インターネット契約をWIMAXでしたいが一人暮らしにwifiはあってる?

■自宅でWi-Fiを飛ばしたいがどういう仕組みなのか調べてもイマイチ分からない

自宅でのインターネット契約をWI-FIで検討しているけど、どういう仕組みなのか
分からない場合は、なかなか契約にまでは踏み切れないものですよね。

ここでは、WI-FIの仕組みについてご説明いたしましょう。

無線LANとは、電波でデータを送受信する構内通信網のことです。

LANというのは、会社内や家庭内でパソコンやプリンタ、スマホ、オンライン
ゲーム機などをつないでデータをやりとりできるようにするネットワーク
なのです。

ケーブルを使った通信は有線LAN、電波を使った通信は無線LANといいます。
この無線LANのことをWi-FIというのです。

無線LANを利用することで、ケーブルを気にすることなく好きな場所
に移動してネット接続できるのです。

最近は公共無線LANと呼ばれる無料で使える公共の通信サービス
スポットもあります。

無線LANは、アクセスポイントと呼ばれる親機とパソコンなどの子機が
必要となります。

最近はほとんどノートパソコンやスマホに無線LANが内蔵されているので、
親機となるアクセスポイントがあれば、ネットに接続できるのです。

では、モバイルWI-FIとはどのようなものなのでしょうか?

■モバイルWI-FIルーターの仕組みは?

では、WI-FIとモバイルルーターにはどのような違いがあるのでしょう?

Wi-FIは、無線通信機器ですが、外の電線から通信回線をひっぱってきて
モデムと呼ばれる機器に行きつきます。そこからWi-FIへと繋がるのです。

つまり、通信回線とは有線で繋がり、通信機器とは繋がるのです。

ですので、家の中では無線で通信をすることができるのですが、
家の外までは通信をすることができません。

一方、モバイルWi-Fiルーターは外の通信回線ともスマホやノート
パソコンなどの通信機器とも無線で繋がるWIFIのことです。

ですので、家の中でも外でも通信をすることが出来ます。
回線やモデムの設置工事も一切必要ありません。

オンライン上の簡単な手続きで購入出来て、申し込みから数日で
通信端末が届きます。

引っ越しなどの際も手続きは一切不要でそのまま引っ越し先で通信を
することが出来ます。

■モバイルルータの種類は?

では、モバイルルーターの種類は、どのようなものがあるのでしょうか?
ここでは、人気のモバイルルーター順にご紹介いたします。

モバイルルーターの中でも一番人気のWIMAXは、料金プランや通信モードに
よっては、月間の通信制限がありません。

月額は2856円で業界最安値となっています。通信速度は最大で220Mbpsと
なっていますが、口コミの通信速度は60Mbpsくらいとなっています。

ワイモバイルポケットWi-FiLTEは月間の通信制限が7GBなのですが、
追加料金を支払えば通信祖制限を解除することが出来ます。

そして、契約から2年間、通信制限がかかっても追加料金が無料となるので、
事実上は無制限になります。

月額2,700円前後で利用できますので、おススメです。

ソフトバンクやODOCOMOは月間の7GBの通信制限がありますが、
通信エリアの広さには定評があり、モバイルルーターでありながら、
固定回線のような通信環境となります。

月額の利用料金は安くはありませんが、持ち歩ける固定回線のようなもの
なので、料金分以上の価値はあります。

■直近3日間の通信制限に注意をしましょう!

通信制限には、月間7GBと直近3日間で1Gbという2つのタイプの通信制限は
あります。

どのモバイルルーターも基本的には、両方の通信制限があるのですが、
3日間の通信制限は翌日までの通信制限で済みます。

しかし、月間の通信制限は追加料金を支払わないと通信速度が170kbps
前後と10年以上前の携帯電話くらいの通信速度になってしまいます。

1GBとは、高画質な動画を2時間くらい見たら簡単に達してしまうくらいの通信量です。

通信残量は簡単にチェックできるので、小まめに残量を確認しながら、
通信をしてください。

一人暮らしでは、インターネット契約をするのも、面倒ですし、引っ越しの頻度も
家族よりも多くなります。

一人暮らしのうちはモバイルルーターで、結婚をしたら、固定回線というように
するケースが現在は主流です。

インターネット環境は1年から2年間解約をすることが出来ません。
10,000円前後の違約金を支払うことになるからです。

ですので、しっかり調べてよく考えてから契約をするようにしてください。
契約時の際とはプリントアウトしておきましょう。トラブルが起きた時に役に立ちます。

■フレッツ光導入済み賃貸マンションに引っ越した。月額料金の相場は?

