違いがわかる!Yahoo wifiとワイモバイルは同じじゃない?

1-1 実は同じ?Y!mobileとYahoowifiの違い

今や多くの人が利用しているモバイルルーター。

モバイルルーターを提供している会社は複数あり、代表的なところでドコモ、au、ソフト
バンクなどがサービスを提供しています。

そのようないわゆる「3大通信キャリア」以外の会社でも、モバイルルーターを提供して
いる業者は多数あります。

今回はその中でも特に知名度の高いY!mobileとyahoo wifiについてご紹介していきます。

名前が非常に似ているこの2社。
いったいどのような違いがあるのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事ではこの2社の違い、またお得なモバイルルーターの選び方について解説させてい
ただきます。

1-2 Y!mobileの正体

先ほどの項目で紹介したこの2社ですが、結論から言ってしまうと実は同じ企業が提供し
ているサービスとなります。

まずY!mobileですが、その前に皆さんはイーモバイルという会社が存在したのをご存知で
はないでしょうか?

かつて大量にCMを放映していたイーモバイル。
しかし最近はめっきり名前も聞かなくなりましたね。

そしてなぜイーモバイルの話をしたのかと言いますと、実はY!mobileは旧イーモバイルと
ウィルコムという会社が合併してできた会社だからです。

ウィルコムはかつてPHSを提供していた会社で、他社に先駆けて通話し放題サービスを提
供してきた実績がありました。

最近めっきり見なくなったと思ったらこんなことになっていたのですね。

そしてもう一方のYahoo wifi。
こちらはY!mobileが行っているサービスの名前です。

もともとY!mobileは名前の通りYahooと資本関係がある企業なのですが、YahoowifiではY
ahoo本体がY!mobileから回線を借りて通信サービスを提供しているといった形になってい
ます。

1-3 一緒のサービスなのに料金が違う!?

それでは両者の間に何か違いはないのでしょうか?
結論から言ってしまいますと、ある1点を除けば全く変わりはありません。

Y!mobileもYahoowifiもどちらとも全く同じ電波を使っています。

そしてそれに伴う提供エリア、回線速度、また通信制限に至っても両者は全く同じように
かかります。

つまり、Yahoowifiを選んでも、Y!mobileを選んでも何も変わりはありません。
ただしある一点を除きますが。

その一点というのが「料金」です。

2-1 同じ料金なのに安くなる!?

さて、先ほどこの2社の違いは料金のみと書きました。

その通りで、実際この2社は使っている電波やサービスが全く同じなのに、料金が違いま
す。

しかも100円200円単位ではなく、1000円も違う結果になります。

具体的に申し上げますと、Y!mobileの月額料金は3696円に対し、Yahoowifiの月額料金は2
743円と1000円近くもYahoowifiの方が安くなるという結果になっています。

この結果だけ見ると、Yahoowifiを使った方が圧倒的に安くすむということがお分かりい
ただけるのではないでしょうか。

さて、両者全く同じサービスなのにここまで料金の差が出たわけですが、それはなぜなの
でしょうか?

2-2 料金が安くなる驚きのカラクリ

先ほども述べた通り、YahoowifiではY!mobileと全く同じサービスを、1000円以上も安く
使うことができます。

それはなぜなのでしょうか?

結論から言ってしまいますと、Yahoowifiの提供元であるヤフージャパンが、Y!mobileか
ら回線を大量に使わしてもらい、それをユーザーに又貸ししているような感じでサービス
を提供しているからです。

わかりやすく例えると、マンションの広い1室を借りて、それをパーテーションで区切っ
て第三者に安く使わしているような感じのモデルとなります。

これは近年急速に普及を見せているいわゆる「格安スマホ」が使っているMVNOというビジ
ネスモデルを使っているということになります。

これら格安スマホを提供している業者も、例えばドコモやauといった大手通信キャリアの
回線を買って、それをユーザーに安い値段で使わしているといった形で通信サービスを提
供しています。

それと全く同じ関係がこの2社にも見られるというわけですね。
そしてこれこそがYahoowifiが安くサービスを提供できる秘密ということになります。

2-3 安心の通信エリア。ソフトバンクも使えます

今までの項目で、YahoowifiもY!mobileも全く同じサービスが受けられるとご紹介しまし
た。
ということは必然的に電波が通じるエリアも全く同一のエリアとなります。

