電気屋(ビッグカメラ)で買ったポケットWIFIの電波問題(読者投稿)

川崎のイベントに遊びに行っている時、イベントの休憩時間にショッピングモールの中に入りました。当時婚約中だった現在の夫と二人で出掛けており、私がガラケーしか持っていなかったため、「これから式に向けてやり取りする時に、ガラケーだと不便だからスマホにするかタブレットを持つかどちらかにしてほしい」と言われたため、時間もあったことですし、ショッピングモール内のビックカメラに行くことにしました。

まずはスマホにするかタブレットするかを決めるために店内をうろついていたら、店員さんに声をかけられました。

色々相談をした結果、スマホだと画面が小さくて私には難しかったため、タブレットを購入することになりました。すると、ビックカメラ)の店員さんにどのキャリアにするかを聞かれました。いろいろ教えてくださったのですが、あまりよく分からなかったため店員さんのオススメを聞くと、店内にいるUQ WiMAXの方を呼んで来られました。私は家電や電化製品全般に疎く、ポケットWIFIのこともずっと何て読むのが正しいのかさえ分からなかったのですが、ビックカメラの店員さんとポケットWIFIの担当の方が丁寧に分かるまで説明してくださったため、「他にも会社があって比較した方が安いものが見つかるかもしれないけど、親切そうだしここでいいかな」と思ってそのまま契約することにしました。
ポケットWIFIを契約することで一緒に購入

するタブレットの代金が一万円引きになるという、キャンペーンをしたおり、タブレット代がほとんどかかりませんでした。

月額は6000円くらいでした。
本当はもっと安くなっていたのかもしれませんが、「初めはこれをつけた方がいいですよ」「これをつけた方が安くなります」「このサービスは数ヶ月無料だからつけておきます」「電話一本ではずことができるサービスばかるりですのでとりあえずつけておいた方がいいですよ」と言われるがままにつけておいたサービスを、無料期間が終わっても外し忘れたままになってしまっていました。こういうことは、家電だけでなくいろいろな場面で起こってしまうため、気を付けないととは思っているのですが…。

3日で10GBでほとんど使い放題状態だったため、私と一緒にいるときは主人も私のポケットWi-Fiの電波を使っており、速度制限がかかりにくくなりました。
気に入ってつかっていましたが、新居に引っ越したら電波が入らなくなってしまったため解約しました。

電気屋でポケットWIFIを契約したら月額5000円だった体験談

私の家にはWIFIがあるのですが、置いてある部屋にいるときしかWIFIが繋がらないので困っていました。

それしポケットWIFIがどのくらい使えるのかなど値段も知らなかったので一通りネットで調べてみました。

しかし、ネットで調べても金額などは出てきたのですが古い機種や新しい機種などがありどれを選べば良いのか全くわかりませんでした。

なのでお店で1度聞いてみれば良いかと思いヤマダ電機へ行くことにしました。

1番いえから近い家電量販店の名前がヤマダ電機さんだったのでそこにきめました。
お店に行くとWiMAXいがいにもたくさんの種類のポケットWIFIがあることがわかりました。ソフトバンクだと家に置いて使う人向けだったので持ち歩きには不便だと言われました。

ディズニーに行くときや旅行に行くときに持ち歩けたらいいなと思ったのでソフトバンクのは視野にいれませんでした。

やはり1番人気があるのはWiMAXだと言われたのでWiMAXのポケットWIFIの中から選ぼうと思いました。

妹が前にWiMAXのポケットWIFIを使っていたのでそれと同じ機種にしてもらおうかなと思い聞いてみたら、
古い機種だから繋がるところが少ないし新しい機種にしてもそこまで値段は変わらないから考えた方が良いと言われました。

確かに家の中でも繋がらないところが結構あったので新しい機種をヤマダ電機さんにおしえてもらいました。WiMAX2+と言うものにしました。

月額5000円に消費税くらいでした。

最初の3か月間だけ3000円で良いとキャンペーンがやっていたのでそれ以降は5000円でした。

少し高いかなとおもったのですが、ギガ数を追加して携帯代が高くなるよりはマシだと思いそのポケットWIFIをヤマダ電機で契約しました。

実際に使ってみると家の中でも使えない場所がありましたが、コツを掴めばどこら辺で繋がりやすいかなどわかったので便利だなと思いました。

携帯のギガ数のプランも1番少ないものにして携帯代を安く済ませることが出来ました。私が借りた家電量販店の名前はヤマダ電機さんですが、ほかで借りるとまた値段が違ったかもしれません。

それにヤマダ電機さんでは家電と一緒に買うと割引しますというキャンペーンをしていたのですがカメラをかったばかりで、何も買う予定がなかったのでキャンペーンは使えませんでした。

ネットではもう少し安く借りることが出来たそうなのですが、わからないことを聞きながら契約出来たのでお店で借りて良かったと思っています。

電気屋のポケットWIFI・キャッシュバックは4万円でなく2万円だった話

家電量販店(電気屋)はヤマダ電機です。

ポケットWIFIもお得で、モバイルルーターを利用し始めた当初、固定回線、モバイルルーターどちらも使用しており、その後引っ越した時工事予約全く取れなくて、モバイルルーターだけの生活となり、そのままでも十分で、それからモバイルルーターだけで生活をしてます。

引っ越しが多くて、固定回線ひくことなくすでにモバイルルーターのみで生活2年以上です。そして、はじめのモバイルルーターは同じwimaxですが、gmoとくとくbbでプロバイダー契約をしました。

そして、問題なく使っていて、ノートを家電量販店(電気屋)はヤマダ電機で買ったときキャンペーンのことを持ち掛けられてgmoの2年契約終わりかけたのが、契約切り替えのきっかけ。

ポケットWIFIはいいですが、ヤマダ電機のキャッシュバックは45000円と多く、月々契約がちょっと高いの差しひても20000円ほどお得となります。

ですが実際もっとキャッシュバック良い契約がたくさんあって45000円というのは月々上乗せぶんはいってるキャッシュバックの金額であり、
実際キャッシュバック額は20000円なのです。

そこらへんわかりづらくて、説明うやむやであり、契約内容よく確認してみてください。

そしてルーターの種類薦められるまま選んだのですが、
私の契約だと機種代無料で、持ち運びが多くて、
機種代金かからないものという条件でw02を選んだのです。

そしてこの感想ですが、特に苦になりませんが、
スマホと同時にポケットに入れるとちょっと邪魔でサイズ、
重さはiphoneとほぼ同じ感覚で持ち運べます。

そして普段移動中使わず、使うときパソコンにusb接続しており、バッテリーもちはあまり気になりません。

ポケットWIFIは手軽ですが、たまに接続し忘れてるときも連続6~7時間は使えたりします。

普段利用する分にかあんり連続して使っても熱は持ちません。たまにカバンの中入れっぱなしで使ってみれば多少暖かくなっていたりして、怖いぐらい熱くなうようなことはなかったです。

