インターネット回線の契約は単身赴任者ならWIMAXは何故?

■単身赴任者のインターネット契約でWIMAXを進めているサイトが多いけどなぜ?

単身赴任をする方で数か月間の間だけ、インターネット環境が必要
な場合は、WIMAXが向いているのです。

単身赴任と言っても人それぞれによって機関や環境は大きく違います。
面倒な工事などがある光回線などの固定回線ではとても大変ですね。

WIMAXなら面倒な手続きも工事も一切不要で、オンラインで申し込後、数日で
自宅に届き、すぐに使用し始めることができます。

Broad WIMAXでは月額も2,856円ととても手頃なのですが、通信制限は
なく好きなだけインターネットを活用することができるのです。

この手軽さと、月額の安さ、そして通信制限がないというのがメリットですが、
初期費用が18,000円代とかなり高額です。他のプロバイダがいいでしょう。

単身赴任から帰省する時も面倒な手続きは一切必要なく、
そのままの状態でWIMAXを持ってくるだけでまた通信ができるのです。

転勤が多い人、単身赴任が多い人には本当に助かるシステムですよね?
これが、WIMAXがさまざまなサイトでおすすめされている理由なのです。

さまざまなサイトで単身赴任にはWIMAXという紹介をされているのですが、
デメリットはないのでしょうか?

■エリア問題を無視したWIMAX絶賛は危険

しかし、これだけ便利なWIMAXにも、もちろんデメリットはあります。
一番のデメリットは通信エリアの狭さです。

都市部ではスムーズに繋がるWIMAXですが、地方や山間部、地下などの
通信がしずらいところでは、WIMAXの電波は著しく弱まり、屋内ではほとんど
つながらなくなってしまうのです。

WIMAX、DOCOMOのモバイルルーター、SoftBankのモバイルルーター、
EMOBILEのモバイルルーターの4つの通信端末の通信速度を比較すると
このような結果になるとの口コミがありました。

まず、東京ミッドタウンのような都市部で通信速度を測ったサイトを
みると、WIMAXがもっとも通信速度が速く、上り58.85Mbps、
下り35,26Mbps出ます。

一番遅いのは、ドコモのモバイルルーターで上り10.94Mbps、下り8.42Mbps
という結果になりました。

しかし、愛知県の葉山動物公園では、もっとも通信速度が速かったのは、
DOCOMOのモバイルルーター上りは8.80Mbps、下り14.48Mbpsです。

そして、一番おそかったのはWIMAXで上り7.55Mbps、下り1.93Mbps
となっているのです。

このように、DOCOMOのモバイルルーターはDOCOMO回線の通信エリアの
広さと安定性を生かして、全国的に繋がりやすいのですが、WIMAXは都市と
地方で大きく差があります。

単身赴任でどこへ行くか分からない人や、さまざまな地方へ行く人はWIMAX
よりも安定性の高いDOCOMOやヤフーwifiなどのLTE回線のモバイルルーター
の方がいいと思います。

DOCOMOのモバイルルーターもオンラインで購入出来て、面倒は手続きは
必要ありません。

■キャリアのモバイルルーターの方が通信に安定感がある!

WIMAXは大元の会社がUQ WIMAXというKDDIの傘下の会社です。

ですので、通信には、au回線を使っているのですが、レンタルをしている
だけなので、通信速度や通信エリアにかなりの制限をかけられています。

やはり、通信の安定性を求めるなら、自分が使っているスマホと同じキャリアの
会社のモバイルルーターを選びましょう。

最近はインターネットで通信環境を検索できるサイトもあるのですが、スマホの
回線とモバイルルーターの回線が同じ方が検索しやすいです。

また、スマホとモバイルルーターを同じ会社にすることで、月額の利用料金が
割引になったり、通信端末代が割引になったりとお得なサービスを受けること
が出来ます。

■キャリアの会社で一番通信環境が整っているのは?

NTTドコモ、au、SoftBankで最も通信速度が速いのはどの会社なのでしょうか?