Y!mobileはご存知の通り、比較的後発の企業です。

ドコモやauといった「老舗」の会社の電波と比べてしまうと、どうしても見劣りしてしま
う面があります。

冒頭でも述べた通り、Y!mobileは旧イーモバイルと旧ウィルコムが合併してできた会社で
す。
また、母体のヤフーもそうなのですが、旧イーモバイル時代からソフトバンクと非常に強
い関係を結んでいました。

旧イーモバイル時代に提供していたポケットwifiでは、ソフトバンクとイーモバイルで全
く同じ機種を提供しており、また両方の会社のエリアが使用可能となっていました。

実はそれは今でも続いていて、Y!mobileで提供しているポケットwifiは、旧イーモバイル
の回線のみならずウィルコム、そしてソフトバンクの回線を使うことができます。

ソフトバンクは他の大手キャリアであるドコモ、auのカバー範囲には親ばないものの、日
本国内津々浦々をカバーしており、今も着々とエリアを広げています。

さらにウィルコムは20年ほど前から日本でPHS事業をやってきた実績があり、また旧ウィ
ルコム末期にはインターネット接続サービスにも力を入れてきたという実績があります。

確かに旧イーモバイルの回線だけではエリアは狭まってしまいますが、これら2社のエリ
アも使えるというのは大きな安心を生むのではないでしょうか。

また、接続する電波の優先順位はソフトバンク>ワイモバイルといった感じになっていま
す。

つまり、まずソフトバンクにつないでから、繋がらない場合はワイモバイル、旧イーモバ
イルの回線につなぐといった感じになっています。

ソフトバンクでは近年「4Gプラチナ」という新しい回線を提供しています。
これはどのようなものか簡潔に言いますと、従来の回線より繋がりやすく、通信が安定し
ている回線となります。

特に都市部においては絶大な人気があり、これによってソフトバンクの回線の品質が上が
ったと評判になりました。

このサービスは本来であればソフトバンク本家と契約しなければ使えないものですが、ワ
イモバイルですと格安でそのサービスを使うことが可能というわけです。

もちろん、旧イーモバイル以外のエリアも一切追加料金なしで利用することができます。

3-1 Y!mobileを使うならこれ!おすすめ端末

ここからは、両者が提供している端末についてお話ししていきます。

基本的にはワイモバイルで提供している端末も、Yahoowifiで提供している端末も同じも
のとなっています。

ただ、Yahoowifiには「お得に使える端末」というものが存在するので、Yahoowifiを契
約するときはそれらの機種を使うことをお勧めします。

まず、ワイモバイルで現在おすすめと言える端末が「Pocket wifi 504HW」というもので
す。

3-2 通信速度が爆速になる驚きのポケットWiFi

このポケットWiFiですが、実は日本で買えるポケットWiFiの中でも一位二位を争うほどの
通信速度を誇っています。

この端末が対応しているのはLTEと3G回線なのですが、このうちLTEに大きな秘密があり
ます。
最近になって始まったサービスで、「キャリアアグリゲーション」というものが存在しま
す。

これはどのようなものかと言いますと、通信を早くする技術となります。

携帯電話の電波というものは、混信を避けるために複数の周波数を組み合わせて出来てい
ます。
今までの技術ですとそのうちの1つの周波数帯しか利用できませんでした。

しかし最近始まったキャリアアグリゲーションに対応している端末で通信をする場合、複
数の周波数帯を同時に使って通信することで、従来よりも圧倒的な速さで通信することが
できます。

