勤族、転勤が多くて固定回線を毎回引くのが面倒な人


使ってみた感想は下記に書いていますので参考になれば幸いです。

>>実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)



WIMAXは2つのプランがあります。

7G制限有りのプランとなしのプランです。

7G制限あり→UQ Flatツープラス(3696円)

7G制限なし→UQ Flatツープラス ギガ放題(4380円)

差額は約700円です。

ギガ放題が必要がどうかわからない人は最初は7G制限ありのUQ Flatツープラス(3696円)で契約するといいでしょう。

というのも、月単位でプランの変更ができるからです。



7Gを超えそうな月はUQ Flatツープラス ギガ放題(4380円)に、

あまり使わない月はUQ Flatツープラス(3696円)に

変更すればコストが抑えられます。










光ファイバー(フレッツ光)の張り紙がアパートにあったら契約必須? はコメントを受け付けていません。 インターネット回線の契約