評判はどんなものがあるの?ヤフーwifiの特徴を知りたい!

■ヤフーwifiかそれとも楽天wifiかどちらがおすすめなのですか?

ヤフーwifiか楽天wifi、どちらがおすすめなのでしょうか?

まず、楽天スーパーwifiは、2014年10月に楽天がワイモバイルと
共同で始めたLTEの通信サービスです。

ヤフーwifiとあまり差がないように感じる人もいるかと思いますが、
楽天ならではの嬉しいメリットがあるのです。

まず、楽天wifiの公式サイトで見てみると、買い物をすると時に必ず
3倍の楽天ポイントが付くようになります。

普段、よく楽天でお買い物をする人にはかなりいいサービスです。

その他にも、2つの特典から好きなものを選べるキャンペーンも
行われています。

ひとつは、10,000ポイントがプレゼントさせる特典と、もう一つは
月額の利用料金が3ヶ月分0円になる特典です。

さらに305ZT限定で契約から2年間データ通信量が使い放題になる
キャンペーンも行っています。契約をした人全員が対象となります。

また、楽天wifiの通信エリアの広さはヤフーwifi同じです。
ワイモバイルの通信エリアとsoftbankの通信エリアが使えるのです。

人口カバー率が100%を達しているsoftbankの通信エリアと、
人口カバー率が99%を達しているワイモバイル両方のエリアです。

では、もう一方のヤフーwifiはどのようなものなのでしょうか?
公式サイトを観ていきましょう。

月額の利用料金は、楽天wifiと同じ月額3,696円となっています。

また、楽天wifiと同じように、305ZTにの無制限通信できるキャンペーンを
行っています。

また、もう一つの料金プランは業界最安値級である月額2,743円で
テレビも見られる通信端末・303HWとなっています。

しかし、こちらには通信制限がありますので、月間7GBまでの通信となります。

■ヤフーwifiにも楽天wifiは携帯のように7GBの通信制限がある?

ヤフーwifiにも楽天wifiにも基本的には携帯のような通信制限があります。
それぞれの公式サイトで見てみましょう。

当月の利用データ量が7GBを超えた場合、その月の末日まで送受信時は
128kbpsに制限されます。

この通信速度は10年以上前のケータイ電話のような通信速度ですので、
メールをするのが精いっぱいといったところでしょうか。

また、月間の通信料が6GBを超えた時点でSMSで通信速度制限の
予告が送られてきます。

急に通信速度が遅くなるということはありません。

また、通信制限を解除したい場合は、2GBごとに2,500円を追加料金と
してしはらうことで、解除されます。

こういった通信制限はユーザーのお客様が通信を安定して出来る環境を
確保するために必要なものなのです。

しかし、期間限定キャンペーンで通信制限がないプランも登場しています。
ヤフーwifiや楽天wifiを契約するなら、こうしたキャンペーンのタイミングに
合わせて契約をしましょう。

■ヤフーwifiの評判はどんなものがあるの?

ヤフーwifiの評判には、どのようなものがあるのでしょうか?
ここからご紹介していきましょう。

調べてみると、ヤフーwifi以外のポケットwifiは月額3,696円が
平均価格ですので、月に900円前後の節約となります。

ヤフーwifiという名前ですが、ワイモバイルと同じ端末となります。
月額がお得なヤフーwifiなのですが、実は通信制限があるのです。

通信料金が安い反面、3日間で1GBの通信制限、1ヶ月間では7GBの
通信制限と、かなりのきつい制限があります。

また、4G回線のはずなのに、通信しているうちに3G回線になっている
ことがあるため、電源の入れ直しが必要となります。

しかし、通信制限については、普通にインターネットを使用している人なら、
月間の通信量は7GBあれば制限にかからないで済んでしまいます。

神経質に通信速度や通信制限にこだわる必要はないのです。

通信速度も遅いと酷評しているサイトもありますが、実際にはインターネット
サーフィンには問題のない速度なのです。

また、4Gエリアと3Gエリア、2つの周波数を束ねて通信をするキャリア
アグリケ―ションに対応しているので、固定回線のような高速通信が
可能です。

■ヤフーwifiってどれくらい高速なの?