簡単に例えると、複数の車線にまたがってすごく大きなトラックを運転するようなもので
す。

そして冒頭に紹介した「Pocket wifi 504HW」はそのキャリアアグリゲーションに対応し
ているので、かなり高速で通信することが可能となります。

高速モバイル回線として有名なものはWIMAXですが、キャリアアグリゲーションに対応し
ている端末の場合それに匹敵するほどの速度で通信することができます。

3-3 安心のバッテリー持続時間

さて、いくら高速に通信できると言ってもバッテリーがあまり持たないのでは意味があり
ませんよね。

実際、高速通信可能な機種というものはそれなりにバッテリーの消費が激しいものが多く
、通常の機種よりもバッテリーが持たないということが往々にしてありました。

さて、この機種の場合はどうでしょうか?
結論から申し上げますと全く心配ありません。

この端末には3000mAhという大容量のバッテリーが搭載されており、電源を入れっぱなし
にしていても900時間、つまり約1ヶ月間もバッテリーを持たせることができます。

しかも、連続で通信を行ったとしても9時間もの間バッテリーを持たせることができます

実際に使用するときはおそらく通信したりしなかったりするような使い方をするでしょう
から、普通に使う分には2日間ほどはバッテリーを持たせられると思います。

また、バッテリーを節約する方法として、「使わないときは電源を切り、使うときにその
都度電源を入れる」というのがありますが、この方法は少し面倒くさいものです。

あなたにも、ポケットWiFiが起動するまでは少し時間がかかり、そのせいでいちいち電源
を入れるのが億劫になってしまうという経験があるのではないでしょうか?

しかしこの端末ならそんなこともありません。

この端末は高速起動というものに対応しており、電源ボタンを押してからわずか5秒で起
動が完了し、使える状態になります。

先ほど申し上げたバッテリー持続時間はいずれも「電源が入った状態」での数値になりま
すから、使わない時間は電源を切り、使うときだけ電源を入れるという使い方をした場合
バッテリー持続時間はもっと伸びることがわかりますね。

4-1 Yahoowifiをお得に使う最強の技、Yahooプレミアムアカウント

続いてはYahoowifiで購入できる端末のご紹介をします。

Yahoowifiでも先ほどご紹介した「504HW」は購入可能なのですが、実はもっとお得に利用
出来る端末が存在するのです。
それが今回ご紹介する「401HW」です。

この端末は先ほどの「504HW」と同じく、ファーウェイ製のポケットWiFiで、非常にコン
パクトで軽い端末となっています。

先ほど「504HW」は黒を基調としたシックな端末であったのに対し、こちらの「401HW」
は白を基調とした親しみやすい端末となっています。

先ほど、Yahoowifiでは月額2743円でポケットWiFiを使うことができると述べましたが、
その料金の対象機種がこの「401HW」となっています。

また、Yahoowifiではその料金からさらにお得に使う方法が存在しています。

その方法とは、「Yahooプレミアム割引」というものです。

Yahooのサービスを日常的に使っている方ならご存知かと思いますが、Yahooのアカウン
トには通常アカウントとプレミアムアカウントというものが存在します。

Yahooオークションを使っている方は多いと思いますが、出品にはプレミアムアカウント
が必要になりますので、Yahooオークションで出品を行ったことがある方は確実にYahoo
プレミアムアカウントをお持ちだと思います。

そのYahooプレミアムアカウントをお持ちの方がこの端末を契約した場合、この料金から
300円割引された月額2480円でポケットWiFiを利用することが可能となります。

4-2 Yahooで選べる最強端末1401HWとは

では、この項目では具体的に「401HW」の何が優れているのかについておほなししていき
ます。
まず手にしてみて一番わかりやすいポイントは、ズバリその重さです。

ポケットWiFiは大体どの機種であっても100グラムほどの重さが主流ですが、この端末の
重さは何と75グラムとなっています。

1Phone6sの重さが143グラムといわれているので、この端末はその約半分の重さであるこ
とがわかります。

スマホの他にわざわざもう一台持ち歩くのですから、なるべく重いものは持ち歩きたくな
いですよね。

そんな方にオススメなのがこの端末というわけです。

4-3 恐怖の通信制限を回避しよう

スマートフォンやポケットWIFIをお使いの方にとって恐怖の対象となっているのが「通信
制限」

こまめに確認しないと、いつの間に通信制限がかけられていて、肝心な時に使えないなど
の問題に直面して困ることがありますよね。

しかし、こまめに確認するといっても、その確認手段は意外とめんどくさいもので、つい
つい忘れてしまいます。

携帯会社のページに行って確認するのが主流ですが、確認するためにいちいちパスワード
を打ち込んだりする手間がかかるため、ついつい億劫に感じてしまいますね。

ましてディスプレイが存在しないポケットWIFIではもっとめんどくさい手段が必要なもの
でした。

しかし、この端末にはディスプレイこそないものの、端末上で今までの通信量を確認する
ことが可能なので、こまめに通信量を確認して通信制限の回避に役立てることができます

■おわりに

いかがだったでしょうか?