自宅で使用は特に不自由ではなくて、wimax使い始めて今で4回マンション引っ越したのですが、私は運が良いか電波悪い部屋経験してないです。

基本ネットつなぎっぱなしで、動画たまに見るので、3日で3gb速度制限ほとんど常にかかる状況ですが、ユーチューブなど動画は止まらない程度の速度維持ができてるみたいです。

作業で図書館利用したりしますが、私の地域にある図書館3つは、どこも電波入りがよくて、ネットサーフィンなどはストレスなくすることが可能です。

家電量販店(電気屋)はヤマダ電機にぜひ行ってみてください。

電気屋でYモバイルのポケットWIFIを契約した体験談

6年ほど前にYモバイルのポケットWIFIを購入しました。家電量販店(電気屋)はヤマダ電機です。
当時私は不動産の営業をしていたので、オープンハウスで会社を離れているときにインターネット回線がないところだとお客さんに物件の紹介をするのが非効率だったので。家の近くに丁度ヤマダ電機があったので、家電はいつもそこで購入していたし、他に近くに契約出来る場所を知らなかったのでそちらを選びました。というよりも、家電量販店(電気屋)ですぐに思い浮かんだものがヤマダ電機だっただけなのですけど・・・。
契約内容は7ギガまでの使用でインターネットに4G回線を使える契約だったと思います。インターネットとか、ポケットWIFIとか、すごく疎いのであんまり詳しくはわからないのですが、7ギガを越えると読み込みが遅くなったと思います。
月々の支払は4700円くらいで、本体代金は確か15000円くらいだったかと思います。仕事以外でそんなに使わなかったので、余ったデータ容量は友達にポケットWIFIを貸してあげて動画とか見せてあげてました。
形は四角くて、少し2019年現在のポケットWIFIよりも大きかったのを覚えています。解約時の条件では2年契約で、それ以降には自動更新されて2年以内に解約すると解約料金を取られると言う、俗に言う囲い込み方式でした。
今ならポケットWIFIを契約するよりスマホの使用データ量を多くしてテザリングの契約しますが、その当時、ポケットWIFIが珍しく、ほしくて契約しましたが支払い料金が増えただけで損したなと思いました。
他の電気屋さんもネットで調べたのですが、購入したところではキャッシュバックキャンペーンではないけど、特定のノートパソコンとセットで買うとパソコンの本体代金が1万円値下げされるキャンペーンでした。実質1万円キャッシュバックされたものをそのままパソコン代に充てる感じです。その時、会社で営業用のノートパソコンを買い替える予定でいたみたいだったので買う気はなかったのですが、ちょうど家で使っていたノートパソコンが古くて買替ようか迷っていたので一緒に買ってしまいました。ちなみにネットで調べていた家電量販店(電気屋)もヤマダ電機でした。
今はそのポケットWIFIは解約して、スマホのデータ容量を増やして使っています。解約するときも、Yモバイルの入っているヤマダ電機に行って解約しないとならず、ちょっと手間だなと思いました。
スマホ代とWIFI代と合わせて安くなるプランがあればWIFIを購入しようかなと思います。

アパート引っ越しの際に電気屋でポケットWIFIを購入した体験談

数年前、結婚が決まり実家からアパートに引越しをしました。
実家にはインターネット環境が整っていたので、それまでは当たり前のようにインターネットを使用していました。しかし、引っ越したアパートではインターネット環境がありません。
いずれは自分の家を建てたいと考えていたので、光回線を引くのはもったいないから引きたくない。
でも当たり前のようにスマホで検索などをしていた私にとって、料理を調べるにも残りギガを心配して利用しなければならない、という事がとてもストレスになっていました。
そんなある日、たまたま行った「ヤマダ電機」でポケットWIFIのキャンペーンをしていました。
主人も興味深深だったので、キャンペーンのスタッフさんに早速話を聞いてみました。
私はそれまでポケットWIFIというものを知らなかったので、インターネット回線を引かなくてもネット環境を整えることができるなんて、驚きと感動で自分にピッタリだと思いました。
この時のキャンペーンとしては、今日購入すれば持ち帰り0円、もれなくデジタルフォトか小型パソコンをもらえるというものでした。
しかし、「ヤマダ電機」で購入するより利用している携帯電話のお店で購入したほうが安心かな、とふと思主人が言ったので、一回その場を立って相談する事にしました。
相談した結果、どうせポケットWIFIを購入するのならお得なほうがいいと意見が一致し、早速購入することにしました。
購入したポケットWIFIは月額2800円で、私たちは小型パソコンをもらうことにしました。
購入前はとてもお得なことしか言わなかったのに、いざ購入のサインをする時になるとポケットWIFIの利用代に本体代、パソコンのオプションまでつけられてビックリしたのを覚えています。
もう断れない状態だったので、しぶしぶサインをして購入。
結局月々いくらかかるんだろう…ととても不安でした。
スタッフの方は「ヤマダ電機」の店員さんではなく、そのキャンペーン専門のスタッフのようだったのでアフターケアの面でも不安でした。
購入したポケットWIFIは新居では活躍してくれたのですが、一緒にもらった小型パソコンの有料オプションの解約がとても面倒。何度も問い合わせのコールセンターに電話をして大変でした。
引き落とされた利用料を見ると、毎月五千円近くかかっていて光回線を引いたほうが良かったのかなとまで思ってしまいました。
結局、子どもが生まれて実家に帰省した事を機に解約をしました。
解約も解約月が過ぎてしまったため手数料も一万円ほど取られ、私にとってはポケットWIFIはあまり良い思い出ではありませんでした。

電気屋でポケットwifiを契約できる?どこがよい?

■どの電気屋だったらポケットwifiを契約できる?

