ポケットwifiのつなぎ方は?アパートのネット環境の整え方とは?

■アパートに引っ越後、すぐにネットを使いたい、wifiとは?

一人暮らしを始めたり、単身赴任になったりしたときに引っ越し先の
アパートで手軽にネットに繋がりたいですよね。

しかし、ネットに詳しくない人にとってネット環境を整えることは容易ではありません。
ここでは、ネットの基本であるwifiについてご説明いたしましょう。

Wifiについて調べると、wifiとは子機無線でインターネットサービスにアクセスし、
利用する機器のことをいいます。

Wifi子機と呼ばれる機器には、パソコン、スマホ、タブレット端末、ゲーム機など
があります。現在発売されている、こうした通市機器のほとんどがwifiに対応
しているのです。

wifi子機からのアクセスを受けて子機同士を接続することも有線を利用している
ネットワークと接続することもできます。

そして、これらのwifi子機をネットワークへ接続させる役割を果たすのが、
wifi親機である無線LANルーターやwifiルーターと呼ばれる機器です。

自宅の外の電線からインターネット通信回線を引いてきて自宅の中に引き入れ、
モデムと呼ばれる機器へ繋ぎます。

そして、モデムからケーブルでwifiルーターへ繋ぎ、通信を行うのです。

■固定回線からwifiを飛ばす方法

では、wifiが何かわかったところで固定回線からwifiを飛ばすには、どのように
したらいいのでしょうか?調べてみました。

まず、固定回線を契約する時にプロバイダという会社も一緒に契約します。
プロバイダとはオンターネットと通信回線を繋ぐ役割をしてくれる会社のことです。

そして、回線を家に引き、モデムからケーブルでLANルーターへとつなぎます。
この時、LANルーターは有線LANルーターであれば、LANルーターから再び
ケーブルを伸ばし、パソコンなどへ接続します。

wifiを飛ばしたいのであれば、LANルーターは無線LANルーターにしましょう。
無線LANルーターであれば、モデムからケーブルで無線LANルーターに繋がり、
電波で様々な通信機器へ繋がることができるのです。

■ポケットwifiとは?

モデルから繋がるwifiルーターですが、持ち運びが出来るポケットwifiとか、
モバイルwifiと呼ばれるものもあります。

ポケットwifiについて調べてみると、通常のwifiルーターとは違い、有線で
モデムに繋がる必要がありません。

ポケットwifiはインターネット通信を電波でキャッチし、電波でスマホやタブレット
などで飛ばす通信方法なのです。

ですので、持ち運びができ家の中などの決まった場所だけではなく、
外出先や駅のホーム、車の中でも通信が出来ます。

しかし、電波で通信を捕まえて、電波で送るので、周囲の環境に左右されやすく、
通信が安定しないというデメリットがあります。

とても手軽なのですが、地下鉄の駅間や半地下のカフェ、高層ビルの上層階、
高いビルとビルの間、山奥などの奥まった場所などでは通信が出来ないことが
多くあります。

また、通信をするためには、通信基地局という施設がある地域でしか繋がれません。
それは固定回線でも同じですが、契約をする前に、自分が住んでいる場所が
通信エリアに入っているか調べましょう。

ポケットwifiのプロバイダの公式サイトで調べられるようになっています。

■インターネットサービスをスムーズに利用するためには・・・?

ポケットwifiの中でも有名なWIMAXという会社は、最大の通信速度が
220Mbpsの端末があり人気となっています。

しかし、そもそもインターネットサービスを利用するにあたって、そこまで
通信速度は必要ないのです。

実際にインターネットのサービスを利用するのに必要な通信速度を調べました。

YOUTUBEで低画質な動画を再生するのに必要な通信速度は0.5Mbps、
中画質だと1Mbps、高画質になると、2Mbps、超高画質ですと3,5Mbps
必要になります。

また、動画サービスを提供してくれるサイトではhulu2Mbps、NHKオンデ
マンドでは、2.5Mbps、Gyaoでも2.5Mbps以上という結果でした。

通常の画像が貼ってあるサイトを閲覧するには、1Mbpsあれば十分です。
つまり、超高速通信である220Mbpsは必要ないのです。

また、通信環境によって速度は大きく変わりますので、最大値が
220Mbpsでも、100Mbps以下の通信速度しか出ません。

■モバイルwifiルーターを使えば工事なしで使える?