では、ヤフーwifiの通信速度はどれくらい高速なのでしょうか?
調べてみました。

LTE通信は4G通信とも呼ばれ、3G通信回線を高速化した
通信規格のことです。

よくWIMAXと比べられますが、WIMAXは1種類の電波で通信を行います。
LTEは2種類の電波で通信を行います。

ですので、LTEの方が通信がつながりやすいのです。

■クレジットカードを持ってないけど大丈夫?

ヤフーwifiの公式サイトを観てみると、モバイルwifiの支払いはクレジット
カードというイメージが強いですが、ヤフーwifiはヤフーウォレットに登録
できるクレジットカード、もしくは銀行口座で支払うことができます。

ですので、クレジットカードを持っていなくても、わざわざクレジットカードを
つくらなくても問題なくヤフーwifiに契約できます。

また、ヤフーwifiの支払い方法はヤフーウォレットの「ご登録情報の確認・変更」
ページから確認や変更をすることができます。

ヤフーwifiに必要なのは、ヤフーJAPANのIDとクレジットカードもしくは、
銀行口座です。この2つだけで登録できますので、ご安心ください。

また、1人1回しか契約できません。そして、ご本人以外の申し込みは
できないのでくれぐれもご注意ください。

■口座振替対応しているLTEのポケットwifiはヤフーwifiだけ?

では、ヤフーwifi以外に口座振替で支払いできるLTEのモバイルwifiは
あるのでしょうか?調査しました。

まず、ヤフーwifiは、ヤフーJAPANとワイモバイルが共同で始めた
モバイルwifiサービスです。

ですので、もちろんワイモバイルでも口座振替で支払うことができます。
最新のLTE端末も揃っているので、とても便利ですね。

ワイモバイルにはさまざまなプロバイダがあるのですが、中でも
2社のプロバイダでしか口座振替ができません。

1社はワイモバイル、もう一社はヤフーwifiです。
楽天wifiでもヤフーwifiと同じ端末を使用出来ますが、楽天wifiでは、
クレジットカードのみの支払いとなります。

ヤフーwifiは、Yahoo!ウォレットのサービスを利用して、口座振替か
クレジットカードを選択出来ます。

ワイモバイルは申し込みをする際に、口座振替であってもクレジットカードの
情報を入力しなければなりません。オンライン上の手続きにはクレジットカード
の情報が必要となります。

■地方はLTE!都市部はWIMAX!

モバイルWIFIを購入する時は、まずLTEにしようか、WIMAXにしようかで
悩むものです。そういう時は地方はLTE、都市部はWIMAXというように
頭に入れておきましょう。

公式サイトのサービスエリアのページを見てみると、WIMAXは、通信基地局
と呼ばれる通信を行う施設が都市部や県庁所在地に集中しています。

一方、LTEは地方でもつながりやすいので、県庁所在地ではないところに
住んでいる場合や、山奥などに住んでいる場合でも通信できます。

■気になる通信速度は?

ヤフーwifiはLTEのモバイルwifiの中でも最安値ですが、通信速度は
どれくらい出るのでしょうか?

実際に使用してみた人のこんな口コミがありました。まず、同じ
場所でパソコンで高画質の動画を見た時の通信速度を比べたものです。

固定回線でパソコン動画を見た時の通信速度が下り約8.4Mbps、
上り約2Mbpsだったのに対して、ヤフーwifiでは下り約15Mbps、
上り約7Mbpsと固定回線よりも速い通信速度が出たそうです。

また、スマホでは新幹線に乗ってしまうと繋がらなくなりますよね。
ヤフーwifiなら問題なくスムーズに繋がることが出来ます。

「Mbps」とは通信速度を表す単位なのですが、通常のインターネットサーフィン
なら1Mbps、高画質動画を見るためなら3Mbps、インターネットサービスの
すべてが出来る通信速度が5Mbpsと言われています。

ヤフーwifiの約15Mbpsは余裕のある通信速度と言えます。
遅いというのは、超高速な100Mbpsクラスの通信速度に比べてです。

しかし、実際に繋がってみると15Mbpsも100Mbpsも体感速度は
あまり変わらないのです。

■クレジットカードを作ると必要となること

必要になった時に、クレジットカードをつくろうと誰もがおもいますよね?

