乗り換えを検討中!Wimaxからフレッツ光に乗り換えは正解?

■フレッツ光からワイマックスに乗り換え無い方がいい人はどんな人?

フレッツ光の月々の利用料金が高くて乗り換えを検討している人は、
安いワイマックスがいいですよね?それぞれについてしらべてみました。

しかし、フレッツ光は固定回線な上に光通信ですので、通信環境としては
申し分ないほど、理想的な環境なのです。

そして、ワイマックスは無線での通信ですし、持ち運びをすることで、
さらに通信環境は不安定になります。

ですので、月々の利用料金は大幅に安くなり年間で30,000円
くらい安くなるのですが、通信速度、安定感が著しく落ちます。

安さと引き換えに通信環境のレベルがさがってしてしまうのです。

ワイマックス2+の通信速度は220Mbpsが最大通信速度ですが、
口コミによると場所によっては、40Mbps~60Mbpsくらいの速度しか出ません。

ですが、高画質な動画を見たりオンラインゲームをしたりとネットサービスを
全て活用するのにも5Mbpsくらいしか必要ないのです。

ですので、十分スムーズにネットサービスを楽しむことができます。
ネット通信でもっとも大切なのは、通信速度ではなく安定性なのです。

その点においては無線通信のワイマックスよりも固定回線の
フレッツ光の方が勝っています。

ですので、口コミによると動画をサクサク見れる時と、そうでない時の落差が
激しかったり、昨日はオンラインゲームがスムーズだったのに、今日は動作が
遅いという事態になることもしばしばだそうです。

ワイマックスに向いている人は、あまりネットで動画を見たりオンラインゲームを
したりしない人です。

メールやSNS、ネットサーフィンくらいならワイマックスでも余裕でできます。

■オンラインゲーム、動画をどれくらい見るならフレッツ光の方がいい?

オンラインゲームや動画再生には、とても多くの通信量が必要となります。

公式サイトをみてみるとワイマックスはWIMAXの通信モードでは無制限でしたが、
WIMAX2+やau 4GLTEの通信モードでは月間で7GBという他のモバイルwifiと
変わらない通信制限があります。

オンラインゲームは新しいマップを読み込むときに、多くの通信量が
必要となりますが、同じマップ内や同じフィールド内でプレイしている
分には、ネットサーフィン程度の通信量しか使いません。

ですので、オンラインゲームをどれくらいプレイするかはワイマックスの
通信環境にとって、あまり大きな問題ではありません。

しかし、動画再生にはとても多くの通信量を使います。
高画質の動画を2時間見たらあっという間に1GBに達してしまうのです。

ワイマックスの通信環境でネットで動画を見る場合は、1日25分以内に
しておかないと他のネットサーフィンやメール、SNS、オンラインゲームが
できなくなってしまいます。

動画再生には注意をしてネットを使いましょう。

■超高速にこだわる必要はない!?

フレッツ光は圧倒的な高速通信で有名でとても人気を集めている回線です。

しかし、上り・下り通信共に最大値が1Gbpsというのは、実はあまり
一般家庭向きではないのです。

その理由は、家庭にあるパソコンの性能です。

最新式の高性能パソコンが自宅にあり、それを駆使してさまざまな
ネットサービスを利用しているという家庭であれば、フレッツ光の
1Gbpsの通信速度は必要となります。

しかし、例えばパソコン自体は5年以上前に購入したもので、利用するのも一般的な
メール、SNS、動画、オンラインゲームといったサービスだけの場合は、そこまで
贅沢な通信環境はいらないのです。

ワイマックス程度の通信速度で十分ネットは活用できますし、1日10時間以上、
ネットを使うようなユーザーでない限り、通信量も7GBで何とかなるというのが、
現実です。

自分はどれくらい普段ネットを使っているか、メモして把握してみましょう。
意外と使っていないことが分かるかと思います。

程々の通信環境で、手ごろな料金のワイマックスで半数以上の家庭は
事足りてしまうのです。

■どんどん速くなるワイマックスの通信速度

通信速度について調べてみると、以前はワイマックスとフレッツ光では
通信速度にかなりの差がありましたが、現在はワイマックスの通信速度
がどんどんあがり、数年前のフレッツ光回線の通信速度と同じくらいになりました。

ワイマックスは最大で100Mbps出ますので、モバイルwifi=遅いという時代では
なくなってきているのです。かなりの速度が出るようになっています。

しかし、最大値はあくまでも目安ですので、自分の住んでいるところで
その数値が出るというわけではありません。

ワイマックスは月々の利用料金が安いので、変更して損はありません。

また、ワイマックスとワイマックス2+の通信モードを使える通信端末も
ありますので、そういた機器を選べばより一層快適にネットにつながる
ことが出来るのです。

■フレッツ光を解約すると違約金がかかると聞いたけどどのくらい?