このように、YahooWIFIにはワイモバイルとは異なる魅力があります。

また、ヤフーのプレミアム会員など、ヤフーのサービスを活用している人が多い日本では
かなりオススメのキャリアと言えるのではないでしょうか。

皆さんもこれを機に、YahooWIFIで快適なモバイルライフをお過ごしください。

速度制限問題!モバイルルーターはどのように選ぶべき?

無制限のモバイルルーターはあるの?
無制限のモバイルルーターは存在しませんが

「制限がゆるく、体感的に無制限に近いモバイルルーター」ならあります。

WIMAX
です。


ドコモなどのモバイルルーターは月に7Gを超えると速度制限がかかり、使い物になりませんがこちらのモバイルルーターは制限がありません。

WIMAXならギガ放題のプランを選択すると月額4380円で使えます。

3日で3Gの制限はかかりますが、速度制限時でも5、6Mbpsの速度はでるので
普通に動画もサクサクみれます。

実際の使用感は下記に書いていますので参考にしてください。

>>実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)



3日で1Gを超える頻度が多い人はWIMAX一択になります。

なぜならWIMAX(2+)は3日で3Gの速度制限とかなりゆるい制限ですし
速度制限時でも5Mbps以上でるので快適に使えるからです。

動画を沢山見る人以外にも、家でも外でも1つの契約でネットするひとは
WIMAXがいいでしょう。
それだけデータ量を多く使っていますので速度制限に引っかかる可能性が高いからです。

WIMAXは月額4380円と少し高めですが、光回線+WIMAXだと1万円近く
なってしまいますので、WIMAXに一本化したほうが断然安くすみます。

…まとめると、WIMAXは次の人以外は向いていません。
①動画などガンガンネットする人
②自宅と外、両方で頻繁にネットする人

逆に次の人はヤフーWIFIがコスパ最強です。速度も月間7Gになるまでは
普通にスマホと同じくらいの速度が出ます。

①スマホの速度制限をサポートする安いモバイルルーターがほしい。
②家でもネットサーフィンメイン、動画はたまに見る程度なので安いネット回線がいい。



コスパで選ぶモバイルルーター=ヤフーWIFI



ヤフーWIFIは例えばこんな人が使っています。
 賃貸アパートなどで一人暮らしの人
 単身赴任先でネットを使いたい人


>>月額2000円台でWiFiを使う方法とは?



LTE回線はスマホの電波と同じですので、全国にエリアが広がっています。
都市部ではもちろん、地方や田舎でも速い速度で快適にインターネットすることができます。

LTE回線のモバイルルーターで月間の速度制限がないのはYahoo! Wi-Fiの人気が高いです。









「制限」がゆるく、ストレスフリーなネット生活=WIMAX


WIMAXは例えばこんな人が使っています。
 とにかく無制限に近いモバイルルーターを求めている人
 転勤族、転勤が多くて固定回線を毎回引くのが面倒な人


使ってみた感想は下記に書いていますので参考になれば幸いです。

>>実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)



WIMAXは2つのプランがあります。

7G制限有りのプランとなしのプランです。

7G制限あり→UQ Flatツープラス(3696円)

7G制限なし→UQ Flatツープラス ギガ放題(4380円)

差額は約700円です。

ギガ放題が必要がどうかわからない人は最初は7G制限ありのUQ Flatツープラス(3696円)で契約するといいでしょう。

というのも、月単位でプランの変更ができるからです。



7Gを超えそうな月はUQ Flatツープラス ギガ放題(4380円)に、

あまり使わない月はUQ Flatツープラス(3696円)に

変更すればコストが抑えられます。










違いがわかる!Yahoo wifiとワイモバイルは同じじゃない? はコメントを受け付けていません。 ポケットwifi