ポケットwifiは無線でインターネットが利用できるようになる機器ですが、
契約をしたい場合、どの電気屋ですればいいのでしょう。調べてみました。

・ヤマダ電機、コジマ電機、ケーズ電気、ほとんどの電気屋で契約できる
・キャッシュバックが、あまりお得ではない

ポケットwifiを契約できる電気屋は、こちらです。

・ヤマダ電機
・コジマ電器
・ケーズデンキ
・ビックカメラ
・ヨドバシカメラ など

大型の電気屋なら、ほとんどのところでポケットwifiと契約できます。
近所の電気屋にポケットwifiの実物を見に行ってみてください。

ちなみに、電気屋ではポケットwifiは携帯販売コーナーにありますよ。

しかし、電気屋でポケットwifiを購入する場合、デメリットがあるので
注意をしてください。

デメリットとは、初期費用と契約利用料金が割高という部分です。
お得に契約するならポケットwifiのプロバイダからがよいですよ!

■電気屋でポケットwifiのことを聞く場合

電気屋でポケットwifiの契約をするのは避けた方が良いのですが、
実物を見ながら店員さんに直接疑問をぶつけられるのはメリットです。

・プロバイダで契約する前に電気屋で疑問を解消するとよい
・質問する場合は、店員さんを見極めよう!

ポケットwifiの契約をするとスマホと同じで最低利用期間2年間は、解約料なしで
解約することができません。

ですので、契約後に後悔しないためにも疑問はしっかり解消してから契約をして
ください。

契約前にポケットwifiの実物チェックと疑問解消のために、電気屋に足を運ぶと
よいですよ!

そして、電気屋でポケットwifiのことを聞くなら、こんな店員さんにしましょう。

・他社の悪口を言わない
・ニーズをしっかり聞いてくれる
・割引キャンペーンをごり押ししてこない

まず、他社の悪口を言い、自社の良いところを言わない店員さんは信用できま
せん。

本当に自身のある商品なら、良いところを強くアピールしてくるはずです。
それがない店員さんにはポケットwifiのことを聞かないようにしましょう。

また、ただ単に自分が売りたい商品を紹介してくるのではなく、まずニーズを聞き
その上でニーズに合ったポケットwifiを紹介してくれる店員さんにしてください。

そして、先ほども言いましたが、ポケットwifiの割引プランはあまりお得ではありま
せん。

それを知りながらごり押ししてくる店員さんは信用できないので、割引プランを
さらっと紹介してくる店員さんがよいでしょう。

同じ電気屋の店員さんでも、人によって知識がまったく違います。
豊富な知識をもった店員さんに疑問をぶつけてください!

■電気屋で買ってもお得なポケットwifiはないの?

ポケットwifiを通販で購入する人が増えていますが、電気屋で買ってもお得な
ものはないのでしょうか?

・ソフトバンクやドコモはネットよりも実店舗の方がお得
・ソフトバンクやドコモのポケットwifiなら電気屋で購入しよう

ポケットwifiの中でもっとも人気があるのは、WIMAXです。
また、Yahoo!wifiなども人気がありますが、これらも通販の方がお得です。

しかし、ソフトバンクやドコモなどのキャリアから発売されているポケットwifiは
インターネットよりも実店舗の方がお得なのです!

・ソフトバンクやドコモなどのオンラインショップ
・ソフトバンクやドコモなどのショップ
・電気屋

これら3か所で値段をチェックして、一番お得なところで購入しましょう!

■ネット環境がない人がポケットwifiを契約する場合

ネット環境がない人がポケットwifiを契約する場合は、電気屋での契約となり
ます。その際は、必要なものを忘れずに持参しましょう!

・身分証明書と印鑑を持って電気屋へ
・電気屋での契約は即日から利用できる

ポケットwifiを契約するには、写真付きの身分証明書と印鑑が必要です。
インターネットの契約では印鑑はいりませんが、電気屋では必要となります。

また、電気屋で契約をすると、即日から利用することが可能です。
ネット環境がない人、急いで契約したい人は電気屋で契約しましょう。

電気屋でポケットwifiを契約した人の体験談を調べてみると、その人はどうしても
その日中にインターネット環境が必要だったので、電気屋で契約したそうです。

契約時に高額のキャッシュバックがありますが、利用料金に上乗せして契約期間
2年間でキャッシュバック分のお金を回収するのに腹が立ったといいます。

しかし、よかったポイントが2つあったそうです。
ひとつは翌日受け取れること、そしてもう一つは契約でポイントが多くついたこと!

そのポイントを使ってずっとほしかった家電をお得に購入できたといいます。
電気屋でのポケットwifiの契約もデメリットばかりではありません。

・今日中にポケットwifiが必要
・今ほしい家電があってポイントカードが結構溜まっている

こういう状況の人にとっては、電気屋での契約にメリットがあります。

■電気屋でポケットwifiは何歳から契約できる?

電気屋でポケットwifiを契約するには、未成年でも保護者の同意があれば
契約することができます。具体的に何歳から契約できるか調べました。

・12歳から契約することができる
・保護者の同伴がない場合は、2つの書類が必要

電気屋で未成年がポケットwifiを契約する場合、対象は12歳からです。
保護者の同意がない場合は、この2つの書類を用意しましょう。

・親権者同意書
・親権者の本人確認書類のコピー

これらを用意してから電気屋へ行けば、契約ができます。

そして、電気屋で契約してもプロバイダのサイトから契約しても、解約する方法は
同じです。

まず、サポートセンターに電話をして音声ガイダンスに従い電話のボタンを押すと
オペレーターに繋がります。

その後、解約のための書類を取り寄せて郵送で返信して完了です。

契約した電気屋にポケットwifiと書類を持って行っても、解約手続きはできません
のでご注意ください。

電気屋とプロバイダのポケットwifiの契約では、初期費用と月々の利用料金以外
に大きな違いはありません。

通信環境や解約料金、最低利用期間などは同じです。

ポケットwifiが手に入るのが数日後で良い場合は、プロバイダで契約をしてくだ
さい。

プロバイダごとにキャンペーン内容が違うので、いくつか比較してみてくださいね。

ソフトバンクのポケットwifiの契約内容を確認するには?

■契約内容の確認は、公式サイトでできる!

ポケットwifiは2年縛りがあるので、契約時の内容を忘れてしまうことがあります。
そんな時は、どうやって契約内容を確認すればいいのでしょうか?

・契約内容はMysoftbankで確認することができる
・契約内容が表示されない場合は、カスタマーセンターへ!

ソフトバンクのポケットwifiについて契約内容を確認したい場合は、My Sofbankへ
アクセスしましょう。

Mysoftbankでは、このような契約内容を確認することができます。

・料金プラン、更新期間、割引サービスなど
・契約状況
・通信低速度までの残りのデータ量
・オプションの利用状況
・契約者住所などの連絡先
・契約内容の確認書類

このような内容を確認できるので、一通りの契約内容を把握し直せます。
もし、Mysoftbankが表示されなかったら、カスタマーセンターへ電話しましょう。

そして、契約をする前に確認をしておいた方が良いポイントがいくつかあります。
どんなポイントなのでしょうか?