東京、大阪、名古屋で調査したサイトによると下りではNTTドコモが
一番早く34.70Mbps、SoftBankが20.25Mbps、auが16.64Mbpsと
なっています。

下りの速度は、SoftBankがもっとも速く10.91Mbps,NTTドコモでは8.77Mbps、
auでは7.94Mbpsとなっています。

下りで最も速いのはドコモ、上りはSoftBankですが、2番目に速いのはドコモです。
もっとも通信速度が速いのはドコモということになります。

しかし、体感的にはほとんど差がありません。

自分のつかっているスマホと合わせて、選ぶことにも通信速度で選ぶ
ことにもメリットはあります。

■経済的な余裕があればフレッツ光もあり?

経済的な余裕があれば、フレッツ光の固定回線に加えて、モバイルルーター
をレンタルすることもできます。この方法だとネット環境はかなり良いものになります。

フレッツ光もしくはコラボひかりというドコモ光、ソフトバンク光などの
キャリア会社とのコラボ回線に契約をしていればレンタルOKです。

「光ポータブルLTE」は月額たった300円で通信速度最大100Mbps出る
モバイルルーターで、SIMフリーだから自分の好きなSIMカードを選ぶこと
ができます。このことについてしらべてみました。

通信端末はPWR-N1000という機器です。

そして、月額300円のレンタル代とは別で、モバイルデータ通信サービス
初期費用と、月々のモバイルデータ通信サービス提供事業者への利用料
がかかります。

フレッツ光に加入していて、わざわざ解約をしたくない場合は、自宅を
フレッツ光の固定回線にして、単身赴任先は光ポータブルLTEで
ということもできます。

通信機器は、他のモバイルルーターよりも少し厚みがあります。

しかし、サイズ自体は小さくポケットにすっぽり入る大きさです。
スマホ2枚分くらいの大きさといえばイメージしやすいでしょうか。

そして、電池の持ち時間は約9時間と他のモバイルルーターとほとんど
同じくらいのバッテリーです。くちこみでは通信速度はこれくらいです。

実際の通信速度は、下り3.07Mbps、上り2.92Mbpsなのですが、
これはLTEとしては平均的な通信速度なのです。

通信をする時間帯や環境にもよりますが、昼間に外で通信をすれば
もっと速い速度が出るのです。

■ドコモ光やソフトバンク光は実は割高。

ドコモ光やソフトバンク光のようにフレッツ光とそれぞれの会社のスマホを
セットで購入するプランが最近、話題ですがホントにお得なのでしょうか?

公式サイトには、通常の光回線とスマホ料金では、月額43,200円かかる
ということになっています。

それが、ドコモ光になると31,200円になって3,000円もお得になる
という説明なのです。

しかし、詳細を見てみるとプロバイダが月額1,000円のplala、フレッツ光は
4,700円の料金プランとなっているのです。

これを、プロバイダは月額500円のBBexciteに、料金プランはフレッツ光ライト
月額2,200円~にすれば、月額2,700円~ですみます。

2,000円は料金プランを変更するだけで節約できるのです。

さらに、ドコモの料金プランももっとお得な料金プランへ変更すれば
あっという間に3,000円の節約が出来ます。

つまりドコモ光にするとお得というメリットがほとんどないのです。
ソフトバンク光でも同じことが言えます。

■セット割なら断然auがおススメです!

ドコモ光パックは、フレッツ光とドコモの料金パックが大きければ大きいほど
お得になるシステムのパックです。

しかし、ネットをそこまで利用しない人にとっては、月額の利用料金は
さほど割安にならないのです。

ドコモ光限定割引という割引プランもあるのですが、月額500円を1年間
引いてくれるというだけで年間でも6,000円の割引にしかなりません。

光スマホ割という割引プランも基本料金を1年間割引するのですが、
「Xiカケホーダイ」なら半額に、「Xiデータプラン」なら350円の割引になります。

しかし、こちらも魅力を感じるほど大きな割引ではないのです。

同じ光コラボの回線なら、auスマートバリューの方が料金設定がシンプルで
見やすく、割引システムも単純なのでauの方がおすすめです。

■au スマートバリューの大きなメリットとは?