しかし、クレジットカードを作るとなると、生じる義務があるのです。
クレジットカードを作る前に必要な義務をしっかり把握しておきましょう。

調べてみると、まず、引っ越す時は新しい住所、電話番号、新しい
勤め先を必ずクレジット会社へ通知しなければなりません。

カードを複数作ってしまうととても大変な作業になりますし、使いすぎる
リスクも高くなりますので、くれぐれもご注意ください。

また、毎月の明細書のチェックも滞りなく行いましょう。
複数作ってしまうと明細書がどのカードのものか混乱しますし、
不正利用にもきづきにくくなります。

また、万が一、身に覚えのない請求や不審な点があった時は自分から
カード会社へ問い合わせをしてください。

カード会社側からは何も通知は来ません。
クレジットカードには、保証がとても多くついています。

しかし、それは、こうした基本的な義務を守った人に適応されることなのです。
自分のカードは自分で管理するという大前提をわすれないようにしましょう。

■PCでヤフーを毎日見るけど動画を見なければ余裕?

ヤフーwifiには3日間で1GB、月間7GBという通信量の制限が
設けられています。

しかし、その数値は通信量として多いのでしょうか?
それとも少ないのでしょうか?

調べてみると、1GBという数値は動画サイトで高画質な動画を、約1時間6分
見ると達してしまいます。

月間の7GBだと約7時間40分も高画質な動画を見ることができます。
ですので、通信制限がある=動画は見ない方がいいというわけではないのです。

基本的にインターネット・サーフィンをして、メールやSNSをして、たまに動画を
チェックする程度の人なら問題なく使えるくらいの制限なのです。

あまり神経質になる必要はありません。通信制限がかかる前に
「このままのペースで使い続けていると制限をかけますよ」という
忠告のメールが届きます。

特に月間の7GBになる前に6GBの時点で忠告メールがきますので、
かなり余裕を持って通信利用をセーブすればいいのです。

また、通信制限がかかっても2GBごとに2,500円の追加料金を支払えば、
通信をすることができるものもあります。

さらに、もし通信制限がかかってしまったとしても10年以上前のケータイ電話
並みの速度で通信できますので、メールは問題ありません。

確かに、高画質の動画を見なければ、月間の通信制限7GBは余裕です。
しかし、毎日30分など自分で制限を決めてみれば通信制限はかかりません。

■PCで毎日何時間ネットサーフィンしたら7GBを超える?

では、月間7GBを守るためには毎日何時間くらいのベットサーフィンに
おさえればいいのでしょうか?

まず、ネットサーフィンは時間だけでは個人差があり目安となりかねます。
ですので、どのようなネットサービスをどれくらい使ったら、通信制限に
達するのかで考えましょう。調べてみました。

まず、7GBとはメールの送受信なら約1,870万通、ホームページなら、
約50,600ページ、音楽ダウンロードなら1,790曲です。

これを1日に換算するとメールの送受信なら約62万通、ホームページ閲覧なら
約1,687ページ、音楽のダウンロードなら約60曲です。

これだけの通信を毎日して初めて制限がかかるのです。
SNSをして、日中、仕事でネットを利用している人でさえ通信制限はかかりません。

■残りの通信量を節約するにはどうしたらいいの?

では、これでも通信量が足りないという人はどのように通信をすれば
通信制限に引っかからずに済むのでしょうか?

ココからは、通信料を節約する方法を調べたのでご紹介いたしましょう。

・公共無線LANを活用する

公共無線LNAスポットは街中に良くある無料で通信を提供してもらえるスポットです。
無料で会員登録を事前にしていれば誰でも簡単に通信を行うことが出来ます。

しかし、こうした無線の提供スポットは個人情報が盗まれやすいという
デメリットがあります。

ですので、セキュリティはしっかりするようにしてください。

また、動画は無線lANスポット、ネットサーフィンはヤフーwifiでというように、
使い分けることもおススメいたします。

■無線通信が7GBという通信制限を設ける理由は?