■ソフトバンクのポケットwifiを契約する前に確認しておきたいこと

ソフトバンクのポケットwifiは、契約をする前に契約解除料がいくらかかるのかを
確認しておく必要があります。

・解約時に払う費用なので、事前に確認しておく方が安心
・ポケットwifiはスマホと同じ9,500円

ソフトバンクの契約解除料は、スマホと同じく9,500円です。
解約時に払う費用なので、契約前に確認をしておきましょう。

そして、ソフトバンクでは契約解除料がかからない契約更新期間が2か月あり
ます。

他のポケットwifiでは1か月間だけなので、倍の期間、契約解除料を支払わない
で解約できるのです。

そして、ソフトバンクのポケットwifiの利用料は、月々4,196円です。
しかし、今は特別キャンペーンを行っているので月々3,696円で利用できます。

月間のデータ通信量は7GBまでです。

ソフトバンクのポケットwifiは、ほかのポケットwifiとほとんど変わらない通信量と
料金です。

スマホがソフトバンクなら、ソフトバンクのポケットwifiにすると料金の支払いが
スムーズになってよいですよ!

■実際にソフトバンクのポケットwifiを利用した人の評価は?

実際にソフトバンクのポケットwifiを利用した人の評価を見てみると、契約後の
イメージがつかみやすくなります。

・クイック起動で5秒で電源が入ってくれる
・バッテリーは約10時間と長時間連続の利用ができる

ポケットwifiはクイック起動でスイッチをおしてから、5秒で電源が入るように
できています。

ですので、外出先などですぐに使いたい場合にイライラしません。

バッテリーは約10時間と長持ちなので、2日間は充電しなくても使い続けられ
ます。

そして、ソフトバンクの「502HW」という機種を実際に使っている人の評価では、

「アプリを使えばワンセグがないスマホやタブレットでもテレビが見れて便利」
「高速のインターネットを外出先でも利用できる」
「名刺入れを少し大きくした感じで、とてもコンパクト」

このように、利便性を高く評価している人が多かったです。
では、ソフトバンクのポケットwifiの実際の通信速度はどれくらいなのでしょう?

■ソフトバンクのポケットwifiの実際の通信速度は?

ソフトバンクのポケットwifiを使うと実際には、どれくらいの通信速度が出るの
でしょうか?ほかのポケットwifiの速度と比較してみました。

・下りの速度は速いが、トータルではドコモが一番早い
・体感的には、あまり差がないので好きな会社と契約でOK

ソフトバンクのポケットwifiの通信速度は、他のポケットwifiに比べて速いので
しょうか?遅いのでしょうか?

・WiMAX  下り 40Mbps 上り 15.4Mbps
・イーモバイル  下り 75Mbps 上り 25Mbps
・ドコモ  下り 100Mbps 上り 35Mbps
・ソフトバンク  下り 110Mbps 上  10Mbps
・au  下り 75Mbps 上り 25Mbps

110Mbps出ているものもあれば、40Mbpsしか出ていないものもあるので、
通信にはとても大きな差が出ている印象ですが、実はあまり差がありません。

通信速度は5Mbps以上になると、どれだけ早くても体感速度に違いがないの
です。

つまり、WiMAXの最大通信速度である220Mbps出たとしても、「すごい速い!」
と実感することはできません。

自分のスマホと同じ会社や好きな会社、ほしいデザインの端末がある会社など
と契約をするようにしましょう。

■結婚していない場合は、ポケットwifiが正解!

固定回線でインターネットをすると、通信が安定しさくさく読み込んでくれます。
しかし、家でしか使えないので、一人暮らしにはもったいないですよね?

・結婚をしていないなら、多少不安定でもポケットwifiがよい
・ポケットwifiは出張中や移動中に使うことができる

結婚をしていない場合は、自宅を開けることが多いですよね?
固定回線は自宅でしか使えないので、自宅をよく開ける一人暮らしには不向き。

ですので、外出先でも使えるポケットwifiにしましょう。

ソフトバンクのポケットwifiを実際に使っている人の体験談に、こんなものがあり
ました。

その人は出張中や移動中に使用することが多いようで、ポケットwifiは自分に
向いているとのこと。

また、一部のユーザーの口コミで「ソフトバンクのポケットwifiは遅い」という記事を
見たが、普通に快適に使えているので、満足しているそうです。

また、特に節約しようと考えないで使った結果、月間5GBの通信量だったといい
ます。

月間7GBの通信量があったので、通信制限に一度も引っかかることなく、
インターネットを仕事とプライベートで活用しているそうです。

しかし、動画を見るとあっという間に通信量が7GBに達してしまう気がして、
最初は、あまり動画を見ないように気を付けていたそうです。

しかし、最近、動画サイトなどを見ていてあっという間に時間がたってしまった
ことが1か月に数回起きたといいます。

しかし、それでも通信制限には引っかからないそうです。

インターネットを非常識に使わない限り、通信制限はあまり気にしなくてもよい
ようです。ポケットwifiに変更した後も、普段通りに使いましょう!

実際にUQWIMAXを使ってみました!(Speed Wi-Fi NEXT WX02編)

■UQ WIMAX申込時に選んだ端末は「Speed Wi-Fi NEXT WX02」

 

私が実際に購入したのは「Speed Wi-Fi NEXT WX02」という機種です。
一番最新の機種ではないのですが、これを選びました。

なぜかというとネットでの評判が良かったのと、電池持ち時間が12時間と他の機種に比べて長かったからです。
ネットでの評判というのは、使ったデータ容量で3日で3Gを超えた場合や7Gを超えた場合でも速度が最低でも5,6Mbpsでているというものです。

ふたつ目の電池持ち時間ですが他の機種は8時間ですがこちらは12時間と大幅に長かったことです。(私は家でも外でも使うので)
おそらくですが他の機種はau 4G LTEも使えるからではないでしょうか?
その分の電波を受信できる分、端末に入れる部品が多くなりバッテリー容量が小さくなった?
のかと想像しています。

■通信速度は制限時も意外と早かった

私の住んでいるところをピンポイントエリア判定で検索してみました。
△~◯と微妙な結果に・・・

こりゃ期待できないなーと思ってWIFI接続したところ、意外と良い速度がでました。(しかも3G超えの速度制限時)

特に窓側というわけでもないのですが、十分ネットサーフィンや動画もできる速度です。
実際に標準解像度の「360P」でyou tubeをみてもカクカク画像が乱れることなく快適にみれました。

ちなみに

私はこちらでWIMAXを購入しました。

キャンペーンをやっている時があるのでそのタイミングで買うとお得です。

WIMAXキャンペーン情報!