auスマートバリューは1人だと1410円くらいの割引にしかならないのですが、
4人家族が利用する場合は、5,640円もの割引になります。

ドコモ光は月々3,000円の割引ですので、その差は歴然ですね。
1ヶ月分の利用料金に当たる5,200円以上も戻ってくるのです。

auひかりなら光回線ですのでプロバイダ料金込みですし、定額制だから、
どれだけ使っても戸建てなら5,200円、マンションなら3,800円で使えるのです。

また、家族全員のスマホが全部auなら、割引で実質auひかりは無料になる
システムなのです。

ソフトバンクやドコモにはない割引制度なので、auスマホユーザーの方は、
auが断然お得ですよ。

また、au光以外にもauスマートバリューに参加している光回線は数多くあるのです。

経済的な余裕があるのであれば、フレッツ光を節約したいのであれば、
auのスマートバリューを選びましょう。

どちらも光回線なので、通信速度や通信の安定性には定評があります。
自分に合っている方を選びましょう。

■全国エリアに対応しているモバイルwifiルーターってなに?携帯と同じLTEを使う理由

モバイルwifiルーターを購入するなら、全国のすみずみまで通信エリアに
入っている通信端末の方がつかいがってがいいですよね?

モバイルルーターの2トップであるワイモバイルとUQコミュニケーションズなら
どちらの方が通信エリアが広く安定しているのでしょうか?

ここでは、全国50か所で通信速度を測定したサイトを元にお話し
しましょう。

全国の平均通信速度では、ワイモバイルが下り平均25.22Mbps、上り
平均7.93Mbpsとなっています。

UQコミュニケーションズは下り平均22.3Mbps、上り平均4.48Mbpsという
結果になりました。上りの通信速度に大きな差が出ましたね。

全国平均通信速度はワイモバイルの方が優れているようです。

そして、各署の通信速度ではワイモバイルはすべての地点で下り10Mbps以上で
下りが10Mbps前後が8か所、20Mbps前後が35か所、30Mbps前後が7か所と
全国的に一定な通信速度で、むらのない通信環境であることが分かります。

そして、UQコミュニケーションズは下り20Mbps以上を記録したものが34か所あり、
下り10Mbps以下のものが3か所あるのです。

場所によって、ばらつきがあることが分かります。

つまり、携帯と同じLTEにしないと携帯は繋がるのにモバイルルーターが繋がら
ないので通信できないという形態とモバイルルーターがかみ合わない状態に
なってしまうのです。

■ネット回線を残すかどうかでもめることも?!

引っ越しの際に一番面倒なのはネット回線を解約する手続きです。
自宅の外壁に穴をあけて回線を通すわけですが、まずそれを撤去する
工事が必要になります。

さらに、電線から引っ張って共同スペースまで伸ばしている部分の回線を
撤去するかしないかでもめることがよくあるのです。

もめるといってもトラブルになることはないのですが、話し合いを何度重ねても
一向に解決しないで時間がどんどん過ぎてしまいストレスを感じるケースも多いです。

そういうことになる心配がないのが、モバイイルルーターがおすすめです。
2ヶ月間、利用してもほとんど固定回線と変わらないレベルの環境です。

電池は一昔前のガラケーレベルのバッテリーしかありませんので、
1日は持ちません。1泊以上の外泊には充電器を持っていくようにしましょう。

そして、WIMAX2+の場合は月間の通信制限7GBをこえてしまうと、WIMAX
モードの通信速度になってしまうのですが、固定回線とほとんど遜色ありません。

モバイルルーターをメイン回線としてネット環境を整えることは十分出来ます。

■DOCOMOの最新モバイルwifiルーターの口コミ

モバイルルーターの中でも通信エリアが広く定評のあるDOCOMOの
モバイルルーター。

最新式の「Wi-Fi STATION L-01G」は、どのような口コミが集まって
いるのでしょうか?

・バッテリー容量が多いので、熱くて重くポケットに入れる気になりません。
背面もツヤがあるので指紋が目立って恥ずかしいです。

設定は簡単で問題なくできました。受信感度も悪くなく、通信エリアに
関しても不安はないです。

・個人的にデザインはいいと思いました。設定の方法も初心者にもやさしいの
ではないでしょうか?すぐに完了しましたよ。

受信感度については、ワイモバイルの通信端末と同じくらいの繋がりやすさでは
ないでしょうか。実測値の平均の高さはさすがドコモといった感じです。

・モバイルルーターは3代目なんですが、実際に使用してみて、ほとんど
不満はない状態です。

繋がりやすく、フリーズしにくく、表示もすぐにパッと済むようになりました。

デメリットがあるとすれば、大きくなったので、重くなってしまいました。
それ以外では特に気になる部分はありません。

■自分が今どれくらいネットを使っているのか確認しよう!