フレッツ光とすでに契約しているマンションに入居すると毎月の家賃に
インターネット料金が含まれていることが多いです。

ですので、フレッツ光契約済みのマンションではなかなか月々の利用料金が
いくらなのかが分からないですよね?

ここでは、マンションタイプのフレッツひかりの月額の利用料金の相場を
お話ししましょう。

フレッツ光ライトの利用料金は月額2,200円~4,400円です。
フレッツ光ネクストの利用料金は月額2,930円となっています。

平均利用金額は月々2,930円のフレッツ光ネクストと考えると分かりやすい
ですね。フレッツ光は高額なイメージがあるかと思いますが、実は3,000円
以下なのです。

それに、プロバイダ料金が加算されるのですが、OCNは月額500円前後です。

インターネットは人によって1日に利用する時間、通信量、動画再生時間や
オンラインゲームをするかしないかで大きく変わって来ます。

平均を出すのはとても難しいのですが、フレッツ光でも3,000円くらいで
利用できるということは頭に入れておいてください。

マンションによっては、インターネット無料と言いつつ、家賃にしっかり
含まれている場合もあります。

■固定回線は引っ越しのタイミングによって違約金がかかるって本当?

フレッツ光は2年間の契約です。ですので、契約から24か月間以内に
解約をするとなると違約金が発生します。

まず、にねん割の違約金はマンションタイプなら1,500円、フレッツ光
ネクスト ビジネスタイプは契約期間終了まで2~1年ある場合は、
50,000円、1年以内なら25,000円かかります。

フレッツ光ライト マンションタイプは契約終了まで2~1年なら9,000円
1年以内なら4,500円となっています。

また、契約満了月以内に解約をする場合は、違約金は一切発生しません。

引っ越しのタイミングに合わせるのは難しいですが、解約のタイミングを
自分でコントロールできる場合は契約満了月を考慮しましょう。

また、フレッツ光も違約金が発生しますが、プロバイダにも違約金が
発生するので、注意をしましょう。

■プロバイダへの解約申し込みを忘れずに!

フレッツ光は契約をする時はプロバイダとフレッツ光を一緒に契約出来ます。
1度申し込みと契約で2社と契約をするのです。

しかし、解約となるとフレッツ光とプロバイダ、別々で解約の申し込みを
する必要があります。

プロバイダへの解約申し込みを忘れていると使っていない料金を毎月
支払い続けることになります。

プロバイダ側からは何の連絡もきませんので、忘れずに解約をしましょう。

また、プロバイダの違約金にも注意をしてください。
基本的にフレッツ光の契約タイミングとプロバイダとの契約タイミングは同じです。

ですので、違約金が発生しないタイミングも契約から2年と同じタイミングなのです。

以前インターネット回線と同じ時に契約したプロバイダをそのまま使って
いる場合は、違約金が発生しないタイミングが別ですので、事前に
確認をしてください。

人気プロバイダであるOCNでは、マンションタイプは契約から2年以内に
解約をすると5,000円かかります。

■フレッツ光を正しく解約するために・・・?

フレッツ光を正しく解約するために、このようなポイントに気を付けて
おきましょう。

まず、プロバイダの解約忘れを防ぐためにフレッツ光よりも先に
プロバイダを解約してください。

プロバイダのカスタマーセンターは繋がらないことで有名なので、
オンラインで解約手続きをすることをおススメいたします。

また、基本的にフレッツ光は電話での解約手続きとなります。

そして、初期費用を分割払いしている場合は、残りの初期費用を一括で
支払うことになります。

その人の状況によって、解約にかかる費用は差があるのです。

一人暮らしではインターネット回線の契約が面倒に感じてしまいますよね?