 下記サイトから、UQ Flatツープラスギガ放題または、UQ Flatツープラス、
UQ Flat ツープラス auスマホ割(2年/4年)に申し込みした人に
商品券3,000円をプレゼント。

 キャンペーン対象の人にJCBギフトカードが契約月の翌月末までに発送されます。




(キャンペーン対象期限内か、上記サイトから確認できます)



>>ネット申し込み限定!最低でも3000円の商品券がもらえます♪





以上ご参考になれば幸いです。

違いがわかる!Yahoo wifiとワイモバイルは同じじゃない?

1-1 実は同じ?Y!mobileとYahoowifiの違い

今や多くの人が利用しているモバイルルーター。

モバイルルーターを提供している会社は複数あり、代表的なところでドコモ、au、ソフト
バンクなどがサービスを提供しています。

そのようないわゆる「3大通信キャリア」以外の会社でも、モバイルルーターを提供して
いる業者は多数あります。

今回はその中でも特に知名度の高いY!mobileとyahoo wifiについてご紹介していきます。

名前が非常に似ているこの2社。
いったいどのような違いがあるのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事ではこの2社の違い、またお得なモバイルルーターの選び方について解説させてい
ただきます。

1-2 Y!mobileの正体

先ほどの項目で紹介したこの2社ですが、結論から言ってしまうと実は同じ企業が提供し
ているサービスとなります。

まずY!mobileですが、その前に皆さんはイーモバイルという会社が存在したのをご存知で
はないでしょうか?

かつて大量にCMを放映していたイーモバイル。
しかし最近はめっきり名前も聞かなくなりましたね。

そしてなぜイーモバイルの話をしたのかと言いますと、実はY!mobileは旧イーモバイルと
ウィルコムという会社が合併してできた会社だからです。

ウィルコムはかつてPHSを提供していた会社で、他社に先駆けて通話し放題サービスを提
供してきた実績がありました。

最近めっきり見なくなったと思ったらこんなことになっていたのですね。

そしてもう一方のYahoo wifi。
こちらはY!mobileが行っているサービスの名前です。

もともとY!mobileは名前の通りYahooと資本関係がある企業なのですが、YahoowifiではY
ahoo本体がY!mobileから回線を借りて通信サービスを提供しているといった形になってい
ます。

1-3 一緒のサービスなのに料金が違う!?

それでは両者の間に何か違いはないのでしょうか?
結論から言ってしまいますと、ある1点を除けば全く変わりはありません。

Y!mobileもYahoowifiもどちらとも全く同じ電波を使っています。

そしてそれに伴う提供エリア、回線速度、また通信制限に至っても両者は全く同じように
かかります。

つまり、Yahoowifiを選んでも、Y!mobileを選んでも何も変わりはありません。
ただしある一点を除きますが。

その一点というのが「料金」です。

2-1 同じ料金なのに安くなる!?

さて、先ほどこの2社の違いは料金のみと書きました。

その通りで、実際この2社は使っている電波やサービスが全く同じなのに、料金が違いま
す。

しかも100円200円単位ではなく、1000円も違う結果になります。

具体的に申し上げますと、Y!mobileの月額料金は3696円に対し、Yahoowifiの月額料金は2
743円と1000円近くもYahoowifiの方が安くなるという結果になっています。

この結果だけ見ると、Yahoowifiを使った方が圧倒的に安くすむということがお分かりい
ただけるのではないでしょうか。

さて、両者全く同じサービスなのにここまで料金の差が出たわけですが、それはなぜなの
でしょうか?

2-2 料金が安くなる驚きのカラクリ

先ほども述べた通り、YahoowifiではY!mobileと全く同じサービスを、1000円以上も安く
使うことができます。

それはなぜなのでしょうか?

結論から言ってしまいますと、Yahoowifiの提供元であるヤフージャパンが、Y!mobileか
ら回線を大量に使わしてもらい、それをユーザーに又貸ししているような感じでサービス
を提供しているからです。

わかりやすく例えると、マンションの広い1室を借りて、それをパーテーションで区切っ
て第三者に安く使わしているような感じのモデルとなります。

これは近年急速に普及を見せているいわゆる「格安スマホ」が使っているMVNOというビジ
ネスモデルを使っているということになります。

これら格安スマホを提供している業者も、例えばドコモやauといった大手通信キャリアの
回線を買って、それをユーザーに安い値段で使わしているといった形で通信サービスを提
供しています。

それと全く同じ関係がこの2社にも見られるというわけですね。
そしてこれこそがYahoowifiが安くサービスを提供できる秘密ということになります。

2-3 安心の通信エリア。ソフトバンクも使えます

今までの項目で、YahoowifiもY!mobileも全く同じサービスが受けられるとご紹介しまし
た。
ということは必然的に電波が通じるエリアも全く同一のエリアとなります。

Y!mobileはご存知の通り、比較的後発の企業です。

ドコモやauといった「老舗」の会社の電波と比べてしまうと、どうしても見劣りしてしま
う面があります。

冒頭でも述べた通り、Y!mobileは旧イーモバイルと旧ウィルコムが合併してできた会社で
す。
また、母体のヤフーもそうなのですが、旧イーモバイル時代からソフトバンクと非常に強
い関係を結んでいました。

旧イーモバイル時代に提供していたポケットwifiでは、ソフトバンクとイーモバイルで全
く同じ機種を提供しており、また両方の会社のエリアが使用可能となっていました。

実はそれは今でも続いていて、Y!mobileで提供しているポケットwifiは、旧イーモバイル
の回線のみならずウィルコム、そしてソフトバンクの回線を使うことができます。

ソフトバンクは他の大手キャリアであるドコモ、auのカバー範囲には親ばないものの、日
本国内津々浦々をカバーしており、今も着々とエリアを広げています。

さらにウィルコムは20年ほど前から日本でPHS事業をやってきた実績があり、また旧ウィ
ルコム末期にはインターネット接続サービスにも力を入れてきたという実績があります。

確かに旧イーモバイルの回線だけではエリアは狭まってしまいますが、これら2社のエリ
アも使えるというのは大きな安心を生むのではないでしょうか。

また、接続する電波の優先順位はソフトバンク>ワイモバイルといった感じになっていま
す。

つまり、まずソフトバンクにつないでから、繋がらない場合はワイモバイル、旧イーモバ
イルの回線につなぐといった感じになっています。

ソフトバンクでは近年「4Gプラチナ」という新しい回線を提供しています。
これはどのようなものか簡潔に言いますと、従来の回線より繋がりやすく、通信が安定し
ている回線となります。