モバイルwifiルーターを使えば工事なしでもインターネットを始めることが出来
ます。ここでは、UQ WIMAXという会社のモバイルwifiルーターの始め方を
ご紹介しましょう。

公式サイトによると、UQ WIMAXは回線工事なしで通信端末が届いたその日に
インターネットを使えるようになります。

公式サイトからオンラインで申し込みをしてWIMAXの端末を購入します。
はやければ即日WIMAXを利用することができるようになります。

固定回線の場合は、申し込みをする前に引っ越し先での回線設備を確認し、
引っ越しをしてから引っ越し先で新しい回線の設置工事をして利用可能となります。

申し込みから利用できるようになるまで2週間~1ヶ月間の期間がかかります。
モバイルwifiルーターの方が遥かにスムーズに通信できるようになるのです。

引越しの先も面倒な手続きや工事は一切必要なく、そのままで新しい自宅でも
使うことが出来ます。

■契約に必要な書類などはなにがある?

契約には書類や印鑑などが必要となるのでしょうか?
引き続きUQ WIMAXの公式サイトで調べました。

UQ WIMAXは口座振替とクレジットカードでの支払いが可能となります。
ですので、口座振替の場合は本院確認書類のコピーが必要です。

しかし、クレジットカードでは本人確認書類は必要ありません。
クレジットカードの情報の入力が必要となります。

同じWIMAXでもプロバイダによって必要なものは違います。

とくとくBBの場合は、クレジットカードでの支払いのみとなります。
契約にクレジットカードの情報を入力するのは必須です。

Broad WIMAXの場合は、口座振替とクレジットカード、2つの支払い方法から
選ぶことが出来るのですが、クレジットカードの場合はカード情報が必要となります。

口座振替の場合は、本人確認の連絡が専門スタッフからありますので、
用意するものはありません。

■WIMAXの実際の口コミは?

では、WIMAXのユーザーの実際の口コミにはどのようなものがあるの
でしょうか?調べてみました。

「Speed Wi-Fi NEXT WX01」というWIMAX2+とWIMAXの通信モードが使える
端末についての口コミです。

「3日間で3GBという通信料の制限があると、1ヶ月間で30GBしか通信が
できません。少しお粗末な印象を受けました」

「神奈川県川崎市で使用したところ、通信速度は下り16.2Mbps、上り3.1Mbps
という結果でした。通信制限がありますが、自分はインターネットをそこまで頻繁に
やらないので、問題ないです。

また、通信速度も不便には感じていないのですが、220Mbpsというセールス
ポイントはなんだったんだろうと思います」

「9割がたは問題なく使用できるのですが、3日に1回くらい突然回線が
遮断されて、端末やPCが使えなくなります。端末を再起動すると元に戻ります」

このように、インターネットを頻繁に利用する人にとっては物足りなく、あまり
利用しない人、普通の頻度でしかインターネットをやらない人には問題なく
通信環境と言えます。

通信速度が最大値よりはるかに遅いのですが、ネットサービスは5Mbpsという
通信速度でも十分動画も観れて、オンラインゲームも出来ますので、通信には
影響ありません。