フレッツ光の公式サイトで調べてみると、解約時に支払う違約金は契約からの
年数によって違います。

ファミリータイプは1年目なら10,000円、2年目は5,000円、3年目は30,000円
4年目は20,000円となっております。

マンションタイプなら1年目は7,000円、2年目は3,500円、3年目は10,500円、
4年目は7,000円となります。

解約時に違約金がかからないのは25か月目の1ヶ月間、5年目が終了した翌月、
8年目が終了した翌月です。

このタイミングでの解約なら違約金はかかりません。もうすぐ、契約更新月なら
もう少し待って、無料で解約出来るタイミングでの解約にしましょう。

また、フレッツ光を契約して2年以上経過している人は解約金がかからない
タイミングが少しわかってきます。

3年目が終了した翌月の1ヶ月間、6年目が終了した翌月の1ヶ月間が、
解約金がなくても解約できるタイミングとなります。

自動更新の月なら無料で解約出来ると覚えていけば間違いありません。

フレッツ光に契約して2年以上経つ場合の解約金はファミリータイプなら1年目が
3,000円、2年目は20,000円、3年目は10,000円、4年目は10,500円と
なっております。

マンションタイプは1年目は10,500円、2年目は7,000円、3年目は3,500円、
4年目は10,500円となっております。

■WIMAXのキャッシュバックキャンペーンで違約金を補える?

公式サイトをみてみると、WIMAXは毎月のようにお得な乗り換えキャンペーンを
開催しています。

キャッシュバックなども行っているのですが、それでフレッツ光の違約金を
補うことはできるのでしょうか?

broad wimaxは、今ならWEB割引で5,000円お得にWIMAXに契約出来ます。

また、タブレットかノートパソコンを同時に購入すると最大20,000円の
キャッシュバックがあります。

WIMAXは他にもさまざまなプロバイダがあります。
他のプロバイダのキャンペーン内容はどうなのでしょうか?

@nifty WIMAXは送料無料で、20,000円キャッシュバックです。

WIMAXの通信端末とクレードルという通信補助機器のセットになります。

■家電量販店でWIMAXの購入をするのは?

家電量販店でWIMAXを購入するとゲーム機やパソコン、タブレットなどが
無料でついて来たり、格安で購入出来たりします。

しかし、家電量販店でWIMAXを契約するとプロバイダでオンラインで購入
するよりも月々の利用料金が少しだけ高くなります。

その理由は家電量販店で購入することにより、家電量販店への手数料を
支払わなければならないからです。

プロバイダでの契約なら、WIMAXとプロバイダへの料金を支払うだけで済みます。

家電量販店でWIMAXを契約するとさまざまなお得なおまけがありますので、
ついつい惹かれてしまいますが、冷静に判断してください。

オンラインでの契約ならパソコンで契約をして自宅で待っているだけで
通信端末が届きます。

■WIMAXにもある!解約時の違約金にご注意!

WIMAX2+Flat 2年 ギガ放題という料金プランに加入すると、その契約期間は
違約金がかかります。

利用登録月と翌月~24か月目の末日までの期間が違約金の発生します。

違約金は利用登録月が19,000円、1年目は19,000円、2年目は14,000円、
3年目以降は9,500円となっています。

契約期間満了月の翌月に解約すると違約金はかかりません。

■フレッツ光とWIMAXの通信速度はあまりかわらない?!