特に都市部においては絶大な人気があり、これによってソフトバンクの回線の品質が上が
ったと評判になりました。

このサービスは本来であればソフトバンク本家と契約しなければ使えないものですが、ワ
イモバイルですと格安でそのサービスを使うことが可能というわけです。

もちろん、旧イーモバイル以外のエリアも一切追加料金なしで利用することができます。

3-1 Y!mobileを使うならこれ!おすすめ端末

ここからは、両者が提供している端末についてお話ししていきます。

基本的にはワイモバイルで提供している端末も、Yahoowifiで提供している端末も同じも
のとなっています。

ただ、Yahoowifiには「お得に使える端末」というものが存在するので、Yahoowifiを契
約するときはそれらの機種を使うことをお勧めします。

まず、ワイモバイルで現在おすすめと言える端末が「Pocket wifi 504HW」というもので
す。

3-2 通信速度が爆速になる驚きのポケットWiFi

このポケットWiFiですが、実は日本で買えるポケットWiFiの中でも一位二位を争うほどの
通信速度を誇っています。

この端末が対応しているのはLTEと3G回線なのですが、このうちLTEに大きな秘密があり
ます。
最近になって始まったサービスで、「キャリアアグリゲーション」というものが存在しま
す。

これはどのようなものかと言いますと、通信を早くする技術となります。

携帯電話の電波というものは、混信を避けるために複数の周波数を組み合わせて出来てい
ます。
今までの技術ですとそのうちの1つの周波数帯しか利用できませんでした。

しかし最近始まったキャリアアグリゲーションに対応している端末で通信をする場合、複
数の周波数帯を同時に使って通信することで、従来よりも圧倒的な速さで通信することが
できます。

簡単に例えると、複数の車線にまたがってすごく大きなトラックを運転するようなもので
す。

そして冒頭に紹介した「Pocket wifi 504HW」はそのキャリアアグリゲーションに対応し
ているので、かなり高速で通信することが可能となります。

高速モバイル回線として有名なものはWIMAXですが、キャリアアグリゲーションに対応し
ている端末の場合それに匹敵するほどの速度で通信することができます。

3-3 安心のバッテリー持続時間

さて、いくら高速に通信できると言ってもバッテリーがあまり持たないのでは意味があり
ませんよね。

実際、高速通信可能な機種というものはそれなりにバッテリーの消費が激しいものが多く
、通常の機種よりもバッテリーが持たないということが往々にしてありました。

さて、この機種の場合はどうでしょうか?
結論から申し上げますと全く心配ありません。

この端末には3000mAhという大容量のバッテリーが搭載されており、電源を入れっぱなし
にしていても900時間、つまり約1ヶ月間もバッテリーを持たせることができます。

しかも、連続で通信を行ったとしても9時間もの間バッテリーを持たせることができます

実際に使用するときはおそらく通信したりしなかったりするような使い方をするでしょう
から、普通に使う分には2日間ほどはバッテリーを持たせられると思います。

また、バッテリーを節約する方法として、「使わないときは電源を切り、使うときにその
都度電源を入れる」というのがありますが、この方法は少し面倒くさいものです。

あなたにも、ポケットWiFiが起動するまでは少し時間がかかり、そのせいでいちいち電源
を入れるのが億劫になってしまうという経験があるのではないでしょうか?

しかしこの端末ならそんなこともありません。

この端末は高速起動というものに対応しており、電源ボタンを押してからわずか5秒で起
動が完了し、使える状態になります。

先ほど申し上げたバッテリー持続時間はいずれも「電源が入った状態」での数値になりま
すから、使わない時間は電源を切り、使うときだけ電源を入れるという使い方をした場合
バッテリー持続時間はもっと伸びることがわかりますね。

4-1 Yahoowifiをお得に使う最強の技、Yahooプレミアムアカウント

続いてはYahoowifiで購入できる端末のご紹介をします。

Yahoowifiでも先ほどご紹介した「504HW」は購入可能なのですが、実はもっとお得に利用
出来る端末が存在するのです。
それが今回ご紹介する「401HW」です。

この端末は先ほどの「504HW」と同じく、ファーウェイ製のポケットWiFiで、非常にコン
パクトで軽い端末となっています。

先ほど「504HW」は黒を基調としたシックな端末であったのに対し、こちらの「401HW」
は白を基調とした親しみやすい端末となっています。

先ほど、Yahoowifiでは月額2743円でポケットWiFiを使うことができると述べましたが、
その料金の対象機種がこの「401HW」となっています。

また、Yahoowifiではその料金からさらにお得に使う方法が存在しています。

その方法とは、「Yahooプレミアム割引」というものです。

Yahooのサービスを日常的に使っている方ならご存知かと思いますが、Yahooのアカウン
トには通常アカウントとプレミアムアカウントというものが存在します。

Yahooオークションを使っている方は多いと思いますが、出品にはプレミアムアカウント
が必要になりますので、Yahooオークションで出品を行ったことがある方は確実にYahoo
プレミアムアカウントをお持ちだと思います。

そのYahooプレミアムアカウントをお持ちの方がこの端末を契約した場合、この料金から
300円割引された月額2480円でポケットWiFiを利用することが可能となります。

4-2 Yahooで選べる最強端末1401HWとは

では、この項目では具体的に「401HW」の何が優れているのかについておほなししていき
ます。
まず手にしてみて一番わかりやすいポイントは、ズバリその重さです。

ポケットWiFiは大体どの機種であっても100グラムほどの重さが主流ですが、この端末の
重さは何と75グラムとなっています。

1Phone6sの重さが143グラムといわれているので、この端末はその約半分の重さであるこ
とがわかります。

スマホの他にわざわざもう一台持ち歩くのですから、なるべく重いものは持ち歩きたくな
いですよね。

そんな方にオススメなのがこの端末というわけです。

4-3 恐怖の通信制限を回避しよう

スマートフォンやポケットWIFIをお使いの方にとって恐怖の対象となっているのが「通信
制限」

こまめに確認しないと、いつの間に通信制限がかけられていて、肝心な時に使えないなど
の問題に直面して困ることがありますよね。

しかし、こまめに確認するといっても、その確認手段は意外とめんどくさいもので、つい
つい忘れてしまいます。

携帯会社のページに行って確認するのが主流ですが、確認するためにいちいちパスワード
を打ち込んだりする手間がかかるため、ついつい億劫に感じてしまいますね。

ましてディスプレイが存在しないポケットWIFIではもっとめんどくさい手段が必要なもの
でした。

しかし、この端末にはディスプレイこそないものの、端末上で今までの通信量を確認する
ことが可能なので、こまめに通信量を確認して通信制限の回避に役立てることができます

■おわりに

いかがだったでしょうか?