また、WIMAXには通信制限と言って、3日間で3GBの通信制限があるので、
事実上、月間で30GBまでしか使うことが出来ません。

■それぞれのモバイルwifiルーターの通信制限について

では、モバイルルーターには通信制限があるのでしょうか?
調査の結果がコチラです。

ヤフーwifiは月間の通信制限が無制限の305ZTという端末のプランもありますが、
303HWの場合は月間7GBまでという通信制限があります。

とくとくBBのWIMAXギガ放題は制限がありません。
@nifty WIMAXにもギガ放題プランがあるので月間の制限はありません。

このようにモバイルルーターには無制限のものと月間の制限があるものがあります。
同じ会社の端末でもプランなどによって違いますので、注意をしましょう。

■モバイルwifiルーター(ポケットWIFI)の種類はLTEとWIMAX

モバイルWIFIルーターには2つの種類があります。LTEとWIMAXです。
ここでは、2つのモバイルwifiルーターには、どのような違いがあるかを
ご説明いたしましょう。

それぞれのモバイルwifiルーターについて調べてみました。
まずは、LTEのモバイルルーターからです。

LTEのモバイルルーターはキャリアアグリケ―ションと言って2つの周波数の
電波を束ねてデータを送受信する携帯ネットワークの技術のことです。

2つの異なる周波数を合わせることにより、通信速度があがり、安定して
高速な通信ができるようになったのです。

キャリアアグリケ―ションを採用したLTEモバイルwifiルーター、305ZTの通信
速度の最大値は165Mbpsです。

月額の利用料金は3,696円、初期費用は3,000円です。

つづいてはWIMAXの説明です。このような特徴があります。

WIMAXには月間の通信制限がありません。ですので、インターネットを
毎日、思いっきり楽しみたい人、仕事などでネット環境が必要な人には
通信制限を気にする必要がないので安心です。

しかし、LTEが2種類の周波数で通信するのに対して、WIMAXは1種類の
周波数で通信をします。

1種類の周波数しかなく高速な通信をするために建物の外壁などにぶつかって
しまい、室内での通信が不安定になったり、繋がらなかったりします。

しかし、屋外で開けている場所では高速の通信ができます。

LTEは通信に柔軟性があるので、室内でも携帯のようにしっかり繋がります。
しかし、屋外の開けている場所でもあまり通信速度は上がりません。

■LTEとWIMAX、それぞれの実際の通信速度は?

LTEとWIMAX、それぞれの通信速度にはどれくらいの差があるのでしょう。
2つのモバイルルーターの通信速度について調べました。

全国50地点で調べたサイトによると、WIMAXの通信実際の速度は全国平均で
下り約22.3Mbps,上り約4.5Mbpsという結果だったそうです。

下りの通信速度は十分出ていて問題がないのですが、上りは少し心細い結果です。
通常のサイトをみるのには1Mbps以下で十分で、高画質の動画も2Mbpsあれば
いいのですが、超高画質動画になると4Mbps前後、必要となります。

超高画質動画では少し心細い結果となってしまいました。

一方のLTEは全国50地点の平均通信速度が下り約25.2Mbps、上り約8Mbps
となっています。

特に仙台と東京の下りの速度では仙台約28Mbps、東京約27.2Mbpsと
30Mbps近い通信速度となります。

通信速度は上り・下り共に安定していて、通信がスムーズに出来る環境と
考えられます。

■モバイルwifiルーターを使ったことがない約40%の人が利用を検討

これだけ、全国的に通信環境が整っているモバイルwifiルーターですが、
調べてみると、まだまだ利用したことがない人も多くいます。

モバイルwifiルーターを利用したことがない人・1,000人に対して行った
アンケートを見てみると、40%の人は利用料金がやすくなったら、利用して
みたいと返答しています。

また、自宅の固定回線の代わりにモバイルwifiルーターを利用することを
考えたいと返答した人はそのうち、3分の1にまでのぼりました。

自宅の固定回線の乗り換えの選択肢として、ある程度認知されていることが
分かります。

■LTEのデメリットは何?