ヤフーwifiのようなモバイルwifiの月間の通信制限は7GBですが、
スマホやタブレットなどの通信制限も7GBとなっています。

なぜ、月間の通信制限は7GBなのでしょうか?
ヤフーwifiもスマホもタブレットも全て、無線通信です。

無線通信は電波で通信するのですが、有線では確保できる通信速度や
通信量が無線通信では確保できなくなります。

ですので、有線通信に比べて、無線通信の方が通信制限が厳しくなるのです。
そして、無線通信で確保できる通信料の限界が7GBなのです。

今、毎日何時間もネットを使うのが、当然の時代になっています。

しかし、こうした制限があるおかげでネットの使い過ぎやネット依存に
陥らないで済むようになるのです。

通信制限はデメリットではありますが、人としての生活を送る上では、
あった方が良いものなのです。

動画は一度見始めるとなかなか途中で止めるのが難しくなってしまいます。

オンラインゲームも一度やりだすと区切りがいいところまでどうしても
やりたくなってしまうものです。

ネットサーフィンにおいても、気になる情報をチェックしている途中でまた、
気になる情報が出てきてそれをチェックして・・・としているうちに時間が
経ってしまいます。

そうしてダラダラしている時間でさまざまな有意義なことが出来るのです。

また、通信制限にも午後9時~午前2時の間はネットユーザーが大幅に
増える時間帯となっています。

そうした時間帯を避けることでスムーズに繋がることが出来るのです。

速度制限問題!モバイルルーターはどのように選ぶべき?

無制限のモバイルルーターはあるの?
無制限のモバイルルーターは存在しませんが

「制限がゆるく、体感的に無制限に近いモバイルルーター」ならあります。

WIMAX
です。


ドコモなどのモバイルルーターは月に7Gを超えると速度制限がかかり、使い物になりませんがこちらのモバイルルーターは制限がありません。

WIMAXならギガ放題のプランを選択すると月額4380円で使えます。

3日で3Gの制限はかかりますが、速度制限時でも5、6Mbpsの速度はでるので
普通に動画もサクサクみれます。

実際の使用感は下記に書いていますので参考にしてください。

>>実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)



3日で1Gを超える頻度が多い人はWIMAX一択になります。

なぜならWIMAX(2+)は3日で3Gの速度制限とかなりゆるい制限ですし
速度制限時でも5Mbps以上でるので快適に使えるからです。

動画を沢山見る人以外にも、家でも外でも1つの契約でネットするひとは
WIMAXがいいでしょう。
それだけデータ量を多く使っていますので速度制限に引っかかる可能性が高いからです。

WIMAXは月額4380円と少し高めですが、光回線+WIMAXだと1万円近く
なってしまいますので、WIMAXに一本化したほうが断然安くすみます。

…まとめると、WIMAXは次の人以外は向いていません。
①動画などガンガンネットする人
②自宅と外、両方で頻繁にネットする人

逆に次の人はヤフーWIFIがコスパ最強です。速度も月間7Gになるまでは
普通にスマホと同じくらいの速度が出ます。

①スマホの速度制限をサポートする安いモバイルルーターがほしい。
②家でもネットサーフィンメイン、動画はたまに見る程度なので安いネット回線がいい。



コスパで選ぶモバイルルーター=ヤフーWIFI



ヤフーWIFIは例えばこんな人が使っています。
 賃貸アパートなどで一人暮らしの人
 単身赴任先でネットを使いたい人


>>月額2000円台でWiFiを使う方法とは?



LTE回線はスマホの電波と同じですので、全国にエリアが広がっています。
都市部ではもちろん、地方や田舎でも速い速度で快適にインターネットすることができます。

LTE回線のモバイルルーターで月間の速度制限がないのはYahoo! Wi-Fiの人気が高いです。









「制限」がゆるく、ストレスフリーなネット生活=WIMAX


WIMAXは例えばこんな人が使っています。
 とにかく無制限に近いモバイルルーターを求めている人
 転勤族、転勤が多くて固定回線を毎回引くのが面倒な人


使ってみた感想は下記に書いていますので参考になれば幸いです。

>>実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)



WIMAXは2つのプランがあります。

7G制限有りのプランとなしのプランです。

7G制限あり→UQ Flatツープラス(3696円)

7G制限なし→UQ Flatツープラス ギガ放題(4380円)

差額は約700円です。

ギガ放題が必要がどうかわからない人は最初は7G制限ありのUQ Flatツープラス(3696円)で契約するといいでしょう。

というのも、月単位でプランの変更ができるからです。



7Gを超えそうな月はUQ Flatツープラス ギガ放題(4380円)に、

あまり使わない月はUQ Flatツープラス(3696円)に

変更すればコストが抑えられます。










評判はどんなものがあるの?ヤフーwifiの特徴を知りたい! はコメントを受け付けていません。 LTE