このように、YahooWIFIにはワイモバイルとは異なる魅力があります。

また、ヤフーのプレミアム会員など、ヤフーのサービスを活用している人が多い日本では
かなりオススメのキャリアと言えるのではないでしょうか。

皆さんもこれを機に、YahooWIFIで快適なモバイルライフをお過ごしください。

通信制限がかからないWIMAX以外のモバイルルーターは?

■WiMAXは部屋の中で電波が入りにくい、WIMAX以外のモバイル通信サービスは?

・WIMAXが部屋の中で電波が入りづらい理由
・スマホのテザリング機能があります!

WIMAXは室内で繋がりにくく、電波も不安定になってしまうという口コミを
よく見ますが、どうしてこのように室内の通信に弱いのでしょうか?

調査の結果、WIMAXは2.5GHzという他のモバイルルーターよりも高い数値の
周波数帯を利用して通信していることが分かりました。

高い数値の周波数帯は電波が強く大容量のダウンロードもあっという間に
出来てしまいます。特性としては光ににている電波なのです。

しかし、電波が強すぎて建物などに回り込むことが苦手です。ビルやマンションの
外壁にぶつかって通信が途切れてしまうのです。

WIMAXが室内で不安定なのはこのためですね。高速で力強い電波では、
なかなか室内にまで到達できないのです。

室内にまで到達できる無線通信と言えばスマホですが、スマホには、
テザリングというモバイルルーターと同じ役割をする機能があります。

パソコンなどで通信を行う場合は、このテザリングでも通信できます。
テザリングはこのような手順で使用してください。

■テザリングの使用方法

・DOCOMOのスマホの場合は?
・テザリングはどれくらいの種類があるのか?

では、テザリングはどうやって行うのでしょうか?
ここでは、例としてDOCOMOのスマホでテザリングを行う方法をご紹介します。

まず、DOCOMOのスマホでテザリングを行うにはspモードに加入をしましょう。
設定→インターネット共有→インターネット共有をオン→利用したいテザリング
方法を選ぶ→パスワードを確認

この手順でテザリングが出来ます。テザリング中はメイン画面に「インターネット
共有中」という文字が出ます。

調べてみると、DOCOMOのテザリングには3種類あることが分かりました。

WiFiテザリングでは、スマホとゲーム機やパソコンなどをWiFiでインターネットに
接続します。ゲーム機やパソコンが子機となり、スマホが親機となって通信を
するため、子機は複数台同時に接続できます。

USBテザリングはUSBケーブルでパソコンとスマホを繋いで利用するテザリング
です。有線接続ですのでWIFIテザリングより、通信が安定しやすいです。

BiuetoothテザリングはスマホとカーナビやパソコンをBluetoothで繋ぐ
テザリング方法です。WiFiテザリングよりも電池の持ちが良いので、
長時間の連続通信がしやすいのが特徴です。

■WiMAX以外のモバイルwifiルーターで繋がりやすいのは?

・楽天スーパーwifiの401HW
・4種類の通信を利用して接続するので安定性がバツグン

調べてみると、月額3,696円で利用できる楽天スーパーwifiの401HWが
繋がりやすく使い勝手がいいことが分かりました。

本体にあるボタンはオン・オフのボタン1つだけで、細かい操作は一切不要
なのです。機会が苦手な方でも気軽に使えます。

また、通信エリアはワイモバイルのLTEと3G、SoftBankの4GとULTRA SPEED
の4つの通信を利用することが出来るので、幅広い周波数帯で安定した通信を
実現しています。

SoftBankのULTRA SPEEDは1.5GHz、ワイモバイルLTEと3Gは1.7GHzと
いう数値が低い周波数帯は電波が建物に回り込む安く室内でもスムーズに
繋がることが出来ます。

SoftBank 4Gの2.5GHzという高い周波数帯は大容量のデータでも高速で
運んでくれる光に似た通信です。

このような複数のネットワークを使えるモバイルルーターなら、スムーズに
インターネットに繋がることが出来ます。

■契約時の際とはプリントアウトしておきましょう

モバイルルーターの契約期間は2年間です。

契約時のキャンペーンの内容はその期間に変わってしまうことがほとんどですので、
サイトをお気に入りに保存ではなく、プリントしておいてください。

注意事項の項目までプリントしてファイルに綺麗に保管しておきましょう。
もしもの時に安心ですよ。

■ポケットWIFIの定義って結局なに?

・持ち歩ける無線通信機器のことをポケットwifiと呼ぶ
・都市部ではWiMAX、地方ではLTE

ポケットwifiとは、基地局から電波を受信し、それをスマホやパソコン、
タブレットなどに転送することでインターネット接続するための機器です。

調べてみると、Wifiとは無線LANルーターのことで本来ならインターネットに
回線で繋がり、無線でスマホなどに通信を行うのですが、ポケットwifiは
基地局との通信も無線、スマホなどとの通信も無線で行います。

そのため、家の中でも外でもインターネット接続することができるのです。
つまりポケットwifiの定義とは持ち運べるコードレスLANルーターです。

ポケットwifiの会社によって通信できるエリアが違うので、自分の住んでいる
地域に該当する通信エリアのポケットwifiを選びましょう。

また、ポケットwifiにはWIMAXとLTEの2種類の通信があり、WIMAXは都市部に
基地局が多く、安定した通信ができるからです。

LTEは地方に基地局が多いことと、周波数が低く広範囲に電波が行き届くので、
地方に向いています。

しかし、WIMAXの電波は周波数が高くコンクリートの壁などにぶつかってしまい、
室内の通信に向いていない場合もあります。

こうした場合はLTEがいいでしょう。LTEは周波数が低いので電波が曲がり
やすく室内の奥まで電波が行き届きます。

■ポケットWIFIの月間の通信制限

・月間7GBはどれくらいの通信量?
・スマホの通信制限にかかったことがなければ問題なし

調べてみると、ポケットwifiには月間7GBという通信制限が設けられている
ことがよくあるのです。しかし、この7GBという数値はどれくらいの通信量
なのでしょうか?