では、日本全国平均の下りも上りも通信速度が速かったLTEですが、
デメリットはなんなのでしょう。

調べてみると、2つのデメリットがあることが分かりました。

まず、LTEでは月間の通信制限がある端末があります。
WIMAXにはすべての端末で通信無制限のモードが使えるのです。

LTEにも無制限プランはあるのですが、常にそのプランがある訳ではなく、
キャンペーンで行われる定期的に出てくるプランです。

そして、もう一つのデメリットは契約から2年が経過すると、通信が
無制限ではなくなってしまうことです。しかし、契約更新月に解約を
すれば解約金も無料ですし、問題ないです。

LTEにもWIMAXにもデメリットがあります。ユーザーの利用環境に合わせて
どちらのモバイルwifiルーターにするかを判断してください。

速度制限問題!モバイルルーターはどのように選ぶべき?

無制限のモバイルルーターはあるの?
無制限のモバイルルーターは存在しませんが

「制限がゆるく、体感的に無制限に近いモバイルルーター」ならあります。

WIMAX
です。


ドコモなどのモバイルルーターは月に7Gを超えると速度制限がかかり、使い物になりませんがこちらのモバイルルーターは制限がありません。

WIMAXならギガ放題のプランを選択すると月額4380円で使えます。

3日で3Gの制限はかかりますが、速度制限時でも5、6Mbpsの速度はでるので
普通に動画もサクサクみれます。

実際の使用感は下記に書いていますので参考にしてください。

>>実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)



3日で1Gを超える頻度が多い人はWIMAX一択になります。

なぜならWIMAX(2+)は3日で3Gの速度制限とかなりゆるい制限ですし
速度制限時でも5Mbps以上でるので快適に使えるからです。

動画を沢山見る人以外にも、家でも外でも1つの契約でネットするひとは
WIMAXがいいでしょう。
それだけデータ量を多く使っていますので速度制限に引っかかる可能性が高いからです。

WIMAXは月額4380円と少し高めですが、光回線+WIMAXだと1万円近く
なってしまいますので、WIMAXに一本化したほうが断然安くすみます。

…まとめると、WIMAXは次の人以外は向いていません。
①動画などガンガンネットする人
②自宅と外、両方で頻繁にネットする人

逆に次の人はヤフーWIFIがコスパ最強です。速度も月間7Gになるまでは
普通にスマホと同じくらいの速度が出ます。

①スマホの速度制限をサポートする安いモバイルルーターがほしい。
②家でもネットサーフィンメイン、動画はたまに見る程度なので安いネット回線がいい。



コスパで選ぶモバイルルーター=ヤフーWIFI



ヤフーWIFIは例えばこんな人が使っています。
 賃貸アパートなどで一人暮らしの人
 単身赴任先でネットを使いたい人


>>月額2000円台でWiFiを使う方法とは?



LTE回線はスマホの電波と同じですので、全国にエリアが広がっています。
都市部ではもちろん、地方や田舎でも速い速度で快適にインターネットすることができます。

LTE回線のモバイルルーターで月間の速度制限がないのはYahoo! Wi-Fiの人気が高いです。









「制限」がゆるく、ストレスフリーなネット生活=WIMAX


WIMAXは例えばこんな人が使っています。
 とにかく無制限に近いモバイルルーターを求めている人
 転勤族、転勤が多くて固定回線を毎回引くのが面倒な人


使ってみた感想は下記に書いていますので参考になれば幸いです。

>>実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)



WIMAXは2つのプランがあります。

7G制限有りのプランとなしのプランです。

7G制限あり→UQ Flatツープラス(3696円)

7G制限なし→UQ Flatツープラス ギガ放題(4380円)

差額は約700円です。

ギガ放題が必要がどうかわからない人は最初は7G制限ありのUQ Flatツープラス(3696円)で契約するといいでしょう。

というのも、月単位でプランの変更ができるからです。



7Gを超えそうな月はUQ Flatツープラス ギガ放題(4380円)に、

あまり使わない月はUQ Flatツープラス(3696円)に

変更すればコストが抑えられます。










ポケットwifiのつなぎ方は?アパートのネット環境の整え方とは? はコメントを受け付けていません。 ポケットwifi