モバイルルーターには通信制限がつきものです。

直近3日間は1GB,月間で7GBというなかなか厳しい制限なのですが、
まず、自分が普段どれくらいネットを使っているのかをチェックしてみてください。

そこから、自分の通信量をおおよそ予想してみましょう。

その上で通信無制限がいいのか、通信制限ありでも大丈夫なのかを
判断すればいいのです。

ちなみに1GBとは高画質な動画を約2時間見ると達する通信量です。
通常のサイトやメール、SNS程度では、ほとんど通信量は消費しません。

また、動画などをよく見る場合は、固定回線の方が向いているので、
用途にも合わせましょう。

速度制限問題!モバイルルーターはどのように選ぶべき?

無制限のモバイルルーターはあるの?
無制限のモバイルルーターは存在しませんが

「制限がゆるく、体感的に無制限に近いモバイルルーター」ならあります。

WIMAX
です。


ドコモなどのモバイルルーターは月に7Gを超えると速度制限がかかり、使い物になりませんがこちらのモバイルルーターは制限がありません。

WIMAXならギガ放題のプランを選択すると月額4380円で使えます。

3日で3Gの制限はかかりますが、速度制限時でも5、6Mbpsの速度はでるので
普通に動画もサクサクみれます。

実際の使用感は下記に書いていますので参考にしてください。

>>実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)



3日で1Gを超える頻度が多い人はWIMAX一択になります。

なぜならWIMAX(2+)は3日で3Gの速度制限とかなりゆるい制限ですし
速度制限時でも5Mbps以上でるので快適に使えるからです。

動画を沢山見る人以外にも、家でも外でも1つの契約でネットするひとは
WIMAXがいいでしょう。
それだけデータ量を多く使っていますので速度制限に引っかかる可能性が高いからです。

WIMAXは月額4380円と少し高めですが、光回線+WIMAXだと1万円近く
なってしまいますので、WIMAXに一本化したほうが断然安くすみます。

…まとめると、WIMAXは次の人以外は向いていません。
①動画などガンガンネットする人
②自宅と外、両方で頻繁にネットする人

逆に次の人はヤフーWIFIがコスパ最強です。速度も月間7Gになるまでは
普通にスマホと同じくらいの速度が出ます。

①スマホの速度制限をサポートする安いモバイルルーターがほしい。
②家でもネットサーフィンメイン、動画はたまに見る程度なので安いネット回線がいい。



コスパで選ぶモバイルルーター=ヤフーWIFI



ヤフーWIFIは例えばこんな人が使っています。
 賃貸アパートなどで一人暮らしの人
 単身赴任先でネットを使いたい人


>>月額2000円台でWiFiを使う方法とは?



LTE回線はスマホの電波と同じですので、全国にエリアが広がっています。
都市部ではもちろん、地方や田舎でも速い速度で快適にインターネットすることができます。

LTE回線のモバイルルーターで月間の速度制限がないのはYahoo! Wi-Fiの人気が高いです。









「制限」がゆるく、ストレスフリーなネット生活=WIMAX


WIMAXは例えばこんな人が使っています。
 とにかく無制限に近いモバイルルーターを求めている人
 転勤族、転勤が多くて固定回線を毎回引くのが面倒な人


使ってみた感想は下記に書いていますので参考になれば幸いです。

>>実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)



WIMAXは2つのプランがあります。

7G制限有りのプランとなしのプランです。

7G制限あり→UQ Flatツープラス(3696円)

7G制限なし→UQ Flatツープラス ギガ放題(4380円)

差額は約700円です。

ギガ放題が必要がどうかわからない人は最初は7G制限ありのUQ Flatツープラス(3696円)で契約するといいでしょう。

というのも、月単位でプランの変更ができるからです。



7Gを超えそうな月はUQ Flatツープラス ギガ放題(4380円)に、

あまり使わない月はUQ Flatツープラス(3696円)に

変更すればコストが抑えられます。