ネオパレスなどの賃貸マンションもインターネット環境が整っているの
ですが、レオパレス独自のネット回線となります。

このレオパレス独自のネット回線は繋がりにくいことで有名ですので、
ネット利用が多い人には物足りないものと言えます。

しかし、月々の利用料金が2,000円以下ととてもお得な料金ですので、
料金に合っている通信環境なのです。

メールとSNS少しネットサーフィンをする程度ならこれでも問題なく
通信をすることが出来ます。

ネットを普段あまり使わない場合は、レオパレスが、ネット環境がシッカリ
しているマンションに住みたい場合は、フレッツ光対応のマンションとネット
環境に合わせてマンションを決めるのも一つのマンション選びの方法です。

■一人暮らしのインターネット契約はWIMAXが本当に正解か?

一人暮らしのインターネット環境としてさまざまなサイトでおすすめされている
WIMAXですが、本当に一人暮らしにメリットばかりなのでしょうか?

しかし、実はよく調べてみると細かいデメリットがあるのです。
ここでは、WIMAXのいくつかのデメリットについてお話しします。

まず、WIMAXはモバイルルーターの中でも通信の電波が曲がりにくいです。

その理由はWIMAXの通信回線がauの回線をレンタルしているからです。
WIMAXのもともとの会社はUQ WIMAXです。

UQWIMAXはKDDIグループですので、au回線とは別の回線で通信をすることで、
ユーザーがインターネットが出来るようにしているのです。

ですが、レンタルしている回線にはさまざまな制限があります。

通信速度の制限、通信量の制限なのですが、この制限がきびしいため、
家の外壁に電波が阻まれて著しく弱くなってしまいます。

WIMAXはも窓際でしか通信できないという口コミが数多くあるほど
なのです。

オンラインゲームや動画再生、音楽視聴を良くするユーザーは、
WIMAXでは不便を感じることと思います。

一方、ネットサーフィン、SNS、メールくらいしか使わない場合は、
WIMAXでも不便を感じないでしょう。

通信速度が速く安定しているのは、LTE通信のモバイルルーターです。

■通信が安定しているモバイルルーターはLTE

通信速度が高速で安定しているのはLTEです。

特に東京都内では、LTE通信エリアに100%入っているので、地下でも
通信速度がそこまで落ちずに、快適に利用することができます。

ここでは、WIMAXとLTEの通信環境の違いをお話ししましょう。

まず、WIMAXは音声通話を行えないというデメリットがありますが、
単純に通信環境を整えたいだけなら問題ありません。

実効カバー率はLTEよりも広いのですが、下りの通信速度が最大で40Mbps
と少し遅い速度となっています。

しかし、高画質の動画再生でも5Mbpsあれば十分ですので、
通信速度にこだわる必要はあまりありません。

また、屋内に弱いのですが、ルーターを窓際に置いておいたり、ベランダに
置いたりすることで、通信の弱さはカバーできます。

一方、LTEの通信環境は通信速度は下り最大で75Mbpsですので、
WIMAXの1,5倍くらい出ます。

また、実測の通信速度は通信環境がシッカリ整備されている都市部で
20Mbps,全国平均としては2~5Mbpsとなっています。

ネットサービスを全てスムーズに利用するためには5Mbpsは必要
ですので、場所によっては、動画などが見れないこともあります。

■地下でもスムーズなLTEの通信速度!

イーモバイルのLTE通信対応モバイルルーターは、数年前までは建物の
中などのエリア展開が弱く、地下鉄の駅や高速ビルの上層部では圏外に
なってしまうという現象が起きていました。

しかし、現在のイーモバイルは地下鉄駅をはじめとするさまざまな場所でも
スムーズに繋がるようになっているのです。

イーモバイルLTE対応のルーターは地下街や地下鉄では、LTE通信
から3G通信モードに下がってしまうのですが、それでも2~3Mbpsの
通信速度は出るのです。

ネットサーフィン、メール、SNS、音楽視聴ならスムーズに出来ます。
動画も低画質や中画質なら問題ありませんよ。

■通信速度の最大値は実測では出ない?!