7GBを具体的に表記すると、これくらいになります。

メールが約1,870万通、YOUTUBEなどの超高画質動画が約33時間、
普通のサイトが約50,600ページ、音楽のダウンロードが約1,790曲

月間とは言え、ここまで多くの通信をする人は一部に限られています。
普通にネットサーフィンをしてSNSをしてメールをしてたまに動画を見て、
という程度の方なら、まず通信制限に引っかかることはありません。

音楽のダウンロードやファイルのダウンロード、動画サイトへの生配信など
はしない場合は、無制限のポケットwifiにこだわる必要はないのです。

■ポケットwifiは海外でもお得に使える

・海外パケットを使うと、通信料金が1日1,980円~2,980円!
・海外では通話機能が使わないようにする

調べてみると、海外旅行の際は日本でつあっているキャリア会社の提携事業者
の電波を借りてスマホなどを日本と同じように使うことが出来ます。

しかし、通信料金がとても高額で1日に1,980円~2,980円くらいの金額が
かかってしまいます。この料金を毎日支払うことになります。また、提携事業者
以外の業者の回線に接続をして、通信を行った場合は、数十万円の請求が
来ることもあります。

また、海外で通信をするもうひとつの方法としてポケットwifiをレンタルして
通信をする方法があります。

これなら、ポケットwifiのレンタル料金しかかからないので1日1,0000円~
1,500円で済みます。通信無制限なものが多く通話の代わりにSkype、
メールの代わりにLINEでやり取りをすれば連絡面でもこまりません。

さまざまある海外の業者の中でも「グローバルWiFI」はが海外の携帯電話事業者
と直接契約をしているので、現地で実際に使えるかどうかを検証してサービス
提供を行っています。信頼度の高い業者と言えます。

■ポケットwifiの通信を安定させるためには

・障害物がないところで通信を行いましょう

調べてみると、ポケットwifiのような無線通信は建物の壁や木、ドアなどに電波を
遮られると通信が不安定になってしまい、最悪届かなくなることもあります。

ですので、ポケットwifiで通信をする時はベランダなどに出たり、窓を開けたり
して障害物を出来るだけ、どけるようにしてください。また、窓を開けなくても
窓際で通信をするだけでも効果はあります。

■LTEで通信制限がかからないキャンペーンを行っているヤフーwifiがいいかも

・ヤフーwifiのお得なキャンペーンは月間無制限
・3日間で1GBの通信制限はあります!

ヤフーwifiで行っている「305ZT」を対象とした月間無制限の料金プランは
月額3,696円です。初期費用3,000円で端末代は無料です。

毎月ユニバーサルサービス料という電話サービスを全国的に安定して利用できる
ように負担をする費用が掛かります。月額4円となっています。

契約から2年間は月額3,696円で月間の通信量が無制限で利用できます。
しかし、前日までの3日間の通信量の合計が1GBを超えた場合は、翌日の
6時まで通信制御がかかるしくみになっています。

これは、帯域制御の運用に関するガイドラインに基づいて設定されているもので、
全てのヤフーwifi305ZTのユーザーが本当に無制限に通信をしてしまうと、通信
回線が混雑してしまい、速度が落ちじるしく落ちたり、通信自体できない状態と
なってしまいます。

通信が混雑するのを防ぐために必要な制御ですので、通信のし過ぎに注意を
しながら、インターネットを使いましょう。

■WIMAXは完全無制限だけど、室内では繋がりにくい

・WIMAXの通信は制限がない
・au 4G LTEの通信量には注意を!
・周波数が高くて電波がさえぎられやすい

WIMAXには、WIMAXの通信モード「ノーリミテットモード」とWIMAX2+の通信
モード「ハイスピードモード」が月間の上限に関係なく通信できるプランがあります。

「UQ Flatツープラス ギガ放題」では、au 4G LTEの通信モード「ハイスピードエリア
プラスモード」で月間7GBの制限がかからない限り無制限で利用できます。

また、3日間の通信制限も「WIMAX2+」と「au 4G LTE」合計の通信量が3GB
以上になった場合のみ翌日までかかりますので、WIMAX2+の通信をメインで
行えば問題ありません。

また、どの料金プランでもWIMAXの「ノーリミテットモード」には制限がかかりません。
インターネットを1日中使いたい人に向いていますが、普通のユーザーは、ヤフー
wifiでも通信量は十分足ります。

UQFlat ツープラスは月額4,380円と割高なので自分の通信量にあっている
プランや会社を選びましょう。

また、WIMAXの周波数帯は2.5GHzでポケットwifiのような無線通信に向いている
周波数帯800MHzを大きく超えています。

それだけ高速な通信ということなのですが、あまりにも高速すぎて光に近い特性
のため、電波が曲がりにくく家の中に到達するまでに不安定となります。

光固定回線の場合は、ケーブルの中を電波が通りますので、曲がりにくくても
問題なく家の中まで届くのです。室内でも安定した通信が可能なのはヤフーwifi
のようなLTEです。LTEは周波数帯が低いので曲がりやすく繋がりやすいです。

ヤフーwifiはワイモバイルとソフトバンクの2種類の通信、合計3種類の
通信を使えるのですが、WIMAXよりも周波数帯は低く800MHzに近いです。

ソフトバンク 4G LTE 2.1GHz
ワイモバイル LTE ネットワーク 1.7GHz
ソフトバンク 4G 2.5GHz

月間無制限で安定した通信が出来るヤフーwifiは、初めてポケットwifiを
持つ方にも向いている端末です。

■実際に305ZTを使ったユーザーの口コミ

・通信速度と安定性が高く、快適に通信できる

305ZTを実際に使ったユーザーの口コミを調べてみました。通信速度が
下り50Mbps前後安定性はping値30msという通信環境だったそうです。

WIMAXは実測40Mbps~60Mbpsくらい出るのですが、ping値が100msを
超えてしまうことがほとんどなのです。ping値は通信の安定性を示すのですが、
数値が50ms以下であれば通信が安定している証拠なのです。

どんなに通信速度が速くても安定していなければ、スムーズにインターネットを
見ることが出来ません。インターネット環境で大切なのは通信速度ではなく
安定性の方なのです。

ヤフーwifiは、WIMAXと速度はあまり変わらないのですが、安定した通信を
することが出来るので、体感的にはヤフーwifiの方が繋がりやすいです。

■特典のTポイント5,00ポイントプレゼントの条件

ヤフーウォレットに登録済みであることと、ヤフーJAPANのIDをポイントが加算
される前に削除しないことがTポイントプレゼントの条件となります。

また、当然ですが、登録内容に虚偽があった場合は、キャンペーン適用
対象外となりますので、正しく登録してください。