フレッツ光は、通信速度が最大で1Gbps出ます。
WIMAXでも220Mbpsの通信速度が最大で出るのです。

しかし、調べてみるとフレッツ光の実測の速度は、40Mbps~60Mbps
という口コミが多いのです。

それじゃ全然遅いじゃないか、と思うかもしれませんが、実は体感的には
全くストレスを感じない速度なのです。

またWIMAXの通信速度も最大値が220Mbpsというだけで、実際には、
口コミではやはり10Mbps~30Mbps程度しか出ていません。

つまりフレッツ光とWIMAXの通信速度の違いは、あまり問題ではないのです。
無線通信と有線通信ですので、通信の安定感に違いが出ます。

そちらの方が大きな問題となります。

無線の通信の安定感をあげるためには、WIMAXを窓際に置いたり、WIMAXの
通信端末がある部屋でネット接続をしたりするだけでも効果があります。

無線通信の電波は弱いので、ドアが閉まっているだけでも通信が不安定に
なります。ドアを開けて、ネットに繋がりましょう。

■WIMAXはLTEよりも繋がりにくいらしいけど理由は?

WIMAXは、通信電波はとても弱いため屋外ではなかなかな通信速度が
出ますが、室内ではほとんどつながらないくらいになってしまいます。

WIMAXの通信速度を屋外で測ったサイトによると10Mbps~30Mbps
くらいの通信速度となるようです。かなり遅く感じるかもしれませんが、
スムーズに繋がれるレベルです。

これはオンラインゲームや動画再生などがスムーズに出来るくらいの
通信速度です。

しかし、室内では遅いどころか繋がらないのでベランダなどでの通信と
なってしまいます。

また、WIMAXは通信エリアが都市部に集中しており、地方や山奥などには
まだまだ対応できていないというのが現状です。

そして、契約から2年間は通信無制限で通信が出来るのですが、3年目以降は
LTEなどと同じ通信制限がかかってしまうので、ご注意ください。

また、一般的にWIMAXよりもWIMAX2+の方が速いというイメージがあるかも
しれませんが、実際は場所によってはWIMAXの方が速いこともあります。

また、WIMAXの中に「HWD14」という通信端末がありますが、WIMAXの
中の通信端末でもなかなか繋がらないとの口コミが多いです。

他のWIMAXの通信端末は、普通に繋がりストレスを感じないので
都市部であれば契約をしてみましょう。

また、公式サイトにサービスエリアを検索できるマップがあります。
契約の前にそのマップで自分が住んでいる地域がサービスエリアに
入っているかどうかをチェックしてくださいね。

LTEは、日本全国的に通信エリアに入っています。ですので、山奥でも
しっかり繋がると好評です。

しかし、通信速度はあまり速くなく、通信も月間7GBという制限があります。
2年間だけではありますが、WIMAXの方がお得ですね。

■LTEのポケットWIFIで無制限のものが最強?

LTEのポケットWIFIの中には通信無制限のものがあります。

全国的にしっかり行き届いている通信エリアに無制限のシステムとくれば
最強と思うかもしれませんが、実際のところは少し違うようです。

では、LTEのポケットWIFI無制限はどのようなものなのでしょうか?

まず、ワイモバイルのCA対応ポケットwifiはLTEですが、月間の
通信制限がありません。

しかし、月間で7GBに達した時点で制限がかかることはかかります。

話が違うじゃないかと思われるかと思いますが、それを解除するのが無料
なのです。つまり制限は形だけかけますが、解除料金は必要ないですよ、
というシステムなのです。

しかし、この解除料金が無料なのは、契約から2年間だけです。
やはりWIMAX同様3年目以降は通常通りの月間7GBの通信制限が
シッカリかかります。

当然、解除料も有料となるのです。Broad WIMAXで見てみると、解約料は
9,500円~19.000円です。また、このシステムの対象となっているのは、
「305ZT」という通信機器のみです。

また、直近3日間で1GBという通信制限は通常通りあります。

つまり、月間7GB以上、月3日間で1GB以下なら通信できるシステムですので、
完全に無制限で使えるわけではないのです。

しかし、通信制限がるモバイルルーターは基本的に月間7GBという制限です
ので、平均にくらべ月間で通信できる容量が3GBも上回ります。

■1GBでどんなことが出来るのか?

では、直近3日間で1GBという通信制限がかかっていますが、どのようなことが
出来るのでしょうか?調べてみました。

まず、通常のYahooトップページを3,400回くらい表示することが出来ます。
メールは、300文字のテキストメールを20,4800回くらい送信することが
出来ます。

Skypeなら、音声通話で333分くらい、ビデオ通話で27分くらい、テストコールで
1,852分くらい通話できます。

動画再生サイトでは、標準画質で約55分、中画質で約26分、高画質で約16分、
HD画質で約7分間見ることが出来ます。

毎日、少しづつ加減して通信をすれば、かなりインターネットを楽しめる通信量
なのではないでしょうか?