通信速度はの最大値がよく100Mbps!とか、220Mbps!とか出ていますが、
それはそれぞれのモバイルルーターにとって、もっとも理想的な環境になった
場合に出る通信速度です。

実際に通信速度を測ったサイトを観てみると高速通信のLTEでも60Mbpsや
40Mbpsといった速度しか出ていないのです。

ですので、モバイルルーターや固定回線を選ぶ基準は通信速度以外の
オプションや料金、サービス体制などで選ぶようにしてください。

また、WIMA以外のモバイルルーターには通信制限があります。
そのことを考慮してネット環境を選びましょう。

そして、基本的にインターネットの問い合わせセンターは繋がりにくいと
いう特徴があります。

契約前に書類などにしっかり目を通して疑問点を解消しておくようにしてください。

フレッツ光はサポートセンターが電話がつながりにくいので、オンラインで
Q&Aなどを見て疑問を解決するようにしましょう。

モバイルルータもプロバイダもコールセンターが繋がりにくいことが良くあります。
公式サイトのQ&Aには細かい質問と答えが記載されていて、とても役立ちますよ。

速度制限問題!モバイルルーターはどのように選ぶべき?

無制限のモバイルルーターはあるの?
無制限のモバイルルーターは存在しませんが

「制限がゆるく、体感的に無制限に近いモバイルルーター」ならあります。

WIMAX
です。


ドコモなどのモバイルルーターは月に7Gを超えると速度制限がかかり、使い物になりませんがこちらのモバイルルーターは制限がありません。

WIMAXならギガ放題のプランを選択すると月額4380円で使えます。

3日で3Gの制限はかかりますが、速度制限時でも5、6Mbpsの速度はでるので
普通に動画もサクサクみれます。

実際の使用感は下記に書いていますので参考にしてください。

>>実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)



3日で1Gを超える頻度が多い人はWIMAX一択になります。

なぜならWIMAX(2+)は3日で3Gの速度制限とかなりゆるい制限ですし
速度制限時でも5Mbps以上でるので快適に使えるからです。

動画を沢山見る人以外にも、家でも外でも1つの契約でネットするひとは
WIMAXがいいでしょう。
それだけデータ量を多く使っていますので速度制限に引っかかる可能性が高いからです。

WIMAXは月額4380円と少し高めですが、光回線+WIMAXだと1万円近く
なってしまいますので、WIMAXに一本化したほうが断然安くすみます。

…まとめると、WIMAXは次の人以外は向いていません。
①動画などガンガンネットする人
②自宅と外、両方で頻繁にネットする人

逆に次の人はヤフーWIFIがコスパ最強です。速度も月間7Gになるまでは
普通にスマホと同じくらいの速度が出ます。

①スマホの速度制限をサポートする安いモバイルルーターがほしい。
②家でもネットサーフィンメイン、動画はたまに見る程度なので安いネット回線がいい。



コスパで選ぶモバイルルーター=ヤフーWIFI



ヤフーWIFIは例えばこんな人が使っています。
 賃貸アパートなどで一人暮らしの人
 単身赴任先でネットを使いたい人


>>月額2000円台でWiFiを使う方法とは?



LTE回線はスマホの電波と同じですので、全国にエリアが広がっています。
都市部ではもちろん、地方や田舎でも速い速度で快適にインターネットすることができます。

LTE回線のモバイルルーターで月間の速度制限がないのはYahoo! Wi-Fiの人気が高いです。









「制限」がゆるく、ストレスフリーなネット生活=WIMAX


WIMAXは例えばこんな人が使っています。
 とにかく無制限に近いモバイルルーターを求めている人
 転勤族、転勤が多くて固定回線を毎回引くのが面倒な人


使ってみた感想は下記に書いていますので参考になれば幸いです。

>>実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)



WIMAXは2つのプランがあります。

7G制限有りのプランとなしのプランです。

7G制限あり→UQ Flatツープラス(3696円)

7G制限なし→UQ Flatツープラス ギガ放題(4380円)

差額は約700円です。

ギガ放題が必要がどうかわからない人は最初は7G制限ありのUQ Flatツープラス(3696円)で契約するといいでしょう。

というのも、月単位でプランの変更ができるからです。



7Gを超えそうな月はUQ Flatツープラス ギガ放題(4380円)に、

あまり使わない月はUQ Flatツープラス(3696円)に

変更すればコストが抑えられます。