契約後、2年間は月間でこの10倍の寮の通信をすることが出来るのです。
モバイルwifiとしてはやはり最強と言えるのではないでしょうか。

■防犯に気を使いましょう!

モバイルwifiルーターは、無線通信です。ですので、個人情報などを盗まれ
やすいというデメリットがあります。

ですので、パソコンのセキュリティーをしっかり有効にすること、スマホは必要
ない時以外は、ネットに接続しないようにすること、などを徹底して行いましょう。

ネット犯罪は、そもそも接続していないと出来ないものですので、小まめに
ネットを切っておくだけでも十分防犯になります。

便利で手軽なモバイルwifiですが、注意点も多くあります。
しっかり管理するようにしましょう。

速度制限問題!モバイルルーターはどのように選ぶべき?

無制限のモバイルルーターはあるの?
無制限のモバイルルーターは存在しませんが

「制限がゆるく、体感的に無制限に近いモバイルルーター」ならあります。

WIMAX
です。


ドコモなどのモバイルルーターは月に7Gを超えると速度制限がかかり、使い物になりませんがこちらのモバイルルーターは制限がありません。

WIMAXならギガ放題のプランを選択すると月額4380円で使えます。

3日で3Gの制限はかかりますが、速度制限時でも5、6Mbpsの速度はでるので
普通に動画もサクサクみれます。

実際の使用感は下記に書いていますので参考にしてください。

>>実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)



3日で1Gを超える頻度が多い人はWIMAX一択になります。

なぜならWIMAX(2+)は3日で3Gの速度制限とかなりゆるい制限ですし
速度制限時でも5Mbps以上でるので快適に使えるからです。

動画を沢山見る人以外にも、家でも外でも1つの契約でネットするひとは
WIMAXがいいでしょう。
それだけデータ量を多く使っていますので速度制限に引っかかる可能性が高いからです。

WIMAXは月額4380円と少し高めですが、光回線+WIMAXだと1万円近く
なってしまいますので、WIMAXに一本化したほうが断然安くすみます。

…まとめると、WIMAXは次の人以外は向いていません。
①動画などガンガンネットする人
②自宅と外、両方で頻繁にネットする人

逆に次の人はヤフーWIFIがコスパ最強です。速度も月間7Gになるまでは
普通にスマホと同じくらいの速度が出ます。

①スマホの速度制限をサポートする安いモバイルルーターがほしい。
②家でもネットサーフィンメイン、動画はたまに見る程度なので安いネット回線がいい。



コスパで選ぶモバイルルーター=ヤフーWIFI



ヤフーWIFIは例えばこんな人が使っています。
 賃貸アパートなどで一人暮らしの人
 単身赴任先でネットを使いたい人


>>月額2000円台でWiFiを使う方法とは?



LTE回線はスマホの電波と同じですので、全国にエリアが広がっています。
都市部ではもちろん、地方や田舎でも速い速度で快適にインターネットすることができます。

LTE回線のモバイルルーターで月間の速度制限がないのはYahoo! Wi-Fiの人気が高いです。









「制限」がゆるく、ストレスフリーなネット生活=WIMAX


WIMAXは例えばこんな人が使っています。
 とにかく無制限に近いモバイルルーターを求めている人
 転勤族、転勤が多くて固定回線を毎回引くのが面倒な人


使ってみた感想は下記に書いていますので参考になれば幸いです。

>>実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)



WIMAXは2つのプランがあります。

7G制限有りのプランとなしのプランです。

7G制限あり→UQ Flatツープラス(3696円)

7G制限なし→UQ Flatツープラス ギガ放題(4380円)

差額は約700円です。

ギガ放題が必要がどうかわからない人は最初は7G制限ありのUQ Flatツープラス(3696円)で契約するといいでしょう。

というのも、月単位でプランの変更ができるからです。



7Gを超えそうな月はUQ Flatツープラス ギガ放題(4380円)に、

あまり使わない月はUQ Flatツープラス(3696円)に

変更すればコストが抑えられます。










乗り換えを検討中!Wimaxからフレッツ光に乗り換えは正解? はコメントを受け付けていません。 乗り換え